「内田裕也」タグアーカイブ

杉江大志 橋本真一・・・波岡一喜ら9名登壇!『メサイア—幻夜乃刻—』初日舞台挨拶レポート!


映画情報どっとこむ ralph 11月17日(土)よりユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次ロードショーの映画『メサイア—幻夜乃刻—』の初日舞台挨拶が行われました。


『メサイア—幻夜乃刻—』初日舞台挨拶
開催日程:11月17日(土) 
場所:シネマート新宿
登壇:杉江大志 橋本真一 宮城紘大 鈴木身来 井澤勇貴 内田裕也 波岡一喜 山口ヒロキ(監督) 小谷嘉一(MC)

映画情報どっとこむ ralph 今日が公開初日という事で、割れんばかりの拍手で出迎えられたキャストを代表し、
杉江さん:嬉しい限りです。撮り終わってから公開日の今日まで、今作がどう受け入れられるかちょっと不安もあったので、既に観て頂いているということが嬉しいです。ありがとうございます!

と観客に感謝。

そんな杉江さんは、隣の波岡がいることに対し

杉江さん:8割増しで緊張しています!

と本音をこぼすと、
波岡さん:見た目とは違うから!!!

とすかさずお約束な反論!


今作で謎の男・ヤマシロを演じる波岡さんは、撮影について尋ねられると
波岡さん:僕があれやこれや言えないんですが……でもすごく楽しかったです。

と、率直な感想を語った。『メサイア』シリーズ常連の内田は、今回参戦した新しいキャストに

波岡さん:入ってくる人たちはみんなかっこいいし、芝居もできるし、どんどん影が薄くなっていく・・・。

とベテランらしからぬ弱音を吐きながらも

波岡さん:前作の舞台を観たんですが、(内田演じる)一嶋ってめちゃくちゃ強い役で、過去に何かあったんでしょうね。その過去のストーリーを『一嶋乃刻』として映像化してもらって……

とフォローし、次回作以降への期待を寄せた。

映画情報どっとこむ ralph 今作が『メサイア』シリーズ初参戦となった鈴木さんは、

鈴木さん:架空の国のキャラということで設定がざっくりしていて、どうなるか分からなかったんです。既に出来上がっている
シリーズにどう入ればいいか不安だったけれど、温かく迎えてもらいました。

と振り返った。

完成披露舞台挨拶の際に、買ったばかりのiPhone10にたくあんを乗せられたエピソードを披露していた宮城さんが、今回その犯人を暴露。

宮城さん:犯人この人でした!

と隣の橋本さんを指差し、会場は爆笑に包まれた。

今作で『メサイア』シリーズ5作品目となった

山口監督:いつもの『メサイア』と作り方が異なっていて、謎が多いのであまりしゃべるとネタバレになってしまうんですが、そこが本作の見どころだと思います。

と魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph 杉江大志さん
有賀と加々美という役は、とても愛されてきたと思います。今作を観ていただいた方は、次回作も気になる内容になっていると思いますので、引き続き『メサイア』シリーズをよろしくお願いします。

橋本真一さん:
タイ人に似ているってよくイジられるんですけど……映画楽しんでください!

宮城紘大さん:
今回『メサイア』シリーズへの出演が2作品目となり、演技やアクションを磨きたいというこの気持ちを、次回の舞台作品にもつなげていきたいと思います。

鈴木身来さん:
今作から『メサイア』シリーズにリュカ役として参加しましたので、みなさんどうぞよろしくお願いします。

井澤勇貴さん:
4年前からこのシリーズに携わり、後輩がどんどんと入って新しい風を吹かせてくれることで、 今作から今後がすごく楽しみなシリーズです。

内田裕也:
リュカや黒坂といった新しいキャラが出てきて、僕自身楽しみなのですが、 そんな『メサイア』ファミリーを温かく迎えてください。よろしくお願いします。

波岡一喜:
前作の『月詠乃刻』を観てとても面白く、今作の『幻夜乃刻』に参加してとても面白くて、 『一嶋乃刻』の時はヤマシロ役でぜひ参加したいです!

山口ヒロキ監督
謎が多い作品なので、周りの方に広めて頂くときに気を遣うと思いますが、 是非周りの方々に紹介してください。よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph 『メサイア—幻夜乃刻—』

加々美いつき(杉江大志)は、有賀涼(井澤勇貴)を救うために北方連合に投降。
サリュート(山田ジェームズ武)によって移送される途中、何者かに襲撃される。
気がつくと加々美とサリュートは密室にいた…。二人を監禁した男の名前は「ナイトメア」。
照る日の杜事件において、ナイトメアを名乗っていた有賀でも園之人でもない真の黒幕であった。「私は君たちに恨みを持つ者だ。君たちが自分たちの罪を認め、罪を償うのであれば、生きてここから出ることができる…」
襲い来る刺客たち…その中の一人であるヤマシロ(波岡一喜)を名乗る男も加わり、三人の男たちは命を賭した脱出ゲームに挑むのであった。

***********************************


出演
杉江大志:加々美いつき/山田ジェームズ武:サリュート/山本一慶:雛森千寿/橋本真一:小暮洵/宮城紘大:スーク/安里勇哉:Dr.TEN/鈴木身来:ハザン・リュカ/金井成大:黒坂暢司/小谷嘉一:百瀬多々良/ボブ鈴木:林王芳/漆崎敬介:八重樫馨/豊嶋杏輔:東間遠矢/西野龍太:小星鉄/井澤勇貴:有賀涼/内田裕也:一嶋晴海/波岡一喜:ヤマシロ

◆スタッフ
監督・編集:山口ヒロキ/原作・ストーリー構成:高殿円『MESSIAH – 警備局特別公安五係』
(講談社文庫)/脚本:毛利亘宏(少年社中)/脚本協力:西森英行(InnocentSphere)/

製作:中野久 宇治重喜 間宮登良松 藤本大史/エグゼクティブプロデューサー:中野久/
プロデューサー:和田紳助 佐々木淳子/アソシエイトプロデューサー:青木美希穂
田中階子/撮影:曽根剛/照明:本間光平/録音:茂木祐介/美術デザイン:宮下忠也/
美術:畠山和久/衣装:伊藤摩美/ヘアメイク:KEN(Rim) MINAMI(Rim)
助監督:石井翔
アクション監督:高東楓
音楽:大内慶/音響効果:北澤亨/CG・VFX:西田アダム
制作主任:谷川詩織/配給担当:島崎良一
主題歌:Blu-BiLLioN(Resistar Records)

2018年/日本/108分
制作プロダクション:ダブルアップエンタテインメント/配給:トリプルアップ
宣伝:トリプルアップ フリーマン・オフィス
©MESSIAH PROJECT ©2018 映画メサイア幻夜乃刻製作委員会


内田裕也 登壇 ハンパない 映画だ!ロックンロール!! 『アンクル・ドリュー』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph NBA レジェンドとハリウッドスターの共演で話題の『アンクル・ドリュー』が 11 月 9 日(金)より全国公開いたします。

この度、本作の公開に先駆けてジャパンプレミアが開催されました。イベントには何歳になっても熱い思いを胸 に仲間と立ち上がるお爺さん“アンクル・ドリュー”の姿に胸を打たれた内田裕也が登壇!劇中のバスケユニフ ォームに身を包んだ内田が仲間たちを従えて登場し、世界一ロックンロールなバスケチームを新結成!年末に開 催される「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」の出演に向けて、リハビリを開始する精力的な内田。 78 歳にしてもなお、常にオリジナルなスタイルを貫き走り続けるロック界のレジェンド内田裕也が、NBA レ ジェンドが集結する本作の魅力を存分に語りました!


映画『アンクル・ドリュー』ジャパンプレミア
日程:10 月 9 日(火)
場所:スペース SF 汐留
登壇:内田裕也

映画情報どっとこむ ralph “レジェンド”爺さんたちが奮闘する物語にちなんで、ロック界のレジェンドで 78 歳の内田裕也が舞台挨拶に 登壇した。

屈強な外国人たちを伴い、“ロックンロール”にちな んだ背番号 69 のオレンジ色のユニフォームをまと って登場した裕也さん。

まず本イベントへの登壇の気持ちを

裕也さん:ちょっと元気がないように思いますが、この 映画のプロモーションは『必ず出ます』と約束した ので、こういうときこそちゃんと出演するのがロックンロール魂だと思ってやって来ました!!

と語りま す。 近年、プロリーグが人気を博すなど、日本でもバスケットボールが盛り上がりを見せていることに、

裕也さん:バスケットボールは必ず日本で盛大になると確信していました。

と話、孫の雅樂(UTA)さんがアメリカの大学に在学し、バスケットボールプレイヤーでモデルもしていることに

裕也さん:本木雅弘と俺の血を引いているので、背も高くスタイルもいいし、ルックスも良く、いままでにないスターに なると確信しております。

とジイジ太鼓判。

ひと足早く鑑賞した映画については

裕也さん:全編ロックンロールで躍動感があふれている

と称賛。特に映画の中で暴 れ回る“爺さん”たちの姿を見て

裕也さん:(人間は)年齢ではない。『ハンパない 映画だ!』と思いました。俺が保証します!マジで面白いです。バスケットボール! ロックンロール!!

と締めました。


アンクル・ドリュー
原題:UNCLE DREW

11月9 日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国公開です。

公式サイト:
http://uncledrew.jp

Twitter:
@uncledrew_jp


***********************************

監督:チャールズ・ストーン三世 「ドラムライン」
出演:カイリー・アービング、シャキール・オニール、レジー・ミラー、リルレル・ハウリー「ゲット・アウト」、ティファニー・ハディッシュ「Girls Trip(原題)」

配給・宣伝:REGENTS 2018/アメリカ/英語/103 分/ドルビーサラウンド/カラー/アメリカンビスタ/ Motion Picture Artwork
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


佐渡島オールロケ 富名哲也監督作品「Blue Wind Blows」ベルリン国際映画祭正式招待上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 富名哲也長編初監督作品となる映画『Blue Wind Blows』(ブルー・ウィンド・ブロウズ)が、ドイツ・ベルリンにて2月15日から開催される世界三大映画祭の一つとして知られる、”第68回ベルリン国際映画祭”のジェネレーション・コンペティション部門に正式招待されることが発表された。ベルリンでワールドプレミア上映が決まった本作は、児童・青少年向けの映画を対象とした同部門でクリスタル・ベア賞などを競う。カンヌ、ベネチア、ベルリンの三大映画祭でこのような部門があるのはベルリン国際映画祭だけ。

ベルリン国際映画祭ホームページTOP

映画情報どっとこむ ralph 監督&キャスト陣から喜びのコメントが届いています!

監督/富名哲也コメント
佐渡のみなさんの力強いサポートがあってはじめて出来た映画です。そのような作品がベルリン国際映画祭という名誉ある映画祭でワールドプレミアを迎えることを嬉しく思います。島民のみなさんをはじめ、この映画に関わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを胸にベルリンに行ってきます!

子どもの主役/主人公アオ役/田中日月くんコメント
普通の生活では味わえないような貴重な体験ができました。 佐渡島での撮影は、僕たちの生活そのままのような自然な雰囲気で撮っていたので、まさか外国の映画祭に選ばれるなんて実感がわきませんが嬉しいです。

大人の主役/ミドリ役/内田也哉子コメント
まだ完成作を観ていないので、ベルリンの地で世界の皆さん、そして何より監督、スタッフ、共演の子供たちと共に鑑賞、お披露目できることを幸せに思います。佐渡島での撮影以来の再会がベルリンとは誰が想像していたことでしょう!

主人公アオの妹役/田中椿ちゃんコメント
映画ってこんなに撮るのが長いとは思わなかったけど、でも最後までやったら楽しかったです。

主人公アオの祖父役/内田裕也コメント
ヒンデンブルク門を初めて目の当たりにした時、今まで体験したことのない興奮を覚えた。街はネオナチとパンクロッカーで溢れていた!それからベルリンへは行っていない。娘も出演した「Blue Wind Blows」がベルリン国際映画祭に招待された!Good Luck !

映画情報どっとこむ ralph 2月15日の映画祭オープニングレッドカーペットは、監督の富名哲也とプロデューサーの畠中美奈と内田也哉子の3人で歩く。また翌日開催される部門のオープニングではその3人に加え、主人公の田中日月(12)くんと妹キイ役の田中椿(10)ちゃんという、実の兄妹2人が佐渡島から参加を検討している。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、行方不明になった父親はバケモノにさらわれてしまったと思っている少年とその家族の現代の物語。

撮影は、2017年3月から4月の約3週間、新潟県佐渡島で全篇行われた。
主人公の少年とその妹役は、島内のオーディションで決定。主人公アオ役を演じたのは当時小学6年生の田中日月くん。映画初出演でありながら世界三大映画祭デビューを果たすこととなる。佐渡の少年とダブル初主演となる母ミドリ役を、文筆業/音楽業で活躍する内田也哉子が演じた。彼女にとって7年ぶりの映画出演となり、初めての主演作品となる。

日本での公開は秋以降を目指しているそうです。

***********************************


監督:富名哲也

キャスト
田中日月、内田也哉子、田中椿、内田裕也

TETSUYA to MINA film


三浦涼介×武田航平『星くず兄弟の新たな伝説』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph あれから30年…伝説のカルトムービーが、パワーアップして帰ってきた!!!

三浦涼介×武田航平人気仮面ライダー俳優の美しすぎるコンビ愛!奇想天外&縦横無尽なSFロック・ミュージカル・ムービー復活の舞台裏を語る映画『星くず兄弟の新たな伝説』初日舞台挨拶が行われ、主演の三浦涼介、武田航平ほかキャストが登壇しました。

『星くず兄弟の新たな伝説』初日舞台挨拶
日時:1月20日(土)
場所:テアトル新宿:
登壇:三浦涼介 武田航平 荒川ちか 田野アサミ 手塚眞監督

映画情報どっとこむ ralph コメント

三浦さん:歌にダンスにと盛りだくさんの映画ですが、大変だったシーンはあまりなくて、とても楽しかったです。僕は身体がメチャメチャ固いので、振り付けを覚えるのは難しかったです!僕はずっと航平くんの後ろ姿を見ながらやっていました。

武田さん:面白くて個性的か人たちがたくさん出ています。芸術のぶつかり合いを浴びて、楽しんで下さい!三浦くんとダンスの途中で目が合ったりして「かっこいいな」と思いながら演じてました(笑)この映画は友情映画ですね!

荒川さん:歌のシーンか一発撮りで緊張しましたが、映画ではすごくカワイイ感じで映っていて(笑)いつもの10倍増しでした!安心しました。

藤谷さん:人生初めての舞台挨拶だったのですが、何もわからずコンビニに行くような格好で来てしまいました。。ニコニコ動画でも映画を撮った経験がありますが、その時も手塚監督が指揮をしていて。僕の映画経験は全て手塚監督。足を向けて寝られないです。

田野さん:女性の外見で中身が男性の役だったので、「こんな時男の子だったらどうするのかな?」とたくさん考えて。本読みの時に武田くんが向かいに座っていたので、鏡のようにしぐさを真似して勉強しました!

手塚監督:前作の「星くず兄弟の伝説」と今回の「星くず兄弟の新たなる伝説」で、一人の役を3人が演じることは、とても難しいことでチャレンジでした。撮影中はたった1日だけ、主人公二人を演じた合計6人が初顔合わせしたのですが、みんなで話しているところを見て、似ているところがあるなと感じて、全く違和感がなくて、我ながら良いキャスティングをしたなと思いましたね。この作品は、カメオ出演が多いのが見所の一つで、特に錚々たる映画監督たちが出演しているのが見所です。「シン・ゴジラ」の庵野秀明監督、山本政志監督、犬童一心監督、吉村元気監督、黒沢清監督、石井岳龍監督、林海象s監督など私と同世代で学生映画出身で共に切磋琢磨してきた仲間たちが出演しています。どこに出ているのか探して見ながら楽しんでいただきたいですね。

映画情報どっとこむ ralph 『星くず兄弟の新たな伝説』

1月20日(土) テアトル新宿ほか全国順次ロードショー

80年代をリードしたロックンローラー・近田春夫が発表したアルバムを、1985年に手塚眞が映画化し、熱狂的人気を博したロック・ミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』。その前作から30年の時を経て、同コンビが再びタッグを組み復活させたのが『星くず兄弟の新たな伝説』だ。近未来を舞台に、若返ったスターダスト・ブラザーズが、月へ行ったり西部劇のごとく大暴れしたり、歌やダンスを交え破天荒な大冒険を繰り広げる、最高に奇抜で痛快な物語。
出演陣には仮面ライダーシリーズで人気に火が付いたイケメン俳優、三浦涼介と武田航平が新たに参戦!ヒロインには天才子役から実力派女優へと転身を遂げた荒川ちか、そして、オリジナル作品に主演した高木完、久保田慎吾、ISSAY(DER ZIBET)も再登場!昭和の元祖ロックグループ「ザ・スパイダース」メンバーの井上順をはじめ、夏木マリ、浅野忠信、野宮真貴(元・ピチカート・ファイヴ)、藤谷慶太朗(ROOT FIVE)、ラサール石井、まさかの大御所 内田裕也といったロック魂全開の超個性派豪華メンバーが大集結した‼更に、それに輪を掛けて豪華なカメオ出演陣も見逃せない!!

***********************************

監督:手塚眞
脚本:手塚眞、ケラリーノ・サンドロヴィッチ
原案:近田春夫
出演:三浦涼介、武田航平、荒川ちか 浅野忠信 夏木マリ、井上順、内田裕也
配給・宣伝:マジックアワー
2016/日本/128分/5.1ch/ビスタサイズ/カラー/デジタル
(C)2016 星くず兄弟プロジェクト
    


内田裕也マジ暴露も!行定勲監督『ジムノペディに乱れる』公開記念トーク


映画情報どっとこむ TJ 行定勲監督が、28年ぶりに復活するロマンポルノに挑んだ最新作『ジムノペディに乱れる』がプロジェクト第1弾として、新宿武蔵野館ほか全国劇場にて大ヒット上映中。

本作で、行定勲監督がインスパイアされたと語る日活ロマンポルノのクラシック作品『嗚呼!おんなたち 猥歌』で主演を務めた内田裕也さんをゲストに行定勲監督と舞台挨拶を行い、内田節炸裂で製作秘話、撮影エピソードを大暴露! 

1208%e3%82%b8%e3%83%a0%e3%83%8e%e3%83%9a%e3%83%87%e3%82%a3%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88
『ジムノペディに乱れる』公開記念!『嗚呼!おんなたち 猥歌』上映&トークイベント
日付:12月8日
場所:新宿武蔵野館
登壇:内田裕也、行定勲監督

映画情報どっとこむ TJ ブラックとシルバーのロングコートに身を包み現れた内田さん・・・
が、先日、ロンドンで転倒し、入院中でスタッフに支えながら登壇。ロマンポルノへの熱い思いは並々ならぬものがあり、負傷中でありながら劇場にかけつけました。

内田さん:ロンドンのホテルでシャワー中にスリップしちゃって、リハビリセンターに入院してるんだけど、今日の舞台挨拶に出るって男の約束をしたから今日は来ました。行定監督のような自分よりも若い監督が俺を指名してくれてうれしい!

と挨拶。

行定監督:この作品は僕が20歳ぐらいのときに浅草で見た作品です。もちろんフィクションなんですが、リアリティがありメタフィクションという感じのする作品です。どの場面も記憶に深く残っています。男の弱さが肯定されていて、出てくる女性がみんな切ない。そして内田さんがすごくかっこいいんです。何かに抗っていて。この作品を見てなかったら、『ジムノペディに乱れる』や『贅沢な骨』はできなかったです。

と熱めに語り・・・。

映画情報どっとこむ TJ 内田さんは『嗚呼!おんなたち 猥歌』について

内田さん:『嗚呼!おんなたち 猥歌』は名匠・神代辰巳監督ほか、素晴らしいスタッフに恵まれてできた作品です。実はこの作品には因縁があって、1週間みっちりリハーサルをしてさあクランクイン、というタイミングで、プロデューサーから中止の電話があったんです。主演女優が降板したという情報が入って。スタッフみんな良いものを創ろうと必死になっていることを思うと、我慢ができず、キレまくりました。どんなことしても絶対に完成させてやると思っていたので、代わりの女優を見つけるために1週間待ってくれとプロデューサーを説得し、篠山紀信と加納典明に相談をして脱げる女優を探したんです。そこで出会ったのが中村れいこ。結果、彼女を主演にして本当によかったと思っています。

ここで、降板した女優を暴露!えー!!因果応報!

内田さん:降板した女優は、最近息子が強姦で捕まったんですが、ちょうど『嗚呼!おんなたち 猥歌』で、俺が強姦で捕まる役を演じています(笑)。とにかく、悪いことをすると人間ってやったら必ず自分に返ってくるんだなと思いました。降板した女優?タカハタジュンコです。

と撮影秘話を暴露。

映画情報どっとこむ TJ 実は『嗚呼!おんなたち 猥歌』が内田さんが日活に持ち込んだ企画の映画化であるという経緯があるため、当時を振り返り

内田さん:すごく面白い企画だと思って日活に持ち込んで、故・神代辰巳監督に話をしたんです。そしたら神代監督からはゆっくりと一言、『本当にできますか?』と言われたのを今でもよく覚えています。制作中止になるかもしれなかった作品ですが、その年の「映画芸術」では第2位、「キネマ旬報」ベストテンでは第5位に選ばれました。苦労して完成させて本当に良かったと思っています。

と感動を吐露。

今年、ロマンポルノが45周年を迎えるにあたりロマンポルノ・リブート・プロジェクトとして制作されることに関して

今もロマンポルノを好きでいてくれている人がいるのは大変うれしいことです。第二弾があるならぜひ、主演女優はタカハタジュンコにしてください。

と内田さんらしくブラックユーモアで舞台挨拶を締めくくり、大盛り上がりの舞台挨拶となりました。

行定勲監督『ジムノペディに乱れる

新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中です。

%e3%82%b8%e3%83%a0%e3%83%8e%e3%83%9a%e3%83%87%e3%82%a3%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%82%8b
映画情報どっとこむ TJ ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」第2弾は・・・
12月17日(土)より塩田明彦監督『風に濡れた女』 全国順次公開
%e9%a2%a8%e3%81%ab%e6%bf%a1%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a5%b3 都会の喧噪を避け山小屋で暮らす男・高介は、野性味溢れる魅力を放つ女・汐里との出会いによって、欲望の渦に巻き込まれていくはめに…。欲を捨ててきたはずの男と、欲に純粋な女。塩田明彦監督が、本能むきだしでヒートアップする男と女のバトルを軽妙に描く。出演:間宮夕貴、永岡佑

***********************************

行定勲監督『ジムノペディに乱れる』
板尾創路
芦那すみれ 岡村いずみ 田山由起 田嶋真弓 木嶋のりこ 西野翔 / 風祭ゆき 
監督:行定勲 脚本:行定勲・堀泉杏 音楽:めいなCo.
2016/日本/83分/5.1ch/スコープサイズ/カラー/デジタル/R18+ ⓒ2016日活