「佐藤健」タグアーカイブ

白石組参加に佐藤健「体の線を太くして体内を汚しました」『ひとよ』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開となります。

この度、9月25日(水)に本作のジャパンプレミア試写会を実施する運びとなりました。
主演の佐藤健さんほか、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、音尾琢真さん、佐々木蔵之介さんら各世代を代表する実力派俳優と、本作を手がけた白石和彌監督が登壇。終始笑顔の舞台挨拶となりました。
佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、佐々木蔵之介、白石和彌監督『ひとよ』ジャパンプレミア[1]

『ひとよ』ジャパンプレミア試写会
日時:9月25日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本⽊ヒルズ
登壇:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、佐々木蔵之介、白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 会場の熱気が高まる中、MCの呼びかけで主演の佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、音尾琢真さん、佐々木蔵之介さん、白石和彌監督が登壇!
『ひとよ』ジャパンプレミア登場時[1]
華やかな衣装に身を包んだキャスト陣の登壇に、会場が割れんばかりの拍手と黄色い歓声に包まれる中、イベントはスタートした。

本作は、昨年国内賞レースを席巻した『孤狼の血』をはじめとした作品を手掛け、いま俳優たちが最も出演を熱望する白石監督の最新作。本作で「家族」というテーマを初めて真正面から描いた白石監督は、企画の相談を受けた当時のことについて聞かれると、

白石監督:これまでは『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、割と疑似家族を描いていたが、どこかで血のつながった家族の話を描なければ、作家としてステップアップできないと思っていました。そんな時に、制作会社のROBOTの長谷川プロデューサーに声をかけてもらいました。そこで脚本の髙橋泉さんも含め皆で話したら、それぞれ家族に抱えている思いや傷があったので、『ここでしっかり家族を描こう!』という話になりました。
白石和彌監督『ひとよ』ジャパンプレミア
ときっかけを振り返った。

次男・雄二、長男・大樹役、長女・園子の三兄妹を演じた佐藤さん、鈴木さん、松岡さんは、いずれも白石組に初参加となった。
MCから「三兄妹の皆さんはどうですか?」と声をかけられると、

松岡さん:だんご(3兄弟)!?

と反応。佐藤さんや鈴木さんがすかさずツッコミを入れるという流石の“兄妹の絆”を見せると、会場は大きな笑いに包まれた。白石組への初参加について、監督作への出演を熱望していたという佐藤は、

佐藤さん:本作のお話が来る前から、もし白石組に参加したらこういう役作りをしていこう、と一人で想像していたくらいです。念願叶いました。
佐藤健『ひとよ』ジャパンプレミア
と告白した。今回、白石監督も佐藤さんへ熱烈ラブコールを送っていたといい、監督のベタ褒めに佐藤さんが照れる場面も。また、

佐藤さん:具体な役をイメージしたわけではないですが、今より体の線を太くして体内を汚そうと考えていました。

と語ると、

松岡さん:汚いですよ~、今回の佐藤さん(笑)。

と、これまで演じてきた主人公然としたキャラクターとは一味違う、今回の佐藤さんの演技を会場にアピールし、兄妹の掛け合いで再び会場を沸かせていた。

続いて、吃音でコミュニケーションに苦手意識を持つという難役に挑戦した鈴木さんは、

鈴木さん:『日本で一番悪い奴ら』や『凶悪』を観たときに、それがずっと残っていて、事務所の方にも『いつか白石組に参加してみたい』伝えていました。普段は活発な役だが、本作の大樹みたいに内向的な役をやらせてみようと思ってくれたのが嬉しいです。
鈴木亮平『ひとよ』ジャパンプレミア
と、改めて感謝の気持ちを語っていた。そこに再び松岡さんがすかさず、

松岡さん:今まで観たことないくらい一番頼りない鈴木亮平です!『西郷どん』はどこいった!?(笑)
松岡茉優『ひとよ』ジャパンプレミア
と乗っかり、観客は大爆笑。

そんな松岡さんの今回の役柄について、本人から聞かれた佐藤さんは、間を置かず

佐藤さん:今まで通りの松岡茉優!

と返し、息のあった三兄妹の掛け合いを見せていた。一方、

白石監督:試写で本作を観た方から、『松岡茉優はすさまじい』って言われます。

とフォローすると、松岡さんは照れ笑いを浮かべていた。続けて、佐藤さんと鈴木さんのこれまでの役柄とのギャップのある配役について、松岡さんが逆質問。

白石監督:これまでの作品を観ていて、お二人とも素晴らしい役者さんですし、単純に一緒に仕事をしてみたいと思いました。

と語ると、

松岡さん:そんな三兄妹の新しい形を観られるというのも、本作のポイントです!

とアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、三兄妹の母・こはるを演じた田中裕子さんとの共演について聞かれると、

佐藤さん:芝居の中で目が合ったときに、理屈じゃなく鳥肌が立ちました。田中さんが皆さんから大女優と言われる理由を、言葉じゃなく体で感じられたのが本当に貴重な経験でした。

と、語った。田中さんと以前から共演したかったという鈴木さんは

鈴木さん:錚々たる先輩方からも、『いつか田中さんとやるといいよ』と言われていました。今回は特殊な親子なので、撮影の合間なども、常に僕らと打ち解けるわけではなく、ちょっとしたぎこちなさを感じられる距離感を保ってくれたのが非常に助かりました。すごい役者さんというのは、自分だけじゃなくて一緒に居る状態から演技をしやすい状態を作ってくれるんだなと思いました。

と、田中さんの役者魂に感激した様子。松岡さんは、15年ぶりに帰ってきたこはると園子が一緒に布団に入るシーンを振り返り、

松岡さん:田中さんがものすごくぎゅっと抱きしめてくださいました。思い切って深呼吸してみたら、私のお母さんとは違うんですが、『お母さんとの匂いだ』となぜかすごく実感しました。それってお芝居じゃない気もして、お芝居とそうじゃない部分の境界線が分からないくらいの気持ちになりました。田中さんとのシーンは、そういう気持ちになることが多かった気がします。

と、語った。

また、白石監督作と言えば欠かせないキャストが音尾さん。
なんと本作で通算9作目の白石監督作への出演について

音尾さん:9作目ですよ。先ほど改めて言われてよろけましたけども…。
音尾琢真『ひとよ』ジャパンプレミア
とタジタジ。

佐藤さん:次1回でも声をかけられなかったら、と怖くならないですか?

と質問すると、

音尾さん:そう!もうここまでいくと、その時の最新作が次回作オーディションみたいな気持ちになるんですよ。いつかバッサリ僕が切られてしまうんではないか…。。

と心配そうにコメント。そこに

松岡さん:旅立ち、ですね。だからそうならないように、毎年お歳暮を贈られているんですか?

と乗っかり、妄想は次第にヒートアップ!会場は笑いに包まれるも、仕切り直して、改めて本作の現場の様子について聞かれ

音尾さん:変わらない部分もありつつ、今回も進化した演出法をしていると感じました。僕自身の役柄でいうと、たいてい白石監督作だと、殴ったり蹴ったりの役が多かったが、今回はNO暴力でいいやつでした(笑)

と振り返った。また、稲丸タクシーの新人ドライバー・堂下役を演じ、佐藤さんらと同じく白石組へ初参加となった佐々木さんは、

佐々木さん:50歳の新人タクシードライバーでギャンブル・酒もやらない良い人…。もう絶対闇しかないじゃないですか(笑)

と、笑いを交えつつコメント。また、

佐々木さん:衣装合わせのとあるタイミングで、『これこそ白石組だな!』っていうシーンがあった。ネタバレになるので言えないですけど。
佐々木蔵之介『ひとよ』ジャパンプレミア
意味深な表情を見せ、これから作品を観る観客の期待感を高めていた。そんな今回の撮影は監督も非常に楽しんだようで、

佐々木さん:夢のような時間でした。これからの監督としてのキャリアでも、豊かな時間だったと思います。これだけのキャストにやっていただけたら、ある意味演出する側の監督としてはとても楽ですよね。

と、満足げに語っていた。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作がある「一夜」(ひとよ)の事件に翻弄され、人生が変わってしまった稲村家の面々を描くことにちなみ、最後の質問として、それぞれの思い出深い「特別な一夜」を語るコーナーへ。

音尾さんが同じ高校の後輩だという白石監督は、

白石監督:お互い監督と俳優になったある日、どうしても会いたいと連絡が来まして。飲んで語り合った夜は忘れられないですね。ですから、旅立ちとかないですよ、音尾くん!

と、先ほどの話にかけて語り、二人の固い絆を見せていた。そんな音尾さんは、撮影の時に白石監督と飲みに行った夜について、

音尾さん:監督は映画好きだから映画の話をすごいするんですが、『今年は富士山に登りたい』と言っていました。僕がスケジュールを空けるしかないと思って、登山靴などを全部準備して、日にちも決めて…でも登る前日に白石監督が風邪を引いて延期になりました(笑)

とエピソードを披露。白石監督とリベンジを誓い合っていた。

佐々木さん:家業を継ぐのを諦めて、この仕事をやると決めた日が特別な一夜です。親が思ったように子供は育たないんだなと、正にこの映画のことですね。

と感慨深げ。一方、

松岡さん:佐々木さんは、子役からやってる私には田中さんと同じく神様みたいな存在。劇中で泥酔した園子がタクシーで堂下に送ってもらうシーンがあるんですが、まさか佐々木さんの頭を引っ張ったり叩いたりする日が来るとは…。緊張するやら興奮するやら、忘れられない一夜でした。

と語っていた。

鈴木さん:佐々木さんと同じく、この俳優の仕事をやろうと決めた夜です。上京して大学で演劇サークルに入って、初舞台初日の本番が終わった時、お客さんの見送りに出たとき、最初に出たお客さんが泣いていて…『俺、これを一生やって行こう』と思いました。その時の役は坂本龍馬役でした。

と振り返ると、

音尾さん:西郷さんに飽き足らず坂本龍馬もですか!?(笑)

とつっこみ、会場は笑いの渦に包まれていた。

佐藤さん:本作の現場で忘れられない夜がありました。蔵之介さんに全力飛び蹴りをした夜です。台本にもあるシーンですが、あれは忘れられない。佐々木さんに事前に謝って、全力でいかせてもらいました。

と感慨深げに語り、会場からは驚きと期待の声が上がった。これから作品を観る観客に向けて白石監督は感謝の言葉を交えつつ、

白石監督:家族の形って色々あると思いますが、本作を作って、僕自身の家族についても色々考えました。本作を観て、ぜひそれぞれのご家族の方に想いを馳せて頂ければいいなと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

佐藤さん:僕も本作の撮影をしていて、『そういえばしばらく家族と連絡とってなかったな』と考えました。家族はそれぞれ皆さんの唯一無二の存在ですので、ぜひご家族に想いを馳せる時間にしてもらえればと思います。

と締めくくり、大歓声の中イベントは幕を閉じた。

佐藤健×白石和彌『ひとよ』

『ひとよ』
www.hitoyo-movie.jp

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉 
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活 
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健・白石和彌監督『ひとよ』特別コメント&メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開となります。

この度、佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、白石監督の撮影現場でのコメントを収めた、特別映像が解禁!

本作で、稲村家の三兄妹を演じた佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優は、いずれも白石組初参加。

兄妹たちは、母・こはるが子供たちを守るために父を手にかけたことで運命を狂わされ、事件から15年後にこはるが帰ってきたことで、葛藤と戸惑いの中“家族”と向き合うことになる。今回到着した特別映像では、もともと白石和彌監督作品のファンだと語る主演の佐藤が「芝居としてやりがいがありそうだな、すごくいい台本だなと思いました」と本作出演に対する気持ちを明かしている。佐藤の雄二役は、企画の時点で白石監督が熱望していたこともあり、今回まさに相思相愛のキャスティングが実現!
石和彌監督、佐藤健&田中裕子『ひとよ』
佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』
吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つという難役・大樹を演じた鈴木は、「ああこれが白石組かと思って楽しんでました」と撮影を振り返り、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲った『万引き家族』での熱演も記憶に新しい松岡は、「私たちがちゃんと(映画の中で)生きていないと面白くないから、試されるなと思いました」とコメント。共に俳優として白石組で演技することへの喜びや強い意志を持って挑んでいたことを語っている。
また映像では、連続する緊迫の本編シーンと対極的に、スタッフ陣と笑顔でモニターを見つめたり、クランクアップ時に花束を受け取って白石監督と熱い抱擁を交わす佐藤の姿など、微笑ましいメイキングも収録!キャストと製作陣の絆の強さがうかがえる映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph << 新着情報 >>
『ひとよ』のムビチケと小説の発売情報をお知らせいたします。下記もぜひご紹介いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

●ムビチケ発売情報
9月20日より発売開始。

●書誌情報
「ひとよ」
著:長尾徳子 原作:桑原裕子

2019年9月20日発売
集英社文庫刊
定価:本体640円+税
ISBN:978-4-08-744030-0

あの日、母は父を、殺した。そして15年後――母は、帰ってきた。家族の崩壊と再生を描く衝撃作、小説化。
ある夜。タクシー運転手のこはるは、家族に暴力を振るう夫を殺害してしまい、15年後に必ず戻ると約束して自首する。そして――15年後。母は約束通り帰ってきた。母が起こした事件によって人生が大きく変わってしまった三人の子どもたちは、再会した母とどう接するか戸惑い……。家族の崩壊と再生を描く、劇作家・演出家・俳優の桑原裕子が主宰する劇団「KAKUTA」の代表作を小説化。

●著者プロフィール
長尾徳子(ながお・のりこ)
脚本家・フリーランスライター。出版社勤務を経て独立。漫画・小説のレビューやインタビュー構成を多数手がける。音響制作の企画・構成・プロデュース後、脚本家としてデビュー。代表作はテレビアニメ「伯爵と妖精」の全脚本・シリーズ構成。ノベライズを担当した著書に『僕達急行 A列車で行こう』(森田芳光監督作品)がある。

桑原裕子(くわばら・ゆうこ)
東京都出身。劇団KAKUTA主宰。1996年劇団「KAKUTA」を結成。2001年より劇作・演出を手がける他、俳優としても出演し、中心的な役割を担っている。外部プロデュース公演や映像作品への脚本提供、外部での演出、出演も多数。08年『甘い丘』で第52回岸田國士戯曲賞最終候補、09年再演時には作家・演出家として第64回文化庁芸術祭新人賞を受賞。15年『痕跡』で第59回岸田國士戯曲賞候補、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。18年『荒れ野』で第70回読売文学賞受賞。
http://www.kakuta.tv/

映画情報どっとこむ ralph 佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優・田中裕子『ひとよ』
子供たちのために罪を犯した母親は、家族を救ったのか?
それとも、家族を破滅に追いやったのか?
15年の年月を経た“家族”の再会がもたらす試練は、各々の“善悪”の在処を揺り動かしながら、激しくも魂を震わせる結末を導いてゆく─!

2019年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作『ひとよ』は、11月8日(金)全国公開!

公式サイト:
www.hitoyo-movie.jp

佐藤健×白石和彌『ひとよ』

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉 
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健の慟哭が胸を打つ!! 白石和彌監督 映画『ひとよ』待望の本予告が完成!


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、昨年公開『孤狼の血』など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌監督の最新作『ひとよ』が、11月8日(金)全国公開!
佐藤健×白石和彌『ひとよ』
主演に、15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でフリーライターとして働く次男・雄二を演じる、佐藤健。
町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹の元へ帰ってくる母親・こはるを田中裕子が演じます。

早くも今秋の大本命として注目を集める本作から、感涙必至の本予告が解禁!
音尾琢真、筒井真理子、MEGUMI、佐々木蔵之介ら、豪華キャスト陣の登場シーンも初披露!!

映画情報どっとこむ ralph また、本作でメガホンを取った白石和彌監督の新規コメントも到着!
映画で初めて「血縁の家族」を描くことについて、そして豪華キャスト陣について語っています。

【白石監督コメント】

●初めて映画で「血縁の家族」を描くことについて色々と自分の家族のことも考えてしまい、一筋縄ではいきませんでした。描き切ったつもりでいても完成してみるとますます家族って何かわからなくなりました。
●佐藤さん、鈴木さん、松岡さん、田中さんの「家族」はどうたったか、現場での様子について
バラバラのようで、しっかりと奥底で繋がっているんだなと感じることができる家族だったと思います。改めて俳優の力に唸らされる撮影現場でした。みなさんそれぞれのやり方で本番に向けて集中していました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、稲村家4人のメイキング写真も登場!
豪華俳優陣の4ショットながら、時にハードな撮影を経てまるで本当の家族のように寄り添う1枚は必見です。
佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優・田中裕子『ひとよ』

『ひとよ』

11月8日(金)全国ロードショー

公式サイト:
www.hitoyo-movie.jp

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋
原作:桑原裕子「ひとよ」
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
製作幹事・配給:日活
©2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

白石和彌監督、佐藤健&田中裕子の名演を「吸い込まれそう…」と激賞!『ひとよ』場面写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開となります。
白石和彌『ひとよ』佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子

主演の佐藤健は、フリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるにあたり、これまでの華やかなオーラを封印。役作りとして初めて無精ヒゲを生やし、ヘアスタイルは無造作にかき上げたオールバックと、これまでにない“やさぐれ感”を見事に醸し出している。緊迫した表情でシャツ姿の男につかみかかる様子を収めたカットをはじめ、どのカットでも眉間にしわを寄せ、鋭い眼差しでピリついた様子を見せる佐藤の新境地に注目だ!
佐藤健×白石和彌『ひとよ』

一方、田中裕子が演じたのは、子供たちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまうも、15年ぶりに帰って来る母・こはる。互いに神妙な面持ちで雄二と向き合っているカットは、彼がこはるに15年分の想いをぶつけて詰め寄る緊迫のシーン。
石和彌監督、佐藤健&田中裕子『ひとよ』
撮影時は、演じる佐藤と田中の目力の強さがあまりに印象的だったため、白石監督がモニター越しに思わず「吸い込まれそうだ…」と漏らしたという。久々に再会した嬉しさから園子を抱きしめるカットもあり、三兄妹それぞれとの関係がどのように再構築されていくのか、その変化も大きな見どころとなっている。
田中裕子『ひとよ』

映画情報どっとこむ ralph 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』
また、鈴木亮平は、三兄妹の中で唯一自分の家庭を持つ長男・大樹を演じる。昨年、NHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛を演じ、来年は映画『燃えよ剣』で新選組の局長・近藤勇役に決定しているなど、力強い役柄を演じることが多い鈴木。本作ではこれまでとは異なり、吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つ役で、新たな一面を披露している。眼鏡に作業服という地味な出で立ちでこの難役をどのように演じるのか、期待が高まる。

松岡茉優が演じるのは、美容師になる夢を諦め、スナックで働く長女・園子。松岡は毛先をブリーチした明るい髪色にし、あか抜けきらない雰囲気を醸し出す役作りで、撮影に臨んだ。現場では積極的に提案をし、カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞した『万引き家族』や、主演作『勝手にふるえてろ』でも披露した、真に迫る演技は必見!
佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』

その他にも、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決定した佐々木蔵之介や、白石監督作品への参加が通算9作目となる音尾琢真、主演映画『よこがお』が公開中の筒井真理子、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどの浅利陽介、出演作で常に存在感を放つ韓英恵、『孤狼の血』に続き白石組へ2度目の参加となるMEGUMI、そしてバラエティで引っ張りだこの大悟(千鳥)など、多彩なキャラクターたちが重厚なストーリーを彩る。

映画情報どっとこむ ralph 15年前の事件により、決定的に運命が変わってしまった稲村家。三兄妹たちはそれぞれ傷を抱えたまま時が経ち、突如こはるが帰って来るが、果たして彼らは、壊れてしまった絆を再び深めることが出来るのか―。
佐藤健×白石和彌『ひとよ』

2019年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作

『ひとよ』

は、11月8日(金) 全国ロードショー!

公式サイト:
www.hitoyo-movie.jp

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************

監督:白石和彌 脚本:髙橋泉 原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健×白石和彌『ひとよ』特報&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開。

どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続けた先に訪れる結末とは―――。

解禁となった映像は、主人公である次男・雄二(佐藤健)が母親・こはる(田中裕子)と再会し、15年越しの想いを吐露するシーンから始まる。15年前、子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはる。約束した時を経て、再会を果たすが、雄二たち三兄妹は、事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩んでいた。母親・こはるに対して雄二は、「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と痛烈な問いを投げかけ、長男・大樹(鈴木亮平)は「俺らは間違った方ばっかいってるよ!」、末っ子・園子(松岡茉優)は、「お母さんはあの人から、私たちを助けてくれたんじゃん!」と、三者三様にそれぞれの感情が溢れ出し、すれ違う母親と子どもたちが映し出されてゆく。佐藤健と田中裕子が魅せる圧巻の【静】の芝居、鈴木亮平と松岡茉優が、想いの丈を咆哮する【動】の芝居。それぞれの強く儚い表情が印象的に映し出され、感情がぶつかり合う芝居が凝縮された映像に、いま俳優たちが最も出演を熱望する監督、白石和彌渾身の最新作への期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph さらに、特報映像とあわせてポスタービジュアルも解禁に。夜明けの埠頭でそれぞれの想いを胸に秘めながら、空を見上げた家族像、そして映像のラストでも登場した「壊れた家族は、つながれますか。」というメッセージが、エモーショナルな感情をかき立てる。
佐藤健×白石和彌『ひとよ』

あまりに切ない“母なる事件”から15年、再会を果たした家族がたどりつく先とは。

映画情報どっとこむ ralph 2019年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作

『ひとよ』

は、11月8日(金)全国公開!

www.hitoyo-movie.jp

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー
『ひとよ』佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子
『ひとよ』音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子

製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健 x 白石和彌監督 最新作『ひとよ』佐々木蔵之介、音尾琢真ら第2弾キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、昨年公開『孤狼の血』など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌監督最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開します。

15年前、ある家族に起こった一夜の事件。
それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった家族の岐路と向き合う一家が辿り着く先とは−−−−。
『ひとよ』
15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるのは、佐藤健。しがない町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを田中裕子が演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、稲村家を取り巻く人物たちである、第2弾キャストを解禁!
ひとよ

別れた妻との間に17歳の息子を持ち、稲丸タクシーの生真面目そうな新人ドライバー・堂下道生(どうした・みちお)に、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が発表された佐々木蔵之介。堂下が抱える息子への想いが、稲村家の行く末にも大きく影響を与えることになる。

堂下道生(どうした・みちお)役 佐々木蔵之介 コメント

初参加の白石組は、撮影の流れ、段取り、雰囲気がとても良く、この空気は良い作品になると感じました。丁寧に作られた作品になっていることは間違いないです。親子、兄弟、家族…日本に限らず世界に共通する問題で、非常に普遍的な映画になる気がしています。映画をご覧いただく皆さんが、特別な家族に、どれだけの感情を乗せていただけるか、もし乗ってきていただけたとしたら高いハードルを越えてきてくださったことになるので、この映画はそういう面で挑戦した作品になっていると思います。同じ観客の立場としても、出来上がりの作品を楽しみにしています。

稲丸タクシーの2代目社長であり、稲村こはる(田中裕子)の甥にあたる、丸井進(まるい・すすむ)を演じるのは、高校の先輩でもある白石監督作品への参加が通算9作目となり、白石組には欠かせない存在となった音尾琢真。

丸井進(まるい・すすむ)役 音尾琢真 コメント

白石監督は温厚な方なので、相変わらず現場の雰囲気は良くて、落ち着くお家に帰ってきたような、故郷に帰ってきたような感覚になりました。作品の手ごたえは自分には分からないですが、ただ白石監督が撮っているのだから大丈夫だと思っています。この作品も世界に羽ばたき、日本だけでなく世界中の皆さんに楽しんでいただけるようなものになったらいいなと思っています。

亡人で一人娘を養う、稲丸タクシーの事務員・柴田弓(しばた・ゆみ)に、来月公開の『よこがお』で再び深田晃司監督とのタッグを組む筒井真理子。

柴田弓(しばた・ゆみ)役 筒井真理子 コメント

白石監督の作品を数多く拝見していて、作風から緊張感のある現場かなと思っていましたが、すごく柔らかくてみんな楽しげで、ちょっと意外でした。良い意味で緊張感を抜いていただける現場で、リラックスして監督の思う世界に入れたかと思います。出来上がりを楽しみにしています。

稲丸タクシーのドライバーで雄二(佐藤健)の同級生・歌川要一(うたがわ・よういち)に「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどで幅広い演技力をみせる浅利陽介。

歌川要一(うたがわ・よういち)役 浅利陽介 コメント

白石組が初めてなので、自分が持っている引き出しや芝居のアプローチがうまく白石監督や他の役者さんのヒントになるといいなと思い、撮影に挑みました。クランクアップして、撮影が終わったという達成感と、もう少し撮影現場に居たかったという気持ちが入り混じっています。稲丸タクシーの現場は、ゆったりした時間が流れていたのでリラックスした状態で撮影ができました。台本を読んだ限り、ズシッと残るものがあり、最後に家族の愛っていいなと思ったので、皆さんにも伝われば嬉しいなと思います。それぞれの個性的なキャラクターが相まって、どんなクライマックスになるのか、期待しています。

同じく雄二の同級生で女性ドライバーの牛久真貴(うしく・まき)に鈴木清順監督に見出された『ピストルオペラ』でデビュー以来、存在感を放つ韓英恵。

牛久真貴(うしく・まき)役 韓英恵 コメント

モー(牛久真貴の愛称)はヤンキーながら、稲丸タクシーを支えていく気持ちがあり、頼り甲斐のあるキャラでありたいと思い演じました。白石監督とは助監督時代にご一緒したことはありますが、監督作品への参加は初めてでした。撮影当初は不安もありましたが、監督が役者の芝居にきちんと向き合ってくれて、のびのびと演じることができました。全力を出し切ったのでクランクアップして率直に寂しく、まだあの世界に浸っていたい気持ちが残っています。

別居中の大樹(鈴木亮平)の妻・稲村二三子(いなむら・ふみこ)には、『孤狼の血』に続き白石組への出演を果たし、多才ぶりを発揮するMEGUMI。

稲村二三子(いなむら・ふみこ)役 MEGUMI コメント

スタッフの方全員の想いが一つになった空気感が、本当に気持ちが良く、私もこの場にいれて幸せだなという思いとプロフェッショナルさを感じた現場でした。役柄と同じく私も子供がいるので、感情移入できた部分があり、心が震えるような場面が何度もありました。出演するほぼ全シーンが怒りに震えていて、激しくて、台本を最初に読んだ時よりも何百倍も肉体的に削られましたが、精神的には鈴木亮平さんに監督、そしてスタッフさんに今までの自分にないものを引き出していただき感謝しています。インターネットが流通し、実際に会話するよりもテキストや絵文字でのやりとりがメインになっている世の中とは真逆で、自分の辛さ、弱さ、喜びをぶつけ合っている、すごく人間らしい家族の話です。観た方もちょっと思ったことを言ってみようかなとか、家族に辛いことや喜びをシェアするような、共感のきっかけになったらいいなと思います。

そして、稲丸タクシーに乗りあわせるチンピラ・友國淳也(ともくに・じゅんや)に、バラエティ番組で大活躍中の大悟(千鳥)。

友國淳也(ともくに・じゅんや)役 大悟(千鳥) コメント

白石監督は、『孤狼の血』とかを観て、勝手にめちゃくちゃ怖い人かなと思っていたら、すごい物腰の柔らかい方でビックリしました。「クセ」は強くなかったですね。とても優しい、紳士な方でした。撮影は、緊張しました。フワッフワしたまま、こんなことになるんや、と思いました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、佐々木蔵之介、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、大悟(千鳥)は、白石組に初参加。

実力派俳優、芸人、タレントとバラエティ富んだ演者たちが、それぞれの家族が抱える問題に真摯に向き合いながら、物語を紡いでいく。2019年最も豪華な俳優陣が集結し、〈家族の絆〉を問いかける感涙のヒューマンドラマ『ひとよ』は、11月8日(金)全国公開!

www.hitoyo-movie.jp

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」

出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子

製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健は有村架純・波瑠 どっちを選ぶの?『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』最新予告&本ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph “親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

そしてこの度、最新の予告と本ポスターが解禁となりました!
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

魔物に攫われた母・マーサ(CV:賀来千香子)を探す旅に出た幼き頃のリュカとパパス(CV:山田孝之)。

予告はリュカ(CV:リュカ)の目の前で最愛の父・パパスがゲマ(CV:吉田鋼太郎)により命を奪われる衝撃的なシーンからスタート。

青年になり、パパスの意思を継いで魔界の門を封じるために“天空のつるぎ”と“勇者”を探す旅に出たリュカは2人の運命のヒロインであるビアンカ(CV:有村架純)・フローラ(CV:波瑠)と出会う。

ゲマや三つ目のモンスター・ブオーン(CV:古田新太)とのバトルシーンは勿論、リュカが石化されるシーンなど、今までヴェールに包まれていたストーリーの片鱗が遂に明らかになります!!

映画情報どっとこむ ralph 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

公式HP:
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE


ストーリー
少年リュカは父パパスと旅を続けていた。その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。
立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。
果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

伝説の物語が、こんどは世界を変える。
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

***********************************

原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト :佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×田中裕子 白石和彌監督の最新作『ひとよ』クランクアップ


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』・『孤狼の血』などの白石和彌監督の最新作『ひとよ』が今秋全国公開します。


15年前、ある家族に起こった一夜の事件。それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった家族の岐路と向き合う一家が辿り着く先とは−−−−。

15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるのは、佐藤健。

稲村雄二役 佐藤健 コメント
白石監督とはぜひ、いつかご一緒できたらと思っていました。こんなにも素敵な話で、こんなにも素敵な役者・スタッフの皆様と贅沢な時間を過ごさせていただき、振り返るとあっという間でした。(芝居については)、その時に出たもので勝負と言いますか、ドキュメンタリー的なアプローチの仕方をしてきたように感じています。白石監督が、「最高傑作になるであろう」というような言葉を漏らされていたとも聞いていますし、きっと素晴らしい作品に仕上げてくださると信じています。なので、皆さんも期待して公開をお待ち頂けたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph しがない町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹に鈴木亮平。

稲村大樹役 鈴木亮平 コメント
スタッフ皆様に演技のしやすい環境を作っていただき、いい雰囲気で毎日撮影できるのが幸せでした。撮影前の準備段階から(大樹の)吃音についてもサポートしていただいて感謝します。ありがとうございました。この映画は家族の話であり、時間の話でもあると思っています。僕は、(田中裕子さん演じる)お母さんの「ただの夜ですよ」というセリフが大好きで、台本で読んだときに、自分の中で良い夜も悪い夜も、いろいろな夜が思い浮かびました。観てくださった皆さんも、観終わった後にそれぞれの響き方をするのではと思っていますが、皆さんの人生の一つ一つに想いを馳せていただき、「ひとよ(一夜)」を想って頂けたら嬉しいです。

事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優。

稲村園子役 松岡茉優 コメント
憧れの白石組で、憧れの先輩方とご一緒できて嬉しく思います。私はこの映画を観てくださった皆さんに感動してほしいとか、泣いてほしいとかではなく、家族に対して何かゴロゴロとしたものを抱えて生きていらっしゃる方に、この映画を観てどこか許されてほしいなと思いながら演じていました。そして、背中を押すまではできなくとも、例えば「お母さんにメールをしてみよう」、と思い立つような、そんな映画になったらいいなと思っています。楽しいばかりの映画ではないかもしれませんが、「良かったな、楽しかったな」と、有意義な時間を過ごせるように頑張りました。あっという間に公開となりますが、楽しみに待っていてください。

そして、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを田中裕子。

稲村こはる役 田中裕子 コメント
天気にはとても恵まれたのですけれども、昼と夜との寒暖の差が激しく、北関東恐るべし、と感じる撮影の日々を過ごしました。スタッフの皆さま、キャストの皆さまは大変だったと思います。今回、佐藤健さん、鈴木亮平さんをはじめ、初めて共演させていただくキャストの方が多かったのですけれども、白石監督のもと充実した時間を過ごさせていただいたと思っています。埠頭で観た夕日も忘れません。作品の完成を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph このたび、令和初日(5月1日)にクランクインした本作が、1ヶ月におよぶ撮影を経て6月1日に家族揃ってクランクアップ。撮影最終日のこの日に行われた撮影は、家族全員が揃ったクライマックスの重要なシーン。

一連の流れでの動きの多いシーンでもあるため、白石監督を中心に入念な段取りが行われ、幾度もシーンの検証が繰り返された。時折キャストからも提案が挙がり、モニターで自らの動きを最終確認。本番ではほぼ一発OKで迫真の芝居が次々と収められていき、日付が変わる直前にクランクアップの時を迎えた。クランクアップ後、稲村家を演じたキャスト陣から充実した日々を過ごせていたことへ感謝の意が述べられ、白石監督は「(これから編集ですが)良い映画になっていると思います」と手応えを滲ませていた。

白石和彌監督 コメント
俳優部の皆さんが充実した顔でクランクアップを迎えられていたのは、何より良かったです。俳優部皆さんの芝居を堪能でき、どのシーンも想像以上のシーンになっているので、(撮影を終えての)手ごたえはありますし、良い映画に向かっていると感じています。 “家族”は誰しもがそれぞれのかたちで持っています。誰の中にもある家族の話に少しでも近づき、皆さんの心に引っかかる映画になればと思っています。

映画情報どっとこむ ralph さらにこのたび、本作の公開日が本年11月8日(金)に決定!〈家族の絆〉を問いかける感涙のヒューマンドラマの誕生に、ご期待ください!

『ひとよ』
11月8日(金) 全国ロードショー
www.hitoyo-movie.jp

***********************************

監督:白石和彌 
脚本:髙橋泉 
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 ・ 田中裕子
製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ドラゴンクエストの日に新情報続々解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

そして本日5月27日は、1986年5月27日にすべての始まりとなるゲーム1作目「ドラゴンクエスト」が発売された日ということから“ドラゴンクエストの日”として日本記念日協会に認定されている輝かしい記念日! そんなおめでたい日に『ドラゴンクエスト  ユア・ストーリー』も最新情報を一気に3つ解禁いたします!

映画情報どっとこむ ralph 1つ目は、佐藤健(リュカ)・有村架純(ビアンカ)・波瑠(フローラ)・山田孝之(パパス)から最新コメントが到着!

今作は全キャストプレスコ形式(先に台詞を収録しておいて、その声に併せて口の形やキャラクターの表情などを作画する方法)での録音となっており、2年前に全くアニメーションができていない状態で声を当てました。そしてこの度、できあがってきたアニメーションに合わせて追加のアフレコを敢行! 初めて3DCGのキャラクターの映像を観た、アフレコ直後のキャストそれぞれのアツい想いを語ってもらいました!

【リュカ】
行方不明の母を探すため、父・パパスと共に冒険へ出る。そこで出会った王子・ヘンリーと共に魔物たちに捕まり、奴隷として連れ攫われてしまう。10年後、再び母を探す冒険へと出発する。冒険先のサラボナで、幼き頃に共に冒険をしたビアンカ、同じく幼馴染みで大富豪の娘であるフローラと出会う。

【佐藤健コメント】
①2年ぶりにリュカを演じてみた感想は?
アフレコは難しいので苦労しましたが、直前にラッシュ映像を観せていただいて臨めたのでやりやすかったです。何より作品が本当に素晴らしいので、楽しく出来ました。2年前にプレスコした時にはリュカというキャラクターを掴むまでに時間がかかりましたが、今回は自分の中にまだリュカが残っていたので割とスムーズに出来たと思います。
②リュカを演じる上で意識したことはありますか?
原案となった『ドラゴンクエストⅤ』の良いところは、時間が流れていくところだと思うんです。リュカの人生を長い時間をかけて描いている作品なので、リュカの成長がこの映画の中で見せられたらいいなという思いがありました。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
ゲームの醍醐味の一つである、どちらを花嫁に選ぶのかという部分を、「こう来たか!」という描き方をしているので是非注目して観て頂きたいです。映画を観て、また“花嫁論争”が繰り広げられる予感がしています。

【ビアンカ】
幼き頃にリュカと共に幽霊城での冒険を体験。その後も冒険を続けている快活な女性。成長し再びリュカと出会い、サラボナの平和を脅かす魔物を倒すため共闘することに。

【有村架純コメント】
2年ぶりにビアンカを演じてみた感想は?
とても緊張しました。台本を読み返してみて、どんな声だったか覚えているかな?と思いながら現場に来ましたが、やはりなかなかビアンカの感じを掴むのに時間がかかりました。けれどアフレコしていくうちにどんどん戻ってきました。プレスコした頃は絵がなかったので、絵と合わさった物を観てみると、「もう少しこうした方が良かったかな?」と思う部分もあったので、もう一度声を入れさせてもらったりもして、プラスアルファで必要なものを付けていけたかなと思っています。
②ビアンカを演じる上で意識したことはありますか?
ビアンカは、リュカの一歩先に行って手を引っ張っているような印象を受けたので、そこを意識して演じました。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
実際に出来上がった絵を観ると、物凄く迫力があって、壮大なアニメーションになっているので、アフレコしている時にモニターを観ているだけでこちらも息が上がるような感覚がありました。早く劇場で完成した作品を観たいです。

【フローラ】
サラボナの大富豪の娘で町中の男性の憧れである美しく聡明な女性。サラボナを脅かしている魔物を倒した男との結婚を父親であるルドマンに勝手に決められてしまう。

【波瑠コメント】
①2年ぶりにフローラを演じてみた感想は?
2年前にプレスコした時には絵がなかったのですが、映像が出来上がった物を見せていただき、自分が演じたシーンを全部録り直させてもらいたいという気持ちがあります(笑)。
フローラを演じる上で意識したことはありますか?
フローラは可憐な女性で、その中で溌剌とした部分と品の良い部分の両立が改めて難しいなと思いました。改めてアフレコしてみて思ったことは色々とあるんですけど、普段演じているお仕事以上に、こういう作品だと自分の声というのは本当にごく一部なんだなと思いました。キャラクターの表情や感情に出来る限り沿いたいと思いましたが、やはり難しかったですね。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
出来上がった絵を観て、本当に凄いと思いました。凄く繊細ですし、迫力もあって、スクリーンで観るのが凄く楽しみです。

【パパス】
行方不明となった妻・マーサを探すため、リュカとともに旅に出る。息子であるリュカへの愛情はとても深く、剣の腕も一流。ヘンリーを攫ったゲマの卑怯な策略によりリュカの目の前で魔物に囚われてしまう……。

【山田孝之コメント】
①2年ぶりにパパスを演じてみた感想は?
僕の中でも幼少期に思い描いていた“パパス像”というものがありまして、凄く渋くて大人だと思っていたので、そう考えると自分はまだまだ未熟なんじゃないか、自分に出来るのだろうかと思いました。
②パパスを演じる上で意識したことはありますか?
自分が子供の頃に実際にゲームをプレイしていた時、パパスのラストシーンが凄く悲しかったです。なので、最初にパパス役と聞いた時は嬉しかったのですが、偉大で、強くて、とても頼りがいのあるお父さんが自分の目の前でいなくなってしまう、その感動を与えなくてはいけないということと、ここから物語が一気に加速していくのでプレッシャーが大きかったです。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
出来上がった映像を観ましたが、完成度が高く、とても綺麗です。劇場で観るのが今から楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 2つ目はリュカ・ビアンカ・フローラ・パパスの最新場面カットを解禁!
リュカと久々に再開するビアンカとフローラ、小さなリュカを抱きしめるパパスなど、主人公リュカを取り巻く3人が、映画ではどう物語に関わってくるのかご期待ください!



映画情報どっとこむ ralph 3つ目は本作のワールドプレミアが7月16日(火)にTOHOシネマズ六本木にて行われることが決定!豪華キャスト・スタッフが登壇予定!こちらは6月下旬より応募受付を開始予定となります。

また同日に全国のTOHOシネマズにてワールドプレミア舞台挨拶のイベント中継付き一斉試写会の開催も決定!詳細は全国のTOHOシネマズにて5月31日(金)より展開される告知ポスター・チラシをご確認ください。さらに5月31日(金)からは全国の映画館(一部劇場をのぞく)にて映画の前売券も発売開始となります!

詳細は公式HPをご確認ください。

この夏、一番の期待作!

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

公式HP :
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE

***********************************

原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キ ャ ス ト :佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ケンドーコバヤシ、安田顕らボイスキャスト追加情報&コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定。

先日ボイスキャスト(主人公・リュカに佐藤健、2人のヒロイン・ビアンカに有村架純、フローラに波瑠、王子・ヘンリーに坂口健太郎、リュカの父・パパスに山田孝之)も発表され、この夏一番の超大作として既に大きな話題に。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、出演だけが発表されていたボイスキャストの役名を解禁!コメントが到着しました

パパスに仕え、リュカと共に旅に出るサンチョに“ドラゴンクエスト大好き芸人”ケンドーコバヤシが、魔物の元から逃げ出したリュカとヘンリーを助ける謎の老人プサンに安田顕が、フローラの父であり、サラボナの大富豪のルドマンに松尾スズキが、リュカと共に数々の冒険に挑んでいくスラりんに山寺宏一が、リュカの母で魔物に囚われているマーサに賀来千香子が決定いたしました。5人から届いた、『ドラゴンクエスト』に出演するにあたっての熱いコメントにも注目です!

★サンチョ【ケンドーコバヤシ】
パパスに忠誠を誓い、共に世界を旅している。リュカのことを“坊ちゃん”と呼び、成長を見守っている。

【ケンドーコバヤシコメント】
お話を頂いた時、果たして僕の役はフローラなのか、ビアンカなのかと思い、背中に汗が流れた思い出があります。よくよく考えれば、フローラとビアンカ、どっちを選ぶかで同級生が喧嘩をしていたのが良き思い出です。
そんな中、ここで再び選択するのかと心臓がバクバク言う中、「サンチョです」と言われ、思わず「良かった」とつぶやいてしまいました。
私生活では人の言うことを聞かない僕ですが、サンチョを演じている間は、主人の為ならなんでもする所存です。
映画をお楽しみください。

★プサン【安田顕】
リュカとヘンリーが魔物の元から脱出する手引きする。魔物が力をつけてきていることを危惧している。

【安田顕コメント】
ドラクエ I は、小学生の頃でした。
兄がファミコンのコントローラーを握る背中越しに、ブラウン管に広がる世界に夢中になりました。最近、ドラクエX Iにプレステで夢中になる娘の背中越しに、モニターに広がる世界を見つめながら、共有できる喜びを得ました。時代を超えた伝説に参加できることに心より御礼申し上げます。重要なポジションを任せていただきました。
心より感謝申し上げます。
映画館で観る日が楽しみで仕方ありません。

★ルドマン【松尾スズキ】
サラボナの大富豪で、フローラの父。町を脅かす魔物ブオーンに手を焼いており、ブオーンを討伐できたものをフローラの婿とし、跡継ぎに迎えるという条件を出す。

【松尾スズキコメント】
若い頃、会社を辞めてプータローを決め込んでいた頃、3畳の部屋でずっぷりファミコンのドラクエにはまっておりました。ファミコンから伸びたニクロム線をテレビのアンテナに巻きつける作業も今では懐かしい思い出です。復活の呪文を書き間違えて、当時の彼女と血で血を洗う喧嘩をしたのも、また懐かしい。まさか、その頃は、それが映画化されて、自分がその出演者になるとは思いもしませんでした。胸熱というやつです。しかし、難しかった。キャラを演じる気恥ずかしさを瞬時に体から追い払うのに力が必要でしたが、楽しかったです。

★スラりん【山寺宏一】
初めてリュカの仲間となるモンスター。何時も一緒に行動をしているので息もピッタリ。

【山寺宏一コメント】
山崎総監督と八木監督のコンビとは『friends もののけ島のナキ』以来となるのですが、僕はあの作品が大好きだったのでまたご一緒できることをとても嬉しく思っています。
「ドラゴンクエスト」は「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」というゲームの中で魔王ジェイムという役を担当させていただいて以来の参加となりますが、世界中で支持されている作品の初のフル3Dアニメーション映画化に参加することが出来てとても光栄に感じています。映像を観てそのクオリティに驚きました、そして、スラりんもシンプルなフォルムなのにとても表情が豊かなので色々な声で演じました。ゲームをずっとやっていらっしゃった方達には夢のような世界がスクリーンで繰り広げられると思いますし、世界中が驚く作品になっていると思います。映画の完成が楽しみで仕方ないです。

★マーサ【賀来千香子】
リュカの母であり、パパスの妻。魔物にさらわれ、現在は消息不明。

【賀来千香子コメント】
ドラゴンクエストは、長い間、幅広い支持を得て、沢山のファンを魅了し続けている特別な作品ですよね。この壮大なストーリーに私も参加させていただける事を本当に光栄に思っています。マーサは"正しい人”という印象です。慈愛に満ち溢れ、ゆるぎない強さを秘め、不思議な能力を持った選ばれた存在—。そういう雰囲気が出せたら…、と思いました。山崎総監督をはじめ、素晴らしいスタッフに見守られ、素敵なキャストの皆様と収録をしているうちに、私自身、何かほとばしるような、不思議な感覚にとらわれました。おかげ様で私にとっても、”特別な作品”になりました。

映画情報どっとこむ ralph リュカを取り巻くキャラクター達がどのように表現されているのか?

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

8月2日(金)全国東宝系にてロードショー

公式HP:
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE

***********************************

原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト:
佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ