「佐野玲於」タグアーカイブ

吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、松永大司監督『ハナレイ・ベイ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 村上春樹先生の同名小説を主演 吉田羊さんで映画化した『ハナレイ・ベイ』が、いよいよ10月19日(金)に全国公開を迎えました。

そして、公開2日目の10月20日(土)に公開記念舞台挨拶が行われました。登壇したのは主演の吉田羊さんはじめ、佐野玲於さん、村上虹郎さん、松永大司監督。

当日は、村上春樹の原作および劇中でも触れられている「異性にモテる三箇条」を問うコーナーも。

さらに、撮影現場であるハワイで佐野さんが内緒で購入したという、吉田さんへのとっておきをプレゼント!


映画『ハナレイ・ベイ』公開記念舞台挨拶
日時:10月20日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph 物凄い歓声と拍手の中、登場のキャストと監督。

吉田さん:こんなに大きく熊沢監督お方にお集まりいただきましてありがとうございます。この映画の撮影は去年の九月でした。1年をかけて皆様の元へ届けられること大変うれしく思っています。

佐野さん:昨日公開となりまして。。1年前に参加した、本当に素敵なきゃうととスタッフさん出会えた作品です。あと、自分にできることは、多くの方々に届けることだな思っています。

村上さん:億男でもなく、ここは退屈でもなく、ハナレイ・ベイを選んでいただきありがとうございます。松永監督が描く人の心と痛みをしっかりとらえたものが余韻として残る映画になっています。楽しんで!

松永監督:今日はありがとうございます。楽しんで帰ってください!

と、ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 吉田さんはピアノと英語を劇中で披露していて
吉田さん:クランクインの1か月半前に譜面が上がりまして・・・そこから1日8時間ほど練習しました。本編では2曲を披露していますが、課題は3曲ありまして、いろんな理由で・・!

慌てて、監督カットイン

松永監督:悪い理由じゃないんですよ!すみません。

吉田さんは、メイキングに入れて欲しいと。そして、英語習得に関しては

吉田さん:同じ時期に台本が上がって。今回英語が上手いねって言われる役なので、発音から重視で始めました。

そして、佐野さんと村上さんはサーフィンを習得しなければな役。

佐野さん:千葉の方に仕事前に練習していました。クランクインの2か月前くらいから、監督も海に入って練習しましたね。サーフィン未経験だったので、サーファーの方はすごいなと感心しました。自然相手のスポーツってこんなに難しくて、魅力的なんだなと感じました。

とすると
村上さん:僕は・・玲於ちゃんとハジメマシテはハワイだったので。ついた日に一緒にサーフィンしました。デビュー作が奄美での撮影で、海が怖い役だったので、監督に絶対海に入るなと言われてましたが、当時は「プロ意識なくて」勝手に現地で友達を作り、勝手にやってたのが、今回役に立ちました!(笑)

映画情報どっとこむ ralph 今回の撮影クルーは、ハリウッド大作を手掛ける現地チームだったそうで
吉田さん:やっと興が乗って来た!!ってところで「お昼でーす!」って。。。ここからがいい所なんだからといっても、ランチ優先。いい仕事をするためにはご飯を食べたり休むのが大事にするんですね、羨ましくもありましたね。日本にも導入されれば。

村上さん:羊さんは出演シーンが多いから大変だったと思いますが、僕はポイントポイントでの出番なので、凄い暇でした。贅沢でしたね。

と、ハリウッドスタイルを体験話を披露。

本作は一番大切な人に会いたくなる映画。大切な方は?

吉田さん:大切な方は多いですが。松永監督は戦友です。女優人生において大切な存在になりました。またいつか、一緒にやって欲しいと言われる女優になっておきたいと思います。

佐野さん:家族・仲間・会社の方々ですかね。一番大ボスのHIROさんはすごく絶賛されてて映画好きで。LDHでこういう作品に参加できて顔を立てられたかなと。

村上さん:僕の中では佐野玲於くん。大きな映画と小さな映画が2極化していて。今年はバランスがいいなと。こういう映画で戦ってる玲於くんはいいなと。『銃』って言う映画も宜しく。(←村上さん主演です)

中でも触れられている「異性にモテる三箇条」を問うコーナーへ

映画情報どっとこむ ralph 撮影現場であるハワイで佐野さんが内緒で購入したという、吉田さんへのとっておきをプレゼント!

吉田さん:タカシ!相当嬉しいです。私の誕生石がアメジストなので。息子の愛を感じます。いやだ泣いちゃう。

購入している時の映像も披露!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

吉田さん:私にとって、ターニングポイントになった作品。玲於君も虹郎君も大切にしてくださっていて。本当にいいチームで作品を創れたなと感謝しています。答えを提示するような映画ではありません。難しかもしれませんが、何か一つでも感じて持って帰っていただければ。今日感じなくても、いつか人生の中でしみだしてくれれば。


映画『ハナレイ・ベイ

10月19日(金) 全国ロードショー

物語・・・
それは突然の知らせだった。 ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。 サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。 タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。 そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。 「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と…これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。
***********************************

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 

配給:HIGH BROW CINEMA 
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー映画『PRINCE OF LEGEND』特報映像&奇跡の“14連壁ドン”!ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット映画『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再び集結し、世に送り出すのは「王子」。

圧倒的なルックスを誇る王子たちが勢揃いし、「伝説の王子」になるべくかつてないバトルを繰り広げる新プロジェクト、その名も「プリンスバトルプロジェクト」が始動!TVドラマ・映画・ゲーム・ライブなど、あらゆるメディアと連動し、すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える【新時代ラブエンタテインメント】。
そのプロジェクトの柱であるTVドラマは、今年10月期に、日本テレビ系で連続ドラマ「PRINCE OF LEGEND」を放送。

そして、そのクライマックスが描かれる映画『PRINCE OF LEGEND』の公開が、2019年3月21日(木祝)に決定!

キャストは連続ドラマに引き続き、GENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー。劇団EXILEより、鈴木伸之・町田啓太。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬・吉野北人・藤原樹・長谷川慎。そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち ら、この作品でしか観ることのできない“圧倒的王子感”を持つ出演者たちが集結しました。

そしてこの度、映画の第1弾特報映像(30秒)とティザービジュアルが完成しました!

映像内では、劇中で描かれる「伝説の王子選手権」に出場する計14人の王子たちが登場。「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」など、個性豊かな王子たちが“大渋滞”し、「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす様子が描かれます。


さらにティザービジュアルでは、この王子たちが文字通り“大渋滞”!!
映画ポスター史上類を見ない、奇跡の“14連壁ドン”が描かれたインパクトの大きいビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph これまで世の中を席巻した“胸キュン”の時代は終わりを告げ、新時代の幕が開ける―。


◆連続ドラマ
彼らがなぜ『伝説の王子』を目指すことになったのか・・・?
14人の王子たちの物語からはじめよう。

総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄涼太)は
容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、バイリンガル、仕草のすべてが気品に溢れる”セレブ王子”。
ある日、父親からの紹介で下町ヤンキー界のカリスマである”ヤンキー王子”京極尊人(鈴木伸之)と
出会う。住む世界も性格も真逆の2人だが、あることをきっかけに”大切なもの”をかけてバトルする
ことになる。

しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野玲於)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも
参戦してきて――。

14人の王子がなぜ『伝説の王子』を目指すことになったのか。
それぞれの王子が王子としてのプライドをかけて闘う”プリンスバトル”が今、はじまろうとしている。


◆映画『PRINCE OF LEGEND』
2019年3月21日(木・祝)全国東宝系ロードショー!

聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」。
この選手権で優勝した者が、「伝説の王子」として認められる。
ここに集結した14人の王子たちが、今、「三代目伝説の王子」の座を巡り、
かつてない聖戦を繰り広げる…!!

***********************************

キャスト
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久 【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー 【チームネクスト】吉野北人 藤原 樹 長谷川 慎
【チーム先生】町田啓太 【チーム3B】清原 翔 遠藤史也 こだまたいち
【チーム理事長】加藤 諒 大和孔太   白石聖
監督:守屋健太郎
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Piece of me/m-flo
©「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 © HI-AX All Rights Reserved.

<連続ドラマ> 
2018年10月3日スタート 
毎週水曜24:59~25:29 日本テレビにて放送
※地区によってOA日時は異なります。


吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、松永大司監督 登壇!「ハナレイ・ベイ」プレミア上映会


映画情報どっとこむ ralph 国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。

名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」が『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された新鋭・松永大司監督の手によって、ついに映画化!10月19日(金)に全国公開となります。

主演の吉田羊さんは息子を失った母親サチを。佐野玲於さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)はハワイの美しい湾ハナレイ・ベイで命を落とすサチの息子タカシを。また、サチがハナレイ・ベイで出会い、亡き息子に姿を重ねる日本人サーファー高橋には村上虹郎さん、高橋の相棒のサーファー三宅を演じるのは、実際にプロサーファーで「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」に出演し注目を浴びた佐藤魁さん。
この度、プレミア上映会が行われ、吉田羊さんはじめ、佐野玲於さん、村上虹郎さん、佐藤魁さん、松永大司監督など、豪華キャストが登壇しました。イベントでは、ハワイ・カウアイ島での撮影時を振り返ると共に“人生で一番大切な人に会いたくなる”という本作のテーマにちなみ、キャストの皆さんにとっての“人生で一番大切な写真”を公開しました!

映画『ハナレイ・ベイ』プレミア上映会
日時:10月2日(火)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph 物凄い歓声の中、登場したキャストと監督!

吉田さん:皆様こんばんは!・・・佐野玲於です!(会場大爆笑)基。吉田羊です。夕べから心がふわふわしてまして。おそらく、この作品に魂を捧げて演じたものえすから・・・私の魂はこの映画の中に居るのだと思います。試写を観た時から、早く皆様に観ていただ居たいと願ってました!
と、挨拶。すると、MCがコールする前から玲於コール!照れながら

佐野さん:このような素敵な作品に参加できたことが幸せです!ハナレイベイ堪能してください。

村上さん:松永さんの懇親作が皆様の元に届けられること幸せに思っています。

佐藤さん:こんばんは。緊張しちゃってます!

カワ(・∀・)イイ!!の声があちこちから。
そして、本作の監督松永さんは

松永監督;すごく大切な作品を多くの方の前でキャストの皆さんとスタッフとともに今日と言う日を迎えられたこと幸せだと思っています。楽しんでいってください!
との挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 村上春樹さん原作作品に出演するにあたり
吉田さん:村上春樹さんの作品の世界観は好きでしたので、その世界の人物を演じられると言うことで、二つ返事でと思いましたし。松永監督の『トイレのピエタ』を観て、いつかこの監督に呼ばれる女優になろうと思っていましたのでかなって嬉しかったです。

佐野さん:村上先生は日本を代表する方ですし、実は自分のグループのライブに監督が来てくださって。自分をと思ってくださったそうで、頑張ってて良かったと思いました。それに吉田さんの息子と言うことで身が引き締まりましたし。虹郎や魁のような同世代にも会えて凄く嬉しかったです!

と、話すと、これを受けて

松永監督:東京ドーム公演で凄く遠かったんですけど。凄く光ってる人がいて、誰かと聞いたら佐野さんで。その日のうちにプロデューサーに言って吉田羊さんの息子に佐野玲於って言う人にしてと伝えて。でも1度断られたんです!(佐野さん:僕は知らないうちに断られたんです。)そんな簡単に諦められないので、再アプローチしました。
と、驚きのオファー理由を明かしてくれました!続いて

村上さん:友人が出ていたこともあって、松永さんの作品を観ていて、その後お会いする機会もあって信用していたので、オファーをお受けしました。

普段はサーファーの佐藤さん

佐藤さん:オファーが来てびっくりしました!出演者が吉田羊さんに玲於と虹郎。びっくりするしかないです!(笑)

村上さん:ハワイ帰ると凄い有名なんですよ!レオちゃん差し置いて!
松永監督:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎がいるのに魁だけ気付かれるんです!

吉田さんに、魁さんですか?と聞いた女子もいたそう。


ハワイの現場では

吉田さん:役が閉ざされた役でしたので、カメラが回っていないときは、みんなに合わないようにしていました。撮影中の楽しいエピソードがないんです。でもこれ、一度お昼食べたよね。

佐野さん:その時も吉田さんは完全にお母さんになっていて、マスタードとケチャップを持ってきてくれて。でも、撮影中はほとんど吉田さんと話してなくて。終わってから仲良くさせていただくようになりました。虹郎と魁は一緒のシーンは無かったんですけど波長が合って共に有意義な時間を過ごしました。

と話します。撮影にあたって

吉田さん:監督のリクエストで、マネージャーを付けずに、一人で成田からハワイに来てくれと。ハワイに来る前から幸でいてくれと言われていました。完全に閉ざされた感じでした。

村上さん:現場は羊さんは幸さんで。閉じこまれていたので、どうアプローチするのか、鍵穴を探してみました。

佐藤さん:吉田さんではなくて、さちで。羊さんは日本に帰ってからご飯を食べて。吉田羊さんにあった気がしました。

と、完璧に吉田さんがなり切っていたエピソードを明かしてくれました。

松永監督の演出が厳しかったそうで

吉田さん:初日からコテンパンで。監督がため息を私の前で着いていて。女優止めようとまで思いました。追い詰められました。

と、そんなつもりもため息をついていたのも気付いていなかった監督は平謝り。
松永監督:本当に魅力的なキャストとスタッフで、自分の全部を出し切りたくて。妥協しないで挑んでいたので。。。。答えていただきました。

映画情報どっとこむ ralph ここで“人生で一番大切な人に会いたくなる”という本作のテーマにちなみ、キャストの皆さんにとっての“人生で一番大切な写真”を公開

佐藤さん:一番大切な写真・このテーマもあって。ファミリーファーストで。一番小さいのが僕です。このころからサーファーでした。

それは、筋金入りで黒いわけです。続いて

村上さん:沢山の犬。上に居るのがポポ。親と名前つけてルーウイスにしたんエスけど。母がみんなのうたでポポルイーズと言う名前で曲出していて。

と、面白エピソード。そして、佐野さんはオアフの虹と佐野玲於に会場カワ(・∀・)イイ!!コールがやみません。

佐野さん:寝起きです!撮影中に現地の人たちが写真撮っていたので。実際見たら凄い綺麗な虹でした。

吉田さんはご両親の結婚式の写真。
吉田さん:未だにラブラブ。この人に人を愛することを教えていただきましたし、こんな夫婦になりたいと思想わせてくれる写真です。

ここで、フォトセッション。

最後に・・・
吉田さん:この映画は、地味な映画です。虹色な日のキラキラはありません。けれども、大切な人が無くなったときに、人はどう生きて、活かされているのか。喪失と向き合う姿を。何か感じ取っていただければ。

と舞台挨拶を締め、上映へ!

映画情報どっとこむ ralph ハナレイ・ベイ

10月19日(金) 全国ロードショー

それは突然の知らせだった。 ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。 サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。 タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。 そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。 「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と…これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。

***********************************

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著 
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 
配給:HIGH BROW CINEMA
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


片寄涼太ら王子がイッパイ!『PRINCE OF LEGEND』映画&ドラマの主題歌がm-floに決定!!


映画情報どっとこむ ralph ドラマ、映画、ゲーム、ライブ、イベントなど様々なメディア展開が予定されている「PRINCE OF LEGEND」(読み:プリンスオブレジェンド)。

片寄涼太、鈴木伸之、佐野玲於、清原 翔、町田啓太、飯島寛騎ら、今飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍中の若手俳優が勢揃いし、”セレブ王子””ヤンキー王子””生徒会長王子”など個性豊かな王子を演じ、<王子が大渋滞!>しています。​

​この作品は、様々なキャラクターの王子たちが、王子の中の王子である“伝説の王子”を目指してバトルする、という​<プリンスバトルプロジェクト>。​

ドラマ・映画の主題歌をm-floが担当することが決定!​この作品で流れる楽曲は全て“80年代ミュージックカルチャーへのオマージュ”というテーマが設けられており、​m-flo書き下ろしの主題歌「 Piece of me 」も、m-flo節に80’s感を落とし込んだキャッチーな楽曲となっている。​

本作には「Team奏」や「Team京極兄弟」など個性豊かなチームが登場するが、その各チームのテーマ曲は​

​<各チームのテーマ曲>  
※音源は後日解禁​

​◆Team奏​
m-flo presents PRINCE PROJECT feat. 片寄涼太​
「PSYCHIC MAGIC」​

◆Team京極兄弟​
m-flo presents PRINCE PROJECT feat. 川村壱馬​
「Take On Me」​

◆Team生徒会​
m-flo presents PRINCE PROJECT​
「Talking in Your Sleep」​

◆Teamネクスト​
m-flo presents PRINCE PROJECT feat. 吉野北人​
「Too Shy」​

◆Team先生​
m-flo presents PRINCE PROJECT​
「Only You」​

◆Team3B​
m-flo presents PRINCE PROJECT​
「Always on My Mind」​

◆果音のテーマ​
m-flo presents PRINCE PROJECT​
「99 Red Balloons」

映画情報どっとこむ ralph エグゼクティブプロデューサー EXILE HIROコメント​

「PRINCE OF LEGEND」はキャストもコンセプトも若い世代に向いた尖っている作品ですが、​m-floがプロデュースする80年代の名曲を入り口として老若男女・親子で楽しんで頂ければと思っています。​


「PRINCE OF LEGEND」主題歌およびチーム曲をプロデュース m-floコメント

作品の楽曲のテーマである”80’s感”をm-floなりに80年代の懐かしさ、​キュンとするものを入れることにこだわりました。(☆Taku Takahashi)​
まさに自分は80’sの人なので、今回はすごく嬉しいオファーでした。​プロジェクトを一緒にできて嬉しかったです。(LISA)​
アーティストをやりながら、こういう芝居もやる多彩な彼らと​プロジェクトを一緒にできて嬉しいし、楽しかったです。(VERBAL)​


「PRINCE OF LEGEND」 朱雀奏役 片寄涼太(GENERATIONS)コメント

元々m-floさんの大ファンだったので、自分が出演する作品の主題歌として​関わって頂けるという話を聞いてとても嬉しかったです。​
曲も聴かせていただき、80年代の音楽が軸にありながら、m-floさんらしい雰囲気もある楽曲で​「PRINCE OF LEGEND」の世界観にとてもはまっていると思います。​チーム曲でのコラボは、自分としても新しいチャレンジになりました。​THE RAMPAGEの2人とともに、作品に華を添えるような楽曲になったように感じます。​作品に登場する各チームの雰囲気にあった楽曲になっていますので​そのあたりも楽しみにして頂ければと思います。


PRINCE OF LEGEND』​

映画2019年春 全国東宝系ロードショー!​

ドラマは10月3日より、毎週水曜深夜24:59~25:29 日本テレビにて放送​
その他、ゲーム・ライブ・イベントも決定!​

■公式サイト
prince-of-legend.jp

■映画公式Twitter
https://twitter.com/PRINCELEGEND_PR

***********************************

©「PRINCE OF LEGEND」製作委員会​
© HI-AX All Rights Reserved.



PKCZ®×DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」スピンオフ最新作は、いままでのシリーズ内でお馴染みの山王連合会ダン・テッツ・チハルの3人組が主人公の、スカッと笑えてホロッと泣けるファン必見の“純情”ムービー!

この度、映画公開に先駆け、本日8月21日(火)に映画とライブがコラボした超スペシャルなイベント『PKCZ®×DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW』を幕張メッセにて行われました。
本イベントは、映画とLIVEが融合することで、2.5次元的なフィクションの世界観をリアルに具現化したコラボライブイベントで、映画の中の登場人物たちもライブ登壇するなど、映像と音楽が一体となって大盛況だったコラボライブイベント第3弾となります。

今イベントは、最新作をいち早く鑑賞できる完成披露試写会で、幕張メッセの会場に集まった観客が一体となり、大いに盛り上がりを見せました。

また映画上映後には、 総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」が仕掛ける映像と音楽の超スペシャルなコラボライブを実施!DTC(山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹)をはじめ、PKCZ®、EXILE SHOKICHI、HONEST BOYZ®、DOBERMAN INFINITY、BALLISTIK BOYZ、縦笛兄弟(八木将康、天野浩成)、佐野玲於、登坂広臣が登壇し熱いライブを繰り広げました。イベント当日は全国で約20,000人(幕張メッセ本会場来場者10,000人、全国LV鑑賞者10,000人)を動員し、終始場内は熱気に包まれ、大盛況のイベントとなりました。

『PKCZ®×DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW』
日付: 8月21日(火)
場所:幕張メッセ国際展示場
登壇: DTC(山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹)、PKCZ®、EXILE SHOKICHI、HONEST BOYZ®、 DOBERMAN INFINITY、 BALLISTIK BOYZ、縦笛兄弟(八木将康、天野浩成)、登坂広臣、佐野玲於

映画情報どっとこむ ralph ついに『DTC –湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』が初披露! ついに初披露となった、スピンオフ最新作『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』 幕張メッセで完成披露試写会、全国の映 画館でも同時上映が行われました。オープニング映像から会場は大盛り上がりで、映像がはじまると観客は一斉にスクリーンにくぎ付けになりました。

本作はDTC3人組がバイク旅で巻き起こす奇跡の連続に、笑いあり、涙ありの “純情”ムービーで、これまでの「HiGH&LOW」シリーズ とはうってかわり、“アクションなし”で展開するハートウォーミングな青春ドラマ。

DTCならではのコミカルなシーンでは大きな笑い声があがり、ホロっと泣けるシーンでは会場全体が感動に包まれました。 ■「HiGH&LOW」シリーズ、ナレーションでおなじみの立木文彦、まさかの銀幕デビュー!? ライブにもナレーションで登場!? 「HiGH&LOW」シリーズのナレーションを担当し、ファンからの支持も高い立木文彦が、本作でスナックのオーナー役として銀幕デビューし ました!劇中、どこかで聞いたことのある味わい深い声が聞こえると、会場はかすかにざわつき始め、スクリーンに立木の姿が映し出される と、どよめきと驚きの声が発せられました!!

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、立木によるナレーションが流れると、会場は一気に盛り上がり、本作のキャストであるダン(山下健二郎)・テッツ(佐藤寛 太)・チハル(佐藤大樹)のDTCがPKCZ®を真似た衣装で登場すると、大歓声が飛び交いました!


PKCZ®になりきった3人がDJ卓のボタンを押すと、「HiGH&LOW」シリーズの人気キャラクターであるコブラ(岩田剛典)、ロッキー (黒木啓司)、雨宮雅貴(TAKAHIRO)、雨宮尊龍(斎藤工)、スモーキー(窪田正孝)らの名セリフが流れ、一気に盛り上 がりを見せました。

DTCの息のあった掛け合いに会場は笑いに包まれ、続いてPKCZ®がステージに現れると、会場は更にヒートアップ。 「PKCZ INTRO」、「CHECK THIS」、「VEGAS」、「GODZILLA」、「HIGHER GROUND」、「WERUN DIS」、「PLAY THAT」、 「BURNING UP」といった楽曲でDJパフォーマンスを披露し、会場は熱気に包まれました。

続いて登場したのは、本作の主題歌を歌うDOBERMAN INFINITY!「HiGH&LOW」ファンから人気の高い「DO PARTY」 、「Do or Die」、「SUPER BALL」、「JUMP AROUND ∞」 を一気に披露すると、会場のボルテージは一気高まり、その後ゲストとして登 壇したBALLISTIK BOYZとともに「SAY YEAH」を歌い上げました。

続いて、 NAOTO(EXILE、三代目J Soul Brothers)率いるHONEST BOYZ®と急遽、登壇が決定した佐野玲於が登場! 「HEART BREAKERZ –サビVER-」、 過去作の劇中楽曲として使用された「要!」、さらに「PART TIME HERO」で観客が一体と なり、興奮に包まれました。

さらにシークレットゲストとして登坂広臣がステージに登場すると、会場の熱は更にヒートアップ!
HONEST BOYZ®、登坂広臣のコラボとして挿入歌の「BEPPING SOUND feat.HIROOMI TOSAKA」を披露すると、圧巻のパフォーマンスを見せました。

続いて登場したのはカニ男(八木将康)・尾沢(天野浩成)の縦笛兄弟とDTC。 ここでチハルの提案により、SNSで本作を会場の客さんに宣伝してもらう為、ライブでは珍しい動画撮影OKが!
DTCと縦笛兄弟で劇中歌の「いいこと」を生披露し、独特な歌とダンスとリコーダーの音色に会場は大歓声と大爆笑の渦に包まれました!山下健二 郎、佐藤寛太が歌声を披露するのは本ライブが初となりました!


続いて登場したのはEXILE SHOKICHI!
カニ男役で実弟の八木将康と、兄であるEXILE SHOKICHIが、ライブでは初となる兄弟ならではのやり 取りを繰り広げました!

そして、新作のオープニングテーマで10月3日(水)に発売が決定した「Futen Boyz」を初披露し、 「Underdog」、 「Y.L.S.S remix」、「HEAR WE GO」を歌い上げると、会場が一気に色めきだちました。


ライブの最後には熱いパフォーマンスを繰り広げたアーティスト達が再登壇!

ここで本日が誕生日だったVERBALにサプライズで、本作の平沼紀久監督からケーキのサプライズが!


ラストには、本作の主題歌である「YOU & I」をDOBERMAN INFINITYが初披露し、イベントを締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』 9月28日(金)“3週間限定”ロードショー


まさかの…アクションなし! でも、友情・愛情・人情たっぷりの純情旅が、いま、はじまる――!

刺激的な日々を駆け抜け、疲れ切ったダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)の3人 (DTC)を待っていたのは――死ぬほどモヤモヤした退屈な時間だった。 高鳴る鼓動と青春(と女子)を求めて、行く先も決めずにバイクで旅に出た3人。だが早々に所持金が底をつき、温泉街の旅 館で日雇いバイトをするハメに…。そこで出会った若女将・マリ(笛木優子)と、一人娘・メグミ(新井美羽)。夫と死別し、娘 を育てながら旅館を切り盛りするマリに恋心を募らせるチハル。だが、マリと番頭・宮崎(駿河太郎)が互いに惹かれあっていると 知る。娘を気遣い、再婚に踏み切れないでいた二人を助けるために、仲間の縦笛兄弟(八木将康、天野浩成)、かつては闘 いあったSMG(廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝)・達磨ベイビーズ(水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇 貴)の協力を得て、3人はある作戦を実行することに!果たして、DTCの奇想天外な純情旅の結末は…?

***********************************


「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」
企画/プロデュース EXILE HIRO
監督 平沼紀久 「HiGH&LOW」シリーズ
脚本/プロデュース
脚本 渡辺啓、福田晶平、上條大輔、平沼紀久

出演
山王連合会…[DTC]山下健二郎(ダン)、佐藤寛太(テッツ)、佐藤大樹(チハル)/ 鈴木伸之(ヤマト)
SMG…廣瀬智紀(MARCO)、松田凌(COSETTE)、西川俊介(LASSIE)、西村一輝(HEIDI)、
達磨ベイビーズ…水野勝(風太)、田中俊介(雷太)、守屋光治(阿形)、井澤勇貴(吽形)
縦笛兄弟…八木将康(カニ男)、天野浩成(たて笛・尾沢)
旅館「森田屋」の女将・・・笛木優子(森田マリ)、番頭・・・駿河太郎(宮崎有起)、マリの娘・・・新井美羽(森田メグミ)

企画制作 HI-AX 配給 松竹
製作 『HiGH&LOW』製作委員会
制作 イメージフィールド
ⓒ2018「HiGH&LOW」製作委員会