「光石研」タグアーカイブ

有村架純、愛情の深さを感じとって!『夏美のホタル』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 廣木隆一監督と⼥優・有村架純が再タッグを組んだ『夏美のホタル』がいよいよ6月11日(土)公開初日を迎え、有村架純、工藤阿須加、光石研、吉行和子、廣木隆一監督、そして原作者の森沢明夫先生が登壇した舞台挨拶が行われました。
夏美のホタル初日 また、本作にちなんで、ベテラン勢が世代を導く一言・次世代へと想いを繋ぐメッセージを有村架純さん、工藤阿須加さんへと送りました。

『夏美のホタル』初日舞台挨拶
日時:6月11日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:有村架純、工藤阿須加、光石研、吉行和子、森沢明夫、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ TJ 暖かい拍手の中、登壇者が登場。初日第1回目の上映後の舞台挨拶。

夏美のホタル初日_有村架純有森さん:皆さん、朝から優しい気持ちになりましたか?(拍)人と人との触れ合いを描いていて、今日一日穏やかな気持ちで過ごしていただけたらと思います。思い出のシーンは、慎吾との部屋のシーン。距離感が難しくて記憶に残っていますね。

工藤さん:人と人とのつながりを大切にしたくなる優しい映画です。僕もそのシーンを撮って夏美との感情などがわかった部分なので、印象に残ってます。

と、挨拶と思い出のシーンを語ったお二人に続き、ベテラン勢には撮影現場の雰囲気を質問。

光石さん:廣木監督の映画の時間が流れている現場でその中でのお芝居楽しかったです。

吉行さん:撮影場所がとても良いところで、みんなが新鮮で自然で良かったですね。架純ちゃんはお芝居とは思えないぐらい自然で、とても楽しい時を過ごしました。気持ちの良い映画だと思います。

森沢先生:原作の持っている温かさをそのまま映像にしていただけたと思います。そして、原作も読んでみてください。

監督には、今回の森沢先生の原作を映画化への質問がされると、

廣木監督:初日にこんなに集まっていただき安心しました。嬉しく思っています。家族のひと夏の話なんですけど。あるシーズンに人が出会ってって大好きなので。いいなと映画化しました。

と回答。

映画情報どっとこむ TJ 思いをつなぐということで、次世代に思いを込めてお二人に

光石さん:工藤君、真面目さはかけがえないものなので。忘れないように。お父さん役には光石とお願いします。

吉行さん:二人とも自然でいいですね。この新鮮さを持って、冒険してたくましくなってほしいですね。

それに対して、

夏美のホタル初日_工藤阿須加工藤さん:一つのことに集中し過ぎるのもどうかとは思っていますが、真面目さを忘れず頑張っていきます。お父さんは光石さんに頼みます。

有森さん:直接お言葉をいただけるのは凄い嬉しいです。現場では皆さんの演技を食い入るようにみました。その場の空気を全部巻き込むのは凄いなと感じました。勉強させていただきます。

森沢先生:1冊で1人の人生のクライマックスを感じられますので浴びるように本を読んでみてください。

廣木監督:いまのまま、役者を続けていってください!そして、監督は廣木でお願いします(会場爆笑)

映画情報どっとこむ TJ 最後に、撮り終えた時の気持ちを聞かれ、有村さん、

「夏美のホタル」有村さん:親がどう思っているのか再確認できました。そして、より深く愛していきたいなと感じました。この作品を見て、家族や人とのつながり、愛情の深さを感じ取っていただけたら嬉しいです。

と、締めました。

『夏美のホタル』

6 月1 1 日( 土) 全国ロードショーです。

***********************************

出演:有村架純、工藤阿須加、淵上泰史、村上虹郎、中村優子、小林薫、光石研、吉⾏和子
監督:廣木隆一
原作︓森沢明夫「夏美のホタル」(角川⽂庫刊)
脚本︓片岡翔、港岳彦
企画:プロジェクトドーン
制作:ダブ
製作:「夏美のホタル」製作委員会2016年
日本/カラー/108 分/ビスタ


映画『無伴奏』追加の場面写真が解禁!酒井波湖と仁村紗和コメントも



矢崎仁司監督が直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を成海璃子×池松壮亮×斎藤工で完全映画化した『無伴奏』の追加の場面写真がこの度解禁!

今回解禁になったのは・・・

① 響子(成海璃子)と祐之介(斎藤工)の恋人・エマ(non-noモデル・遠藤新菜)が笑いあっている
1「無伴奏」遠藤新菜、成海璃子 ② 本ビジュアルでも一部が使用されている渉(池松壮亮)
2「無伴奏」池松壮亮本ビジュアル ③祐之介の後ろから腕を回してリンゴの皮を剥くエマ
3「無伴奏」遠藤新菜、斎藤工リンゴ ④東京に引っ越す響子の父・幸一(光石研)、母・秋子(斉藤とも子)、妹・真琴(海音(みう))を駅のホームで見送る響子と叔母・千葉愛子(藤田朋子)
4「無伴奏」光石研、斉藤とも子、海音、成海璃子、藤田朋子 ⑤意味深な渉と勢津子(松本若菜)
5「無伴奏」池松壮亮、松本若菜 ⑥学園闘争の一環で、全校集会に私服で現れ、アジびらを撒く響子、レイコ(酒井波湖)、ジュリー(仁村紗和)
6「無伴奏」酒井波湖、仁村紗和、成海璃子アジ演説
成海さん演じる響子の親友、レイコとジュリーを演じるのは、それぞれ本作で映画初出演となる酒井波湖さんと仁村紗和さん。

酒井さんは、100m 自己ベスト12秒77の記録を持つ、自称“走れる女優”。仁村さんは、本作出演後、鶴の恩返しのヒロイン役で深津絵里さんと共演した住友生命「あの人の生活保険」篇やNTT docomo PREMIUM 4G「Get Speed」篇、保育ひろば「 Sunrise 」などのCMやコカ・コーラ「【360°動画】Coke Lip Dub X’mas」のWEB限定CMに出演し、一躍注目を集めている。

そんな2人からコメントも到着しています!!

酒井波湖さん(レイコ役)のコメント 

完成した映画『無伴奏』を見た時の感想

自分がスクリーンに映るのが直視できませんでした。
とにかくはずかしかったです。
もうとにかく一生懸命やるしかない自分が、いて。
なんとも言えない気持ちになりました。
映画って色んな意味で、こわいなって。
第一線で活躍されてる方は、本当にすごいということを改めて痛感しました。

映画初出演が矢崎監督の映画だったことについて

すごい世界に出会ってしまったとおもいました。
作品ができあがるまでのこの時間すべてが財産です。
人について、映画について、こんなにも考えさせられた時間はありません。
正直、頭でっかちになってしまった位です。笑。

一年前、矢崎さんとワークショップで出会ったとき、こんなにも自由になれる場所があるのかと感動しました。
そこから、私の周りで、色んなことが動きはじめてました。
こころから感謝してます。


仁村紗和さん(ジュリー役)のコメント

完成した映画『無伴奏』を見た時の感想

客観的に見るのが難しかったですが、レイコやジュリーといる時の響子の場面と、4人と出会った後の響子の場面は、また雰囲気や色が違う気がしました。レイコやジュリーといる時のシーンは、映画の中でも息抜きというか、主人公が苦しい場面に直面して、葛藤する響子の印象が強いので、ホッとするという表現は合ってるのかわからないですが、そういった感じを感じて頂けたらいいなと思いました。
苦しいだけど、愛してる、、言葉にできないような感情が生まれました。

映画初出演が矢崎監督の映画だったことについて

オーディションを受けた時は、私はレイコになる!って決めていました。何故か分かりませんが、レイコは上手く演じれる気がする!と思っていました。マネジャーさんに役名を聞くとジュリーで正直びっくりしました。受かるとも思っていなかったのでのびっくりもありましたが、、嬉しかったです。
矢崎さんの演技指導は、受け身な印象でした。こちらが求めなければ矢崎さんの考えてるヒントはくれないですし、テストで一度見てもらう。私はこれだ、と思うけど矢崎さんも思ってくれてるのかなと不安になる時もありましたが、映画初出演で分からないことも多くすべてが勉強でしたので焦らずゆっくり自分で探っていけた気がしていて、ありがたかった部分はあります。そして、尊敬する俳優の皆さんばかりでその背中を見ながら勉強させて頂きました。私はこの映画できっと一番元気な役で友人たちを引っ張って行かなきゃなのに、結局、裏では成海さんや皆さんに引っ張ってもらっていました。このような映画に関わることができて幸せだと思っています。
たくさんの人に劇場で見て頂きたいです。

無伴奏 ポストカードA&B 公開日は3月26日、新宿シネマカリテほか全国ロードショーです。

2種類のポストカードセット付前売券は、新宿シネマカリテ、丸の内TOEI、池袋シネマ・ロサ及び、下記メイジャーのサイトにて販売中。

https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20151226013


斎藤工さんとnon-noモデルの遠藤新菜さんの濡れ場が話題を呼び、youtubeアカウントが凄いアクセス数をたたき出している本予告もどうぞ。


公式サイト:mubanso.com

********************************************************************

「無伴奏」チラシ裏成海璃子  池松壮亮   斎藤工
遠藤新菜  松本若菜  酒井波湖  仁村紗和  斉藤とも子  藤田朋子  光石研

監督:矢崎仁司   原作:小池真理子『無伴奏』(新潮文庫刊、集英社文庫刊) 
製作:重村博文/川村英己/西田宣善  プロデューサー:登山里紗/山口幸彦/楠智晴  脚本:武田知愛/朝西真砂  ラインプロデューサー:野村邦彦  
撮影:石井勲  
照明:大坂章夫   
録音:吉田憲義   
美術:井上心平   音楽:田中拓人   
編集:目見田健
衣裳:宮本茉莉/江頭三絵   ヘアメイク:宮本真奈美   
音響効果:佐藤祥子   
助監督:塩入秀吾   制作担当:三浦義信
主題歌:「どこかへ」Drop’s(STANDING THERE, ROCKS / KING RECORDS)
配給:アークエンタテインメント   
製作:「無伴奏」製作委員会(キングレコード/アークエンタテインメント/オムロ)
2015年/日本/カラー/16:9/5.1ch/132分/R15+   
©2015 「無伴奏」製作委員会

   


映画監督として再起をはかる男の姿をモノクロで『お盆の弟』


長年助監督として日本映画界を支え、2005年「キャッチボール屋」でデビューした大崎章監督の最新作
お盆の弟ティザーお盆の弟

が新宿K’s cinemaにて7月25日公開決定しました。

今回もキャッチボール屋以来の盟友で「百円の恋」でブレイクした足立紳が脚本をつとめ主演には名優・渋川清彦を迎えています。

ほかにも光石研、岡田浩暉、河井青葉、渡辺真起子、田中要次といった強者俳優キャスト陣で望んでいます。

物語は・・・

渡辺タカシ(渋川清彦)は売れない映画監督。

現在は妻子と別居中。

ガンで入院していた兄マサル(光石研)の看病という口実のもと実家に舞い戻っていた。日課は地元の神社にお参りすることと、主婦のように買い物をし、兄のために夕飯を作ること。
お盆の弟sub1
そして、これまた売れないシナリオライターで地元の悪友・藤村(岡田浩暉)の焼きまんじゅう屋で起死回生のシナリオ作りをする毎日。

お盆の弟sub2
新作映画の企画が成立すれば、妻(渡辺真起子)とヨリが戻せると信じているのだ。だが藤村にはどうにも本気感が見られない。どうやら新しく出来た彼女に夢中らしい。

ある日、藤村がタカシに女の人を紹介したいと言ってくる。紹介された涼子(河井青葉)は、なかなかの美人で性格も良さそうだ。涼子のような女性と兄が付き合ってくれたらどんなに安心かと考えたタカシは、頻繁に会うようになる。ところが涼子はタカシに対し本気になっている様子…。

お盆の弟sub4
そんなとき、別居中の妻から離婚したいとの申し出を受ける。焦ったタカシは何とか妻の気持ちをつなぎとめようと映画の企画に必死になるがうまくいかず、それどころか涼子の前で酔っ払ってついポロっと独身ではないことを言ってしまう。タカシに幸せは訪れるのか…。

お盆の弟sub3
大崎と渋川の故郷である群馬で撮影を行い、地元の方々のバックアップのもと記念碑的な作品が完成。

映画監督として再起をはかる男の姿を優しく描き出す、全編モノクロームの再生物語。

群馬出身のキャスト・スタッフが贈る、愛すべき男たちの物語。

公式サイト www. obonbrothers.com 
Twitterアカウント:@obon bro 
フェイスブックページ www.facebook.com/obon



********************************************************************

監督:大崎章
脚本:足立紳

出演:渋川清彦、光石研、岡田浩暉、河井青葉、渡辺真起子、田中要次、柳田衣里佳、後藤ユウミ、梶原阿貴 川嶋夕空、三浦景虎、稲川実代子、伊藤毅
 
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則、八木原末吉、貫井孝道、石川眞男
ゼネラルプロデューサー:小池浩、小板橋貴行、町田昌美 プロデューサー:金森保
撮影監督:猪本雅三(J.S.C)録音・整音・録音効果:北村峰晴 編集:村石誠 音楽:宇波拓
美術装飾:安宅紀史/野田真理子 ヘアメイク:高橋亮 スタイリスト:森山久美 助監督:小野寺昭洋 制作:太田勝一郎 演出助手:戸祭朝美
製作:Breath/キリシマ1945 
配給宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
【2015年/107分/デジタル】
(C)2015映画「お盆の弟」製作委員会



岩松了×光石研トークショー『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』大ヒット記念イベント



11月もロングラン上映を続ける、演劇史に名を残す偉大な演出家、ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

は、大ヒット御礼を記念し、劇作家・演出家・俳優の岩松了さん、俳優の光石研さんによるスペシャルトークショーが開催されました!

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古トーク2
開場前から待機列が出来るほどの期待感に包まれた今回のトークショーでは、芝居を始めた時に先生にピーター・ブルック著「なにもない空間」を渡されたという演出家の岩松了さんと、現在公演中の岩松了さん演出の舞台「水の戯れ」に出演している俳優の光石研さんが登壇。

岩松さんは、本作を観た感想を尋ねられると

岩松さん:稽古風景で、しかも映像で撮っているから、すごい距離がある。映像は基本的に過去じゃないので、時間的にも距離がある。この映画を見ながら自分の稽古を客観的に見るとこんな感じかなと思った。芝居の稽古は客観的にみると“何この人たち”と感じると思う。ピーター・ブルック自身も映画の冒頭で「(撮られることに対して)違和感がある」と言っている。自分の稽古場にも関係ない人が見に来たらそう思うのかなと思いながら観ました。

と演出家ならではの視点から感想を語りました。

続いて、ピーター・ブルックが映画の中で語っている「役者とは非日常を日常にする作業だ」という言葉から、舞台の稽古という非日常をどのように日常にしていっているかと問われた光石研さんは次のように語りました。

光石さん:(舞台は)映画のセットと同じように演技をしてみると、お客さんがいることで全然違う。映画などの映像の場合は演じる際に見られているという意識がない。舞台の場合は、まず皆が観るという大前提がある。お客さんが観に来ていることを意識しつつも、舞台を360度使えるような意識で演じている。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古トーク
次に岩松さんは演出家から見たピーター・ブルックの稽古のアプローチについて問われると、

岩松さん:芝居で役者のやるべきことはなんだろうと考えた時に、なにか表現することを方法論的に考えるという考え方もあれば、一方で“なにもしない”という考え方もある。なにもしないというのは、リアクションの問題だと思う。表現するというより、リアクションすると表現した方がいい。ピーター・ブルックはリアクションというよりは、何らかの仮想されたものに対してのアクションを考えてるような気がする。

ピーターはよくシェイクスピアを引き合いに出しますが、シェイクスピアの芝居は人を殺そうとする人は「私は人を殺す」というセリフで説明する。一方でチェーホフは、人はホントのことは言わないという前提に立っている。それはひとは見られるからだという立場に立っており、見られているから「殺す」とは言わない。

ピーター・ブルックにすごく共感するのは、「はじめに戻そう」としていること。最初の一歩目はどうなの、というところに注目してやっている。二十歳ぐらいの時に「なにもない空間」を読んで、未だに覚えているのは「主婦が料理をするレシピはすごくドラマチックなものなんだ」という表現。我々が生活をしている上で、なにを大切にするべきか、疎かににしてはいけないこと、演劇の始まりはどこなのかということ。演劇そのものは無条件にあるものではなく、生活の中で抽出したものだと気づかせてくれる。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
最後にピーター・ブルックも語る演じていて“なにかが降りてきた”瞬間について、

岩松さん:5年ぶりの舞台(水の戯れ)で、まだ3日しかやっておらず、まだなにも降りてきていない。ただ夢中にやっている。ただお客さんの目をぐっと感じると僕が突き動かされると感じる。今やっている舞台のラストは僕というよりも皆さん力で感情が動くことをすごく感じている。是非観て欲しい。

と語りました。

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



********************************************************************


岩松了プロフィール
(劇作家・演出家・俳優)
1952年3月26日生まれ 長崎県出身自由劇場、東京乾電池を経て、劇作家・演出家・俳優として幅広く活躍。東京乾電池在籍中に「蒲団と達磨』(89)で第33回岸田国士戯曲賞、「こわれゆく男」「鳩を飼う姉妹」(94)で第28回紀伊國屋演劇賞個人賞、「テレビ・デイズ」(98)で第49回読売文学賞を受賞するなど、演劇界の鬼才として名を馳せる。
97年には映画「東京日和」で第21回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。
俳優としてもドラマ・映画・舞台で活躍。近年は映画監督としても活動している。
*今後の予定*
11月1日~『水の戯れ』(本多劇場他)
2015年3月~『結びの庭』(本多劇場他)

光石研プロフィール
(俳優)
1961年9月26日生まれ、福岡県出身。『博多っ子純情』(78/曽根中生監督)で主役に抜擢されて俳優デビュー。以後、数多くの映画に出演し、今や日本映画界において欠かせない存在。
*今後の出演作品*
11月1日~『水の戯れ』(本多劇場他)
12月20日~『バンクーバーの朝日』(石井裕也監督)

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
 


あなたのクリエイティブの教科書は?インタビュー


9/20(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショー決定の

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

日本公開記念企画として、 アーティストやクリエイターなど、日々創作に携わる人達を中心に、「あなたのクリエイティブの教科書を教えてください!」というテーマで、ミニインタビュー特集を実施されます。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
様々なジャンルで活躍するクリエイター達が、どんなものに出会い、影響を受けて、表現することに向き合っているのでしょうか。

普段あまり語られることのないであろう、ど直球の質問にどんな答えが返ってくるのでしょうか。
きっとあなたのイマジネーションを刺激する情報が満載のインタビュー特集を実施いたします。

第1回は、「日本一深い海に潜る男」、プロフリーダイバーの篠宮龍三さん。
篠宮龍三 今後は、
演出家の岩松了さん、
俳優・光石研さん、
人気OKブロガー・はあちゅうさん、
コレオグラファー・梨本威温さん、
プロタップダンサー・Lilyさん、
ミュージシャン・SOUR Soheiさん、
カメラマン・沼田学さん、
音楽プロデューサー・山口哲一さん

ら、第一線のクリエイターたちが次々と登場します。

インタビュー掲載場所は、クリエイターとユーザーをつなぐことができる、 まったく新しいタイプのウェブサービス「note」内の下記URLをチェックしてください。

note URL:https://note.mu/pbokeiko

2012年、ベネチア映画祭アウト・オブ・コンペティション部門でも好評だった本作。観る者を単なるワークショップを超えた哲学的体験に導く、演劇人ならずとも必見の映像

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』
9/20(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショー決定
9/20(土)〜26(金) 11:15/13:15 9/27(土)〜 11:15/21:15
※9/27(土)TOHOシネマズ梅田/TOHOシネマズ西宮ほか、全国順次公開

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



配給:ピクチャーズデプト
提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012

********************************************************************