「内田春菊」タグアーカイブ

映画『空の瞳とカタツムリ』 鈴掛真、リリーフランキーら多数応援コメントが到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『空の瞳とカタツムリ』が2019年2月23日より池袋シネマ・ロサにて公開する運びとなりました。難しい役どころを縄田かのんと中神円、そしてふたりの友人役の三浦貴大、孤独な青年を演じた藤原隆介、4人の中に渦巻くモラトリアムな時間と儚くも逃げる青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす「新しい愛の物語」が誕生。

そしてこの度、山崎ナオコ―ラのほか今回、タレントのフィフィ、歌人の鈴掛真、リリーフランキーなど!多数応援コメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph アミール・ナデリ(映画監督)
今年の東京フィルメックスではいくつかの素晴らしい映画に出会えた。中でも、その物語と映像が今でも私の中に鮮明に残っている作品がある。『空の瞳とカタツムリ』だ。演出と照明が素晴らしいのは言うまでもない。特筆すべきは役者同士のケミストリーが神秘的で、とても純粋なことだ。カメラを通して我々は、彼女たちの息遣いを見守る静かな証人となる。

リリー・フランキー
映画というものは、誰かの覚悟を観るものである。それがそこにあれば全てでもある。縄田かのんの、それを見せられた本作を観て、私は己の意気地の無さを痛感した。

橋本マナミ(女優)
危うさや矛盾の中で生きる男女の葛藤を通して、私も青春時代に感じた歯がゆさを思い出しました。 恋したり不安になったり、苦しんだり人間ってそうなんだよなぁって考えさせられる映画でした。

フィフィ(タレント)
自分を愛せないのに、誰かに愛されようとして、誰かと交わる事で心を満たそうとして、そうやって葛藤しながら自分を探し続けて生きる…この映画はそんな2人の女の子の物語‬

山崎ナオコーラ(作家)
体とはなんだろう?
体が大きく画面に映し出されると、自分の体ではないのにゾワゾワっとして、考えさせられた。
性別や肌触りやパートナーシップなんか超えていけ。ただ、体を世界にぶつけるのだ。

Q-TA (コラージュアーティスト)
箱庭の中で足りない自分の欠片を探し求める若者たち。 自分自身を切り刻み、異なる感覚を重ね、そこに生まれる快楽を楽しみ軽蔑する。 コラージュには客観性が必要だ。その客観性が箱庭を作品として昇華し、 その過程こそが、箱庭の外へ出る唯一の方法なのだ。

鈴掛真 (歌人)
長い長い詩の朗読を聞いているような物語に引き込まれました。 切なくて、優しくて、痛いほど愛しい詩。 観終わったとき、きっと誰かの体に触れたくなる。 それは男かもしれないし、女かもしれない、誰かに。

加藤千恵(歌人・小説家)
登場人物たちのいびつさや不完全さが、切なくて痛々しくて胸をしめつける一方、このうえなく輝いて見える瞬間がある。まるで奇跡みたいに、魔法みたいに。

映画情報どっとこむ ralph 映画『空の瞳とカタツムリ』
英題:Love Dart

公式サイト:
www.sorahito.net

・イントロダクション

青春のおわり、人生のはじまり

ふれたい。ふれたくない。雌雄同体のカタツムリは交尾の際に鋭い矢「(Love dart)」を互いに突き刺しあう。この矢は交尾相手の生殖能力を低下させ、寿命すらもすり減らす。本作のタイトル『空の瞳とカタツムリ』は、故・相米慎二監督の遺作『風花』のタイトル変更案として最終候補まで残ったもの。監督は、相米監督の弟子筋であり『サンデイ ドライブ』『フレンチドレッシング』『なにもこわいことはない』など脚本・監督と二足の草鞋で活躍する斎藤久志。脚本を務めたのはテレビドラマ『深夜食堂』シリーズで脚本家デビューを果たし、本作が初のオリジナル映画脚本の荒井美早。

求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす、新しい愛の物語。


ストーリー・・・
誰もが一度は通る痛みを、鮮烈に描いた新しい愛の物語——

祖母の遺した古いアトリエでコラージュ作品を作り続ける岡崎鹿(縄田かのん)は、消えない虚無感を埋めるため、男とならだれとでも寝る生活を送っていた。一方、夢鹿の美大時代からの友人である高野 (中神円)は極度の潔癖症。性を拒絶し、夢鹿にしか触れられない。そして二人の友人、吉田(三浦貴大)は、夢鹿への想いを捨てきれないまま堅実に生きようと努めていた。学生時代、とても仲のよかった三人。しかし月日が経つにつれ、少しずつバランスは崩れていった。そんな中、十百子は夢鹿に紹介されたピンク映画館でアルバイトを始めるが、行動療法のような日々に鬱屈していく。その映画館に出入りする青年、大友(藤原隆介)は、満たされなさを抱える十百子に心惹かれていくが……。

夢鹿と十百子、永すぎたモラトリアムは終わろうとしていた・・・。

***********************************

縄田 かのん 中神 円 三浦 貴大 藤原 隆介 利重 剛 内田 春菊 クノ 真季子 柄本 明

監督:斎藤久志 脚本:荒井美早
企画:荒井晴彦
タイトル:相米慎二

製作:橋本直樹/松枝佳紀
プロデューサー:成田尚哉
製作:ウィルコ/アクターズ・ヴィジョン

制作プロダクション:ウィルコ/アルチンボルド
[2018/日本/カラー/DCP/5.1ch/120分]

配給:太秦

映倫:R15
©そらひとフィルムパートナーズ
   


鬼才デヴィッド・リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?著名人コメント続々


映画情報どっとこむ ralph この度、その悪夢のような難解で不可解な世界感がファンを熱狂させ続けているデヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』が2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、立川シネマシティ、横浜ジャック&ベティ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。

本作では、映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチが、美術学生時代の「退屈」と「憂鬱」、悪夢のような街フィラデルフィアの暮らし、長編デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまでを自らの口で語りつくします。

昨年マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』への出演で世界から注目され、監督業に留まらず多方面で活躍する塚本晋也さんや、かねてよりデヴィッド・リンチのファンだという内田春菊さんはじめ、リンチの描く世界観に魅了された各界の著名人からリンチへの愛に溢れたコメント第二弾が到着しました。


デヴィッド・リンチに魅了された著名人の、愛に溢れたコメント第二弾が到着!!*敬称略・順不同

デヴィッド・リンチの創作の謎に迫っていて、とても面白く、興味深かったです。リンチと切っても切り離せないアート。それが動くというシンプルな喜びからリンチの映画の歴史が始まっていたのですね。後期の映画ほど、ここに映された初期映像作品の原点に戻ってゆく。そう感じました。そして原動力であるアートに回帰しどんどん自由になってゆく姿に勇気付けられました。
―― 塚本晋也(映画監督)


人物と作品の両方に興味を持つということは、実はとても大変で罪深いことだったのだ。作品だけでよかったかも、と後悔するような重みのあるシーンもちらほら。もしもああやって目の前で語られていたら、私はその有り難い疲れを消化するのに何日かかるだろうか。
――内田春菊(漫画家・作家)


フランシス・ベーコンの絵を観ると、よくリンチの映画のワンシーンが頭によぎる事があった。美しい悪夢。一体リンチはどうゆう発想でこうゆうシーンが思い浮かぶのだろう…と前から興味があった。自伝も読んだ。そしてツイン・ピークスの続編で再び世界を騒がせたリンチのドキュメンタリー!
意外にも、愛娘とアトリエで絵を描いてるシーンが親密で愛おしかった。この監督、やっぱ面白いわ。
――木下理樹 (ART-SCHOOL)


絶え間ない創作行為の連続こそがリンチをリンチたらしめる。指で絵の具とたわむれるように描き続ける画家リンチ。様々な媒質と対話しながら、異様なイメージを析出させるリンチ・システム。その謎めいた創造の秘密には、得体の知れない感染力がある。
――斎藤環(精神科医、批評家)


リンチはリンチにならざるを得なかった。父や兄弟からの理解が全く得られなくても、この道を進むしかなかった。そのことがよく分かります。そしてリンチが自分について赤裸々に語れば語るほど、謎と神秘は深まり、観る人は、世界の深淵を覗きこむでしょう。
――タカノ綾(アーティスト)


映画情報どっとこむ ralph コメント第一弾 *敬称略・順不同


ボブ・ディランのライブを中座した青年が、ジョージ・ルーカスからの『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』監督オファーを断り、後に『ブルーベルベット』や『マルホランド・ドライブ』を作る。“コーヒーを飲み、タバコを吸い、絵を描く。創作の喜びをひたすら極める生き方”を選んだ彼の顔は、歳を重ねるごとに耽美になる。
裕木奈江(女優)


大金を動かすメジャーなハリウッドの監督ではあるけれど、「生涯一美大生」みたいな人でもあることがよくわかりました。普通の善良な家庭で育ったにもかかわらず――であるからこそ――こういう人物になったということも、なんとなく納得できました。子供の頃から微かな遠雷のように感じていた「生の不穏さ」のようなものを、美大の暗く孤独なアトリエの中で、人知れず育んでいったんだなあ‥‥と。
会田誠(美術家)

デヴィッド・リンチが画家でもあることをはじめて知りました。そしてそのイマジネーションに満ちた作品群に驚くとともに、大いに納得しました。
新しいアイデアの背後に彼の歩んだ人生がある。そして映画は絵画に、絵画は映画に相互に刺激を与えながら、彼の芸術は、より高みへと昇華したのだと思います。
伊藤潤二(漫画家)

無常に流れていく時間の中で、誰の心にもうっすらと存在し続ける”不安”
その部分を冷たいものでそっと撫でられるような気持ちになる。冷たい水で洗われるような感覚にも近いかな。
彼自身が人生の中で感じ取った感情が、彼の作品の中には流れている。人の人生が一つとは限らないんだなと教えられた。
中田クルミ(モデル/女優)

我々は知っている。この世にデヴィッド・リンチという<魔都>が存在することを。そこには決して逃れることのできない蠱惑(こわく)的退廃と致命的依存が潜んでいることを……。魔術的なまでに俗世を掻き回し、惑乱させ続ける鬼才の藝術の原点。その源泉を我々は目撃する。
平山夢明(作家)

映画情報どっとこむ ralph 原題:David Lynch: The Art Life

2018 年1月27 日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開


公式サイト:
www.uplink.co.jp/artlife/

Twitter:
@LynchArtLifeJP


リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。


映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。


アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ配給・宣伝:アップリンク
(2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1/)

(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016


熊谷まどか監督『話す犬を、放す』に内田春菊、古厩智之監督らコメント


映画情報どっとこむ ralph 熊谷まどか監督が初商業長編映画『話す犬を、放す』が 2017 年 3月 11 日(土)より有楽町スバル座他にて全国順次公開となります。

監督自身の経験がきっかけとなり着想を得た本作。パーキンソン病のような症状や幻覚・幻視を見るという症状が出る レビー小体型認知症という病をモチーフに夢を追求するということ、介護という問題、“生きる”ということなど、母娘それ ぞれが抱える「あったかもしれないもう一つの人生」への葛藤を、独特のユーモアを交えながら温かく見つめ、人間賛歌 へと昇華させたハートフル・コメディ。

そんな本作へ寄せられた著名人からの絶賛コメントを一部ご紹介。

内田春菊さん(漫画家・作家・俳優):
漫画「南くんの恋人」作者、映画『幕が上がる』出演 自分もならないとは限らない、という思いでいっぱいになりました。世代や状況の違う三人の女性の人生がこんなに迫っ てくる作品。愛することは、関心を持つこと。熊谷監督の深い人間愛を感じます。

古厩智之さん(映画監督):
テレビ東京土曜プレミアムドラマ『銀と金』監督、『さよならみどりちゃん』監督 犬の幻を見始めて、違う現実をひとり生き始める認知症の母。「ひとはみな違う現実を生きているのだな」という世界の 真実が、ユーモラスに、ときに生き生きと綴られて楽しい。しかしあの犬、耳がぴんとしててかわいいんですよね。娘に も見えればいいのに。テーブルのポットと、座ったお尻の形がそっくりで笑ってしまった。二人の隔たり、越えられない 断絶が描かれるからこそ、母の秘められた人生に触れ、心が通う瞬間が胸を打ちました。母と娘って、こういうものを受 け渡していくのでしょうか。

このほかの著名人からコメントは公式HPでご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 今回、解禁された場面写真は・・・・
レイコとレイコに映画の仕事を紹介した眞島秀和演じる学生時代の劇団仲間で人気俳優の三田、そして子どもを産んで間もない木乃江祐希演じる女性映画監督がベビーカーを押しながら現れ、公園で面接している一場面。レイコ自身も認知症の母親を連れての面接だったので、子育てと監督業の両立をあきらめない女性 監督の姿に触発されていく。

続いては、田島令子演じる母親のユキエが台所で包丁を持ち、レビー小体型認知症の症状でいつもしていたはずの料理の手順がわからなくなり、困惑の表情を浮かべている一場面。ユキエの認知症の症状への戸惑いと不安の始まり・・・・。

認知症の母と女優を目指す娘。 自分とまっすぐ向き合う母娘が織りなす人間賛歌物語。

映画『話す犬を、放す

3 月 11 日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー!


***********************************

監督・脚本:熊谷まどか
出演:つみきみほ 田島令子/眞島秀和 木乃江祐希
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
制作:デジタル SKIP ステーション、オフィス・シロウズ
特別協力:川口市
配給・宣伝:アティカス
2016 年/日本/84 分
Ⓒ2016 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
     


神様、お許しください。『ちょっとかわいいアイアンメイデン』


神様、お許しください。
痛すぎて、イッちゃいます!

『ちょっとかわいいアイアンメイデン』

7月19日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国公開!

公式サイト:http://iron-maiden.jp/

もしも女子校に拷問部があったら…という設定で熱烈に支持されている同名原作コミックを禁断の実写化! 今回ポスターとシーン画像が解禁です。

ちょっと可愛いアイアンメイデン出演:
木嶋のりこ、吉住はるな、
間宮夕貴、矢野未夏、
葉山レイコ/内田春菊
監督・脚本:吉田浩太
©2014KADOKAWA


映画はR-15 指定です!
15歳以上でご覧になれます!

続きを読む 神様、お許しください。『ちょっとかわいいアイアンメイデン』