「佐藤寛太」タグアーカイブ

登坂広臣、佐藤寛太、NAOTO、山田裕貴ら「HiGH&LOW THE MOVIE 3」大ヒット感謝祭


映画情報どっとこむ ralph シリーズ最終章「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」が11月11日(土)より公開され、2週連続興行ランキング邦画第1位を獲得しました!さらに公開から本日のイベント時までで興行収入9億円 (動員 65万人)を突破!

シリーズ4作では、累計55億円(動員420万人)を突破しました!
最新作の大ヒットを記念して、丸の内ピカデリー1ではこれまで見守ってくださった ファンの方々への御礼の意味を込めた、大ヒット感謝祭舞台挨拶を行いました。

当日は登坂広臣、山下健二郎、佐藤寛太、ELLY、NAOTO、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタルの超豪華キャスト8名が集結し、「HiGH&LOW」シリーズへの想 いや今後期待する展開について語りました。

尚、本日の舞台挨拶の模様はライブビューイングで全国236劇場(2回目は 225劇場)に生中継されました!

日付: 11月26日(日)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:登坂広臣、山下健二郎、佐藤寛太、ELLY、NAOTO、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル

映画情報どっとこむ ralph イベント当日は、登坂広臣、山下健二郎、佐藤寛太、ELLY、NAOTO、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタルの超豪華キャスト8名が集結し、「HiGH&LOW」シリーズへの想いや今後期待する展開について語りました。

ついにシリーズ最終章『THE MOVIE 3/ FINAL MISSION』が公開をされ、2週間が経ちました。ドラマや映画・ライブ・アルバムなど、 いろいろな形でこのプロジェクトに接してこられたかと思いますが、長らく応援してくださっているファンの皆様へはどういった想いがありますか?ま た、「HiGH&LOW」に携わって、得たものや変化したことなどはありますか?

山田さん:「HiGH&LOW」は俳優として多くの人に知ってもらえるきっかけになった作品だったので、僕の中でとても大きな作品です。ドラマシリーズで山 王連合会に最初に負けてしまうチームだったからこそ、シリーズ通して「他のチームに負けないぞ」という熱い思いで撮影できました。

山下さん:約3年間同じ役を演じさせていただいて、この映画を通して後輩であったり他の共演者の人とのつながりや絆が深まったかと思います。

佐藤(寛)さん:バイクシーンや派手なアクションシーン等、映画だからこそ撮影できたシーンでは、皆さんの協力があって作り上げられた作品なのかと 思います。

ELLYさん:僕はMIGHTY WARRIORSの音楽を作ることができたのが嬉しかったですね。個人的にはMOVIE2から出演している弟のLIKIYAがかわ いくて、普段とは違う一面が見られてよかったです。

登坂さん:他の皆さんはチームでの撮影なので羨ましいですね。雨宮兄弟は見どころあるシーンで登場することが多いので、全てを出し尽くす思いで頑 張りました。

(会話の流れで雨宮広斗が劇中でいつも冷静であるという話で盛り上がり・・・)

NAOTOさん:広斗(登坂広臣)は役柄的にいつも冷静で落ち着いているから、雨宮兄弟がとんでもなく焦る続篇を観てみたいですね。空港でパス ポートを忘れたことに気づくとか(笑)

「HiGH&LOW」は、一旦完結という形になりましたが、劇中、その先を予感するシーンもあったかと思います。今後の展開への期待はいか がですか?

山下さん:僕も広斗が焦るところは観てみたいですね。あとはDTCで面白いことが出来たら良いなと思ってます。8割笑いで、アクションなしのほっこりス トーリーがやってみたいですね(笑)

NAOTOさん:マイティとしてもMOVIE3の最後に「NEXT STAGE」と言ってるんで、物語の次のステージに期待してます。

鈴木さん:鬼邪高としては、番長である村山(山田裕貴)の髪型が元に戻るまで待たないといけないですね(笑)あとはDTCに絡んでみたいです!

山田さん:僕はITOKANに行ってみたいですね!チームをこえてのストーリーに期待したいです。

一ノ瀬さん:村山さん(山田裕貴)が卒業を匂わせてくるんですが、関としては生涯この三人と過ごしたいと思うくらい、鬼邪高校の物語が続いてほし いです!

映画情報どっとこむ ralph 最後に一言

山下さん:本日は大ヒット感謝祭にお越しいただきまして、ありがとうございました。 「HiGH&LOW」は3年間続いているプロジェクトですが、 最終章といえどまだまだ続きそうな感じがしているので、 引き続き応援していただければと思います!

登坂さん:皆さんの応援のおかげで映画も大ヒットとなり、嬉しく思っています。 引き続き、みなさんそれぞれの楽しみ方で「HiGH&LOW」の世界観を 楽しんでもらいたいと思います。


HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL

物語・・・
チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利したSWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたその場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五 朗) が乗り込んでくる。九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をはるかに超えて強力だった。琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄 弟 (TAKAHIRO、登坂広臣)が、命懸けで公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十 分によ りすぐ釈放。打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく──。 大切な仲間 を狩られ、愛する地元の街に吊された山王連合会。 大切な根城のクラブ「HEAVEN」を金の力で追い立てられるWhite Rascals。 鬼邪高校や、達磨 一家の本 拠地も壊滅状態。 固い結束を誇る山王連合会は分裂の危機に晒され、コブラ(岩田剛典)は一人、九龍に闘いを挑むが、逆に拉致され激しい拷問に あってし まう。 “無名街”には重機が入り、無残にも九龍に破壊されていく。ここにいては家族に危険が及ぶと察知したスモーキー(窪田正孝)は、皆に逃げろと告げて、 一 人街に残り、敵に対峙しようとするー。 政府と裏でつながっている九龍グループは、かつて政府主導で行われた不正を隠ぺいするため、SWORD地区の“無名街”を 爆破、その跡地にカジノ建設を目論んでいた。その事実を知った琥珀は、コブラ救出作戦を決行。一堂に会したSWORDメンバーと琥珀・九十九・雨宮兄弟たちは、 隠ぺいを暴くための“3つの証拠”を見つけだし、九龍の野望を永遠に打ち砕くことを決意する。 「これが最後の喧嘩だ!」政府によるSWORD地区の爆破セレモニー が 刻一刻と迫るなか、九龍グループの圧倒的戦力をくぐりぬけて、“ファイナル・ミッション”に走る若者たち──。伝説として語り継がれるSWORD最後の闘いが、いま始まる。

***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
脚本:平沼紀久、渡辺啓、上條大輔、Team HI-AX
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW THE MOVIE」監督)、中茎強 (「HiGH&LOWドラマSEASON2」監督)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW THE MOVIE」/「るろうに剣心」シリーズ)
企画制作:HI-AX
配給:松竹
製作:「HiGH&LOW」製作委員会
©2017「HiGH&LOW」製作委員会
    


佐藤寛太 x 美沙玲奈 イタズラなKiss THE MOVIE3 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数3500万部を誇り、“永遠の乙女のバイブル”として世代を超えて愛され続ける少女漫画「イタズラなKiss」(通称“イタキス”)。初の映画版「イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~」、続編の「イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~」に続く、最終章「イタズラなKiss THE MOVIE3~プロポーズ編~」が11月25日(土)、ついにユナイテッド・シネマ豊洲にて公開となります。

シリーズの完結編となる本作では、入江の婚約相手が登場し、琴子の恋に絶体絶命のピンチが到来。入江と琴子に加え、個性豊かな登場人物たちが史上最大のプロポーズ合戦を展開します!

前作に引き続き、佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生に加え陣内孝則、石塚英彦、鈴木杏樹が好演し、監督も溝口稔が続投。はたしていくつの恋が成就するのか、最後まで目が離せない波乱の最終章が幕を開けます!
そんな本作の公開を記念しまして初日舞台挨拶に佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、溝口稔監督が登壇しました。

映画『イタズラなKiss THE MOVIE3~プロポーズ編~』初日舞台挨拶
開催日:2017年11月25日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇者:佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、溝口稔監督

映画情報どっとこむ ralph 映画『イタズラなKiss THE MOVIE3~プロポーズ編~』の公開を記念して開催された本舞台挨拶。

満席となった客席を見て、まずは前2作に引き続き主演を務めた、佐藤寛太さんと美沙玲奈さんから挨拶。

佐藤さん:こうやって公開の日を迎えることができて、ひたすら感謝の気持ちでいっぱいです。

と語ると、

美沙さん:1作目の撮影から約3年が経って、本当にあっという間だったなと感じています。この場に立つことができて嬉しいです。

と語り、公開を迎えたことを感慨深く語っていた。

映画情報どっとこむ ralph 3作にわたって、入江直樹、相原琴子というキャラクターを演じてきたことを振り返って、

佐藤さん:直樹というキャラクターは初めから完璧な人間として描かれていましたけど、その一方で欠けていた人間らしさを琴子との関係を通して作りあげられてきたと思います。特に今作ではその変化が顕著に見られるんじゃないですかね。

と語れば、

美沙さん:今回は切ないシーンが多いんですけど、映像として見えない場所でもたくさん悩んでいたと思うんです。一途に思い続けている入江君とのことだけではなくて、お父さんや友達、いろんな人との関係に向き合いながら琴子は成長してこれたんだな、と感じています。

と、キャラクターのシリーズを通しての成長を語った。


本作の見どころを尋ねられると、

佐藤さん:(1作目の)高校時代から、年を重ねるにつれ、周りの環境が変化していく中で、入江と琴子はもちろん、金之助、理美、じんこが成長してきた姿に注目してもらえれば。

と語れば、

美沙さん:今回は金ちゃん(金之助)や他の男の子に猛アタックされてモテモテな琴子に注目してください!でも琴子はいつでも入江君が一番なんですけど(笑)

と、語った。


映画情報どっとこむ ralph そして映画「イタキス」シリーズを通して監督を務めてきた溝口監督は、本作に登場し、原作のなかでも屈指の名シーンとしてファンから支持されている“雨のプロポーズ”シーンについて

溝口監督:このシーンは原作で一番の名シーンなので、気合いが入りましたね。撮影場所から、照明、美術とこだわり抜いて撮影に臨みました。夜のシーンだったのですが、撮り終わった頃には日が昇り始めていて、佐藤君と美沙さんは夜通しずぶ濡れになりながら頑張ってくれました。

とこだわりと苦労を語った。それを受けて、

美沙さん:佐藤君は途中まで傘をさしていたからよかったけど、私は最初から最後まで濡れ続けていました!(笑)

と語り、

佐藤さん:大切なシーンだったんですけど、僕も美沙さんも緊張はしていなくて、撮影直前に夜食のハンバーガーを食べちゃうくらい、リラックスして臨めました。これもシリーズを通して築いた二人の関係性のおかげだと思います。

と、撮影当時の様子を振り返った。

また、主演の佐藤さんと美沙さんについて溝口監督は

溝口監督:最初の頃はリハーサルを重ねて、色々と要求をしていましたけど、3本も同じ役をやっていると、キャラクターが染みついていますよね。演技をしているようには見えないくらい、自然と細かい動作まで入江と琴子になっていて、さすがでしたね。

と絶賛し、二人をねぎらうと、佐藤さんと美沙さんはともに恐縮しながらも達成感を滲ませていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に佐藤さんと美沙さんが代表してあいさつ。

佐藤さん:初めて主演を務めさせていただいた作品で、原作や演じた入江直樹というキャラクターにも、とても思い入れがあります。素敵な作品になっているので、少しでも多くの方に観ていただけたら。

美沙さん:多くの方にお越しいただいて本当に嬉しいです。ぜひ入江くんと琴子の物語の結末を見届けてください。

呼びかけ、盛況のうちにイベントは終了した。

物語・・・
「入江くんが結婚!?」 いつか憧れの入江直樹(佐藤寛太)を振り向かせることを夢見る相原琴子(美沙玲奈)だったが、入江は父の会社の経営難を助けるために、取引先の会長の孫娘との縁談を承諾してしまう。今回ばかりは諦めなくては、と「琴子LOVE」を貫く金之助(大倉士門)とデートをしても、考えるのは入江のことばかり…。雨に打たれながら叶わぬ恋に悩む琴子。そんな彼女のもとにやってきて傘を差しだす入江。そこで、入江が明かした本当の思いとは…!?

『イタズラなKiss THE MOVIE 3 ~プロポーズ編~』

公式サイト:http://itakiss-movie.com/  
Twitter:@itakiss_movie

***********************************


監督・脚本:溝口稔  
原作:多田かおる「イタズラなKiss」
出演:佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生、陣内孝則ほか  
製作:「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会  
配給:ギャガ・プラス 上映時間:117分
公開表記:11月25日(土)より ユナイテッド・シネマ豊洲にて一週間限定公開
主題歌:H△G『イタズラなKiss と ラブソング。』(株式会社 徳間ジャパンコミュニケーションズ)
ⓒ「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会
ⓒ多田かおる/ミナトプロ・エムズ


「恋と嘘」森川葵、北村匠海、佐藤寛太が登壇 バス停のキスシーンに!


映画情報どっとこむ ralph 「恋と嘘」。原作とつながりを持つアナザーストーリーとして待望の実写映画化、10月14日(土)より絶賛公開中です。

森川葵、北村匠海、佐藤寛太が登壇して舞台挨拶が行われました。公開後の周囲からの反響、撮影の裏話、更には観客も交えて印象に残ったシーンを振り返り、大盛況のイベントとなりました。

映画『恋と嘘』公開記念舞台挨拶 概要
日程:10 月24 日(火)
場所:TOHOシネマズ渋谷
登壇:森川葵、北村匠海、佐藤寛太

映画情報どっとこむ ralph 映画を観終えた観客の前に、森川葵さん、北村匠海さん、佐藤寛太さんが登場!!!熱気が会場を包みます。

森川さん:今日はお集まりいただきありがとうございます。楽しんでいただけましたでしょうか?

と観客に問いかけると、大きな拍手に包まれました。続いて、

北村さん:公開後で上映後ということで、気を張らずに楽しくいけたらと思います。

佐藤さん:今日は短い時間ですがよろしくお願いします。

との挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 10月14日(土)に公開を迎えた本作の周囲からの反響を問われると、

森川さん:お母さんから珍しく『映画観に行ったよ』と連絡が来ました!『名前が一緒だから感情移入して泣いちゃった』って」と温かいエピソードを披露すると、北村は「冒頭にも出演してる(DISH//のメンバーの矢部)昌暉が『見たよ。面白かったね。ただのラブストーリーじゃないね』って言うんですけど、お前も出てるだろ!って(笑)

と会場の笑いを誘いました。
また、佐藤さんは地元・福岡に帰郷したことを

佐藤さん:帰“福”して

との発言に会場からどっと笑いが起こる中、

佐藤さん:高校時代の友達とカラオケに行ったときに、阪本奨悟さんの『HELLO』が流れて、この映画観たよって言ってくれて、気恥ずかしかったですけど嬉しかったですね。

と友人からの反響を明かしました。友人からの反響というところで、

森川さん:真剣佑が見てくれたね。

と明かすと、

北村さん:『匠海、観たよ。最高だったよ~。寛太、良いね!』って言ってくれました。

と俳優仲間の新田真剣佑から連絡を貰ったとのこと。佐藤と新田は面識が無かったが、北村の誘いで3人でご飯に行ったこともあるといいます。

映画情報どっとこむ ralph そして、鑑賞間もない観客に

「最もキュンキュンしたシーン」をTwitterにハッシュタグを付けて投稿してもらうと、「高千穂の『もう黙れよ』」、「葵のほっぺツン」、「(葵と高千穂の)バス停のキスシーン」など多くのコメントが寄せられました。バスに乗り込もうとする葵に高千穂がキスをするシーンについて、

森川さん:バスにいっぱい人がいるのに、その前でキスして大丈夫なのかなと。

佐藤さん:停車してから、走り去るまで長いよね。

と当時の心境を振り返ると、

北村さん:バスの中の人の気持ち考えて!

とまじめな北村さんにツッコまれる佐藤さん。



また、「最も泣けたシーン」という投稿には

司馬が高千穂に葵と接するときにしてあげて欲しいことを伝えるシーン。が最も多く挙げられ、「葵が空港に向かって走るシーン」なども人気を集めました。キャスト陣からは「公園で葵が一人泣くシーン」が挙げられ、

森川さん:司馬の気持ちに葵が公園で泣くシーンで、古澤監督がサプライズで匠海くんを呼んでくれて、司馬の葵に対する気持ちをわざわざ読んでくれたんです。

と出演シーンではないにも関わらず北村さんがいてくれたことに驚いたとのこと。

北村さん:(葵ちゃんが)リハーサルで号泣しちゃって。本番はもう一押しと思って、台本を閉じてアドリブで司馬の葵に対する気持ちをそばで語りかけました。

と粋な計らいをし、

森川さん:すごい泣けた。

と撮影秘話を披露すると、それに対して

佐藤さん:自分のお芝居で相手に泣いて貰えるなんて大変だと思うので、本当素敵だなと思います。

と感銘を受けた様子。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に、

佐藤さん:エンドロールの後まで観ていただいて一つの作品になっています。まだまだ上映が続くので大切な人やお友達と映画館に足を運んでいただけたら嬉しいです。

北村さん:幸せとは何だろうって考えさせてくれる作品になっていて、ただのラブストーリー映画ではないです。これから先もたくさんの人々に観ていただきたい作品なので、皆さんどうかお力をお貸しください。

森川さん:さっきも楽屋で、こうやって3人で舞台に立つのは今日が最後かもしれないねって話していたら、すごい寂しくって。二人と一緒に『恋と嘘』を作れて本当に良かったなって思っています。公開してたくさんの人に反響をいただいて本当に幸せだなと思っているところです。良かったらまた見に来てください!

とそれぞれ想いを滲ませ、興奮冷めやらぬ本イベントは幕を閉じました。
物語・・・
いつもそばにいる“最高”の幼なじみと、政府が教えてくれた“最良”の結婚相手。運命の恋はどっち?
少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

公式サイト:koiuso.jp 
公式Twitter:koiuso_jp

***********************************

森川葵
北村匠海  佐藤寛太
浅川梨奈 田辺桃子 / 遠藤章造 眞島秀和 温水洋一
中島ひろ子 三浦理恵子 木下ほうか / 徳井義実
監督:古澤健(『ReLIFE リライフ』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
原作:『恋と嘘』ムサヲ(講談社)
主題歌:阪本奨悟「HELLO」(A-Sketch)
制作プロダクション:The icon 
配給:ショウゲート (C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社


『イタズラなKiss THE MOVIE3~プロポーズ編~』公開決定&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数3500万部を誇り、“永遠の乙女のバイブル”として世代を超えて愛され続ける少女漫画「イタズラなKiss」(通称“イタキス”)。

2016年11月に公開された初の映画版「イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~」、2017年1月に公開された続編「イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~」に続く、第三弾「イタズラなKiss THE MOVIE3~プロポーズ編~」の公開が11月25日(土)に決定しました!
ヒロイン・相原琴子と、その想い人である入江直樹の恋模様を描く「イタズラなKiss THE MOVIE」シリーズの完結編となる本作では、入江の婚約相手が登場し、琴子の恋に絶体絶命のピンチが到来。さらに、入江と琴子に加え、個性豊かな登場人物たちが史上最大のプロポーズ合戦を展開!はたしていくつの恋が成就するのか、最後まで目が離せない波乱の最終章が幕を開けます!

IQ200の秀才イケメン・入江直樹を演じる佐藤寛太(劇団EXILE)や、入江に想いを寄せるヒロイン・相原琴子役の美沙玲奈らフレッシュなキャスト陣の続投に加え、今作では新たに「仮面ライダービルド」で主演を務める犬飼貴丈が参加。琴子に告白し、入江をライバル視して二人の関係をかき乱す、大学の後輩・中川武人を演じます。
そしてこのたび、本作のポスタービジュアルが解禁となりました!原作の中でも屈指の名シーンとしてファンの間で語り継がれる“雨のプロポーズ”シーンが印象的なビジュアルには、「あなたのこと、あきらめたはずなのに―」と、葛藤する琴子の恋心を示すかのようなコピーが添えられ、入江と琴子の恋の結末に期待が膨らむ仕上がりになっています。

映画情報どっとこむ ralph また、主題歌はH△G(ハグ)の新曲、「イタズラなKiss と ラブソング。」に決定。
原作の大ファンでもあるボーカルのChihoが琴子目線で歌詞を書き下ろした楽曲で、入江と琴子の恋物語の最終章をさらに盛り上げます。

11月25日(土)よりユナイテッド・シネマ豊洲にて1週間限定公開

公式サイト:
http://itakiss-movie.com/ 
Twitter:
@itakiss_movie

物語・・・
「入江くんが結婚!?」 いつか憧れの入江直樹(佐藤寛太)を振り向かせることを夢見る相原琴子(美沙玲奈)だったが、入江は父の会社の経営難を助けるために、取引先の会長の孫娘との縁談を承諾してしまう。今回ばかりは諦めなくては、と「琴子LOVE」を貫く金之助(大倉士門)とデートをしても、考えるのは入江のことばかり…。雨に打たれながら叶わぬ恋に悩む琴子。そんな彼女のもとにやってきて傘を差しだす入江。そこで、入江が明かした本当の思いとは…!?

***********************************

監督・脚本:溝口稔
原作:多田かおる「イタズラなKiss」
出演:佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生、陣内孝則ほか  
製作:「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会
配給:ギャガ・プラス
ⓒ「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 
ⓒ多田かおる/ミナトプロ・エムズ


森川・北村・佐藤・浅川 政府が決める「恋」通知を肯定!『恋と嘘』登壇初日


映画情報どっとこむ ralph マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」アナザーストーリーとして待望の実写映画化。

この度、10月14日(土)の公開初日に、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子の豪華キャストと主題歌を担当した阪本奨悟さん、そして古澤健監督が登壇して舞台挨拶を行いました。

映画『恋と嘘』公開初日舞台挨拶
日程:10 月14 日(土)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

映画情報どっとこむ ralph 森川さん:今日第1回目の上映を観ていただいてありがとうございます。

古澤監督:本日は沢山の方にお集まりいただきありがとうございます。これで、僕らの手を離れて独り歩きしていきますが、皆さんの温かい笑顔を観ると祝福していただいたという思いでいっぱいです。

と、感激の監督他、登壇者の挨拶から舞台挨拶がスタート。

撮影現場や思い出に残るシーンを聞かれ、

北村さん:現場の空気感を創っていたのが寛太で助かりました。僕ら二人も役に溶け込みやすかったです。和気藹々でした。

佐藤さん:葵ちゃんと二人の水族館のシーン、何しろキラキラしたシーンが多かったので。それから3人のシーンは印象的でしたし。ぶるぶる5時間待って「丹坂葵だな」って一言いうシーンも思い出深いです。

と、語り、一方女性陣は

森川さん:浅川さんと田辺さんは前からお知り合いで、そこに参加させていただいた感じでした。

浅川さん:葵ちゃんがフレンドリーで嬉しかったです。

田辺さん:浅川が葵ちゃんに指輪を見せるシーンは、凄い!キラキラしていて。個人的にはドキドキしましたし、ちょっと寂しかったです!

というお友達の田辺さんの振りに

浅川さん:初めて左手の薬指に指輪をはめたので、ずっとニヤニヤして口角上がりっぱなしでした。ちょっと自慢しちゃいました!

と、明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 作品は2037年の近未来。理想のパートナーを政府が決める、恋愛禁止の世界。ある日、私たちは「恋」を通知される恋愛禁止の世界の演出は・・・

監督:近未来や政府通知と言う特殊な設定ですが、そこの面白さが原作にはあってリアルなんですね。ですから映画版に関しては、設定に甘えずに生身で演じる、どうすればリアルな感情が出るのかを話し合いながら、台本通りでなく演出しました。


森川さん:監督はお芝居の近くでみてくれていて、違うなと言うときは直ぐに言ってくれるので、はっきり言ってくれるんで、安心して任せました。
北村さん&佐藤さん:そうですね。

北村さん:監督は生で見てくれる。撮影現場ではリアルに監督からのレスポンスが速かったのでいろんな発見がありました。でも映画を観るとファンタジーになっていて新鮮でした。

佐藤さん:映画観ると近未来チック。住宅も全部統一されていて、そういう世界観にも助けられました。

映画情報どっとこむ ralph 本当に政府通知があったら!と問うと
賛成派:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈
反対派:田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

森川さん:知れば知るほどいいなと。16歳で世間を知りきってないときなら受け入れられるかなと。最良のパートナー政府通知。リアルに最良のパートナーと出会えるのってかなり低いと思うんですよ!

と、だいぶネガティブ。

浅川さん:有。夢あるなと。政府通知ないと結婚できなさそうなので。人生安牌やなと。

北村さん:素敵な制度。映画の中でも悪いものとして描かれているわけではないんです。政府が平等に幸せになれるように与えてくれてるので。

佐藤さん:最良の相手。一回会ってみたい。

と言う無し派は、

監督:近未来の設定じゃなくて、リアルですよね。僕は45のおっさんなんで。間違えるチャンスも良かったなと思うので。

と、さすが大人な監督。

田辺さん:教えてもらうのは良いのですが、16歳と言う曖昧な時に・・・これからの将来が決まるのは楽だと思うんです。が、自分で出会いたいです。

阪本さん:完全否定はできないですが、物事自分で決めたいので。

と、反対派の阪本さんは今回主題歌と挿入歌を担当しています。
阪本さん:福山さんの「ハロー」は、僕が1歳の頃にリリースされていた曲なんです。僕の色でどう届けられるか試行錯誤しました。書き下ろしの方は台本を読んで自分の青春時代を重ねて表現しました。
森川さん:この映画は青春ラブストーリーですが、恋愛禁止。ラストは衝撃的です。阪本さんのエンディングを聞き終わってからのシーンを観て頂いて、感想を思い浮かべてもらって映画が完成します。映画を完成させてください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋と嘘』

公式サイト:koiuso.jp 
公式Twitter:koiuso_jp

物語・・・
いつもそばにいる“最高”の幼なじみと、政府が教えてくれた“最良”の結婚相手。運命の恋はどっち?
少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

***********************************


出演:
森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 田辺桃子 / 
遠藤章造 眞島秀和 温水洋一 中島ひろ子 三浦理恵子 木下ほうか / 徳井義実

監督:古澤健(『ReLIFE リライフ』) 
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』) 
原作:『恋と嘘』ムサヲ(講談社)
主題歌:阪本奨悟「HELLO」(A-Sketch)
制作プロダクション:The icon 
配給:ショウゲート 
(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社