「光宗薫」タグアーカイブ

池田エライザと少年幽霊のゆるーい会話『ルームロンダリング』映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演 事故物件に住んでその履歴を帳消しにする『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開中です。

人付き合いが苦手、彼氏なし、人生こじらせ真っ最中の八雲御子。御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練タラタラなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?

こじらせてきた分だけ幸せになれる!?

ゆる暗池田エライザ渾身!?のハートウォーミング・コメディ。

今回解禁されたのは、池田エライザ演じる主人公・八雲御子と、少年の幽霊・はぐむがが公園で会話するシーン。
事故で亡くなった小学生当時の姿のままで現れる幽霊・はぐむ。
お遊戯会で演じるカニの仮装をしているが、実は彼は御子と同級生の20歳。

大人になれないまま命を落としてしまったことで、酒瓶を見て「酒じゃん!飲んでみたかったなぁー!」と興奮したり、「女とチューとかしたかったなぁ!」と、この世への未練を漏らす。

他人とうまく話すことができず、人生こじらせ真っ最中の御子は、はぐむからも「お化けの御子」というあだ名で呼ばれる始末。しかしはぐむは御子にとって唯一、素直な本音を話すことができる相手。秘密のお仕事“ルームロンダリング”をする中で、なぜか見えてしまう幽霊たちに振り回される御子は、「おばけが見える力なんて、私いらない!」と投げやりな態度をぶつけてしまう・・・。

御子とはぐむの思わずクスッと笑ってしまう会話が展開されつつ、幽霊が見え、振り回されることに嫌気が差しながらも、自分自身と少しずつ向き合い始める御子の変化が垣間見えるシーンとなってます。



映画情報どっとこむ ralph ルームロンダリング

新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほかにて全国公開中
roomlaundering.com
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、事故物件に自分が住むことによって“部屋を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、伊藤健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
製作幹事:カルチュア・エンタテイメント
配給:ファントム・フィルム 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会


事故物件の安さに池田エライザ驚愕!『ルームロンダリング 』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザさん主演の『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

そして!

今回、主人公の御子を演じた池田エライザさんはもちろん、オダギリジョーさん、健太郎さん、渋川清彦さん、片桐健滋監督が集結し完成披露試写会イベントを行いました。
舞台挨拶では「ルームロンダリング」にあやかって、laundering選択する=浄化と言うことで、それぞれ浄化したいものを発表!!

さらに!
実際に事故物件を洗浄するお話なので、実際に事故物件に住んでいる芸人の松原タニシさんが駆けつけ、事故物件のおすすめポイントを紹介しました!

果たして、事故物件に住みたくなるのか!?

『ルームロンダリング 』完成披露試写会
日程:6月11日(月)
場所:ニッショーホール
登壇:池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦、健太郎、片桐健滋監督
ゲスト:松原タニシ 事故物件住んでます芸人

映画情報どっとこむ ralph 長い間雨の中待っていた観客の皆さんは盛大な拍手でキャストと監督を迎え入れました。

池田エライザさん:皆さんこんばんは!!早いうちから、雨の中待っていてくださった方が多いと伺いました。本当にありがとうございます。冷えた体を温かくするようなトークにしたいと思っています。

オダギリジョーさん:よろしくお願いします。(あまりに短いので?MCが池田さんとの思い出を聞くと)・・・特にないです。無理やり探すと・・・ミーやキャットをペットにするか悩んでいらっしゃいます。それが強力に覚えていることですね。

渋川清彦さん:こんばんは。いっぱいいるな~(照れる渋川さん)津軽弁を少しだけ使いました。金髪は自分で染めました!幽霊は初めてですが、監督が幽霊ぽくなくていいからということ普段通りでした。パンク役なんですけど、監督がこういうポーズでって。。ちょっと違うなと思いましたが、

と忖度してそのまま撮影を続けたそう。

健太郎さん:今までしたことない役柄で。(オタク役を演じるにあたり)メガネがキーになってくれて、上げ方とかはこだわりました。

とのこと、ちょっと弱めな健太郎さんに会える本作となっていそう。

片桐健滋監督:雨の日にこんな多くの方が来てくれて本当に嬉しいです。

と、其々一言挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 事故物件に住んで浄化すると言う物語ですが、爽やかな描かれ方になっています。

池田さん:台本を受け取ったときは母の実家にいたので、読み込んだ時の感想は、母とのお話かなと。。コメディーだったりほらだったりしますが。渋川さんとのシーンを撮るまでは、コメディーだと気づいてなかったです。あれっコメディー?って。

渋川さん:そっそれはどういうこと?

池田さん:ディスってるわけではないです。メリハリが良かったと言うことです。

一方、オダギリさんは

オダギリさん:片桐監督と脚本の梅本さんとは昔から知ってるんで。この二人がオリジナルで書き上げたって言うんで、嬉しくて。1枚1枚大切に読み込みました。
とすると

片桐監督:色々書き溜めてて、その中で、居酒屋でおっさん二人がプロットをまとめていった感じです。

と本作のぴあで賞を獲った脚本のスタートがどのようなものかを明かしました。

なぜ、池田さんを霊が見えてしまう女性役に選んだのか聞かれ

片桐監督:池田さんが内面。廣木監督が「池田暗いよ!」って言ってたのを思い出して。ならばと。

首をかしげて、不満げな池田さんですが・・・
池田さん:まあ、監督って見ていらっしゃる方なので。。。間違いないと思います。御子とは生活リズムも近いですし、低い机で絵を描いていたり、一人でいるときの私と御子ちゃんは似てるかな。

と認めてしまいました。

映画情報どっとこむ ralph 本作『ルームロンダリング』は、「部屋を洗浄する。浄化する」と言う意味のタイトルにちなんで、自分が洗浄したいこと、消したりたいことを、其々パネルに書いてきたそうで

池田さん:「邪念」
オダギリさん:「 」ない。実はちょうどペンがなくて・・・。
MC曰く、黒歴史がないということですね。と、まとめていました。

渋川さん:「初ゲロ」飛行機で飲み過ぎて・・・消し去りたい。
健太郎さん:「先輩の引退試合」バスケの試合会場を間違えて・・・いけませんでした。
と懺悔。

映画情報どっとこむ ralph ここで、実際に事故物件に住んでいる芸人の松原タニシさんが登場!
そして、実際に体験した事故物件でのお薦めポイントを問題で面白トークが繰り広げられ、

住んでみたくなったかと聞かれると

池田さん:今のところ普通の部屋で順調なので。

因みに松原さんが住んでるのは3DKで3万円!
安過ぎのその部屋で一体何があったの!!!!!と皆が思った所でフォトセッション。


池田さん:私にとって大切な作品で、つらい時に母からもらった本のような存在です。皆さんにも大切な映画になってくれたらと思っています。

と、イベントを締めました。

ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野感、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

公式:
roomlaundering.com

人付き合いが苦手、彼氏なし、こじらせ真っ只中の八雲御子。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにするという、“ルームロンダリング”。そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練たらたらなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?こじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディが誕生しました。

***********************************


出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー 

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント

配給:ファントム・フィルム 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
        


池田エライザはこじらせ系? 大阪降臨で役と似てる!『ルームロンダリング』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、こじらせ真っ只中の八雲御子。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにするという、“ルームロンダリング”。主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザさん。

胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優・健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じる他、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

この度、主演・池田エライザさんが大阪にて舞台挨拶を行いました。
日程:6月4日(月)
場所:シネ・リーブル梅田
登壇者:池田エライザ

映画情報どっとこむ ralph 池田さん:今日はたくさんの方にお越しいただき、とても嬉しいです。大阪イェーイ!

とハイテンションで挨拶。


観客の拍手が鳴りやまない中で始まった、大阪梅田での舞台挨拶。

「こじらせ女子を演じていますが、役作りは難しくなかったですか?」という質問に対して

池田さん:御子ちゃんと自分は結構似ているんです。

と池田は語る。

池田さん:片桐監督は、廣木隆一監督から『エライザちゃんは暗いよ』と言われて、御子役にピッタリだなと思ったそうです。

とキャスティングの裏側を明かした。


自身が演じたキャラクターに関しては、

池田さん:御子ちゃんは頭の中ではとても饒舌なんじゃないかと思っています。言葉がうまくまとまらなくて、なかなか話せない分、表情で物語ることが多くなるんです。

と気持ちを代弁してみせた。「実際に事故物件に住めますか?」という際どい質問が投げかけられると、

池田さん:この映画の取材でよく聞かれるのですが、劇中に出てくるような人間味溢れる幽霊たちだったら、1か月ぐらいなら大丈夫かなと思います(笑)ある種のルームシェアって感じですね。

と驚きの発言を繰り出した。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中のエピソードを聞かれると、オダギリジョーとの思い出を振り返り

池田さん:オダギリさんが現場に来た時に、内弁慶な御子ちゃんが気軽に話しかけられる空気を出してくれていたので、あぁ悟郎さんが居るなぁと思い、とても救われました。渋川さんや光宗さんたちから「御子!!」と呼ばれることも嬉しかったです。

と笑顔で答えた。

お気に入りのシーンとして池田が挙げたのは、池田さん演じる御子が涙する場面だ。

池田さん:光宗さん演じる、殺人事件の被害者OL役の悠希に両親について尋ねられるシーン。台本には書かれていなかったのですが、思わず泣いてしまったんです。自分と御子の心が近づいた瞬間だと思いました。とても大事なシーンになりましたね。

と語り、この映画については

池田さん:“家族や人との繋がり”を描いている作品だと思っています。とても大切な、例えば、子どもの頃に母親からもらった絵本のような、忘れられない存在の映画です。だから、たくさんの人に愛されて欲しいです。

とアピール。

最後に大阪の思い出を聞かれると、

池田さん:修学旅行と仕事で来たことがありますが、観光地に行ったり、大阪名物なものを食べたりしたことはないです。去年、仕事で大阪に来た際に、有名な楽器屋さんに行きました。そこで、ボブ・ディランが使っていたものと同じ形のギターを買ったんです。あとは、大阪でおいしい日本酒が飲めるお店とかに行ってみたいですね。

と語り、舞台挨拶を締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『ルームロンダリング』

roomlaundering.com

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって“物件を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?
***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー   

監督:片桐健滋  脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム 


『ルームロンダリング』オダギリジョー新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザさん主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーいたします。

いわくつきの部屋から部屋へと引越しを繰り返す八雲御子の仕事は、ワケあり物件に住み込んで事故の履歴を帳消しにし、次の住人を迎えるまでにクリーンな空き部屋へと浄化(ロンダリング)すること。ところが行く先々で待ち受けていたのは、幽霊となって部屋に居座る、この世に未練たらたらな元住人たち。彼らのお悩み相談に振り回されるうちに、御子は少しずつ自分の人生と向き合っていく…。

主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザさん。胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎さん。そして、個性豊かな幽霊たちを渋川清彦さん、光宗薫さんが演じます。他にも木下隆行さん、奥野瑛太さん、つみきみほさん、田口トモロヲさん、渡辺えりさんなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph この度、御子の叔父役であるオダギリジョーさんの新場面写真が公開となります。

サングラス姿にアヒルのランプを抱えた姿はなんとも怪しげ。
そんな怪しげな雰囲気の漂うオダギリさん演じた悟朗は、不動産屋を営みながら、中華料理屋に偽造パスポートを作らせたり、サッカー少年たちを使って住人に立ち退きを迫ったりと、世間一般の不動産屋とは少し違う様子。

しかし、両親も祖母も亡くした御子に、住む場所とアルバイトを用意してあげる姪っ子思いな一面も見せます。

オダギリさんは、メガホンを取った片桐監督とは、監督が助監督時代に『血と骨』(04/崔洋一監督)で現場を共にしています。

本作への出演に関して、

オダギリさん:今の時代、オリジナルの脚本を映画化する事は容易ではありません。微力ながら応援したい気持ちでこの企画に参加することにしました。そしてもちろん、想いの詰まった脚本がとてもユニークでしっかりと魅力のある世界観を感じさせてくれた事も、参加したいと思った大きな理由でした。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph ルームロンダリング

roomlaundering.com

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー                                     ※キャスト名は名字かフルネームで記載をお願いいたします。略称はお控えください。
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch

製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
    
  


羽生生純先生が映画『ルームロンダリング』から刺激を受けコミカライズを熱望!単行本発売!


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

主人公・御子を演じる池田エライザに加え、胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役にオダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。他にも木下隆行、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

そんな本作は、松尾スズキ監督で映画化された「恋の門」や、「俺は生ガンダム」など独創的な漫画でファンを魅了してきた漫画家・羽生生純がコミカライズを手がけ、2017年12月よりコミックビーム(エンターブレイン刊)にて連載されております。

ポップで可愛らしい映画をコミカライズすることについて、羽生生純は「同じDNAを持って生まれながら“異母兄弟”のような作品にしたかった」と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして!
この度、このコミック「ルームロンダリング」の単行本(上巻)の発売が決定いたしました。

巻末には、いつもコミックビームを愛読しているという池田エライザと、羽生生純、監督をつとめた片桐健滋が、池田エライザ手作りのシナモンロールを食べながらの鼎談インタビューも掲載!

羽生生純先生のコメントです!

羽生監督:この脚本は、絶対に変な折り目をつけたりしないで大事にしようって、大切にしたくなる一作だったんです。
「ルームロンダリング」(上巻)巻末鼎談より抜粋

映画情報どっとこむ ralph ◆コミック「ルームロンダリング」(上巻) 概要◆

原案:片桐健滋・梅本竜矢 作画:羽生生純

定価:本体720円+税

電子版:希望小売価格 本体720円+税

2018年5月11日発売
KADOKAWA刊
ISBN-10: 4047351881

話題の映画を、『恋の門』『俺は生ガンダム』の異能の傑物が前代未聞のコミカライズ!

月刊コミックビーム(KADOKAWA刊)大好評連載中

映画情報どっとこむ ralph ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー

公式HP:
roomlaundering.com

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。

その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。

しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ…⁉


出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
©2018「ルームロンダリング」製作委員会