「佐倉綾音」タグアーカイブ

川谷絵音、押切蓮介、佐倉綾音らも推薦する映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが本日発売!!


映画情報どっとこむ ralph 2018年6月の公開以降、新宿武蔵野館で異例の9週間のロングランの他、香港、上海、バルセロナの海外映画祭にも正式出品された映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが本日1月16日(水)に発売となりました!


発売を記念し、藍にいな(イラストレーター)、押切蓮介(漫画家)、川谷絵音(アーティスト)、日下部克喜(山形国際ドキュメンタリー映画祭 事務局長)、ケニック(ケニックカレー)、佐倉綾音(声優)、嶌村吉祥丸(写真家)、長谷川圭佑(写真家)の8名による推薦コメントが寄せられました。

◆藍にいな/イラストレーター
この映画で描かれる少女達はあまりに脆くて、その脆さをどう守ったら良いのか分からないまま棘をまとってみたり、殻にこもってみたりして、狭い不自由な世界の中でどうにか息をしている。そんな姿は世の中じゃあ「思春期」とか一言でまとめられて、時には嘲笑までされるが、私にはそんな少女達の姿こそ輝いて見えた。脆いからこそ優しくて、脆いからこそ人を傷つけて、不器用な彼女達は上手く立ち回る方法なんて知らぬままとにかく生きていく。きっと、少女達は誰一人悪くない。ならば、誰が悪いのだろう?人は誰だって子供であったはずで、誰だって「大人に傷つけられたくない」という感情を持ったことがあるはずだ。その子供は、いつから子供を傷つける大人に変わるのだろう?この映画を見て、私自身がその「大人側」に変わりつつあったことに気付かされた。私達はいつの間に、あの鮮やかな感情を忘れてしまうんだろう。また忘れてしまいそうになった時、もう一度この映画を見たい。

◆押切蓮介/漫画家
糞めんどくせえ女子高生の描写に動悸が激しくなりました。
その不器用さ、繊細さ、理不尽さにすっかりやられてしまい、なかなかへこたれております。
自分が男子で良かったと思うくらい追い詰められました。
それととにかく痛い。この映画にぶっさされた思いです。
人を幸せには出来ない映画だと思いますが、こうも心を刺されるということは何か凄い映画だったんだなと感じます。

◆川谷絵音/アーティスト
僕が10代だったらこの映画を観てどんな影響を受けたのだろう。わからない。青春ってどこか危うげで、でも僕はそれをあたかも平穏なように過ごしたから、少女2人が羨ましくなりました。30歳の僕はもう逃げられないから、この映画をもう一度見てあたかも逃げた気になろうと思います。

◆日下部克喜/山形国際ドキュメンタリー映画祭 事務局長
ミユリとツムギが交わし合う視線や息づかい、2人の存在そのものに、強烈な生々しさがあった。
それは枝優花監督の情念が呼び込んでしまったドキュメンタリー性のようなものかもしれない。
この哀しくも妖しい物語は、観る者を異世界へ誘う危険性さえ宿している。
だがそれ故に2人の少女が醸し出すこの濃密な空間、そのほんの些細な一瞬一瞬の中に「永遠」を見、その神々しさに平伏してしまうのだ。

◆ケニック/ケニックカレー
今回このような機会をいただきありがとうございます。本作を知ったきっかけはアルバイトの女優の子に枝監督を紹介いただいたことですが、その後別の友人繋がりでモトーラさんにも御来店いただいたり、DVDも友人が勤める会社から発売されるということで、縁について考えさせられましたし、本作を身近にも感じておりました。
物語の分岐点となる場面について、個人的には”とある選択”について納得出来なかった部分もありますが、観る人の年齢や、性別や、その時の感情や、何度観たかによっても、捉え方は違うんじゃないか、自分の思う正解が必ずしもそうではないのではないかと次第に思うようになりました。

「素晴らしい服・デザインとは、作り手が解釈を受け手に100%押し付けるものよりも、個々に自由に解釈できる余地を残しているものだ。」と、かつて私が好きなファッションデザイナーが語った言葉があるのですが、正にこの作品にも通じる話で、個々に自由に解釈する余地がある、それはつまり素晴らしい作品である証拠だと思うのです。
むしろ、見終わった後に、一緒に見た人たちとあれこれ話すことこそ、醍醐味なのかなと思いました。

◆佐倉綾音/声優
生々しく、耽美で、目の離せない邂逅だった。
目を離した隙に、女の子たちのまっすぐな狂気が、次の瞬間なにをするのかわからなくて。
自分がかつてこういう生き物だったかと考えると反吐がでそうになるし、こういう生き方を通らなかったかと考えると惜しくもある。
「知らないことはいくらだって悪く見える」という言葉が作品内で出てきたが、『少女邂逅』の世界を知った私たちは、この先どう生きていけばいい。

◆嶌村吉祥丸/写真家
他者のほとんどが家族と学校の友達だった頃、毎日をただ不器用に生きていた時間はとても貴重で、脆くて、美しかったのかもしれません。狂気的でもあり生々しい人間関係と、蚕というメタファーを通して改めて人間としての生き方について考えさせられました。映画という枠組みにとらわれずに、映像や写真を摘み取る枝優花監督の普段見ている景色を見てみたくなりました。

◆長谷川圭佑/写真家
どこにでもある教室という世界の明と暗、どちらにピントを合わせるかで写るモノは大きく変わりますが、
暗部に当てられたピントが徐々に甘くなっていく様が少女という存在の曖昧さを表しているようでした。
教室という狭い箱の中で生きる少女、「世界はもっと広いよ」という言葉。枝監督から少女達へのメッセージのように聞こえました。

映画情報どっとこむ ralph 先日開催された第28回TAMA映画祭でも特集上映が組まれるなど、注目を集める枝優花が監督を務めた本作は、いじめをきっかけに声が出なくなった少女と、そこから救い出してくれたある少女との出会いを描いた物語。国内外の映画祭でインディーズ映画ながら異例の好評価を受け、映画×音楽の祭典<MOOSIC LAB 2017>で観客賞受賞、インディーズ映画としては異例の香港国際映画祭、上海国際映画祭正式出品など多くの話題を集めた。

本日発売されるBlu-rayは【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】と題し、特製アウターケースや撮影中写真をたっぷり使用したフォトブックが付属、また映像特典として撮影中のメイキング映像も収録予定と、ファン必携の仕様となっている。


『少女邂逅』
2019年1月16日(水)
Blu-ray&DVDリリース



<Blu-ray【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】>
価格:\5,800+税 /枚数:Blu-ray1枚組 /品番:PCXP.50618
<DVD>
価格:\3,800+税 /DVD1枚組 /品番:PCBP.53868

<収録時間>
本編約101分+映像特典
※映像特典はBlu-rayのみ

<Blu-ray限定特典>
・仕様:アウターケース
・封入特典:特製52Pフォトブック
・映像特典:メイキング
※DVD商品には上記特典は付属・収録されず本編ディスクのみとなります。

映画『少女邂逅』公式サイト
http://kaikogirl.com/

【ストーリー】
いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。
自己主張もできず、周囲にSOSを発信するためのリストカットをする勇気もない。
そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬(ツムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。
「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」この窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる――とミユリはいつも願っていた。
ある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。唯一の友達を失ったミユリは絶望する。
その次の日、ミユリの通う学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくるーーー。

【スタッフ】 
監督・脚本:枝優花
主題歌・劇中歌:転校生(EASEL LLC)

【キャスト】
保紫萌香(現・穂志もえか)
モトーラ世理奈
松浦祐也
松澤匠 ほか

発売・販売元:ポニーキャニオン
(C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:

枝優花 監督感涙!保紫萌香、モトーラ世理奈登壇『少女邂逅』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/115699



***********************************



「PSYCHO-PASS サイコパス」来場者特典、4DX上映決定!舞台挨拶情報も!


映画情報どっとこむ ralph 人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション「PSYCHO-PASS サイコパス」。

5人の主要キャラクター、霜月×宜野座、須郷×征陸、狡噛にフォーカスした劇場アニメ3作品が、1月25日(金)より連続公開となります。

この度、来場者特典、4DX上映、初日舞台挨拶&公開中イベントの開催、新編集版・第2期Blu-ray BOX “Smart Edition”の発売が決定しました。


『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』来場者特典が設定集に決定しました。

3作品ごとに各作品のキャラクターやメカデザインの設定画、美術ボードなどを収録した設定集は必見。さらに、キャラクターデザイン:恩田尚之が描き下ろした3作品キービジュアルの原画が表紙を飾る。


※各作品、公開初日より数量限定、無くなり次第終了の配布となります。

映画情報どっとこむ ralph 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』の4D上映が決定!

上映劇場は【シアターリスト】からご確認ください!
アトラクション型のPSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the Systemを体感ください。

[シアターリスト]
※4D上映のご鑑賞にあたっては諸注意がございます。下記のホームページの内容をご確認・ご承認のうえ、ご鑑賞ください。
psycho-pass-ss

映画情報どっとこむ ralph 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』舞台挨拶&公開中イベント開催決定!!

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』の舞台挨拶と、公開中イベントの実施が決定しました。「Case.1 罪と罰」は初日1月25日(金)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、野島健児(宜野座伸元役)、佐倉綾音(霜月美佳役)、塩谷直義監督の登壇で行います。
「Case.2 First Guardian」は関智一(狡噛慎也役)、東地宏樹(須郷徹平役)の登壇、「Case.3 恩讐の彼方に__」は関智一の登壇で、いずれも舞台挨拶を行います。
さらに、各作品公開中にメインキャラクターにスポットを当てたイベントも開催いたします!
「Case.1 罪と罰」公開中は、宜野座伸元をメインに、野島健児が登壇するイベントを2月5日(火)に実施!「Case.2 First Guardian」は須郷徹平、「Case.3 恩讐の彼方に__」は狡噛慎也にスポットを当てます!
※各イベントの詳細は、順次公式サイトで発表いたします。


『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』初日舞台挨拶
【日時】1月25日(金)18:00の回(上映後舞台挨拶)/20:15の回上映前舞台挨拶
【実施劇場】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
【登壇者】野島健児、佐倉綾音、塩谷直義監督(予定)
【チケット情報】「チケットぴあ」にて先行抽選版売を実施致します。
【先行抽選販売】受付URL
(受付期間:1月12日(土)11:00~1月21日(月)23:59)

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』公開中イベント
【日時】2月5日(火)19:00の回(上映後舞台挨拶)
【実施劇場】TOHOシネマズ 新宿
【登壇者】野島健児(予定)
【チケット情報】劇場WEBにて発売
URL
【販売開始】1月25日(金)24:00~
※残席ありの場合のみ、1月26日(土)劇場オープン時より劇場窓口でも発売

※料金・注意事項などは、各イベントに記載のURL、または公式HPにてご確認下さい。

映画情報どっとこむ ralph
『PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版』『PSYCHO-PASS サイコパス 2』Blu-ray BOX
“Smart Edition(スマートエディション)”発売決定!

『PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版』と、第2期『PSYCHO-PASS サイコパス 2』の初Blu-ray BOXが “Smart Edition(スマートエディション)”として発売決定!

『PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版』Blu-ray BOX Smart Edition
・発売日:2019年4月17日(水)
・品番:TBR29066D
・POS:4988104120663
・価格:\19,800+税
収録分数:本編約503分/DISC枚数:4枚/映像:1080p High Definition 16:9ワイドスクリーン/2層(BD50G)/音声:日本語 リニア PCM 2.0ch ステレオ
【封入特典】 ●電子版シナリオブック入りUSB

『PSYCHO-PASSサイコパス 2』Blu-ray BOX Smart Edition
・発売日:2019年7月17日(水)
・品番:TBR29079D
・POS:4988104120793
・価格:\16,800+税
収録分数:本編約245分/DISC枚数:2枚/映像:1080p High Definition 16:9ワイドスクリーン/2層(BD50G)/音声:日本語 リニア PCM 2.0ch ステレオ
【封入特典】 ●電子版シナリオブック入りUSB

発売・販売元:東宝
※特典内容・商品仕様は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 3作品統合ビジュアル

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System

2019年1月25日(金)より連続公開

公式HP:
psycho-pass.com/

***********************************


CAST
野島健児 佐倉綾音 / 東地宏樹 有本欽隆 / 関智一
STAFF
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上亮(Case.1)、深見真(Case.2,3)
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒、青木康浩
音楽:菅野祐悟 音響監督:岩浪美和 
主題歌: abnormalize /凛として時雨 ーRemixed by 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
アニメーション制作:Production I.G 制作:サイコパス製作委員会
配給:東宝映像事業部  ©サイコパス製作委員会  


PSYCHO-PASS 新作映画公開記念! 劇場版地上波初放送 TVシリーズ <ニコ生>一挙配信・特番決定!


映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』地上波初放送 TVシリーズ <ニコ生>一挙配信・特番決定!

人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション「PSYCHO-PASS サイコパス」。2012年のTVアニメ放送開始より、アニメファンのみならず幅広い層で大きな話題を呼びました。2018年3月実施フジテレビアニメラインナップ発表会にて「PSYCHO-PASS サイコパス」Next Project始動が発表され、5人の主要キャラクター、霜月×宜野座、須郷×征陸、狡噛にフォーカスした劇場アニメ3作品が、2019年1月25日(金)より連続公開となります。
この度、劇場アニメ3部作『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』の公開を記念して、『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』フジテレビ地上波初放送が決定しました。

さらに、『PSYCHO-PASS サイコパス』テレビシリーズをニコ生で一挙配信いたします。ニコ生では狡噛慎也役・関智一、宜野座伸元役・野島健児が出演する『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念特番の実施も決定しました!

映画情報どっとこむ ralph フジテレビ地上波初放送
『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』
フジテレビ
2019年1月22日(水)26:10~
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

STORY
鹿矛囲事件から1年半後となる2116年。
シビュラシステムはついに海外に輸出され、
初の試験導入先となったSEAUnの首都・シャンバラフロートはつかの間の平和を得る。
一方日本では、東京湾から武装テロ集団が密入国を果たしていた。
情報屋から一報を受けた常守朱監視官は、一係と現場へ急行。
激しい銃撃戦の末、テロリストを制圧する。
集団が使用していたシューティンググラスからは、
日本の警備システムを知り尽くした人間がその開発に関わっていると推測された。
霜月美佳監視官は禾生壌宗局長の命令を受け、薬物を用いてのメモリースクープを実行。
異例の捜査で得られた映像には、SEAUnの反政府ゲリラと行動を共にする狡噛慎也の姿があった……。


映画情報どっとこむ ralph ■『PSYCHO-PASS サイコパス』テレビシリーズ<ニコ生>一挙配信
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念特番決定!!
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念特番 &『PSYCHO-PASS サイコパス』 新編集版1話~5話上映会
2019/01/11(金) 開場:18:30 開演:19:00 終了予定:24:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv317333818
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念特番
1月11日(金)19:00~20:00
・出演
関智一(狡噛慎也役)、野島健児(宜野座伸元役)/MC:吉田尚記


『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念
「PSYCHO-PASS サイコパス」新編集版6話~11話一挙放送
2019/01/12(土) 開場:18:30 開演:19:00 終了予定:24:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv317333925


『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念
「PSYCHO-PASS サイコパス2」全11話一挙放送
2019/01/13(日) 開場:18:30 開演:19:00 終了予定:24:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv317333979

※出演者、配信日時は予告なく変更になる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』
2019年1月25日(金)より連続公開

■PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰
2019年1月25日(金)より公開
【CAST】宜野座伸元/野島健児 霜月美佳/佐倉綾音

【STAFF】SSストーリー原案・監督:塩谷直義 脚本:吉上亮 総作画監督:中村悟 シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G

■PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian
2019年2月15日(金)より公開
【CAST】須郷徹平/東地宏樹 征陸智己/有本欽隆
【STAFF】SSストーリー原案・監督:塩谷直義 脚本:深見真 総作画監督:阿部恒 シリーズ原案:虚淵玄 
キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G

■PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__
2019年3月8日(金)より公開
【CAST】狡噛慎也/関智一
【STAFF】SSストーリー原案・監督:塩谷直義 脚本:深見真 総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟 
シリーズ原案:虚淵玄 キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G

配給:東宝映像事業部
公式HP:psycho-pass.com/
©サイコパス製作委員会  

正義は、歪んだ世界を照らす。
 人間の心理状態を数値化し管理する近未来。犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。
 2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVアニメ第二期を放送、2015年に劇場版アニメを公開し、その世界観を広げてきた。
そして2019年――劇場版アニメ三部作としてその物語が動き始める。
これまでのシリーズと劇場版に参加したスタッフが再結集。塩谷直義が監督を務め、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。Case.1の脚本は、『PSYCHO-PASS サイコパス』ノベライズ「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」を執筆した吉上亮が担当。Case.2とCase.3の脚本を、TVアニメ第一期、劇場版の脚本を手掛けた深見真が担うことになった。
 3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られる。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たち。犯罪を未然に防ぐために必要なものは、猟犬の本能か、狩人の知性か。事件は思わぬ事実を明らかにし、世界のあり方を映し出す。これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれる。

***********************************


いよいよスタート!第31回東京国際映画祭レッドカーペット その1


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場しました。

<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭 
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 映画の司会と言えばこの人、映画パーソナリティー:いとうさとり

第31回東京国際映画祭アンバサダー:松岡茉優とフェスティバル・ディレクター:久松猛朗

メディアパートナーLINE LIVE:永島聖羅ら

セレモニーパーティ司会:笠井信輔

熱狂宣言: 奥山和由監督、江角早由里(プロデューサー)、松村厚久、近藤太香巳

TIFFプラス


日本映画スプラッシュ:21世紀の女の子:
山戸結希(監督/プロデューサー)、井樫彩(監督)、枝優花(監督)、加藤綾佳(監督)、坂本ユカリ (監督)、首藤凜(監督)、竹内里紗(監督)、夏都愛未(監督)、東佳苗(監督)、ふくだももこ(監 督)、松本花奈(監督)、安川有果(監督)、山中瑶子(監督)、金子由里奈(監督) 柳英里紗、北浦愛、杉野希妃、神尾てん子、Lee Yoko、松林うらら、古川琴音、久保陽香、土居 志央梨、小川あん、筒井のどか、三浦透子、清水くるみ、松井玲奈、木下あかり、唐田えりか、竹内 ももこ、詩歩、瀧内公美、手島実優、石橋静河、堀春菜、倉島颯良、福島珠理、日南響子

ハード・コア:山下敦弘監督、ロボオ(石井モタコ)

ギャングース:入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、伊東蒼、菅原健

26thキネコ国際映画祭

PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.1 & Case.2 PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 & Case.2 First Guardian
関智一、野島健児、東地宏樹、佐倉綾音、塩谷直義監督

アジア三面鏡 2018:Journey
デグナー監督、チェン・ジン、ゴン・チェ、ナンダーミャッアウン、長谷川博己、松永大司監督、エドウィン 監督、ニコラス・サプットゥラ、オカ・アンタラ、アグニ・プラティスタ

みなと委員会

DJ KOO

ミッドナイト・フィルム・フェス!
蹴る:中村和彦監督、永岡真理、北沢豪

ジョホールバル 1997
植田朝日、黒田耕平、田川博文(チーフプロデューサー)、ワタベカズ彦(アートディレクター/映像王 子)、ヤナガワゴーッ!(スチール)


その2へ続く。

その3へ

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF


菅田将暉が初アニメ映画主題歌!『僕のヒーローアカデミア』 喜びコメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 今年8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』長編アニメーション作品が全国ロードショー!

そしてこの度、待望の予告編が解禁となりました!

原作者・堀越耕平が総監修し、デク、オールマイト、1-A組のメンバーが初の海外となる舞台<”I”アイランド>に襲来した謎のヴィラン敵・ウォルフラムと大バトル!そして、かつてのデクと同じ“無個性”の少女・メリッサと、彼女の父でオールマイトの旧友・デヴィットというストーリーの鍵を握る親子との出逢い、さらにオールマイトの過去など、原作では描かれなかったエピソードが次々と明かされます。親友・デヴィットのピンチにオールマイトは、そしてデクはどう立ち向かうのか!空白の「夏」の一部が、遂に解禁!

この予告編は順次全国の映画館でも公開される予定です。そして、6月18日(月)25時~ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」で「ロングホープ・フィリア」のフルサイズが初オンエアされる予定です。


そして、主題歌には菅田将暉の新曲「ロングホープ・フィリア」が決定!こちらは本映画のために制作した楽曲で、昨年放送の“ヒロアカ”TVアニメ第2期のオープニングテーマを担当したロックバンド・amazarashiの秋田ひろむが作詞・作曲を手掛けました。

菅田将暉の楽曲がアニメーション映画の主題歌になるのは本作が初めてとなります。2018年8月1日(水)にニューシングルとしてリリース、7月14日(土)から先行配信されます。


【菅田将暉リリース情報】
ニューシングル 「ロングホープ・フィリア」
(アニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)』~主題歌)
作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi)

8月1日(水)CDシングルリリース
7月14日(土) 先行配信リリース 

映画情報どっとこむ ralph ■菅田将暉コメント

Q:8/1リリースのニューシングル「ロングホープ・フィリア」について

菅田さん:今回は最初からヒロアカ初の劇場版主題歌を作るという目的がはっきりとしていました。
ヒーローというのは子供にはもちろん、大人にも誰にだってそれぞれのヒーローが存在するものだと思うんですけど、正義だったり愛情を感じる象徴がヒーローだと思います。
そんなヒーローというものを性別も年代も超えて多くの人に歌で投げかけようと思った時に、今年の3月に自分のアルバム「PLAY」でもご一緒させてもらった、amazarashi秋田ひろむさんに、楽曲の書き下ろしをお願いさせてもらいました。「フィリア」はギリシャ語で親愛なる人への愛情 や友愛という意味です。
「大切な友に末長い希望を」という想いが込められたこの曲は、僕も歌いながら自分自身も励まされるような思いを起こさせられたり、年代関係なく、大切な仲間と一緒に頑張っていこうという強さと希望をもった曲ができたと思っています。
 

Q:「僕のヒーローアカデミア」について

菅田さん:ジャンプは小さいころから毎週読んでいて、ヒロアカも連載開始から読んでいたのでジャンプファン、ヒロアカファンとして今回の初の劇場版主題歌を担当することは、非常に光栄ですし嬉しく思っています。
僕はアクションだったり主人公が頑張って成長していく少年漫画が好きで、そういう漫画に共通しているのは、みんな憧れのヒーローとはいえ完璧でなかったりするけど、愛情や努力など情の部分が人の胸を打つものがあると思います。ヒロアカでも主人公のデクは最初、まわりから期待をされていないただの男の子だったけど、デク自身の中にある正義や憧れがあり、そんな部分をオールマイトにかわれ個性を譲られるという物語のスタートです。人間、最初から何でもできる人はいないから、諦めず頑張り続けることで誰でもヒーローになれるというストーリーが僕は昔から好きだったので、劇場版での更なるデクの成長が楽しみです。


Q:ニューシングルが『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE~2人の英雄~』の主題歌ということについて

菅田さん:劇場版ヒロアカでは、”圧倒的ヒーロー”オールマイトの過去が明かされるということもあり、amazarashiの秋田さんから、主人公デクの視点というよりは、オールマイトの視点に近い歌詞で書いたと聞いています。
歌えば歌うほどこの二人のヒーローやストーリーが、歌っている僕自身ともリンクしていって、温かくて強さを持つこの歌に本当に希望があるなと感じています。
この映画と寄り添うように歌った「ロングホープ・フィリア」が沢山の人に届けばいいなと思っていますし、映画と曲を通して、“自分が背中を押してもらった”、“誰かの背中を押してあげたい” みたいに感じてもらえるとすごく嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 楽曲提供:秋田ひろむ(amazarashi) コメント

Q:楽曲制作の際に考えたこと

秋田さん:今作は完全に『僕のヒーローアカデミア』の為だけに作ろうと最初から意識していました。菅田君への楽曲提供ということもあり、僕個人のエゴやamazarashiのエゴを排除して、一人の作家として、ヒロアカと菅田君に音楽を捧げようという気持ちで作りました。

Q:楽曲への想い

A:今作を作るにあたって僕が設定したテーマは“ヒーロー”と“友達”です。
主人公デクの視点というよりは、オールマイトの視点に近い歌詞なのかなと思います。「友よ、末永い希望を」というフレーズを先に思いついて、それをCDの帯のキャッチフレーズみたいに想像しながら作りました。僕個人の想いはもちろん込められていますが、より多くの人へ届くように言葉の表現には気を使いました。


Q:「ロングホープ・フィリア」を菅田将暉が歌うことについて感じること

秋田さん:この歌は菅田君が歌うヒロアカのテーマ、ということがなければ生まれなかった歌です。
僕もあまり経験のない制作だったので迷いながら作った歌だったんですが、菅田君が歌った音源を聴いて間違ってなかったなと思えました。若きヒーローという意味では菅田君とデクは、僕には重なって見えます。

映画情報どっとこむ ralph 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~

映画公式サイト:
http://heroaca-movie.com/

あらすじ
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。
世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如
鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      
夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

≪TVアニメ≫
『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期絶賛放送中!
毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ

©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社