「八重子のハミング」タグアーカイブ

『八重子のハミング』有楽町スバル座にて再上映決定


映画情報どっとこむ ralph 昨年山口県にて先行公開し、2 万 5000 人以上の動員を記録し、2017 年 5 月 6 日より全国順次公開した 『八重子のハミング』が 6 月 25 日(日)より有楽町スバル座にて再上映することが決定しました!

名匠佐々部清が原作に惚れ込み、自らリスクを背負って製作に踏み切る。監督・脚本・プロデューサーの三役 を務めた渾身の一作。四度のガンの手術から生還した夫が、アルツハイマー病を発症した妻に寄り添って介護を 続ける 12 年間を描いた、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた物語。

2016 年の山口県内動員ランキングでは、『シン・ゴジラ』を抜き、8 月より公開していた大ヒットアニメ映画『君の名は。』にも迫り 2 位の動員を記録し、全国公開への足掛かりに。

そして 2017 年5月6日に全国公開を迎え、公開週には 8館で始まりミニシアターランキングで3位を 記録。新宿武蔵野館では連日満席、有楽町スバル座でも盛況の内に上映が終了した。
その後も主演の升毅、佐々部清監督を中心に舞台挨拶全国行脚を遂行。北は青森、南は鹿児島、各地の劇場へ足を運び、毎週舞台挨を行っている。

現在20箇所での舞台挨拶を終え、今後も7館での登壇を予定しています。

最終的には全国70館で上映の見込みです。

映画情報どっとこむ ralph お客様からは「映画を観てこんなに泣きっぱなしだったことは今までありません。」といった感動のコメントや「たくさんの人に見て欲しい」「息の長いロングラン上映になって たくさんの人が触れれば いいですね」など 応援のコメントが寄せられ、ついに 6 月 25 日(日)より有楽町スバル座にて再上映が決定!!

再上映の決定について佐々部清監督からは

佐々部監督:低予算の゛自主的映画“でも想いは伝わるんだ!

と感謝の想いのこもったコメントも寄せられた。 有楽町スバル座での再上映初日には主人公石崎誠吾を演じた升毅とその娘千鶴子を演じた文音、誠吾の教え子 を演じた月影瞳、そして本作の監督・脚本・プロデューサーの三役を務めた佐々部清が登壇する舞台挨拶も行われます。

舞台挨拶は 11:00 の回上映後。(尚、上映は 7/14 迄) 是非とも再上映決定の情報と併せて、本作をご紹介頂けますよう、何卒宜しくお願いいたします。

物語・・・
「四十年よとせ過ぎ 妻と歩めし 瀬戸の人生 みち うず潮の道 今ぞなつかし」 どこからか聞こえてくる男性の声…。「やさしさの心って何?」と題された講演。 演台に立つ、白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験した こと、感じたことを語っていく。

「妻を介護したのは 12 年間です。その 12 年間は、ただただ妻が記憶 をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛 けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと 僕の思い出にしようかと…。」

誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。かつて音 楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。 家族の協力のもと、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩んでいく誠吾と八重子。山口県・萩市を舞台に 描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた 12 年間の物語。

***********************************

出演:升 毅 高橋洋子/文音 中村優一 安倍萌生 辻 伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影 瞳 朝加真由美 井上 順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部 清
原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館)
エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」 (avex io/DAO)
劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)
プロデューサー:佐々部 清、野村展代、西村祐一
音楽:穴見めぐみ/撮影:早坂 伸(JSC)/美術:若松孝市(APDJ)/録音:臼井 勝/照明:田島 慎/装飾:柳澤 武

編集: 川瀬 功(JSE)/記録:山下千鶴/助監督:山本 亮
製作担当:馬渕敦史/スチール:下瀬信雄
ヘアメイク:井手奈津子/衣裳:袴田知世枝/協力プロデューサー:藤得 悦
音楽プロデューサー:原田泰男
製作:Team『八重子のハミング』(シネムーブ/北斗/オフィス en)
配給:アークエンタテインメント
2016 年/日本/カラー112 分/5.1ch/ビスタサイズ
(C):Team『八重子のハミング』
     


升 毅・高橋洋子・文音・中村優一 登壇『八重子のハミング』プレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 昨年山口県にて先行公開し、2万5000 人以上の動員を記録した話題作『八重子のハミング』が5月6日(土)有楽町スバル座ほかにて全国順次公開となります。

この度 4 月 19 日(水)に全国公開に先駆け、プレミア試写会が行われ升 毅・高橋洋子・文音・中村優一・佐々部清監督が登壇しました。


『八重子のハミング』プレミア試写会 概要
日付:4 月 19 日(水)
場所:野美容専門学校 山野ホール
登壇:升 毅・高橋洋子・文音・中村優一・佐々部清監督

映画情報どっとこむ ralph MC:佐々部監督:やりたかった企画を若いプロデューサーたちに押されて、シニア層向けに作りました。自主映的映画として作りました。

長編では初めての主役の桝さん
桝さん:この作品に出会って、即答でオファーを受けました。主演やったーと思いました!半面、脚本を読んで凄い大変だなと思いもありました。役作りはプランを立てて現場に入りますが、今回は実話なので、ドキュメンタリーも観たので、2か月読み込みました。それでも不安でしたが、本番では、自然に進んでこの感じでよいんだなと。出口が見つかりました。撮影の期間中だけでいいから洋子さんを好きになってください!と監督に言われました。

28年ぶりの劇場映画復帰の高橋さんは
高橋さん:映画祭で監督と出会って、じっと見ていた監督に、家近いので、自由が丘でお会いできませんかと、行ってみると八重子のハミングの脚本を持っていらして。かわいらしい人をと。。。でも認知だとは。。。、何十年ぶりの私に振るのと思いましたが、映画には出たかったので。これは難しいと思いながらも嬉し様な思いような。

そして難しい撮影でしたが、演技プランは手のぬくもりだけを憶えているつもりで、童謡を歌ってました。なんとなく撮影2週間孤独も感じました。

と、役の苦労と嬉しさをお話に。

映画情報どっとこむ ralph デビュー映画から10年ぶりに監督作品に呼ばれた文音さん

文音さん:監督は、私にとって特別な存在で、映画界の父である佐々部組に戻れて嬉しかったです。笹部組はカメラマンやチームが知ってる人たちで安心して居心地よくお芝居できました。

現場は1日だけしか来られなかった中村さん
中村さん:笹部組に呼ばれて、監督作品の大ファンでしたので幸せでした。原作、台本読んでスケジュール観たら1日しかなくて。

監督;あなたのスケジュールで 1日になったんです。

中村さん:すみません!山口に行く当日に、システムエラーで。飛ぶのかって思いながらも、何とか山口につきまして。桝さんがご飯行こうよって皆さんと食事できてよかったです。映画の印象は桝さんと洋子さんの夫婦愛が素晴らしくてボロボロ泣きました。自分の姿を観て婿ぴったりだなと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に
桝さん:自主的映画に賛同して、皆命懸けで取り組みました。ぜひ自主的な映画を自主的に観に行っていただきたいと。たくさんの方に見ていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。



『八重子のハミング』

名匠佐々部清が原作に惚れ込み、自らリスクを背負って製作に踏み 切った、渾身の一作。四度のガンの手術から生還した夫が、アルツハイマー病を発症した妻に寄り添って介護を続け る 12 年間を描いた、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた物語。

5月6日(土)有楽町スバル座ほかにて全国ロードショー

公式HP:
yaeko-humming.jp

***********************************

出演:升 毅 高橋洋子/文音 中村優一 安倍萌生 辻 伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影 瞳 朝加真由美 井上 順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部 清
原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館)

エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」(avex io/DAO)劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)

プロデューサー:佐々部 清、野村展代、西村祐一/音楽:穴見めぐみ/撮影:早坂 伸(JSC)/美術:若松孝市(APDJ)/録音:臼井 勝/照明:田島 慎 /装飾:柳澤 武/編集:川瀬 功(JSE)/記録:山下千鶴/助監督:山本 亮/製作担当:馬渕敦史/スチール:下瀬信雄/ヘアメイク:井手奈津子/ 衣裳:袴田知世枝/協力プロデューサー:藤得 悦/音楽プロデューサー:原田泰男

製作:Team『八重子のハミング』(シネムーブ/北斗/オフィスen)
配給:アークエンタテインメント 2016 年/日本/カラー112 分/5.1ch/ビスタサイズ
(C):Team『八重子のハミング』
     


『八重子のハミング』東京公開日決定!新場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 昨年山口県にて先行公開し、2万5000人以上の動員を記録した話題作『八重子のハミング』が5月6日(土)に有楽町スバル座ほかにて全国公開が決定しました。

本作は名匠:佐々部清監督が原作に惚れ込み、自らリスクを背負って製作に踏み切った、渾身の一作。
四度のガンの手術から生還した夫が、アルツハイマー病を発症した妻に寄り添って介護を続ける12年間を描いた、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた物語。

本作にて主人公・石崎誠吾を演じるのは芸能生活40年にして初の主演となる名優、升毅。作家としても活躍し、28年ぶりの映画復帰となる高橋洋子が妻の八重子を演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の新場面写真が解禁となりました!

肩を並べ田床山から萩市を眺める誠吾(升毅)と八重子(高橋洋子)とその孫たちの姿や、
椿群生林で偶然の再会を果たした誠吾と教え子の早紀(月影瞳)が会話しているシーン、
火葬場で白髪交じりの誠吾と榎木(梅沢富美男)が語り合う様子や、
萩市長の中村(井上順)が入院する誠吾のお見舞いにやってきたシーンや、
笑顔で微笑んでいる誠吾の姉・小夜子(朝加真由美)など表情は様々だ。

本作のメガホンをとった佐々部清監督は

佐々部監督:僕がこだわったのは、八重子さんが好きだった場所を撮ろうということ。映画を撮る前に、原作者の陽信孝さんに、オープニングに映る田床山や、二人が連れ添って歩いた藍場川のほとりなど、八重子さんが好きだった場所を全部案内して回ってもらったんです。萩には名所もたくさんありますが、観光的な部分ではなく、実際にそこで暮らした八重子さんが好きだった風景を撮ろうと思いました。

と撮影でこだわったところを明かしています。

映画情報どっとこむ ralph どこからか聞こえてくる男性の声…。

「やさしさの心って何?」と題された講演。

演台に立つ、白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験したこと、感じたことを語っていく。

「妻を介護したのは12年間です。

その12年間は、ただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。

やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと…。」

誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。

かつて音楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。
家族の協力のもと、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩んでいく誠吾と八重子。山口県・萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた12年間の物語。

5月6日(土)有楽町スバル座ほかにて全国ロードショー

公式HP:
http://yaeko-humming.jp



***********************************

出演:升 毅 高橋洋子/文音 中村優一 安倍萌生 辻 伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影 瞳 朝加真由美 井上 順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部 清
原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館)

エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」(avex io/DAO)劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)

プロデューサー:佐々部 清、野村展代、西村祐一/音楽:穴見めぐみ/撮影:早坂 伸(JSC)/美術:若松孝市(APDJ)/録音:臼井 勝/照明:田島 慎 /装飾:柳澤 武/編集:川瀬 功(JSE)/記録:山下千鶴/助監督:山本 亮/製作担当:馬渕敦史/スチール:下瀬信雄/ヘアメイク:井手奈津子/ 衣裳:袴田知世枝/協力プロデューサー:藤得 悦/音楽プロデューサー:原田泰男

製作:Team『八重子のハミング』(シネムーブ/北斗/オフィスen)

配給:アークエンタテインメント 2016 年/日本/カラー112 分/5.1ch/ビスタサイズ
(C):Team『八重子のハミング』
     


妻に贈る三十一文字のラブレター「八重子のハミング」


映画情報どっとこむ TJ 四度のガン手術から生還した夫がアルツハイマー病の妻に贈る、三十一文字のラブレター

八重子のハミング

%e5%85%ab%e9%87%8d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0s1
『萩・世田谷幕末維新祭り』の前夜に開催する、雑苦葉乱(ざっくばらん)、一夜限りの問わず語り! 「山口県+世田谷」地元を語る交歓トークライブ+出演者各々のパフォーマ ンスにプロデューサーの野村展代さんが登壇して、映画に関する話をされるそうです!(記事:eigajoho.com/?p=52784

映画情報どっとこむ TJ で、気になる物語ですが・・・

%e5%85%ab%e9%87%8d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0「四十年(よとせ)過ぎ 妻と歩めし 瀬戸の人生(みち) うず潮の道 今ぞなつかし」

どこからか聞こえてくる男性の声…。「やさしさの心って何?」と題された講演。

演台に立つ、白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験したこと、感じたことを語っていく。

「妻を介護したのは12年間です。その12年間は、ただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。

妻は時間を掛けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと…。」誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。

かつて音楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。



映画情報どっとこむ TJ 佐々部清監督インタビューが届いています。

1、撮影を終えての感想

今回の映画は山口県を中心に、いわゆる映画会社ではないところから、いっぱいお金集めをして作った映画です。とにかく「県民の方々に参加してもらいたい!」と思っていたんですが、自分たちが考えている以上に沢山の方々に来て頂けました。

%e5%85%ab%e9%87%8d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0_%e4%bd%90%e3%80%85%e9%83%a8%e6%b8%85%e7%9b%a3%e7%9d%a3特に萩のロケでは、映画製作実行委員会の皆さんを中心に、食事の手配から準備、宿泊や劇用車のことまで、本当にお世話になりました。こちらは小さな予算しかないのに、それを遥かに超えるくらい、沢山の協力を得て作られた映画です。とにかくそれがずっと心に残っています。なので、僕はいろんな所で「命がけでこの映画を作ります」と言い続けてきましたし、それを今度は、きちんと劇場で沢山の人たちに観てもらうことそれは県内だけではなくて、全国、そして出来れば海外まで伝えられるような作品に仕上げて、皆さんにお観せする事が自分の恩返しだと思って頑張っています。

とにかく山口県の、そして萩の方々の〝熱や想い〟をいっぱい頂いた、その事が今はとにかく印象に残っています。

2、映画の見どころなど、これから「八重子のハミング」を観る方に一言お願いします。

%e5%85%ab%e9%87%8d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0_%e6%92%ae%e5%bd%b1%e9%a2%a8%e6%99%af「八重子のハミング」は、認知症や老老介護という、これから日本が抱える大きなテーマを扱っていますが、自分が最終的にこの映画を観て感じて欲しいと思うのは、年齢を重ねての夫婦のあり方や、アルツハイマーの奥さんを介護するという事は、どこか「純愛」に繋がっていくということだったり…。それからそれを支える「家族愛」が大きなテーマだと思って作っています。最後の方で、主演の升毅さん演じる石崎誠吾の「〝怒り〟には限界があるけれど、〝優しさ〟には限界がない」というセリフがありますが、そこが見どころかなと。それを全編通して感じて頂ければと思います。

映画情報どっとこむ TJ %e5%85%ab%e9%87%8d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0s2
家族の協力のもと、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩んでいく誠吾と八重子。山口県・萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた12年間の物語。

八重子のハミング

山口県先行公開
・10/29(土)~萩ツインシネマ、シネマサンシャイン下関、シネマ・ヌーヴェル(徳山)、宇部シネマスクエア7

・11/12(土)~MOVIX周南、イオンシネマ防府

http://yaeko-humming.jp

***********************************

キャスト:
升 毅 高橋洋子 文音 中村優一 安倍萌生 辻 伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影 瞳 朝加真由美 井上 順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部 清
原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館)

プロデューサー:佐々部 清、野村展代、西村祐一
音楽:穴見めぐみ/撮影:早坂 伸(JSC)/美術:若松孝市(APDJ)

録音:臼井 勝/照明:田島 慎/装飾:柳澤 武

編集:川瀬 功(JSE)

記録:山下千鶴/助監督:山本 亮

製作担当:馬渕敦史/スチール:下瀬信雄/ヘアメイク:井手奈津子/衣裳:袴田知世枝/協力プロデューサー:藤得 悦

音楽プロデューサー:原田泰男
エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」(avex io/DAO) 劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)

製作:Team『八重子のハミング』シネムーブ/北斗/オフィスen

協賛:萩市

特別協力:映画『八重子のハミング』製作支援萩実行委員会/KRY山口放送/ひまわり/ボートレース下関/一般社団法人 徳山医師会/徳山医師会病院/KOUグループ/オフィスレン/Guild/山口銀行/日本作業療法士協会/山口県作業療法士会/長府製作所/日本セレモニー/安成工務店/住吉工業/下関海陸運送/ふるさと下関応援団/高齢者福祉施設 花水木/アフレテオ/全日本空輸

後援:山口県/山口県教育委員会/社会福祉法人 山口県社会福祉協議会
配給宣伝:アークエンタテインメント
映倫:G 120769
2016年/日本/カラー112分/5.1ch
(C):Team『八重子のハミング』


「MOVING MUSIC」~いしんでんしん6~ 10月21日開催!


映画情報どっとこむ ralph 2016年10月21日(金曜日)世田谷区若林「萩・世田谷幕末維新祭り」の日程に合わせ「MOVING MUSIC」~いしんでんしん6~が開催されます。

『萩・世田谷幕末維新祭り』の前夜に開催する、雑苦葉乱(ざっくばらん)、一夜限りの問わず語り! 「山口県+世田谷」地元を語る交歓トークライブ+出演者各々のパフォーマ ンスをするというもの。
moving-music%e3%81%84%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%a7%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%936 映画の話題は、10月29日に山口県先行公開を控える「八重子のハミング」プロデューサーの野村展代さんがお越しになり、トークライブでは映画に関する話をされるそうです!


映画情報どっとこむ ralph 「MOVING MUSIC」~いしんでんしん6~

開催日:2016年10月21日(金曜日)
オープン18:15 スタート18:30

会場:STUDY (東京都世田谷区若林4-20-71F)TEL:03-6804-0160
(東急世田谷線松陰神社駅前徒歩10秒)
三軒茶屋方面出口から松陰神社方面すぐ右手。広い窓が特徴のカフェ。
hanyu-no-yado.co.jp/study

参加料金:1,000円(予約)・1,500円当日+(1オーダー~予約・当日共)

出演:
1、鈴々舎馬るこ(落語家)防府市出身。
始めて落語を見る人も、落語マニアも大爆笑をモットーとする。
子どもからお年寄りまで垣根無く、明るく楽しい落語をお届け。
来春、真打ち昇進。
reireisyamaruko.blog.players.tv

2、劇団・せたがや創作紙芝居(紙芝居)世田谷区。
平成20年度より8年間継続して
世田谷区社会福祉協議会の助成団体として認定。
平成27年3月内閣府大臣章を受賞。
…紙芝居上演「みみなし芳一」(小泉八雲原作。下関が舞台の怪談)と、世田谷にちなんだ作品、「夢二と少年山荘」の2作品→4名でナレーション。
トークには、世田谷区在住で代表の小川正徳様が参加。
sky.geocities.jp/sps8823/

3、横山政子(「萩の風」店長)
… 昨年12月に浅草にオープンしたまるごとにっぽんの萩市アンテナショップ「萩の風」店長。
hagikaze.hagicci.or.jp

4、野村展代(『八重子のハミング』プロデューサー)

%e5%85%ab%e9%87%8d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0萩市が舞台の映画『八重子のハミング』プロデューサー。

『八重子のハミング』佐々部清映画監督は下関市出身。
http://yaeko-humming.jp/

『八重子のハミング』:10/29~山口県内先行ロードショー。

原作:「八重子のハミング」(著:陽信孝、小学館)
脚本・監督:佐々部清
出演:升毅、高橋洋子、文音、中村優一、安倍萌生、辻伊吹、二宮慶多、朝加真由美、井上順、梅沢富美男ほか
(C):Team『八重子のハミング』


5、MC:敏感-ファイル(漫才師)世田谷区出身。
www.p-jinriki.com/talent/binkanfile
***********************************