「佐野玲於」タグアーカイブ

横浜流星、飯塚健監督 『虹色デイズ』トークイベントBlu-ray&DVD発売記念


映画情報どっとこむ ralph 超人気コミックを実写化!佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4 名のカルテット主演による、男子高校生の友情と恋を描いた感動青春ストーリー、映画『虹色デイズ』のBlu-ray&DVDが 12月5日(水)に発売となりました。

これを記念して、9日(日)横浜流星さんと飯塚健監督ご登壇によるスペシャルトークイベントが行われました。

『虹色デイズ』Blu-ray&DVD発売記念 トークイベント
日時: 12月9日(日)
登壇: 横浜流星、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 会場から溢れんばかりの大きな拍手で迎えられた横浜さんと飯塚監督。

横浜さん:今日は監督と僕で、(今日登壇していない)3人の分まで話したいと思います。
と気合十分にあいさつ。 実は北海道から戻り、飛行場から直接会場に駆け付けたという飯塚監督。MCからの「寒いのは苦手ですか?」という問いかけに、

横浜さん:寒い方が得意です!

と自信満々に答えた横浜さんでしたが、監督よりプールでの撮影シーンにおける寒がりエピソードを暴露され、

横浜さん:本当はちょっと苦手。

と本音が漏れる場面も。イベント冒頭から会場は笑いが溢れ、和やかな雰囲気でスタート しました。

映画情報どっとこむ ralph 未公開映像から、撮影当時を改めて振り返る。 豪華版Blu-ray&DVDに収録される未公開映像には、

飯塚監督:カットしたシーンをほとんどすべて入れることが出来た。


横浜さん:自分のシーンも結構カットされて・・・。

と少し切なげに語る横浜さんに、飯塚監督はストーリーの流れや編集の都合上、泣く 泣くカットしたと説明。
続いて、横浜さん、飯塚監督が選んだお気に入りの未公開映像を、実際に上映しながらご紹介。2人が選んだ

横浜さん:下駄箱の前でスキップするなっちゃん(佐野玲於)を見送る、つよぽん(高杉真宙)、恵ちゃん(横浜流星)のシーン。

では、佐野さん演じるなっちゃんの怪しいスキップの動きとそれを見た周りの冷静なツッコミに会場が笑いに包まれる場面も。実はこのシーンはクランクイン初日に撮影されたもの。1番最初のシーンなので、実際の台詞のやりとりが台本より変わっており、 撮影時は4人の関係値が見えやすくなるように工夫して撮影したが、その後に繋がるシーンに4人の関係性を集約するためカットしたという。改めて映像を見た監督は

飯塚監督:切らなくても良かったかな、と今観て思いました。

とポツリ。最初の撮影シーンなので 思い入れがあるという

横浜さん:ちょっと入れてほしかったですね!

と話しながらも、このシーンをお気に入りに選んだ理由として、

横浜さん:自身が演じた恵一のキャラクター性が出ているから好き。

と、撮影当時を振り返りながら語って頂きました。 更に会場では、続けて3つのお気に入りの未公開シーンとそれにまつわるエピソードも公開。『虹色デイズ』ファン必聴の今だから話せる撮影秘話をたっぷり語っていただきました。

実は5年前のデビュー当時から横浜さんを知る飯塚監督。会場が撮影の裏話で盛り上がる中、話題は監督から今回のイ ベントのために提案されたという「俳優・横浜流星を読み解く」コーナーへ。 飯塚監督が、横浜さんに出会ったころの印象は「空手が得意だ」ということと、「俳優として(今後)やっていくかはわからない」と話していたこと。それを受けて横浜さんも、当時は

横浜さん:この仕事1本でやっていくとは決めていなかった。

と振り返りつつ、デビューから5年経った今、

横浜さん:より、この(芝居の)世界で生きたいな、と思った。色んな作品を やらせてもらっていて、芝居の楽しさを知り、2018年は主演をやらせて頂く機会も多くて、作品を背負う責任感、現場での在 り方を考えるようになった。

と感慨深げに語った。多くの作品で経験を積み、久しぶりに『虹色デイズ』の現場で再会した横 浜さんを見て、グッとくるものがあったと語る飯塚監督。

横浜さん:また一緒にやりたいですよね。

と横浜さんが監督に次回作での共演を 希望する場面も。関係性の深いお2人だからこそ話せる、「俳優・横浜流星」の素顔に迫る熱いトークが繰り広げられました。

会場では、キャストサイン入りレアグッズが当たる抽選会も実施。貴重なプレゼントの数々に、会場は多いに盛り上がりました。 更に、来場者へ耳よりな「隠しコマンド」の情報が。豪華版Blu-ray&DVD収録のビジュアルリレーコメンタリー視聴後、メニュー画面に出現する虹をクリックすると、スペシャル映像を見ることが出来るという。実際に見つけられた人がいたかどうかの 会場アンケートで、

横浜さん:これで(皆がDVDを)観てくれたかどうかがわかる。

とドSな発言が飛び出る場面も! 最後は監督より、

飯塚監督監督:特典も皆がわちゃわちゃして面白いと思うので何度も見て楽しんでください!

横浜さん:DVDを買って くださって有難うございます。DVDの良いところは、何度も観れることなので、また新しい発見をしてくれたら嬉しいなと思います。 『虹色デイズ』は自分にとっても、青春をまた体験したような映画でとても楽しかったです。また1年後か2年後に監督と映画 をやるので、皆さん楽しみにしてください。

と会場を沸かせ、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 「虹色デイズ」Blu-ray&DVD好評発売中!
ブルーレイ&DVD表記 『虹色デイズ』 初回限定生産 ブルーレイ豪華版(3枚組):6,700円+税 初回限定生産
DVD豪華版(3枚組):5,800円+税
ブルーレイ通常版:4,700円+税
DVD通常版:3,800円+税
好評発売中 発売・販売元:松竹
©2018「虹色デイズ」製作委員会©水野美波/集英社
***********************************



いよいよドラマも最終回!そして映画『PRINCE OF LEGEND』へ!前売り特典は・・・


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット映画『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再び集結し、世に送り出すのは「王子」。
圧倒的なルックスを誇る王子たちが勢揃いし、「伝説の王子」になるべくかつてないバトルを繰り広げる新プロジェクト、その名も「プリンスバトルプロジェクト」が始動!TVドラマ・映画・ゲーム・ライブなど、あらゆるメディアと連動し、すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える【新時代ラブエンタテインメント】として注目を集めています。

そのプロジェクトの柱であるTVドラマ「PRINCE OF LEGEND」は、10月より日本テレビ系で放送中。

本日12月5日、ついにドラマも最終回を迎えますが、その続き、そしてクライマックスが描かれる映画『PRINCE OF LEGEND』は、2019年3月21日(木・祝)に公開となります。

映画情報どっとこむ ralph キャストは連続ドラマから引き続き、GENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー。劇団EXILEより、鈴木伸之・町田啓太。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬・吉野北人・藤原樹・長谷川慎。そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち ら、この作品でしか観ることのできない“圧倒的王子感”を持つ出演者たちが集結しました。

そしてこの度、映画の最新予告映像と最新ポスタービジュアル、さらには劇場前売特典、完成披露イベントの情報が解禁となりました!連続ドラマでは、「14人の王子たちがなぜ伝説の王子の座を目指すことになったのか?」が描かれましたが、映画ではそのクライマックスとなる「伝説の王子選手権」がついに開幕!そして本予告映像では、「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」など、選手権に挑む14人の個性豊かな王子たちが続々登場し、まさに“大渋滞”!!壁ドンやアクションなど、「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす、王子たちの王子たちによるかつてない聖戦(プリンスバトル)が描かれます。

さらに新しく解禁となったポスタービジュアルでは、ティザービジュアル時の爽やかな“14連壁ドン”姿とは打って変わり、それぞれの王子たちの熱き聖戦姿が全面に描かれ、戦いの幕開けにふさわしくインパクトの大きいビジュアルとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 気になる劇場前売特典は「王子が大渋滞!!15連カードセット(選べる4種類)」が12月14日(金)より全国合計5万名様限定で発売!こちらは全種類揃えるとトランプとしても遊ぶことができ、カードをそのまま並べて“渋滞”させてもよし、お気に入りのトランプゲームで“渋滞”させてもよし、様々な方法で王子たちを“大渋滞”させることができる特典になっております。
劇場前売特典 概要
「王子が大渋滞!!15連カードセット(選べる4種類)」※全国合計5万名様限定※
※前売券1枚につき、15連カードセットを1セットプレゼント!
※4種類から1種類お選びいただけます。
※特典はそれぞれ数量限定のため、プレゼント終了の際はご了承ください。
※劇場限定の特典です。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせください。
※前売券販売劇場は、『PRINCE OF LEGEND』公式サイトでご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph さらにさらに、来年2月13日(水)&14日(木)の2日間、横浜アリーナにて、映画の公開に先駆け、『PRINCE OF LEGEND』完成披露上映会&PREMIUM LIVE SHOWの開催が決定!王子14人全員が登壇するほか、本作の主題歌を担当し、各チーム曲をプロデュースしたm-floも参加。特別ゲストとして、作品に出演する片寄涼太、佐野玲於、関口メンディーが所属するGENERATIONS from EXILE TRIBE、同じく今作に出演する川村壱馬、吉野北人がボーカルをつとめるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの参加も決定し、平成最後の記念すべきバレンタインを、王子が、そして超豪華アーティストが、きらびやかに彩ります!!バレンタインも横浜アリーナで王子が大渋滞!!

これまで世の中を席巻した“胸キュン”の時代は終わりを告げ、新時代の幕が開ける。

完成披露イベント 概要
『PRINCE OF LEGEND』完成披露上映会&PREMIUM LIVE SHOW
開催日時:2019年2月13日(水)、14日(木)
開催場所:横浜アリーナ
開催時間:16時30分開場/18時開演 (映画上映+LIVE)
チケット:¥ 8,900(税込・全席指定)
     映画『PRINCE OF LEGEND』前売鑑賞券付き
     ※前売鑑賞券は公演当日ご入場時にお渡しします。
     ※6歳以上有料、6歳未満入場不可
最速抽選先行予約:12月17日(月)朝10時より受付開始。詳細はイベント公式サイトまで。
出演予定:
【Team奏】片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久
【Team京極兄弟】鈴木伸之、川村壱馬
【Team生徒会】佐野玲於、関口メンディー
【Teamネクスト】吉野北人、藤原樹、長谷川慎
【Team先生】町田啓太
【Team3B】清原翔、遠藤史也、こだまたいち
【Team理事長】加藤諒、大和孔太 m-flo
<特別ゲスト>
GENERATIONS from EXILE TRIBE
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
主催:HI-AX
運営・制作協力:ソーゴー東京  
イベント公式サイト:
prince-of-legend-live.jp


映画情報どっとこむ ralph <連続ドラマ> 
2018年10月~12月 日本テレビほかにて全10回放送
★12/5 深夜24:59~ 日本テレビにて最終回放送 ※地区によってOA日時は異なります
Huluなど各種配信サイトにて配信中
ドラマ「PRINCE OF LEGEND」Blu-ray&DVD 【前編】12/24 【後編】来年2/13 発売!


映画『PRINCE OF LEGEND』

2019年3月21日(木・祝)全国東宝系ロードショー!!
公式サイト:prince-of-legend.jp



映画ストーリー
セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」。
この選手権で優勝した者ただ一人だけが、「伝説の王子」として認められる。
そして今、「三代目伝説の王子」の座を巡り、14人の王子たちがここに集結!

「伝説の王子になった人と、お付き合いしようかな―。」

王子たちの憧れの存在である果音のこの一言がきっかけとなり、かつてない王子たちの聖戦(プリンスバトル)の火ぶたが切って落とされる!!
果たして、「伝説の王子」の座を射止める者は誰か―?

***********************************

◆キャスト
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久 【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー 【チームネクスト】吉野北人 藤原 樹 長谷川 慎
【チーム先生】町田啓太 【チーム3B】清原 翔 遠藤史也 こだまたいち
【チーム理事長】加藤 諒 大和孔太   白石 聖
◆監督:守屋健太郎
◆脚本:松田裕子
◆音楽:中野雄太
◆主題歌:Piece of me/m-flo

©2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会


吉田羊、佐野玲於、村上虹郎『ハナレイ・ベイ』が中国、台湾、韓国での公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph 国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。

名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」がついに映画化!


女優・吉田羊を主演に迎え、『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された日本映画界の新鋭・松永大司監督の手によって映像化された本作。

公開から約1ヶ月が経つ今も、感動と共感を呼ぶその作品世界が大きな反響を呼び絶賛上映中です。

そして!

この度、本作『ハナレイ・ベイ』の中国、台湾、韓国での公開が決定!!

公開時期は各国現在調整中となりますが、海外でも非常に人気の高い村上春樹作品の映画化という事で、高い注目を集めてきた本作。待望の海外配給が決定したことで、この珠玉の感動作が日本だけでなく世界へと広がっていきます。

現地時間11月8日から開催中の第38回ハワイ国際映画祭にもインターナショナル・プレミアとして正式出品されている本作は映画撮影の舞台にもなったカウアイ島でのスペシャル・ショウケースのクロージング作品として上映が決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 日本でも11月16日(金)から大分県のT・ジョイパークプレイス大分、鹿児島の鹿児島ミッテ10にて、そして12月1日(土)からは北海道のシネマアイリス、神奈川県のシネマジャック/ベティ、宮崎県の宮崎キネマ館、12月14日(金)からは山形のフォーラム東根などで公開がスタートし、引き続き日本中に感動の波をお届け!

『ハナレイ・ベイ』

大ヒット公開中


物語・・・
それは突然の知らせだった。 ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。

サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。

サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。

時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。
タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。

ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。
まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。 そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。 「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と…これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。

***********************************

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著 脚本・監督・編集:松永大司 音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 
配給:HIGH BROW CINEMA
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、松永大司監督『ハナレイ・ベイ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 村上春樹先生の同名小説を主演 吉田羊さんで映画化した『ハナレイ・ベイ』が、いよいよ10月19日(金)に全国公開を迎えました。

そして、公開2日目の10月20日(土)に公開記念舞台挨拶が行われました。登壇したのは主演の吉田羊さんはじめ、佐野玲於さん、村上虹郎さん、松永大司監督。

当日は、村上春樹の原作および劇中でも触れられている「異性にモテる三箇条」を問うコーナーも。

さらに、撮影現場であるハワイで佐野さんが内緒で購入したという、吉田さんへのとっておきをプレゼント!


映画『ハナレイ・ベイ』公開記念舞台挨拶
日時:10月20日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph 物凄い歓声と拍手の中、登場のキャストと監督。

吉田さん:こんなに大きく熊沢監督お方にお集まりいただきましてありがとうございます。この映画の撮影は去年の九月でした。1年をかけて皆様の元へ届けられること大変うれしく思っています。

佐野さん:昨日公開となりまして。。1年前に参加した、本当に素敵なきゃうととスタッフさん出会えた作品です。あと、自分にできることは、多くの方々に届けることだな思っています。

村上さん:億男でもなく、ここは退屈でもなく、ハナレイ・ベイを選んでいただきありがとうございます。松永監督が描く人の心と痛みをしっかりとらえたものが余韻として残る映画になっています。楽しんで!

松永監督:今日はありがとうございます。楽しんで帰ってください!

と、ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 吉田さんはピアノと英語を劇中で披露していて
吉田さん:クランクインの1か月半前に譜面が上がりまして・・・そこから1日8時間ほど練習しました。本編では2曲を披露していますが、課題は3曲ありまして、いろんな理由で・・!

慌てて、監督カットイン

松永監督:悪い理由じゃないんですよ!すみません。

吉田さんは、メイキングに入れて欲しいと。そして、英語習得に関しては

吉田さん:同じ時期に台本が上がって。今回英語が上手いねって言われる役なので、発音から重視で始めました。

そして、佐野さんと村上さんはサーフィンを習得しなければな役。

佐野さん:千葉の方に仕事前に練習していました。クランクインの2か月前くらいから、監督も海に入って練習しましたね。サーフィン未経験だったので、サーファーの方はすごいなと感心しました。自然相手のスポーツってこんなに難しくて、魅力的なんだなと感じました。

とすると
村上さん:僕は・・玲於ちゃんとハジメマシテはハワイだったので。ついた日に一緒にサーフィンしました。デビュー作が奄美での撮影で、海が怖い役だったので、監督に絶対海に入るなと言われてましたが、当時は「プロ意識なくて」勝手に現地で友達を作り、勝手にやってたのが、今回役に立ちました!(笑)

映画情報どっとこむ ralph 今回の撮影クルーは、ハリウッド大作を手掛ける現地チームだったそうで
吉田さん:やっと興が乗って来た!!ってところで「お昼でーす!」って。。。ここからがいい所なんだからといっても、ランチ優先。いい仕事をするためにはご飯を食べたり休むのが大事にするんですね、羨ましくもありましたね。日本にも導入されれば。

村上さん:羊さんは出演シーンが多いから大変だったと思いますが、僕はポイントポイントでの出番なので、凄い暇でした。贅沢でしたね。

と、ハリウッドスタイルを体験話を披露。

本作は一番大切な人に会いたくなる映画。大切な方は?

吉田さん:大切な方は多いですが。松永監督は戦友です。女優人生において大切な存在になりました。またいつか、一緒にやって欲しいと言われる女優になっておきたいと思います。

佐野さん:家族・仲間・会社の方々ですかね。一番大ボスのHIROさんはすごく絶賛されてて映画好きで。LDHでこういう作品に参加できて顔を立てられたかなと。

村上さん:僕の中では佐野玲於くん。大きな映画と小さな映画が2極化していて。今年はバランスがいいなと。こういう映画で戦ってる玲於くんはいいなと。『銃』って言う映画も宜しく。(←村上さん主演です)

中でも触れられている「異性にモテる三箇条」を問うコーナーへ

映画情報どっとこむ ralph 撮影現場であるハワイで佐野さんが内緒で購入したという、吉田さんへのとっておきをプレゼント!

吉田さん:タカシ!相当嬉しいです。私の誕生石がアメジストなので。息子の愛を感じます。いやだ泣いちゃう。

購入している時の映像も披露!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

吉田さん:私にとって、ターニングポイントになった作品。玲於君も虹郎君も大切にしてくださっていて。本当にいいチームで作品を創れたなと感謝しています。答えを提示するような映画ではありません。難しかもしれませんが、何か一つでも感じて持って帰っていただければ。今日感じなくても、いつか人生の中でしみだしてくれれば。


映画『ハナレイ・ベイ

10月19日(金) 全国ロードショー

物語・・・
それは突然の知らせだった。 ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。 サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。 タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。 そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。 「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と…これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。
***********************************

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 

配給:HIGH BROW CINEMA 
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー映画『PRINCE OF LEGEND』特報映像&奇跡の“14連壁ドン”!ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット映画『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再び集結し、世に送り出すのは「王子」。

圧倒的なルックスを誇る王子たちが勢揃いし、「伝説の王子」になるべくかつてないバトルを繰り広げる新プロジェクト、その名も「プリンスバトルプロジェクト」が始動!TVドラマ・映画・ゲーム・ライブなど、あらゆるメディアと連動し、すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える【新時代ラブエンタテインメント】。
そのプロジェクトの柱であるTVドラマは、今年10月期に、日本テレビ系で連続ドラマ「PRINCE OF LEGEND」を放送。

そして、そのクライマックスが描かれる映画『PRINCE OF LEGEND』の公開が、2019年3月21日(木祝)に決定!

キャストは連続ドラマに引き続き、GENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー。劇団EXILEより、鈴木伸之・町田啓太。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬・吉野北人・藤原樹・長谷川慎。そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち ら、この作品でしか観ることのできない“圧倒的王子感”を持つ出演者たちが集結しました。

そしてこの度、映画の第1弾特報映像(30秒)とティザービジュアルが完成しました!

映像内では、劇中で描かれる「伝説の王子選手権」に出場する計14人の王子たちが登場。「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」など、個性豊かな王子たちが“大渋滞”し、「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす様子が描かれます。


さらにティザービジュアルでは、この王子たちが文字通り“大渋滞”!!
映画ポスター史上類を見ない、奇跡の“14連壁ドン”が描かれたインパクトの大きいビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph これまで世の中を席巻した“胸キュン”の時代は終わりを告げ、新時代の幕が開ける―。


◆連続ドラマ
彼らがなぜ『伝説の王子』を目指すことになったのか・・・?
14人の王子たちの物語からはじめよう。

総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄涼太)は
容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、バイリンガル、仕草のすべてが気品に溢れる”セレブ王子”。
ある日、父親からの紹介で下町ヤンキー界のカリスマである”ヤンキー王子”京極尊人(鈴木伸之)と
出会う。住む世界も性格も真逆の2人だが、あることをきっかけに”大切なもの”をかけてバトルする
ことになる。

しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野玲於)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも
参戦してきて――。

14人の王子がなぜ『伝説の王子』を目指すことになったのか。
それぞれの王子が王子としてのプライドをかけて闘う”プリンスバトル”が今、はじまろうとしている。


◆映画『PRINCE OF LEGEND』
2019年3月21日(木・祝)全国東宝系ロードショー!

聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」。
この選手権で優勝した者が、「伝説の王子」として認められる。
ここに集結した14人の王子たちが、今、「三代目伝説の王子」の座を巡り、
かつてない聖戦を繰り広げる…!!

***********************************

キャスト
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久 【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー 【チームネクスト】吉野北人 藤原 樹 長谷川 慎
【チーム先生】町田啓太 【チーム3B】清原 翔 遠藤史也 こだまたいち
【チーム理事長】加藤 諒 大和孔太   白石聖
監督:守屋健太郎
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Piece of me/m-flo
©「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 © HI-AX All Rights Reserved.

<連続ドラマ> 
2018年10月3日スタート 
毎週水曜24:59~25:29 日本テレビにて放送
※地区によってOA日時は異なります。