「入江悠」タグアーカイブ

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知VS MIYAVI 金子ノブアキ 篠田麻里子『ギャングース』特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗団『ギャングース』がついに実写映画化

「この“タタキ”やらせていただきます!」主人公は、犯罪集団だけを標的とする窃盗団!

新時代のアウトローたちによる青春エンターテインメント!

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする 3 人の少年たちを描き、モーニング誌で 2013 年から 2017 年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画『ギャングース』がついに実写映画となる!

“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは『散歩する侵略者』(17)や『虹色デイズ』(18)などの高杉真宙さん。

また工具全般担当のカズキを人生初のモヒカン頭となって演じるのは加藤諒さん。

そして車両・機動担当のタケオを、これも人生初の金髪&眉なし の原作完コピのルックスで演じるのは、黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知さん。

サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトロー による犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達には、世界的ギタリストのMIYAVIさん。

その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキさん、加藤の部下で恋人のアゲハには篠田麻里子さん、情報屋の高田には林遣都さんなど豪華キャストが集結しています!


監督と脚本を担うの は『SR サイタマノラッパー』(09~)、『22 年目の告白―私が殺人犯です―』(17)など、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービー には定評のある入江悠監督。

主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道 の青春エンターテインメントに仕立て上げています。

社会や家族に見捨てられても、社会のゴミとあざ笑われても、半グレ集団に命を狙われても、サイケ、カズキ、タケオの 3 人は絶対に諦め ない。“タタキ”稼業を繰り返して、いつかはこの最底辺から日の当たる場所へ。

反骨心と友情、そして諦めない心――3 人の少年の再起を かけた戦いが今、始まる!

映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった特報映像は、今や社会問題となっている「オレオレ詐欺」「窃盗」「ドラッグの密売」などの、裏稼業・悪徳種の収益金 (アガリ)を奪う(タタく)少年たちの窃盗団“ギャングース”の解説から始まる。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ(高杉真宙)・カズキ(加藤諒)、タケオ(渡辺大知)3人が、社会に見放され生き抜くため、犯罪者のみをターゲットにした“タタキ” (窃盗、強盗)稼業に奔走する姿が映し出されている。

サイケたちと半グレ集団たちとの緊迫感溢れる攻防や格闘シーン、3人の友情や生き ざまが泥臭く鮮烈に映し出されている特報映像に仕上がっている。また、犯罪営利組織“六龍天”のトップ安達役MIYAVIによるパジャマ姿の 怪演や、メガネ姿が印象的な情報屋・高田役の林遣都らの登場シーンも見られ、サイケや物語とどう絡むのか、今後の続報が期待される。

また合わせて解禁となったポスタービジュアルには傷だらけの3人が肩を組み合ってこちらに笑みを浮かべているデザイン。ボロボロになり ながらも 3 人の息の合った掛け合い、抜群のコンビネーションを彷彿とさせるビジュアルになっている。

ギャングース

gangoose-movie.jp
twitter:
https://twitter.com/MovieGangoose

***********************************

R15+
高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー) 林遺都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太 金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI 監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SR サイタマノラッパー』シリーズ)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギ ャングース」(講談社「モーニング」KC 所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


高杉真宙、加藤諒、渡辺大知 トリプル主演!映画『ギャングース』追加キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)がトリプル主演し、2018年秋に全国公開となります映画『ギャングース』。

本作は「モーニング」(講談社)で連載された人気漫画の実写映画作品です。

《MIYAVI》、《金子ノブアキ》、《篠田麻里子》、《林遣都》、《山本舞香》、《伊東蒼》、《斉藤祥太》、《斉藤慶太》、《般若》、《勝矢》ら、超個性的なキャラクターたちが『ギャングース』に集結!
ヤクザ組織などに属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“六龍天”のトップに君臨する安達役を、世界的な活躍で知られるギタリスト《MIYAVI》が演じ、暴力的で不気味さに満ちた役柄さながらにただならぬ存在感を放っている。さらに、詐欺組織の番頭として安達の下で複数の店舗を統括する加藤役に、アーティストの枠を超え俳優としても数々の作品に出演している《金子ノブアキ》。劣悪な環境から拾ってくれた安達に従順ながらも、反抗心を併せ持つ複雑な役を見事に演じている。加藤の部下であり恋人でもあるアゲハ役には、入江監督作品『ビジランテ』での熱演も記憶に新しい《篠田麻里子》。また、サイケ《高杉真宙》たちが頼りにしている情報屋の高田役をクールに演じるのは《林遣都》。サイケたちの味方になるキャバクラ嬢ユキ役を《山本舞香》、住む家のない少女ヒカリ役に《伊東蒼》、詐欺組織の用心棒的存在である海老名兄弟役には《斉藤祥太》《斉藤慶太》、そして詐欺店舗店長の班目役に『ビジランテ』に続く入江監督作品の出演となる《般若》、安達への復讐に燃える川合役に《勝矢》が起用されている。

映画情報どっとこむ ralph サイケたちの窃盗団(高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が演じる)と半グレ組織の頂点である六龍天との激突は、原作漫画の中でもファンに大きなインパクトを残した。この映画化では一部キャラクターの設定が再構築され、さらに、映画オリジナルのキャラクターも多数登場。原作の緊張感はそのままに、サイケたちそれぞれの決意とその泥臭い生きざまを鮮烈に描き出している。

本作は、少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す”タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く。新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメント!

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでは常に上位人気をキープし続けた「モーニング」の人気作品。2017年新春に完結し、同年4月23日に最終巻である第16巻が発売され、冒頭に毎回付されている〈この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい〉という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介氏による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。

メガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の入江悠。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描く。

映画情報どっとこむ ralph
ギャングース

gangoose-movie.jp/

物語・・・

職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。

生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。

3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢 / 般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 / MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
Ⓒ肥谷圭介・鈴木大介/講談社


映画『ギャングース』 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のガチビジュアル解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 人気漫画を高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のトリプル主演で映画化『ギャングース』。

2018年秋に全国公開となりますが、この度劇中ビジュアルが初公開になりました。


3人が挑んだのは超個性的なヤバメなキャラクター!

窃盗団の作戦立案担当でロン毛の直毛と鋭い眼光が印象的なサイケ《高杉真宙》。
今までにない汚いロン毛と細眉!

工具に関する秀でた見識を持ち、剃り込み×モヒカン頭の太っちょ眼鏡カズキ《加藤諒》。
人生初のモヒカン!

窃盗団の車両担当で極限状態になるとキャラクターが豹変する怪力巨人の坊主タケオ《渡辺大知》。
初金髪ヘアに眉毛なし!

クランクイン直前にそれぞれのキャラクターにガチンコで変身!!
まるで漫画から抜け出してきたかのような見事なはまりっぷりで、作品の完成が期待されます!
クランクアップは2月下旬を予定だそうですから、今お会いするとちょっと怖いかも。。。

映画情報どっとこむ ralph 本作のメガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の入江悠。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描きます。

本作は、少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す”タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く。新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメント!

ギャングース
http://gangoose-movie.jp/
物語・・・
職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。

ギャングース=悪の毒だけを喰らう小動物

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでは常に上位人気をキープし続けた「モーニング」誌の人気作品。2017年新春に完結し、同年4月23日に最終巻である第16巻が発売され、冒頭に毎回付されている〈この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい〉という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介氏による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られています。

***********************************

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
出演:高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン

Ⓒ肥谷圭介・鈴木大介/講談社   


大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太&篠田麻里子『ビジランテ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 12月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー『ビジランテ』の初日舞台挨拶行われトリプル主演の大森南朋さん、鈴木浩介さん、桐谷健太さん、と篠田麻里子さん、入江悠監督が登壇。映画への熱い想いと篠田さんと鈴木さんの新年の初仕事で盛り上がりました!
ビジランテ初日舞台挨拶
日時:12月9日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、篠田麻里子、監督・入江悠

映画情報どっとこむ ralph 本作は、入江悠監督が、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太をトリプル主演に迎え、地方都市の闇に生きる男たちのヒリヒリとする葛藤と衝突をオリジナル脚本で描いた入江悠の新境地ともいえる衝撃作。さらに篠田麻里子史上、未だかつて見たことがない妖艶さでファム・ファタール(悪女)を見事に演じ切っています。

父の死をきっかけに30年ぶりの再会を果たした3兄弟が、狂気に満ちた愛憎をぶつけあうさまを描き出した本作を観終えた会場は満員。

3兄弟の長男・一郎役の大森さんは
大森さん:こんな時間から観る映画じゃなかったと思いますが、気持ちは大丈夫でしょうか?今日は初日でめでたい日楽しんで帰ってください。

との呼びかけからスタートしたイベント。

次男・二郎役の鈴木さんは
鈴木さん:凄い晴天なので、新宿御苑辺りをお散歩してたら幸せな気持ちで居られたのに・・・この映画を選択していただいて感謝しています。

さらに三男・三郎役の桐谷さんは
桐谷さん:監督の強いまなざしとお兄ちゃんたちのおかげで、自分の代表作ができたと感じています。絶望的にカッコいい映画になりました。たくさんの人に観てほしいですね。宣伝してください。僕は浩介さんと南朋さんに甘えさせてもらったというか。3人同時に絡んで撮影するのは川での撮影だけだったんですけど。そうですね……。感極まっています。

と続けると、

次男二郎の妻であり悪女の篠田さんは
篠田さん:この作品を見たいと思ってきた皆さんありがとうございます。私の覚悟が詰まった作品です。

とそれぞれ挨拶。

映画情報どっとこむ ralph そんな入江監督にとって本作は、代表作『SR サイタマノラッパー』以来となるオリジナル脚本の作品。実は3人は監督の心の分身だとのことで
入江監督:オリジナルの脚本をということで、自分の弱さ狡さ、かっこつけるところを反映して話にしたんですが、それを3人の俳優さんたちがどう具現化させてくれるのか、楽しみでした。桐谷さんじゃないけど、僕にとっても代表作になりましたね。この作品は低予算でオリジナル脚本の作品だったので、実は映画製作一度危なくなったことがあったんです。僕はこれまで人前で泣くまいと思ってきたんですが、もうこのタイミングでは撮影に入れないんで、一度流しますと言われた時は、銀座の街を泣きながら帰りました。

と明かすと、

キャスト一同「知らなかった」と驚いた様子。

桐谷さん:良かった、撮れて

と代表作に危機があったことを乗り越えたことに安堵(あんど)の表情。一方

大森さん:あの3人が中にいる監督。だいぶヤバいですよ。あれしてあれしてあれして。車の中で色々やって。
と話す大森さんは、車の中で色々やっている鈴木さんと篠田さんに話を振り・・・

篠田さん:あのCAR・・・シーンが1月4日仕事始めでした。

鈴木さん:初日の一発目です。
篠田さん:浩介さんとは以前、別の作品でご一緒したことがあって。その時はお見合い相手だったので、個人的には続編で結婚したのかな。

と考えて演じていたことを明かし、

鈴木さん:あの作品と一緒に考えていたんですか!?
とビックリするひと幕も。

入江監督:おこがましいですが、篠田さんが持っている経歴は、この役なら生かせるんじゃないかとおもって。容赦なく言い続けていましたね。AKBの人ってタフな人が多いんで、何回もダメだししました。それが刻まれていると思います。

篠田さん:リハ―ダルの時が一番、ダメだしされました。その時に夫婦像を作り上げました。

普段リハーサルをやらない監督に篠田さんは、撮影前のリハーサルを直談判したことも明かされました。

映画情報どっとこむ ralph 篠田さんが演じる男を手玉に取る女性は?との質問に
大森さん:そういう女性は・・・・怖いです。

鈴木さん:樂っちゃ樂。掌で操られていれば。

桐谷さん:やっぱり、女性って強いですよね。三兄弟は弱さがあるので。周りの女性たちの強さで良い相乗効果を生んでると思うんです。

印象に残るシーンはとの問いに

大森さんはギャラ意所の仕事だった川のシーン。
鈴木さんは、篠田さんとの・・・シーン&川のシーン。
桐谷さんは入り込んで演じたので全部。
篠田さんは車の中で・・・。

ネタバレなので。。どんなシーンかは劇場で!

ハッシュタグ #ビジランテ #絶望的にカッコいい

で広めて欲しいとの事です!

物語・・・
幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した3兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく。
―「ビジランテ」とは、警察や法律が機能していない世界で、己の力・判断で本当に大切なものを守り抜く集団を指す。

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太  篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 般若 坂田聡 
岡村いずみ 浅田結梨 八神さおり 宇田あんり 市山京香 たかお鷹 日野陽仁 /菅田俊
脚本・監督:入江悠
音楽:海田庄吾 製作:間宮登良松 江守徹 太田和宏 平体雄二 エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 江守徹 
プロデューサー:佐藤現 平体雄二 音楽プロデューサー:津島玄一キャスティングディレクター:杉野剛 企画協力:國實瑞恵
撮影:大塚亮 照明:新井和成 録音:田中博信 美術:松塚隆史 編集:佐藤崇 スタイリスト:荒木里江 衣装:越智雅之 ヘアメイク:金森恵 音響効果:松浦大樹 助監督:松本壇 製作担当:松村隆司 製作プロダクション:スタジオブルー 
配給:東京テアトル 製作:「ビジランテ」製作委員会(東映ビデオ・巖本金属・東京テアトル・スタジオブルー)
©2017「ビジランテ」製作委員会  【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/125分】 R15+
   


外国特派員からも感嘆の声!入江悠監督「ビジランテ」記者会見


映画情報どっとこむ ralph 大森尚朋、鈴木浩介、桐谷健太トリプル主演12月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります『ビジランテ』。

その公開に先立ち、日本外国特派員協会にて上映され、脚本・監督の入江悠が記者会見を行いました。

別々の世界を生きてきた三兄弟が30年ぶりに再会し、逃れられない家族や土地、血によって運命が狂いだす本作。入江監督に、自身のルーツについて、映画に込めた思いなど、質問が多くあがりました。
上映&入江悠監督による日本外国特派員協会記者会見
日時:11月14日(火)
場所:日本外国特派員協会
登壇:監督・入江悠(いりえ・ゆう) 

映画情報どっとこむ ralph Q:崔洋一監督の『血と骨』を彷彿とさせるものがあると感じました。暴力的な父、嫌いだけど断ち切れない家族とのつながりを描いているという共通点があると思います。監督にとって家族の繋がりとはどのようなものですか?

入江監督:家族という問題を描くのを避けていましたが、2年前に江戸時代を舞台にした時代劇を制作したときに自分の家族を遡って調べて、家系、家、血について考えることがあり、本作制作のきっかけになりました。

Q:どういった考えがあって『ビジランテ』というタイトルをつけたのですか?

入江監督:もともと自警団という存在にとても興味がありました。それと個人的な問題なのですが、私は、集団生活が苦手で“集団”にとても恐怖を感じる人間なんです。『ビジランテ』は三兄弟が主人公になっていますが、個人を飲み込んでいくようなコミュニティだったり、力を描こうと思ったときにこのタイトルを思いつきました。それともうひとつ言うと、関東大震災のときに日本の自警団が自発的に発生して私の地元の方でも事件を起こしたという歴史があって、それを20代のときに知りました。タイトルを決める際にこのことも意識にありました。

Q:かつて映画監督の憂いを吐露していましたが、今の映画界について思うところはありますか?

入江監督:『ビジランテ』を作った東映ビデオは日本では珍しいオリジナル脚本を受け入れてくれる会社です。オリジナルの脚本で勝負したい作家には門が開かれている会社だと思います。メジャーの映画会社がオリジナルでチャレンジングな企画にもっとチャンスを与えてくれたらいいなと思います。私は今38歳ですが、自分たち世代がオリジナル脚本を映画にしにくい流れを断ち切っていく必要があると思うので、どんどんオリジナルの企画をプロデューサーに投げていきたいと思います。

Q:若い世代の人に『ビジランテ』をどう見てほしいですか?

入江監督:僕が10代のころに衝撃を受けた監督がいて、すごく痛いバイオレンスが描かれているのですが、その監督は北野武さんです。人を傷つけることはこんなに痛いことなんだとか、人を追い詰める暴力はこうやって派生するんだとか、そういうものを学びました。暴力とは何なのか、人を傷つけるとはどういうことかを自分の中で追及したい気持ちがありました。肉体的な痛みだけではなく精神的な痛みもあると思うのですが、今まで避けてきたそういうものを『ビジランテ』に込めました。キラキラした学園青春映画を観ている人に『ビジランテ』を観てほしいです。

Q:『ビジランテ』では逃げようのない負の連鎖を描いていますが、この映画の希望的なメッセージは何ですか?

入江監督:個人を飲み込んでいく集団のメカニズム、経済の合理性のメカニズムという“暴力”を映画で捉えられないかと思いました。この映画を観て、自分だったらどう行動するか、映画館を出た後に少しでも考えてもらえたらうれしいです。マリオ・バルガス・リョサという作家がボヴァリー婦人を論じた本があって、そこで「ボヴァリー夫人が死ぬことは私たちの希望だ」と書いていて、それを読んで自分の中で腑に落ちるところがありました。「作中の人物が読者である私の代わりに死んでいった。私に訪れるかもしれなかった未来を先取りしている」という意味で、リョサは救いだと言っています。そのように『ビジランテ』を観てくれる人がいたらうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph 『ビジランテ』
12月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開!

物語・・・
幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した3兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」とは、警察や法律が機能していない世界で、己の力・判断で本当に大切なものを守り抜く集団を指す。―

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太  篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 般若 坂田聡 岡村いずみ 浅田結梨 八神さおり 宇田あんり 市山京香 たかお鷹 日野陽仁 /菅田俊

脚本・監督:入江悠
音楽:海田庄吾 
製作:間宮登良松 江守徹 太田和宏 平体雄二 
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 江守徹 
プロデューサー:佐藤現 平体雄二 音楽プロデューサー:津島玄一キャスティングディレクター:杉野剛 企画協力:國實瑞恵
撮影:大塚亮 照明:新井和成 録音:田中博信 美術:松塚隆史 編集:佐藤崇 スタイリスト:荒木里江 衣装:越智雅之 ヘアメイク:金森恵 音響効果:松浦大樹 助監督:松本壇 製作担当:松村隆司 製作プロダクション:スタジオブルー 

配給:東京テアトル 製作:「ビジランテ」製作委員会(東映ビデオ・巖本金属・東京テアトル・スタジオブルー)
©2017「ビジランテ」製作委員会  【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/125分】 R15+