「内田理央」タグアーカイブ

津田寛治&駒井蓮 W 主演『名前』 待望の予告編・場面写真が到着!


映画情報どっとこむ ralph 6月30日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開される映画『名前』 予告編・場面写真が公開されました。

直木賞作家・道尾秀介が映画の為に書き下ろしたオリジナル原案を基に生み出された本作は、疑似親子の絆や思春期の心の揺らぎを繊細に描き出したヒューマン・ミステリー。

身分を偽る主人公・正男を演じるのは津田寛治。ストーリーの鍵を握る不思議な女子高生・笑子に、『心に吹く風』やドラマ「先に生まれただけ 僕」 などで瑞々しい魅力を放つ駒井蓮がダブル主演。
更に筒井真理子、松本穂香、勧修寺保都、内田理央、池田良、木嶋のりこ、波岡 一喜、川瀬陽太など、豪華な役者陣が揃った。

監督には、『ねこにみかん』など 監督を務め、舞台演出家としても大注目の新世代作家・戸田彬弘。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編で 、正男(津田)が周囲 人間に様々な 名前で呼びかけられているシーン、正男たちの前に現れた笑子 (駒井)が「父がお世話になってます」とにこやかに告げるシーン、 笑子に「嘘の自分の方がみんな幸せなんだよ」と微笑む正男の表情など、作品の内容に想像が膨らむシーンが満載。


また、終盤「俺は一体どうしたら良い?」、「私はただ…」という正男と笑子 悲痛な叫びに胸を打たれる予告編。

映画情報どっとこむ ralph また、同時解禁の場面写真。
包丁を片手にタバコを燻らせる正男、
通学中なのか微笑んで前を見つめる笑子、
理帆(松本)に呼ばれながらもどこかを見つめる翔矢(勧修寺)など、
印象的なものばかりとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『名前』

6月30日より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

物語・・・
経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男。様々な他人の名前を周囲に偽って使い、体裁を保ちながら自堕落な暮らしを送っていた。ある日素性がバレそうになり窮地に陥っていた正男のもとへ、彼を「お父さん」と呼ぶ女子高 生・葉山笑子が突然現れる。笑子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に束の間の平穏を見出す正男。しかし、 笑子がある事情から正男のことを、自分の生き別れた父親だと思っていることに気づき、自分の消してきた過去のことを考え始める。正男には死産した娘がいたのだった・・・。 そして心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も、演劇部で主演のひとりに抜擢され、少しずつ変わっていく。 6 月 30 日より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

***********************************

出演:津田寛治,駒井蓮,筒井真理子,松本穂香,勧修寺保都,内田理央,木嶋のりこ,波岡一喜,池田良,川瀬陽太

原案:道尾秀介
監督・編集:戸田彬弘
脚本:守口悠介
製作統括:井川楊枝 プロデューサー:前信介
音楽:茂野雅道 撮影:根岸憲一
録音:鈴木健太郎 MA:吉方淳二 音響効果:國分玲
助監督:平波亘
制作担当:森田博之 衣装:博多屋あい ヘアメイク:堀奈津子
アシスタントプロデューサー:雨無麻友子
スチール:北島元朗


直木賞作家・道尾秀介描き下ろしサスペンス映画『名前』ポスター&主題歌決定


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・道尾秀介が映画の為に書き下ろしたオリジナル原案を基に生み出された津田寛治,駒井蓮W主演 映画『名前』は、疑似親子の絆や思春期の心の繊細 な揺らぎを丁寧に描き出したヒューマン・ミステリー。

6 月 30 日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショーされる本作のポスタービジュアルが解禁となりました。

また、 本作原案の道尾秀介が参加するバンド DENの「光」が主題歌に決定。コメントも到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 身分を偽る主 人公・正男を演じるのは、『ソナチネ』『シン・ゴジラ』など、メジャー からインディペンデントまで数多くの映画・ドラマに出演してきた名バイプレイヤー・津田寛治。

不思議な女子高生・笑子に、『心に吹く 風』やドラマ「先に生まれただけの僕」などで瑞々しい魅力を放つ駒井蓮がダブル主演。

ほか『淵に立つ』の筒井真理子、『ひよっこ』の 松本穂香、『Sea Opening』の勧修寺保都、ドラマ「海月姫」の内田理央、『ジムノペディに乱れる』の木嶋のりこ、NETFLIX『火花』の波 岡一喜、『恋人たち』の池田良、『ローリング』の川瀬陽太など、豪華な役者陣が揃った。

監督には、『ねこにみかん』などの監督を務め、舞台演出家としても大注目の新世代作家・戸田彬弘。

映画情報どっとこむ ralph 映画主題歌に、原案の道尾秀介と歌手の谷本賢一郎の2 人 で結成された音楽ユニット DEN の「光」に決定した。
今回は DEN の 2 人からコメントが届きました。

道尾さん:DENはデンと読みます。もともと僕が歌手・谷本賢一郎のファンで、ライブに通っているうちに仲良くなり、「いっしょに面白いことやろうよ」ということでユニットを結成しました。主題歌『光』は、僕たちの最初の共作曲です。こ の曲が出来上がったとき、まだ映画は完成していませんでした。それなのに、試写を観たら、なんとも物語と映像にピッ タリで、安堵するやら感動するやら、とにかく忘れがたい瞬間でした。

谷本さん:道尾さんと出会ってから、僕のライブで一緒に歌ったり演奏したりしてきました。そんな中で生まれた僕たちの最 初の共作曲『光』。歌詞と曲もそうですが、僕と道尾さんのシャウトも是非聴いてくださいね。僕は映画の試写に行けな かったので、後日、自宅で映像確認しました。この映画に関われたこと大変うれしく思います。早くスクリーンで観たい!!


映画『名前

6 月 30 日より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

***********************************

キャスト:
津田寛治,駒井蓮,筒井真理子,松本穂香,勧修寺保都,内田理央,木嶋のりこ,波岡一喜,池田良,川瀬陽太

監督:戸田彬弘。


『名前』 第13回大阪アジアン映画祭 クロージング作品に決定!


映画情報どっとこむ ralph 道尾秀介原案・「ねこにみかん」の戸田彬弘監督が手がけた映画『名前』が、 第 13 回大阪アジアン映画祭のクロージング作品に上映が決定しました!!

「アジア映画のゲイトウェイ大阪」として、優れたアジア映画を上映する大阪アジアン映画祭。その 中でも各国で評判の話題作を集める特別招待作 品部門のクロージング上映作品として、本年初夏の全国公開に先駆け、映画祭閉幕日の3月18日(日)にABCホールにてワールドプレミア上映 が決定しました。
大阪アジアン映画祭プログラミング・ディレクター の暉峻創三氏からは、「もともと演技に秀でた俳 優たちから、その持てる力をさらに凌駕した演技 を引きだす監督の演出力に感嘆させられる作品」 と絶賛のコメント。

直木賞作家・道尾秀介が映画の為に書き下ろしたオリジナル原案を基に生み出された本作は、名前を偽り自堕落に生 きてきた男が、ある女子高生との出会いをきっかけに、生きる希望を取り戻していくヒューマン・ミステリー。現代人の存 在不安を見事に映像化し、同時に思春期の心の繊細な揺らぎを丁寧に描き出した新たな日本映画の傑作の登場です。

主人公・正男を演じるのは、『ソナチネ』『模倣犯』など、メジャーからインディペンデントまで数多くの映画・ドラマに出演し てきた名優・津田寛治。不思議な女子高生・笑子に、『心に吹く風』などで瑞々しい魅力を放つ駒井蓮がダブル主演。さら に、筒井真理子、勧修寺保都、松本穂香、金澤美穂、比嘉梨乃、真広佳奈、小槙まこ、戸畑心、柿本朱里、アベラヒデノ ブ、木嶋のりこ、内田理央、池田良、川瀬陽太、西山繭子、波岡一喜、田村泰二郎など実力派が脇を固める。暉峻氏か ら演出力を絶賛された監督には、これまで「ねこにみかん」など手がけ劇作家・演出家としても注目を集める若手実力 派・戸田彬弘。映画と舞台を股にかける存在として活躍している。

脚本に「つむぐもの」の守口悠介、撮影監督に「淵に立 つ」でカンヌ国際映画祭で高く評価された根岸憲一、音楽に河瀨直美監督作品などを手がける茂野雅道など、一流のス タッフが名を連ねている。

映画情報どっとこむ ralph 戸田彬弘監督『名前

2018 年初夏、新宿シネマカリテ他、全国ロードショー

物語・・・
経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男。様々な他人の名前を周囲に偽って使い、体裁を保ちながら自堕落な暮ら しを送っていた。ある日素性がバレそうになり窮地に陥っていた正男のもとへ、彼を「お父さん」と呼ぶ女子高生・葉山笑子が突然現れる。笑 子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に束の間の平穏を見出す正男。しかし、笑子がある事情から正男のことを、自分の生き 別れた父親だと思っていることに気づき、自分の消してきた過去のことを考え始める。正男には死産した娘がいたのだった・・・。 そして心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も、演劇部で主演のひとりに抜擢され、少しずつ変わっていく。

***********************************

原案:道尾秀介

監督・編集:戸田彬弘

出演:津田寛治 駒井蓮 / 勧修寺保都 松本穂香 / 内田理央 池田良 木嶋のりこ 金澤美穂 / 比嘉梨乃 真広佳奈 小槙まこ 戸畑心 柿本朱里 アベラヒデノブ 田山由起 竹下かおり 信國輝彦 松林慎司 稲荷卓央 / 波岡一喜 川瀬陽太 田村泰二郎 西山繭子 / 筒井真理子

脚本:守口悠介 製作統括:井川楊枝
プロデューサー:前信介 音楽:茂野雅道

撮影:根岸憲一 録音:鈴木健太郎 MA:吉方淳二 音響効果:國分玲
助監督:平波亘 制作担当:森田博之
衣装:博多屋あい ヘアメイク:堀奈津子 アシスタントプロデューサー:雨無麻友子

スチール:北島元朗


夏木マリ、BRAHMAN、榊いずみ、映画『生きる街』公開記念プレミアムライブ開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 夏木マリが主演を務める映画『生きる街』が、2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開となります。

そして!その公開記念として2018年2月26日(月)に、夏木マリ、BRAHMAN、榊いずみによる、映画『生きる街』公開記念プレミアムライブの開催が決定しました!


73年に歌手デビューし、2006年にはブルースバンド「ジビエ ドゥ マリー」を結成した夏木マリ。2年前からは自身のライブハウスツアー「MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk」をスタートさせ、精力的にライブ活動も行っている。

2009年には、途上国の子供たちの教育環境とその母親たちの雇用整備向上を目指す支援活動『One of Loveプロジェクト』を立ち上げ、さらにその活動を東日本大震災への支援にも発展した。映画を力強く、そして優しく包み込む主題歌「ナミノウタゲ」を担当したのは、BRAHMAN 。

One of Loveプロジェクトのイベントでの共演するなど、夏木と親交が深いボーカル・TOSHI-LOWが作詞を手掛け、ハナレグミがコーラスとして参加している。そして鋭い言語感覚と叙情的な世界を同時に持つシンガー ソングライターの榊いずみが、映画音楽を担当。

この3組のアーティストが、映画公開記念プレミアムライブにて夢の競演を果たします!

映画情報どっとこむ ralph ライブチケットにはもれなく映画鑑賞券がついてきます!!

「Living Notes」〜映画「生きる街」Showcase Live〜
出演:BRAHMAN / 夏木マリ/榊いずみ and more…
日時:2018年2月26日(月)18:00開場/19:00開演
会場:渋谷O-EAST 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目14-8
チケット:\4,400(映画鑑賞券付き) 入場時1ドリンク\600別途
オフィシャル先行: 2017/12/21(木)18:00 ~ 2018/1/8(月) 23:59 (チケットぴあ)
一般発売: 2018/1/26 (金)
主催:「Living Notes」実行委員会  制作:NOFRAMES / TACTICS RECORDS / ファミリー・ツリー
協力:TOWER RECORDS / アークテンタテインメント / 太秦 / シブヤテレビジョン

映画情報どっとこむ ralph 幾たびかの春夏秋冬を過ぎて、我々は生きている。
どんなに理不尽な事が起きようとも、我々は生きてきた。
そしてこれからも、我々は生き続ける。
たとえこの身が朽ち果てても、この世界は美しいはずだ、なぜなら我々が泣き、喚き、笑い、歌ってきたからだ。
森羅万象の狭間に、一瞬だけで燃え尽きる。
2月26日、集え! 宴を始めよう!!!

映画『生きる街』監督:榊英雄 

映画情報どっとこむ ralph 映画『生きる街』

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー!
http://www.ikirumachi.com/
あらすじ
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

***********************************


夏木マリ
佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠
石田法嗣 小柳友  ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉
石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演)  /  原日出子  升毅
監督:榊英雄 主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」
挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」
題字:ジョージ秋山
配給:アークエンタテインメント/太秦
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/124分 ©2018「生きる街」製作委員会 


夏木マリ 主演映画『生きる街』公開日決定&ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 夏木マリが主演を務める映画『生きる街』が、2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開することが決定しました!ポスタービジュアルが解禁となります!

夏木マリが約10年ぶりに選んだ主演映画『生きる街』は、被災者支援ライブを行うなど復興に尽力してきた宮城県石巻市で撮影されました。

東日本大震災から5年以上の時を経て、その地を去る人、とどまる人、帰ってくる人がいます。人々は、そして街は未来を信じて生きています。そんな人々と街の姿を残すべく、スタッフ、キャストが集結。「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマがここに誕生。


辛い過去に向き合い、前を向く等身大の女性を熱演した夏木マリが、飾らない笑顔で家族を迎えいれる温かなビジュアルが完成しました!また、夏木演じる主人公を見守る豪華出演陣、岡野真也、石田法嗣、小柳友、ラサール石井、斎藤工、内田理央、新津ちせ、菅原大吉、石倉三郎(写真の出演)、仲間由紀恵(声の出演)、原日出子、升毅の出演情報が一斉解禁となりました。

映画『生きる街

http://www.ikirumachi.com/

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

***********************************

夏木マリ

佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠

石田法嗣 小柳友 ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉
石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演) / 原日出子 升毅

監督:榊英雄
主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」
挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」
題字:ジョージ秋山
配給:アークエンタテインメント/太秦

2018年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/124分
©2018「生きる街」製作委員会