「初日舞台挨拶」タグアーカイブ

香取慎吾 バラエティーモードONに!映画『凪待ち』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演、白石和彌監督『凪待ち』が、いよいよ6月28日(金)に公開となりました!

香取慎吾さんと白石一彌監督は撮影地の石巻で舞台挨拶&記者会見を行った後、

舞台を東京六本木に移して、初日舞台挨拶が、香取慎吾さん、恒松祐里さん、西田尚美さん、吉澤健さん、音尾琢真さん、リリー・フランキーさん、そして白石監督登壇して行われました。

宮城県石巻市を舞台に、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇を描く、衝撃のヒューマンサスペンスですが、舞台挨拶はゆるーく和気藹藹なバラエティーモードに。

『凪待ち』初日舞台挨拶概要
日程:6月28日(金)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられ、香取さんを先頭に客席を通って登場するキャストと監督。

香取さん:いよいよ公開のこの日を迎えられました。本当にうれしく思っています。こんなに多くの方達に来ていただいて幸せです。

とのご挨拶からイベントはスタート。

恒松さん:香取さんの大きな背中に怒りをぶつけたり、哀しみを共有したり、いろんな表情をぶつけた作品でした。どんなどん底でも小さな希望はあると思わせてくれる作品です。

西田さん:撮影が1年ほど前。昨日写真を見返していたらこの日が来るまで長かったんだなと感じました。映画だなと。ヒシヒシ感じています!

吉澤さん:多くの人に観てもらいたい。観せたい映画です。それがこの映画にかかわった全ての人の想いです。熱い思いを受け取ってください!

音尾さん:映画の途中で出てくる謎の男役です!白石監督の映画には何度も呼んでいただいて、監督の撮る映画の住人に、香取さんがなっていてすごさを感じました。

リリーさん:やっと初日を迎えることが出来ました。香取さんが出てきた大歓声からどんどん歓声が小さくなって。。。最後、監督の時には「凪」の状態。(爆笑)日常の中に突然起きるとんでもない絶望と、その中からの再生。慎吾さんの演じる男の色っぽさ。白石監督の哲学をまとったなと。決して派手な映画ではありませんが、観ていただきたいなと。

白石監督:ちょうど一年前に、大好きなキャストとスタッフと共に釣った映画がやっと初日。沢山の人に観ていただきたい映画です。
映画情報どっとこむ ralph ここで、登壇者が考案した『凪待ちクイズ』を登壇者が答えるバラエティー的なコーナーに突入!

香取さん:凪待ちクイズ!
と、それまで落ち着いた男がバラエティーモードに!

西田さん考案のクイズ:私の〇〇されたシーンで、撮影がなかったのに、見学に来たのは?

香取さん:いいんですか?

リリーさん:それ言っていいの?まだ見てないのに。なるべくなら言わない方が。。。
中々、答えが出ないと言うことで、お客さんに香取さんが聞くと、「リリーさん」との回答!
そして、正解はリリーさん!

と、なぜか当たってしまうミラクル発生。

続いて恒松さんは、『撮影の合間に西田さんとカフェに行って、忘れてしまったことは?』と言う問題!

リリーさん:石巻にカフェあった?
の冗談にお洒落なのいっぱいあるとそうツッコミ。

西田さん:祐里ちゃんに凄い誘われて行ったんですよね・・・・・。

香取さん;えー結構行ってたんですか?僕全くそんな時間なくて。。。

と、ちょっぴり恨み節。

リリーさん:心とか?

音尾さん:台本

恒松さん:お財布に普段、、いや、カバンに普段入っているもの!

と答えを言ってしまい。
香取さん:お財布!

リリーさん:出題者がポンコツ!


音尾さんは石巻で釣りに行ったのはどこでしょう!と言う設問は誰も回答できず。答えは旧北上川。
リリーさんは、撮影中一番たくさん飲みに行ったのは誰?

監督:太田さんです!
リリーさん:石巻在住の太田君。よく知らない人ですが、誘いにくるんで。未だにあの人だれかわからないんです!

吉澤さんは、僕の一番好きなシーンはどこでしょうか?は、まだ初日なので答えは自主規制。


香取さん:撮影終わりに、何者かが僕を狙っていました!

音尾さん;僕? (ブー)

西田さん&恒松さん:私たちも見ました!鹿!(ピンコンンコーン)
香取さん:正解!真っ暗な中で数十匹がこっちを見てて。怖くて怖くて。

最後は

白石監督:このメンバーで次回作を創るとしたらどんな映画?

音尾さん:凪待ち2でしょ。

恒松さん:やくざ物。(ブー)

西田さん:サスペンス(ブー)

音尾さん:アニメーション(ブー)

香取さん:西田さんのゾンビ映画(ブー)


答えは・・・
白石監督:全員歌って踊るミュージカル!(大拍手)楽しい映画創りたいんです!

と、期待をもたせて、ゆるゆるな舞台挨拶が終了!

自撮りも!


映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』

2019年6月28日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!
【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。
少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。
ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。
そのあと、亜弓は何者かに殺害された。
恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。
次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

***********************************


出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS


稲垣吾郎が芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周に会えて嬉しい!『海獣の子供』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph STUDIO4℃がついに漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を映画化。6月7日(金)に全国公開となりました。

この度公開初日となる6月7日(金)に初日舞台挨拶を実施しました。
舞台挨拶には、芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎、渡辺歩監督が登壇! 豪華キャスト陣に加え、音楽・久石譲、主題歌・米津玄師といった異才たちの才気が結集した“唯一無二のアニメーション映画”の幕開けに相応しい5名の布陣での濃密なトークが展開されました。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
映画『海獣の子供』初日舞台挨拶
日付:6月7日(金)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7
登壇:芦田愛菜(安海琉花役)、石橋陽彩(海役)、浦上晟周(空役)、稲垣吾郎(安海正明役)、渡辺歩(監督)

映画情報どっとこむ ralph ■初日迎えた感想、本作への想い

芦田さん:いよいよ本日から、たくさんの人にこの作品を観ていただけるのがとても嬉しいです。私は、琉花と“海”が水族館で出会うシーンが好きなのですが、久石さんの音楽がとても素敵で、何かが始まる期待・高揚感を、是非皆さんにも味わっていただきたいです。一つ一つ立ち止まりながら向き合って、こだわって演じました。この作品は、生命の誕生や起源、神秘が描かれていて、明確な答えのない作品だと思います。観ていただいた皆さんそれぞれに感じられることは違うと思いますし、違っていいと思います。身体全体で感じて、感じたことを大切にしていただけたら嬉しいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
石橋さん:まだ映画館で観れていないのですが、学校の友達と観に行く約束をしているので、早く映画館で観たいです。変声期を迎えて、アフレコはいつ声が変わるか分からないタイミングで、でもその時やっと安定してくれた時期でした。アフレコの2日後くらいにまた声が変わり始めて危なかったです(笑)この作品は観終わった後に言葉では伝えられない感情が全身に溢れます。特に最後の30分は本当に圧倒されます。何回も見たくなるような、もう1回観て考え直したくなるような作品なので、是非楽しんでいただきたいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
浦上さん:完成した作品を見て本当に圧倒されたので、ついに皆さんに観ていただける日が来たか!という思いです。久石譲さんの音楽と後半にかけての盛り上がりがすごいので、是非注目していただきたいです。観終わった後に、あれはどういうことかなと考えたり、誰かと語り合うことが出来る映画です。観る方によって解釈や感想が全く違う作品だと思うので、是非観終わった後に語り合っていただいて、この作品を心の中で深めていただけたら嬉しいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
稲垣さん:僕らは声を通して作品と関わっていますが、スタッフは何年もかけてこの作品を作り今日を迎えたと思います。とてもおめでたい日ですね。収録は一人一人バラバラに行ったので、今日この舞台挨拶の場で3人(芦田さん、石橋さん、浦上さん)に会えたことが嬉しいです。キャラクターとして接していたので何だか不思議な気持ちですね。若いキャストの皆さんは、我々大人にはないパワーが詰まっていて、限りない永遠の可能性を秘めていると思います。とても大きなテーマが描かれいて、広い宇宙から見たら一人一人の人間はちっぽけでも、自分も宇宙の一部で、それぞれが宇宙と繋がっていると感じられると思います。『海獣の子供』は体験型の作品ですので、是非とも大きなスクリーンで楽しんでいただきたいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
渡辺監督:全てのキャラクターに対して、これ以上ないほどぴったりの方に演じていただくことができ、本当に嬉しいです。役のイメージでキャスティングしましたが、琉花、“海”、“空”の3人はたまたまキャラクターと同じ年代で、同じブースに入ってアフレコをしていると、なんて脆くて儚いものを持っているんだろう、と胸を打たれました。この瞬間を、一言一言のセリフに込めて映画に記録していくしかないと思いました。稲垣さんは包容力を含めてキャラクターにイメージが重なったので、画のタッチも寄せて描きました(笑)海から来た少年2人が、琉花に何を語り、琉花は小さな体全身で何を受け止めたのか、本日公開を迎えて、この映画は皆さんのものになりますので、是非一人一人メッセージを受け取って、持ち帰っていただきたいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
映画情報どっとこむ ralph ■本作のテーマの一つでもある“家族”について

芦田さん:家族ならなんでも分かるだろうとつい甘えてしまいがちですが、「ありがとう」や「ごめんなさい」などちゃんと言葉にしないと伝わらないこともあると思います。そこは私自身、いつも意識しているところです。 琉花は、お母さんとは同じ屋根の下で暮らしながら気持ちがすれ違ってしまったり、お父さんとは離れて暮らしているけれどいざという時に心配しあったりしています。家族とはこうあるべき、と考えるのではなくて、お互いを想い合うことが大切だなと思います。

浦上さん:“海”と“空”は血の繋がりは恐らくないのですが、兄弟として描かれていて、血の繋がりではないところで絆があります。そこにアングラードが入って、家族のように描かれている食事のシーンが好きです。そこを注目してもらえたら嬉しいです。

石橋さん:血の繋がりだけでなくて、同じ気持ちを持って、思いやりや絆があるからこそ家族だと思います。“海”と“空”にとってはジュゴンも大切な家族なので、愛情や絆さえあれば家族になれるんじゃないかと思います。

稲垣さん:家族にはそれぞれの形があって、何が正解という風には比べられないものだと思います。正明の家族も、別居していたり事情を抱えながらも、物語が進むにつれて、家族が再生していく姿も描かれます。この3人の家族は、ずっと絆を持って歩んでいくと思います。 家族といえば、作品の中では妻(琉花の母)役を先日ご結婚された蒼井優さんが演じていらっしゃいます。映画の中で夫婦の疑似体験を堪能していたので(笑)、ニュースを聞いた時は驚きました。でも山ちゃん大好きですし、とてもお似合いだと思いますし、会見を見て山ちゃんかっこいいと思いました。おめでとうと伝えたいですね。お二人の末長い幸せを願っています。ぜひ山ちゃんにもこの作品を観て欲しいですね!

映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』全国公開中

【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル
光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。

***********************************


原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 / 田中泯 富司純子

スタッフ:
監督/渡辺 歩 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  
CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
音楽:久石譲
主題歌:米津玄師「海の幽霊」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
   


浜辺美波らが令和に賭けたいのは・・・伊藤万理華はなんと!『映画 賭ケグルイ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 原作者・河本ほむらが原案・監修を務めた完全オリジナルストーリーとなる『映画 賭ケグルイ』が5月3日(金・祝)より全国公開となりました!

そして、初日舞台挨拶が行われ、主人公の蛇喰夢子を演じた浜辺美波さん、鈴井涼太役の高杉真宙さん、早乙女芽亜里役の森川葵さん、生徒会長・桃喰綺羅莉役の池田エライザさん、歩火樹絵里役の福原遥さん、犬八十夢役の伊藤万理華さん、皇伊月役の松田るかさんら、劇中ではいずれもキーとなるキャラクターを演じるメインキャストと英勉監督が登壇しました!

『映画 賭ケグルイ』初日舞台挨拶
日付:5月3日(金・祝)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:
浜辺美波、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督

映画情報どっとこむ ralph この日の舞台挨拶では、キャスト陣が客席の真ん中通路を歩いて登場!

ですが・・・扉から一番に姿を現した主演の浜辺さんは客席端っこの通路を一人で歩いていくという天然ミスを発動。
高杉さんや森川さんらに呼び止められて、慌てて正しい通路に戻るというハプニングからイベントは幕開け。

劇中では冷静な蛇喰夢子役の浜辺さんは、座長としての手応えを聞かれると
浜辺さん:最初の登場でわかったと思いますが、主演として引っ張ったかどうかはさておき、楽しく作り上げることができました。映画になるのは嬉しいことだけど、面白くもあり、不思議な感じです。こうやってみんなで舞台挨拶をやるのも面白いですね。
と挨拶。

今まで説明役な鈴井涼太役の高杉さんは今回プレイヤーとしてギャンブルに挑戦、
高杉さん:いい気分でした。いい舞台に立っていいセリフを言う感じがあった。照明も当たって気持ちが良かった~!

と嬉しそう。早乙女芽亜里(さおとめめあり)役の森川さんはギャンブルバトルシーンについて

森川さん:アドリブ?と聞かれることが多いけれど、ほぼほぼセリフは台本通りです!
と明かすと、歩火樹絵里(あるきびじゅえり)役の福原さんは森川さんの熱演に対して
福原さん:お芝居を通り越したような動きが凄くて、目を真ん丸にして見ていました。笑いをこらえるのも必死でした。

と激闘を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)役の池田さんは英監督とは3度目のタッグ。
池田さん:英監督からの細かい演出はなくて、どうする?みたいな。私が原作ファンということもあり、忠実にやりたかったんですね。ファンだからこそ自信のない部分もあるけれど、やれるだけはやりました・・・。

とアピール。

新顔の福原さんは
福原さん:シーズン1を視聴者として楽しんでいた分、芝居するのが怖かったです。でもこの世界に入れる感動もあって、恐怖も緊張感もなく楽しんでできました!

と嬉しそう。

犬八十夢(いぬはちとむ)役の伊藤さんは
伊藤さん:撮影前日にビジュアルを決めて髪の毛も切ったりしていたので、テンパっていたと思う。ただ役自体も周りが見えずにテンパっている役柄だったので、テンパりつつも必死にやりました。

と報告。

皇伊月(すめらぎいつき)役の松田さんは
松田さん:シーズン1の時は夢子の敵で、シーズン2では夢子を使ってやろうという設定。役柄上、距離があったので会話することはあまりなかったので、今回は浜辺ちゃんとお話ができたことが嬉しかったです。

と交流を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 令和に突入したことにちなんで、平成生まれのキャスト陣には「新時代に賭けたい勝負&新時代に挑戦したいこと」というお題が映し出され

浜辺さん:規模でいうと小さいけれど、初めての〇〇に挑戦したいです。ネットで金額などを調べずに近所の小料理屋さんに入ったり、カフェでご飯を食べた経験がないので、そういったことを積み重ねて一人旅行に行きたいです。普段からネットでお店の雰囲気や金額などを調べてから行動するので、ネットに頼ることなく堂々と生活したい。
と宣言。

高杉さん:令和生まれの方と一緒に仕事をした時に『君、令和なんだ~』と言いたい!
と平成生まれの先輩らしくしたいと熱望。しかし、英監督から「上から!ってことね」と突っ込みも!

続いて、
森川さん:欲望に打ち勝ちたい!物欲・睡眠欲・食欲に負けているので、令和ではそういった欲に勝てるような大人になりたい!

とし、今年、映画監督デビューする池田さんは
池田さん:女優業以外の自分の好きなことも仕事にしていけるような令和にしたい。これからも変わらずに好きなことをやります!
といい、

福原さん:一人旅行に行きたい!スイスが理想です。シルバニアファミリーみたいな。。。
とメルヘンな回答に、監督は監督に今見たばかりの人たちの前でね・・・・。と突っ込み。(何故か?は劇場で)

ラーメン好きだという松田さんは

松田さん:健康診断での中性脂肪の値がヤバイので、ラーメンをやめたいです
と切実。これには、監督も激しく同意。

元乃木坂46の伊藤さんは
伊藤さん:グループ時代は代表者がバンジージャンプとかスカイダイビングなどでヒット祈願をしていて、私は応援する側としてしか参加できなかったので、何かの代表になって飛んでみたいです!

と驚きの願望を明かした。この伊藤の発言に対して

池田さん:今から予約すればできるよ?

森川さん:映画の大ヒットにかけてやってほしい!

英監督:宣伝部員が今からバンジーのネット予約をする!
と煽り立てられる展開となり、

伊藤さん:そういう機会があるなら…。監督からは撮影現場でもこうやって追いつめられていました。

と笑わせると共に、ファンとしては、バンジー見てみたい?ところ。

映画情報どっとこむ ralph さらに、5月17日から劇場で『映画 賭ケグルイ』っをご鑑賞いただく際にアプリ「副音声de賭ケグルイ」をダウンロードして起動すると映画本編にあわせてキャスト、スタッフによるオーディオコメンタリーが聞ける企画が始まるとの発表があり・・・

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
浜辺さん:私にとって令和の最初に公開される映画がこの作品で嬉しい。それほど撮影も今も楽しくて、思い入れのある作品です。この映画が令和初鑑賞になるのはなかなか濃いことだとは思いますが、そういった新元号スタートも楽しいはず。GWの締めくくりに賭けグルってこの映画に賭けてほしいです!
とイベントを閉めました。


『映画 賭ケグルイ』

5月3日(金・祝)より全国公開中!

公式サイト: http://kakegurui.jp/
公式Twitter:@kakegurui_jp

物語・・・

創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。
勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。
この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。
一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。
学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客を送り込むも次々と撃破。
学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。
生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ百花王学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する。



***********************************


原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案・監修:河本ほむら 
ゲーム監修:オインクゲームズ
監督:英勉 脚本:高野水登 英勉
出演:浜辺美波 高杉真宙
宮沢氷魚 福原遥 伊藤万理華
松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良
池田エライザ
矢本悠馬/森川葵
配給:ギャガ 
c2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会



GACKTと伊勢谷友介のキスで大盛り上がり!「翔んで埼玉」出陣式兼初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 埼玉県を徹底してディスることが大きな話題となった、魔夜峰央原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」が、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え映画化し、いよいよ今週22日(金)、全国公開となりました!
今月初めには、埼玉県庁へ表敬訪問へ伺い、県知事からの公認を獲得。
さらに、全国へ埼玉の魅力を届けてほしいと一任され、全国キャンペーンを敢行するなど、全国を埼玉に浸食させるプロモーションを実施。その「日本埼玉化計画」の集大成として、目標動員数は埼玉県総人口の730万人!初日舞台挨拶が、二階堂ふみさん、GACKTさん、伊勢谷友介さん、京本政樹さん、武内英樹監督が登壇して華々しく行われました。

目標動員数は埼玉県総人口の730万人!
出陣式兼初日舞台挨拶
日程:2月22日(金)
場所: 丸の内TOEI
登壇:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹、武内英樹監督
MC:フジテレビアナウンサー 宮澤智

映画情報どっとこむ ralph 今回の司会は、埼玉県入間市出身のフジテレビアナウンサー 宮澤智さん!

呼び込まれたキャストのみなさんは、大歓声の中、和装で登場!! 

で、金屏風の前に集合した様子はまるで時代劇(笑)。

主人公であり、都知事の息子・壇ノ浦百美という、初の“男性役”を演じた二階堂ふみさん
二階堂さん:皆さんこんばんは!楽しんでください!

埼玉県の解放を企てる、まさかの“高校生”・麻実麗を演じたGACKTさん

GACKTさん:この寒い中、「仁義なき埼玉」を見に来てくださって本当にありがとうございました!(東映本社横の丸の内TOEIで上映)。楽しんでいただけましたでしょうか?(大拍手)ありがとうございます。

都知事の執事でありながら、真の顔は千葉解放戦線のリーダー・阿久津翔を演じた伊勢谷友介さん
伊勢谷さん:観て下さって本当にありがとうございます。次は千葉の映画を監督に作っていただこうと思います!

伝説の埼玉県人・埼玉デュークを演じた京本政樹さん

京本さん:みなさんこんにちは!(と、今回はめちゃ短め挨拶。)

そして、武内英樹監督
武内監督:来年の魅力度ランキングで埼玉が20位以内に入ることを願って、愛を込めて作りました!

との、其々挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 今回の衣装が和装なのは、二階堂さんの要望だったそうで、

二階堂さん:今回初めて男の子の役をさせていただきまして、プロモーションもづっとパンツルックだったので、紋付き着たいなとオファーしました。

男性役に関して
二階堂さん:原作の世界観がとても強いのものでしたので、とにかく、その強さを失わないように。そして、性別や年齢をすべて超越した物語ですので、そこにはこだわり過ぎず。でも男の子に見えるよう頑張りました!

と、話すと、映画を観て伊勢谷さんは驚いたことがあったそうで

伊勢谷さん:GACKTさん高校生だったんですね。

GACKTさん:そこは流すとこ!インタビュー全部そこさけたんだから。(最近プロモでTV出まくってることに)僕は・・・・1年間に・・・5本しか出ないことにしてるのですが。。。。5年分は出たかなと。ここから5年休みます。
とのお言葉に、会場から「えーーーーーーーー」の声で大合唱!

伊勢谷さんもかなりエキセントリックな役。心に残ったことを聞かれると
伊勢谷さん:いろんなことが残りまくりです!最初のポーズもわけわからないし。GACKTにチューすることになるし。抵抗はしたんですけど。結局、ポセイドン(棒)でぐりぐりしながらチューしました。
監督:あれ台本になかったんですけど、GACKTさんの提案で入れました。
GACKTさん:それは言わない約束ですよ監督!公私混同。どうしても伊勢谷君とチューしたかったんで(笑)

と、朝からTV出ずっぱりでハイ気味なのか飛ばし気味のGACKTさん。

京本さんは、実はGACKTさんと・・と言う役。
京本さん:その設定はどうかと。ただ彼が18歳の高校生と聞いて納得しました。それで、GACKTの洋装に対抗して、白髪に着物にしたら、時代劇撮ってる気になって。サイタマラリアってやってたら、時代劇だなと撮り直したい感じです。

と言う京本さんに監督はスルー。そんな監督は、こだわったところは?

武内監督:都庁に皆で向かうところはエキストラが足りなくて、一部東京マラソンの映像を使っちゃいました!伊勢谷君はキスの後に、以外と女生と変わんねーやって言ってました!
と、キス話を蒸し返す監督。実はもっとキス尺が長かったそうで、DVDで復活させたい旨を語ると観客大喜び。

映画情報どっとこむ ralph また、初日を迎えたことを記念し、くす玉を割ると・・・

脱 ダサイタマ!! の文字が!

埼玉県民へメッセージ

二階堂さん:脱!ダサイタマおめでとうございます!今回、日本埼玉化計画をプロモーションで行いまして、先日、埼玉県知事の元に映画の完成と謝罪を兼ねて訪問(訪問レポはこちら)しまして、県知事も、埼玉県民は心が広いので怒りません!と公認をいただいたので、寛大な場所だなと。大好きになりました。

GACKTさん:これ受け取りたい?でも、いじられると言うことは素晴らしい事だ思います。これからも埼玉の皆さんはどんどんいじられ、いじられ涯のある埼玉県人になっていただきたいなと思います。この映画が埼玉の発展に貢献することを少し祈っていきたいと思います。

最後は・・・

観客;翔んで埼玉!!

キャスト:いざ!出陣じゃー!
で、オモシロイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『翔んで埼玉』

は、明日2019年2月22日(金)公開です!

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama

【STORY】
娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。


***********************************


キャスト:二階堂ふみ GACKT 
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)  / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE       
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント) 
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会


アプガ 新井愛瞳 吉川茉優 高萩千夏 橋村理子ら登壇!「猫カフェ」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 猫に囲まれながらお客さんの相談にのり、笑顔になってもらうという一風変わった「猫カフェ」の店主と猫、そしてお客さんの間で起こる小さな奇跡を描いた心温まる物語。

映画初主演となる主人公「猫カフェ」店主・桜木さくらを演じる声優・歌手の久保ユリカと、24匹の猫たち、さらに、各エピソード主演にアップアップガールズ(仮)新井愛瞳、小倉優香、池内万作をむかえた本作。が、いよいよ12月1日(土)より劇場公開となりました!

そして!初日舞台挨拶には、エピソード1「気になるあの子」で劇中アイドルグループ”星屑少女団”として本作限りのユニット結成した、アプガ(仮)の新井瞳愛さんとアプガ(2)の吉川茉優さん、高萩千夏さん、橋村理子さんと猫嫌い役の池内万作さんが再集結しました!
『猫カフェ』初日舞台挨拶
日時:12月1日(土)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:
新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))、池内万作
アップアップガールズ(2)吉川茉優/高萩千夏/橋村理子
沖田光(監督)

映画情報どっとこむ ralph 暖かい拍手で迎えられたキャストと監督。其々一言挨拶の後

新井さん:撮影では猫たちを見ながら私は優しい気持ちになっていました!
と語る新井さん。現役アイドルで、劇中でもアイドルグループ”星屑少女団”のメンバーの役に

新井さん:アイドルで学校でちょっといじめにあってる複雑な女の子。私も小学校のころからアイドルをやっていて、小学校の頃に軽いいじめにあっていたので、居場所がない思いとか・・重なる部分が多くて、共感して演じました。私も猫カフェに行っておけば良かった!
と、話す新井さんはお籠りでのゲームで克服したと明かしていました!

猫嫌い役の池内さんは、本当は猫3匹を飼っている猫好き

池内さん:猫嫌いの役ですが、猫好きなのでかえってやれたのかなと思うところはあります!嫌いだと絡みずらいですし。オファーも「猫と戯れてみませんか?」だったので・・・考えずに楽しんで演じました!(ポスターの猫耳は?)渡されたので、サイズ的にピッタリでした!(観て欲しいのは?)心を開けば優しい心が返ってくる。というところですね。
と、見どころを明かました。

映画情報どっとこむ ralph 新井愛瞳さん(アップアップガールズ(仮))、アップアップガールズ(2)吉川茉優さん/高萩千夏さん/橋村理子さんは劇中で4人組ユニットを組んでいて
吉川さん:新井さんとは普段別グループで活動していますが、今回は後輩的な感じのメンバーで新鮮でした。でも、撮影の裏では引っ張ってくれていました!楽しかったです!

と、話します。
新井さん:今回(2)の曲を歌っているので、単純に私が初めて踊るので、ずっと教えてもらいました!高萩が強い口調で私を怒るシーンがあって。ここぞとばかりでした!良い事なんですけど。

と、言う先輩新井さんに、
高萩さん:普段言えないことを!ね。ここぞと!でも目が怖かったです!新井さんは普段怒らないんですけど。

橋村さん:(2)リーダーは高萩で、劇中でもリーダー?あれっ茉優ちゃんがリーダー?じゃチョット違いました!
と、天然系?

新井さん:でも普段高萩がリーダーなので、劇中でもね。そういう感じだったから。私も仕切りたいタイプなので、内気な役は結構悩みました!

と、後輩をフォローする優しい先輩!

映画情報どっとこむ ralph 監督は猫好きで、出てくるカフェは自らよく行っているところだそう。
監督:猫6っ匹飼っています!猫は何言っても無駄だとわかっていたので、期待してませんでしたが、猫カフェの猫ちゃんたちは割と演技が出来て。ワンシーンだけ出来なくて。久保さんと新井さんのシーンだけカットしましたが。それ以外はちゃんとできました。

猫は思い通りに演技してくれたそうですが、人間キャストはどうだったかと言う質問に

監督:久保さんと池内さんとは台本から相談していたので割とスムーズ。アプガの皆さんはその場でですね。新井さんは最初から役が入っていて。ハマっていました!吉川さんと橋村さんは割とキャラ通りの設定で。高萩さんは悪役なので。先輩に向かって、大変だっただろうなと。

高萩さん:大変でした。あと感情を出すと福島弁が出ちゃって。イントネーション沢山指導されました!

監督:高萩さんは僕が頼んでないこともしてました!(笑)凄い顔してますので注目です!

と、暴露。

監督:猫が沢山出てきます。猫好きの方は勿論。そうでない方もヒューマンドラマなので、楽しんでいただけると思います!

池内さん:猫、沢山出てきます!癒されてください!

新井さん:是非癒されて、猫カフェに行きたくなってくれればと。
とイベントは終了しました!

映画情報どっとこむ ralph 「猫カフェ」公開中!

https://www.nekocafe.info/

物語・・・
猫に囲まれながらお客様の相談に乗り、笑顔になってもらうという少し変わった場所があります。扉を開けると、陽だまりのような笑顔で悩みを聞いてくれる店主・桜木さくら(久保ユリカ)と、そっと寄り添ってくれる猫たちが、私たちを迎えてくれます。あら、今日もまた、新たな出会いがありそうです。

***********************************

出演:久保ユリカ、新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))、小倉優香、池内万作、宮下順子
アップアップガールズ(2)(吉川茉優、高萩千夏、橋村理子)
監督・編集:沖田光 脚本監修:村川康敏 脚本:大竹菜々子、山下大士、安齋智子、皐月彩
製作:岡本東郎、鈴木ワタル エグゼクティブプロデューサー:穂山賢一 企画プロデュース:大橋孝史
プロデューサー:大橋史佳、岩村修、松原大輔、金子誠二郎 撮影:カツヲ、島根義明、嘉本哲也、竹下権優
照明:村上不比等、石川和明 録音:古賀陽大 制作:増田秀郎、岩佐裕一郎
製作:バップ/パル企画 配給:パル企画 尺:90分
(C)2018「猫カフェ」製作委員会