「佐藤祐市監督」タグアーカイブ

男女対抗以心伝心ゲームで盛り上がり『ういらぶ』公開記念舞台挨拶 


映画情報どっとこむ ralph 累計180万部突破、星森ゆきもによる大人気コミック「ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー」(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)の映画化、『ういらぶ。』が11月9日(金)に全国公開となりました。

その公開を記念して、公開記念舞台挨拶が10日に行われ、主演の平野紫耀(King & Prince)、共演の桜井日奈子、玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎、佐藤祐市監督が登壇!

イベントでは、今だから言えるキャストそれぞれのお気に入りシーンを自ら生再現!?さらには、“以心伝心ゲーム”と題し、男子チームと女子チームに分かれ、それぞれのチームワークの良さを競い合い、撮影で築き上げた絆で、会場を盛り上げました!


日程:11月10日(土)
場所:TOHOシネマズ日比谷SCR12
登壇:平野紫耀(King & Prince) 桜井日奈子 玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより 伊藤健太郎 佐藤祐市監督 

映画情報どっとこむ ralph この日は上映後の観客に向けて好きな劇中シーンを再現する企画を実施。
平野さん:僕はご自身のシーンでいきたい!

という謎の敬語に登壇者たちから「ワードのチョイスが…」と天然ぶりを指摘され、伊藤さんを相手にピリッとした劇中シーンを再現。

平野さん:バチバチしている空気の悪い感じがとても好きです!

と再現理由を明かした。


それに異を唱えて

桜井さん:私のお気に入りシーンをやられた!ちょっとずるいよ!

とクレーム!

平野さんと磯村さんを相手に自身が演じる優羽のこじらせ場面を披露。

桜井さん:自分で観てもクスッときた場面。こじれているなぁというのが伝わってくる場面です!

と振り返った。

磯村さん:僕の好きなシーンは、血だらけになって喧嘩するシーン!

と本編にないシーンを口にすると、

伊藤さん:それは別の作品!『今日から俺は‼』の方。ビックリした~!

と自身が出演するドラマのイジリにすかさず反応していた。


映画情報どっとこむ ralph さらに『ういらぶ。』チームの心は通じ合っている!?以心伝心ゲームを男子チームVS女子チームに分かれて実施。

まずは男子チームに「初恋の味はなに?」というお題が。それに思いのほか頭を悩ませる3人。

平野さんはしれっと「次の質問で!」とパスを求めて笑わせるも、出した答えは「はちみつ」(平野)、「ストロベリー」(磯村)、「いちご」(伊藤)。

平野さんの「はちみつ」という意外なチョイスに

磯村さん:凄く甘い初恋だったんだね

と爆笑するも、女子チームは「私たちはレモンだと思った」と感想。それに

平野さん:あ~、レモンも迷った!自分は甘すぎるのに特化しちゃった!

と反省すると、

伊藤さん:はちみつレモンならちょうど良かったね、

と慰められていた。



女子チームのお題は「告白の定番の場所」で、「公園」(桜井)、「校舎裏」(玉城)、「教室」(桜田)と残念ながらバラバラ。

玉城さん:女子チームの難易度高くないですか?

と不満そうな表情だった。続く男子チームは「風邪の時に食べるもの」というお題に対して「これは余裕!」と全員が「おかゆ!」と返答。

平野さん:おかゆです!風邪を引いたら一番に食べるの!

と得意顔だった。


「ペットの定番」を出題された女子チームは、リベンジとばかりに打ち合わせ禁止にも関わらず、3人でゴニョゴニョ。

桜田さん:日奈ちゃんが私の方に向かって口をパクパクしてくる!

という内部告発もあったが、全員が「犬」と答えて大正解。それに

平野さん:まあ、あれだけ打ち合わせをしていたらね!

と不満そうだった。



男子チーム最後の問題「初デートですることの定番」という出題に、

平野さん:それはどういうことでしょうか?地域的なこと?目的地?…“すること”。いや初デートはまずいな。

と何やらよからぬ想像で、

磯村さん:一度18歳に戻ろう!高校時代に!

と規制が入る一幕も。

平野さん:女子高生が日常的にキュンとくるもの!

というヒントがありつつ、平野さんと磯村さんは「手ツナギ」と回答。
しかし伊藤さんだけ「家」と答え、

平野さん:インドア派なんだね!

とツッコんでいました。

女子チーム最後の問題「学校で食べるお昼のパンの定番は?」では、女子チームは身振り手振りを交えて「可愛い系にしておく?」「線がいっぱい入っているあれだよね?」「見た目はシンプル?」などと、かなり大胆にやりとり。

伊藤さん:君たち、ルールがあるのを知っているの?

というクレームも無視して、桜井さんと玉城さんは「メロンパン」、桜井さんは「サンドイッチ」と答えた。

これで女子チームの敗北となるかと思いきや、

桜井さん:やっぱりメロンパンで!

という訂正を佐藤監督判定でOKに。よって男女引き分けとなり、男女仲がいいという結果に収まった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
佐藤監督:撮影当初からみんなが意気投合してありがたかった。画面からみんなの仲の良さがにじみ出ている」とチームワークの良さに太鼓判。桜井は「たくさんの方に観ていただき、キュンキュンしたとか、ほろっとしたとか、たくさんの感想を聞いて、たくさんの方々に愛されて嬉しいです。これからもお友達と一緒にワイワイ楽しみながら観てほしいです。

とアピール。

平野さん:朝から『ういらぶ。』を観てくれて本当にありがとうございます。一度しかない人生の中で、僕らのことを観ていただけて嬉しいです。皆さんを見る限り、肌艶が良くなっているので、キュンキュンしてくれたのではないかと思います。友達や家族などを誘ってまた観てください!

とし、イベント閉めました。



「もう幼なじみのままじゃいられない!」
仲良しいつメンと最強ライバル兄妹。どうなる?!6人の恋と友情。

同じマンションに住む幼なじみ4人組。
お互い“大好きすぎて「好き」って言えない”こじらせまくりの凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、そんなふたりを心配して見守る暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)。
最強幼なじみチーム4人の前に、ある日、“好きなら好きとハッキリ言う”
ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。
ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!?



***********************************


平野紫耀(King & Prince)  桜井日奈子
玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより /伊藤健太郎
原作:星森ゆきも「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」
   (小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)
監督:佐藤祐市  脚本:高橋ナツコ  音楽:佐藤直紀
主題歌:King & Prince 「High On Love!」(Johnnys’ Universe)
製作:『ういらぶ。』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース 共同テレビジョン
配給:アスミック・エース
(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会  (C)星森ゆきも/小学館



平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子 こじらせラブ『ういらぶ。』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 平野紫耀(King & Prince)さん、桜井日奈子さん、玉城ティナさん、磯村勇斗さん、桜田ひよりさん、伊藤健太郎さん、で織りなす青春ラブコメ『ういらぶ。』が11月9日(金)に全国公開となります。

この度、10月9日(火)に完成披露披露試写会にて、主要キャストが勢ぞろいの舞台挨拶が行われました。

そして、【一番○○な人は誰?】と題し、劇中平野が演じる凛の“こじらせキャラ”にちなんで、【一番こじらせている人】、桜井演じる優羽のキャラにちなんだ【一番天然すぎる人】、‥‥など、それぞれの思う【一番○○な人】を大発表!


映画『ういらぶ。』完成披露試写会

日時:10月9日(火)
会場:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
登壇:
平野紫耀(King & Prince) 桜井日奈子、玉城ティナ 
磯村勇斗 桜田ひより 伊藤健太郎、佐藤祐市監督


映画情報どっとこむ ralph 会場後方の扉から現れたキャストの皆さんに悲鳴に近い歓声と拍手の渦が!!!

平野さん:とてもドSな役でして女の子にゴミ!とか言ったりするんですけど。僕自身Sではないので・・・・Mでもないんですけど。心が痛い中で演じました。でも、うちに帰った時のギャップは切り替えが大変でした。
と、語る平野さん。

桜井さん:自分とは全く真逆。そんなキャラクターだからこそ演じ涯がありました、コミュニケーションが苦手で、どもったりするのが、可愛い魅力になっているので、健気なところとか意識して演じました。
と、自己分析を兼ねたアピール。

クールビューティーな役の玉城さん

玉城さん:凛と優羽のむずむずした感じを影で見守りつつも、スパっと言うことが出来たかなと思います。

見守るおかん系男子役の磯村さん

磯村さん:おかん系男子って、初めて聞いたので・・・お姉でもないし。凄く研究しました。幼馴染を愛を持って優しく見守る。しっかり愛を持って現場入りしました!

かき乱し系のハッキリキャピキャピ系女子役

桜田さん:私自身は人見知りなのでコミュニケーション能力が高くてすぐに仲良くなれる女の子は、私も!と思いながら演じました。
と、言う桜田さんは板の上でも控えめ系。

チャラいけど秀才

伊藤さん:チャラいけど秀才。難しいなと。段々4人に影響を与えていくので切り替えは意識して演じました。

佐藤監督:ミャッ!ミャッツ!(ざわつく会場)今まで暗い系の映画を撮って来たので、恋愛ストーリーど真ん中やってみたいなと思っていて。やってみたら、伸び盛りな若いエネルギーを得られてよかったですね。で、平野君が今日の仕切りは俺に任せろ!と言っていたので(笑)スポーツ新聞のヘッドラインは俺が創るって!
と、無茶振りに!

平野さん:言ってないですって!

映画情報どっとこむ ralph 幼馴染同志の関係は憧れる?

平野さん:幼馴染でも、男子は男子。女子は女子で集まるのが定番なので、男女の幼馴染は憧れますね。

同じくらいの年の集まった合宿のような岡山ロケ、その雰囲気を尋ねられると
桜井さん:本当にこういう感じです。(笑)平野君を筆頭に監督も含めて常に笑いがある現場、ワイワイしてました。幼馴染を演じる!というよりも自然と距離が縮められましたね。


伊藤さん:年が近いって、おっしゃってましたが・・・一人ね。
磯村さん:やめろ!チョットだよ!で、同じところに泊まっていて、お風呂上りに玄関のドアからお菓子がピュッと入ってきて。覗いたら紫耀くんがみんなに配ってました!感動しました!かわいいやつ!
平野さん:見られてると思わなかった!!!恥ずかしい!
と、言いながら実演してくれるサービス精神旺盛な平野さん!
実はほかのメンバーは平野さんが配っていたのを今日まで知らなかったようでした。

映画情報どっとこむ ralph ここで、企画ういらぶナンバーワンは誰だ!コーナーに

Q1:劇中で平野が演じる凛の“こじらせキャラ”にちなんで、【一番こじらせている人】

平野さんが一番に!

平野さん:こじらせてないんですけどね。まあ実際、腰痛はこじらせてますけどね。

と、天然系爆発。

Q2:桜井演じる優羽のキャラにちなんだ【一番天然系ピュア】

平野さんが一番。天然て言えばね。で一同納得。

Q3:実花にちなんで【好きなら好きで言いそう】

これは、なぜか監督が一番!

伊藤さん:監督!言えちゃうんじゃないの!?なんでもストレートに想いを伝えてくれる方だから。
と、今日はなぜかイチャイチャな監督と伊藤さん。

そして、磯野さんを選んだ桜田さんは

桜田さん:最初は健太郎さんかなと思ったんですけど。凄い照れ屋さんなので。磯村さんにしました!

Q4:和真にちなんで、【一番チャラいのは!』

パーフェクトに監督で一致!

最後に・・・

佐藤監督:若いこれから伸びていくであろう、役者たちのエネルギーを焼き付けました!見やすく、笑いあり、涙あり、ドキドキあり。。。そして・・・楽しんでください!

平野さん:キャストの皆さん、スタッフの皆さん、監督の皆さん・・・監督。に支えていただきました。本当に素敵な青春の映画になっています。主題歌に使われています。平成最後のキュンキュンは僕たちの映画で!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ういらぶ。』

11月9日(金)全国ロードショー
公式サイト: http://welove.asmik-ace.co.jp/ 
公式Twitter:@welove_movie

≪ストーリー≫
「もう幼なじみのままじゃいられない!」 
仲良しいつメンと最強ライバル兄妹。どうなる?!6人の恋と友情。

同じマンションに住む幼なじみ4人組。
お互い“大好きすぎて「好き」って言えない”こじらせまくりの凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、そんなふたりを心配して見守る暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)。最強幼なじみチーム4人の前に、ある日、“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。
ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!? 



***********************************

平野紫耀(King & Prince)  桜井日奈子
玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより /伊藤健太郎

原作:星森ゆきも「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」
(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)
監督:佐藤祐市
脚本:高橋ナツコ
音楽:佐藤直紀
主題歌:King & Prince 「High On Love!」(Johnnys’ Universe)
製作:『ういらぶ。』製作委員会 
制作プロダクション:アスミック・エース 共同テレビジョン 
配給:アスミック・エース
(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会(C)星森ゆきも/小学館



土屋太鳳 芳根京子 予測不能の女のドロドロバトル!『累 –かさね-』メインビジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 松浦だるま先生が放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督 により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳 と 芳根京子の二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。

この度、そんな衝撃的な本作のメインビジュアルが解禁!

7月13日(金)より、全国の映画館にてメインビジュアル版のチラシ掲出が開始! キスをして顔を反転させる「累」と「ニナ」にちなみ、「表」と「裏」、反転させてもメインビジュアルの両A面チラシとなっております!


片面は、「美しいだけで、幸せですか?」「醜いだけで、罪ですか?」という衝撃的なコピーに囲まれ、顔を寄せあう土屋太鳳と芳根京子の美しくも妖しいインパクトのあるビジュアル。
もう一方では、同じ構図の2枚の写真が並べられ、土屋太鳳と芳根京子の顔が→キスをして→顔が入れ替わっていることが分かる、『累 –かさね-』の世界観を1枚で表現した不思議なビジュアル。

どちらの面も美しくダークな雰囲気を持つ、唯一無二のビジュアルとなっております!

映画情報どっとこむ ralph 劣等感と欲望が渦巻く、予測不能の女のドロドロバトル!

観た者を虜にする映画『累 –かさね-

9月7日(金)より全国東宝系にて公開!

公式サイト: http://kasane-movie.jp/


幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。

今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていたー。

ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。二ナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。

母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と。“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。

累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく―。

光と闇。 憧れと嫉妬心。 虚像(にせもの)と実像(ほんもの)。

目に見えるものだけが真実なのか―。 本当の美しさとは―。

***********************************

原作 : 「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)
監督 : 佐藤祐市
出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀れい
浅野忠信

主題歌 : Aimer「Black Bird」(SME Records)

脚本 : 黒岩勉
製作 : フジテレビジョン
配給 : 東宝
制作プロダクション:共同テレビジョン
Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


土屋太鳳×芳根京子 キスで入れ替わる「累-かさね-」実写映画化で


映画情報どっとこむ ralph イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるま先生が放つ『美醜』をテーマにした衝撃作。

人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)の実写映画化が決定しました!

伝説の女優を母に持つ淵 累(ふち かさね)は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いて生きてきた。一方、舞台女優・丹沢(たんざわ)ニナは、美貌に恵まれながらも、女優として花開かずにいた。

そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。 
累_原作画

美醜をめぐる人間の業という究極の命題を描き出した「累‐かさね‐」は、息もつかせない展開にファンが急増。成功を手にしたように思えた矢先、彼女たちの意思と反して、転がるように堕ちていく人間模様に注目が集まっています。

映画化にあたり、脚本を担当するのは、黒岩勉。監督は、映画『キサラギ』、「ストロベリーナイト」シリーズ佐藤祐市監督。

そして主演は、朝ドラ女優 土屋太鳳×芳根京子 に決定!

映画情報どっとこむ ralph
本作の映像化にあたり、口紅の力で “キス”をした相手と<顔が入れ替わる>という設定を踏まえ、土屋&芳根は、1人2役(累&ニナ)=2人1役 に挑戦!! 初共演の二人が、累(かさね)&ニナという二人の人物をそれぞれ演じ分けていきます。

土屋太鳳が演じるのは、女優丹沢ニナと、ニナの顔をした累(かさね)。NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを務め、一躍脚光を浴び、公開待機作に映画『トリガール!』、『8年越しの花嫁』、『となりの怪物くん』など主演作が続く超売れっ子が、イメージを覆す新たなヒロインへと変貌を遂げます。

そして、

芳根京子は、自らの顔が醜いと恨み続ける累(かさね)と、累(かさね)の顔をしたニナに挑みます。昨年2016年の「べっぴんさん」でヒロインに抜擢された彼女が、その愛らしい顔立ちからは想像もつかない累(かさね)の容貌に近づくべく強烈な特殊メイクを施します。

土屋太鳳と芳根京子。“朝ドラ女優”の先輩・後輩が、キスを引き金に<顔が入れ替わる>という難役に挑戦。
若手屈指の清純派女優が、イメージを覆す人生をかけた大舞台に挑みます。

映画情報どっとこむ ralph 土屋太鳳さんからのコメント

演技というものは、実は普段の生活の中で、どんな人も繰り返していると思うのです。理想と現実を埋める方法だったり、思いを伝える手段だったり。でもそれが本当の自分を隠すためのものならば、しあわせに決して辿り着けない闇の魔法のようでもあります。「累-かさね-」が描くのは、その闇に手を伸ばす禁断の世界。そこに何があるのか、監督はじめスタッフの方々、キャストの方々と一緒に思いきり堕ち、確かめたいと思います。そして女優として、「累-かさね-」の闇に酔いしれたいと思います。

芳根さんの印象について
芳根さんの瞳は近くで拝見すればするほど本当にキラキラと美しくて、多くの人に愛され守られているかたなのだなと実感します。そんな芳根さんと演技とはいえ入れ替わってよいのだろうかとドキドキしていますが、同時にとても光栄ですし、すごく楽しみでもあります。今はまだ稽古という場と役という人格を通してしか時間を御一緒していないので、これからたくさんの感情を共有させていただき、ひとつになっていけたらと願ってます。


芳根京子さんからのコメント
「累-かさね-」の世界観に入るのが楽しみでもあり、撮影期間、自分はどうなってしまうのだろうと恐怖感もあります。二役を演じるのは初めての経験なので、想像するだけでも大変なものだと思いますが、土屋さんとご一緒にお芝居出来る喜びを噛み締めながら、累とニナを丁寧に創り上げていきたいです。
メイク・衣装など沢山の力をお借りしながら、今までとは違う姿をお見せできるよう、そして自分自身も新たな自分を見つけられるよう、全力でぶつかっていきたいと思います。爆発します!

土屋さんの印象について
小柄でほんわかしているのに、ものすごくパワーの溢れる方で、とても心強いです。
「頑張ろうね」と優しく手を握ってくださって嬉しかったです。
沢山頼ってしまうと思いますが、支え合いながら累とニナを創りあげれるよう私も頑張ります。

映画情報どっとこむ ralph 累-かさね-

公式サイト:
kasane-movie.jp

ストーリー
伝説の女優を母に持つ淵 累(ふち かさね)は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌を恨み続けて生きてきた。そんな彼女に母が遺した一本の口紅。その口紅は、キスした相手と<顔>を入れ変えることができる不思議な力を秘めていた―。
一方、美貌を持ちながらも、花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ。彼女はとある理由から、女優として大成することに異常な執念を募らせながら日々を過ごしていた。
“美貌”と“才能”、互いの足りない部分を埋めるように導かれ、出会った累(かさね)とニナ。反発しながらも互いの目的の為、口紅の力を借りて、入れ替わることを受け入れる。ニナの“美しさ”と累(かさね)の“演技力”、二つを兼ね備えた「女優・丹沢ニナ」は、一躍脚光を浴び始める。しかし、その成功はやがて二人の運命を大きく変えていく―。

***********************************

原作:「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)
   ©松浦だるま/講談社
監督:佐藤祐市
脚本:黒岩勉
撮影時期:2017年8月4日~9月中旬(予定)
撮影場所:関東近郊
製作:フジテレビジョン
配給:東宝
製作プロダクション:共同テレビジョン
Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社