「佐々木誠」タグアーカイブ

ライムスター宇多丸 大絶賛!前代未聞の映画制作冒険ドキュメンタリー『ナイトクルージング』コメント到着


映画情報どっとこむ ralph この度、生まれながらの全盲者による映画制作を追 ったドキュメンタリー映画『ナイトクルージング』を、 2019年3月30日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開します。
本作は、生まれながら全盲の加藤秀幸氏が、『シン・ ゴジラ』の制作チームなど幅広い分野のクリエイター たち、そして山寺宏一氏や石丸博也氏など豪華声優陣 の協力を得て、映画を完成させるまでの道程を追った ドキュメンタリーです。

前代未聞の映画制作をめぐる冒険ドキュメンタリーとも言える本作をいち早くご覧になったライムスター宇 多丸さんは、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」内で本作を絶賛。また、エッセイストで漫画家の能町み ね子さんや歌人の穂村弘さん、『きみの鳥はうたえる』の監督・三宅唱さん、『菊とギロチン』で第 92 回キネマ 旬報ベスト・テンで脚本賞を獲得した相澤虎之助さんからも、称賛コメントが到着しました。
そして、菊池成孔さんプロデュース、シンガーソングライターのけものさんが歌う「めたもるセブン」がエン ディングテーマに決定。けものさんからも応援コメントが寄せられました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ナイトクルージング』コメント

ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティー) ※TBSラジオ「アフター6ジャンクション」より
我々みたいに視覚に頼って同じ映画を観ているつもりの人たち同士だって、話しててそれ同じ映画?みたいなこ ともあるし、もっと言えば、観ているものは本質的に違う。ましてそれをどう咀嚼するかについては絶対に違う わけで、全部は一致はしないんだけど、すり合わせていって、ここはわかった気がする、けどここはわからない とわかる。そんなもんじゃない人間同士?という、そういう原理的なところまで描いている。

能町みね子(エッセイスト/漫画家)
日本語話者である私(たち)はふつう、日本語が通じない人を「何かが欠けた人」だとは思わない。単に別の言 語を使う人として、経験上、ある程度想像できる。しかし、同じ視覚を持たない人(視覚障害者)については、 つい「視覚の欠けている人」と思いがちである。それを単に、視覚を偏重して生きている私(たち)とは別の感 覚を持つ人、として想像するだけで、こんなにも世界が広がる。共感できない世界こそおもしろい。

穂村弘(歌人)
夢みること、もがくこと、生きること、すべての意味が自分の中で変わってゆきました。

三宅唱(映画監督)
主演の加藤さんの常に冷静な人がらに呼応してか、カメラもまた落ち着いて丁寧に加藤さんや映画スタッフの仕 事ぶりを追っている。映画作りのことなら多少は自分も知っているはずなのに、彼らの映画作りの過程から目が 離せない。耳もいつもより使ったような気がする。冷静沈着な加藤さんが「興奮を抑えるのに必死だった」と告 白する場面の、ストレートな感動。最初から最後までスリリングだった。

相澤虎之助(空族/脚本家・映画監督)
この映画は徹頭徹尾“裏方”の映画である。光に対して闇、昼よりは夜、映画というスポットライトの陰で生きる 有象無象の者たちこそがこの映画の本当の主人公である。同時に佐々木監督自らが目を閉じることで加藤監督に 寄り添い、いつからかまことしやかに総合芸術と言われる“映画”というものが、誕生するかしないかの瞬間を私 たちと共有しようとする。言うなれば観客もいつの間にか目を閉じて一緒に“裏方”になってしまう映画だ。そし ていかにテクノロジーが進歩しようがしまいがその瞬間映画はただ単に“謎”であり夜の果てだ。だからこそ最も 危険で刺激的でもあるということをこの映画に関わった全ての人が指し示すことになる。「自動運転じゃあ、つ まらないぜ」荒野を走り続ける夜の旅はまだ始まったばかりである。

青羊(けもの/シンガーソングライター)
主演の加藤さんのキャラが強いサイボーグみたいで、目が離せない。映画ができるまでの工程を知ることができ るドキュメンタリーでもある。その工程の大変さや面白さに、加藤さんが全盲であることを途中途中忘れてしま う。わたしが好きなのはオーディションするシーン。顔を見ないでどうやって判断するのだろう?今まで、私は 容姿で人を判断してきたことが多いと思うのだけれど、その判断はあってたのかな?と疑問に思うようになった。 上映中、観客は目が見える世界と見えない世界を行ったり来たりするゴーストになれる。

コメントページ

映画情報どっとこむ ralph 映画『ナイトクルージング

公式HP:
https://nightcruising.net/

Twitter:
@_nightcruising_


見えない監督の映画に、あなたは何を“観る”か?
生まれながらの全盲者の映画制作を追うドキュメンタリー

「あぁ、見えてない。それがどうした?」
視覚がなく、光すら感じたことのない全盲の加藤秀幸は、ある日映画を作ることを決める。加藤は、映画制作に おけるさまざまな過程を通して、顔や色の実体、2D で表現することなど、視覚から見た世界を知っていく。ま た、加藤と共に制作する見えるスタッフも、加藤を通して視覚のない世界を垣間見る。見えない加藤と見えるス タッフ、それぞれが互いの頭の中にある“イメージ”を想像しながら、映画がつくられていく。 加藤の監督する短編映画は、近未来の宇宙の小惑星を舞台にした、生まれながらに全盲の男と見える相棒が“ゴ ースト”と呼ばれる存在を追うSFアクション映画。それはまるで、映画制作の現場で浮かび上がる、見える/見 えない世界の間に漂う何かとも重なる。

映画監督・佐々木誠と、全盲のミュージシャン・加藤秀幸 僕らの青春は、ジャッキー・チェン。 でもなぜ全盲の彼と映画の楽しさを共有できるのだろう
監督は、本映画の前作である『インナーヴィジョン』、『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』な どマジョリティとマイノリティの境界線に焦点を当てた作品を多く手がけてきた佐々木誠。

プロデューサーに、 障害を“世界をオルタナティブに捉え直す視点”として、『音で観るダンスのワークインプログレス』などのプロジ ェクトを企画してきた田中みゆき。また、加藤が監督する映画『ゴースト・ヴィジョン』には、『シン・ゴジラ』 『バイオハザード』シリーズのプリビズやCGの制作チーム、『ファイナルファンタジーXV』の開発チーム、国 内外で活躍する現代美術家の金氏徹平など、幅広い分野のクリエイターたちが協力している他、山寺宏一、石丸 博也など豪華声優陣、作家のロバート・ハリスもキャストとして参加。前代未聞の映画制作をめぐる冒険ドキュ メンタリー。


***********************************


監督:佐々木誠
プロデューサー:田中みゆき
出演:加藤秀幸 山寺宏一、能登麻美子、神奈延年、金氏徹平、ロバート・ハリス、小木戸利光、三宅陽一郎、石丸博也 ほか
企画・製作・配給:一般社団法人being there、インビジブル実行委員会
配給協力・宣伝協力:アップリンク
2018年/日本/144分/16:9/DCP
エンディングテーマ 『めたもるセブン』けもの (Sony Music Artists Inc. / TABOO)


戌井昭人×佐々木誠「さびれてる」かっこよさ!ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』公開初日


映画情報どっとこむ ralph 3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開中のハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』。 本作の公開を記念し 戌井昭人さんと佐々木誠さんが登壇しました。
日時:2018 年3月17 日(土)
会場:新宿シネマカリテ
ゲスト:戌井昭人(劇作家、作家)、佐々木誠(映画監督、映像ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph
劇作家の戌井昭人氏と映画監督の佐々木誠氏が登壇。愛される俳優 ハリー・ディーン・スタントンについてそれぞれの思いを熱く語った。

本作は、自由で堅物で一匹狼、90 歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。『パリ、テキサス』『レポマン』『エイリアン』など 200 本以上の作品に出演したハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる作品。

かねてよりハリー・ディーン・スタントンの大ファンを公言している戌井さんは、本作の感想を聞かれ

戌井さん:昔からいろんな映画で観ていたハリーが全部いる、というような映画でしたね。まるでこれまでの彼の役柄がドキュメンタリーだったかのような。端々にいろんなキャラクターが見え隠れしていた。90 歳でこんな映画が制作されたなんてすごいことですよ。撮影だって、こんな喉乾きそうな場所で…それに、デヴィッド・リンチも印象的でしたよね、いつもリンチが人にやらせているような役を自分が演じている。ところで佐々木さん、最初にハリーを認識したのってどの作品でした?僕は『レポマン』だったんですけど。

と質問。

佐々木さん:僕は『パリ、テキサス』ですね。あのころ既に 50 半ばだったんですよね。遅咲きでしたけど、とにかく名作にたくさん出演している。『エイリアン』や『暴力脱獄』『断絶』…『エイリアン』では実は最初にエイリアンに殺された歴史的人物なんですよね!それに、船長役だったトム・スケリットとこの映画で 40 年ぶりくらいに共演してるんです。それがあの重要な会話のシーンかと思うと、映画ファン的にはたまらないですね…!

と、これまでの作品を踏まえたスタン愛を披露。

映画情報どっとこむ ralph 続けて

佐々木さん:メジャーからインディーズ、本当に幅広い作品に出ている。 とにかく、みんなに愛されていたんでしょうね。しかしこの映画、戌井さんの作品の世界観と通じるところがありますよね。

と話すと、

戌井さん:ハリーはガンガンいく感じじゃないところがいいですよね、”さびれてる”かっこよさ。『レポマン』は実はエミリオ・エステベス目的で観たんですが、そこでハリーを知って、”おじさんでもかっこいい人っているんだ”と思いましたね。役者役者してなくて。。。それに、ハリーが表紙を飾る昔の『SWITCH』(1989 年 12 月号)インタビューでこの映画と全く同じこと言ってるんですよね。”孤独と一人は違う”、と。

と述べた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

佐々木さん:これが最後の主演作なんですよね。映画人生の集大成が、これまでに自分が演じたキャラクターや、自分の発言や行動、死生観を反映させた、まさに人生の集大成でもあると。それって奇跡みたいなものですよね。ラストカットでのハリーの表情にはとてもグッときましたね。

と本作を絶賛し、締めくくった。

映画『ラッキー』は 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか絶賛公開中。

プロファイル:

戌井昭人(いぬい・あきと)
1971 年 世田谷区生まれ。昭和に生まれたから昭人。調布市育ち。作家、パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」の旗揚げに参加、脚本を担当。『鮒のためいき』で小説家デビュー、2013 年『すっぽん心中』で第 44 回川端康成文学賞、16 年『のろい男 俳優・亀岡拓次』で第 38 回野間文芸新人賞を受賞。最新刊は『ゼンマイ』。

佐々木誠(ささき・まこと)
映画監督/映像ディレクター。 主な劇場公開作品に『フラグメント』(2006 年)、『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』(2015 年)がある。「TRANSIT」「週刊金曜日」等に映画コラムを寄稿する他、和田誠やロバート・ハリスらと映画に関するトークイベントも行なっている。最新作『ナイトクルージング』が現在制作中。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッキー』作品情報

銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。
「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない——

全ての者に訪れる「死」——
90歳の気難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答え。

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、「エサ」として売られるコオロギ——小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。
現実主義で一匹狼、すこし偏屈なラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなったハリー・ディーン・スタントン。名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品である。また、ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際、長きにわたる友人である彼らを当て書きした脚本は哲学的で示唆に富んでおり、彼らの“素”を思わせるやりとりを見ることができる。


【公式サイト】
http://www.uplink.co.jp/lucky/

***********************************

監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)
出演:ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス The Return』)、デヴィッド・リンチ(『インランド・エンパイア』『ツイン・ピークス』監督)、ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
(2017/アメリカ/88分/英語/1:2.35/5.1ch/DCP)
配給・宣伝:アップリンク


マイノリティとセックス JETLINK×サイトウユウスケ コラボ


《マイノリティとマジョリティ、その境界線を、その枠組みを決めつけているのは誰なのか?》

マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画

が、渋谷アップリンクにて2015年2月14日(土)から公開されます。これを記念して、JETLINK×サイトウユウスケ コラボTシャツの劇場限定販売が決定しました!

また上映後には、この映画を多角的に思考するトークイベントを、なんと!連日連夜開催致します!!

先ず1つ目の企画!

​圧倒的な支持を集めるストリートファッションブランド「JETLINK」が、サイトウユウスケのメインビジュアルをモチーフに《限定デザインTシャツ》を制作!


​佐々木誠監督に共鳴する2つの才能が融合したTシャツは、公開劇場(UPLINK)のみの限定販売。特典として、サイトウユウスケの作品に高橋キンタローがロゴデザインをしたオリジナルポスター、缶バッジをプレゼント。数量に限りがあるので、迷わず購入をお薦めいたします。

販売価格5,000円(税込) 

購入特典として、オリジナルグッズ(ポスター、缶バッジ)付き
※増刷はございません。売り切れ次第終了となります。ご了承ください。

JETLINK×サイトウユウスケ コラボTシャツ
さらに!2つ目の企画は

映画上映後には、多彩なゲストを迎えてのトークイベントを開催!
期間中は、上映後連日連夜にわたり、佐々木監督がホストとなって各界からゲストを招き、世に蔓延する「境界線」について予測不可能なスクランブルトークを繰り広げます!!

《登壇ゲスト予定》

14日(土) 佐々木誠 舞台挨拶 (本作監督)
15日(日) 中島兄弟 (鉄割アルバトロスケット)× 渡辺純(JETLINKデザイナー)
16日(月) 狗飼恭子 (小説家・脚本家)
17日(火) 相澤虎之助 (空族・脚本家)
18日(水) ロバート・ハリス (作家・DJ) &在本彌生(写真家)
&中島朋人 (鉄割アルバトロスケット)
19日(木) バクシーシ山下 (AV監督)
20日(金) 九龍ジョー (ライター・編集者)
21日(土) 竹馬靖具 (映画監督)  
22日(日) 巻来功士 (漫画家)
23日(月) モルモット吉田 (映画評論・ライター)
24日(火) 竹葉リサ (映画監督)
25日(水) 羊屋白玉 (劇作家・演出家) &熊篠慶彦(NPO法人ノアール理事長)
26日(木) 蔭山周 (映画監督・プロデューサー) &福島拓哉(映画監督)
27日(金) 安齋肇 (イラストレーター・アートディレクター)&高橋キンタロー (イラストレーター・アートディレクター) &サイトウユウスケ(イラストレーター)

ご鑑賞料金:NO BORDER として、前売/当日ともに1,300円均一
(ご鑑賞いただく全ての方が均一の料金となります)
※前売り券のみ限定オリジナル缶バッジ付。2回目以降受付で缶バッジご提示で、
何度でも1,000円でご覧いただけるリピーター割引あり。

マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画

2015年2月14日(土)より渋谷アップリンクにて公開

※上映時間等は、こちらをご参照ください
→ http://www.uplink.co.jp/movie/2014/34658

公式HP:http://sasaki-makoto.com/pg181.html
公式twitter:https://twitter.com/mktsasaki



********************************************************************

マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画

Chapter1「中島兄弟」(2009年): ある「事件」が起きた。だが容疑者である少年・ノリツグ(通称「弟」)は、証拠不十分のために釈放される。数年後、「事件」のことを知った映像作家志望の学生「ワタシ」は、その真相に迫ろうとカメラを手にし、現在の「弟」が所属するパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」に潜入する。

Chapter 2「クリスティ」(2007年): 重度の身体障害者・モンマと知り合った「ワタシ」は、特殊改造された車椅子を操り、精力的に活動・発言する彼の姿に、いまの自分よりも充実した生活を送っているのではないか?と強く疑問を感じるようになる。そして偶然出会ったアメリカ人留学生のクリスティに対し、思い切ってアクションを起こすのだが……。

Chapter 3「リリィ」(2010~2014年): 有名になりつつあるモンマにテレビのドキュメンタリー番組出演の依頼が来る。そんな中、東日本大震災が起こったことで、それぞれの日常は考えもしなかった方向へと変化していく。原発事故を抱えた日本で暮らす「ワタシ」が「行き着く先」の本当の意味とは?

マイノリティとセックス監督:佐々木誠 
出演:門間健一、中島教知、中島朋人、クリスティーナ・ロバーツ、MAMI、竹馬靖具、熊篠慶彦、山本修司、LILY、想田和弘、戌井昭人
英語字幕:Garro Heebae
イラスト:サイトウユウスケ
デザイン:高橋キンタロー、足利瑞枝 
予告編ナレーション:ロバート・ハリス
音楽:UNpro by hideki 
協力:鉄割アルバトロスケット、上田茂、小山巧、Terumi Hashimoto Myhrvold、松田高加子、蔭山周
(2015年/英語・日本(英語字幕)/85min/SD/4:3/配給・宣伝:WaterMethodMan)
配給協力・宣伝:contrail 
© Makoto Sasaki