「利重剛」タグアーカイブ

本当にやりたいことは、絶対止めちゃいけない。『アイスと雨音』本予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 本当にやりたいことは、絶対止めちゃいけない。

3月3日、渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショーとなる松居大悟監督最新作『アイスと雨音』。

音松居大悟
第30回東京国際映画祭にて、熱い感想の嵐を巻き起こした本作は・・・

予定していた演劇が中止になるという松居監督自身の経験をもとに、“現実と虚構”” “映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1ヶ月を、74分ワンカットで描いた青春譚。

このたび本予告編と新ビジュアルが完成しました。

監督は、映画『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』テレビドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」など、「今」という時代を映し続ける気鋭監督・松居大悟。
出演は、400名の中からオーディションで選ばれた、森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎の6人の若手俳優たち。
新ビジュアルは、覚悟の言葉とともに、スポットライトを浴びて舞台に立つ6人の後ろ姿。中止になったはずの舞台、この姿は現実なのか?虚構なのか?想像を掻き立てる。心が折れたことがあるすべての人に捧ぐ、意欲作の誕生です。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では、MOROHAの「なんで俺は、なんでお前は、いまにも消えそうな感情に、必死でしがみつこうとしてるんだ」という呼び掛けにはじまり、初舞台に意気込む少年少女たちの姿が映し出される。しかし、その舞台は中止になった。この現実を理解できない、この現実が悲しい、それでも「稽古しようよ」とこの現実に逆らうかのように、走り出す少年少女たち。この現実は変えられるのか、そして、この現実にあなたは?と問い掛けを残し、舞台に向かう彼らの姿で締めくくられる。


私たちの青春は、もう止まらない。

アイスと雨音
ice-amaoto.com

物語・・・
2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む6人の少年少女たち。戯曲は、世界の演劇シーンで注目を集めるイギリスの劇作家Simon Stephensの「MORNING」。親友が町を出ていくことをきっかけに、鬱屈からの夜明けを描いた物語。しかし、その舞台は突如中止となった―「ねえ、稽古しようよ」とひとりの少女が言い放つ。

***********************************

監督・脚本・編集:松居大悟

出演:森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎・門井一将・若杉実森・利重剛/MOROHA

音楽・主題歌「遠郷タワー」:MOROHA

プロデューサー:行実良,阿部広太郎,直井卓俊,遠田孝一,林武志
共同プロデューサー:時田曜子,吉川亜未

撮影:塩谷大樹/録音・MIX:戸村貴臣
舞台監督:津江健太/衣装:KEISUKEYOSHIDA
製作:「アイスと雨音」実行委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
2017年/5.1chサラウンド/16:9/74分
©「アイスと雨音」実行委員会


ドキュメンタリー&ドラマ『禅と骨』完成披露プレミア上映会決定!


映画情報どっとこむ ralph このたび、『ヨコハマメリー』の中村高寛監督11年ぶりの長編ドキュメンタリー『禅と骨』を9月2日(土)よりポレポレ東中野、キネカ大森、横浜ニューテアトル他全国にて順次公開となります。
その公開を記念と2017年7月1日に開館100周年を迎える横浜市開港記念会館の記念イベントとして、7月23日(日)にシンポジウム付きの完成披露プレミア上映会を、昼の部/夕方の部の2回にわたり開催することが、決定したそうです!

13時からの昼の部では、
田原総一朗氏(ジャーナリスト)、森達也氏(映画監督、作家)の2名をゲストにお招きし、「ドキュメンタリーってなんだ?」をテーマにした内容で展開予定。『禅と骨』の奥行きや魅力について分析、ひいては表現行為としてのドキュメンタリー作品の在り方、可能性についての考察を、中村高寛監督とそれぞれの視点を持ったゲストが語り尽くします。

そして17時からの夕方の部では、
鹿島茂氏(フランス文学者)、林海象氏(映画監督、プロデューサー)が登壇。「私たちの映画愛」をテーマに、著作『甦る昭和脇役名画館』でも深い映画愛を披露している鹿島氏、本作品のプロデューサーでもある林氏、中村監督による熱きトークバトルが行われる予定です。


横浜市中区制 90 周年・開港記念会館 100 周年記念事業 『禅と骨』完成披露プレミア上映会

〇企画概要 横浜を舞台に描き、数々の賞、大ヒットを記録したドキュメンタリー映画『ヨコハマメリー』。その中村高寛監督が 再び 8 年の歳月を要し、横浜の地を舞台に発進し、撮り上げた渾身の新作『禅と骨』。本作の完成と公開を記念し、 ココ開港記念会館においてプレミア上映会を開催する。
〇開催日程・場所
日時:2017年7月23日(日)
昼の部:13時~16時
夕方の部:17時~20時
※各部とも、映画上映(127 分)及びシンポジウム(60 分)を予定
会場:開港記念会館講堂(神奈川県横浜市中区本町 1-6)
料金:2,000 円(税込)
チケット販売:イープラス(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

イープラス:昼の部

イープラス:夕方の部

主催:トランスフォーマー
共催:横浜市中区役所
お問い合わせ:ザジフィルムズ 03-3490-4148

映画情報どっとこむ ralph 粋人か?はたまた変人か?京都の禅僧、日系アメリカ人ヘンリ・ミトワ その一代記。

2006 年に公開され大ヒットを記録したドキュメンタリー『ヨコハマメリー』の中村高寛監督が 11 年ぶりに 放つ最新作は、横浜生まれの“青い目の禅僧”ヘンリ・ミトワを追ったドキュメンタリー。

1918 年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた日系アメリカ人であるヘンリ・ミトワは、日本文化 をこよなく愛し、茶道・陶芸・文筆にも優れた才能を発揮、世界遺産に登録されている京都嵐山・天龍寺の禅 僧として晩年を過ごしていた。しかし 80 歳を目前に突如、童謡「赤い靴」の映画化を宣言、長年追い求めた 夢の実現に動きだす。家族や周辺の人々を巻き込みながら、これまで築き上げてきた“青い目の文化人”とい う地位から大きく逸脱していく様を、ヘンリの波乱に満ちた人生と絡めながら、ドラマ、アニメなど、様々な ジャンルを駆け巡る異色のドキュメンタリー映画として、中村監督が 8 年の歳月を費やして完成させた。

禅と骨

公式サイト:
zenandbones/

***********************************

監督・構成・プロデューサー 中村高寛 / プロデューサー 林海象
ドラマパート出演
ウエンツ瑛士 / 余 貴美子 / 利重剛 / 伊藤梨沙子 / チャド・マレーン / 飯島洋一 /山崎潤 / 松浦祐也 / けーすけ / 千大佑 / 小田島渚 / TAMAYO / 清水節子 / ロバート・ハリス / 緒川たまき / 永瀬正敏 / 佐野史郎

ナレーション 仲村トオル

音楽:中村裕介×エディ藩・大西順子・今野登茂子・寺澤晋吾・武藤イーガル健城
挿入曲「赤い靴」岸野雄一×岡村みどり×タブレット純、「京都慕情」岸野雄一×重盛康平×野宮真貴
エンディング曲「骨まで愛して」コモエスタ八重樫×横山剣(CRAZY KEN BAND)
2016年 / 127分 / HD 16:9 / 5.1ch
配給:トランスフォーマー
©大丈夫・人人FILMS
     


中村高寛監督長編ドキュメンタリー! 『禅と骨』 予告!


映画情報どっとこむ ralph 京都の禅僧、日系アメリカ人ヘンリ・ミトワ その一代記。

『ヨコハマメリー』の中村高寛監督 11 年ぶりの長編ドキュメンタリー『禅と骨』が9月2日(土)よりポレポレ 東中野、キネカ大森、横浜ニューテアトル他全国にて順次公開することが決定、併せて本予告とポスタービジュアルが解禁。
2006 年に公開され大ヒットを記録したドキュメンタリー『ヨコハマメリー』の中村高寛監督が 11 年ぶりに放つ 最新作は、横浜生まれの“青い目の禅僧”ヘンリ・ミトワを追ったドキュメンタリー。

1918 年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた日系アメリカ人であるヘンリ・ミトワは、日本文化をこよ なく愛し、茶道・陶芸・文筆にも優れた才能を発揮、世界遺産に登録されている京都嵐山・天龍寺の禅僧として晩 年を過ごしていた。しかし 80 歳を目前に突如、童謡「赤い靴」の映画化を宣言、長年追い求めた夢の実現に動きだ す。家族や周辺の人々を巻き込みながら、これまで築き上げてきた“青い目の文化人”という地位から大きく逸脱 していく様を、ヘンリの波乱に満ちた人生と絡めながら、中村監督が 8 年の歳月を費やして完成させました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、ドラマ、アニメなど、様々なジャンルを駆け巡る異色のドキュメンタリーでもある。一篇の劇映画かと 見紛うドラマパートでは、ヘンリの青年時代を再現。ヘンリと同じくドイツ系アメリカ人の父を持つウエンツ瑛士 が、監督の熱烈なオファーを受け、若き日のヘンリを熱演。

本作について

ウエンツ瑛士さん:ヘンリ・ミトワさんの話のはずが、いつの間にか中村監督と魂が溶け合ってとんでもない作品になっております。是非、その魂を感じてください!!

とコメントを寄せています。
さらに、新橋の芸者だったヘンリの母親を余 貴美子が演じ、他にも永瀬正敏、佐野史郎、緒川たまき、利重剛 等、 豪華な俳優陣が顔を揃える。挿入されるアニメーションのキャラクター原案は、人気漫画家 今日マチ子。

ナレーシ ョンは仲村トオルが務めた。さらに音楽面で、横浜ゆかりのエディ藩、横山剣(CRAZY KEN BAND)を始め、大西順子、 岸野雄一、野宮真貴、コモエスタ八重樫他、錚々たるアーティストがサポートしている。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編では、「風流人」や「国宝」と評されるヘンリ・ミトワが、監督に罵声を浴びせるシーンな ど禅僧らしからぬ一面も映しだされ、複雑で、胡散臭くて、滑稽で、愛おしいヘンリの人生の物語がどのように展 開するのか期待高まる内容となっている。



公式サイト:www.transformer.co.jp/m/zenandbones/

***********************************

監督・構成・プロデューサー 中村高寛 / プロデューサー 林海象 ドラマパート
出演 ウエンツ瑛士 / 余 貴美子 / 利重剛 / 伊藤梨沙子 / チャド・マレーン / 飯島洋一 /山崎潤 / 松浦祐也 / けーすけ / 千大佑 / 小田島渚 / TAMAYO / 清水節子 / ロバート・ハリス / 緒川たまき / 永瀬正敏 / 佐野史郎 ナレーション 仲村トオル

音楽:中村裕介×エディ藩・大西順子・今野登茂子・寺澤晋吾・武藤イーガル健城
挿入曲「赤い靴」岸野雄一×岡村みどり×タブレット純、「京都慕情」岸野雄一×重盛康平×野宮真貴
エンディング曲「骨まで愛して」コモエスタ八重樫×横山剣(CRAZY KEN BAND)
2016 年 / 127 分 / HD 16:9 / 5.1ch
配給:トランスフォーマー
©大丈夫・人人 FILMS


映画『ホットロード』キャスト相関図発表


こんなに誰かを好きになったのは、初めてだった
この夏必見!!究極の愛の物語

映画『ホットロード』


能年玲奈と三代目J Soul Brothersのボーカル、登坂広臣が出演で話題の本作。
監督は『ソラニン』三木孝浩監督。尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」が、原作の世界観を彩り、ふたりの純愛だけでなく、母と娘の愛をみつめた、命の再生の物語となっているようです。

ホットロード場面画像
そしてこの度、新たにキャストを一斉発表です。

Nightsのリーダー、玉美トオル役に鈴木亮平、トオルの恋人役に太田莉菜。

Nightsのメンバーに落合モトキ、山田裕貴。

和希が通う中学校の先生役に鷲尾真知子、利重剛。

医者役に野間口徹。そして春山の母親役に松田美由紀。

先に発表している和希役・能年玲奈、春山役・登坂広臣、和希のママ役・木村佳乃、鈴木役・小澤征悦、 絵里役・竹富聖花と合わせて主要キャストが揃いました!

キャスト相関図
『ホットロード』キャスト相関図
映画『ホットロード』

8月16日(土)より、全国公開です。

公式HP: http://www.hotroad-movie.jp



********************************************************************


映画『ホットロード』

ストーリー
亡き父親の写真が1枚もない家でママと暮らす14歳の少女・宮市和希は、自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めている。ある日、学校に馴染めずにいた親友に誘われるまま、夜の湘南で出会ったのは、Nights(ナイツ)という不良チームの少年、春山洋志。

はじめは傷つけ合っていたふたりだが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく。

春山もまた和希の純粋さに惹かれるが、Nightsのリーダーとなったことで、敵対するチームとの抗争に巻き込まれてしまう――。

ホットロードポスター
ホットロードポスター

出演:
能年玲奈 登坂広臣     『ホットロード』原作⇒
木村佳乃 小澤征悦
鈴木亮平 太田莉菜 竹富聖花
落合モトキ 山田裕貴
鷲尾真知子 野間口徹 利重剛
松田美由紀

原作: 紡木たく「ホットロード」
集英社文庫<コミック版>
監督: 三木孝浩
『僕等がいた』『陽だまりの彼女』
配給:松竹
(C) 2014『ホットロード』製作委員会
(C)紡木たく/集英社