「先生! 、、、好きになってもいいですか?」タグアーカイブ

生田斗真、広瀬すず、三木孝浩監督が『先生! 、、、好きになってもいいですか?』撮影を振り返った


映画情報どっとこむ ralph 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』のブルーレイ&DVDを2018年3月14日(水)より発売・レンタル開始となります。

プレミアム・エディションには、メイキング&インタビュー、イベント映像集、本編ではやむなくカットされたシーンやNGシーンの他、 豪華映像特典として、主演の生田斗真と広瀬すず、三木孝浩監督による、観たらもういちど本編をみかえしたくなる、作品の魅力がたっぷり詰まったビジュアルコメンタリーが収録されます。

幅広い読者から愛され続けている、河原和音による累計発行部数600万部の伝説の少女コミックを遂に映画化した王道ラブストーリー映画 『先生! 、、、好きになってもいい ですか?』。

ブルーレイ&DVDのプレミアム・エディションの特典映像となるビジュアルコメン タリー収録に、ぶっきらぼうな性格だが、生徒思いの教師・伊藤先生を演じた生田斗真さんと、伊藤先生に“初恋”をしてしまうごく普通の女子高校生・響を演じた広瀬すずさん、そして、三木孝浩監督が臨みました。

映画情報どっとこむ ralph 当時、撮影の合間に行ったクリスマスパーティを再現した現場には、たこ焼き器やお絵かきグッズが用意され

生田さん:(撮影当時、広瀬が)たこ焼きを焼いてくれたよね!

と言うと

広瀬さん:今日はわさびないですね!

とノリノリ!

生田さん:ロシアンルーレットみないなのはやめてよー!笑

とが返すなど、 ホームパーティのような和やかな雰囲気で収録はスタート。


本編がスタートしてまもなく、冒頭のシーンに「光が本当にきれい」と広瀬さんが反応すると、三木さんは「”女の子は逆光で撮れ”と教わった からね(笑)」と話し、「感情の揺れを風やカーテンの揺れで表してるんです」と細かな撮影の工夫が散りばめられていることを明かします。

また、公開当時話題になった伊藤先生が響の頭に辞書をのせる【辞書ポン】のシーンには「きゃー!」と広瀬から思わず黄色い声があがり、男性陣が驚く場面も。

そんな 2 人に向かって広瀬さんは「きゅんときます!!」と断言。

リハーサルの時は“ポン”が少し強めだった よね、という三木監督に「(ポンじゃなくて)辞書”ボーン“!」と 2 人が返し、「【辞書ポン(JP)】【肘グイ(UG)】【こめかみツンツン(K T)】でしょ!」(生田さん)と次々登場する胸キュンシーンに一同盛り上がった。本格的な恋愛映画初挑戦となった広瀬は、ラブストー リーの演技に「目の動き一つでも意味がありますよね」と振り、生田さんも大切なのは「いつ視線が合うのか」だと話した。


広瀬さんがマヨネーズで書いた名前入りたこ焼きが、完成したときには「すごく美味しい!」と生田さん、三木監督ともども絶賛。「おかわりー」と声がかかるなど、終始仲の良いアットホームな 雰囲気で収録は進行。

中盤、三木監督から「実は、伊藤先生と藤岡君(健太郎)が 図書館で会っていたシーンを撮ったけど、本編には入れなかった」との解説もあり、 こちらは映像特典として「未公開シーン集」に収録されています。

本編が終盤に差し掛かると、広瀬から「ここのシーンはグッときました」と。伊藤先生が響の 同級生、浩介(竜星涼)に殴られ、初めて本音を吐露する場面には3人とも見入り、 「大人もハッと気づかされる」と共感を語り合った。

作品について、

生田さん:リアルな感情を丁寧に描いています。

広瀬さん:少女漫画の実写化は多いけれど、特に感情移 入ができる素敵な作品!

と語った。
さらにビジュアルコメンタリー収録中に行われた 3 人の似顔絵対決では、生田さんが描いた絵に 「ひどくない!?」と広瀬さんは爆笑。「超画伯」と称された生田画伯渾身の絵は、本商品特典で。

映画情報どっとこむ ralph そんな 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は3月14日(水)にブルーレイ&DVDリリース!

商品情報は以下の通り!是非!

◆2018 年 3 月 14 日(水) ブルーレイ&DVD リリース 【初回仕様】 先生! 、、、好きになってもいいですか?

ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組) ¥5,990+税/品番:1000707260 /本編 113 分+映像特典 264 分 プレミアム・エディションには、主演の生田斗真と広瀬すず、三木孝浩監督による ビジュアルコメンタリーを始め、メイキング&インタビュー、イベント映像集、そして本邦 初公開となる未公開シーン集など 4 時間半におよぶ豪華映像特典を収録!
【映像特典(264 分)】
※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。
<本編ディスク(73 分)>
●ナビゲート番組 (この映像は、映画公開前後に放送された特番を再編集したものです)
●ブランチ インタビュー (この映像は、TBS「王様のブランチ」にて放送されたものを再編集したものです)
●予告編集 <特典ディスク(191 分)>
●ビジュアルコメンタリー(生田斗真&広瀬すず&三木孝浩監督)
●メイキング・オブ 先生!、、、好きになってもいいですか?
●未公開シーン集
●イベント映像集:完成披露試写会/恋愛応援スペシャル試写会/岡山学芸館高等学校サプライズ試写会/ 恋愛成就&ヒット祈願イベント/初日舞台挨拶/大ヒット御礼舞台挨拶 <初回仕様>ポストカードセット 5 枚組(生田斗真/広瀬すず/竜星涼/森川葵/健太郎)/ブックレット(24P)/スリーブケース


【初回仕様】 先生! 、、、好きになってもいいですか? DVD プレミアム・エディション(2枚組)
¥4,990+税/品番:1000707261/本編 113 分+映像特典 264 分
※映像特典及び仕様はブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)と同じ内容になります。

DVD(本編ディスク1枚)
¥3,990+税/品番:1000707262/本編 113 分+映像特典 73 分
【映像特典(73 分)】
●ナビゲート番組(この映像は、映画公開前後に放送された特番を再編集したものです)
●ブランチ インタビュー(この映像は、TBS「王様のブランチ」にて放送されたものを再編集したものです)
●予告編集

同日 ブルーレイ&DVDレンタル開始

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/sensei/

***********************************



生田斗真、広瀬すず『先生! 、、、』大ヒット御礼で、観客にガーベラをプレゼント


映画情報どっとこむ ralph 河原和音先生が7年間に渡って連載した、累計発行部数600万部の大ヒットコミック「先生!」が実写映画化! 

無愛想だけど生徒想いの優しい教師・伊藤先生を生田斗真さん。高校二年生の響を広瀬すずさんが演じ、恋の喜びや切なさがいっぱいにつまったラブストーリー映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は大ヒット上映中!

その大ヒットを記念して、生田斗真さん、広瀬すずさんと三木監督が登場する感謝のイベントが行われました。

そして!なんと原作者の河原和音先生からお二人に感動必至の手紙を三木監督に代読。

その後、生田さんから広瀬さんへ花冠、そして広瀬さんから生田さんへブートニアをプレゼント。さらに、花言葉=感謝であるガーベラを会場に集まった方たちにプレゼント!!しかも、幸運な方は手渡しで!大変な盛り上がりを見せたイベントとなりました!

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』大ヒット御礼イベント 概要
日時:11月8日(水)
場所:新宿ピカデリースクリーン1
登壇:生田斗真、広瀬すず、三木孝浩監督

映画情報どっとこむ ralph 会場には平日にも関わらず多くの人がつめかけ、満席となった舞台挨拶。
生田さん、広瀬さん、三木監督らが登壇すると会場は一気に黄色い歓声と盛大な拍手で包まれる中、舞台挨拶はスタート。

本作公開から2週が経った今、

生田さん:僕の友人もたくさん観てくれたのですが、男でもグッとくるところがあるみたいで。本当に泣けたという声が多くて嬉しいですね、頑張って良かったなと思います。

と語ると、
広瀬さん:私の友達も観てくれた子が多かったのですが、みんな伊藤先生に恋していました。『あんな先生いたらいいね』って。クールなところにみんな惹かれていましたね。

とコメントし、笑顔を見せました。さらに
三木監督:公開して二日目に、お客さんとして劇場へ観に行ったときに、会場明るくなった瞬間、女性客の方の吐息が漏れていて。余韻に浸ってくれていたことがお客さんの反応から伝わったので、嬉しかったですね。

と振り返り、作品への想いが伝わったことに笑顔の3人。

映画情報どっとこむ ralph また、MCから『ここに注目して欲しい!』ポイントについて問われると、

生田さん:僕の“前腕筋”ですね!撮影中も女性スタッフの方たちが、シャツの袖の捲り方とかをすごくこだわっていて。女性は好きな方が多いみたいなので、筋肉が注目ポイントですね…って何話してるんだろうね(笑)

生田さんの予想外な“注目ポイント”に笑いが起き広瀬さんも爆笑!一方・・
広瀬さん:私は響と藤岡君(健太郎)が二人きりで弓道場で話すシーンがすごく好きで。藤岡君の優しい人柄や誠実さが伝わる切ないシーンがあるので、そこにも注目して観ていただけたら。

と語りました。三木監督は、マニアックなポイントを紹介

三木監督:響の『へっ?』っていう表情をしている顔ですね。唐突に何かされたりしている時の顔なのですが、お客さんからは『その時の顔がめちゃくちゃ可愛くて好きです!』っていう感想が結構多くて。伊藤先生に関しては、目線を合わせる場面と、合わせない場面があるところに注目して欲しいですね。伊藤の目線から、感情を言葉にできない部分や、伊藤の心情が読み取れるかなと思います。

と、監督ならではといった細かいポイントについて熱弁。広瀬さんも同意見だと。

映画情報どっとこむ ralph 今回サプライズで原作者の河原和音先生から生田さん、広瀬さんに向ける手紙が贈られ、三木監督が代読。
生田に対しては「全シーン全カット、とにかくかっこよかったです!伊藤先生を演じたのが生田さんで本当に良かった!

と大絶賛!

広瀬に対しては、

「普通の女の子なので演じるのが難しかったのではないかと思います。でも、響の気持ちを泣きながら伝えてくれたので、私も泣きました。

と感謝のお手紙。これに対して

生田さん:この作品の一番のお客さんは河原先生だと思います。その河原先生に喜んでもらえたというのは一番嬉しいですね。

と語り、そして

広瀬さん:河原先生にこんな風に言っていただけて、なんだか救われました。響を演じられて幸せです。

と語ると、会場からは温かい拍手が沸き起こりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、生田さんと広瀬さんが、感謝の気持ちを込め、互いに向けプレゼント交換。
生田さんが広瀬さんの頭に優しく花冠を乗せると満面の笑みの広瀬さん。

広瀬さんは生田さんの胸ポケットにブートニアを刺してあげると、会場からは黄色い歓声が!

生田さん:すごく似合ってる!天使だね!(笑)

と思わず笑みをこぼすと、広瀬さんは、白い衣装で来るように言われていたのに合点がいった様子。

最後に・・・

生田さん:僕自身、久しぶりのラブストーリーだったのですが、それが久しぶりの三木監督との作品で。さらにすずちゃんにとっては初めてのラブストーリーということで、僕にとっても良い経験をさせていただけた気がしています。一生懸命愛情込めて作った作品なので、この映画をずっと好きになり続けて欲しいなと思います。

広瀬さん:本当にこの作品に出合えてすごく嬉しいです。そして多くの方に、恋する喜びや苦しさなど、色々な感情に出会って、何か背中を押してもらえる作品になってくれたらいいなと思います。

とそれぞれメッセージを送りました。

さらにイベントの最後では、来場者全員に、生田、そして広瀬が感謝の気持ちを込めて、ガーベラを手渡しでプレゼントするというサプライズも!大歓声に包まれながら、会場を後にしました。
映画情報どっとこむ ralph 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』大ヒット公開中!

公式HP:sensei-movie.jp 
公式Twitter:@sensei_movie 
#先生好きになってもいいですか

物語・・・
「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど……。「今は一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく。
今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!
***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 
監督:三木孝浩  脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ

製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社
©2017 映画「先生!」製作委員会 


三木孝浩監督、広瀬すずと“焼肉デート疑惑”!?地元・徳島凱旋『先生!』舞台挨拶で明かす


映画情報どっとこむ ralph 生田斗真と広瀬すずで綴る禁断『先生!、、、好きになってもいいですか?』が、大ヒットロードショー中!
この度、本作の公開を記念して、徳島県阿波市出身で、メガホンをとられた三木孝浩監督が登壇するティーチインイベントが開催されました!

満席となった会場から盛大な拍手の中迎えられ、三木監督が登壇!地元のアットホームな空気感が漂う中、まずは本作を徳島の方々に観ていただいた心境を問われると、

三木監督:地元の人に観ていただけるというのは、やっぱり感慨深いですね。僕が10代の頃、『こんな物語があったらいいな』という妄想をたくさんしながら学校生活を送っていたので、その妄想が映画にも反映されていたりもします。よく、僕が撮った映画で『空や夕日が綺麗ですね』と褒めて頂くことがあるのですが、それは徳島に住んでいた頃の記憶を再現されていたりもするので、徳島を褒めて貰えているような気持ちになって嬉しい部分ですね。

としみじみ語りました。
映画情報どっとこむ ralph さらに今回は観客からの質問に答えるティーチインイベントということで、様々な質問に回答!

まず一人目の観客から飛んだのは、「今回ヒロインの響を演じられた広瀬さんの一番の魅力はどこですか?」という質問。

三木監督:今回撮っていてとても素敵だなと思ったのは、響のキャラクターを演じるときに、何か聞いてはいけないことを聞いてしまったりして、動揺しているときの感情の動きがとても上手で。特に目のお芝居が素晴らしいなと思いました。

答えました。さらに

「一番撮影で大変だったシーンはどこですか?」という質問に対しては、


三木監督:やっぱり雨の中で響が伊藤に対する想いを爆発させるシーンですね!

と即答!

三木監督:12月中旬に岡山で撮影したのですが、かなり寒い時期で。撮影自体は色々な角度で撮るので、途中で(身体を)乾かすわけにもいかず…。でもすずちゃんはとても頑張り屋さんで、『大変なシーンの撮影ほど燃える!』と頑張ってくれていたのですが、そんなすずちゃんを生田君が『大丈夫?』って常に優しくフォローしてくれていて。大変なシーンでしたが、皆で乗り切ったという感じですね。

と、撮影時の秘話を明かしました。

また、「監督がこだわったシーンはどこですか?」と問われると、

三木監督:社会科準備室で『好きになってもいい?』と告白するシーンですね。あの時のすずちゃんがめちゃめちゃ可愛くて!今回の作品を撮る時に、響の感情にみんなが乗れないとダメだと思ったので、光やセットも一つ一つこだわりたいんだとスタッフにも説明して。奥手だった響が、自分の想いに動かされて、つい本音をこぼしちゃうような、ピュアで純粋な感じが伝わるように、相当こだわりました。

と熱く語りつつ、

三木監督:すずちゃんも生田君も、横顔がすごく綺麗なんですよね。二人が向かい合っているところはすごく絵になるなと。本当は一発OKだったんですが、もう一回見たいなと思っちゃって、『ピントが甘かったからもう一回撮らせて』と嘘ついてもう一回撮らせてもらっちゃいましたね(笑)

と裏話を明かす場面も!

映画情報どっとこむ ralph 三木監督、広瀬すずと“焼肉デート疑惑”!? 地元でしか話せない撮影中のエピソードを明かす!

また、「地元の人にしか言えない撮影中のエピソード」を求められると、

三木監督:すずちゃんが特に焼肉が大好きで。美味しい店を調べて皆で行こうかとなったのですが、他のキャストが仕事で来れなくて、スタッフも撮影の準備が入ってしまって…。結局行けるのが、僕とすずちゃんだけになってしまったんです。約束していたからもちろん行くけれど、色々心配になるじゃないですか。二人で“焼肉デート”なんて書かれたらまずいぞ、と(笑)ちょっとホッとしたのが、撮影の助手さんたちが、たまたま同じ店で食べていて。他のスタッフもいるから良かったと思ったことがありました(笑)

と明かし、三木監督の人柄が伝わるほっこりしたエピソードに、会場は笑いに包まれました。

そして最後に・・・・

三木監督:恋愛映画を素敵だなと思う部分は、初恋って、自分だけの世界だったところから、想いを寄せる相手から好かれるためにはどうしたらいいのだろうと、客観的に見つめる視線が生まれて、どんどん成長していくのが素晴らしい瞬間だなと思うんです。そういう成長って、昔のことで忘れてしまったりもすると思うのですが、ぜひこの映画を観て、恋をしている時の充実感や、素敵な時間を思い出してほしいなと思います。

と語ると、客席からは盛大な拍手が沸き起こりました。
公式HP:
sensei-movie.jp
公式Twitter:
@sensei_movie

大ヒット全国ロードショー中!

***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) (※1996年~2003年)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
監督:三木孝浩 脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ

製作:映画「先生!」製作委員会 ◆配給:ワーナー・ブラザース映画
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会


野いちご独占試写会 健太郎の「俺じゃダメ?」に女子中高生悶絶


映画情報どっとこむ ralph 生田斗真と広瀬すずが初共演を果たした『先生! 、、、好きになってもいいですか?』が10月28日(土)より全国公開となります。

この度、ヒロイン・響(広瀬すず)に密かに想いを寄せる北高校の弓道部部長・藤岡勇輔役を演じた健太郎が登壇するスペシャルトークイベント付き試写会が行われました!記者仲間の中でも格好良くなったねと話題の彼。

<野イチゴ ユーザー独占>スペシャルトークイベント付試写会
日付:10/13(金)
登壇:健太郎

映画情報どっとこむ ralph 女子中高生の5人に1人が利用しているというケータイ小説サイト「野いちご」ユーザー独占試写会ということで、会場には制服姿の女子中高生を中心とした10代の女子が集結!

「私は伊藤先生より藤岡くんが好き!」というパネルや「健太郎くん」と名前が入ったうちわを構えた女子も待ち構える中、健太郎が登壇。

健太郎さん:今日は短い時間ですが楽しんで行ってください!

とにこやかな笑顔で挨拶した健太郎さん。

広瀬演じる初恋に戸惑う響を陰で支えながらも、自身も次第に響に惹かれていくという、原作でも人気の高いキャラクターを熱演。演じてみて

健太郎さん:すごく切ない役どころではあったのですが、自分が好きな人をあそこまで支えられるというのは、すごく強い男の人だと思うので、演じていてすごく楽しかったですし、響も藤岡もまっすぐな人間なので、二人を応援するような気持にもなってしまいましたね。

と振り返りつつ、演じる中で気を付けたこととして、

健太郎さん:藤岡は弓道部の部長でまっすぐな男なので、そこは表現できるように気を付けました。

と役作りについても明かしました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、広瀬を始め、響の親友・川合浩介役を演じた竜星涼さん、千草恵役を演じた森川葵さんなど、健太郎さんと同世代の若手キャストが集結したことに話が及ぶと、健太郎さんは

健太郎さん:あまり同じシーンはなかったのですが、広瀬さんは共演三回目なので、いつも通りの感じで演じやすかったですね。今こうやってキャンペーンで回っている時の方が色んな話を出来ている気がしますね。

とコメント。

また、響が恋に落ちる相手であり、藤岡の恋のライバルともなる、伊藤先生を演じた生田斗真さんに対しては

健太郎さん:役者始める前から生田さんの作品はたくさん観ていましたし、現場で初めてお会いしたときも『生田斗真来た…!』って思うくらい好きだったので(笑)撮影期間中はなかなかお話しする機会はなかったのですが、映画のイベントの時には焼肉に連れて行ってくださったり、可愛がっていただいています。実は今日着ているTシャツも生田さんから貰ったものなんですよ!」と告白。続けて「生田さんの“目”のお芝居がすごく好きです。(本作でも)本当に伊藤先生だな、と思いました。

と、生田へのリスペクトを明かしました。

本作のメガホンを撮った三木監督については

健太郎さん:実は三木監督とご一緒するのは二回目で。最初の作品は、映画に関わる初めての作品だったので、どんな感じで撮るのかも分からないままで。結局そのシーンはカットされてしまったのですが、だからこそ今回三木監督とご一緒させていただいて、自分としては感慨深いものがありましたね。舞台挨拶で三木監督と並んだときも、『三木監督と今、隣に立ってる…!』みたいな(笑)感動してしまいました。

と、熱い想いを語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして今回のイベントでは、

「健太郎に言ってもらいたい胸キュン台詞」を事前にアンケートで募集し、健太郎が生で披露するという、スペシャル企画も実施!

数々の妄想台詞の中から選ばれた、劇中で響が伊藤に放つ台詞でもある「好きなっても、いい?」という台詞や、「そのままのお前がいい」などの台詞を、健太郎が投稿者の女子中高生に向かって直接披露すると、赤面して顔を上げられなくなってしまう女子や、言葉を失い放心してしまう女子が続出!

さらに、電話越しで胸キュン台詞を放つシチュエーションを上げた投稿者には、「もしもし…、いきなり電話してごめん。なんかさ、急に声が聴きたくなっちゃってさ」と直接語り掛けると、投稿者の女子中高生が思わず悶絶してしまう一幕も!

そして最後は、落ち込む響に向かって「俺じゃダメ?」と優しく声をかける、劇中でも印象的な台詞を客席に向かって披露するという大サービスも見られ、スペシャル企画は大いに盛り上がりを見せました!

トーク後は集まった女子中高生らと健太郎さんが記念撮影し、最後まで「ヤバイ!」「カッコイイ!」という声が飛び交うなど、健太郎の神対応っぷりに、多くの女子がメロメロに。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

健太郎さん:この映画を観たらすごく恋をしたくなったんじゃないかなと思います。恋をするってすごく素晴らしいことだと思うし、まっすぐにいられることってすごく素敵だと思うので、出来れば自分が想っている方がいたら、気持ちを伝えていただけたら嬉しいです。恋でも部活でも、色々まっすぐに想うものってたくさんあると思いますが、そこに対しては決して嘘はつかないで、まっすぐに想い続けていてくれたらなと思います!

とイベントは終了しました。

先生!
10月28日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

公式HP:sensei-movie.jp
公式Twitter:@sensei_movie

物語・・・
初めて好きになった人は、好きになっちゃいけない人
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「俺はやめとけ」そう言われても、ただ好きで、どうしようもなく好きで。そんなまっすぐ過ぎる響きの想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていることを、響はまだ知らない。最後に“きちんとフラれるため”と向かった屋上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。様々な想いが交錯する中、響の初めての恋の行方は…?今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!

***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) (※1996年~2003年) 
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 
監督:三木孝浩  脚本:岡田麿里 
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会 
     


広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎が制服姿でエール!!『先生! 、、、』イベント


映画情報どっとこむ ralph 恋をしたことのあるすべての人たちへ。

生田斗真さんと広瀬すずさんの初共演作「先生!」。
新たな純愛ストーリーが10月28日(土)に公開となります。

会場およそ150人、制服姿で集まる女子中高生らが抱えるリアルな恋のお悩みに答える、恋愛応援スペシャル試写会イベントが行われ、ヒロインの響を演じた広瀬すずさん、響の親友、浩介を演じた竜星涼さん、浩介とともに響の親友である千草を演じた森川葵さん、響に密かに想いを寄せる藤岡を演じた健太郎さんらが、劇中で着用した制服を来て登壇!
キラキラ度MAXな豪華キャストが、『先生!』トーク。そして、会場の女子高生たちの恋のお悩み相談などを行いました。

そして、健太郎が女子高生のリクエストで・・・

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
恋愛応援スペシャル試写会イベント

日時:10月9日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎

映画情報どっとこむ ralph キャストが登壇すると黄色すぎる歓声が数分間止まらない会場。「ヤバイ!」「カワイイ!」の嵐。

広瀬さん:今日はありがとうございます。(可愛いの声が止まらず・・・)へへっ。短い時間ですが楽しんでください!

と、制服が似合いすぎる広瀬すずさんの挨拶からイベントはスタート。広瀬さんは今年の春に卒業したばかり

広瀬さん:久々に劇中の制服着て、どうしましょうって感じです。高校卒業してから初めて制服姿でカメラの前なので、ドキドキです。そして、こんなに高校の時、私元気だったかな?と。私割とスンってしていたので。いいですね女子高生。
竜星さん:そんなに変わらないよ!

と、優しい竜星さんは、本日声が飛んでしまっています。
竜星さん:今日は先生のイベントに声の照準を合わせてきたのですが・・・みんなキラキラしてて潤います!

とちょっとだけ?お兄さんの竜星さんは

竜星さん:撮影は和気藹藹でした。楽しくやってましたよ。恋愛の話をしていた気がするんですけど、皆覚えていないんです。

森川さん:夢じゃない?

竜星さん:夢か~年かな・・・

と、ツッコミを入れた森川さんは、別作品では来ているものの
森川さん:久々にこの作品の制服を着て、気持ちが戻ってきてます。

と話す森川さん。他校の弓道部の健太郎さんは
健太郎さん:こんなにたくさんの女子高生と一緒のことはないので嬉しいなと思ってます。他校の生徒役だったので、学生さんたちと触れ合えずで。いまワクワクしています。

映画情報どっとこむ ralph ここで、キャストが胸キュンシーンを明かすコーナーに。それぞれ、明かしますが公開前なのでぼかします。

広瀬さん:辞書ポン。やってもらってるときにズきゅんと。

竜星さん:響きの雨で、ずぶ濡れのシーン。ドラマチック。

森川さん:私は最後のシーン。 すずが大人に。成長してたんです。

健太郎:藤岡が駅で待ってるシーン。響きが乗ってる自転車俺の何です。気づいた?

と、自分のシーンを上げ笑いを取る健太郎さん。


この役やってみたかった役
竜星さん:俺、藤岡やりたかった。(森川さん:あと校長先生でしょ!)森本レオさん?声がかい!

健太郎さん:僕、他校なので。、この学校入りたかったんで

竜星さん:そこだけ?

と、性格とかじゃなかったのが不満そう。

健太郎さん:あっ性格です。いい人ですもんね。

実は、カットされていますが、健太郎さんのブレザー着てるのを初めて見る三人。実は、このブレザーで健太郎:藤岡さんが伊藤先生に会っているシーンもあったそう。そして竜星さんも先生と中島先生との原作通りのシーンもあったそうですがこちらもカット。DVD特典で入らないかな?とキャストさんたち。

一方、女性陣

広瀬さん:伊藤先生!自分から好きって積極的な役は苦戦するので・・・来てもらう方が。周りの動きで自分が変化していく役がしてみたい。

森川さん:関谷先生。中村さんの面白い芝居。自分はああいう役が出来るようになりたいです。あれ役じゃないな。中村さんになりたいですね。

と、会場を笑いに包みました。

映画情報どっとこむ ralph この後、女子高生のお悩み相談とお願いコーナーに。

Q:いつも一緒にいる男の子に気持ちを伝えられません。どうアピールしますか?好きになっても聞くのはありですか?
広瀬さん:ドキドキする!!!!

森川さん:よく聞くのは軽いボディータッチは?しないか。

広瀬さん:好きな人だったら無理かな。

竜星さん:仲がいいということはその時点で脈あり!

広瀬さん:聞くのアリだと思う!意識するよ。

健太郎:そう思います!

Q:先生が好き。卒業したら告白有り無し?

広瀬さん:もどかしい。。卒業してから告白した方が、後悔残んないよ!

竜星さん:相手の心にも残るからさ。大人みたい!

森川さん:実際大人じゃん!

竜星さん:学生気分になってた。


Q:健太郎さんに「俺じゃダメ」と言ってほしい。と3人。

健太郎さんの提案で、一人づつ名前を呼んでから言うと提案。
健太郎さん:あすか、俺じゃダメか?

会場騒然!!!!!!他2名にも。騒然の渦。

竜星さん:女子高生悶絶!明日のYAHOOニュースだね。


Q:受験生のみんなにガンバレって言って欲しい。

4人そろえて「受験頑張って!」
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

広瀬さん:好きな人に、ここまでまっすぐ純粋に走れるのは、十代の今しかないと思うので、一歩、背中を押す映画になってくれるといいなと思います。人を思うことの素晴らしさを忘れないでとくれたら嬉しいです。


映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

10月28日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショーです。

公式HP:
sensei-movie.jp
 
公式Twitter:
@sensei_movie 
#先生好きになってもいいですか

17歳、初めての恋は“先生”! 
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」そう言われても、ただ好きで、どうしようもなく好きで。そんなまっすぐ過ぎる響の想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていることを、響はまだ知らない。最後に“きちんとフラれるため”と向かった屋上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。動揺する響だったが、事態は響の知らないところで急速に変化しようとしていた。様々な思いが交錯する中、響の初めての恋の行方は……?
今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、生田斗真×広瀬すずの豪華初共演で映画化。メガホンを取るのは青春ラブストーリーの名手・三木孝浩監督。



***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) 
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 
監督:三木孝浩  脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社
©2017 映画「先生!」製作委員会