「佐藤健」タグアーカイブ

佐藤健と高橋一生 名シーンや名セリフを使用した個性溢れる映画『億男』LINEスタンプ発売!


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健と高橋一生の初共演で贈る、お金と友情、家族の在り方を描いた新感覚マネーエンターテインメント作品、映画『億男』(10月19日(金)公開)。

その公開に先駆け、名シーンや名セリフを使用した個性溢れる 映画『億男』のLINEスタンプが発売開始となりました!
映画「億男」の個性溢れる各キャラクターの表現を取り入れつつ、日常的に使いやすい構成となっております。
映画の名シーンと名台詞は御覧頂いた方は勿論のこと、これから映画館を訪れる方々にもご興味持っていただける内容となっております。


■配信情報
LINE クリエイターズスタンプ
「映画『億男』」(32種類 50コイン/120円)
LINEクリエイターズスタンプ販売
URL:
https://line.me/S/sticker/4994602
QR:

映画情報どっとこむ ralph 映画『億男』

■映画公式サイト
http://okuotoko-movie.jp/

■映画公式Twitter
https://twitter.com/okuotoko_movie


ストーリー
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐりに”翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー


***********************************

キャスト:佐藤健 高橋一生
     黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也
原作:川村元気「億男」(文春文庫刊)
監督:大友啓史
脚本:渡部辰城 大友啓史 
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
配給:東宝
公開日:10月19日(金)ロードショー
©2018映画「億男」製作委員会
   


佐藤健 x 高橋一生『億男』×主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」コラボMVが解禁


映画情報どっとこむ ralph お金とは?
幸せとは?

お金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問う普遍的なテーマながら、まるで“地獄めぐり”のように個性的な億万長者たちと主人公が向き合い、その答えを探しだす姿を描くという、まったく新しいお金のエンターテインメント作品『億男』は10月19日(金)に公開です!

そんな映画『億男』に前代未聞のキャストがそろい踏み!借金を抱え、家族もバラバラだったが、起死回生とばかりに3億円の宝くじが当選!

人生をやり直そう・・・とする矢先に、そのお金を億万長者であったはずの親友に持ち逃げされる――。

そんな不運な男、主人公「一男」役を佐藤健。「一男」の大学時代の親友であり、億万長者。しかしながら、一男の3億円とともに忽然と姿を消す謎多き男「九十九」を演じるのは、高橋一生。佐藤と高橋は、本作が初共演となります。またお金を巡る旅のクセ者ぞろいの案内人たちには、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也ら実力・話題性に秀でた豪華な演技派キャストが大集合。

そして先日主題歌をBUMP OF CHICKENが担当することが発表となり、さらに話題沸騰中の本作ですが、公開に先駆け、映画の最新本編映像を使用した、主題歌「話がしたいよ」コラボミュージックビデオが解禁となりました。
大学時代からの親友である一男と九十九にとって大切な思い出となっているモロッコ旅行、そこから10年以上経って再会した2人の現状、さらに、なぜ九十九は一男が宝くじで当選した3億円と共に姿を消してしまったのか…そして一男の“地獄めぐり”のような九十九探しの冒険がたどりつく先はどこなのか―――。映画のためにBUMP OF CHICKENの藤原基央(Vo, G)が書き下ろした新曲「話がしたいよ」。一男と九十九の道程を讃美し物語を締めくくる歌でありつつ、観客が未来に踏み出す力を与えるこの曲が、そしてその歌詞が、映画の印象的なシーンをふんだんに使用した本映像と非常にマッチし、映画の世界へと引き込まれることでしょう。さらに、今までサビしか解禁されていなかった主題歌をより長尺で聴くことができる映像は、このミュージックビデオのみ。

是非、この機会にチェックしてみてください。



映画情報どっとこむ ralph <主題歌情報>
BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」
作詞・作曲:藤原基央 編曲:BUMP OF CHICKEN & MOR


<リリース情報>
BUMP OF CHICKENニューシングル「話がしたいよ / シリウス / Spica」
2018年11月14日(水)リリース
初回限定盤[CD+DVD]TFCC-89665 / 1800円+税
通常盤[CD]TFCC-89666 / 1200円+税
<CD収録曲>
01. 話がしたいよ
02. シリウス
03. Spica
<初回限定盤付属DVD収録内容>
後日発表

映画情報どっとこむ ralph 『億男』

10月19日(金)より全国東宝系にて公開!

映画公式サイト:
http://okuotoko-movie.jp

映画公式Twitter:
@okuotoko_movie


ストーリー
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐりに”翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー

***********************************

キャスト:佐藤健 高橋一生
黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也

原作:川村元気「億男」(文春文庫刊)

監督:大友啓史
脚本:渡部辰城 大友啓史 
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
配給:東宝

©2018映画「億男」製作委員会


佐藤健、高橋一生が大阪にてサプライズ『億男』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph まったく新しいお金のエンターテインメント作品を、映画『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズで新しいエンターテインメントを切り開いてきた、大友啓史監督によって映画化あした『億男』は10月19日(金)より全国東宝系にて公開です。

そして本作の公開を記念し、本日10月2日(火)佐藤健さん、高橋一生さんが大阪にてサプライズ舞台挨拶が行われました!


「お金」がテーマである本作の、原作本売り上げ1位の書店は紀伊国屋書店 大阪梅田本店ということで、商人の街と言われ、お金にはシビア(?)で興味津々な人が集まる街・大阪での舞台挨拶が決定!!


お客様の前に、佐藤健と高橋一生がスペシャルゲストとしてサプライズで登壇すると、会場からは悲鳴にちかい大歓声が!さらに2人に加え、映画で一男(佐藤健)が宝くじで3億円当選することにちなみ、会場には【本物の現金3億円】も用意され、1千万円の塊×30個で登場した3億円が登場!

屈強なガードマンに警備されながら物々しい雰囲気登場した3億円を目の前に、特別に触れる許可がおりた佐藤と高橋は、「おー本物ですね!」と興奮しつつも無言のまま、真剣に1塊ずつジェンガのように積み続け、3億円の重みを噛み締めました。そしてこの日会場には、「これぞ大阪人」という大阪の代名詞、お金にうるさい大阪おばちゃんユニット“オバチャーン”も駆けつけ、佐藤・高橋を前にトキメキが爆発しそうと大暴れ!2人に触れようとするも、3億円に触れると勘違いされ警備員に注意されるなど、大暴走するオバチャーンに2人ともタジタジ。

3億円あったらどうするか尋ねられた佐藤が、「すぐに(高橋)一生さんに相談に行きます!」と答えると、高橋は「(佐藤)健くんが相談に来たら、3億円を下ろしてきてもらって、朝まで飲んで、最後は持ち逃げします!」と映画の展開と同様の回答をし、会場を沸かせました。しかし100点満点のような回答に納得がいかないオバチャーンは、「3億円で私と一緒に世界一周旅行して~~~!」とおねだり。あまりのグイグイ加減に、佐藤は思わず「3億円あったら…大阪のおばちゃんと一緒に世界一周に行きたいです!」と当初の回答を変更!佐藤、高橋ともに大阪のお客様の勢いに圧倒されつつも、大阪人も太鼓判の映画『億男』の笑いが絶えない舞台挨拶は終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 以下、佐藤健、高橋一生の舞台挨拶でのコメントになります。

佐藤健さんコメント:
観終わったお客様の前で舞台挨拶を行うのは、今回が初めてだったので皆さんの声を聴くことができて、感激しています。僕の演じた一男は、悶々とした日々を送っている役だったので、自分も一男と一緒に悶々と暮らしていました。公開が迫ってきてたくさんの人に届けられるよう、宣伝を引き続き頑張っていきますので、皆さんも一緒に届けていただけますと光栄です。そしてこの作品が少しでも「お金」や「幸せ」に関して考えるきっかけになると嬉しいです。

高橋一生さんコメント:
大阪には少し、お仕事で通ったりもしていたので、久しぶりの戻ってきたという感覚です。九十九という役は、一男と合わせ鏡のような役で、健くん同様に悶々とした日々を過ごしました。いまこの会場にいる8割くらいの人が、この映画でお金に関する考えが変わったということで嬉しくもあり、心配でもありますが…(笑)この映画を楽しんでもらえたらいいなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph
『億男』

10月19日(金)より全国東宝系にて公開です。
映画公式サイト  :http://okuotoko-movie.jp
映画公式Twitter :@okuotoko_movie

ストーリー
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐり”に翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー


***********************************

キャスト     :佐藤健 高橋一生
           黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也
原作       :川村元気「億男」(文春文庫刊)
監督       :大友啓史
脚本       :渡部辰城 大友啓史 
音楽       :佐藤直紀
主題歌      :BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
配給       :東宝

©2018映画「億男」製作委員会


山田孝之・佐藤健・荒川良々 映画『ハード・コア』可笑しく切ない本予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!
豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!

この度、本作の本予告映像が解禁となりました!

現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。
間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。
そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。
二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。
ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化。

山田孝之、佐藤 健、荒川良々ら豪華キャスト、スタッフで送る、切なくて可笑しい、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇。
「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」



ついに解禁となった予告映像では、世間に馴染めず純粋すぎる男・右近とそんな右近の唯一の友人・牛山のうだつの上がらない生活が映し出されており、謎のロボットとの出会いによって2人の生活が一変していく様子が描かれています。

“ロボオ”と名付け、右近と牛山は共同生活を続けていくうちに、自分たちと同じ1人ぼっちな”ロボオ”との間に芽生えた友情をユーモアも交えながら描かれております。

左近に殴りかかる右近の姿や、爆弾を持って「もう、後戻りできないところまで来てるんだよ」という意味深な台詞、警察に囲まれる右近、牛山、ロボオの姿など、物語の結末が非常に気になる内容となっています。

さらに、OvallとASIAN KUNG-FU GENERATIONボーカル,ギターの後藤正文=Gotchのコラボレーションで書き下ろされたエンディングテーマ「なだらかな夜」(Ovall feat.Gotch)に載せてロボオと共に空へ飛び去っていく衝撃のシーンもあり、山下敦弘監督と山田孝之が作り出す世界観が凝縮された予告映像となっております。

11月23日(金・祝) 全国公開

hardcore-movie.jp

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ) 
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会 


佐藤健、高橋一生『億男』主題歌BUMP OF CHICKENに決定!予告映像も解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズで新しいエンターテインメントを切り開いてきた、大友啓史監督。

監督が最新作に選んだ題材は、なんと“お金”!

原作は、2015年に「本屋大賞」にノミネートされ、累計発行部数66万部を突破している話題作「億男」(川村元気著)。

お金とは?幸せとは?お金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問う普遍的なテーマながら、まるで“地獄めぐり”のように個性的な億万長者たちと主人公が向き合い、その答えを探しだす姿を描くという、まったく新しいお金のエンターテインメント作品『億男』は10月19日(金)に公開です!

そしてこの度、主題歌をBUMP OF CHICKENが担当することが発表となりました。

主題歌は映画のために藤原基央(Vo,G)が書き下ろした新曲「話がしたいよ」。ピアノに重ねた、柔らかさと凛々しさを同時に感じさせる独唱から始まり、アコースティックギターやエレキギター、コーラスが積まれていく、広がりのある展開。そして壮大なアレンジのバンドサウンドを経て、最後にはまた音数の少ない弾き語りのようなアレンジに。清涼感とぬくもりを聴き手の胸に残します。一男と九十九、そして観客が自分なりの「お金」と「幸せ」の答えを探し求めた後、エンディングで流れるこの主題歌は、2人の道程を讃美し物語を締めくくる歌でありつつ、観客が未来に踏み出す力を与える曲になっています。

<主題歌情報>
BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」
作詞・作曲:藤原基央
編曲:BUMP OF CHICKEN & MOR
※リリース未定



映画情報どっとこむ ralph BUMP OF CHICKENさん、佐藤健さん、高橋一生さん、佐藤善宏さんプロデューサーのコメントになります。

BUMP OF CHICKENさんからのコメント
このたび映画『億男』の主題歌のお話を頂きまして、とても光栄に思いました。原作もとても面白く読ませて頂きましたが、佐藤健さん・高橋一生さんをはじめとした豪華出演者の皆様の快演により、よりリアリティを持って楽しめました。改めて劇場で観ることが待ち遠しいです。


一男役・佐藤健さんからのコメント
まず初心に返りまして、相変わらず良い声だなと思いました(笑)ノスタルジックな空気感が、映画『億男』の世界観にとてもマッチしていて、何年も前の友達とのことを思い出すような感覚になれる曲だと思います。エンドロールまで含めて1本の映画になっているので、ぜひ最後まで楽しんでもらいたいです。


九十九役・高橋一生さんからのコメント
ずっとBUMP OF CHICKENさんの歌を聴いてきたので、今回の主題歌を聴いたとき、今までのBUMP OF CHICKENの定義がいい意味で解け始め、彼らの新しい側面をみたような気がしました。エンドロールでかかった時、一男(佐藤)と九十九(高橋)という2人の歌だと思える、そしてこの曲をもって映画が完結する、そんな曲に感じました。


佐藤善宏プロデューサーさんからのコメント
悩みました。
お金にまつわる人間の業の深さや煩悩を扱いつつ、新しいお金の価値を探し、本当は身近にある気づきにくい小さな幸せを見つける旅である本作品を、その全ての要素を包み込んで映画を終着させてくれる歌はあるのだろうかと考え抜きました。正直に、バンプ藤原さんに悩みを共有しました。歌をあげて頂いた時に監督と顔を見合わせました。あったね、これだね、と頷き合いました。

映画情報どっとこむ ralph 8月31日(金)より映画前売券も販売開始!

億男
10月19日(金)ロードショー

映画公式サイト :
http://okuotoko-movie.jp

映画公式Twitter :
@okuotoko_movie

物語・・・
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐりに”翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー

***********************************


キャスト :佐藤健 高橋一生
黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也

原作 :川村元気「億男」(文春文庫刊)
監督 :大友啓史

脚本 :渡部辰城 大友啓史
音楽 :佐藤直紀
主題歌 :BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
配給 :東宝
©2018映画「億男」製作委員会