「佐藤祐市」タグアーカイブ

映画『累 -かさね-』衝撃の原作、遂に最終回!土屋太鳳、芳根京子から熱いメッセージ!


映画情報どっとこむ ralph 現在、13巻まで発売され累計発行部数230万部突破、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳さんと芳根京子さんの二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。
日本に先んじて、スイスで行われた第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭に出品され、目の肥えた海外の観客からの大絶賛を受け、「観客賞」を受賞! その他、続々と海外映画祭から呼ばれており、早くも海外から注目されております。


そんな映画の原作漫画が、漫画誌「イブニング」で堂々のフィナーレを迎えます!

本日発売の漫画誌「イブニング」(17号)にて、漫画「累」の最終回である第125話が掲載され、2013年から5年間続いた連載が遂に終了します。その表紙を実写映画の主演である土屋太鳳さん、芳根京子さんの2人が、映画のビジュアルで表紙を飾ります!

映画情報どっとこむ ralph そんな二人から、原作終了前日である今日、同タイミングでブログにコメントと2ショット写真をサプライズでアップ!

土屋太鳳 さん(淵 累/丹沢ニナ 役):
漫画「累」がいよいよ、明日発売する「イブニング」にてフィナーレを迎えるとのこと。
本当におめでとうございます…! 私が昨年夏に体験した累たちの世界は、なぜか「永遠」の感覚に近くて、その世界が節目を迎えることは想像が出来ないのですが、5年の月日を走り続けてきた累たちは消えるのではなく、これから更に読む人々のもとに、美しくせつなく舞い降り続けるのだと思います。「累」の世界に出会うことが出来て、本当に本当に本当によかった…!私は本当に…累たちに、どんなに救われたことでしょう。
これから末永く、そしてゆっくりと、感謝をお伝えしていけたら嬉しいです。
スクリーンの累とニナと共に、心からの愛を込めて。

芳根京子さん (淵 累/丹沢ニナ 役):
松浦だるま先生、本当に、本当にお疲れ様でした!
試写の時、だるま先生の後ろの席で鑑賞していたのですが、映画が終わった時、だるま先生が振り向いて「累になってくれてありがとう」と手を握ってくださいました。
それが、嬉しくて、ホッとして、温かくて、あぁ、累と一緒に戦ってよかった、とたくさんの感情の涙が止まらなくなり、佐藤監督がそんな私も見て「人が声を出して泣きわめく姿久しぶりに見た」と爆笑しておりました。笑
去年の夏、映画「累-かさね-」の世界を駆け抜けた時間は、この先も忘れたくない、忘れない、私の大切な大切な宝物です。最高の夏でした。
だるま先生、ニナ、累、本当にありがとうございました!!

映画情報どっとこむ ralph それに応える形で、松浦だるま先生もコメントと描き下ろしで特別イラストをアップ!

松浦だるま先生(原作者):
漫画「累-かさね-」が最終回を迎える事について、映画版主演の土屋さんと芳根さんがそれぞれInstagramとブログでふれてくださり、めちゃくちゃに嬉しいお言葉に感激しております…!映画版に触発されて完走できたと言える部分もあり、描きながらお二人の累/ニナが脳裏によぎる瞬間が何度もありました。
映画「累」の撮影現場ではさながら奇跡を見るようでした。もちろんその演技力はお二人が懸命に培ってきた経験や知識の積み重ねによって表されるのだと思いますが、それだけではなく、土屋さん芳根さんの感性の見せてくれるものが、私には素晴らしい表現として景色としてスクリーンに映って見えました。
 本物の女優であるお二人の力の見せる鮮烈な姿が、原作に与えた衝撃と影響はひとことではあらわせません。原作はイブニング本誌では明日8月10日、単行本では9月7日に最終回を迎え、同時に映画公開と、なんか生まれ変わって羽ばたいていくようです。こんな幸せな作品があるだろうか。
 ちょっとうれしすぎて長々と書きすぎなんですが、土屋太鳳さんも芳根京子さんも本当にありがとうございます。お忙しい中とは思いますが、どうかご自分の身体を大事にがんばってください!映画「累」はもちろん、その先のご出演作品もファンとして追い続けることになりそうです。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ本日終了する大ヒットコミック「累-かさね-」!
実写映画も公開までいよいよ1か月を切りました!

原作同様に、衝撃の展開の連続! 予測不能の劣等感ドロドロバトルが、9月7日(金)、開幕します…!

累 -かさね-

公式サイト:http://kasane-movie.jp/




土屋太鳳オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/tao-tsuchiya/
芳根京子オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/yoshinekyoko/
松浦だるまTwitter:
https://twitter.com/darumaym?lang=ja
***********************************

原作  : 「累 -かさね-」(講談社「イブニング」連載中)   
脚本   : 黒岩勉
監督  : 佐藤祐市
出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀 れい 
浅野忠信
主題歌  : Aimer「Black Bird」(SME Records)
製作   : フジテレビジョン
配給   : 東宝

Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


桜井日奈子ら“こじらせ”ラブストーリー『ういらぶ。』場面写解禁!


映画情報どっとこむ ralph LINEマンガの少女部門にて月刊1位を記録し、累計150万部(電子書籍含む)突破目前の、星森ゆきもの大人気コミック「ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー」が待望の映画化、そして、11月9日(金)に全国ロードショーが決定しました!

主演を務めるのは、「花より男子」の新章として話題を集めたドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」に出演、さらに、その主題歌「シンデレラガール」で5月23日にデビューを果たし勢いにのるKing & Princeの平野紫耀さん。

幼なじみのゆう優羽が好きすぎて、想いを伝えられず逆にドSのフリをしてしまう“超こじらせ男子”の主人公・りん凛に扮します!

そして・・・、

凛に思いを寄せながら自分に自信がなくて凛の恋心に気づかないピュアすぎる“超ネガティブ女子”のヒロイン・優羽を演じるのは、「岡山の奇跡」と称され、『ママレード・ボーイ』で初主演を務めるなど女優として活躍する桜井日奈子さん。

映画情報どっとこむ ralph 凛や優羽と同じマンションに暮らす幼なじみの親友、こよみ暦役に玉城ティナ。
蛍太役に磯村勇斗さん。 
凛とは正反対の“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル・和真役に健太郎さん。
和真の妹・実花に桜田ひよりさん。
実力を兼ね備えた、今最も輝くフレッシュなキャストが集結!

この秋、笑ってキュンキュン!最高に楽しい!素直になれない幼なじみたちの、究極“こじらせ”ラブをお届けします!

映画情報どっとこむ ralph まさに漫画からそのまま飛び出してきたような輝きを放つフレッシュなキャスト達について、

佐藤祐市監督:若い俳優の演技はまだまだ粗削りであるけれど、彼らの感性はとても新鮮で面白い。コミュニケーションがうまくできないキャラクターは、観客をイラつかせてしまう可能性もある難しい役ですが、愛されるキャラクターになっています。

ういらぶ。

は11月9日(金)より全国ロードショー!

物語・・・
仲良しいつメンと最強ライバル。どうなる?!6人の恋と友情。同じマンションに住む、凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組。 誰もが振り返る美男美女の4人は、高校でも最強の幼なじみチームとして憧れの的。優羽が大好きすぎてドSのフリをしてしまう超こじらせ男子の凛と、実は凛のことが好きなのに、そんな凛のせいで完全ネガティブになってしまったピュアすぎ女子の優羽。お互い“大好きすぎて「好き」って言えない”。そんなふたりを心配して見守る親友の暦と蛍太。ある日、4人の前に、“好きなら好きとハッキリ言う”、最強ライバル兄妹・和真(健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!?

***********************************

平野紫耀(King & Prince) 桜井日奈子
玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより / 健太郎
監督:佐藤祐市
原作:星森ゆきも「ういらぶ。-初々しい恋のおはなし―」(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)
脚本:高橋ナツコ  音楽:佐藤直紀
製作:『ういらぶ。』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース、共同テレビジョン
配給:アスミック・エース
©2018『ういらぶ。』製作委員会
©星森ゆきも/小学館




アラサー女のリアルな心情!?『脳内ポイズンベリー』


今週末の5月9日か公開なのが真木よう子主演の

脳内ポイズンベリー

「失恋ショコラティエ」の水城せとな原作の「脳内ポイズンベリー」はラブストーリーですが一風変わっています。

主人公の櫻井いちこは30才。

会社を辞め、携帯小説を書いて身を立てているのですが、特に小説家を目指しているということもなく、根無し草のような日々を送っています。

過去に恋愛で傷ついたことがあり、その記憶は、頭の中の記録ノートに“暗黒付箋”つきで封印。

脳内ポイズンベリー
恋愛も結婚もしたいけど、傷つきたくもない。
自分にとっての“幸せ”って、一体何? 
悩み迷うアラサー女のリアルな心情を、5つの思考の擬人化によって描き出す、新感覚の【脳内エンターテインメント】!

脳内ポイズンベリーB1
心の葛藤を、天使と悪魔がささやく…

というように二者で表すことはあるけど、この作品では

〈理性〉〈ポジティブ〉〈ネガティブ〉〈衝動〉〈記憶〉

5つの思考を擬人化したキャラクターが登場。それぞれの思考が口々に意見をぶつけ、会議を繰り広げることで、主人公の心の葛藤をコミカルに仕上がっています!!!

自分に自信がなく優柔不断な主人公・いちこを演じるのは、真木よう子さん。年下男子に翻弄されるいちこの複雑な女心と葛藤をキュートに演じ、最高のコメディエンヌぶりを発揮しています。

脳内メンバーの議長であり、理性を司る吉田を演じるのは西島秀俊さん。今までとは違う西島さんが観られまする!

また、脳内メンバーには、神木隆之介さん、浅野和之さん、吉田羊さん、桜田ひよりさんら個性豊かな演技派がズラリ。この5人が繰り広げる【脳内会議】は、舞台さながらの大迫力ですよ。

監督は『ストロベリーナイト』等の独自世界観をつくる佐藤祐市さん。

脳内ポイズンベリーB2
一度飲み会で会った、気になる年下男子に遭遇したいちこ。

頭の中では、「話しかけよう!」「覚えてるわけないって」「過去、男性にアプローチした経験がないので…(どうしたものか)」「ドキドキする!」「多数決をとろう」と【脳内会議】がスタートする! 

会議の結果は5月9日から映画館で!!

脳内ポイズンベリー

全国東宝系にてロードショー。

公式サイト: http://www.nou-poi.com

********************************************************************


脳内ポイズンベリー_ポスターキャスト:
真木よう子 西島秀俊 古川雄輝 
成河 吉田羊 桜田ひより・神木隆之介・浅野和之

スタッフ
監督:佐藤祐市
脚本:相沢友子
音楽:井筒昭雄
原作:水城せとな「脳内ポイズンベリー」
(集英社クイーンズコミックス刊/「Cocohana」連載)

(C)水城せとな/集英社 
(C)2015フジテレビジョン 集英社 東宝