「児嶋一哉」タグアーカイブ

映画「アンパンマン」ゲスト声優にアン繋がり?杏とアンジャッシュが決定!


映画情報どっとこむ ralph 1988年からTVアニメがスタートし、更に翌年の1989年には劇場版が初公開。日本中に“愛”と“勇気”を伝えてきた『それいけ!アンパンマン』は今年で劇場映画第30弾に突入します!そんな記念すべき本作「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」は6月30日(土)より、元気100倍!全国ロードショー!となります。
そしてこの度、第30弾の主人公“クルン”役には、3児の子を持つ母でありながらモデル・女優としてマルチに活動する・杏(あん)が務めます!声優としては、第39回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞した『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』に次ぐ2回目で、結婚・出産以来、初めてのアニメ映画参加となります!

杏さんからのコメント
アンパンマンを見た子供の反応を見て、改めてアンパンマンの持つ力、メッセージ性を感じました。大人たちが子供達に夢や希望を与えたいという思いで作られているのだな、それに加わることができてとても光栄だな、と思いました。みてくださるお子様の中には、これから言葉を覚える段階の子も多くいるかと思います。なるべく聞こえやすく、耳に入りやすく、あたたかさを感じられるような声をお届けできればと思います。

映画情報どっとこむ ralph さらに、男性ゲストには、笑いも人気も衰えることのないコンビ・アンジャッシュの2人が決定!近年、引っ張りだこでピンでの活躍も多い二人が、そろってアンパンマンの世界に声で参加!今作でアンパンマンワールドを襲う大事件の原因を作り出す、ばいきんまんの操るメカ“だだんだん”を渡部建、“ゴロンゴロ”を相方の児嶋一哉が演じます。

アンジャッシュさんからのコメント

渡部さん:僕自身も観ていた国民的アニメなので大変感激しました。大学受験中に腰を悪くして長期入院していて、志望校も落ちまくって、絶望している時に、アンパンマンのマーチでとても励まされました。二人揃ってあまり仕事をしないアンジャッシュの貴重なコンビ仕事です。ぜひみてください!

児嶋さん:スケジュールにアンパンマンと書いてあって最初意味が分からなかったです。お話いただきビックリしてますが、大変光栄です。アンが付いてる名前からオファーいただいたと聞いて、覚え辛い名前で苦労してましたがコンビ名をアンジャッシュにして初めていい事がありました。

映画情報どっとこむ ralph そして!

30周年の節目となる本作は、テレビアニメの第1話に登場し、アンパンマン誕生のきっかけとなる“いのちの星”が映画のストーリーに大きく関わってきます。そして、“なんのために生まれて なにをして生きるのか”というアンパンマンの原点である「アンパンマンのマーチ」を改めて映画のメインテーマ曲に捉え、本作を彩ります。2018年の劇場版は、アンパンマンとばいきんまんの関係性をクルンの視点で描き、小さいお子様には“愛”と“勇気”を、大人のお客さまには“喜び”と“希望”を映画を通して伝えます!

映画の冒頭には、毎年お子さまたちに大好評の、アンパンマンたちと一緒に歌って手拍子で楽しめるパートが今年も登場!今年は、星祭りを舞台に“星にいのる”や、みんな大好き“サンサンたいそう”で盛り上がります!楽しい歌が満載で映画館デビューのお子さまでも自然に映画を楽しんでいただけます!

“はじめての映画館デビューはアンパンマン!!”

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」
6月30日(土)より元気100倍!全国ロードショー!


物語・・・
アンパンマンワールドでは年に一度の星祭りの準備でみんな大忙し。
そんなある日、何でも吸い込んでしまうばいきんまんのゴミ箱から突然飛び出してきたクルン。クルンは自分がどこからやってきたのかわからないちょっと不思議な子です。ある夜、黒い星がたくさん降ってきて、木や草が枯れてしまう大事件が起こります。
「もしかしたらいのちの星の故郷によくないことが起こっているのかもしれない。」と、アンパンマンたちはいのちの星の故郷をめざし、宇宙へ出発します。果たしてアンパンマンとクルンたちはいのちの星を救うことができるのでしょうか?
そしてクルンは何者なのでしょうか?

公式サイト:
anpan-movie.com/2018/ 
Twitter:
@anpanman_movie 

***********************************

配給:東京テアトル
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018 


『散歩する侵略者』世界21ヶ国で公開決定!予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者』は劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描く—サスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーと、一つのジャンルには収まらない唯一無二の魅力を持つ本作。

長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ほか
高杉真宙、恒松祐里と日本映画界を代表する豪華キャストを迎え、黒沢清監督が新たなエンターテインメントに挑戦しています。

この度、予告編が解禁!

そして!9月9日の日本公開を前に、北米をはじめ世界21カ国で公開が決定!
カンヌから全世界に侵略!
『散歩する侵略者』カンヌレッドカーペット(C)Kazuko Wakayama

映画情報どっとこむ ralph 北米ほかフランス、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、中国、台湾、韓国など合計21ヶ国での世界公開が決定。カンヌを沸かせた本作の「個性」は全世界に拡散。今後もさらに日本を、世界を侵略していくそうです!


今回解禁される予告編では、数日間の行方不明の後、別人のようになって帰って来た夫と戸惑う妻という日常の風景が、
突然「侵略者」を名乗る夫の告白で大きな異変へと発展していく様子が描かれています。
斬新なストーリーは衝撃のサスペンスから、切ない愛のドラマへ。「愛か?滅亡か?」全く先が読めない展開に期待が高まります。
一つのジャンルの枠に収まらない、誰も見たことがない新たなエンターテインメント、その全貌がついに明らかに!



映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者

公式サイト:
http://sanpo-movie.jp/
公式Twitter:
@sanpo_movie
公式Facebook:
@sanpomovie

物語・・・

行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」・・・。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。

急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。
一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。
やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。
当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。
彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

***********************************

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会


本田翼、山本美月、稲垣吾郎らの闇とは!?『少女』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ヨル(夜)の綱渡り。
17歳という年代を生きる少女たちは、暗闇のなかで綱渡りをしているような、そんな危うい毎日を生きている。映画『少女』は、湊かなえ(原作)×主演・本田翼、山本美月×監督・三島有紀子=4人の“女性たち”が仕掛ける、“死”にまつわる禁断の世界を描いた長編ミステリーです。
%e3%80%8e%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 そして、ついに迎えた本日10月8日(土)公開初日を迎え、主演の本田翼さん、山本美月さんをはじめ、稲垣吾郎さん、佐藤玲さん、児嶋一哉さん、三島有紀子監督、原作の湊かなえ先生の総勢7名による初日舞台挨拶が行われました。

『少女』初日舞台挨拶
日付:10月8日(土)  
場所:新宿バルト9 シアター9
登壇:本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児嶋一哉、三島有紀子監督、湊かなえ(原作)

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後の舞台挨拶にキャスト陣が登壇すると声援と拍手の渦に。大盛り上がりの中、イベントはスタート。

映画鑑賞後の興奮冷めやらぬ観客に本田さんをはじめとするご登壇の皆さんに、無事に初日を迎えた気持ち・・・そして、自分の中の闇とは。

まずはご挨拶から・・・

本田さん:無事初日を迎えられてとても嬉しいです!キャンペーンでは、皆さん温かく迎え入れて下さったこともすごく良い思い出になっています。

山本さん:今日、無事初日を迎えて嬉しい反面、私達の手から離れてお客様の元に行くのが寂しい気持ちもあります。キャンペーンでは、地元の福岡を訪れ、学校で舞台挨拶をさせて頂いたんですが、後輩の子たちから「美月先輩、おかえりなさい」と言って頂けたことがすごくうれしかったです!ちなみに、私の母校は登下校時は必ず一礼、スカートの丈はひざ下10cmなどと校則が厳しい学校だったので、今回映画に出てきた学校と似ているんですよね。

稲垣さん:生きていく中で誰もが抱える闇や心の傷に寄り添う好きな作品となりました。皆様も気に入ってもらえて2回3回と観に来てもらえればうれしいです。

佐藤さん:こんなに沢山の人に観て頂け嬉しいです。

児嶋さん:(登場するやいなや)児嶋だよ!(笑) 僕がこの場にいるのは場違いに見えるかもしれませんが、初日を迎えることができとても嬉しいです。

三島監督:この映画は皆様の闇を開くかもしれませんが、寄り添い、その先を見つめて頂けたらと思います。

湊先生:「人が死ぬところを見たい」というこの映画のテーマは、後にも先にもこの映画だけだと思います。ハッピーエンドかバッドエンドか、皆さまそれぞれ感じ方は違うと思いますが、今回、素晴らしいキャスト・スタッフの皆様に映画と言う形にして頂け、とてもうれしく思っています。

映画情報どっとこむ ralph 久しぶりに再会した稲垣さんについて

三島監督:10代の方には共感してもらえたという意見を多く聞き、幅広い世代の方に自分の闇を見つけたと言って頂けました。男性の方にも児嶋さんが扮する自信に満ち溢れた教師役に共感したという声を聞き、特に冤罪で稲垣さんの役にも共感する方が多く、男性の方も心の傷が多いなと感じました。稲垣さんと初めてお会いした時に、稲垣さんは一歩下がられて話されるんですよ。その感じがこの役のイメージにぴったりだと感じました。(稲垣さんもパーソナルスペースは大切です!(笑)と答えました。)なので、演じるときにも他の人と距離を持っていただくことをお願いしました。あと、稲垣さんは体が堅そうだと思い、通勤のシーンは車でなく、自転車での通勤シーンにしました。自転車のこぎ方がぎこちなく、それが逆に良かったです(笑)

稲垣さん:本田さんと山本さんの役は大変な役で、自分が20代なら演じきれないのではないかと思いました。それを演じる2人の集中力が凄かったです!本田さんとは現場が一緒になることも少なかったですが、役柄上、あまり現場では会話はしなかったです。でも今思えばもっと話せば良かった(笑)児嶋さんとは和気藹々としていたんですけどね。(児嶋さんから「現場は一度も一緒ではないです。」とツッコまれ会場は笑いに包まれました。)

本田さん:稲垣さんと挨拶しか出来ていないです。(稲垣さんから「僕は話しかけにくいよね」と言われ)話しかけにくかったです!(笑)

山本さん:後半の泣くシーンは何回もやり直して、何時間もかかってしまいました。でも稲垣さんは嫌な顔をせず、優しく真摯に付き合ってくださって、結果すごく良いシーンが撮ることができました。最後は、嬉しくて本当に泣きそうになっちゃいましたね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 自分たちが抱える闇を・・・

本田さん:休みを頂いたのですが、一日中ご飯も食べずにぶっとうしでゲームしていました(笑)

山本さん:3日間休みを頂いたのですが、友達を誘うこともなく、ずっとアニメを見続けてたことですかね…(笑)1クール分すべて見ていました。

稲垣さん:僕は基本、闇ですね(笑)蛍光灯NGなんで、自宅は電気もほぼ付けず、間接照明とろうそくで闇のような場所で過ごしています。

児嶋さん:自分が出た番組のウケたところを何回も観て笑っていない人がいたら次会った時にそれを思い出し心から笑えない自分がいます(笑)

佐藤さん:私の家は子犬を飼えないので、1週間だけ祖母の家で預かったんですが、今はもうその子犬が忘れられず2週間程、子犬の夢を毎日見続けています。その寂しさを何で埋めたらいいですかね…(笑)

湊先生:以前、私の小説を読んでくれた人が、お会いした時に「本当によかったです」とおっしゃって頂いたんです。あるとき、その方のブログを発見して読んだら、めっちゃ、悪口が書いてあったんです(笑) その方が、もしこの映画を観て、ブログにどう書くのか楽しみです(笑)

三島監督:今回、高校生がおじさんを土下座しているのを、携帯の写メで撮るというシーンがあるのですが、それは実は、私の友人のことなんです。友人の場合は、サギではなくて、本当に痴漢に合って、それで「土下座させてやりました」っていうことなんですが、それを、自分の映画でネタにしてしまう、というのが、私の<闇>です。

と闇が明かされました・・・あなたのそっとかかえる闇は何?

映画『少女』大ヒット上映中!
少女ポスター 公式サイト:
www.shoujo.jp

自分自身に向ける「死にたい」という想い、他者に向ける「死ねばいいのに」という想い。

死というものが何なのか分からないからこそ、少女たちは死に興味を持つ。女子校のなかに潜む闇、そこで生きる2人の少女が抱える闇、物語が進むにつれて点と点がつながっていく。そして“死”というキーワードによって導き出される結末には一体、何があるのか? ヨルの綱渡りの先にあるものとは……。

***********************************

原作:湊かなえ『少女』(双葉文庫)
監督:三島有紀子(『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』)
出演:本田翼、山本美月、真剣佑 佐藤玲 児嶋一哉 / 稲垣吾郎

配給・宣伝:東映
(C)2016「少女」製作委員会