「初日舞台挨拶」タグアーカイブ

藤田富へ谷口賢志から面白&感動の手紙「仮面ライダーアマゾンズ 最後ノ審判」初日


映画情報どっとこむ ralph 2016年よりAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタートした「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズは、タンパク質を好み食人本能を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマ。過激な描写やハードなアクションから「異色の仮面ライダー」と子供に魅せられない大人向けライダーと話題に。

その完結作が満を持して、5月19日(土)に『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』として、仮面ライダー史上初の“4D上映”中心として劇場公開となりました。

そして初日舞台挨拶が19日に行われ、藤田富、谷口賢志ら9名が登壇しました。
トークの最後には共に闘ってきた共演者であり、師でもある谷口さんから藤田さんへメッセージ!

映画公開までの2年の時を振り返り、谷口さん自ら思いを込めた言葉を送りました。

日付:5月19日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:
藤田富(ふじたとむ) 谷口賢志(たにぐちまさし) 俊藤光利(しゅんどうみつとし) 田邊和也(たなべかずや) 宮原華音(みやはらかのん) 勝也(かつや) 神尾佑(かみおゆう)
劇場版ゲスト 姜(きょう)暢雄(のぶお) 国府田聖那(こくふだせいな) 監督 石田秀範(いしだひでのり)

映画情報どっとこむ ralph 映画を見終えたばかりの大きいお友達の拍手と歓声の中、キャストと監督が登場!
キャストの役名と名前の紹介が終わり監督の挨拶。

石田監督:遂にこの日が来ました。感無量です。本当に皆さんのおかげで、映画になりました!本当にありがとうございます。
最初にオーディションで択んで、何かやってくれると思っていて、撮影を重ねていくとTVサイズじゃ収まらないと実感して、だんだんレベルアップして今日にいたった気がします。心の熱いものを持った連中が集まると自然とこうなるんだと。そして、それを応援してくれる視聴者がいてくれて、ここまで来ました、ありがとうございます。

との監督の挨拶からイベントはスタート。

藤田さん:僕も感無量です。でも、もう終わってしまうんだなと言う気持ちもあって・・・ただ、こうして皆さんの心の中に残れば。と思っています。
谷口さん:皆で映画にたどり着くまで頑張ろうと!言ってきました。こうしてみた後のお客様。涙で前が見えないのかと思ったのですが・・・・。結構余裕で笑顔で迎えてくれて。。。。泣いた?(大拍手)であれば良いです!

スーツとドレスだとわかり難いですが・・駆除班にとっても完結。
俊藤さん:どうでしょう。駆除班。人間の立場で対峙していたんで。終わったというより、アマゾンに教えられた。僕たち人間がちゃんとしなくてはと。完結?まだね。
田邊さん:そうですね。どうなったのか・・・監督の演出もポジティブにと。人として一歩進めてくシーン。
未来に期待が出来そうな・・・発言。

アマゾンズはアクションも見どころ。
アクションと言えば宮原さん。凄い美人ですが、この人半端ないんです。
宮原さん:シーズン1から自分でアマゾンをと考えていましたが、映画ではチームで、周りを気にして演じました。今回アクション監督も変わって、楽しみましたし、アマゾンを狩らせていただいて楽しかったです!でも、勝也さんの天然ぶりがね・・・
勝也さん:ワイヤーが刺さるシーンでね。現場で笑われました!
と、和気藹々で乗り切ったと話します。


劇場版で登場の姜さんは3人目のライダー
姜さん:谷口さんは戦隊の先輩でもあり憧れの先輩で共演出来て嬉しかったです。アマゾンの見る見方を違う方向で見てる役。子供たちをいっぱい殺すシーンが怖かったです。ああいうことはやめた方がいいです!(爆笑)冷酷に見えた?それは石田監督が怖くて、ふるえていたのがそう見えたのかもです。


イベント中、笑顔が印象的だった国府田さんは重要なキャラ!
国府田さん:そうですね。悠(藤田)は私に生きる希望をくれた存在なので、食べられちゃっても幸せだったのではと・・。

藤田さん:おいしくいただきました!

と笑いを誘います!でも未成年は・・・。



そして、やっとイベントに呼ばれたという神尾さんは局長さん

神尾さん:やっとイベントに呼んでいただけました!ホントにね。ネットニュースでアマゾンズのイベントが沢山出てきて。困難やってんだ!?って思ってました。(8話の苦悶の表情を迫真の演技だったと言われ)迫真とか言わないで!あれはね。台本読んでなんかやらきゃと。あれリテイク多くて。酷かったんです。アマゾンズのみ威力は?見たことのない仮面ライダー。こんな風にしちゃうんだと。映像的にもストーリーも子供に見せられない仮面ライダー。それが面白かったと思います。

映画情報どっとこむ ralph トークの最後には共に闘ってきた共演者であり、師でもある谷口さんから藤田さんへサプライズでお手紙が!
谷口さん:撮影での思い出やエピソードは今まで散々話しているし、ここで褒めまくるのもアマゾンらしくないから・・・
撮影中1回だけ富に切れていたことを告白します(会場大爆笑!)富はなれない主役と過密スケジュールで周りのスタッフが心配していたほど。そんな時、現場での富の立ち振る舞いに、俺はいら立ちをぐっと抑えて・・・俊藤さんに相談したんだ。「確かに、でも俺たち二人でもう少し見守ろう。それでダメだったら二人で殴ろうと。」(爆笑)と言ってくれたんだ。助かったな富。(爆笑)そして助かったな俺。(爆笑)あの時ブチ切れてたらリアルアマゾンズになっていたかもしれない。違う意味でアマゾンズが有名になっていたかもしれない!(大爆笑)ただ俺たちの心配をよそに、あっという間に本物の主役に・・・俳優になっていった。

谷口さん:もう一つ告白すると。ことあるごとに谷口さんのおかげで、演技が好きになったと言ってくれるし、俺に勝つために頑張ったと言ってくれている。けど、成長を喜び、負けないように必死だったのは俺の方だったと思っている。人間は忘れる生き物。大切なことも忘れてしまう。でも俺は忘れない。藤田富という名を。出会ってくれてありがとう。(会場すすり泣きも。。。。)

しかしここで止めないのが谷口さん!

谷口さん:追伸!時代も時代、お互い不祥事には気を付けよう!

と付け加えると会場大爆笑&拍手が30秒以上鳴りやまず!


藤田さん:言葉になんないぐらい嬉しいです。正直その時のこと今でも、なぜ?と反省することもあります。こうやって伝えてくれる仁さん。いや谷口さんを本当に師匠だと思っています!

最後に・・・

谷口さん:天下を取りたいし時代を皆さんと作りたいです!こんなに多くの方に観ていただけるだけで・・・嬉しいです。感謝してます!

藤田さん:藤田さん:監督には芝居の面白さと谷口さんには芝居の広さと芝居がないと生きられない体にされました。アマゾンズを背負ってこれから芝居をしていこうと、僕の人生のキーポイントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph シーズン2の後の世界で繰り広げられる人工生命体「アマゾン」を巡る新たな計画や、姜暢雄扮する御堂英之助が新たな「仮面ライダーアマゾンネオアルファ」に変身する姿、そして悠と仁、2人の戦いの決着は・・・・!?

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』 大ヒット公開中!!

物語は・・・

悠と仁の最終決戦へ。2人の男の戦いがこの映画で完結
本作にて明らかになる、人工生命体「アマゾン」を利用した新たな陰謀「アマゾン畜産計画」。

そして謎に包まれたその計画を通じて、再会する悠と仁。シリーズを通して描かれてきた宿命の2人の最後の戦いが本作にて描かれます。2人に下される最後の審判、そして「アマゾン」が迎える結末は・・・。

***********************************

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 Ⓒ石森プロ・東映
©2018劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会


山田杏奈この映画で女優としてい生きていくこと決めた!『ミスミソウ』初日舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph この度、『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」(配給:ティ・ジョイ) として、4 月 7 日(土)より、 新宿バルト9ほか全国公開となり、主演の山田杏奈さんをはじめ、清水尋也さん、大谷凜香さん、大塚れなさん、中田青渚さん、紺野彩夏さん、櫻愛里紗さん、遠藤健慎さん、大友一生さん、遠藤真人さん、内藤瑛亮監督が劇中衣装で登壇。監督の手紙のサプライズに山田さんもウルっとする姿も。
『ミスミソウ』初日舞台挨拶
日付:4月7日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、内藤瑛亮監督

映画情報どっとこむ ralph 山田さん:本日はお越しいただき本当にありがとうございます。初主演の映画の公開。人生で大切な一日です。

内藤監督さん:ミスミソウは条件としてはとても厳しいものでしたが絶対面白い作品に仕上がるのではとの確信があり引き受けてよかったなと思っています。雪まみれ血まみれの過酷ななか、みんな頑張ってくれました。100点満点中・・・1億点です!

現場でのキャストについて聞かれると、忙しくて撮影以外はわからないとしながらも

内藤監督:大塚さんが兎に角うるさい!と寝れないぐらいと。

大塚さん:違うと思います。
紺野さん:完全にうるさかったです。でも、妹的な存在だったので。場を盛り上げてくれました!
映画情報どっとこむ ralph クランクアップ時に監督から卒業証書を渡されたそうで、その中には原作の押切先生による似顔が書かれているもの。
ということで、山田さんが現物を持ってきて見せてくれました!
山田さん:卒業証書は嬉しかったですし、みんなで卒業できて良かったです!


いじめの女王役の大谷さんは劇中では金髪ですが今は清楚系、

大谷さん:東京に憧れているところは似ている。けど、あんな、髪切っちゃうみたいなことは・・・・

大塚さん:撮影とは思えないほど引っ張られました!嬉しかったんですけど。

とやられた本人が付け加え場を盛り上げます。


清水さんが演じたキャラは「キミを守る」といいながらも暴力的。演じるにあたり

清水さん:好きだからこそ暴力をふるうのがわからなくて。。。。普段優しいので。

と、笑わせながらも吐露すると

内藤監督:このキャラには特に思い入れがあって、君を守るのセリフの裏にある女性自立を無視するという無自覚。そこは考えて清水君は演じてくれました。

と、その真摯な演技を絶賛。

映画情報どっとこむ ralph ここで、サプライズで監督から主演の山田さんへ手紙が
少しウルっとする山田さん。
山田さん:凄くびっくりしてますし、嬉しいです。オーディション受かって、でも、前の監督がダメになって・・もうダメかなと思ってたら、内藤監督と一緒に仕事が出来て幸せです。
映画情報どっとこむ ralph ミスミソウを卒業。どんな役者を目指したい?

山田さん:初主演がミスミソウ。これから日常にあるような作品もこういう非日常な作品も、色々な作品を演じていきたいです。この作品で女優として生きていくことも決めたので、自分に厳しく。また皆さんと共演できるように頑張ります。

清水さん:高校卒業したので、学生という言い分けできないので、今後の仕事について考えることが多くなりました。上手いだけじゃ生き残れない、深い芝居が出来るように努力します。

大谷さん:このミスミソウが初めてのお芝居だったので、スタートでしかないです。ということは進むしかないと思っています。新しい私に出会えるように頑張ります。

大塚さん:今後は、どんな役でも演じられるようにカメレオン女優になりたいです!

中田さん:今回、みんなのお芝居に対する貪欲さを感じて、自分覚悟を決めなければと思いました。

紺野さん:一番やりたいのは悪女役。別の演技で皆に認められるような女優さんになりたいです!

櫻愛さん:一年間の目標で、映画を決めて、叶ったので、今後も目標を持ってじっくり頑張っていきます。

遠藤健さん:いろんな役に挑戦したいですし、配役が決まって、僕の名前があったら、こいつならできるなと思われる俳優になりたいです。

大友さん:世界に通用するような役者になりたいです!

遠藤真さん:先入観捨てて、新しい唯一無二の役者になりたいです。

と、未来を語り舞台挨拶は終了しました!

映画情報どっとこむ ralph ミスミソウ

公式HP: misumisou-movie.com

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

***********************************

山田杏奈 清水尋也

大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人

森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 脚本:唯野未歩子 主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)制作プロダクション:レスパスフィルム 配給:ティ・ジョイ 2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分 (レーティング:R-15)
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


生人狼ゲームで負けたのは?武田玲奈、小倉優香、上野優華ら登壇!『人狼ゲーム インフェルノ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の人気若手俳優を輩出してきた登竜門的映画『人狼ゲーム』シリーズ。

その最新作『人狼ゲーム インフェルノ』がいよいよ4月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開となりました!
そして、公開初日を祝し主演の武田玲奈さんほか、小倉優香さん、上野優華さん、時人さん、都丸紗也華さん、貴志晃平さん、海田朱音さん、綾部真弥監督が登壇して、舞台挨拶が行われました!

そして!登壇キャストが、なんと舞台上にて生“人狼ゲーム”!負けたチームは罰として、地獄のようなドリンクを一気飲み!果たして勝者は?

日付:4月7日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:武田玲奈、小倉優香、上野優華、時人、都丸紗也華、貴志晃平、海田朱音、綾部真弥監督

映画情報どっとこむ ralph 綾部監督:連続ドラマのロストエデンから長い企画の中でやっと初日嬉しいです!

其々一言挨拶の後、感想を
武田さん:こんなに沢山来ていただいて本当にうれしいです。撮影は年末で、懐かしい感じです。こんなにハードな作品なのに、上映後の拍手嬉しかったです!私が7代目になるのですが、私が継げるのかなというプレッシャーはありました!でも、それが吹っ飛ぶぐらい集中していました!

と、撮影にのめりこんでいたそうで、監督は

綾部監督:人狼ゲームとしては1か月半と長い撮影で、殺し合いの中で生活していて、精神的にも体力的にも大変だったと思います。

武田さん:後半はきつかったです。実は撮影場所と宿泊が同じ場所で。それがきつかったです。ドア開けたら廊下で撮影してるみたいな感じでしたから。

綾部監督:遅刻の心配はないんですけど、さっきまで殺しあったのに、同じ場所で寝てください!という感じで精神的に休まらなかったかなと。明るい映画ではないのですが、凛として生きる女性が救いでもあります。

映画情報どっとこむ ralph 現場は同世代の役者さんたちとの撮影。
小倉さん:オーディションを受けて臨んでいる皆さんのこの作品に対する思いとかが刺激になりました!そんななか出来ないなと思いの中で演じていました。作中では上野さんと仲が悪いのですが、1か月半同じ部屋だったんです!

小倉さん:部屋に戻ると上野優華ちゃんとは仲良いんですけど。撮影の時は憎むのはスイッチの切り替えが難しかったです!
上野さん:八つ当たりでむかつくんですけど、部屋に戻れば小倉優香ちゃんなので切替がドアでした。


そんな1か月半の合宿風な撮影で空いて居た時間で人狼ゲームをしていたそうで・・・驚くMCに

武田さん:殺さなくていいからね。

楽しい人狼ゲームが繰り広げられていた模様。

時人さん:僕の撮影の思い出は貴志にキスされたことです。急にシリアスな演技の時にキスされて。

女子一同:ヤダ~ん

貴志さん:ちょっとまって。言い方が!!つっかかってくシーンで距離が近すぎて。ちゅって。なっちゃったんです!

時人さん:僕、メッチャ怒ってるんですけど。気になっちゃって。印象に残ってます。

他にも、喧嘩シーンの後は傷だらけだったことなどもエピソードとして明かされました!

都丸さん:投票のシーンとかは緊迫感があって、精神的にもやられました。あと、間違えて雰囲気が悪くなった時、駄目だとおもったら笑いが止まらなくなることがあって。それが印象的です。

また、時人さんによると都丸さんの「もう、ばか」が見どころだそう。

貴志さん:チュウですね。

主題歌も歌っている海田さんは
海田さん:こういう現場が初めてで。とにかく全部持ってるものを出して精一杯やりました!歌の練習と撮影があって、それを経て自分にとっていい事となりました。クランクアップした次の日に歌入れで、それまでの思いをぶつけたので、良いものになりました!iチューンズほかで配信中です!

映画情報どっとこむ ralph 舞台上で生人狼ゲーム開始!

カード確認中。
誰が人狼か相談中!
貴志さんが最初の標的に・・
次は上野さん!崩れ落ちる。
そして人狼だったのは武田さんと小倉さん。二人の勝利!
ということで、罰ゲームはインフェルノ(地獄)的なクテ―茶!
映画情報どっとこむ ralph で、仲良く記念撮影!

最後に・・・
武田さん:楽しんでいただけましたか?いつもは仲良くやってます!初日を迎えられてとてもとても嬉しいです!

人狼ゲーム インフェルノ

がいよいよ4月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開中!

物語・・・

鶴ヶ岡高校2年3組。殺戮ゲームの先にあるのは新たなる地獄なのか・・・・
クラスメイト10人で殺し合う「人狼ゲーム」に強制参加させられた野々山紘美(武田玲奈)。
それは、“村人”と“人狼”となって騙し合う殺戮ゲームだった。紘美が引いた役職は、友達をその手で惨殺しなければいけない“人狼”…。一方、事件を追う刑事たちは、ゲームを支配する謎の男(水野勝)にたどり着く。この地獄の中、紘美は本当の終わりを目指し、ゲームを開始する…。
***********************************

出演:武田玲奈
小倉優香 上野優華 松本享恭 時人
平松賢人 都丸紗也華 貴志晃平 吉原雅斗 海田朱音
水野勝/足立 理/加藤虎ノ介

監督:綾部真弥
脚本:川上亮、綾部真弥
配給:AMGエンタテインメント、スターキャット
(C)2018「人狼ゲーム」製作委員会


阪本一樹 公約通りふんどし姿を披露!『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph <PFFスカラシップ>に選出。
小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』が3月24日公開初日を迎え、主演の阪本一樹さん、須賀健太さん、間宮夕貴さん、小田学監督が和装(監督はオリジナルT)で登壇しての舞台挨拶を行いました。

そして!先日行われた先行上映会で阪本さんが宣誓したとおり、法被&ふんどし姿に生着替えも披露しました!


映画『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶
日時:3月24日(土) 
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 今回PRキャンペーンで色々挑戦した坂本さん思い出に残っているのは

阪本さん:達磨作ったり、須賀さんの分も200度参りしたので、たくさんの方に映画を観ていただければと。公開出来て嬉しいです!

須賀さん:これだけ沢山の方に観ていただける。撮影では色々ありましたが。。あっ特殊な撮影って意味でですけど、こうして観ていただけるのはうれしい。子供が旅脱漢字ですね。

間宮さん:この場に立てて、嬉しいです。初日から沢山のお客様で、良いスタートを切ったなと。観に来てくださったかたに広めていただいて色々な劇場で見られるようになると嬉しいです。

小田監督:ここに来るときに、撮影前の阪本君と稽古している動画見ていて・・・、それから、公開と言う状況になっているのは感動的。雑談から始まって凄いなと思ってます。

思い出を聞かれると、

阪本さん:達磨作りとか。。。二人でタイツでカウントダウンとかね。 

須賀さん:あれ誰考えたのかな・・・でも撮影の思い出話をして!

と、お兄さんにたしなめられ

阪本さん:撮影の3日目くらいに初めて監督のモニター見て・・すると間宮さんおセクシーなシーン。。。須賀さんが、まじまじとみていて、羨ましがってました!

と、撮影時の思い出をまさかの逆襲暴露で!

須賀さん:えー!暴露!確かに いいな~って言いましたが!

と、笑いながら答える懐の深い須賀さん。

映画情報どっとこむ ralph 野望はありますかと聞かれ

阪本さん:海外に行ったことが一回もないので・・・この映画祭とかで海外に出れたらと。それが野望です。
とすると

須賀さん:野望ですか・・・いっぱい仕事がしたいです。純粋に!

間宮さん:この作品で映画祭に行きたいです。願望があって、劇中でお二人が歌っているのでCDデビューしないかと(拍手)大人たちが考えてくれればと切望です!

と、映画の話をする二人に須賀さんも「僕も映画祭にしますと!」付け加えると監督も

監督;もちろん行きたいです!初監督と初主演なのでね。それから成長後、もう一回、このメンバーで作品ができたらと。野望を持っています!
との野望に嬉しいお知らせ。

韓国の全州国際映画祭のコンペ部門にノミネートが発表となったことが告げられ

監督:凄いな。

と、人ごとみたいな監督

阪本:韓国行きたかったんです!いけます?

と、聞くと天の声が「検討します」と会場の端から。

映画情報どっとこむ ralph そして!
完成披露時に約束したふんどし姿に生着替え!

阪本さんのふんどし姿での感謝の気持ち

阪本さん:今日ほんとに公開出来て、このような沢山のお客さもに来ていただいて幸せでした。しあわせでした。撮影では監督、須賀さん、間宮さんたちに助けていただいて乗り切り、大切な作品になりました。これを今後色々な人に見ていただけるよう頑張っていきます。


親友のタダタカシに叶わない想いを抱えながら、タダの運命の女を探す無謀な旅についていくサイモン。独特の存在感を持ち、持ち前の透明感で複雑なサイモンの心の機微を演じきったのは、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞し、本作が映画初出演&初主演となる新星・阪本一樹。繊細で内気なサイモンに対し、ロマンチストでどこか抜けている愛されキャラの相棒・タダタカシをエネルギッシュかつコミカルに熱演したのは、2018年にデビュー20周年を迎え、映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍する俳優・須賀健太。注目の若手俳優たちが、青春の1ページを描き出します。

サイモン&タダタカシ

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie


***********************************



監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


仲良し 須賀健太、小関裕太、山本涼介 ゆる~く『ちょっとまて野球部!』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 野球マンガにして、熱血な野球シーンではなく、高校野球部の平均的日常をほのぼのと描いた部活コメディ「ち ょっとまて野球部!」を実写映画化!1月27日(土)より、池袋 HUMAX シネマ ズほか全国ロードショーとなりました。

その公開初日を記念し1月27日(土)に初日舞台挨拶が須賀健太さん、小関裕太さん、山本涼介さんが登壇して行われました。

実際に同じ高校の先輩、後輩である仲良しの3人は、果たしてどのような舞台挨拶を行ったのか?

『ちょっとまて野球部!』初日舞台挨拶
日程 2018 年 1 月27日(土)
場所 池袋 HUMAX シネマズ
登壇:須賀健太、小関裕太、山本涼介、宝来忠昭監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と歓声の中、登壇した3人

須賀さん:今日寒い中ありがとうございます。試写会の時に俺のうちわが少ないって言ったら、皆さん作ってくれて、よくできたファンを持ちました!
小関さん:朝からのコメディいかがでしたか?(大拍手)
山本さん:楽しんでいただけましたか!(大拍手)トークは須賀君が盛り上げてくれると思います!
須賀さん:他力本願!!!!!

宝来監督:楽しんでいただけたのならうれしいです!


野球をあまりやらない野球部の物語へのオファーに

須賀さん:キャッチボールぐらいしかしてこなかったので、野球映画なので練習チョットしたりしましたが、やらなくてよかった感じですね。取り方がアクション的な取り方だったので、そっち練習知れば良かったです。

山本さん:原作呼んで。しなくていいやと。兄がやってたので、メジャーとか観てたんで

須賀さん:メジャーリーグを見本なの?

小関さん:単純に『ちょっとまて野球部!』なのに野球しないって面白いなと。原作以上にやってないですから!

映画情報どっとこむ ralph 今回の演出は?
宝来監督:原作にあるバカ感。愛すべきね。原作キャラと其々のキャラが融合できればと演出しました。

高校時代からの知り合いで、仲良しの3人。本読みがないほど仲が良かったと言う小関さんですが実はあったそうで

須賀さん:僕らは衣装合わせの日にやったんです。でも裕太がツッコミ役なのにいないのでスタッフさんと僕が掛け合う。で、山本は無口な役で見てるだけで、誰の練習だと!思いました。
と、内情を暴露。で、天然ボケで本当はツッコミが上手くないので修行中だと話す小関さんですが・・・

須賀さん:二人ともボケが雑なんで。でも、突っ込んでます。


俺!天才と思うことを聞かれ

須賀さん:(小関:芝居!)芝居!

言わされた感ありあり、

小関さん:楽観的!

山本さん:芝居!

撮影時にちょっと待てよ!なことを尋ねると

須賀さん:山本のジージャン、破れてて短い!ちょっと待てよ!って思ってました。撮影現場で・・・身長差!このポスター背伸びしてるんです!ちょっと待てよ!って思ってました。
山本さん:僕が考えるシーン。二人がアドリブで面白い事言って笑かすんで、ちょっと待てよ!うるさい!って思いました。

小関さん:はだけるシーンがあって。男なんで二人とも筋トレでパンプアップしてて、ちょっと待て!って思いました!
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・
須賀さん:家に帰って、(モンスターを狩る)ゲームをしたい!

小関さん:ちょっと待て!
と、ツッコミが決まったところでお開きとなりました。

P.S.:実は監督は、忍者の末裔らしいということも明かされました!

ちょっとまて野球部!

2018 年 1 月 27 日(土)より 池袋 HUMAX シネマズ ほか 全国ロードショー

公式サイト:
www.chottomate-movie.com

物語・・・

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。 3 年生最後の夏が終わり、1 年生の大堀・秋本・宮田ら残された部員た ちの新たな日常がスタートする。

授業をやりすごし、運動部最下級生お 馴染みの雑用をこなしながら野球に励む3人。

ある日、テストの追試で赤点を取った大堀がピンチに!再追試に落ち ると夏の合宿に参加できない!!野球部のキングオブバカ・大堀は無事 に再追試をクリアし、合宿に行けるのか?!

***********************************

キャスト:
須賀健太 小関裕太 山本涼介 宮崎秋人 荒井敦史 塩野瑛久 柳喬之 尾関陸 田村升吾 西野太盛 磯崎亮太 ダーウィン/田中聡元 田中日奈子 大隣望鈴 長田侑子 池原猛 庵原匠悟 堀部圭亮 福士誠治

原作:ゆくえ高那 「ちょっとまて野球部!-県立神弦高校野球部の日常-」 (新潮社「GOGO バンチ」連載中)

監督:宝来忠昭 脚本:友池一彦 音楽:フジモトヨシタカ
製作・配給・宣伝:日本出版販売 東映ビデオ
©2017 ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会