「冨永昌敬監督」タグアーカイブ

上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



太賀 × 廣原監督 × 冨永監督トーク『ポンチョに夜明けの風はらませて』『南瓜とマヨネーズ』


映画情報どっとこむ ralph 早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が大胆に映画化した『ポンチョに夜明けの風はらませて』が10/28(土)より新宿武蔵野館にて公開となります。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生3人組のハチャメチャな“高校最後の旅”を描く青春ロードムービーです。
新宿武蔵野館では本作の公開を記念して、廣原暁監督作品を1週間限定で一挙上映。イベント当日は、海外の映画祭、そして黒沢清監督が絶賛した『世界グッドモーニング!!』が上映されました。

『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開の2週間後には、冨永昌敬監督『南瓜とマヨネーズ』の公開が控え、日本映画界を支える実力派若手俳優である太賀さんの出演作品がこの秋、新宿武蔵野館で同時期に上映となります。また、廣原監督、冨永監督共に、大学の卒業制作作品が海外の映画祭で受賞し注目を浴びるなど、共通点も多いことから、太賀×廣原監督×冨永監督によるトークイベントが行われました。

日時:10月25日(水)
場所:新宿武蔵野館
登壇:太賀、廣原暁監督、冨永昌敬監督

映画情報どっとこむ ralph 廣原監督作品について

冨永監督:廣原監督の卒業制作作品『世界グッドモーニング!!』も『ポンチョに夜明けの風はらませて』も、廣原監督が映画作りと戦っていないのがすごいと思いました。語弊があるかもしれませんが、戦おうとしたらこんなに自由に撮れないです。僕も、昔は戦わずに自然に撮れていたこともありましたが、それをずっと続けるのは難しいことです。それは正直、羨ましいと思いました。

太賀さん:僕は映画を役者目線でしか観ることができないのですが、『世界グッドモーニング!』で印象的だったのは主人公が「どこから連れてきたんだろう!?」というくらい新鮮でした。うだつの上がらない男の子が主人公という点は、『ポンチョ〜』で演じた又八にも通じてると思います。主人公が抱えている憂鬱が、画面から炸裂している印象がありました。


冨永作品について

太賀さん:明らかにそれが物語で作り物だと分かるのに、妙なリアリティがあるという印象です。世界観の中に生々しいものがある。道を歩いていて、脇道に入ったらそこに登場人物が住んでるんじゃないかというリアリティ。冨永監督のこだわりに乗っかっていくと、想像してなかったアプローチというか、後から気づかされることがあります。廣原監督は対称的で、独特な距離感があり、役者から出てくるものを信じて、まずは見て、遠くで「ふんふん」と。

廣原監督:なんだか偉そうですね(笑)。多い時は5人登場人物が同じシーンにいるので、一人一人に演出というより、皆さんに先にイメージを伝えて、当日集まってどうなるかなと、乱暴なやり方をしました。

冨永監督:それいいですね! 僕は、大昔はコントロールしようと思ってました。脚本が分からなかったら、普通は聞いてくれると思うんですが、当時一緒に映画を作ってた友達は聞いてくれないんです。だから、カットごとに説明していました。そのシーンがどんなものになるのか分かっていない人たちと撮っていたので、コントロールするしかない。後から、「こんな映画撮ってたんだ」と言われてました(笑)

映画情報どっとこむ ralph 俳優・太賀について

冨永監督:『南瓜とマヨネーズ』よりも『ポンチョ〜』の方が、僕が知っている普段の太賀くんに見えました。太賀くんとは面白い思い出があって、その姿が『ポンチョに夜明けの風はらませて』とかぶるんです。『南瓜とマヨネーズ』の撮影が終わって、出演者たちと釣りに行ったんですけど、太賀くんだけ手ぬぐいを巻いてきてるんですよ。一人だけ土木作業員的な。「ああ、この人は主役だな」、と(笑)。それから、アウトドア好きの共演者が持参した椅子を防波堤に置いた途端、風に飛ばされで海に沈む。普通はそこで気をつけるのに、ちょっと時間が経つとまた椅子を飛ばすんですよ(笑)。だから『ポンチョに夜明けの風はらませて』を観て「これだよ!!」と。

太賀さん:又八というキャラクターの、役作りの一環とも言えますね(笑)

廣原監督:『ポンチョに夜明けの風はらませて』の撮影中は又八としての太賀くんをだけを見ていたので、勝手にこういう人だろうと思い込んでいたら、『南瓜とマヨネーズ』を観て全然違うな、と。繊細で、又八とは真逆。部屋の中やお店の中など、狭い範囲でのお芝居が多いんですが、その場所だけで見せるのがすごいな、と。

太賀さん:2つある演技の引き出しを、『ポンチョに夜明けの風はらませて』と『南瓜とマヨネーズ』で使いまわしました(笑)

廣原監督:共通しているのは、太賀くんを見ているとホッとすること。「こいつはこういうことを考えているな」とわかる安心感があります。

太賀さん:役を演じ分けてるという明確な意識はないです。出発点は僕自身にあるし、脚本家の作家性や監督の演出によって「引っ張ってください!」という感じです。『ポンチョに夜明けの風はらませて』と『南瓜とマヨネーズ』は対称的でした。『南瓜とマヨネーズ』のせいいちには、僕に無いものが確実にあり、距離を感じました。だから、自分の頭や心の中で積み上げて挑むというアプローチ。『ポンチョに夜明けの風はらませて』の又八は自分に近いので、頭で考えずに直感的にやれたらいいなと。そういう意味では違う切り替えができました。

冨永監督:太賀くんの大事な2作品がほぼ同時期に武蔵野館で上映されるというのは、本当にいいことだなと思っています。本当に、『ポンチョに夜明けの風はらませて』と仲良くやっていこうと思ってますので、よろしくお願いします(笑)。

とイベントを締めました。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた――。

ポンチョに夜明けの風はらませて

10月28日(土)新宿武蔵野館他にて全国ロードショー。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美

原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊)
監督:廣原暁
脚本:大浦光太 廣原暁

主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

企画・制作:RIKIプロジェクト
配給・宣伝:ショウゲート
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会