「光宗薫」タグアーカイブ

池田エライザが幽霊たちに振り回される?『ルームロンダリング』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 7月7日(土)より公開となる池田エライザ主演の映画『ルームロンダリング』の予告編が完成!!!

主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザ。2018年には映画出演作が6本と今最も勢いのある若手女優の一人です。その他、胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎。そして、個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。他にも木下隆行、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。
映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった予告編は、主人公・御子の引っ越しシーンからスタート。新居で何があったのか叔父に問うと「他殺・・・」と衝撃の返答が。御子はワケあり物件に住み、その履歴を帳消しにするという秘密のお仕事=ルームロンダリングをしている。人付き合いが苦手で、“人生こじらせ中”の御子にとって、ぴったりのお仕事!かと思いきや、その物件には幽霊が居座っていた。津軽弁のパンクス、カニの仮装をした小学生、コスプレ好きのOL・・・。次々に御子の前に現れる、キャラが濃すぎる“この世に未練たらたらな”幽霊たち。成仏できない彼らのお悩み解決に奔走させられる、奇妙な共同生活の様子がコミカルに描かれます。

幽霊たちに振り回されながらも、徐々に自分に向き合っていく御子。叔父の「泣くな、笑え」という台詞は、劇中の御子と同様に観る者の背中を押す、あたたかなメッセージを予感させます。予告編の最後には「おっぱい!おっぱい!」と謎に叫ぶ幽霊の姿。全体を通して、思わずクスッと笑ってしまう仕上がりの予告編となっております。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ルームロンダリング』

roomlaundering.com

本作は新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト、「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で全474企画の中から準グランプリを受賞していて、独創的なアイディアで注目を集めながら、オカルトの中にヒューマンドラマの要素を入れた爽やかな設定を評価された企画です。

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ…見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー 

監督:片桐健滋  脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch ©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム 


事故物件もの 池田エライザ映画『ルームロンダリング』ポスター完成!


映画情報どっとこむ ralph この度、7月7日公開『ルームロンダリング』のポスタービジュアルが完成致しました!

ワケあり物件に住み、その履歴を帳消しにするという秘密のお仕事=ルームロンダリングをしている、八雲御子。いつからか幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る“この世に未練たらたらな”幽霊たちのお悩み解決に奔走させられ…!?

この度解禁されたポスタービジュアルでは、ある秘密が隠されたアヒルのランプとスーツケースを抱えて転々とする御子の姿が捉えられています。周りには火の玉が浮いている幽霊たちの姿も。

映画情報どっとこむ ralph 本作は新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト、「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で全474企画の中から準グランプリを受賞したこの作品は、独創的なアイディアで注目を集めながら、オカルトの中にヒューマンドラマの要素を入れた爽やかな設定を評価されました。

「事故物件」

という一見ざわざわするネタをモチーフとしながら、そこに関わってしまった「人」をあたたかく見守るアイディアは、ジャンルの隙間をするっとくぐり抜けて、ありそうでなかったユニークな世界に連れて行ってくれます。
めいっぱい頑張って疲れてしまった心をロンダリングしてくれるような、人生の次の一歩を踏み出すまでのささやかな物語は、私たちそれぞれの目に見えない姿、言葉にならない声に耳を傾け、寄り添い、そっと背中を押してくれます。

映画情報どっとこむ ralph 現在発売中である前売券の特典は、ポスターにもある可愛い幽霊たちと御子の特製オリジナルシール。

また、4月19日より開催される第10回沖縄国際映画祭では、特別招待作品として上映されることが決定しています。現地には池田エライザ、健太郎、片桐監督が20日の上映後舞台挨拶に登場予定です。一足早く沖縄の皆さんに爽やかな笑いと感動をお届けします。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ルームロンダリング』

roomlaundering.com

主役の御子役に抜擢したのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザ。2018年には映画出演作が6本と今最も勢いのある若手女優の一人です。その他、胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎。そして、個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。他にも木下隆行、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。
物語
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ…⁉ 見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー
監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch ©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム


池田エライザ主演『ルームロンダリング』公開日決定!場面写真も到着


映画情報どっとこむ ralph こじらせオカルト女子vsお悩みだらけの幽霊!?
ちょっぴり前向きな気持ちになれる、クスっと笑えるコメディ!!

池田エライザ主演『ルームロンダリング』の公開日が7月7日に決定!

ワケあり物件に住み、その履歴を帳消しにするという秘密のお仕事=ルームロンダリングをしている、八雲御子。いつからか幽霊の見えるようになった御子は、部屋に居座る“この世に未練たらたら”な幽霊たちのお悩み解決に奔走させられ…⁉

主演の御子役に、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザ。

胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父・悟朗役には、外国人監督作品への参加も多い演技派俳優、オダギリジョー。

御子の隣に住む青年・亜樹人役には、今年新成人の健太郎。

そして、個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁された場面写真は、スーツケース片手に事故物件から事故物件へ渡り歩く御子や、
タバコをふかしながら古びたアパート内を歩く悟朗、
眼鏡に手をかけ驚いた表情をする亜樹人(健太郎)、
道端にしゃがみ込むパンクロッカーの幽霊・公比古(渋川清彦)。
予期せぬ事故に遭った美人幽霊・悠希(光宗薫)と御子が仲良く一緒に映画を観ているシーンや、
御子と悟朗が2人揃ってお墓参りをするシーンも。
コミカルでありながら、人と人、人と幽霊(!?)の絆を感じる場面写真となっています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ルームロンダリング

は7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー致します。

公式HP:
roomlaundering.com

本作はTSUTAYAが新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で、『嘘を愛する女』(17)に次ぐ準グランプリ受賞。

実は、片桐健滋監督は、崔洋一、廣木隆一、中村義洋ら名だたる監督たちの元で助監督を務め、かつてはフランソワ・トリュフォー監督作品の編集で知られるヤン・デデ氏に師事していたこともあるという異色の経歴の持ち主。

様々な現場を渡り歩き、骨太な監督たちと修羅場を共にしてきたからこそ辿り着いた、このハートウォーミングなオリジナル作品で長編映画監督デビューを飾りました。

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。
その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。
しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は失踪した母親との再会を果たすが…。見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム 


池田エライザ主演ハートフルなオカルトファンタジー映画「ルームロンダリング」情報解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演映画「ルームロンダリング」の情報解禁に!
いわくつきの“訳アリ物件”ばかりに引っ越しを繰り返す八雲御子。
彼女の仕事は訳アリ物件に自分が住むことによってルームロンダリング“物件を浄化する”こと⁉ところが、部屋に居座る“この世に未練たらたら”な幽霊たちのお悩み解決に奔走させられることに⁉

「御子、泣くな、笑え。」

御子と様々な幽霊たちとのふれあいは、多忙を極める私達に、立ち止まることや、人を思いやることの大切さを再認識するきっかけとなるかもしれません。切なく哀しくも可笑しい、<ハートフルなオカルトファンタジー>が出来上がりました。
                                
【池田エライザ:八雲御子(やくも・みこ)役】からのコメント
愛おしいと思える台本に出会えたことが素直に幸せだと感じました。御子として様々な人に出会い影響を受けていくことが、わたしにとってとても有意義な時間であり、とても大切な時間でした。誰に出会い、何を思い、何を大切だと思うか。それが人の心を育てていくということを、命の垣根を超えて教えてくれる作品になりました。小さな女の子がぬいぐるみを抱えるように、優しい気持ちで見てもらえると思っています。ちょっぴり可笑しなキャラクターたちをよろしくお願いします。

【オダギリジョー:雷土悟郎(いかづぢ・ごろう)役】からのコメント
残念ながら、今の時代、オリジナルの脚本を映画化する事は容易ではありません。そんな中でTSUTAYAさんのこうした取り組みは素晴らしいと思いますし、微力ながら応援したい気持ちでこの企画に参加することにしました。そしてもちろん、想いの詰まった脚本がとてもユニークでしっかりと魅力のある世界観を感じさせてくれた事も、参加したいと思った大きな理由でした。

【片桐健滋:監督・脚本】からのコメント

日々の暮らしの息苦しさとか孤独をどうやってコメディーにできるかと頭ばっか悩ましてましたが…いざ始まったら!素敵なキャストの皆さんが動き出して、大好きなスタッフのみんなが頭の中の妄想を叶えてくれました。最後には、書いたことなんて忘れて「ルームロンダリング」のファンになってました…撮影で感じた楽しいがきっとスクリーンから溢れ出していると思います!ぜひ、劇場でご覧ください!宜しくお願いします!

【梅本竜矢:共同脚本】からのコメント

大好きすぎるキャストの皆さんと頼れるスタッフの皆さんが、片桐監督と僕の「こんなこといいな、できたらいいな」を、各々の不思議なポッケで叶えてくれました。本当に有り難うございます。この映画は、職場や学校や家庭の中で居場所を探している人たちに勇気を贈る物語です。『ルームロンダリング』という題名ですが、皆さんの日々の荒んだ気持ちもロンダリング(浄化)する仕様になっておりますので、まずは劇場でお試し下さい。

映画情報どっとこむ ralph コンテスト受賞により勝ち取ったオリジナル作品の制作決定!

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015にて準グランプリを受賞した今作は、企画提出者であり、脚本を手がけた片桐氏と梅本氏が居酒屋での語り合いから生み出したオリジナルストーリーです。実績のある監督でさえ、簡単にはオリジナル作品の制作機会が得られない現在において、自ら勝ち取った初長編映画監督作品の誕生です。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー                                       
5歳で父親と死別した八雲御子(池田エライザ)。その翌年には母親が失踪してしまった。その後は祖母に引き取られた御子だが、18歳になると祖母も亡くなり、天涯孤独となってしまった。度重なる不幸に自分の殻に閉じこもってしまった御子のところに、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれた。そのアルバイトとは“ルームロンダリング”だった。

「1K・4万円・自殺」
新たな部屋に越してきた御子。夜、風呂場へ行くとそこには春日公比古(渋川清彦)の幽霊がいた。
自分の姿が見える御子に驚く公比古だが、御子は公比古に驚かない。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになっていたのだ。奇妙な共同生活を送る2人だが、ある時、公比古は自分の演奏が収録されたデモテープを見つける。そのテープこそレコード会社に送ろうと思って送れなかったまま亡くなってしまった後悔の産物。今からでも送って欲しいと公比古から頼まれる御子。そんな折に悟郎からの連絡。新たな物件への引っ越しが決まる。

「2K・10万円・刺殺」
引っ越した先の幽霊・千夏本悠希(光宗薫)は見知らぬ男に殺されたOLだった。
隣人の虹川亜樹人(健太郎)は事件当時、異変には気付いたが何も出来なかった事を悔いていた。そこへ、居るはずのない公比古が現れる。御子がまだ送っていないカセットテープへの執着から現れたようだ。幽霊同士語り合う公比古と悠希。悠希の恨みを晴らしてあげたい御子は似顔絵描きで犯人を探そうと思いつく。御子の書いた似顔絵を元に、警察へ連絡した亜樹人だが、なんと偶然にも連絡を受けた警官こそが悠希を殺した犯人であった。
一方的に殴られ続ける亜樹人の絶体絶命のピンチを御子の決死のアイディアで救い出し、さらには犯人逮捕へと至るのだった。
母親の深月にも幽霊が見える能力があり、そのことで精神を病んだのだと悟郎から聞かされた御子は、悟郎に頼み込んで深月の居場所を聞き出す。そこはかつて一緒に暮らした区営住宅の跡地であり、そこに深月は確かにいたのだが・・・
公比古と悠希は、そして御子と亜樹人は・・・見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。



コミカライズ決定!                                 
12/12(火)発売の月刊『コミックビーム1月号』にて表紙&巻頭カラーで連載スタート!
漫画:羽生生純、出版社:KADOKAWA
                             
「ルームロンダリング」

公開:2018年全国ロードショー
公式サイト:
roomlaundering.com
公式twitter:
@roomlaundering

***********************************

TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2015 準グランプリ作品     
出演:池田エライザ 渋川清彦 健太郎 光宗薫 / オダギリジョー  
監督・脚本:片桐健滋  共同脚本:梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
配給:ファントム・フィルム 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント プラスディー 
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会


終始、多部未華子を綾野剛がサポート『ピース オブ ケイク』初舞台挨拶


本日、9月5日初日を迎えた『ピース オブ ケイク』の舞台挨拶が行われ、多部未華子、綾野剛、木村文乃、光宗薫、柄本佑、峯田和伸と田口トモロヲ監督が登壇しました。

緩めなトークに続き、ピースオブケークという題名にあやかり、キャストの皆さんがそれぞれ自分のワンピースのケーキにデコレーション!舞台上で1ホールのケーキに仕上げました。
ピースオブケイク初日舞台挨拶 日付:9月5日
場所:新宿バルト9
登壇者:多部未華子、綾野剛、木村文乃、光宗薫、柄本佑、峯田和伸
    田口トモロヲ監督    
多部さん:本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。本当に嬉しいです。演じてみて・・・次こそは失敗しないともいながらも恋愛しちゃうとか。共感できるところが多かったので、良かったかなと思います。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_多部未華子
綾野さん:ありがとうございます。上映後と言うことで皆さんの良い時間になればいいなと思います。王道のラブストーリは初めてだと思います。今回も実は王道ではなくて、めんどくさい参考にしちゃいけない役で。何が正解かわからないでいます。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_綾野剛
木村さん:お早うございます。きょうは朝から柄本さんの京志郎化が気になってしょうがありません。奈々子役だったので丁度いいなと。悩んでる多部さん可愛かったので。良かったです。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_木村文乃
柄本さん:おれ?ひげだけだよ。
ピースオブケイク初日舞台挨拶2
光宗さん:原作ファンで。恋愛ではめんどくさい感じですけど。人として共感できるところが多々あって。ワンクッションおかないと人に気持ちを伝えられないところは凄く共感です。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_光宗薫
柄本さん:昨日雨だったので、今日大丈夫かなと思ったら晴れて。お足元が良い中ありがとうございます。綾野さんとは一瞬しかあっていないですが。現場は仲良かったですね。全然関係ない話をずっとしてました。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_柄本佑
峯田さん:無事映画が出産日を迎えられて嬉しいです。普段は音楽本職なので。映画の現場楽しかったです。
ピースオブケイク初日舞台挨拶峯田和伸
田口監督:早い時間から見ていただいてありがとうございます。映画は面白かったでしょうか!(盛大な拍手)拍手いただいて幸せです。クロストークを聞いていてこれほど凸凹な人たちが集まっていたのかと。本当に個性的な面々にそれぞれ演出しました。(突然泣き出したあかちゃんに)いないいないバ~ ちょっと昭和的なのが出てしました。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_田口トモロヲ監督2
MC:人を好きなるって・・

多部さん:難しいですね。人を好きになるって・・・なんだ!?
綾野さん:サガじゃないですか?
多部さん:・・・・・タイミング。全部。
綾野さん:お客さん共感できる人多いんじゃないですか?(大拍手)

MC:ここで、1つ1つのケーキにデコレーションしてもらいました!ここで多部さんと綾野さんのケーキを

多部さん&綾野さん:せーの!
多部さん:人が出ますね。
綾野さん:僕はイチゴタルトが好きなので。
ピースオブケイク初日舞台挨拶k-木
最後に、
田口監督:映画はお客さんに観られてやっと完成するものです。最終的な完成に向けてお客さんのみなさんに完成させていただきたいともいます。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_田口トモロヲ監督
公開情報 :9月5日(土)全国ロードショー!

公式サイト:http://pieceofcake-movie.jp/

********************************************************************


物語・・・
エモーショナルな恋愛漫画の名手・ジョージ朝倉による同名コミックを原作に、これまで『アイデン&ティティ』『色即ぜねれいしょん』と、ほろ苦い男子の青春を描いてきた俳優・田口トモロヲが監督3作目にして女子の“リアル恋愛”に挑む!

ピースオブケイク 「仕事も恋愛も、もう、ちゃんとしたい!」という失敗続きの恋ベタ女子・志乃には多部未華子。情にもろくて優柔不断、でもどこか憎めない京志郎に綾野剛。そんな2人が本気で恋をして、ぶつかって、翻弄される姿は必見!そこに、物語を盛り上げる超豪華キャスト・スタッフが大集結。さらに、若い女性から支持を得る加藤ミリヤが、劇中歌も担当する峯田和伸と歌う主題歌「ピース オブ ケイク -愛を叫ぼう-」が映画のラストに心地よい余韻を与える。
このまま、突き進んでいいの?これってホンモノ…?!甘く可笑しくそしてちょっぴり切ない恋愛模様に、誰もが共感する事間違いなし!
本当の恋はキレイごとばかりじゃない。だから楽しい!カッコ悪いことも、間違っちゃうことも全部描いた、本気の恋がしたくなるラブストーリーの誕生です!

監督:田口トモロヲ

原作:ジョージ朝倉『ピース オブ ケイク』(祥伝社 フィールコミックス)
脚本:向井康介
音楽:大友良英
主題歌:「ピース オブ ケイク ―愛を叫ぼう―」 加藤ミリヤ feat.峯田和伸 (Sony Music Labels)
出演:多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸
製作:「ピース オブ ケイク」製作委員会
配給:ショウゲート
© 2015ジョージ朝倉/祥伝社 /「ピース オブ ケイク」製作委員会