「佐古忠彦」タグアーカイブ

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 2017年に公開された「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」は戦後の沖縄で米軍の圧政に真っ向から挑んだ一人の男・瀬長亀次郎の戦いの姿が描かれたが、今年、瀬長亀次郎の生涯と日本復帰直前の沖縄の激動の歴史を深く描く新作「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」が、8月17日(土)より沖縄・桜坂劇場にて先行公開、24日(土)より東京・ユーロスペースほかにて全国順次公開されることが決定しました。

前作「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」が公開されると、カメジローの地元沖縄の桜坂劇場(那覇市)には猛暑にも関わらず何百メートルもの長蛇の列ができ、列に並んだおじいやおばあ達は「カメさんに会いに来た」と口々に話し、今もなお沖縄県民に寄り添い、ともに生きる彼の不屈の精神を感じさせられました。そして、そんな沖縄の熱気は、東京、大阪、名古屋、札幌、京都、神戸をはじめ全国に伝わり、大きなブームを巻き起こしました。

そして、新作「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」では、カメジローが残した230冊を超える詳細に書き記された日記を読み解き、政治家としての一面だけでなく、妻や娘らと過ごす日常や、夫や父親としての様々な顔を描き、彼の不屈の精神の根底にあるものを浮かび上がらせます。また、前作では描かれなかった教公二法阻止闘争、毒ガス移送問題やコザ騒動、沖縄と核など、一瀉千里のように返還へ向けて進んでいく熱い闘いや、カメジローと当時の佐藤栄作首相の国会での迫力ある魂の論戦が12分間にわたり映し出され、沖縄の心、そして今なお解決されない事象の原点が浮き彫りにされます。

音楽は前作と同じく坂本龍一が担当し、「Sacco」に加え、新たに書きおろした曲「Gui」がカメジローの不屈の生涯を静かに熱く奏でます。また、語りとして参加するのは、日本映画界きっての名優・役所広司。彼の強くも優しさを秘めた語りが胸に響きます。ぜひ、カメジローの戦いと愛に満ちた生涯を劇場でご覧ください。

<佐古忠彦監督のコメント>
前作「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」の公開から半年が経った2018年2月、私は、230冊以上に及ぶ瀬長亀次郎の日記に再び向き合い始めていた。いったん区切りを迎えたはずの取材だったが、まだまだ広く深いカメジローの世界から離れられないでいた。ずっと心に引っかかっていた、前作を鑑賞してくださったお客様の数々の言葉がある。 「家庭でのカメジローの顔を知りたい」、「どうして、こんなに不屈の精神を宿すに至ったのか?」 こういう声もあった。「かっこいいカメジローは分かった。かっこ悪いカメジローもみてみたい」つまり、闘う不屈の男だけでなく、まさに“人間”カメジローをもっと見たいということなのだろう。 前作でご覧いただいた、国会論戦で時の首相に激しくぶつかっていった亀次郎の姿に、多くの人が快哉を叫んだが、その魂の言葉を生みだした原点も日記に残されていた。亀次郎は、何のためにこれほど不屈に一本の道を歩み続けたのか。その先に何があったのか。沖縄の歴史と亀次郎の言葉が、その答えを導き出す。そして、それは、後世へのメッセージとなって語りかけてくる。

/td>
映画情報どっとこむ ralph 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』

8月17日(土)より、沖縄・桜坂劇場にて先行公開、8月24日(土)より、東京・ユーロスペースほか全国順次公開

***********************************


監督:佐古忠彦
撮影:福田安美
音声:町田英史
編集:後藤亮太
プロデューサー:藤井和史 刀根鉄太

語り:山根基世 役所広司
テーマ音楽:「Sacco」「Gui」作曲・演奏 坂本龍一
音楽:坂本龍一 兼松衆 中村巴奈重 中野香梨 櫻井美希

2019年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/128分
配給:彩プロ
(C)TBSテレビ


劇場外まで長蛇の列が100メ ートル映画『米軍が最も恐れた男』イベント


映画情報どっとこむ ralph 瀬長亀次郎を描いたドキュメンタリー映画『米軍アメリカが最も恐れた男 その名は、カメジロー』が、8 月 12 日(土)より全国に先駆けて沖縄・桜坂劇場にて公開が始まりました。8 月 26 日(土)から は、渋谷のユーロスペース他順次全国公開となります。

第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人“弾圧”を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人、「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させ、彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治 家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリーです。
那覇市・桜坂劇場での初日(8/12(土))の初回では、劇場外まで長蛇の列が100メートル以上続き、400 人以上の大行列。定員 300 席は満員となり、100 名程のお客さんが入場できないほどの大盛況となりました!さらに、8/13(日)公開記念イベントが行われ、ネーネーズ・演芸集団 FEC・佐古忠彦監督が登壇! 沖縄の演芸集団 FEC が「お笑いカメジロー」を披露! 想い出深い曲「黄金の花」の歌声に、佐古監督は感無量のご様子でした!

映画『米軍アメリカが最も恐れた男 その名は、カメジロー』公開記念イベント
日時: 8 月 13 日 (日)
場所: 桜坂劇場
登壇:佐古忠彦監督、演芸集団FECの皆様、ネーネーズの皆様

映画情報どっとこむ ralph 桜坂劇場のスタッフによると、初日の動員記録として、スタッフが在籍している 12 年間では『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (12)に次ぐ第二位、実写映画として第一位を記録!さらに、過去 12 年間で「上映前にこんな風に拍手が起こったのは初めて」と 驚いた様子。


そして翌日 8/13(日)公開記念イベントには、ネーネーズ・演芸集団 FEC・佐古忠彦監督が登壇! 沖縄の演芸集団 FEC が「お笑いカメジロー」を披露! 想い出深い曲「黄金の花」の歌声に、佐古監督は感無量のご様子でした!

初日の熱気は冷めることなく、桜坂劇場ホール A の 300 席がすべて埋まる超満員のなか、本編上映後、イベントはスタート。

沖縄の演芸集団FEC によるコントは「お笑いカメジロー」、「亀島太郎」、「クイズ瀬長亀次郎」の 3 演目。

亀次郎に絡めたネタで、 熱気に溢れた満席の場内からは終始大きな笑い声や拍手で溢れた。FEC のコントの後には、FEC のまーちゃんの呼び込みで佐古監督が登壇。
まーちゃん:亀次郎の映画を(うちなーんちゅ)ではない佐古監督が撮ってくれたことが自分も沖縄の人間も本当に うれしいんだ。

と語り佐古監督に感謝を述べた。

佐古監督:沖縄の戦後の歴史を本土の人はよく知らない。なぜ沖縄の人が辺野 古反対と叫んでいるのか、本当のところを分かっていない。昨年、亀次郎に関する 49 分のドキュメンタリーを放送したところその反響がもの凄かった。そこで、亀次郎を通して沖縄の戦後史を描くことで沖縄の人が声をあげている理由を少しでも分かってもらえればと、 追加取材・撮影を行い制作ました。

と映画制作の経緯を明かしました。

その後、佐古監督とまーちゃんの紹介で登場したネーネーズによる ミニライブでは劇中で印象的に使用されている「おしえてよ亀次郎」をはじめ、「ヤガマヤ」、「黄金の花」の 3 曲を披露。
「ヤガマヤ」で は自然と場内から手拍子が起こり、「おしえてよ亀次郎」「黄金の花」では、満席の観客はその唄声に酔いしれました。「黄金の花」 は佐古監督が「筑紫哲也のNEWS23」のキャスター時代にエンディングで使用されていた時期もある想い出深い曲。300席が満席 となった会場は、映画とコントとミニライブと贅沢な時間を堪能しました。

映画情報どっとこむ ralph ネット上では
「胸が震えるような映画。上映前に拍手が起こり、何度も涙が出そうになりました」
「この映画をあなた へ、心の底からお勧めします」
などの大きな反響が寄せられており、沖縄県民の期待値・満足度の高さが伺えます。 一方、公開日の 8 月 12 日(土)には沖縄で、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する大規模な県民大会 が開かれ、主催者発表で約4万5000人が参加。名護市の稲嶺市長や翁長知事らが登壇し、辺野古移設工事の中止や、普 天間基地の閉鎖・撤去を改めて訴えました。本作品には、現在も続く沖縄の闘いの原点が描かれています。

戦後の沖縄で米軍の圧政と闘った一人の男の生き様をJNNの貴重な未公開映像の数々で描いたドキュメンタリー映画。 アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長亀次郎。なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった。

米軍アメリカが最も恐れた男 その名は、カメジロー

物語・・・
沖縄の戦後史。そこで闘った男の生き様を知れば、地続きの歴史が見えてくる。 男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった 11 ヶ月だけ率い た、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。1945 年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何 万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向 けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった━。

沖縄・桜坂劇場にて先行公開中 8 月 26(土)より、東京・ユーロスペース他全国順次公開

公式 HP:
www.kamejiro.ayapro.ne.jp

***********************************

監督 :佐古忠彦
撮影:福田安美 音声:町田英史
編集:後藤亮太
エグゼクティブプロデューサー:藤井和史
プロデューサー:大友淳、秋山浩之
語り:山根基世、大杉漣
テーマ音楽:「Sacoo」作曲・演奏 坂本龍一 音楽:坂本龍一、兼松衆、中村巴奈重、中野香梨、櫻井美希 2017 年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/107 分
配給:彩プロ
©TBSテレビ