「初恋ロスタイム」タグアーカイブ

竹内涼真 後輩に優しい配慮。『初恋ロスタイム』完成披露上映会&舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が実写映画化。
映画『初恋ロスタイム』が9月20日(金)より全国公開となります。

この度、公開まで後一カ月を切った9月2日(月)に新宿バルト9で本作の完成披露上映会が行われ、板垣瑞生さん、吉柳咲良さん、竹内涼真さん、石橋杏奈さん、河合監督が登壇して舞台挨拶がおこなわれました。さらに、主題歌【想い人】を緑黄色社会(長屋晴子さん、小林壱誓さん、peppeさん、穴見真吾さん)
映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会
『初恋ロスタイム』完成披露上映会
日時:9月2日(月)
場所:新宿バルト9
登壇:板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、石橋杏奈、緑黄色社会(長屋晴子、小林壱誓、peppe、穴見真吾)、河合勇人監督

映画情報どっとこむ ralph キャストと監督が現れると会場は大歓声!
MCから初主演作についての感想を聞かれ

板垣さん:全然実感が無いです(笑)。今まで色んな人の背中を見てきたんですが、今回自分がその役割をやらせて頂いて、名誉なことだし、素敵な事をさせて頂いているんだなと実感しました。色々な取材の中でも初主演ということを仰って頂いたのですが、改めて映画って全員で作るものなんだなと思いました。今回主演というものをやらせて頂いて、観て下さるお客さんも含めて一緒に映画を作っている一員のような気がしています。

とコメント。本作が初の映像作品となった吉柳さんは

吉柳さん:映像作品の作り方も分からなかったので、撮影初日から緊張や不安もあったんですが、板垣さんをはじめたくさんの方に助けて頂いて、100%の力を出し切ることが出来たと思うので、こうやって皆さんにこの映画をお見せできるのが嬉しいなって思います。

と15歳とは思えないしっかりしたコメントで会場を湧かせた。吉柳さんが受けたホリプロスカウトキャラバンを見ていたという竹内さんは

竹内さん:たまたまオーディションを見ていたんですが、物怖じしない感じがかっこいいなと思っていたらグランプリになって。共演したい人を聞かれて“竹内涼真くん”と言ってくれていたのも聞いていてすごく嬉しかったので、こんなに早く共演が実現して本当に嬉しかったです!

と共演の喜びを語った。また板垣さんとの共演については

竹内さん:映画の中で一番絡んでいる時間が長くて、一緒に話し合いながら一つのシーンを作り上げられたのが楽しかったです。歳は離れているんですが、意見交換しながら出来たので、いい撮影期間だったなと思います。

とコメント。これに対して

板垣さん:アドリブで動きたい時に相談したら、監督も含めて段取りをやってくれたり、カメラワークを変えてくれたり本当に助けられました!

と先輩である竹内さんとの共演について嬉しそうに語りました。竹内さんの妻を演じた石橋さんは

石橋さん:初共演で夫婦役だったんですが、お芝居も空気感もナチュラルで入りやすくて、お芝居もしやすくて、楽しかったです。

と語った。
板垣さんと吉柳さんというフレッシュな2人を演出した感想を聞かれ

河合監督:吉柳さんはオーディションの頃から見ていましたので、日々成長していく姿が楽しくて、感慨深いものがありました。竹内さんがいらっしゃると吉柳さんがそわそわしたりして、そんな姿も見れて可愛らしかったですね。板垣さんは最初吉柳さんとぶつかり合う芝居が多かったのでドキドキしながら見ていたんですが、芝居をしていく中でお互い意見を言いだして、だんだん芝居が面白くなっていったなと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph ここで主題歌【想い人】を本作の為に書き下ろした緑黄色社会がステージに登場し、ボーカルの長屋さんが
映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会 長屋さん:今回の【想い人】という楽曲は、原作や映画を観させて頂いて、人を想いあう大切な気持ちというものを私達なりに表現させて頂きました。人を想いあうという気持ちは以前から形にしたいテーマだったので、映画の力を借りて今回形に出来たことを嬉しく思います。

と挨拶。キャストの見守る中アコースティックバージョンの【想い人】を生披露すると、会場からは大きな拍手が起こった。
映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会
曲を聞いた板垣さんは感動を中々言葉に出来ずにいると、

竹内さん:ちょっと感動したでしょ(笑)2人は撮影を本当に頑張っていて、映画の最初と最後で表情も全く違いますし。僕が聞いていても映画のワンシーンが流れる感じがしました。

と優しくフォロー。

板垣さん:この曲が劇中で流れる時にすごく良い演出が入っていますし、この映画を観て頂いた後に聞いて頂くとまた違うので、一緒に観て欲しいし聞いてほしいなと思いました。

とコメント。

吉柳さん:生で聞けてすごく感動していて、本当に『初恋ロスタイム』で時音という役を頂けて、こんなに素敵なキャストの皆様スタッフの皆様に囲まれて、この場に立つことが出来て改めてすごく幸せだなと思いました。ありがとうございました。

と泣きながら語り、会場全体が暖かい空気と拍手に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

竹内さん:今【想い人】を聞いて、もっとこの映画を知って頂くためにもうひと頑張りしなきゃなと思いました。さっき2人が涙した理由はすごく撮影を頑張ったからで、咲ちゃんは初映画で緊張するし、その中で乗り越えた気持ちと完成披露を迎えられた気持ちで高まったんだなと思いました。2人の成長も汲み取って観て頂けたらなと思います。

とコメント。

吉柳さん:初映像作品で不安もあった中100%の力を出しきれたのは、たくさんの方々の力があったからで、一人ではこんな素敵な場所には立てなかったと思います。私はオーディションでこの世界に入ったんですが、そこにたどり着くまで一歩踏み出せる勇気が出なかったりもしました。この映画は一歩踏み出す勇気の大事さを伝えてくれている映画でもあるので、この作品が一歩を踏み出すきっかけになればいいなと、曲を聞いて改めて思いました。

と語った。

板垣さん:頑張る事ってこんなにカッコ悪くてこんなにカッコ良いんだと思える、素敵な音楽とキャストで作った本当に素敵な映画です。皆さんにどう届いていくのか楽しみで仕方がないので、是非素敵だなとか、伝えたいなと思って頂けたら発信して頂けますとありがたいです。

と本作への想いを語りました。

『初恋ロスタイム』本ポスター
『初恋ロスタイム』

9月20日(金)全国ロードショー

公式サイト 
https://hatsukoi.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/hatsukoi_movie 

主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音に出会う。やがて2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった。

***********************************

出演:板垣瑞生 吉柳咲良
石橋杏奈 甲本雅裕
竹内涼真
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会








良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「緑黄色社会」初映画主題歌に大抜擢『初恋ロスタイム』本予告&主題歌情報解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が実写映画化『初恋ロスタイム』は、今秋9月20日(金)より全国公開することが決定しました。
『初恋ロスタイム』本ポスター この度、本作の主題歌には、若い世代から人気沸騰中のブレイク必至4ピースバンド:緑黄色社会が本作のために書き下ろした「想い人」に決定!緑黄色社会は今回が初めての映画主題歌抜擢となる。

本作は、主人公の浪人生・相葉孝司が、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇し、そこで出会った自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音ともに、毎日1時間だけ起きる、不思議な時間“ロスタイム”の切ない<秘密>に迫るラブストーリー。

今回主題歌に大抜擢された緑黄色社会は、愛知県出身の4ピースバンド。ボーカル・長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声をはじめ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、幅広いカラーバリエーションを持つ楽曲・サウンドを生み出すことで話題となり、2013年の10代限定音楽フェス『閃光ライオット』で準グランプリを獲得。昨年3月にインディーズで発売したアルバム『緑黄色社会』が、オリコン週間アルバムランキングでTOP20入りし、10代を中心に“リョクシャカ”の愛称で人気沸騰中の令和元年ブレイク必至の次世代最注目バンドです。

長屋 晴子(ながや はるこ)さん ボーカル・ギター コメント
この度、映画『初恋ロスタイム』の主題歌を担当させて頂くことになりました。映画の主題歌のお話を頂いたのは初めてだったので、大変嬉しく、そして光栄に思います。原作を読ませて頂いて、自分ではない誰かを愛しく、守りたいと思う気持ちというのは、こんなにも優しくて強いものだと感じ、誰かを想うという簡単なようで思うようにいかない気持ちをテーマに、歌詞を書き進めました。Gt.小林の作った優しく力強いメロディと合わさって、多くの人の心に届く曲が出来たと感じています。この曲を聴いて、それぞれにとっての『想い人』を浮かべたときに、優しい気持ちになってもらえたら、私はとても幸せです。

映画情報どっとこむ ralph 出演のお二人からもコメントが届いています!

◆主人公・相葉孝司役:板垣瑞生さん コメント
とても素敵な歌を作っていただきました。孝司の時音を思う気持ちとこの歌が、本当にマッチしていて驚きました。今、好きな人を想って仕事をしている人や毎日日本中で頑張っている方がいると思います。そんな全ての方々の支えになってくれる曲だと感じました。緑黄色社会さんの歌声と映画の世界観がマッチしているので、色んな方に体感していただきたいです!

◆篠宮時音役:吉柳咲良さん コメント
「想い人」は聴いた人の心があったかくなる曲だと思いました。特にサビの”貰った愛の分だけ返していこう”という歌詞がとても好きです…。“愛されながら愛してゆく”ってとても素敵な事だと思ったからです。同時に、『初恋ロスタイム』で私が演じた時音の気持ちとリンクしている部分が多い曲のように思いました。映画を観に来て下さった全ての方に優しい気持ち、愛する気持ちの大切さをこの曲からも感じて貰えれば嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『初恋ロスタイム』

公式サイト:
https://hatsukoi.jp/

公式Twitter:
@hatsukoi_movie

9月20日(金)全国ロードショー



***********************************


出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真

監督:河合勇人
脚本:桑村さや香

原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)  
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

板垣瑞生(M!LK)と吉柳咲良 「初恋ロスタイム」特報映像到着


映画情報どっとこむ ralph 2016 年に刊行された仁科裕貴先生による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/ KADOKAWA 刊)を原作とした実写映画が今秋 9 月に公開されることとなりました。

主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静 止する>という不思議な現象に遭遇する。時刻は 12 時 15 分。授業中だった孝司だけ がなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことので きる少女・篠宮時音に出会う。

やがて 2 人は、毎日 12 時 15 分に 1 時間だけ起きる、 その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイ ム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった。
映画情報どっとこむ ralph 気になる配役ですが・・・・

幼い頃母親を病で亡くした経験から、諦め癖のついた無気力な日々を送る浪人生・相 葉考司を演じるのは、全国ツアー各会場即売の絶大な人気を誇るボーカルダンスグループ M!LK の板垣瑞生さん。

映画デビュー作『ソロモンの偽証』で日本映画批評家大賞新人男 優賞受賞をするなど、その演技が高く評価され、今年は本作以外にも『僕に、会いたかった』、『ホットギミック』、『超・少年探偵団 NEO – Beginning-』と、3 本の出演作を控えており、本作で初主演を務めます。

ロスタイム中に動く事が出来る少女・篠宮時音には、歴代最年少で第 41 回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」グランプ リを受賞、ミュージカル「ピーターパン」10 代目主演にも大抜擢された吉柳咲良さん。

本作が初めての映像作品への出演となる吉柳は、人気女優への登竜門とも呼ばれるミュージカル「ピーターパン」を経て、一体どのような演技・ヒロイン役を見せるのか、期待が高まります。

2 人の遭遇する”ロスタイム“という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る、本作のもうひとりの主人公とも言える医師 役を竹内涼真さんが演じます。

「ブラックペアン」以来の医師役となり、これまでの<爽やかイケメン俳優>としてのイメージとは異なり、役柄・俳優とも にフレッシュな若手キャストが等身大で演じる“ラブストーリー“を支えています。

そして、石橋杏奈さん、甲本雅裕さんら実力派俳優が脇をしっかり固めます。

監督は、かつて相米慎二監督や黒木和雄監督、崔洋一監督らのもとで助監督として経験を積み、『俺物語!!』(15)や『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)といった青春映画を数々手掛けてきた実力派で知られる河合勇人監督。

本作の「時 が止まった世界で動き出す二人の物語」という設定を、どのような良質な青春ドラマに仕上げてくれるのか。

映画情報どっとこむ ralph
“その間だけ、恋をした” 青春真っ只中の甘酸っぱさと切なさ感じる特報映像が解禁!


この度、板垣と吉柳が演じる孝司と時音が遭遇する “ロスタイム”現象と 2 人の切ない恋を予感させる特報映像が解禁となりました。 冒頭、竹内演じる青年医師が「昔ね、時間が止まったことがある」と、過去自分の身に起きた、毎日決まった時刻から 1 時間ほどの間 自分以外の世界が静止するという不思議な現象について語り始める。その時に出会った“大切な人”の存在を思い出しながら話す彼の語 り口は、“ロスタイム”の間だけの恋という、本作の物語へと引き込んでくれます。 時間が止まり2 人しか動くことのできない 1 時間の“ロスタイム”を一緒に過ごす度に、2 人の距離は徐々に近づいていき、今回の特報で は二人が顔を寄せ合うキス寸前のシーンもお披露目。その不思議な現象を“神様がくれた時間”と言う孝司は、「ロスタイムじゃないときも会 いたい」と時音に思いをぶつけるも、「もう孝司には会えない」と断られてしまう。思いつめた表情で突然別れを告げる時音に何が起きたの か。そして時折カットバックされる暗い病室の中切ない表情で花火を見つめる青年医師の姿や、“静止する時間に隠された、切ない真実― ―”という言葉、必死に自転車を漕ぐ孝司の姿など、“ロスタイム”に翻弄される 2 人の恋物語に期待が高まります。

青年医師が“ロスタイム”の時に出会った“大切な人”とは、孝司と時音の 2 人の恋の行方は…、今後の続報にご期待ください“!

「初恋ロスタイム」

2019年9月 全国ロードショー

公式サイト:
https://hatsukoi.jp/

公式 Twitter:
hatsukoi_movie

公式 Instgram:
@hatsukoi_movie

***********************************


杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人
本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
配給:KADOKAWA ●コピーライト:© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会

  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ