「佐久間大介」タグアーカイブ

塚田僚一(A.B.C-Z)× Snow Man(ジャニーズJr.)『ラスト・ホールド!』上海国際映画祭正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)全員が共演した映画『ラスト・ホールド!』。

この度、第21回上海国際映画祭(21th Shanghai International Film Festival/6 月16 日~6 月25 日)パノラマ部門(受賞対象外で話題作品を上映)にて正式招待作品として上映されることが決定しました!!

この映画祭は1993年より開催されている国際映画製作者連盟(FIAPF)公認のアジア最大級規模の長編映画祭です。

映画情報どっとこむ ralph 主演・塚田僚一さんと真壁幸紀監督からの喜びのコメントが届いています!

主演・塚田僚一さん
完成された作品を見て、たくさんの方にご覧頂きたいなっと思っていたので本当に嬉しいです。
東京オリンピックに向けてこれから盛り上がるボルダリング、まだ馴染みのない方もいる中で「わかりやすい」とか
「面白い」という感想を頂き、この作品が届いた事を実感しました。
日本での壁を登りきり、次は上海国際映画祭の壁!海外の人たちの壁も登りきれる事を信じています。 「ガンバ!」

真壁幸紀監督
とても光栄です。
上海国際映画祭での上映は、これから国内外で、より多くの人に観てもらえるキッカケになると思います。
以前、中国の映画祭に参加した時は、観客の皆さんが自由に喜怒哀楽を声に出しながら鑑賞されていたので、 自然と”応援上映”のようになるかもしれません。 反応が楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 出演者が吹替えなしで挑んだボルダリングシーンも大きな話題となった胸アツな青春群像劇、いよいよ海外初披露となります!

塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)

映画『ラスト・ホールド!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp


物語・・・
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━
廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなければならなかった。
必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。
総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているものだから試合でも負け続けである。
しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれていくメンバー。
そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。

***********************************

監督:真壁幸紀
脚本:川浪ナミヲ、高見健次 音楽:眞鍋昭大
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)
出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/ 岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)
永野宗典 駒木根隆介 / 勝村政信
配給:松竹 ©松竹


A.B.C-Z塚田僚一&Snow Man登壇!ボルダリング映画『ラスト・ホールド!』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph A.B.C-Zの塚田僚一の映画初主演作であり、アクロバティックな舞台で観客を魅了するジャニーズJr.の人気グループ Snow Manのメンバー6人(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)が共演する 映画、『ラスト・ホールド!』が本日いよいよ公開となりました。
本作は、東京2020オリンピックの追加競技に決定した 「ボルダリング」(スポーツクライミング)を題材に、超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指す 青春映画です。 この度、公開を記念し、塚田僚一とSnow Man、真壁幸紀監督が登壇し、初日舞台挨拶を実施いたしました。

公開 を記念してキャストが特製樽を鏡開き!その樽の中からはなんと、本作ならではのプロテインが登場し、登壇者による プロテイン乾杯も。さらには本作へ出演もされている楢﨑智亜選手からサプライズコメントも到着し、大盛り上がりのイベ ントとなりました。


『ラスト・ホールド!』初日舞台挨拶
日程:5月12日(土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:塚田僚一(A.B.C-Z)/岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)/真壁幸紀監督

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みで、客席からの温かい拍手の中、塚田僚一さんとSnow Man(岩本照さん、深澤辰哉さん、渡辺翔 太さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん、阿部亮平さん)が客席後方から登場。

はじめに、

塚田さん:今日はお越しいただきありがとうございます。ファンの皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうご ざいます。普段あんまり気持ちを言葉には出さないのですが、主演をやれたことや、こうして皆さんが来てくださっていること が本当に嬉しくて幸せです。

と挨拶。 続く

岩本さん:塚田くんとSnow Man6人でこうして出演できたのは嬉しいで す。短い時間ですが楽しんでいってください。

深澤さん:新井武蔵役を演じた滝沢秀明です。(客席から歓声) Snow Man「ウソつけー!」)いつもこうして、みんなが答えてくれて助けられています(笑)よろしくお願いいたします。

渡辺さん:8時50分からの映画を観てくださっているということで、何時起き?朝からこうして集まってくださって嬉しいで す。ありがとうございます。

宮舘さん:今日からこの作品は、皆さんが育てていく番です。チームラストホールドを全身で 感じて、幸せになって帰ってください

佐久間さん:映画楽しかったでやんすかー?(客席「イェーイ!」)ならよし! よろしくお願いいたします。

阿部さん:今日という日が迎えられたのが嬉しいです。楽しんでいってください。

真壁監督:朝早くからありがとうございます。今日は暑いので、外に出ずに映画館にいていただいて、2回3回と観ていただけた らと思います。

とそれぞれ挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 初日を迎えてどんなお気持ちですか?という質問に対し、

塚田さん:初主演ということもあり、経験させていただくことが 新鮮なことばかりでした。そして先週、櫻井翔くんの主演映画が公開されましたがその時にチケットを150枚に買ってお世話になった方にお渡ししたというのを聞いて、僕も恩返しをしたいなと思い…先輩の櫻井さんよりも、ちょっと少ない148枚 買いました!再来週に僕の先輩・生田斗真くんも映画があるということで、きっと生田くんは149枚買うんじゃないかと 思って、2人よりも少ない148枚です!

とコメントすると、会場は笑いに包まれました。

Snow Man全員での映画出演については、

岩本さん:全員で映画にでるのは2回目だったのですが、本作でノースタ ントで登れたのは、一緒にいろいろな壁にぶつかったりしながら乗り越えてきた6人がいたからこそだったのではないかなと 思っています。一皮むけました。

とコメントしました。

続いて撮影を振り返って楽しかったことについては、

塚田さん:みんなでご飯を食べたことです。撮影に入る前のお祓い 終わりで、築地で食べたラーメンがおいしくて…食事を楽しく食べれたのはSnow Manと一緒だったからだなと思っていま す。

岩本さん:ボウリングのシーン。みんなあのシーンは撮影を忘れて楽しんでいました。

佐久間さん:学食で プロテイン乾杯をするシーンがあるのですが、撮影だと何回も撮りなおして実は7~8杯飲んでいるんです。もうプロテインは いいかなと(笑)

阿部さん:撮影は全部楽しかったです。楽しかったことを思い出すと、どのシーンにも塚田くんがいます。 裏でもそのまま塚ちゃんでいてくれて、明るい気持ちになれたし、僕も頑張ろうと思えました。

と撮影を振り返りながらコメ ント。

映画情報どっとこむ ralph 撮影で頑張ったことについて、

深澤さん:津軽弁を覚えるのが大変でした。ずっと練習していましたね。(塚田さん「本 当にすごいと思う」)…次の人どうぞ。

と照れながらコメント。

宮舘さん:ドラムの練習ですね。あとは劇中でタンクトップ をどう着こなすかですかね。登場シーンもポーズを決めて頑張りました(笑)

渡辺さん:プロテインのことを言おうと思って いたんですけど、佐久間に言われてしまったので…。佐久間が遅刻した日があって、塚ちゃんが佐久間を怒っていたのです が、その横で笑いに堪えるのを頑張りました。俯瞰で見たら、2人とも金髪で、「なんだ、この画は!」って(笑)

と語りまし た。

真壁監督には、キャストの雰囲気を聞くと、

真壁監督:みんな本当に素直で、スタッフにも可愛がられていました。男性のスタッフからも可愛がられていたのはすごいことだと思います。

とコメント。

そしてここで、キャスト・監督にサプライズで、映画にも出演されているスポーツクライミング楢﨑智亜選手からビデオメッセー ジが到着!

メッセージを受けて

塚田さん:メッセージをいただいたこともですが、映画にも出演していただいているので、本当にありがたいです。日本山岳・スポーツクライミング協会の方が後援の作品のため、プレッシャーもあったのですが、楢﨑選手から奮い立たせていただくことが多くありました。2020東京オリンピックの公式種目にも決まったので、またご一緒できるように僕も 頑張ります。

と熱く語りました。

映画情報どっとこむ ralph そしてさらに、公開を記念して「ラスト・ホールド!」特製樽が登場し、キャスト・監督で鏡開きを実施。
鏡を割ると、中には8つのプロテインシェイカーが!

塚田さん:ジムで練習した後、みんなでプロテイン乾杯をしていたんです。それが今日で終わりかと思うと少し寂しい気もしますが、『ラスト・ホールド!』の大ヒットを祈って乾杯!

という掛け声で、本作ならではの゛プロテイン乾杯゛による大ヒット祈願を行いました。

プロテイン乾杯をしてみて、渡辺さんは「お祝いでこうして笑顔で乾杯できるのは素敵なことだと思うので、みなさんも『ラス ト・ホールド!』をみて「映画よかったね、乾杯!」としていただけたらと思います。

とコメントし、舞台挨拶を締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ラスト・ホールド!』

5月12日(土)より絶賛公開中!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp

物語。。
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━ 廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなけれ ばならなかった。必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているもの だから試合でも負け続けである。しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれてい くメンバー。そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。 【ボルダリングとは】 自然の岩場を道具に頼らず自分の技術だけを駆使して登る「フリークライミング」が進化し、競技性より強調された「スポーツクライミング」。この競技 は「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目から成り立つが「ボルダリング」は、技術力、洞察力、戦略性が問われ、いかに正しい動きを見せるか が勝負のカギになることから「身体を使ったチェス」と呼ばれている。ちなみに、日本は2014年から17年の4年連続で世界ランキング1位を獲得した 世界有数のボルダリング強豪国。

***********************************

監督:真壁幸紀(『ボクは坊さん。』)
脚本:川浪ナミヲ、高見健次
音楽:眞鍋昭大(『映画 闇金ウシジマくん』)
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)

出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.) 永野宗典 駒木根隆介/ 勝村政信

配給:松竹
©松竹


塚田僚一(A.B.C-Z)初主演映画!Snow Man共演『ラスト・ホールド!』


映画情報どっとこむ ralph この度、人気グループ「A.B.C-Z」のメンバー、塚田僚一の初主演映画の製作が決定しました!また共演にジャニーズJr.のSnow Manジャニーズさんなので画像はありませんが、コメントが届いていますのでご紹介!
タイトルは『ラスト・ホールド!』で公開は2018年を予定しています。

2020年の東京オリンピックの正式競技種目となった、スポーツクライミング。
本作は、スポーツクライミング内の一種目、ボルダリングを題材に取ったオリジナルストーリーです。

物語は、廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島が、新入生を勧誘することから始まります。大学卒業を控えた岡島は、今や自分一人となった部を存続させるべく、6人の新入生を必死で集める。が、集まった6人はゲームおたく、ダンス好き、元ドラマーなど一人を除いてクセの強い初心者ばかり。その上ボルダリングなんて楽勝~となめてかかっていたりして、前途多難極まりない。しかし、失敗を繰り返しながら競技に向き合う内に、次第にボルダリングの楽しさに目覚めていくメンバー。自分とも向き合い、絆が生まれ、励まし合い、本当の仲間になっていく。しかし、インカレの団体戦前に事件が起こってしまい…。

映画情報どっとこむ ralph 壁を超えるとまた新たな壁が出てくる、まるで人生のようなボルダリングを通して描かれる、笑いと涙と感動の青春群像劇です。

主演は、A.B.C-Zの塚田僚一。本作が本格的な映画初出演にして、初主演となります。

塚田僚一(A.B.C-Z)さんからのコメント

この作品で僕は「映画初主演」と「ボルダリング」という2つの挑戦をします。
ボルダリングは今までTVの企画でやったことがある、という程度でした。
今回大役を与えて頂き、後悔だけはしたくないという気持ちで、お仕事以外の時間は全てボルダリングの練習に費やしました。そのおかげで体も締まり、今ではベストマッチョです!! そして仲間役はA.B.C-Zのバックダンスを務めてくれているSnow Manですからチームワークもバッチリ。映画初主演にプレッシャーや重圧もありますが、気遅れしている時間はありません。心も体も燃えています。皆様に素敵な作品をお届けできるよう、全身全霊を捧げます。


映画情報どっとこむ ralph そして、一緒に夢に挑む仲間に、「滝沢歌舞伎」など、アクロバティックでパワフルな舞台を見せることで絶大な人気を誇るジャニーズJr.のSnow Manが選ばれました。


岩本照(Snow Man/ジャニーズJr.)さんからのコメント
演技は普段やっているダンスとは違って、新たな発見をしたり勉強になることが多いので、映画出演が決まった時はとても嬉しかったです。Snow Manみんなで、というのも嬉しい。ボルダリングは全く知らない世界です。恥ずかしい姿は見せられないので撮影が始まるまで、まだまだ練習します。そのうえで、ボルダリングに興味がある方も僕らのファンの皆さんも、どちらの方たちが観ても「この映画、面白い!」と言って頂けるようSnow Manの良さと塚田君の良さを互いに引き出し合って、いい映画にしたいです。

深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.)さんからのコメント

Snow Man6人で映画出演出来ることが素直に嬉しいです。また塚田僚一君とご一緒することで、先輩からいろいろ学びたいと思います。ボルダリングは仕事の合間を見てジムに行って練習してますが、正直キツいです。何事もそうだと思いますが、経験して初めて分かりました。この映画は仲間と一緒に夢に挑戦する話です。仲間がいてこそ目標を達成できたり、つながっていける。ボルダリングに興味を持って頂くと共に、観て下さった方が、仲間っていいなと思っていただける映画になったら、と思います。

渡辺翔太(Snow Man/ジャニーズJr.)さんからのコメント
映画出演の話を聞いた時は、驚きました。今まで舞台やコンサートが多かったので、新鮮と言った方がいいかもしれません。その後に嬉しさがこみ上げて何度も「ホントに?」と聞き返しました。ボルダリングは初心者です。運動神経が良ければ出来るものなのかな、と思っていたのですが難しいです。手と足の位置がずれているだけで体の重心が変わる、頭も使う競技です。東京オリンピックの正式種目にもなりましたので、多くの方に興味を持って頂きたいですし、微力ながら僕らもオリンピックを盛り上げられたらと思っています。

宮舘涼太(Snow Man/ジャニーズJr.)さんからのコメント
映画出演は純粋に嬉しいという気持ちと、ボルダリングをやったことがなかったのでプレッシャーの両方がありました。でも、やったことがないからこそ自分の知らない世界に行ける、と思って今はワクワクしてます。出させて頂くからには絶対に生半可な気持ちでいたくないので、ボルダリングの練習も人一倍やりました。他のメンバーに負けるわけにはいきません。一方で笑いもある映画です。でもただ笑えるだけではなく人の心を動かすことの出来る映画にしたい、特にこれから何かを始める人たちに向けてエールを送れたら、と思います。

佐久間大介(Snow Man/ジャニーズJr.)さんからのコメント
まずは、このような機会を与えて頂いたことに感謝してます。ボルダリングの映画ということで、身体を動かすことが得意なSnow Manに合っているなと思いました。ボルダリングは趣味でちょっとやったことがあったのですが、いざ本格的にやるといろんな課題が出てきて本当に難しいです。目の前に新たな壁が立ちはだかっている感じ。この映画でボルダリング人口を増やしたいですし、競技の楽しさを伝えられたらと思っています。演技については、今までの舞台のお芝居と映画は違うと思うので、演じる面でも楽しみを見つけたいです。

阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)さんからのコメント
元々趣味でボルダリングをやっており、この競技の楽しさを知っていました。この映画でそれを広める側にまわれることが出来て嬉しいです。楽しさをスクリーンで伝えたいと思う一方、ボルダリングを競技としてやられている方にも失礼のないように、真摯に向き合わなければならないと思っていますので、今は時間が空くとジムに行って練習をしています。映画をご覧になった方に「ボルダリングって面白いだけじゃなくてカッコいいんだぞ」と思って頂きたいですし、「このスポーツに対応できるSnow Manは凄い」ということもお見せしたいです。

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取ったのは、『ボクは坊さん。』の真壁幸紀監督。
話題性だけにとどまらず、失敗を重ねても、あきらめることなく仲間と一緒に挑戦を続ける姿をスクリーンに映し出します。

真壁幸紀監督 コメント

2020年東京オリンピックの正式種目に決まり、街にはクライミングジムが増え、今後更に注目されていくであろうボルダリング。このボルダリングという競技が置かれている状況は、塚田君とSnow Manにリンクする部分があると感じます。今、まさに飛躍しようとしている彼らを映像に収める事に喜びを感じますし、彼らの躍動感がお客さんに伝わる映画にしたいと思います。ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 『ラスト・ホールド!』

公式サイト:
lasthold-movie.jp

物語・・・
取手坂大学4年生の岡島(塚田)は焦っていた。卒業を間近にひかえ、ボルダリング部員が自分一人となった今、もはや廃部は決定的。青春をボルダリングに捧げてきた彼にとってそれは我慢出来ないことだ。存続最低人数は7人。となると新入生を6人勧誘は必至。ようやく河口(岩本)、新井(深澤)、桃田(渡辺)、高井戸(宮舘)、桑本(佐久間)、中道(阿部)を入部させることに成功するが、河口以外は初心者で、元ドラマーやゲームおたく、性格も一癖のある者ばかり。まずはルールの説明、そして基礎練習と、やることは山積みである。目指すは、インカレに出場し優勝すること!そのためには強豪の昇竜大学に勝たなくてはならない。個人選手権に出場し個人戦で腕試しをするメンバー。しかし決勝戦に残ったのは、岡島と河口だけ。河口は中学生の頃は将来有望なボルダリングの選手として知られていたのだが、ある事件をきっかけにボルダリングから遠ざかっており、このことには口を閉ざしたまま、未だに河口を苦しめていた。最後のホールドに手を伸ばすことが出来ない河口が倒れ、そして岡島も敗戦する。岡島は就職活動もしなければならず、これを最後に試合から引退をすることに決めていた。団体戦登録人数は6人。これからはお前らが頑張ってくれ、と告げ、ボルダリング部から離れていく岡島。負けたことに口惜しさを覚えたメンバーは、自分の得意なことを生かして団体戦に向けて戦略を練っていくことに。練習を重ね、手ごたえをつかみ始めたある日、彼らは山の岩場で練習しようと出かける。しかし、そこで昇竜大学のボルダリング部員と鉢合わせとなり、河口の過去の事件がきっかけで乱闘。それにより桑本が怪我を負ってしまう。大学の団体選手権大会はすぐそこ。メンバーは岡島に出場してほしいと頼むが…。

***********************************

主演:塚田僚一(A.B.C-Z)
出演:岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平
(以上 Snow Man/ジャニーズJr.)

監督:真壁幸紀
脚本:川浪ナミヲ/高見健次
配給:松竹

クランクイン:2017年6月中旬
公開:2018年(予定)
(C)松竹