「前田哲」タグアーカイブ

大泉洋『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』本予告映像&本ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 大泉洋主演『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日(金)より全国公開となります。

本作は、車いすの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>。難病である筋ジストロフィーを患い体が不自由にも関わらず、病院を飛び出し、自分で大勢のボランティアを集め、風変わりな自立生活を始めた鹿野靖明(大泉洋)。


わがままで、おしゃべりで、ずうずうしくて、ほれっぽくて…!

自由すぎる性格に振り回されながらも、そのまっすぐな生き方で皆に愛された鹿野さんと、彼に出会って変わっていく人々の人生を描く最高の感動作。実在の人物・鹿野靖明を同じ北海道出身の大泉洋が熱演!誰も観たことのない「生きる力」を持つ男と仲間たちの姿に、日本中が笑と涙で包まれます。

そしてこの度、最新の本予告映像と本ポスタービジュアルが解禁となりました!

完成した本ポスタービジュアルは、わがままに生きながらも皆から愛された鹿野さんの姿を思わせる大泉洋に、ボランティア役の高畑充希と三浦春馬が寄り添い、仲睦まじい3ショットに加え、映画タイトルでもある大きなバナナが中央におかれたインパクト大なものとなっています。

映画情報どっとこむ ralph また本予告映像は、車椅子に乗った大泉洋演じる鹿野が、静かに余命を待つ感動の姿を映し出した…と思いきや「俺が人生楽しんだらいけないのかよ!」と一変!病院を飛び出しわがまま放題な自立生活を送る鹿野と、鹿野のボランティアの美咲(高畑)、田中(三浦)が時にぶつかりながらも成長していく様子を描いています。

さらに本予告には、あまりにわがままな鹿野に対し美咲が「鹿野さんて何様?」と怒りをあらわにする場面や、田中の「あの人のわがままは命懸けなんです!」など、印象的で胸を打つセリフが散りばめられています。徐々に病が進行していく鹿野が「俺は1日1日が勝負なんだよ!」と言いながら、自分のボランティアを家族のように思い共に病と戦う姿は、前半のコミカルさとは一転し、感動に溢れる場面も。まさに、笑いあり涙ありの予告篇映像になっており、本予告を見た主演・大泉洋自身も「めちゃくちゃ面白かった!」と大絶賛するほど。



映画情報どっとこむ ralph こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

12月28日(金)全国公開

公式サイト:
bananakayo.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/bananakayomovie

***********************************

大泉洋 
高畑充希 三浦春馬 
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵 ・ 竜雷太 綾戸智恵 / 佐藤浩市 / 原田美枝子 

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美 

原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)

配給:松竹
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会


大泉洋主演『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』場面写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>を大泉洋さん主演で映画化した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日(金)より全国公開。


この度、 “ワガママでおしゃべりで自由”に生きるも皆に愛された鹿野(大泉洋)さんと鹿野に振り回されるボランティアの美咲(高畑充希)や田中(三浦春馬)さんとの生活を切り取った場面写真を一挙解禁いたします。

今回解禁となるのは、出会った当初はワガママな鹿野に反発していたが母親のような笑みを浮かべワガママを受け入れる美咲、
美咲と付き合っているのに、鹿野から美咲へのラブレター代筆を頼まれ固まっている田中、
などが映し出された全5点。

大泉は、鹿野さん本人が愛用していたのとそっくりの度の強い分厚いメガネの下に、わざと視力を落とすためのコンタクトレンズを装着して撮影に臨みました。

病気の進行に従いやつれていく姿は、ロケ中にも欠かさなかった食事制限と走り込みでマックス10kg減を実現。


大泉さんの渾身の役づくりは、撮影を見学にきた、かつての鹿野さんの親友に「鹿野がいると思った」と言わしめたほど。

大泉さん;「障がいがあるから」と遠慮することなく、1人で生活して、仕事もして、喧嘩もして、恋もして、どこまでも対等に人と向き合い続けた鹿野さんの人生に強烈に惹かれました!

と演じた大泉さん自身も惚れ込んだ鹿野さんは、なぜここまで愛されたのか―?
チャーミングで破天荒な人生模様は、笑わずにはいられず、観るものすべてが鹿野の虜になること間違いありません!


映画情報どっとこむ ralph こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

12月28日(金)全国公開です。

公式サイト:
bananakayo.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/bananakayomovie 


実在の人物・鹿野靖明(1959~2002)を、同じ北海道出身の大泉洋が熱演!
誰も観たことのない「生きる力」を持つ男と仲間たちの姿に、日本中が笑いと涙で包まれる。

難病である筋ジストロフィーを患って体が不自由にも関わらず、病院を飛び出し、自分で大勢のボランティアを集め、風変わりな自立生活を始めた鹿野靖明(大泉洋)。
わがままで、おしゃべりで、ずうずうしくて、ほれっぽくて…!

自由すぎる性格に振り回されながらも、そのまっすぐな生き方で皆に愛された鹿野と、彼に出会って変わっていく人々の人生を、笑いあり涙ありで描く最高の感動作が誕生しました。


**********************************

大泉洋 
高畑充希 三浦春馬 
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵 ・ 竜雷太 綾戸智恵 / 佐藤浩市 / 原田美枝子 

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美 
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
配給:松竹
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
    


『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』北海道庁へ表敬訪問


映画情報どっとこむ ralph 大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(渡辺一史 著/文春文庫刊)を大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さんで実写化、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』として、2018年冬に全国公開する運びとなりました。

車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>--幼少期から難病にかかり、人に助けられながらでないと生きていけない体となった実在の人物・鹿野靖明。ときには度を超えるワガママぶりを見せながらも、自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた鹿野さんと、彼を支えながら共に生きたボランティアたちと家族の実話が、この冬、笑って泣ける最高の感動作として誕生します!

オール北海道ロケ作品として、北海道命名150周年を迎える今年、札幌市などの全面協力のもと、6月から7月上旬にかけて撮影を予定しているということで北海道庁へ表敬訪問。​
松竹㈱ 執行役員/映像企画担当の武田功さん(以下:武田さん)は

武田さん:北海​道が誕生して150年という節目の年に、北海道が舞台となる本​作を製作させていただけることをありがたく思っております。​北海道の皆さまのお力添えがなければ完成しない作品だと思​います。

と記念すべき年に本作を製作できることに感謝の意​を示した。それに対し阿部啓二副知事(以下:阿部副知事)は​

阿部副知事:主演の大泉洋さん(鹿野靖明役)も北海道出身であり、北海道​としても命名150周年という記念の年でもありますので、​実際に鹿野さんが住んでおられた道営住宅での撮影などのお手伝いもさせていただきました。

と、本作の撮影を支援した流れにも言及。実際に鹿野さんが使用していた場所で撮影ができることに対して

武田さん:作品にリアリティが出ますし、前田哲監督もとても喜んでおりました。みんなに愛を伝えられる、感動できる作品にしていきたいと思っております。

と語った。​

映画情報どっとこむ ralph 本作のプロデューサーの石塚慶生(以下:石塚P)は

石塚P:撮影は、鹿野さんが実際に旅行に行かれた美瑛での撮影も予定しており、皆様のご協力のおかげで実際に泊まられていたペンションでの撮影もご協力いただけることになりました。また、札幌、旭川でも撮影しますが自然の多い旭山公園や、八剣山の果樹園、さらには鹿野さんが実際通っていた病院も撮影にお借りする予定です。

と述べ、北海道でのオールロケ撮影であること、鹿野さんが実際に訪れた地でも多く撮影することについても語った。また

石塚P:北海道での撮影ということで、監督とともにオーディションを開催したのですが、札幌の方も多く出演者として採用させていただきました。みなさんとても演技力が高く、幅広い層の方に出演していただくことになりました。

と、北海道全体から協力していただいている点についても言及した。​

また、

石塚P:鹿野さんは松竹の寅さん(男はつらいよ)や浜ちゃん(釣りバカ日誌)のような主人公だと思います。鹿野さんは実在の人物ですが、そこに人が集まって、彼とぶつかって、交流していく中で、それでも彼から離れられないという、寅さんや浜ちゃんと共通する部分があると思います。そういう部分を本作の中でも描ければ良いなと思います。「血がつながっていないけれど家族である」というのは、松竹らしいテーマでもあり、世界に通じるテーマでもある。海外でも観ていただけるよう、観た人たちが北海道に来たくなるような作品にしていきたいです。

と製作への意気込みを語った。​

最後に

阿部副知事:北海道の清々しい大地の中で、こうして一つの映画が撮影されることに我々も楽しみに期待しておりますので、宜しくお願いします。

と締めくくった。​

映画情報どっとこむ ralph オール北海道ロケ作品として、北海道命名150周年を迎える今年、札幌市などの全面協力のもと、6月から7月上旬にかけて撮影を予定。

この度、松竹の製作陣が映画の舞台でありロケ地にもなる北海道を訪れ、北海道庁へ表敬訪問しました。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

2018年冬 全国ロードショー

公式サイト
bananakayo.jp
公式Twitter
@bananakayomovie

***********************************

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)

出演:大泉洋 高畑充希 三浦春馬

配給:松竹


大泉洋・高畑充希・三浦春馬でオール北海道ロケ!映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』実写化!


映画情報どっとこむ ralph
この度、大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(渡辺一史 著/文春文庫刊)を実写化、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』として、2018年冬に全国公開する運びとなりました。


車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>

幼少期から難病にかかり、人に助けられながらでないと生きていけない体となった実在の人物・鹿野靖明。ときには度を超えるワガママぶりを見せながらも、自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた鹿野さんと、彼を支えながら共に生きたボランティアたちと家族の実話が、この冬、笑って泣ける最高の感動作として誕生します!

映画情報どっとこむ ralph
12歳の時、筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを発症しながらも、信じられないバイタリティで人生を駆け抜けた最強のワガママ&愛され男・鹿野靖明を演じるのは、北海道を代表する俳優・大泉洋さん。同じ北海道で生まれ育ったという共通点を持つ実在の人物を演じるに際し、大泉さんは初めて車イスと介助を受ける役に挑戦する。

鹿野のボランティアとして参加し、心を通わせていく女子大生・安堂美咲を演じるのは高畑充希さん。ふとしたことで鹿野と知り合い、そのワガママぶりに巻き込まれながらも、彼の生きる強さに共鳴していく。

その美咲の彼氏で、医学生の田中久を演じるのは三浦春馬さん。医者の家系に生まれ、将来に悩んでいるが、支えるはずの鹿野から逆に色々なことを学び成長していく。

物語の軸となる3人を演じる大泉×高畑×三浦は、本作が初共演となる。

映画情報どっとこむ ralph 監督は『ブタがいた教室』『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』など、「命」をテーマに描くことをライフワークとする前田哲。

脚本は『映画 ビリギャル』『テルマエ・ロマエⅡ』など、常に時代と向き合ってエンターテイメントを描き続ける橋本裕志が手掛ける。

大泉洋主演の『探偵はBARにいる』シリーズや『しあわせのパン』など、ヒット作を数多く生み出したオール北海道ロケ作品として北海道命名150周年を迎える今年、札幌市などの全面協力のもと、5月下旬から7月上旬にかけて撮影を予定しているそうです!


こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
2018年冬 全国ロードショー

公式サイト
bananakayo.jp
公式Twitter
@bananakayomovie

***********************************


監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)

出演:大泉洋 高畑充希 三浦春馬

配給:松竹