「内田理央」タグアーカイブ

夏木マリ 主演映画『生きる街』公開日決定&ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 夏木マリが主演を務める映画『生きる街』が、2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開することが決定しました!ポスタービジュアルが解禁となります!

夏木マリが約10年ぶりに選んだ主演映画『生きる街』は、被災者支援ライブを行うなど復興に尽力してきた宮城県石巻市で撮影されました。

東日本大震災から5年以上の時を経て、その地を去る人、とどまる人、帰ってくる人がいます。人々は、そして街は未来を信じて生きています。そんな人々と街の姿を残すべく、スタッフ、キャストが集結。「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマがここに誕生。


辛い過去に向き合い、前を向く等身大の女性を熱演した夏木マリが、飾らない笑顔で家族を迎えいれる温かなビジュアルが完成しました!また、夏木演じる主人公を見守る豪華出演陣、岡野真也、石田法嗣、小柳友、ラサール石井、斎藤工、内田理央、新津ちせ、菅原大吉、石倉三郎(写真の出演)、仲間由紀恵(声の出演)、原日出子、升毅の出演情報が一斉解禁となりました。

映画『生きる街

http://www.ikirumachi.com/

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

***********************************

夏木マリ

佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠

石田法嗣 小柳友 ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉
石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演) / 原日出子 升毅

監督:榊英雄
主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」
挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」
題字:ジョージ秋山
配給:アークエンタテインメント/太秦

2018年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/124分
©2018「生きる街」製作委員会


吉沢亮 上野優華に負けたと思った!「トモダチゲーム 劇場版FINAL」初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 「別冊少年マガジン」にて原作:山口ミコト、作画:佐藤友生のタッグによる漫画「トモダチゲーム」が4月のドラマ放送、6月の第1弾劇場版の公開。そして遂に、シリーズ完結編「トモダチゲーム 劇場版FINAL」が、9月2日(土)からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開となりました。

初日である本日。出演者による舞台挨拶が行われ、主演の吉沢亮さん、内田理央さん、山田裕貴さん、大倉士門さん、根本凪さん、上野優華さん、浦上晟周さん、久保田悠来さん、永江監督が登壇しました!

「トモダチゲーム 劇場版FINAL」初日舞台挨拶
日付:9月2日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:
吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪、上野優華、浦上晟周、久保田悠来
永江二朗監督

映画情報どっとこむ ralph 吉沢さん:本日はありがとうございます、初日を迎えてついにFINAL。うれしく思っています。楽しんでいただけましたか?(大拍手)どういう顔でいるのかドキドキしていました。
公開、そしてFINALな、今の気持ち

吉沢さん:嬉しいですね、撮影期間は短くて、全部一緒に撮っていて、それ全部で一つの作品です。トモダチゲームとは何ぞやと。

内田さん:ドラマ版から見てくださっている方にも、犯人?元凶?一番悪い奴がわかったかと思います。今その人を皆さんがどう見ているのか・・・うふふ。

映画情報どっとこむ ralph お気に入りのシーンを聞かれると(ネタバレをなるべくぼかします。)
吉沢さん:シルクロードさんをぼこぼこにするシーン楽しかったですし、一番下衆い部分が出てたので。後、マリアちゃんの顔を舐めるシーン。僕ビビッて監督に聞いたら、なめなくても良いと。でも彼女は受け入れていて。負けたと思ってなめましょと。
監督:そう吉沢君に聞かれて、迷うんだったら止めましょう。と、でも上野さんが舐められたそうにしてたんで(笑)。本当はなんでビビってんだよって!顔でしたよ。参りました。
上野さん:違うんです!そんな顔してないですし!
と、女優の方が潔いという、あるあるエピソードが明かされました。

映画情報どっとこむ ralph 内田さん:私の顔がサブリミナルみたいに一瞬出てるのが怖いんです。いつ撮ったのかわからないカットで。

と、言うカットはほんの一瞬!ダーリオファンは見逃さないように!

山田さん:友一が言いやられて、久保田君に攻め立てられた後の顔。・・・そして、手を握った瞬間。男の友情が握った手でわかるんです。凪ちゃん喜んじゃう

かなり根本さんはマニアックな視線から

根本さん:最高です。友一が手をさしだすところと。隠れてる天智が可哀そうで可愛いのが弱ってるのがいいなと。
大倉さん:僕の家で、志法がトモダチゲームを見てるところ。
上野さん:ドラマと劇場版は運営室だけだったので、FAINALで外に出て動いたのが楽しかったです。私にとっては、すべてが印象的です!
浦上さん:友一の・・ところ。下衆いんです。自分のところはマリアの・・・
久保田さん:運営室に吉沢さんにご足労いただきまして。彼の涙を至近でみて、舐めたくなりました!
流石、マリアと組んでいただけに、エピソードを拾って広げます!

監督:僕も久保田さんと同じシーン。完全オリジナルシーンなので。吉沢くん、山田くん、久保田さんの演技に圧倒されました。

原作にないシーンは劇場で!

映画情報どっとこむ ralph ゲームは遂にクライマックスへ…

友達の借金を返済するため「トモダチゲーム」に参した片切友一(吉沢亮)、沢良宜志法(内田理央)、美笠天智(山田裕貴)、四部誠(大倉士門)、心木ゆとり(根本凪)。「コックリさんゲーム」に続き「陰口スゴロク」もクリアした友一たちは、ついに自分たちをトモダチゲームに引きずり込んだ“裏切り者”が美笠であることをつきとめた。しかし友一は自ら最も過酷な最終ゲームに一人でコマを進める。こんな危険なゲームを商売にしている運営サイドをつぶすために。そして美笠もまた友一と同じ道を選んだ。

最終ゲームの「友情かくれんぼ」は対戦形式。

チーム内で「隠れる役」と「探す役」に分かれ、相手チームの「隠れる役」を先に見つけたチームの勝ち。

負ければ借金は倍になる。対するKチームはリーダーの門倉十蔵を中心に協力し合って勝ち上がってきた男子高校生5人組。

おまけに友一と美笠のチームには得体の知れない水瀬マリア(上野優華)が加わることに。

隠れる役の美笠は探す役の友一が食料を届けてくれることを信じて待ち続け、友一は美笠がギブアップしないことを信じてKチームへの罠を仕掛けるが……。




公式サイト:tomodachi-game.com
ツイッター:(@tomodachi_game)

劇場版第1弾「トモダチゲーム 劇場版」ブルーレイ&DVD発売中

©山口ミコト・佐藤友生/講談社 ©2017「トモダチゲーム」製作委員会

***********************************



レニー・ハーリン監督来日!『スキップ・トレース』Jプレミアにサプライズであの人が!


映画情報どっとこむ ralph ジャッキー・チェン主演最新作、映画『スキップ・トレース』が9月1日(金)より全国公開。

本作は、ジャッキー演じる香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師の相性最悪なコンビが、なぜか一緒に追われる身となり、世界中を逃げまくるバディ・アクション大作です。昨年公開されるや否や、映画史を彩る全ての作品を越え、なんとジャッキー映画史上最高のオープニング記録を樹立した超話題作!

監督は『ダイハード2』『クリフハンガー』など、ハリウッドアクション界の巨匠、レニー・ハーリン。

そのレニー・ハーリン監督が来日!、イベントゲストに内田理央さんを迎えジャパンプレミアが行われました!

そしてサプライズゲストであの人が!!

映画『スキップ・トレース』ジャパンプレミア
8月22日(火)
TOHOシネマズ日本橋
レニー・ハーリン監督、内田理央、ジャッキーちゃん

映画情報どっとこむ ralph 映画『ドリヴン』(2011)の撮影以来、17年ぶり5度目の来日となるハーリン監督。

大きな拍手に包まれて登壇した監督は、今回が東京国際映画祭で行った『クリフハンガー』以来、24年ぶりの舞台挨拶という事もあり

ハーリン監督:久しぶりにここ東京に来られて、みなさんにお会いできて嬉しいです!

と笑顔!本作でタッグを組んだジャッキー・チェンとは

ハーリン監督:一度目は『ラッシュアワー』の監督をする予定が、スケジュールの都合で流れ、その後、他の作品をやる話があったけど実現しなくて、今回三回目でようやく実現した。

と語った。

また、ハーリン監督といえば、これまで『ダイ・ハード2』でブルース・ウィリス、『クリフハンガー』でシルベスター・スタローンと、ハリウッドを代表するスーパースターと共に名作を手掛けたことでもお馴染み。今回共にしたジャッキーの魅力について

ハーリン監督:ジャッキーからは『不可能なことはない』ということを学びました。ハリウッドでは数週間かかるような無茶なアイディアを、ジャッキーはわずか3時間でやってのけてしまうんです。

と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ゲストとして女優の内田理央が花束を持って登場。
一足先に本作を鑑賞して

内田さん:アクションももちろんすごかったですが、クスッと笑えてしまうところもあって、そして最後にはうるっとなって、終始興奮しながら観させていただきました!

と笑顔で感想を語りました。
続けて、本作を象徴するアイテムであるマトリョーシカを使い、映画の大ヒットを祈願して鏡割りならぬ”マトリョーシカ割り”をすることに!

場内のお客さんの「3・2・1、パンチ!」の掛け声で監督と内田さんがマトリョーシカをパンチすると、なんと中からジャッキー・チェンが!!!


ん???

ジャッキーそっくりさんのモノマネ芸人ジャッキーちゃん!!

ジャッキーちゃん:ハッジメマシデ、ワダシハ ジャキ―チャンデス。コブシガイタイ ジャッキーチェン。

と、得意の“拳が痛いジャッキー・チェン”など、本作での印象深いジャッキーのアクションシーンのモノマネネタを披露。すると監督は


ハーリン監督:素晴らしい!続編の時は彼を起用すれば予算削減ができる!(笑)

と大爆笑。
続けて、アクションができる女優としても活躍する内田さんにジャッキーちゃんがジャッキー風アクションをその場で伝授。二人一緒に見事なカンフーの型を披露すると、会場からは大喝采が沸き起こり、それを見て

ハーリン監督:今すぐキャスティングしたい!ここに、ジャッキーの代わりが、そしてファン・ビンビンの代わりには彼女がいる!

と内田のアクションに太鼓判!

ハーリン監督:続編の舞台は日本だね!

とコメントし、会場から割れんばかりの拍手が起こりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、劇場のファンに向けて

ハーリン監督:この舞台挨拶もすごく楽しかったけど、映画はもっと楽しんでいただけると思います!」

と、ご機嫌でメッセージ!その後即席サイン会のファンサービスもあり、大盛況でイベントを終えました。

物語・・・
香港警察の刑事ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は9年前、犯罪界の大物を捜査中に相棒ヤンを失った。その一人娘サマンサ(ファン・ビンビン)が詐欺犯罪に巻き込まれ、彼女のためにベニーはアメリカ人容疑者コナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)を追って一路ロシアへ。だがたいほしたコナーはロシアンマフィア、香港マフィアなど複数の組織に追われている厄介な男。ベニーも巻き添えを喰らい一緒に逃げるハメに。さらには行く先々で新たな敵を作ってしまうコナー。しかし道中、9年前の事件解決のカギをよりによってコナーが握っていることがわかる。9年前の事件にケリをつけるため、相性最悪なコンビは巨大な悪に立ち向かい・・・ながら逃げる!

9月1日(金) 全国ロードショー!

***********************************

監督:レニー・ハーリン
出演:ジャッキー・チェン、ジョニー・ノックスヴィル、ファン・ビンビン、エリック・ツァン、イブ・トーレス、ディラン・クォ、シー・シー、ジャン・ランシン、ヨン・ジョンフン、リチャード・ン、マイケル・ウォン、ウィンストン・チャオ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ KADOKAWA  配給:KADOKAWA  2016年/アメリカ・中国・香港合作/107分/G
公式HP:skiptrace-movie.jp
©2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC
ALL RIGHTS RESERVED


ガッキーもいるレプロさんが 役者オーディション!(舞台)


映画情報どっとこむ ralph 浅草九劇公演『ローファーズハイ!!』『シャフ』キャストオーディション同時開催決定!! 本気で役者を目指す全国の若者求む!!だそうです!
女優の長谷川京子や新垣結衣、川島海荷、内田理央、中村蒼らが所属する大手芸能プロダクションのレプロエンタテインメントが、今年の3月にオープンした新劇場『浅草九劇(アサクサキュウゲキ)』

その若手演劇プロジェクト「UZMK(ウズマキ)プロデュース」公演のキャストオーディションが実施されることが発表された。

同プロジェクトは、芸能の聖地である浅草から”エンタテインメントを育む”ため、若手俳優によるオリジナル公演を創造していくというもの。
あなたも、この舞台から俳優を目指してみては!

映画情報どっとこむ ralph UZMKプロデュース第一弾としてスタートしたのが、浅草少女歌劇団・ローファーズハイ!!。


4月に行なった初演『ローファーハイ!!』では、全15名の若手女性タレントが出演。決まった台本が無く、”ローファーを履いた女子高校生”という設定だけで稽古場で作り上げていくスタイルが特徴で、公演毎に進化する内容が話題を呼んだ。8月4日(金)から『ローファーズハイ!! vol.2』が好評上演中である中、はやくも次回の12月公演に向けて新キャストオーディションを開催することが決定。


更に、UZMKプロデュース第二弾の若手男性演劇ユニットプロジェクトが始動することも決定。
それが、浅草軽演劇集団・ウズイチである。彼らが2018年3月に行なう旗揚げ公演『シャフ』は、人力車の車夫(シャフ)になる為に奮闘する青年たちを描く、物語劇作家・横山拓也による書き下ろし公演。レプロ所属の若手男性タレントと共に稽古に参加し、切磋琢磨しながら作品をつくりあげる『シャフ』キャストオーディションも同時開催する。


浅草九劇UZMKプロデュース公演キャストオーディションは、8月13日(日)17:00よりエントリー受付開始。本気で役者を目指す若者たちは、是非公式サイトから詳細をチェックしてみて下さい。このオーディションから『ローファーズハイ!!』と『シャフ』で浅草の舞台に立つ”スターの卵”たちに出会えることに期待したい。

映画情報どっとこむ ralph オーディション概要
浅草九劇UZMKプロデュース公演キャストオーディション
募集期間:2017年8月13日(日)17:00〜2017年10月1日(日)23:59

応募方法:公式HPよりエントリー

① UZMKプロデュース第一弾/浅草少女歌劇団・ローファーズハイ!!
2017年12月・2018年4月公演『ローファーズハイ!!』キャスト募集

② UZMKプロデュース第二弾/浅草軽演劇集団・ウズイチ

2018年3月旗揚げ公演『シャフ』キャスト募集

それぞれ詳細は公式HPよりご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画ではないので、迷ったのですが、若手を育てるサイトを目指すコンセプトから、ここから映画に出る俳優さんが飛び立つであろうということで掲載することにしました!!

***********************************



シリーズ完結!「トモダチゲーム 劇場版FINAL」完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「別冊少年マガジン」にて原作:山口ミコト、作画:佐藤友生のタッグによる漫画「トモダチゲーム」は、4月にドラマ放送、6月に第1弾劇場版が公開されヒット。

そして…遂に、シリーズ完結編「トモダチゲーム 劇場版FINAL」が、9月2日(土)よりシネ・リーブル池袋ほかにて全国公開が決定しております。
本作の完成を記念して、本日、出演者による舞台挨拶および全国公開前に「劇場版FINAL」の先行上映を含む、完成披露イベントを開催致しました。

完成披露舞台挨拶上映会
日時:8月3日(木)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪/永江二朗監督

映画情報どっとこむ ralph ゲスかっこいいけど、ゲス寒い?!

満席御礼の客席から大きな拍手で迎えられたキャスト、そして監督。本作は4月にドラマ版の放送、6月に第一弾劇場版公開に続き、遂に9月から劇場版FINALの公開となります。

今の感想を聞かれ

吉沢さん:凄くドキドキしています。撮影はまとめてドラマ版からFINALまで撮ったんですが、物語どんどん進んでいくから、ドキドキですね。

と初お披露目のFINALへの気持ちを語ってくれた。

FINALはどんな作品ですかと聞かれた

永江監督:漫画が完結していないので、FINALと銘打ったからにはオリジナル要素盛りだくさんです!ちゃんと完結しているので、原作ファンの方も違った見方で楽しめると思います。

と答えた。本作を演じた役どころと見所について問われた登壇者の方々は、思い思いに気持ちを語ってくれる中、天然?!キャラで周りをいつも笑わせてくれる内田さんは、

内田さん:吉沢くんのゲス顔がゲスかっこいい!!

と、内田らしい新たな用語で会場の笑いを誘った。


映画情報どっとこむ ralph FINALの撮影が真冬の森だったこともあり、当時を振り返った感想を聞かれた吉沢さんと山田さんは2人同時に「ゲス寒かった!」と。会場は大爆笑に。

吉沢さん:真冬の森なのに虫がいるんですよ!本当びっくりしました。

山田さん:極限状態の演技をしなくちゃいけなかったから、ちょうど極限状態の場所で良かったと思います。FINALから撮影したのでなお更(吉沢)亮との波長が合うなと感じていました!

と、当時を振り返った。


劇中では高校生を演じていた彼らが本作品のFINALでは、回想シーンで中学生を演じています・・・・

演じた当時を振り返った出演者。

吉沢さん:中学生となるとさすがに無理だね(笑)高校生と中学生って凄い狭間の時期だと思うから(見た目も)変わっちゃうよね~。

山田さん:少なからず違和感はあるよね~。

内田さん:キツイよね(笑)

大倉さん:無理でしょ!ただでさえツイッターで、金髪にしたからって高校生演じでもオッサン顔ってたたかれるのに!

と会場を笑かせ、根本さんに関しては

出演者全員:満場一致で、一番ピッタリだよ!


と言っていたが、本人は大テレ照れ。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

吉沢さん:楽しい時間でした。今回のFINALで締まる作品です。仲良し5人組の友達、トモダチとは何だ?!と思いながら楽しんで観てほしいです。

内田さん:3部作の最後です!まばたきせずに観てください!

と観客に向けるなり、すかさず

山田さん:無理でしょ!まばたき無しで2時間は!(笑)

と突っ込むと、

吉沢さん:3回までならいいよ(笑)

とすかさず!で舞台挨拶を閉じました。


「トモダチゲーム 劇場版FINAL」

劇場版FINAL 9月2日(土)~シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー
劇場版第1弾「トモダチゲーム 劇場版」8月23日(水)ブルーレイ&DVD発売

公式サイト:tomodachi-game.com
ツイッター:(@tomodachi_game)


***********************************

吉沢 亮 内田理央 山田裕貴 大倉士門 根本 凪
浦上晟周 シルクロード(Fischer`s) 財木琢磨 町山博彦 上松大輔 加藤明子
上野優華 天月-あまつき- / 久保田悠来

原作: 山口ミコト・佐藤友生「トモダチゲーム」(講談社『別冊マガジン』連載)
脚本:永江二朗 佐上佳嗣  監督:永江二朗
主題歌:天月-あまつき-「 Mr.Fake 」 / エンディングテーマ:上野優華「友達ごっこ」
配給/宣伝/制作:キャンター 宣伝協力:ツインピークス 協賛:カルチャア・エンタテインメント
製作:キングレコード キャンター テレビ神奈川 北海道テレビ 千葉テレビ テレビ埼玉
メ~テレ KBS京都 サンテレビ 九州朝日放送 GYAO
©山口ミコト・佐藤友生/講談社  ©2017「トモダチゲーム」製作委員会