「全員死刑」タグアーカイブ

祝!初主演間宮祥太朗&初商業デビュー小林監督『全員死刑』初日!


映画情報どっとこむ ralph 家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート!

かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件をモチーフに、小林勇貴監督が映画化。それが「全員死刑」。

いよいよ本作の初日舞台挨拶がヒューマントラストシネマ渋谷で行われタカノリ一家が全員集合!映画初主演の間宮祥太朗さん、兄役の毎熊克哉さん、父親役の六平直政さん、母親役の入絵加奈子さん、そして、タカノリの恋人を演じた清水葉月さん。そして、本作でメジャーデビューの小林勇貴監督が登壇して行われました。

そして、固めの杯ならぬ、初日ケーキが用意され、2人の初めてお共同作業ということで、間宮祥太朗さんと小林監督の2人が、末永く仕事をということで!ファーストバイトを行いました!

日程:11月18日(土)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:間宮祥太朗、毎熊克哉、六平直政、入絵加奈子、清水葉月、小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph
間宮さん:しっらいが生まれて よろしくお願いします。監督は心から映画を愛してる人。全員死刑。一生添い遂げたい監督です!

監督:本当にうれしいです。でも、撮りたくなるから責任とって欲しいです。

毎熊さん:こんな野蛮な映画を作ってしまって誰が見に来てくれるのだろうと不安でしたが、たくさんの方に来ていただきうれしいです。

気の弱い兄を演じるにあたり・・・
毎熊さん:僕ゴキブリが怖いんです。本当にビビりなんです。なので、気の弱いとこ
ろは、それを意識して器の小さい男を演じました。

と、話すチョイ強面な毎熊さんが可愛い面を見せます。

六平さんはムードメーカーだったそうで、本日も完全に舞台挨拶を仕切ります。
六平さん:殺す。食う。SEXする。残虐だけど、ヒューマンドキュメント。小林勇貴という監督は本当に才能があって。今まで深作(欣二)さんや伊丹(十三)さん、いろんな人とやってきたけど負けないセンスの鋭さがある。ほっといても大物監督になると思う。まあ!僕はほっとかないですよ!

と、太鼓判の六平さん。さらに、雨をやますことができると豪語。
六平さん:雨やめましましました!

と、おまじないで会場を沸かせます。

映画情報どっとこむ ralph 入江さんは、普段は演劇会の方で、映画で悪女は初めて
入江さん:私は舞台を本業としているので映画の初日舞台挨拶に出ることは初めてで、本当にうれしいです。撮影、楽しかった。監督からは天然の魔性の女なんだと。「ぶりっこ」してって言われて。ブリブリにやりました。

と、アニメ声。

(MCから、「唯一の癒し役」と話を振られて)

清水さん:癒しといってもパンチの効いた癒しでしたが(笑)。初主演・間宮さんの彼女役でプレッシャーでしたけど、監督を見たらすごく安心してなんとかなるかなと思えました。

清水さんは間宮さんとのイチャイチャシーンがちりばめられている本作。撮影前にどのようにするか話し合われたのですかとの司会の質問に
清水さん:4人で飲みに行きましたね。でも、そのシーンについては話さなかったで
す。

間宮さん:ベロベロになって、どうでもいい話をしてましたね。

毎熊さん:でも目はハートになってた。
清水さん:それは彼女ですから!現場ではずっと間宮さんのことを観察していました。

と、勉強熱心!?間宮さん前にしたら普通はそうかと・・・納得。
監督:ここに至るまで。いろいろトラブルがあって。初日ができてよかった!

という監督。ですがこの日もテレビ用の音声ラインが使えないトラブルが発生。ある意味では持っているともいえる監督です。

続けて

監督:コンプライアンス!?。そして明るく偽善的な映画なんて糞くらえです!こういうのだって楽しんでいいことなんです!

このあと、相思相愛の間宮さんと監督の最初の作品の初日を記念して・・・

間宮さんと小林監督の極悪顔の似顔絵が描かれハート型のチョコレートでデコレーションされた「全員死ケーキ」が登場!!
登壇者のみなさんからは「かわい~~」という声があがり、六平さんは「刺青がちゃんと入ってる。刺青が入ったケーキは初めてだね」と笑いを誘いました!


そして小林監督と間宮さんがファーストバイト。
小林監督はケーキの「祝」の部分をすくい、「一生俺の映画に出てくれよ!愛してる!!」と叫び、

間宮さんは、監督のために大きなスプーンで「僕を食べてほしいので!」と、自分の顔をすくって、

間宮さん:これからも面白い作品を沢山作っていきましょう。そして一生添い遂げましょう!映画で一緒に生きていきましょう!
と言ってケーキを食べさせてあげました。

最後に・・・
間宮さん:僕は映画が好きでこの仕事を始めました。一生に一度しかない「初主演」の作品がこの作品で、小林監督の作品で、心の底から幸せです。私は映画を教科書のように、教訓を与えてくれたり、色んな人生を見せてくれたり、自分の人生の核の部分を作ってくれる存在だと思っています。『全員死刑』は刺激が強くてこういうのが苦手な人もいると思いますが、こういう作品があるからこそ見えるものや自分の中に持てる思いがあると思っていて、(見てくれた人が、何かを)感じて下さることが重要だと思っています。今日ここにいる人と、ここにいない人とも、映画って本当に楽しくてすごいものだという体験をしました。今日が初日なので、これから『全員死刑』が一人でも多くの人に伝わるようがんばりたいです。

登壇者も観客の皆さんも楽しんだイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 「全員死刑」

2017年11月18日(土)全国ロードショー

公式HP:shikei-family.jp

借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く問題作だ。

主演の次男・タカノリ役にはこれが映画初主演作となり、『帝一の國』(17)や『トリガール!』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮祥太朗。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が小林勇貴の才能に惚れ込み結集。わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語が繰り広げられる。


***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳 音楽:中川孝
エンディングテーマ:HER NAME IN BLOOD「Answer」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:日活/東京テアトル
     


白石和彌監督が登壇!『孤狼の血』業界関係者向けお披露目試写 


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

業界関係者向けお披露目試写、そして白石和彌監督によるトークイベントが行われました。男たちの熱き魂のDNAを継承する東映が満を持して放つ、映画『孤狼の血』。

試写会場の丸の内TOEIは満員御礼!

そして上映後、鑑賞後の熱気に冷めやらぬ中、MCより大上章吾役の 役所広司さん、日岡秀一役の松坂桃李さんから届いたコメント。

役所広司さんコメント:皆様、本日はお越しいただきありがとうございます。映画『孤狼の血』、いかがでしたでしょうか。テレビで見れない、劇 場まで足を運ばないと見られない映画の醍醐味。白石監督のもとに集まった、キャスト・スタッフが一丸となって作り上げた 作品です。昔、こんな映画がたくさんありました。映画館に入って行く自分と出てくる自分がまるで別人に変身したような錯 覚が心地よかった。東映映画でした。この映画を観て、肩で風を切って出てくる男たちをどうぞ女性の皆さん、「可愛い!」 と思ってやって下さい。 男たちは困ったもんです。この映画を多くのお客さまに観てもらいたいです。皆様、応援、宜しくお 願いします。本日はありがとうございました。

松坂桃李さんコメント:自分が出ている作品で言うのも小恥ずかしい感じもあるのですが、この作品が僕は大好きです。観終わった直後、皆様が 思っていることをそのままお客さんに発信してもらえると我々としては非常に嬉しいです。一緒に『孤狼の血』を盛り上げる のを手伝っていただきたいです!宜しくお願いします。

日付:11月17日(金)
場所:銀座丸の内TOEI
登壇: 白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 二人のコメントの後、白石和彌監督が登場!
MC:非常に豪華なキャストですが、何と言っても主演の役所さんは凄まじいですよね。

白石監督:役所さんにオファーした時、還暦なので「大きく暴れることができないかもしれない」と言われたんですが、実際演じていただいてると、 とてもギラギラしていて、いろいろな意見をいただきました。「男」を感じる現場で、自分にとっても幸せな時間でした。

ここで監督にサプライズで、役所さんから監督へのコメントも到着!

役所広司さんコメント:『孤狼の血』では大変お世話になりました。広島県呉市での撮影、本当に楽しい撮影でした。監督のもとに集まった俳優たちが、皆、生き 生きとしていて、撮影を楽しんでいました。役者という人種はスクリーンの中で暴れたいんだなぁ~、普段言えないような言葉を吐きたいん だな~、とつくづく思いました。監督が、「元気のある映画を作りたい」とおっしゃっていましたが、確かに今の日本映画に必要なものだと 思いまた。これからも、色んなジャンルで元気な日本映画を作り続けて下さい。 また、監督の時代劇映画も期待しています!また、いつか白石組で働ける日を楽しみに待っています!

監督:いやー嬉しいです。ずっと時代劇をやりたいとあちこちで言っていて、役所さんにも「こういうことを役所さんとやりたい!」と現場で何 回かお話ししていて、このコメントをいただいたということは演ってくれるということですね!(笑)ありがとうございます!

そして!!!松坂さんからも

松坂桃李さんコメント:監督…次も、どんな下衆だろうが、お下劣だろうが、変態だろうが、ヴァイオレンスだろうが、僕がもし入れそうな役があったら是非呼ん でください。ちょっとの時間でも全然僕は大丈夫です。宜しくお願いします(笑)。現場、本当に楽しかったです。

監督:嬉しいですね。なかなかの忠誠心ですね(笑)使い倒していこうと思います。

と、大物俳優2人をゲットの監督!

数少ない女性キャストである真木よう子さん、阿部純子さん。この二人の存在が「仁義なき戦い」な世界を白石ワールドにしている

白石監督:真木よう子さん演じる梨子は原作のキャラクターを少し変えてあて込んでいて、阿部純子さんは松坂さんとの艶っぽいシーンが ほしいということで、オリジナルキャラクターとして入れ込んだんですが、二人の存在があるからこそ、より男の世界が際立つかなといれました。

と話す監督。そんな、白石ワールドの本は『日本で一番悪い奴ら』に続き池上純哉さん。

白石監督:原作は下品な部分が少なくて、そこは自分たちの得意分野なので(笑)飲みながら脚本を創っていきました!(笑)。製作発表を行った時、自分の中でテンションが上がって「コンプライアンスを全部吹き飛ばします!呉で暴れたいです!」と言ってしまったのですが、やはりコンプライアンスというものは、自分達の中でどこかで規制しているところもあると思うんです。むしろ この作品はテレビで観られない、劇場でしか観られないということが、価値観につながっていくのかなと思います。

最後に

白石監督:今時ない作品で周りの期待値をひしひしと感じます。ぜひ次回作ができるよう、そして日本映画界にこう言った作品がもっと増えてくるよ うに、この映画を応援していただたらと思います。

とコメントしました!

因みに!本日公開の『全員死刑』の小林勇貴監督が一番前でご観覧。目立ってました!


映画情報どっとこむ ralph 今回、前の仕事が伸びて到着が遅れた記者(私)。危なく席が・・・。

いち早く観させていただきました!!!大満足です。
白石監督、やくざの抗争にまつわる〇暴ものですので、暴力・エロ・グロありですが、テンポが良くスタイリッシュ。
役所広司さん、松坂桃李さんの演技凄いです。
2時間チョイの尺も丁度良い!必見です!

映画『孤狼の血』 2018年 5月12日(土) ROADSHOW

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化 し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月 12日、待望の映画化!

***********************************


キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口 トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


『全員死刑』の昭和実録映画風クラッシック特別ポスター解禁!メイキングも!


映画情報どっとこむ ralph けしからん!日本映画界を狂わす今もっとも注目すべき危険な狂悪エンターテイメントが誕生!

強い家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート!かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。

主演の次男・タカノリ役にはこれが映画初主演作となり、『帝一の國』(17)や『トリガール!』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮祥太朗。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が小林勇貴の才能に惚れ込み結集。わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語が繰り広げられる。

映画情報どっとこむ ralph 本作『全員死刑』の昭和実録映画風クラッシック特別ポスターが解禁となりました。
ポスターを手掛けたのは、大手配給会社・東映宣伝部の宣伝マンとして「仁義なき戦い」シリーズや数々の実録映画の名キャッチコピーを生み出し、人々の心に残る様々なポスターを作り出した惹句師関根忠郎氏が担当。ポスターには“美談・偽善蔓延ウソクソ社会をぶっ殺せ!”や“勃起バイオレンス!”など数々の規制、コンプライアンスを無視した過激な言葉が入る!こんなことが昭和は許されていたのか、、と、考え深くなるほどだ。この、限定ポスターをヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿、シネ・リーブル梅田の3劇場のみで11月18日から公開が決定!まさに、男のインスタ映え間違いなしだ!

そして、関根忠郎氏より、小林監督への熱きエールのコメントが到着。

キミは、いいぞ!80 才のオレに、ここまで熱を入れ込ませるんだからな。 世の中を震撼させ、掻き回してくれ。しかし作品はオレ好みのリズム感を、もっとハッキリさせてくれ!今の空洞に打ってつけだ。


さらに、11月18日の映画公開に備え、けしからん舞台裏を抑え、本作への間宮祥太朗の意気込み、そして、初主演となった本作への思いが語られる、男泣き必死の特別なWEB限定メイキング映像が解禁となりました!



映画情報どっとこむ ralph 家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。
『全員死刑』

2017年11月18日(土)全国ロードショー

***********************************

配給:日活/東京テアトル
監督・脚本:小林勇貴
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子 清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊)
脚本:継田淳
音楽:中川孝
©2017「全員死刑」製作委員会


白石和彌監督、白石晃士監督が小林勇貴監督にエール『全員死刑』R15イベントで


映画情報どっとこむ ralph 被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに小林勇貴監督が映画化。

そして本日11月14日(火)、京橋テアトル試写室にてR15指定!禁断のトークイベントを行いました。
会場には、若干27歳にして日活実録犯罪映画シリーズというビックプロジェクトに名を連ね、『全員死刑』にて満を持して商業映画監督デビューする、脅威の新人・小林勇貴監督が登壇!

そして、その小林監督にエールを送るべく、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、現在『彼女がその名を知らない鳥たち』も絶賛公開中、来年5月に『孤狼の血』が控える今大注目の映画監督、白石和彌監督。

さらに日本一ディープな映画誌『映画秘宝』の創刊に携わり、現在も編集に携わる田野辺尚人、

さらにさらに、今回、このイベントに一般客として応募し参加し緊急サプライズゲストとして招集された、映画『貞子 vs 伽椰子』の監督、白石晃士監督(来年2018年に間宮祥太朗さんも出演される映画『不能犯』の監督を務めてます。)がゲストに登場!果たして、小林勇貴監督は、映画人たちのお墨付きもらえたのか!?
日付11月14日(火) 
時間20:00~20:40
場所京橋テアトル試写室
登壇:小林勇貴監督、白石和彌監督、田野辺尚人(洋泉社)、サプライズゲスト・白石晃士監督
MC:大場しょう太(東京テアトル株式会社)

映画情報どっとこむ ralph 11月17日に発売される小林勇貴監督の自叙伝「実録・不良映画術」のお話からイベントはスタート。

出版元である、洋泉社の

田野辺さん:ぜひ買ってお読みなさい、と申したい。小林勇貴がどうやって映画を作ってきたのか、この本を読めば全部わかります。私の上司は一日で読んだと言っていました。320ページ。この厚さです。1600円。安い本ではありませんけど、内容は非常に濃い、面白い本です。繰り返しますが、今週の金曜日11月17日に発売いたします。まずはこの本をよろしくお願いします。

と猛烈にアピール。『全員死刑』が誕生するまでの小林監督のすべてがつまった自著に対して、

小林監督:めちゃくちゃ楽しかったです。すごくいいタイミングで書かせてもらえて、ラッキーでしたね。

と手ごたえをのぞかせました。

映画情報どっとこむ ralph
ここからはゲストの白石和彌監督と、飛び入り緊急ゲストの白石晃士監督のW白石監督を交えて、小林監督初商業作品『全員死刑』についての話に。

白石(和)監督は今回の映画をみて

白石(和)監督:今まで小林監督がやってきた自主映画とは明らかに違うステージで、それがどう作用していくのかと思っていて。自主映画からプロの世界に入るとうまくいくパターンもあれば失敗するパターンもあるので、どうなるのか若干危惧はしていたんですけど、やっぱり(プロデューサーの)西村さんを始め、皆さんが上手くやってくれたんでしょうね。小林監督が堂々とした振る舞いでやっていたんだなというのが映画を観ていても感じたので、うれしかったですね。僕も原作は読んでいて、こんなどうしようもない人たちをどう映画にするんだろうと思っていたんですけど、上手いことやりきって成立させていたなぁと思いましたね。本当に勢いがあるな、と思いました。面白かったです。

と、商業デビュー作で堂々とした振る舞いを見せた小林監督を絶賛。

そして、今回のイベントには自らハガキで応募し、見事当選した白石晃士監督がゲストとして緊急参戦!!! 鑑賞したての白石(晃)監督に、直後の新鮮な感想を尋ねると、

白石(晃)監督:27歳ですよね。スピルバーグが『ジョーズ』を録った年ですね。単純にうらやましいです。この作品を27歳で創れて。本当に小林監督は人徳というか、マンパワーというか、周りの人たちを巻き込んで映画を創るって言うのが、すごいですね。そして、それを映画に反映させている。私には無いものをもっていらっしゃるのでとにかくうらやましい。あと、冒頭がとにかくエロイな、と。とてもいい冒頭でしたね。ヒロインの女の子が、とにかく可愛いかったので、いきなりあんな可愛い女の子と仕事ができるなんて…とにかくうらやましいなと思いました。映画の熱がちゃんとお客様に伝わってそれが伝染して盛り上がっていて、とても良い形だなと思いました。本当に…おめでとうございます(笑)

と、悔しさを少し覗かせつつ、小林監督と映画を大絶賛。

原作を読んでいたということで“もし自身が映画化するとしたらどうするか?”という質問に対し、

白石(和)監督:みんなバカじゃないですか(笑)彼らなりの美学なども感じられなかったので、(どのように映画化したらいいか)わからなかったですね。ここまで突き抜けてやるのが、この作品の方法なので、なるほどな、と思いました。僕は正直食指が動かなかったです。(笑)先日ばったり西村監督に会ったんですが、西村監督がとにかくベタぼれしてるんですよ、小林勇貴に(笑) なので、これからどうなってくのか楽しみですね。堂々と思いっきりやらかしている感じがちゃんとありましたね。

と自身の感想を述べるとともに、小林監督に太鼓判を押しました。
映画情報どっとこむ ralph 小林監督は、白石(晃)監督に対し、

小林監督:『貞子 vs 伽椰子』とかいろいろ観て、キャラクターの造形が大好きで、ものすごく嫉妬というか、勉強していて、思ったのは、イラスト化しやすいほどのキャラにはすごく魅力があるなと気づいたんです。なので、タカノリとかドロちゃんとか、今回の映画も、ある種マンガみたいになるように今回やりました。

と、白石(晃)監督に影響を受けている部分を告白。すると、

白石(晃)監督:映画映えするキャラクターまで押し上げたいという気持ちが表れているなと思いました。今回のキャラクターもみんな最低なんですが、すごく愛せるキャラになっている。それが小林監督の才能なのかなという風に感じました。

と、白石(晃)監督からもその才能に太鼓判が。

ここで

田野辺さん:みなさん最後のお願いです。11月18日19日に絶対見てください。映画は公開二日間が勝負です。お願いです。購入した前売り券を無駄にしないよう絶対にこの二日間のどちらかで観てください。

と観客の皆さまにお願い。そして、ここでW白石監督より、新作映画『孤狼の血』と『不能犯』のお知らせもありつつ、トークは終了。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

小林監督:本当に皆さんありがとうございます。何度でも観に来てください。何度でもぶっ殺(さら)います!!!!今日は本当にありがとうございました!!!!!

と小林監督らしい勢いのあるコメントで締め、大盛り上がりの中イベントは終了しました。


全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー

物語・・・
家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。

しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会
    


『全員死刑』ハチャメチャトークイベント!小林監督最新作『ヘドローバ』予告到着


映画情報どっとこむ ralph この度、ネイキッドロフトにて、小林勇貴監督のメジャーデビュー決起集会が行われました!!映画『全員死刑』公開まで残り1週間を切ったという事で、本作のプロデューサー、千葉善紀、西村喜廣が登場。

そして、護あさな、鳥居みゆき、ウメモトジンギ、なーな(小林勇貴母)、清水葉月、魅珠(みじゅ)、中西秀斗、仁科貴、東雲しなの(Summer Rocket)、Dr.まひるん(SAKA-SAMA)
さらに小林監督最新作『ヘドローバ』について語り、会場で特別に出来上がったばかりの『ヘドローバ』の最新予告とメイキング映像を上映!会場からは期待の拍手が起こりました!

日程:11月12日(日) 
場所:ネイキッドロフト(宿区百人町1丁目5−1 百人町ビル)
登壇:小林勇貴監督、千葉善紀プロデューサー、西村喜廣監督(プロデューサー)、護あさな、鳥居みゆき、ウメモトジンギ、なーな(小林勇貴母)、清水葉月、魅珠(みじゅ)、中西秀斗、仁科貴、東雲しなの(Summer Rocket)、Dr.まひるん(SAKA-SAMA)

映画情報どっとこむ ralph 熱気に包まれた満席立ち見の会場。

イベント開始前に、西村監督と小林監督による前説からスタート。

この日のために西村監督自ら調理した「激辛死刑ペースト」ができるまでの話にそそられ、ぞくぞくとお客様が「全員死刑」特製死刑カレーを注文。

実際に食べた感想を聞いてみると「辛い・・というか痛いです・・・。」「これは本当にダメなやつ!!!」と涙を流す人まで。早くも辛さと熱さで会場は麻痺状態に!二人のペースに完全に巻き込まれてしまっていました。

そして、

小林監督:皆さん本日はお集まりいただきありがとうございます!!!!お前ら全員ぶっ殺(さら)う!!!!夜露四苦!!!!!!

という掛け声でついにイベントがスタート。まずはゆうばり国際映画祭で上映された予告編が流れた後に、東雲しなのさん(Summer Rocket)、Dr.まひるんさん(SAKA-SAMA)が登場。
本予告にて使用されている挿入歌「全部チャラ」を特別にダンスと合わせて歌唱披露。歌唱についての裏話や普段の活動について語りました。

そして、次のスペシャルゲストは間宮さん演じるタカノリの恋人役・清水葉月さん、タカノリの兄、サトシの恋人役・護あさなさんが登場。お2人と小林監督は同学年。同世代が多いため楽しく刺激的な現場だったと感慨深げに語りました。清水さんに撮影についての印象をきくと、

清水さん:恋人役だった間宮くんが、ちょっと話しましょう、という場を設けてくれて。なにを話したかは覚えてないんですけど(笑)年下ですが、すごく男前でお兄さんのようでしたね。

と撮影現場での雰囲気について語りました。
たびたび過激な質問も飛び出し、護さんが困惑する場面も。ここで、西村監督特製「死刑ペースト」をかけた死刑カレーを皆さんで試食をすることに。一口食べると、

護さん:味はすごくおいしいんですけどね・・・・・震えますね。

とあまりの辛さに、護さんは思わずフリーズ状態。

清水さん:なんか耳が痛い…。辛い…。しゃべると痛いの。

と涙目。さらに西村監督からのむちゃぶりで、西村監督、小林監督が、辛さの元凶である特製ペーストをそのままの状態で食べることに。すると

小林監督:ぼーっとします…。

とトイレになんども駆け込む羽目に。こうして、イベントは徐々にカオスな雰囲気に包まれ始めました。
話すことが困難になってきた出演者を救出(?)すべく、ここで緊急追加ゲストに、現在放送中のドラマ「刑事ゆがみ」にも出演中で『全員死刑』にも出演している、仁科貴さん(何役かは本編にて)さんが登場。

仁科さん:僕は辛いのけっこう好きなんですけど…。(カレーを食べさせられる展開に。)皆さんが話せなくなる理由が分かりますね…でも大丈夫です。僕は監督になりたかった人間なので、観たとき本当に悔しかったですね。

と本作を絶賛。ここで、清水さん、護さんは『全員死刑』を告知し、一度ご退場。

映画情報どっとこむ ralph ここからは少し『全員死刑』から離れて、小林監督の最新作、「ヘドローバ」についての話へ。ゲストに、ウメモトジンギさん、魅珠さん、中西秀斗さんが登壇し、撮影の裏話などを語りました。今作は全編iPhoneで撮影しているという今迄にない前衛的な作品。

ヘドローバ 毒報 (特報):


ヘドローバ 撮影舞台裏 『アイデアをそのまま撮る』:



小林監督:こんな小さなカメラでもとれるんだな、っていうのがすごく面白かったですね。神聖なものをぶち壊しているようで。カメラが小さいので、俳優たちはカメラを意識しないで演技ができるので、すごくリアルなんですよね。ざまーみろ!という感じでした。

と最新作への自信をのぞかせました。

ここで少し休憩タイム。

この間には清水さん、護さんによる即席のサイン会も。そしてお二人にはそのまま再登壇していただき、ここで新たなスペシャルゲスト・鳥居みゆきさんが登場!時間がない中、急遽駆けつけてくださった鳥居さん。
鳥居さん:これ北海道のおみやげ。

と唐突にリュックからお土産を取り出したり、なんの脈略もなく急に「全員死刑かんぱーい!」と乾杯の音頭をとったりと、鳥居節が炸裂。本作の感想を聞かれると、

鳥居さん:何かに出るっていうと、ネットとかですごい評価とか出るじゃん、そうすると、見れないの。

と自身の出演作はあまり見ないことを告白。小林監督に対しては

鳥居さん:自主映画と違って商業映画って決まってから守りに入っちゃってんじゃないかと心配してたわけ。でもこの作品は自分の熱い気持ちとか、そういうのちゃんとできてるんでしょ!それなら大丈夫!そのまま続けてよ!この人のセンスってすごい天才的で、壁の装飾に都市伝説ネタとか仕込んでるの。一瞬の背景とかもこだわってるのよ!すごいの!

映画情報どっとこむ ralph 最後は

小林監督:この前の試写(11月9日に行われた特別先行試写会)でも、間宮くんファンの女の子たちが、間宮くんかっこいい!とかだけじゃなくて、ちゃんと映画を観てくれて、色々考えて感想をくれたことがすごく嬉しかったですね。(映画評論家の)町山智浩さんも今年の町山大賞を『全員死刑』にくれて。本当に嬉しいです。絶対に楽しませるのでぜひ映画観てください!!俺の映画と喧嘩しようぜ!!!!!!よろしくお願いします!!!!

と熱いコメントで締めくくられたイベント。

全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー

物語・・・
家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。

しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会