「内藤瑛亮」タグアーカイブ

家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた。山田杏奈「ミスミソウ」場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる⼈気漫画家・押切蓮介の代表作にして、『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」として、4⽉7⽇(⼟)より、 新宿バルト9ほか全国公開となります。


家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた。


この度、情報解禁のたびSNS上で話題を呼び続けている話題作「ミスミソウ」の世界観を見事に再現したメインビジュアル、そしてショッキングな場面写真を解禁いたします!
今回解禁されたメインビジュアルは、雪上に赤いダッフルコートを身にまとった、報われないヒロイン・野咲春花を演じた山田杏奈の姿、そして<家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた>というキャッチコピーが添えられている。絶望に陥った彼女の行く末を漂わせながら、クラスメイトによるイジメ、家族の死など、壮絶な数々のシーンを経験している春花の気持ちを”目力”女優ならではの表情で見事に表現!


そして、あわせて解禁された場面写真では、原作ファンのなかでも強烈なインパクトを残し「このシーン、ちゃんと映っているか!」と期待を寄せている春花の衝撃の一撃シーン。

手にした釘を思いっきり突き立てている姿に思わずゾッとする人も続出!
また春花の家族が焼かれる瞬間のショッキングなシーンも解禁です!

絶望の果てに、芽生える狂気。

映画情報どっとこむ ralph 歪んだ愛と暴力が、さらなる暴力を呼ぶ壮絶なバイオレンスシーンは容赦がなく、近年の日本映画の中でもトップレベルの残酷さで衝撃度最大!!

映画「ミスミソウ

2018.4.7 [土] より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式HP:
misumisou-movie.com

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。

彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。

そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

***********************************

出演:
山田杏奈 清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人
森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 
原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 
脚本:唯野未歩子 主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)

制作プロダクション:レスパスフィルム 
配給:ティ・ジョイ  
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分(レーティング:R-15)
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


山田杏奈 実写映画「ミスミソウ」清⽔尋也ほかキャスティング発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる⼈気漫画家・押切蓮介の代 表作にして、映像化不可能と⾔われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」と して、 2018年4⽉7⽇(⼟)より、新宿バルト9ほか全国公開となります。

押切蓮介ファンの間でも1、2を争う⼈気作でありネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイト、掲⽰板等では必ず名前が挙が るほど認知度の⾼い作品で、押切蓮介作品【初の実写化】です! 東京から⽥舎に転校してきた主⼈公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花 の唯⼀の味⽅は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を⼼の⽀えに必死に耐えてきた春花だが イジメは⽇に⽇にエスカレートしていった。そして、ある⽇、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の⼼は、崩壊する 。

厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三⾓草(ミスミソウ)。春花はミス ミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

映画情報どっとこむ ralph 山田杏奈演じる主人公・野咲春花役が唯一心を開く相手役には、 話題作に立て続け出演してい≪清水尋也≫に決定!

東京から⽥舎に転校してきて、壮絶なイジメを受けている主⼈公・野咲春花役には、本作で初主演を射⽌めた⼭⽥杏奈であるこ とが解禁され、SNS上では「⼭⽥杏奈さんが主演でやる実写ってもう期待期待です!」「⼭⽥杏奈主演なんか!ピッタリやん!」 など、期待の声があがっている中、春花を密かに⽀えている唯⼀の味⽅・相場晄役を、映画『渇き。』、『ソロモンの偽証 前編 /後編』、『ちはやふる 上の旬/下の旬』など、次々と話題作に⽴て続け出演している⼤注⽬の若⼿俳優・清⽔尋也が演じるこ とが解禁!注⽬の若⼿2⼈をはじめ、⼤塚れな、中⽥⻘渚、紺野彩夏、櫻愛⾥紗、遠藤健慎、⼤友⼀⽣、遠藤真⼈ら若き才能が集 結し傑作を⽣み出しました!

⼭⽥杏奈よりコメントが到着

清⽔くんはお芝居に対しての姿勢がいつも真剣で⾒習わせていただくことが沢 ⼭ありました。現場でも⾯⽩い話をしてくださってキャストみんなで盛り上が ることがありながらも、視野を広く持っている⽅でした。そのおかげでやりや すい雰囲気になってる場⾯が多々あって相場役が清⽔くんでよかったと何度も 思いました。特報映像を⾒ると撮影の時の雪の冷たさを思い出します。⼀⾯の 雪の中に⾶ぶ⾎は残酷だけどとても綺麗な画だなと思いました。スクリーンだ とより⼀層伝わるものがあると思います。ぜひ劇場でご覧ください!


清⽔尋也よりコメントが到着

相場晄役を演じました、清⽔尋也です。こうして皆さんにご報告出来る⽇を迎 えられ幸せに思います。この作品には暴⼒的且つグロテスクな表現が多く含ま れていますが、そこに垣間⾒える切なさや儚さが、1番の魅⼒だと僕は思って います。全ての根底にあるモノは「愛情」です。それぞれの抱く愛情が次第に 歪んでいってしまう様を、繊細に表現していきたいと思いながら臨みました。 内藤さんをはじめ、スタッフキャスト全員と精⼀杯作り上げた作品です。是⾮ 劇場でご覧下さい。


映画情報どっとこむ ralph 遂に、特報が解禁!! 雪が降っている⽥舎の⾵景に癒しのピアノ曲が流れるオープニングから⼀転、次から次へと登場⼈物が登場し「あっ」と されるほどのトラウマシーンが細々と散りばめられている特報映像!ハッピーな曲があちらこちら奏でて、キラキラと世の中幸せが満ち溢れているクリスマスをひとり過ごしている、クリぼっちに捧げる特報映像に仕上がっております!



2018.4.7 [⼟] より新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式HP:
misumisou-movie.com

***********************************

⼭⽥杏奈 清⽔尋也 ⼤⾕凜⾹ /⼤塚れな 中⽥⻘渚 紺野彩夏 櫻愛⾥紗 遠藤健慎 ⼤友⼀⽣ 遠藤真⼈ 森⽥亜紀 / ⼾⽥昌宏 ⽚岡礼⼦ / 寺⽥ 農

監督:内藤瑛亮
原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊)
脚本:唯野未歩⼦
主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)
制作プロダクション:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ 2017年/⽇本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分 (レーティング:R-15)

©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


山田杏奈で『ミスミソウ 完全版』を実写映画化 コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる人気漫画家・押切蓮介の伝説のコミック「ミスミソウ 完全版」が、『ミスミソウ』という邦題で実写映画化、2018年4月7日(土)より、新宿バルト9他、全国順次公開が決定しました!

主演を務めるのは山田杏奈さん(16)。

「城とドラゴン」CMで注目を浴び、抜群の透明感を放つ現役女子高生で注目!
KANA-BOONの「NAMiDA 」のアルバムジャケット。『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』を始め、『咲-Saki-』、『あ ゝ、荒野』などに話題作に次々と出演! またTVドラマ「先に生まれただけの僕」、「重要参考人探偵」、「ドラマ25 セトウツミ」などにも引っ張のネクストブレイク女優さん。

映画情報どっとこむ ralph そして本作では、透明感溢れる清純なイメージとは裏腹に、心をえぐ られるような熱演に誰もがギャップ萌え間違いなしなんです!

主演・山田杏奈さんコメントが到着

初めて映画の主演をさせていただくということで、不安はありましたが、野咲春花と してこの作品に携わることができて嬉しい気持ちでいっぱいです。原作は出演が決 まる前に読んだことがあったのですが、バイオレンス要素だけではなく、人間の心 の深いところまで描かれていて魅力的で私自身大好きな作品です。人の心が絡ん でいる以上ここまでの復讐劇に発展してしまう可能性はゼロではないし、もしかした らすぐそばにそんな世界はあるのかもしれないと思いました。学生ものではありま すが、キラキラした青春とは別の切り口から誰かを思うあまりに誰かを傷つけてし まう苦しみや切なさを表現したいと思い、精一杯やらせていただきました。たくさん の方に届くことを願っています。


内藤瑛亮監督からみた、山田杏奈さんの魅力

本企画は紆余曲折あり、僕が監督を依頼されたのは、クランクイン 1ヶ月前でした。悩みましたが、準備期間の短さへの不安よりも「彼 女を撮りたい」という思いが勝り、引き受けることにしました。現場で 吹雪のなか静かに佇む山田さんを見て、その直感は正しかったと感 じました。彼女の佇まいから発せられる悲哀と透明感のある暴力性 は比類ないものでした。とりわけ、一心不乱に殴り殺すアクションは 最高でした。惚れ惚れとしました。

映画情報どっとこむ ralph ミスミソウ

公式HP:misumisou-movie.com

押切蓮介ファンの間でも1、2を争う人気作「ミスミソウ 完全版」。
ネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイト、掲示板等では必ず名前が挙がるほど認知度の高い作品で、押切蓮介作品【初の実写化】となります! 東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。 春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた 春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。

そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。

思いもよ らない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する 。
厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミ ソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。


***********************************

山田杏奈 監督:内藤瑛亮
原作:押切蓮介 「ミスミソウ 完全版」 (双葉社刊)
脚本:唯野未歩子
制作プロダクション:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分 (R-15)

©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


『残穢【ざんえ】』公開記念「鬼談百景」オールナイト上映&6監督トーク


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』「十二国記」シリーズなど)の小説をミステリーの名手・中村義洋監督が映画化する『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』が、2016年1月30日(土)に全国公開いたします。

本作公開を記念して、Jホラーを代表する6人の監督(中村義洋・白石晃士・安里麻里・岩澤宏樹・大畑創・内藤瑛亮)が手掛けたスピンオフ映像作品「鬼談百景」(原作:小野不由美)が1月23日(土)に一夜限りの劇場上映会ををおこない、上映前には6人の監督が勢揃いして「鬼談百景」撮影エピソード、『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』と「鬼談百景」の恐怖の連鎖について、さらに彼らの真髄であるJホラーについて熱く語るトークイベントを行いました。
「鬼談百景」舞台挨拶
『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』公開記念
「鬼談百景」オールナイト上映&トークイベント詳細


日時:1月23日(土)
登壇:中村義洋、白石晃士、安里麻里、岩澤宏樹、大畑創、内藤瑛亮
場所:テアトル新宿

会場は老若男女のお客さんでほぼ満席。「鬼談百景」はすでにインターネットで先行配信中にもかかわらず、この日を楽しむためにそれを観ずに来場した生粋のJホラー好きばかりが集まりました。

今回映像化されたのは「鬼談百景」99話のうちの10のエピソード。
『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』中村義洋監督が「追い越し」、白石晃士監督が「密閉」、安里麻里監督が「影男」「尾けてくる」、岩澤宏樹監督が「どこの子」「空きチャンネル」、大畑創監督が「一緒に見ていた」「赤い女」、内藤瑛亮監督が「どろぼう」「続きをしよう」を手掛け、今宵限りの劇場公開に、Jホラーを代表するこの6人の監督が集結しました。

6人の監督が登壇すると、Jホラーファンから大きな拍手と歓声で迎えられ・・・。

このトークイベントが、『残穢』公開記念と銘打っていることについて、

中村監督:原作者の小野不由美さんが『鬼談百景』の連載をしている間に『残穢』の構想を思いついたそうです。怪談は100揃うと災いが起こるということで、『鬼談百景』を99話、『残穢』を100話目にしたとお聞きしました。

と2つの恐怖の連鎖について説明し、

白石監督:『鬼談百景』『残穢』どちらにも「私」という小野先生自身を彷彿とさせるキャラクターが出てくるんです。『残穢』で竹内結子さんが演じているのですが、『鬼談百景』ではその竹内さんが「私」としてナレーションをしてくださっています。

と付け加えました。


「鬼談百景」の撮影エピソードに話題が移ると、

中村監督:今回インターネット配信がメインだから僕はパソコンサイズと映画のスクリーンサイズどちらを意識するか考えたんだけど・・
と、他の監督たちは「基本的には映画スクリーンを意識した」と応えながらも

安里さん:ただそれをパソコンの小さいサイズにすると怖い対象が見えなくなったりするので悩んだ。

白石さん:あと昔のブラウン管のときの霊の白さだと、今の液晶画面だと見えなかったりするので難しい。

など、ベテランホラー監督ならではの細かい視点に会場をうならせました。

中村監督:変な言い方をしてしまうけどみんな『低予算でよくやったな!』と。出来が凄く良くて、僕ももっと頑張ればよかったと思った。僕と白石くんが新人のころ『日本のこわい夜』で頑張っていたころを思い出して泣けた。

としみじみ語りました。さらに

中村監督:『ほんとにあった!呪いのビデオ』をやっていたころは、フェイクドキュメンタリー等の立ち位置が認められて、こんなふうにホラーという括りでトークイベントができると思っていなかった。

と吐露し、同じく『ほんとにあった!呪いのビデオ』のスペシャル版を撮った

白石監督:僕が撮ったのはドキュメンタリーだったけど(笑)。

と会場を笑わせながらも他の監督たちとともに深く頷きあっていました。最後に

中村監督:他の監督作品を全部見て、新たな可能性を感じた。『鬼談百景』はあと89話あるんで(笑)、全部やってもいいんじゃないかな

と締め、会場からも期待の拍手が沸き起こりました。


「鬼談百景」
公式サイト: kidan100.com

原作:小野不由美「鬼談百景」(角川文庫刊)
ナレーション:竹内結子
ナレーション監修:鈴木謙一
メインテーマ:安川午朗
製作:松井智、小松賢志
企画:永田芳弘
プロデューサー:姫田伸也、田坂公章、楢本皓、小田泰之
アソシエイトプロデューサー:植野亮、川原伸一
製作:「鬼談百景」製作委員会
企画・製作幹事:ハピネット
配給・制作協力:日本出版販売
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:Studio View、アムモ98


(c)小野不由美/KADOKAWA (c)2015「鬼談百景」製作委員会



「残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐」 
公式サイト:http://zang-e.jp

残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋ポスター原作:小野不由美 『残穢』(新潮文庫刊)
  第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋 (『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一 ( 『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介  ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

********************************************************************


映画『ライチ☆光クラブ』場面写真が解禁に!


ライチ☆クラブ独創的な世界観と圧倒的な画力で支持される鬼才漫画家・古屋兎丸先生のロングセラーコミックを映画化した『ライチ☆光クラブ』の場面写真が解禁となりました!

物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地”光クラブ”。

大人のいない世界をつくろうとした9人の少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”と、少女カノンの恋が、圧倒的に美しくダークな世界観で描かれます。

そして!今回解禁する場面写真は8点。

ゼラ(古川雄輝)に言葉を浴びせられて伏し目になるタミヤ(野村周平)。
ライチ☆光クラブ
玉座に座るカノン(中条あやみ)の前に膝まづくゼラ、タミヤ、ダフ(柾木玲弥)。
ライチ☆光クラブs1
カネダ(藤原季節)の光クラブ創設メンバー。
ライチ☆光クラブs2
ゼラとジャイボ(間宮祥太朗)のなまめかしい姿。
ライチ☆光クラブs3
雷蔵(松田凌)、デンタク(戸塚純貴)、ヤコブ(岡山天音)とライチなど原作の圧倒的な世界観を忠実に創り上げていることが見受けられるカットが勢ぞろい!
ライチ☆光クラブs4 ライチ☆光クラブs5 ライチ☆光クラブs6 ライチ☆光クラブs7
ライチ☆光クラブ

2016年2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式HP:www. litchi-movie.com

ライチ☆光クラブ_haiyaku ライチ☆光クラブ中条カノン
********************************************************************

出演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗
   池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、
藤原季節、岡山天音
監督:内藤瑛亮
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮
原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)
配給・宣伝:日活
制作:マーブルフィルム
配給:日活
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会