「冨田佳輔」タグアーカイブ

真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」ドイツ:第18回「ニッポン・コネクション」出品へ!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月29日から6月3日までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に、真野恵里菜主演映画「青の帰り道」(洋題:We are)が出展することが決定しました。


ニッポン・コネクションでは、藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星がワールドプレミアで舞台挨拶をおこないます。

「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」、「ニッポン・ヴィジョンズ」、「ニッポン・アニメーション」、「ニッポン・レトロ」、「ニッポン・キッズ」、「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。同映画祭は上記の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの1つと言われています。

映画情報どっとこむ ralph 映画「青の帰り道」(洋題:We are)は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリーです。

主人公のカナを演じるのは、映画「坂道のアポロン」「不能犯」「君と100回目の恋」への出演の他にドラマ、CMなどマルチな活躍が著しい真野恵里菜さん。

舞台「新世界ロマンスオーケストラ」や劇団新感線「修羅天魔~髑髏城の七人season極」など大型舞台へも出演し多方面にて活躍中の清水くるみさん、映画「兄友」「虹色デイズ」「愛唄」と主演作が控えている横浜流星さんなど、脇を固める若手俳優陣の演技も注目の作品です。

映画情報どっとこむ ralph この度の「ニッポン・コネクション」への出展に伴い、本作でメガホンをとった藤井道人監督はじめ、主要キャスト7名のコメントも到着しました。


藤井道人監督コメント
この映画を完成させるための、想いや、苦労、喜び、その全てを吸い込んで「青の帰り道」は完成しました。時代が変わっても、変わらないでほしいことがある人たちの話を描きました。それはタラレバでしかないかもしれないけれど、そう強く願う気持ちを純粋に描くことでしか信じられない世界があると僕は思います。この作品が完成するまでの長い道のりを応援してくださったすべての方々に感謝しております。

真野恵里菜さんからのコメント
作品の完成がとても嬉しく、皆さんに観ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています。
学生時代一緒にいた7人には、それぞれの道・幸せ・困難があるのですが、その中で夢を追うこと、仕事をすること、家族を想う気持ち、仲間の存在、懸命に生きようとする姿に「何か」を感じていただきたいです。

清水くるみさんからコメント
今まで色々な作品に出会ってきましたが、年月が経てば忘れ去られてしまう作品もあります。この「青の帰り道」は、1人でも多くの人の心の中に残ってほしいと思う作品です。ストーリーにも演じた役にも自分と重なる部分がたくさんあり運命を感じた作品でした。
映画祭も決まり、これから色々な方のもとにこの作品が届くのかなと思うと非常に楽しみです!

横浜流星さんからコメント
監督、キャスト、スタッフ一丸となって創った、自分にとって忘れられない大切な作品です。今回「ニッポン・コネクション」への出展が決まり、とても嬉しいです。お邪魔させて頂くことになったので、1人でも多くの方にこの作品が届く様、携わって下さった方々の思いを胸に責任を持って届けたいと思います。

森永悠希さんからコメント
本当に沢山の方の助力や、並々ならぬ熱意、愛情で出来上がったこの作品を、日本だけでなく、日本以外の方々に見て頂けることが、嬉しいです。国を越えてこの作品を見た方々がどう思い、どう感じとってくれるのか…今からとても楽しみです。

戸塚純貴さんからコメント
「青の帰り道」がこういった形で日本のみならず世界の方々に届くこと、大変光栄に思います!この作品がドイツでの上映で観て下さる方々がどういった反応するのかとても興味深いです。これからも沢山の輪が広がることを心から願っています。

秋月三佳さんからコメント
今年、ドイツのニッポン・コネクションで『青の帰り道』が上映されるという、この幸せな、少し衝撃的な機会に感謝しています。ドイツの人がどう思うのかすごく興味があります。この映画は、私が今置かれている”現実”とは何なのかを見つけている時に、答えを教えてくれました。今を生きる人、未来を生きていく人の心に、深く残る作品だと思います。‬

冨田佳輔さんからコメント
今回ニッポン・コネクションに出品される事を聞き、こんなにも早く皆さんに観て頂けるのか。と思うと同時に、やっと観て頂けるのかと思ってしまうほどこの映画の上映を心待ちにしていました。それもドイツで日本の方のみならず海外の方々にも観て頂けることがとても嬉しいです。
あの夏の僕らの想いを少しでも、心で感じてもらえる事を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 真野恵里菜 主演映画『青の帰り道

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

***********************************


出演:真野恵里菜
清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔
工藤夕貴/平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人
アベラヒデノブ
製作プロダクション:and pictures
製作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」制作委員会
© 2018 Nippon Connection


『人狼ゲーム クレイジーフォックス』初日舞台挨拶 高月彩良+10人登壇



映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』が12月5日(土)に初日を迎え、その舞台挨拶に高月彩良さん、冨手麻妙さん、柾木玲弥さん、冨田佳輔さん、長村航希さん、村上穂乃佳さん、水石亜飛夢さん、山根綺さん、藤井武美さん、綾部真弥監督の11人で登壇しました。
人狼ゲーム初日11人
日程:12月5日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:高月彩良、冨手麻妙、柾木玲弥、
冨田佳輔、長村航希、村上穂乃佳
水石亜飛夢、山根綺、藤井武美、
綾部真弥監督

高月さん:この作品はとても面白いです(笑)12人が一生懸命に生きてる姿がしびれるほど心にグッときます。楽しんで帰ってください。
人狼ゲーム_高月彩良1
冨手さん:今回個人的には綾部監督の長編第1作目に参加させていただいて何もより嬉しかったです。撮影は2日間と言う短い時間で12人で綾部監督を信じて演じたので信頼関係みたいなものが映画に現れていて素晴らしい作品になったと思います。みんなの想いが詰まっている映画です。
人狼ゲーム_冨手麻妙
柾木さん:今回の現場は、今までの役と真逆で。そんな自分をオーディションで綾部監督に見ぬいてキャスティングしていただいて嬉しく思っています。映画は、心理戦。那でハラハラして人狼ゲームをしていただけたらと思います。
人狼ゲーム_征木玲弥
綾部監督:撮影は9月にやったばかりで興奮冷めやらぬうちに公開で嬉しく思っています。フレッシュなメンバーでやっていますのでとにかく芝居のパワーを感じていただけたらと思います。
人狼ゲーム_綾部監督
冨田さん:足元の悪い中(悪くないわ!晴天だわ!の一斉突っ込み)こんな感じで和気藹々な現場でした!みんなで人狼ゲームやったりしてました。上映凄く楽しみです。
人狼ゲーム_冨田佳輔
村上さん:上映前なので・・・言えないんです。楽しんでいただけたらなと思います。
人狼ゲーム_村上穂乃佳
奥村さん:僕は上海から・・・・来ました。!留学生役なんです。映画出演初めてで、一生懸命頑張りましたので温かい目で見てください!
人狼ゲーム_奥村秀人
水石さん:映画は初出演で。格好良い言い方すると銀幕デビューです。舞台挨拶と言う響きで、ドキドキワクワクしています。魂を削る思いで演じました。それが、映画に滲み出ていると思います。
人狼ゲーム_,水石亜飛夢
長村さん:はるばるニューヨークの方まで来ていただいて・・ありが(新宿だって!)こんな感じで和気藹々です!
人狼ゲーム_長村航希
山根さん:人狼ゲームは大好きな作品で、お話をいただいて光栄ですし、こんなに沢山の方々に観ていただけて本当に嬉しく思っています。撮影は和気藹々から時間が進むにつれてピリピリしてきて、良い緊張感の中で12人が演じました。
人狼ゲーム_山根綺
藤井さん:男子メンバーのようにネタ仕込んでくればよかったですね・・12人での熱い芝居を多くの方に見ていただけるよう願っています。
人狼ゲーム_藤井武美
MC:高月さん初主演ですが。

そうですね。決まった時はとっても嬉しかったです。現場は12人凄いキャラクターの中で生きられたと思います。頑張りました。役作りは現場では一人また一人減っていく作品なので、本当にゲームしているみたいで辛かったですし、嘘をついたり騙したり平気でできる女の子の役なので難しかったです。監督から指示があった怒りを意識しました。

MC:キャスト陣いかがでした?
綾部監督:日に日にみんなが良くなっていったので、監督冥利に尽きるエキサイティングな時間でした。高月もプレッシャーはあったと思いますが、思い悩む姿が皆を引っ張って行ったような気がします。

MC:伝えたいメッセージは?

綾部監督:高校生が狭い空間に閉じ込められて命をかけてゲームする。現実離れした話ですが、実は今生きている世界とあまり変わらない部分があって、その中で怒りをもって欲しいと。力強い作品を目指しました。いい撮影でした。

最後に。

高月さん:苦しい人狼ゲームが繰り広げられますが、友情や愛情だったり色々な感情が描かれています。ゲームに熱中するだけでなく。12人のかかえた感情にも注目していただけると楽しめると思います。
人狼ゲーム_高月彩良2
人狼ゲーム クレイジーフォックス

絶賛公開中!

公式サイト:http://jinro-game.net/ 

人狼ゲーム初日舞台挨拶
********************************************************************

出演:高月彩良  冨手麻妙、柾木玲弥
斎藤嘉樹、萩原みのり、冨田佳輔、長村航希、村上穂乃佳、水石亜飛夢、奥村秀人、山根綺 / 藤井武美
監督:綾部真弥 
脚本:川上亮、綾部真弥 
原作:川上亮『人狼ゲーム CRAZY LIKE A FOX』(竹書房文庫)
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「人狼ゲーム クレイジーフォックス」製作委員会
(C)2015川上亮/AMG出版・「人狼ゲーム クレイジーフォックス」製作委員会 
  




社会の理不尽『吠えても届かない』再上映好スタート!


『吠えても届かない』再上映好スタート!

10/4~渋谷UPLINKで再上映が始まった「吠えても届かない」が、前回上映時を上回る好スタートをきっているそう。

吠えても届かないポスター来客の5割以上が2回以上同映画を観た事がある人ということです。

これは異例のリピーター率。

同作品は青年の目を通して、暴力と恐怖に支配された不条理な現代社会を直視したシリアス感動作。

この再上映を皮切りに、順次、全国公開を目指しています。

『吠えても届かない』公式HP:
http://www.hoetodo.jp/

吠えても届かないscean1ストーリーは
青年・佑司(冨田佳輔)は、道重(佐藤二朗)が経営する居酒屋で働くアルバイト。職場でも私生活でも、外部との接触を極力避けて暮らしていた . . .

が、ある日、犬を拾った事をキッカケに、紗季(六車奈々)という女性と出会う。
吠えても届かないscean2
幼い頃に亡くした自分の母親を思わせる紗季に、母性に飢えながら育った佑司は惹かれていった。

だが、紗季の未来は暗く重い運命に塞がれていて. . . 。
佑司の運命をも狂わせて行き、暴力と恐怖に支配される社会の理不尽、不条理に直面する。

吠えても届かない
********************************************************************

『吠えても届かない』

出演:冨田佳輔、六車奈々、佐藤二朗、ブラボーカンパニー他。
監督・脚本:マツムラケンゾー
製作:ワンダーハーツプラネット
 
 


「吠えても届かない」ヒットを受け異例の再上映決定!


7月26日~渋谷UPLINKで公開された

「吠えても届かない」

が、スマッシュヒットを受けて10月4日より同劇場にて再上映されることが決定です。

吠えても届かない
吠えても届かないs1同作品は青年の目を通して、暴力と恐怖に支配された不条理な現代社会を直視したシリアス感動作。

公開直後から「もう一度観たい」「もっと長く公開して欲しい」などの声が寄せられ、リピーターが続出。

尻上がりに客数が増加。

この再上映を皮切りに、順次、全国公開を目指しているそうです。

出演は冨田佳輔、六車奈々、佐藤二朗、ブラボーカンパニー他。
監督・脚本がマツムラケンゾー
製作は、ワンダーハーツプラネット

ストーリーは

吠えても届かないscean1 青年・佑司(冨田佳輔)は、道重(佐藤二朗)が経営する居酒屋で働くアルバイト。職場でも私生活でも、外部との接触を極力避けて暮らしていた . . .
が、ある日、犬を拾った事をキッカケに、紗季(六車奈々)という女性と出会う。

吠えても届かないscean2幼い頃に亡くした自分の母親を思わせる紗季に、母性に飢えながら育った佑司は惹かれていった。

だが、紗季の未来は暗く重い運命に塞がれていて. . . 。

佑司の運命をも狂わせて行き、暴力と恐怖に支配される社会の理不尽、不条理に直面する。

マツムラケンゾー監督からこの作品へのメッセージ

「吠えても届かない」

は、広い世界の中から、未熟な青年の1ページを紡ぎ出したものではありません。

「社会と初めて触れ合いを持ち始めた青年」というフィルターを通して、社会というもの、現代社会を動かしている思想とは何かを描こうとしたものです。

石を見て山を知るという言葉があるように、ギザギザな稜線を持つ山にはギザギザな石が転がり、ゆるやかな稜線を持つ山には丸い石が転がっているものです。少年の周りで起きる事は狭い世界の中の小さな出来事ですが、広い社会をそこに投影させる事が出来ると思い挑みました。(日本庭園や茶道などがそうである様に)

僕の思う社会とは、暴力と武力、その恐怖によって抑圧され、理不尽と不条理がまかり通る歪んだ社会です。

ミサイルを向けられたら、ミサイルを向けて抑止する。目には目をの報復が正義として成立する。

そんな事で良いのか?

暴力、武力、その恐怖で抑圧された社会では、愛も幸せも人間の尊厳も無意味と化してしまいます。

映画の主人公の少年は、いまの子供達の象徴です。
子供達にそんな社会を残していて良いのか?
そんな疑問をなげかけたつもりでした。

石の向こうに山が見える様に、暴力の背後に武力という山影が見えるようなところも、織り込んだつもりではあります。

ご覧頂いた方には、伝わっているものがあるのでしょう。

マツムラケンゾー

********************************************************************