「佐藤浩市」タグアーカイブ

大泉洋を主人公にあてがき。監督:吉田大八「騙し絵の牙」追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇り映画化もニュースとなったミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士の話題作で、あの「大泉洋」を主人公にあてがき(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)し、表紙モデルにも起用、2018年本屋大賞にランクインされ、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え、吉田大八監督により映画化が決定!国民的俳優と日本アカデミー賞監督との最強タッグで、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する。

先日、松岡茉優、佐藤浩市の参戦が発表され話題沸騰中の本作ですが・・・
大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 騙し絵の牙
映画情報どっとこむ ralph この度、さらに12人の追加キャストを発表!
ミステリアスでカリスマ性のある新人デビュー作家・矢代聖(やしろ・ひじり)に宮沢氷魚。そして矢代とともに速水率いる「トリニティ」を盛り上げる超人気ファッションモデル城島咲(じょうじま・さき)に池田エライザ。

亡くなった「薫風社」社長の息子・伊庭惟高(いば・これたか)に中村倫也。その惟高の後見人で保守派の常務・宮藤和生(くどう・かずお)に佐野史郎。伝統ある薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長であり、速水と敵対する江波百合子(えなみ・ゆりこ)に木村佳乃。江波の忠実な部下である編集者・三村洋一(みむら・よういち)に和田聰宏。編集長の速水を疎ましく思う「トリニティ」副編集長・柴崎真一(しばさき・しんいち)に坪倉由幸。
改革派の専務・東松(佐藤)と手を取る大手外資ファンド代表の郡司一(ぐんじ・はじめ)に斎藤工。

ヒロイン・高野の父で、小さな書店の店主・高野民生(たかの・たみお)に塚本晋也。そして高野が接触する謎の男にリリー・フランキー。速水のよき相談相手であり、お茶の間で^@も人気の文芸評論家・久谷ありさ(くたに・ありさ)に小林聡美。
そして、速水の前に立ちふさがる文学界の大御所作家・二階堂大作(にかいどう・だいさく)に國村隼。

若手からベテランまで、日本を代表する豪華キャストが勢ぞろい!
がけっぷち出版社で繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトルに花を添える。

映画情報どっとこむ ralph また、公開日が6月19日(金)に決定。

最後に笑うのは誰か!?

『騙し絵の牙』

6月19日全国ロードショー

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter:
@damashienokiba

騙し絵の牙 舞台となるのは、大手出版社「薫風社」。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。しかし速水は、一見頼りないながらも実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発…クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?


***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

3.11 その最前線で戦い続けた50人の物語 佐藤浩市 x 渡辺謙『Fukushima 50』本予告到着


映画情報どっとこむ ralph 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。

日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、2020年3月6日(金)に全国公開。

この度、史上最大規模のスケールで描く本作の本予告が遂に解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁される本予告では、邦画史上最大級のスケール感とリアリティ、 そして、すべての登場人物が生死をかけた状況に追い込まれ感情むき出しでぶつかり合う様子が克明に描かれている。
東日本大震災が発生し、“SBO(全電源喪失)”に見舞われた福島第一原発。
原子炉建屋内に突入し、人の手で作業するしかないという状況のなか、佐藤演じる1・2号機当直長・伊崎は、自分と共に危険な作業に行ってくれるメンバーを募るという、苦渋の決断を迫られる。
渡辺演じる福島第一原発所長・吉田は「そんなことも決められねぇのか本店は!現場の人間、体張ってんだよ!」と現場の作業員を代弁して本店と戦う。

そして伊崎は、「最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!」と覚悟を決める。
避難所でニュースを見つめ、祈り待ち続ける彼らの家族や、福島を想う地元メディアなどとともに、自衛隊、さらには“トモダチ作戦”を実施するアメリカ軍も登場。あの日福島では想像もしなかったドラマが繰り広げられていたことが垣間見える、迫力の予告編となっている。


映画情報どっとこむ ralph さらに、本ポスタービジュアルがオンライン上でも解禁。
解禁されたビジュアルには〈奇跡は起きると、信じたからこそ〉という言葉と、未来を守るために全力を尽くす人々の姿を写し出し、この未曾有の大災害に立ち向かう信念を感じさせる仕上がりとなった。

日本映画史上最大級のスケールと圧倒的ドラマで、今を生きる全ての人に贈る≪真実の物語≫。

『Fukushima 50』(フクシマフィフティ) 

2020.3.6 公開

公式HP:
fukushima50.jp 

twitter:
twitter.com/Fukushima50JP 


あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。

2011年3月11日午後2時46分。
マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。
太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた。

避難所に残した家族を想いながら、作業員たちは戦いへと突き進む―

***********************************




出演:佐藤浩市  渡辺謙 吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 堀部圭亮 小倉久寛 和田正人 石井正則 三浦誠己 堀井新太 
金井勇太 増田修一朗 須田邦裕 皆川猿時 前川泰之 Daniel Kahl 小野了 金山一彦 天野義久 金田明夫 小市慢太郎 伊藤正之 阿南健治 
中村ゆり 田口トモロヲ 篠井英介 ダンカン 泉谷しげる 津嘉山正種 段田安則 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美

監督:若松節朗  脚本:前川洋一 音楽:岩代太郎 原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA  配給:松竹、KADOKAWA © 2020『Fukushima 50』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『Fukushima50』世界を舞台に活躍するヴァイオリニスト・五嶋龍 キャリア史上初となる映画音楽に参加!!


映画情報どっとこむ ralph 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田(かどた)隆将(りゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』が、2020年3月6日(金)に全国公開。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、世界的ヴァイオリニストの五嶋龍が、本作で“キャリア史上初“となる映画音楽へ参加することが発表されました。彼は7歳という若さで音楽家デビューを果たすと、フジテレビ系列「五嶋龍のオデッセイ」で、その成長に密着した番組が1996年から2005年までの10年間に亘り放送されるなど、幼少期から“神童”として注目を集めてきました。またテレビ朝日系列「題名のない音楽会」では、歴代最年少司会者として番組の顔を務めるなど、音楽活動の場も多岐にわたっています。活躍の場は日本国外にも広がっており、ワシントン・ナショナル交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団など、世界各地の名門オーケストラ・著名指揮者との共演も果たし、国際的にも高い評価を得ております。
Fukushima50五嶋龍 本作では、五嶋龍の他にも、2006年に放送されたNHK朝の連続ドラマ小説《純情きらり》のテーマ曲や、2012年のNHK大河ドラマ≪平清盛≫のエンディング・テーマ曲演奏などを担当したチェロ奏者の長谷川陽子、現存する日本最古のオーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団も参加しています。

本作の音楽の主題には、アイルランド民謡の「ダニーボーイ」が採用されています。この曲の歌詞には様々な翻訳が存在しますが、その中のひとつ、戦場に赴く息子が無事に帰って来ることを望む親の気持ちを表すという解釈が採り入れられ、本作のドラマを盛り上げる楽曲のメインテーマとして採用されました。

映画情報どっとこむ ralph 音楽を担当した岩代太郎氏との録音現場では、本編映像を見ながら何度も弾き直し、ディスカッションを行い、楽曲の完成度を高めました。壮大なテーマに寄り添い、重厚なドラマに思いを馳せた音楽家たちの熱い演奏にも是非ご注目ください。

映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』

2020年 3月6日(金) 全国ロードショー

公式HP:
fukushima50.jp
twitter:
@Fukushima50JP 

佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、安田成美『Fukushima50』ティザービジュアル 本作は、2011年3月11日午後2時46分に発生し、マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれました。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか?何が真実なのか?浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになります。主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが結集。

震災から10年目を迎える2020年、あの日、あの時、あの震災で、福島原発事故で「最後の砦」になったFukushima 50の決死の覚悟を、平成から令和に移り進む今だからこそ改めて目に焼き付けてほしい。そして私たちはこの映画を通して、もう一度、東日本大震災と真摯に向き合わなければならない。

***********************************


出演:佐藤浩市 渡辺謙 吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美  
監督:若松節朗  脚本:前川洋一  音楽:岩代太郎
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA
配給:松竹、KADOKAWA 
© 2020『Fukushima 50』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「アンフェア」シリーズの作家が放つ、「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を映画化


映画情報どっとこむ ralph この度、2020年冬、全国公開にて決定した『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』の制作情報及びキャスト情報を解禁、

「アンフェア」シリーズの作家が放つ、傑作サスペンス小説本映画の原作「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊)は、篠原涼子主演で人気を博したドラマ「アンフェア」シリーズ(CX/連続ドラマ・2006年他以降SPドラマ化)の原作「推理小説」をはじめ多くのベストセラー小説を世に送り出し、「天体観測」(CX/2002年)、「ドラゴン桜」(TBS/2005年)、 「そして、誰もいなくなった」(NTV/2016年)など、 大ヒットTVドラマの脚本も手掛ける≪人気作家・秦建日子≫の最新作。
2016年に発売された小説「And so this is Xmas」を映画化するにあたって、より作品の世界観を伝えるタイトルへと一新。このたび文庫化もされる。ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされたこの原作の舞台は、クリスマス・イブの東京。突如勃発した≪連続爆破テロ事件≫でパニックに陥る日本、そして事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑が交錯する、複数の視点で展開されるノンストップ・クライムサスペンス小説だ。

完全実写映画化!「SP」シリーズの監督が贈る壮大なエンターテインメントに!
メガホンを取るのは、社会現象を巻き起こした大ヒットシリーズ、深夜帯ドラマとして異例の平均視聴率15%越えを記録した「SP 警視庁警備部警護課第四係」(CX/2007年)の演出を手掛け、両作品共に興行収入30億を突破したその劇場版2作品『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』(2010年)・『SP THE MOTION PICTURE 革命篇』(2011年)の監督を務めた≪波多野貴文≫。連続爆破テロ事件という≪未曾有の大事件≫を描く上で、“現実に起こり得るかも知れない“というリアリティに満ちた衝撃を与えながらも、刻一刻と危機へと誘う展開、次第に浮上する登場人物たちの”疑惑“、そして予測不能の結末と、娯楽性の高いサスペンス要素を満載に、誰もが幸せな時を想い待ち望むきらびやかな「クリスマス」の世界観の中、壮大なスケールで送る≪2020年冬、必見のサスペンス・エンターテイメント超大作≫として世に放つ。

波多野貴文監督コメント
平和を生きる日本。テロは海の向こう側の話。あなたの正義は何ですか?
ジョン・レノンの名曲にインスパイアされたこの原作が放つメッセージ性の強いサスペンスを映像化するにあたり、今を生きる人の様々な視点を通して、事件のインパクトを日常というリアリティを保ちながら表現しつつ壮大なエンターテインメントとして描きます。
日本に注目が集まる2020年。クリスマス。鐘の音と共にこの事件の本質を見届けて頂けたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 疑わしき登場人物たちを演じるオールスターキャスト!
主演を務めるのは、第40回日本アカデミー賞で自身2度目となる最優秀主演男優賞を受賞した映画『64-ロクヨン-前編』(2016年)や、昨今も映画『記憶にございません!』(2019年)、映画『楽園』(2019年)、映画『Fukushima50』(2020年公開予定)を始め、名立たる作品に多数出演し人々の記憶に残る名演技を披露し続ける名優・佐藤浩市。

佐藤浩市さんコメント
戯曲を映像化する面白さと難しさがある作品です。
エンターテイメント作品としての高揚感をキープしつつ,喉元にはある異物感を感じて貰う。
そんな作品にするために波多野監督以下スタッフキャストで撮了まで走りたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして、TVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS・2016年)で女優として新たな魅力を披露し話題を集め、 近年も映画『記憶にございません!』(2019年)から、 映画『マチネの終わりに』(2019年)など、コメディからシリアスまで幅広い演技を魅せる演技派女優・石田ゆり子。

石田ゆり子さんコメント
一年で一番幸せな空気に包まれるクリスマスの夜。その日にもし、東京でテロが起きたら。
登場人物の様々な視点で描かれる予測不能な展開に、 私はこの作品に込められた人とのつながりと愛について深く考えさせられました。
初めてご一緒する波多野監督、佐藤浩市さんをはじめとする共演者の皆さんとともにこの作品に込められたメッセージを一人でも多くの方に届けることができたらと思います。


更には、「チーム・バチスタ」シリーズ(CX/2010年~・劇場版2014年)や、TVドラマ「ダブルフェイス」(TBS/2012年)、「MOZU」シリーズ(TBS・2014年/劇場版2015年)など数多くのサスペンス作品に出演し、サスペンス・コメディ・ラブストーリーと様々なジャンルの話題作へと出演を続け、海外での活躍もめざましい西島秀俊が参戦。

西島秀俊さんコメント
波多野組の参加は本作で2度目になりますが、前作とは全く違った世界観でとても楽しみです。
監督ならではの娯楽性の高さとスケール感に今から期待を膨らませています。
クリスマスで賑わう街並みが、一瞬にして緊張と不安に包まれてしまう。その大掛かりなフィクションの世界に、観客の皆様と深く入り込んでいきたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK/2018年)で注目を集め、TVドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS・2019年)、TVドラマ「凪のお暇」(TBS・2019年)などの話題作に続々と出演する中村倫也、映画『旅猫リポート』(2018年)、TVドラマ「探偵が早すぎる」(TX/2018年)、TVドラマ「ラジエーションハウス」(CX/2019年)などの人気作品に出演し、2度目の舞台「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」での演技も好評を獲得した広瀬アリスが出演。カメレオン俳優との呼び声高い中村、若くして演技派女優と評価される広瀬、“若手実力派俳優”の2人が先輩・演技派俳優と共演し、持ち前の演技力を披露することとなる。

また、今注目を集める若手俳優の井之脇海を大抜擢。映画「トウキョウソナタ」(2008年)で第82回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞受賞及び第23回高崎映画祭新人俳優賞を受賞し、近年も大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK/2019年)、TVドラマ「集団左遷!!」(TBS/2019年)をはじめ注目作への出演が続く注目の人物だ。 そして、 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK/2019年)、 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018年)など、 映画・TVドラマ・舞台・CMとマルチな才能を見せる勝地涼が名を連ねる。


10月28日(月)にクランクインを向かえ、東京都内を中心に現在鋭意撮影中。
また物語のメインとなる渋谷の街を再現した巨大オープンセットを栃木県足利市に設営し、約1万人ものエキストラを動員した大規模な撮影へと臨む。また同時にエキストラの募集も受付中。

映画公式HPに掲載中です。 
www.silent-tokyo.com

映画情報どっとこむ ralph 原作:秦建日子さんコメント
小説『And so this is Xmas』の映画化が決定したというお知らせをいただき、心から嬉しく思っております。
それも『アンフェア』でご一緒した佐藤浩市さん、連続ドラマで何度もご一緒した西島秀俊さんを始め、素晴らしいキャスト・スタッフが集結してくれたと聞き、原作者冥利に尽きる思いです。
小説から映画になるにあたり、いくつか設定が変わったりストーリーラインが変わったりということはあるようですが、そこは映画製作チームを信頼して、私は原作者チェックなどの口出しは一切しておりません。
完成した映画を、映画館のスクリーンで、まっさらの状態で、大勢のお客様と一緒にドキドキハラハラしながら楽しめる日が、今からとても楽しみです。


企画プロデューサー:阿比留 一彦、紀伊宗之さんコメント
もし、東京でテロが起きたら・・・。不安を煽るわけでは決してありませんが、起こりえない事、考えもしない事を想像することが、この作品の製作に繋がっています。
作品のテーマとして家族や仲間、恋人など、普遍的な関係性を大事にしていきたいことはもちろん、今の日本には<声なき声>サイレント・マジョリティーが世論をつくっていると感じられる空気があり、その人たちが自分たちの思いを伝える機会が増えるきっかけにこの作品がなればと思っております。
また「サイレント・トーキョー」というタイトルは、東京が<サイレント>一瞬の静寂に包まれるという意味を込めました。
テロを起こしたのは誰だ。テロに巻き込まれたのは誰だ。テロを止めるのは誰だ。
一連の事件に対して、登場人物たちがどのように巻き込まれていくかをじっくり観て頂きたいです。群像劇であり、テロを起こす側の動機にも踏み込んで描いた、メッセージ性の強い作品でもありますが、当初から思い描いていた豪華キャストが揃いましたので、期待して頂ければと思います。


『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』

クランクアップは12月下旬を予定。公開は2020年冬を予定。
  

***********************************

監督:波多野貴文
脚本:山浦雅大
出演:佐藤浩市 石田ゆり子 西島秀俊 / 中村倫也 広瀬アリス 井之脇海 勝地涼 ほか 
原作:秦建日子「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊) 

Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋を主演に据え、吉田大八監督が「騙し絵の牙」映画化 コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇り映画化もニュースとなったミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士、待望の話題作で、あの「大泉洋」を主人公にあてがき(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)して表紙モデルにも起用、2018年本屋大賞にランクインされ、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(KADOKAWA刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に据え、吉田大八監督により映画化が決定!

大泉洋 騙し絵の牙
国民的俳優と日本アカデミー賞監督との最強タッグで、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する。共演には、松岡茉優・佐藤浩市、2020年6月全国で公開されることも決定した。

大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

映画情報どっとこむ ralph 大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 騙し絵の牙
主人公・速水を演じるのは、国民的人気俳優の大泉洋。
本人のイメージ通り、飄々とした性格と軽妙なトークで親しみをみせる一方で、 “いつもとは違う大泉洋”が魅せる、速水の裏に隠された本当の顔とは‥!?

大泉 洋(46)さんコメント
速水輝 役(薫風社カルチャー誌「トリニティ」編集長)

私を主人公として当て書きした塩田先生のベストセラー小説の映画化が決定し、いよいよ撮影に入ります!もちろん主演は私が務めさせていただきます。とりあえず別の俳優さんに役を奪われなくて良かったと、ホッとしております(笑) また共演に松岡茉優さん、佐藤浩市さんと伺い、これほど心強い共演者は居ないと歓喜しております。
お2人とは「上司と部下」という関係になりますが、台本上も一癖も二癖もある役どころなので、今からどんなお芝居になっていくのか楽しみでしかありません! 吉田大八という素晴らしい監督と共に、原作とはまた違う、映画版としての魅力を持った『騙し絵の牙』を創り上げたいと思います。ご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph その速水の策略に巻き込まれていくヒロインの高野役には、『万引き家族』(18)で世界に認められた若き実力派女優で大泉と映画初共演の松岡茉優。
志のある文芸誌編集者だったが、不本意にも速水の部下に。ふり回されながらも強い信念を貫き、成長していく女性を演じる。

松岡茉優(24)さんコメント
高野恵 役(薫風社文芸誌「小説薫風」の新人編集者)

高野恵役の松岡茉優です。
実家が町の本屋さんをやっている恵は小さい頃から本、そして本が好きな人たち、人と本との出会いを日常的に目撃してきました。
私自身小さい頃から本が好きで、小説も漫画も雑誌も実用書も読みますが、その形は年々変化し今では紙の本と電子が半々です。
出版業界の今を描く今作で、これからの本はどうなっていくのか、どうなっていけるのか、皆様と模索していけたらと思っています。
吉田監督とは『桐島、部活やめるってよ』以来となります。
16歳だったあの時から8年経ち、私は24歳になりました。
有難いことにあれから様々な現場を経験させて頂きましたが、8年経ったのに、とがっかりされないか。
あの時より成長出来ているのか、もしかしてあの時より良くなかったりして。
などなど吉田監督への想いで溢れます。
時間が経ってまた呼んで頂けたことを誇りに思い、緊張感を持ち、憧れの先輩方との共演に胸を躍らせながら日々過ごしていけたらと思います。
ぜひ楽しみにしていてください。

出版社の重役・東松役には、映画『64 -ロクヨン- 前編』(16)で第40回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、話題作への出演が続く佐藤浩市。傾きかけた会社を立て直すべく、次期社長候補のライバルたちを蹴落として改革を断行する容赦のない男を演じる。

佐藤浩市(58)さんコメント
東松 役(薫風社専務・次期社長候補)

大泉洋くんとは前作『こんな夜更けにバナナかよ』では
ほとんど絡みはなく、『清須会議』以来のお芝居になります。
突っ走り続ける大泉洋を間近で見るのを楽しみに現場に行かせてもらいます。

映画情報どっとこむ ralph 監督は『桐島、部活やめるってよ』(12)で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞及び最優秀監督賞、『紙の月』(14)で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した、吉田大八。『天空の蜂』(15)の楠野一郎と共に、監督自ら脚本も手掛ける。

吉田大八監督コメント
誰しもいつかは負けるので、人間はいま負けているか、勝ちながら負けることを予感しているかに分かれます。
それがわかっていても何故か戦ってしまう、どうしようもなく面倒で熱苦しい人間たちの映画を作りたいと思います。
テーマはもちろん「負けて勝つ!」です。
初めましての大泉洋さんと佐藤浩市さん、そしてお久しぶりの松岡茉優さんとの仕事を心から楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph まだ明かされていない作家や出版社の上層部・同僚などのキャストにも、超豪華な俳優陣が集結し、オールスターキャストになるそう。

軽妙でコミカルな会話劇!
組織とのスリリングな攻防!
斜陽の出版業界を舞台に繰り広げられる、仁義なき騙し合い合戦!
速水が仕掛ける“大逆転劇“の幕が上がる!

「騙し絵の牙」

2020年6月全国ロードショー

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter :
@damashienokiba

映画情報どっとこむ ralph 原作:「騙し絵の牙」
11/21(木)文庫化決定!
角川文庫/定価:720円(税別)

累計17万部突破!
2018年本屋大賞ランクイン作、新カバーで文庫化
文庫版の解説は、大泉洋!

著者:塩田 武士


***********************************


監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(KADOKAWA刊)
出演:大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 ほか
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会
撮影スケジュール:2019年10月30日クランクイン~12月中旬クランクアップ予定




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市、村上虹郎『楽園』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 国内外で多数の映画賞を受賞した『悪人』(10)、『怒り』(16)と映像化が続くベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が、『64 -ロクヨン-』(16)を大ヒットさせた瀬々敬久監督により映画化。心えぐられる衝撃のサスペンス大作、映画『楽園』が本日10月18日に全国公開いたしました。

そして、その公開に10月18日(金)にTOHOシネマズ日比谷にて開催されました『楽園』初日舞台挨拶に、主演の綾野剛さん、杉咲花さん、佐藤浩市さん、村上虹郎さん、ユップ・べヴィンさん、瀬々敬久監督が登壇しました!

映画『楽園』初日舞台挨拶
日時:10月18日(金)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:綾野剛、杉咲花、佐藤浩市、村上虹郎、ユップ・べヴィン(劇判担当)、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph はじめに本作の劇伴を手掛けたコンポーザー・ピアニストのユップ・べヴィンさんがオランダから公開初日を祝して来日し、映画『楽園』のために書き下ろした「愛華」を生演奏しイベントはスタートしました。

そしてキャスト陣が登壇しそれぞれが挨拶を終えると、初日を迎えた気持ちを聞かれ

綾野さん:ようやく、みなさんに作品を託すことができるなという気持ちが強いです。私たちが何かを感じて欲しいとか、何かを届けたいという私たちの主観よりも、この作品は観た方に託すことで、みなさんの中に何が生まれるかが重要だと思います。ここから『楽園』はみなさんのものになります。大仕事の最後の受け渡しができてとても嬉しいです。
と初日を無事に迎えることのできた感謝を述べました。次に

杉咲さん:ユップさんの曲を聞いて感じたんですけど、撮影した日々は本当に苦しくて、その日々が走馬灯のように蘇ってきて、自分にとってトラウマのような時間もあったりして、、(笑)それでも私はこの映画を観て救われたので、ひとりでも多くの方々に観ていただけると嬉しいです。

と撮影中の気持ちを吐露しました。そして、

佐藤さん:この映画を見てみなさんの中には“楽園”という言葉を悦楽的な刺激のある場所という意味合いを持って捉える方もいると思いますが、刺激的ではなくても人がいがみ合うことなく暮らせる場所を“楽園”と呼ぶのか、それは人によって捉え方が違うと思います。そのようなことをみなさんにも映画を観ながら考えてもらえると嬉しいです。

とコメントしました。

村上さん:僕の演じた広呂は作品の中では明るいキャラクターですし、作品も重たいものですし他のキャストの方は宣伝の中でも暗い服を着てることが多いなと思っていたので今日は自分が明るい服装で盛り上げる担当だな!と思ったら、、

と綾野さんの赤い衣装を見ながら村上さんはコメントし会場からは笑いが起こりました。
オランダから来日し大勢の観客の前でピアノを演奏した気持ちを聞かれ

ユップさん:オランダと日本の距離は遠いですが、音楽を演奏し瀬々監督の映画を通じてみなさんと絆を持つことができる素晴らしい経験をさせてもらっています。

と喜びを語りました。また、本作の主題歌である〈一縷〉を聴いたときの感想を

綾野さん:僕は映画を観終わった後〈一縷〉が流れた瞬間に大変助けられました。すべてを包み込み、掬い取ってくれて、なんとか立ち直るきっかけをくれたと思いとても感謝しています。(野田)洋次郎くんからもメールを頂いて『上白石さんの声でなければこの楽曲になっていなかった』と絶賛していましたので、彼女の声は真実が何も役に立たない時代になったなと思う瞬間もありましたけど、そんな時にあの声を聞くと真実を照らしてくれる声もあるんだなと思いました。

と楽曲の印象を語りました。

瀬々監督:“一縷”っていうタイトルが素晴らしいなと思います。“一縷の想い”という言葉のように一筋の光に繋がっていくんだなと思いますが、そのような想いを野田さん上白石さんと映画を通して一緒に共有できたのは素晴らしいと思いますし、オランダと日本は離れてはいますけど共通の情感があるから共感できたと思いますし素晴らしいです。

と本作の音楽面を支え、作品の世界観を作り上げた野田さん、上白石さん、ユップさんへの感謝を述べました。

映画情報どっとこむ ralph 続いてイベントは観客とのQ&Aの時間に移り、本編上映後ということもありラストシーンの解釈や物語の核心に迫る質問を投げかけられると

綾野さん:なかなか本気の質問をありがとうございます!

とコメントしネタバレを含む独自の意見を語りました。
続けて杉咲さんは撮影中に急遽瀬々監督が杉咲さん演じる紡の撮影シーンを増やすなど、撮影時の裏側を明かし会場を盛り上げました。そして、役作りについての質問をされ

杉咲さん:役作りは感情の沸点をどこに持っていくのかを意識しました。人はどのような理由をもってそのように行動するのか、どういう状況下で人は壊れるのかということを監督と話しました。私が演じた善次郎も劇中のあるシーンを沸点にすることを決めてそのシーンに持っていきました。

と役作りついて語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

綾野さん:浩一さんの沸点の話がありましたけど、僕と浩市さんは生死や怒りに対して沸点を持ち、映画の中を生きていました。世の中には陰惨な事件が沢山ありますし、Iターン、Uターン含め地方と中央の関係を見つめ直して力を合わせなければいけないと心から思います。紡と広呂は生きるということに沸点を持っています。みなさんも生きる沸点を探している人がいたら抱きしめてあげてください。

と本作に込めた想いを力強く語りイベントは終了しました。

『楽園』

10.18[FRI]大ヒット公開中!

rakuen-movie.jp

映画『楽園』本ポスター
あらすじ・・・
あるY字路で起こった少女失踪事件。未解決のまま、家族や周辺住民に深い影を落とし、直前まで一緒にいた少女の親友・紡(杉咲 花)は罪悪感を抱えたまま成長する。12年後、またそこで少女が姿を消し、町営住宅で暮らす青年・中村豪士(綾野 剛)が容疑者として疑われた。互いの不遇に共感しあっていた豪士を犯人とは信じ難い紡だったが、住民の疑念が一気に暴発し、追い詰められた豪士は街へと逃れ、思いもよらぬ自体に発展する。その惨事を目撃していた田中善次郎(佐藤浩市)は、Y字路に続く集落で、亡き妻を想いながら、愛犬・レオと暮らしていた。しかし、養蜂での村おこしの計画がこじれ、村人から拒絶され孤立を深めていく。次第に正気は失われ、想像もつかなかった事件が巻き起こる。Y字路から起こった2つの事件、そして3人の運命の結末は―。

***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎  片岡礼子  黒沢あすか  石橋静河  根岸季衣  柄本 明
佐藤 浩市
主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ)
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)  監督・脚本:瀬々敬久

配給:KADOKAWA
制作プロダクション:角川大映スタジオ 
©2019「楽園」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

綾野剛“役作りはしない”という作品への向き合いかたとは。 『楽園』特別インタビュー!!


映画情報どっとこむ ralph 国内外で多数の映画賞を受賞した『悪人』(10)、『怒り』(16)と映像化が続くベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が、『64 -ロクヨン-』(16)を大ヒットさせた瀬々敬久監督により映画化。心えぐられる衝撃のサスペンス大作、映画『楽園』が10月18日(金)に全国公開する。

綾野剛・杉咲花・佐藤浩市『楽園』 青田に囲まれたY字路で起こった少女失踪事件から12年後、事件は未解決のまま再び惨劇が起こった。事件の容疑者として追い詰められていく青年・中村に綾野 剛。消息を絶った少女と事件直前まで一緒だった親友・湯川 に杉咲 花。罪の意識を背負いながら成長し、豪士と互いの不遇に共感しあっていく。Y字路に続く集落で、村八分になり孤立を深め壊れていく男・田中に佐藤浩市。次第に正気は失われ、想像を絶する事件へと発展する。そして、柄本 明、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、根岸季衣、石橋静河と、豪華かつ個性溢れる面々が揃い、作品世界を完成させた。Y字路から起こった二つの事件、容疑者の青年、傷ついた少女、追い込まれる男―。三人の運命が繋がるとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。彼らが下した決断とは─。 “楽園”を求める私たちに、突き付けられる驚愕の真実とは─。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の主演である綾野剛が自身の演技論について語っている特別インタビュー映像が解禁となりました!

綾野が本作で演じた“豪士(たけし)”を演じるにあたって役作りについて問われると「役作りはしていないです。豪士にとって必要なものをひたすら“土地”から吸いあげる。事前に豪士の住んでいる家やY字路にも行くことができましたので、そこから必要なものを吸いあげました。そうすると覚悟が決まってくるんですよ。これからストーリーで起こることは私たちも分かっているので、そこに向かっていく覚悟を“土地”に決めさせる。だから役を作っていくということはなかったです。」と綾野流の役への向き合い方を語っています。

そして、綾野とは映画『64-ロクヨン-前編/後編』(2016)以来のタッグとなる瀬々敬久監督は「綾野君は、僕の映画美学校時代の教え子の作品に出てくれた時から知っていますが、その頃から一貫して、繊細さと狂気を持ち続けている。苦労を重ねて今に至り、売れっ子になっても変わらぬインディーズ魂を持っていて、豪士のような難しい役を面白がって演じてくれる。自分の設計図的なものを予め持って入ってくるが、現場では相手に応じて柔軟性を持って変わっていくんですよ。」と綾野の役者としての姿勢を称賛しています。10月18日(金)の公開日が迫ってきた本作への期待と、確かな実力で迫真の演技をみせる綾野剛の活躍から目が離せません!



映画情報どっとこむ ralph また、本作の主題歌「一縷」が10月14日(月)より配信開始いたしました。作詞・作曲・プロデュースの野田洋次郎はTwitter上で「期せずして、このような時期に配信になりました。でも、懸命に今を生きる『あなた』にただ届いてほしいと願って作った曲です。少しでも伝わるものがありますように。」と発信、早速多くのファンから反響が多く寄せられており、『君の名は。』、『天気の子』の新海誠監督も「嫉妬するくらい素敵です」とコメントしています。

『楽園』

10.18[FRI]全国ロードショー
映画『楽園』本ポスター
***********************************


綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎  片岡礼子  黒沢あすか  石橋静河  根岸季衣  柄本 明
佐藤 浩市
主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ)
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)  監督・脚本:瀬々敬久
rakuen-movie.jp  配給:KADOKAWA  制作プロダクション:角川大映スタジオ ©2019「楽園」製作委員会

⦅第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント“Focus on Japan”正式出品作品⦆
⦅第24回釜山国際映画祭“A Window on Asian Cinema”正式出品作品⦆




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

綾野剛・佐藤浩市 お互いのイメージを・・・大阪『楽園』舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が、2部作の超大作『64-ロクヨン-』(16年公開)を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久の監督・脚本により映画化した『楽園』が10月18日(金)公開となります。

公開に先立ちまして、本作主演の綾野剛さん、佐藤浩市さん、監督を務めた瀬々敬久さんが来阪、舞台挨拶を行いました!
『楽園』綾野剛×佐藤浩市×瀬々監督、大阪で舞台挨拶
映画『楽園』舞台挨拶
日時:10月9日(水)
場所:TOHOシネマズ 梅田・本館
登壇:綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 多くの観客で埋め尽くされた会場。
事前に登壇者を知らされてなかった観客の前に、綾野剛さん、佐藤浩市さん、瀬々監督さんが登場すると、大きな歓声が沸き起こった。
綾野さん:皆さん、こんばんは。大阪~大好き~!(お客さん「いえ~い!」)いいですね~。これがやりたかったんです。今日の一番やりたかったことができました。今から作品を観て頂くということで、砕けてもよくないかなと思いつつ、この時間はこの時間なので。楽しみましょう。宜しくお願いします。

佐藤さん:どうもこんばんは。佐藤です。えーー、壊れてます(笑)。今日は朝から稼働していて、ちょい壊れかけています(笑)。楽しめるような作品ではないと思いますが、何か持って帰って頂きたいなと思います。本日はどうぞ、宜しくお願い致します。

瀬々監督:一時期関西に住んでいたこともあったので、お!ナビオ阪急か。と思って来ました。あとこの劇場は、シネコンらしからぬ、昔ながらの劇場スタイルなので、いい感じだなと思っています。今日は宜しくお願いします。

とそれぞれの挨拶で和やかにスタートした。

関西への思いに対する質問に

綾野さん:関西大好き!大阪で撮影をしたことがないので、今後ぜひ大阪で撮影がしたいです!

と熱望。撮影場所はたくさんあるのでぜひというMCに対し

綾野さん:ほんまですか?いや、ゆうてもでしょ~?

と関西弁で突っ込むシーンも。一方、

佐藤さん:僕らの世代は京都の撮影所が非常に多くの作品を撮っていた時代なので、僕にとっての関西は京都ですね。

と振り返った。

3名とも『64-ロクヨン-』でタッグを組んでいるので、今回それ以来の再集結。

瀬々監督:綾野さんは15年以上前、まだこんなにメジャーになる前から知っているけれど、繊細さとインディーズ魂を持ち続けており、作品の大小に関わらず取り組んでくれ、それが作品によく出ているなと思います。浩市さんは、見えないと思いますけど同い年で(笑)、頼れる上司みたいな役が多いですが、実はとても優しい心の持ち主だなと思っています。

と語った。

綾野さんは佐藤さんに対し、

綾野さん:『64-ロクヨン-』からずっと背中を見続けていますね。浩市さんの背中には修羅があるというか、今まで起こった色々なことや思いを背中から感じるんです。今回ご一緒出来ることになった時もとても安心感がありました。普段はプライベートでも食事に行ったりします。

と信頼感をにじませた。

一方、佐藤さんは綾野さんを
『楽園』綾野剛×佐藤浩市×瀬々監督、大阪で舞台挨拶
佐藤さん:ハードな部分とソフトな部分を持ち合わせていますね。中堅と呼ばれる一番難しい年齢に差し掛かっていますが、例えば、綱渡りをするにしても安全な渡り方をしたいって思う役者もいるけれど、どうせやるなら目隠しして渡った方がおもしろいでしょって言えるハードな面もあるし、冷静にちゃんと人を観察している面もあり、すごく多面的な部分を持った役者だと思います。

と絶賛。

綾野さん:今めっちゃ観察してます!

と客席を見つめ、笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph また、本作の役にちなんで〈追い詰めたこと、追い詰められたことはあるか〉という質問に対し、

綾野さん:自分で自分を追い込んで、追い詰められていますね。どうやったら映画に対して等価交換できるのかということを考えて精神的にも追い込んで、今回もいいとこまでいけたかなと思います!

とストイックさを感じさせた。対して

佐藤さん:僕らの時代は追い込まれまくりですね。相米信二監督というワンシーンワンカットで有名な監督がいて、『魚影の群れ』という映画の撮影初日は午前中いっぱいリハで、午後になってやっとテイクを回し始めて、何十テイクも撮った後に、今日はもうやめようと言われて凄くショックでした。けれどそういった追い込まれた状況っていうのは、その後の自分にとって決してマイナスじゃなかったと思います!

と当時を振り返った。一方、昨日飲みすぎたという監督は

瀬々監督:僕はもう毎日追い詰められて生きてますよ。いまも追い詰められてます。はやく帰りたいです。

のセリフに、すかさず

綾野さん:ただの二日酔いじゃないですか!

とつっこみ、場内は笑いに包まれた。

また、最近大盛り上がりのスポーツについて話題がおよび、スポーツ大好きな綾野さんは

綾野さん:ラグビーに、世界陸上に、マラソンのMGCに、そろそろ出雲駅伝も始まりますよね!本当によだれダラダラです。映画はどこか虚構な部分がありますが、スポーツは無条件で本当に圧倒的なノンフィクションですよね。

と目を輝かせた。

佐藤さん:我が横浜ベイスターズは阪神タイガースさんに先日負けましたもので。ぜひ阪神タイガースの皆さんには巨人戦頑張っていただきたいと思います!!

とエールを送り客席から大きな笑いと拍手が起こった。するとなんと巨人ファンだという監督が

瀬々監督:さっき速報をみたら現在巨人が勝っているそうです!僕の嫁は阪神ファンなので、帰ったらバトルが起きると思います。

と続けた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・、

瀬々監督:丁度1989年に監督になって30年目になるのですが、『楽園』は30周年記念映画だと思っています。いつの間にかなんでこんな時代になっちゃったのかなぁと、普段思ったりします。こんなにいがみ合ったりとか、国と国が憎しみあったり、こんなはずじゃなかったなぁと。そんなことを思いつつ作った映画です。何か感じてもらえればいいなと思います。

佐藤さん:掛け違えたボタンというのは掛け直すことができるんですけど、掛け違えたボタンを掛け直すこともできずに、自分で一番望まない所に向かってしまう弱者がいるという事を、観て考えて頂けたら嬉しいなと思います。その中で、そこに『楽園』というこのタイトルの意味合いとかを色々オーバーラップにして考えてほしいです。

綾野さん:この映画が皆さんにとって、出会ってよかったと思える作品になったら本当に幸いですし、舞台挨拶前も流れていましたけど、《一縷》という曲があります。これは“一括り、ひとまとめ”という言い方もできるんですけど、きっとこの作品で皆さん打ちのめされる部分もあると思いますし、苦しくなる部分もあると思います。ですがこの楽曲が必ず皆さんを包み込んでくれていると信じております。帰られた後、ご家族だとか、お子さんなのか、兄弟なのか、彼氏なのか彼女なのか、自分にとって大切な愛おしい人をもう一度抱きしめてみてください。この映画は、世の中には抱きしめなければいけない人がいるということを、僕たちは映画という形で伝えられたらと思っておりますので、皆さんにこの映画を託します。是非受け取って頂けたら幸いです。

と挨拶し締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 主演を務めるのは、人気、実力を兼ね揃える綾野剛。また、『64-ロクヨン-』で圧巻の演技力を見せつけた佐藤浩市。そして、多数の話題作を世に送り出し、現在、日本映画界の期待を最も集める監督・瀬々敬久。この豪華3名が『64-ロクヨン‐』以来の再集結を果たし完成させた、心えぐられる衝撃のサスペンス大作。

映画『楽園』

10.18[FRI]全国ロードショー
rakuen-movie.jp

楽園
***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎  片岡礼子  黒沢あすか  石橋静河  根岸季衣  柄本 明
佐藤 浩市
主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ)
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:角川大映スタジオ
©2019「楽園」製作委員会

⦅第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント“Focus on Japan”正式出品作品⦆
⦅第24回釜山国際映画祭“A Window on Asian Cinema”正式出品作品⦆




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ