「入野自由」タグアーカイブ

入野自由・津田健次郎 吹き替え版予告篇解禁『君の名前で僕を呼んで』


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。

ゴールデン・グローブ賞主要3部門ノミネートを含む92部門の授賞&308部門ノミネート、2017年度Rotten Tomatoesベスト・レビュー映画でNO.1にも認定と輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれています。
君の名前で僕を呼んで©Frenesy, La Cinefacture

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙/「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙/「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙/「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙/「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作です。いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、人気声優が主演二人を務めることで話題となった吹き替え版の予告篇が到着!

エリオ(ティモシー・シャラメ)役は「おそ松さん」などの入野自由さん、オリヴァー(アーミー・ハマー)役は『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で知られる津田健次郎さんが演じることで大きな話題を呼んでいる『君の名前で僕を呼んで』吹き替え版。
今回解禁となった吹き替え版予告篇は、字幕版予告篇と同じく北イタリアの避暑地を舞台に17歳のエリオ(入野自由/ティモシー・シャラメ)とエリオの父の研究を手伝いにきた24歳のオリヴァー(津田健次郎/アーミー・ハマー)の出会いから、主演二人の揺れ動く感情とその魅力を盛り込んだ内容。瑞々しさ溢れる主演二人に、津田さんと入野さんの美声によって新たな魅力が加えられ、思わず胸が熱くなる美しいセリフの数々が吹き替え版の完成度の高さを物語ります。今ここにもう一つの『君の名前で僕を呼んで』、そして新たな感動が誕生しました。ナレーションは字幕版予告篇と同様に櫻井孝宏さんが務め、大人気声優3名の美声が聞ける必見の超豪華予告篇となっております!お見逃しなく!


<吹き替え版 主要キャスト一覧>
エリオ(ティモシー・シャラメ) :入野自由  
オリヴァー(アーミー・ハマー) :津田健次郎  
パールマン教授(マイケル・スタールバーグ) :星野充昭
アネラ(アミラ・カサール) :沢海陽子  
マルシア(エステール・ガレル) :下山田綾華 
キアラ(ヴィクトワール・デュボワ) :櫻庭有紗 
マファルダ(バンダ・カプリオロ) :伊沢磨紀



映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで

cmbyn-movie.jp

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     

©Frenesy, La Cinefacture 


入野自由・津田健次郎で日本語吹き替え版も公開決定!『君の名前で僕を呼んで』 


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。

本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた秀作。

世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作です

いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。
映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞でも大きな話題となり、さらに本作に期待するファン層が拡大。

日本語吹き替え版の上映を要望する声が高まったことを受け、当初予定になかった吹き替え版上映が決定しました。※本作で数々の主演男優賞にノミネートされ、ハリウッドで今最も注目を集めるティモシー・シャラメと、すでに高い人気を誇り演技力も定評あるアーミー・ハマーの吹き替えということで、キャスティングはファンならずとも気になるところですが、最高の組み合わせが実現しました。

ティモシー・シャラメ演じる主人公・エリオを演じるのは、話題沸騰の人気アニメ「おそ松さん」や映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで活躍し、現在公開中の『さよならの朝に約束の花をかざろう』のキャストも担当している入野自由さん。入野さんは、17歳のエリオを瑞々しく演じながら、繊細な心の揺れや痛みを切なく見事に演じており、その姿はまさに“はまり役”。

◆入野自由さん コメント
エリオ役(ティモシー・シャラメ)

オファーを受けたときはまだ台本を読んでいなかったのですが、トレーラーを見た時点で、グッと引き込まれるような世界観だったので、迷わずお引き受けしました。収録の時は、「一度ミスをしたら終わる」くらいの緊張感をもっていました。集中を切らすことなく、津田さんと一緒に空気を作っているというこのアフレコの現場は、貴重で不思議でなかなか経験することのできない空間でした。余白がものすごくたくさんある作品なので、そこを是非楽しんでいただきたいと思います。

アーミー・ハマー演じる24歳の大学院生オリヴァー役には、『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レンをはじめ、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ブラックパンサー』など続々と人気作品の声優を務めている津田健次郎さん。


本作では、現実と向き合いながらも、それでも無垢なものに惹かれ心が揺れ動くオリヴァーを演じ、エリオとの微妙な距離感を見事に表現しています。すでに収録は終了しましたが、ベテランスタッフも思わず鳥肌がたつほどのクオリティ。

入野さん、津田さんが丁寧に繊細に息を吹き込んだ本作。

2人の間で起こる見事な化学反応に期待が高まります。是非、劇場で字幕版だけでなく、日本語吹き替え版もお楽しみください。

◆津田健次郎 コメント
オリヴァー役(アーミー・ハマー)

いざ台本をいただいて、映像をみせていただいて、空気感がすごくしっかり作られているので、「すごいな」と思いました。とにかく自由くんと二人で、丁寧にできたらと思い挑みました。細かいディテールを積み重ねて空気を作っていくというのが好きな ので、自由くんの出してくれるものだとか僕の出すものだとか、そういうものが細かく溢れていくといいなと思いました。 タイトルにもなっているセリフを僕が言うのですが、これは色々な解釈ができる言葉で、自分を相手に投影したり、相手と自分を同化させたり、このセリフを聞いた皆さんが、「どういうことなんだろう!?」と感じてくれるのではないかと思います。 是非観に来てください。


映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで

公式HP:
cmbyn-movie.jp

物語・・・

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。

一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12

©Frenesy, La Cinefacture 


岡田麿里 初監督『さよならの朝に約束の花をかざろう』予告& 石見舞菜香 ら声優キャスト諸々解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『あの花』『ここさけ』とヒットを生み出してきた岡田麿里。今までは脚本という形で少年少女たちのもどかしい青春を細やかな心理描写で描き観るものを虜にしてきた彼女が、「true tears」「花咲くいろは」など彼女が何度もタッグを組んできたP.A.WORKS制作で遂に監督デビューします。

岡田麿里監督・脚本『さよならの朝に約束の花をかざろう』が2018年2月24日全国ロードショー!

そして!本作の本ポスター&本予告&ストーリー&声優キャスト&主題歌情報の解禁!

今年7月6日に突如発表された、脚本家岡田麿里の初監督作『さよならの朝に約束の花をかざろう』通称“さよ朝”。その噂は瞬く間に広がり多くの期待する声が飛び交い、数多くの報道機関でも取り上げられ、取材問い合わせも殺到たそう。まあ、うちもその一社。

ついにそのベールを脱ぎ、各種解禁となります。

主人公は10代半ばで外見の成長が止まり数百年生き続ける、通称“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の民マキア。そして、幼くして両親を無くした男の子エリアル。見た目の変わらぬマキアと、歳月を重ねていくエリアル。色合いを変えていく二人の絆の物語。

草原の中を走る少女と幼き少年を描いたティザービジュアルから一転、この二人の関係性を表すがごとく、姿変わらぬ主人公マキアと青年へと成長したエリアルの姿が描かれ、「愛して、よかった。」と否が応にも本編への期待が高まるキャッチコピーと共に本ポスターが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、作品の世界を垣間見られる本予告も到着し、声優陣も解禁となります。

見た目が変わらず数百年生き続けるという難役マキアを演じたのは、今年デビューを果たし「クジラの子らは砂上に歌う」など既に多数の作品からオファーを受ける大型新人・石見舞菜香。
その他実力と実績を併せ持つ入野自由、茅野愛衣、梶裕貴、沢城みゆき、細谷佳正、佐藤利奈、日笠陽子、久野美咲、杉田智和、平田広明など、岡田監督のもとに錚々たるメンバーが集結。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌は、石見がメインキャストをつとめる「クジラの子らは砂上に歌う」のED主題歌で今年メジャーデビューしたばかりのrionosが歌う「ウィアートル」に決定。作詞を岡田監督とP.A.WORKSの初タッグ作「true tears」の主題歌にも作詞として参加していたriyaが担当。繊細な歌声と歌詞で本作を彩ります。
物語・・・
縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。
人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。
両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。
そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう…。
虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。
少年へ成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆―。ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

公式HP: http://sayoasa.jp
***********************************

監督・脚本:岡田麿里
『心が叫びたがってるんだ。』脚本、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』脚本、『花咲くいろは』脚本
副監督:篠原俊哉
キャラクター原案:吉田明彦
キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子
メインアニメーター:井上俊之
コア・ディレクター:平松禎史
美術監督:東地和生
美術設定・コンセプトデザイン:岡田有章
音楽:川井憲次
音響監督:若林和弘
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:バンダイビジュアル/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/ランティス/P.A.WORKS/Cygames
配給:ショウゲート

主題歌:rionos「ウィアートル」(ランティス)作詞:riya 作曲・編曲:rionos

キャスト
マキア/石見舞菜香 エリアル/入野自由 レイリア/茅野愛衣 クリム/梶裕貴
ラシーヌ/沢城みゆき ラング/細谷佳正 ミド/佐藤利奈 ディタ/日笠陽子 メドメル/久野美咲 イゾル/杉田智和 バロウ/平田広明


映画『聲の形』が中国3000館で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第 1 位、第 19 回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!

映画『聲の形』。

昨年9月に公開された本作は、全国120 館規模の公開ながら、興行収入23 億円を記録し、2016 年度邦画興行収入ランキング第 10 位にランクイン。

そして、このたび9月8日より中国にて全国 3000 館規模での公開が決定しました!


因みに日本で現在公開中の超大作「関ヶ原」現在日本での公開館数が338館なので中国の市場規模がわかるかと。

映画情報どっとこむ ralph 中国の配給会社・ビエイジダイの担当者は

「京都アニメーションによる美しい映像と、痛みを伴うことでなお一層の感動を誘う物語に感銘を受けました。中国でも多くの観客に歓迎されると確信し、オファーさせていただきました。」

とコメント。

宣伝活動にも力が入っており、映画『恋する惑星』でも知られる中国のスター歌手、フェイ・ウォンを母親に持ち、若手実力派とし て人気を集めるリア・ドウが国内イメージソングを担当し、話題を集めているそう。

同配給担当者は

「公開後の動向によっては、拡大公開をする用意もできています。このすばらしい作品を少しでも多くの 人に届けられるよう最後まで尽力したい。」

と今後の展望も語っている。

映画情報どっとこむ ralph 是非、ファンタジーものでないアニメで綴るヒューマンドラマを中国の方に楽しんでいただきたいところです。

映画『聲の形

公式サイト:
koenokatachi-movie.com
公式 Twitter:
@koenokatachi_M

物語・・・

ガキ大将だった小学 6 年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。

「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子 は転校してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想い を内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離 を置いていた同級生たちに会いに行く。

止まっていた時間が少しずつ動き出し、ふたりの世界は変わっていったよ うに見えたが。

***********************************

キャスト:
石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき:藩めぐみ/真柴智:豊永 利行 石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」 音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABC アニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
    


『聲の形』興行収入22 億円突破!新規上映劇場も続々


映画情報どっとこむ ralph 「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第 1 位、第 19 回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!

まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の 姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲の形」。
koenokatachi
このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲 得した『映画 けいおん!』(11 年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションにより制作された映画「聲の形」。

この度、11 月 30 日(水)付けで、動員数 170 万人&興行収入 22 億円を突破いたしました!

<動員数:1,700,746 人/興行収入:2,223,416,700 円 ※11 月 30 日現在>

koenokatachi_028
映画情報どっとこむ ralph ◆新規上映劇場◆

12 月以降は、以下新たな上映劇場でも興行がはじまります。 ※順不同

映画『聲の形』第2弾ビジュアルL12/3(土)~
イオンシネマ日の出、イオンシネマ銚子、イオンシネマ春日部、イオンシネマ天童、イオンシネマ高崎、イオンシネマ県央、 イオンシネマ多摩センター、イオンシネマ米沢、イオンシネマ戸畑、イオンシネマ佐賀大和、 岡谷スカラ座、横浜ニューテアトル 109 シネマズ佐野、フォーラム那須塩原、 飯田センゲキシネマズ、MOVIE ON やまがた、フォーラム東根、鶴岡まちなかキネマ

12/9(金)~ イオンシネマ長久手

12/10(土)~ ルミエール秋田

12/23(金)~ シネマアイリス

12/31(土)~ 立川シネマシティ

1/7(土)~ プラット赤穂シネマ、延岡シネマ

1/14(土)~ 福地山シネマ、塚口サンサン劇場、ジストシネマ南紀、ジストシネマ伊賀上野

映画情報どっとこむ ralph 極上音響上映
立川シネマシティでの 12 月 31 日(土)~の上映は「極上音響上映」となります。 最高のサウンドシステムでの上映をお楽しみいただけます。



物語・・・
ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。

「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。

止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが・・・。


公式サイト:
koenokatachi-movie.com

公式 Twitter:
@koenokatachi_M

過去記事:
入野自由、早見沙織、松岡茉優ら熱い気持ちが滲む舞台挨拶!映画「聲の形」
%e3%80%8e%e8%81%b2%e3%81%ae%e5%bd%a2%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 http://eigajoho.com/?p=51218


***********************************

キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行 石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:牛尾憲輔 主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABC アニメーション/クオラス/松竹/講談社)

配給:松竹
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会