「佐々木蔵之介」タグアーカイブ

『3月のライオン』 [前編]9/27/[後編]10/18 2部作連続リリース 特典メイキング一部公開


映画情報どっとこむ ralph 男女・年代を問わず幅広い読者層の心を掴み、長く愛され続けている人気コミック「3月のライオン」を、大友啓史監督が本作のBlu-ray&DVDが[前編]を9月27日(水)、[後編]を10月18日(水)に発売となります。
『3月のライオン』Blu-ray&DVD発売に先駆け、[前編]豪華版の特典映像として収録されるメイキング映像より、初共演の神木隆之介と高橋一生が挑んだ映画撮影初日の映像や、リラックスした雰囲気で対局の練習をするキャストたちのオフショット、伊藤英明と佐々木蔵之介の対局シーンのリハーサルの様子などを一部公開。



映画情報どっとこむ ralph 『3月のライオン』Blu-ray&DVD

[前編]9月27日(水) 
[後編]10月18日(水)
2ヶ月連続リリース

Blu-ray 豪華版  各¥6,800+税
DVD 豪華版(¥5,800+税)
DVD通常版(¥3,800 +税)
も同時リリース

発売元:アスミック・エース 
販売元:東宝

(C)2017映画「3月のライオン」製作委員会

***********************************

      


中井貴一&佐々木蔵之介 W主演『嘘八百』第一弾ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph “幻”の利休の茶器で一攫千金!? 開運!お宝コメディ。

日本映画界を代表する俳優、中井貴一さんと佐々木蔵之介さんのダブル主演で贈る『嘘八百』が2018年1月より全国公開されます。

本作は千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という<真っ赤なウソ>で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメントです。

その第一弾ポスタービジュアルが到着しました!!

中井貴一演じる空振りばかりの古物商・則夫と佐々木蔵之介演じる落ちぶれた陶芸家・佐輔の骨董コンビが仕掛ける<真っ赤なウソ>に掛けた、真っ赤な色彩が目を引くポスタービジュアル。ふたりの視線の先にあるのは、“幻”の利休の茶器?!ふたりの企み顔が、いや決意の表情が、一発逆転の大勝負にかけるロマンとその後二転三転どんでん返しする大波乱のドラマを期待させます。


観たら人生末広がり(?)の開運!お宝コメディ『嘘八百』。

2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』の監督・武正晴と脚本・足立紳による注目コンビに、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子がタッグを組んで贈る極上のコメディ作品となっております。

脇を固めるのは、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣ら超豪華&個性豊かな俳優陣が揃ったことでも話題を集める話題作。2018年初笑いはコレで!

嘘八百

公式サイト:gaga.ne.jp/uso800/

物語・・・
大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかに?

***********************************

監督:武正晴 (『百円の恋』)  
脚本:足立紳 今井雅子
出演:中井貴一、佐々木蔵之介
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣
2017年/日本映画/1時間45分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ   
(C)2018「嘘八百」製作委員会  


中井貴一 & 佐々木蔵之介 W主演『嘘八百』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を代表する俳優 中井貴一 × 佐々木蔵之介 のダブル主演で贈る『嘘八百』が2018年1月より全国公開されます。

本作は、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が、“幻の利休の茶器”で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメント!
2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』の監督・武正晴と脚本・足立紳による注目コンビに、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子がタッグを組んで贈る極上のコメディ作品となっております。 

そしてこの度、追加キャストが発表!!
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣と、超豪華個性派俳優陣が脇を固めています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回は追加キャストに加え中井貴一、佐々木蔵之介演じる冴えない骨董コンビの軽妙な掛け合いが思わず笑いを誘う予告映像も併せて解禁!


今回解禁される予告映像では、千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺で活気だつ骨董オークション会場を舞台に、大御所鑑定士を相手に“幻の利休の茶器”という<真っ赤なウソ>を吹っ掛けるイカサマ古物商・則夫(中井貴一)と、腕は立つのに落ちぶれた陶芸家・佐輔(佐々木蔵之介)が出会い、タッグを組んで、負け人生にさよならと一攫千金を狙う様子が描かれていて、主演・中井貴一と佐々木蔵之介によるコミカルな演技と小気味良い掛け合いが日本コメディ映画史に残るベストコンビを予感させます。
 
さらに本映像では佐輔(佐々木蔵之介)の妻役を演じる友近、則夫(中井貴一)の娘を演じる森川葵、そして本映像の締めには阪神タイガースのキャップ姿で、主演に噛みつく坂田利夫など人間味あふれる芸達者たちも確認できる。

映画情報どっとこむ ralph 嘘八百

物語・・・
大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかにーー?

公式サイト:
gaga.ne.jp/uso800/

***********************************

監督:武正晴 (『百円の恋』)  
脚本:足立紳 今井雅子
出演:中井貴一、佐々木蔵之介
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣

製作:東映ビデオ ギャガ パルコ 読売テレビエンタープライズ ケイファクトリー ポケット 1&Dホールディングス
2017年/日本映画/1時間45分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ
(C)2018「嘘八百」製作委員会  


佐藤浩市、野村萬斎に「この人に伝統文化を語れないでしょ!」『花戦さ』 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 暴君と化した豊臣秀吉圧政から町衆を守るため、友・利休真っ向から秀吉に戦いを挑んだ花僧、初代・池坊専好。一世一代大勝負に彼が手にした刃(やいば)でなく花だった。その驚くべき秘策とは?
野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する500 年前の歴史秘話。映画『花戦さ』がついに6/3(土)より全国公開となり、主要キャストと監督を迎えての初日舞台挨拶が行われました。

『花戦さ』初日舞台挨拶
日時:6月3日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、篠原哲雄監督

映画情報どっとこむ ralph 映画を観終えたばかりのお客様の大拍手に迎えられたキャストと監督

萬斎さん:いかがでしたでしょうかね(大拍手)笑った方も、泣いた方も・・寝てた方も。今日と言う日を迎えてうれしいです。

猿之助さん:前編通して美しい映画です。愛してください。

佐藤さん:我々が登壇したときの拍手でご満足いただけたなと確信に変わりました。

中井さん:アウトドアが最高!な天気の中暗い映画館に来ていただき幸せでいっぱいです。僕らは今後も時代劇を創っていきます。でも、観ていただく皆さんが居ないと成立しません。是非。

佐々木さん:この映画は、出身地の京都で撮影で幸せで、そして、花が跳ねたり笑ったりとても心豊かになる映画です。

山内さん:(笑)何がおかしいん。まだ何もゆってへんのに!楽しんで演じました。皆さんは映画館を出たら大きな声で良かった良かった!と家にお帰り下さい。(笑)

和田さん:見どころしかない作品です。千利休が茶をたてるところです。撮影時にお二人に利休と池坊が乗り移ったようだったんです。余談ですが・・・撮影の合間、佐藤浩市さんが千利休の格好のまま、コーヒーを飲んでまして、お茶じゃないんかい!と思いました(笑)

森川さん:(紅一点のためフラッシュが!!!フリーズしてしまう森川さん)・・・今飛んじゃいました!!!(頑張れの声に!立て直して)ついこの間完成披露の時に観たんですけど。本当に笑いました。そして、本当に沢山泣きました。21歳ですが、同じくらいの年齢の方達にもたくさん見ていただきたいなと思います。

吉田さん:今回は敵役でしたが、花や絵、お茶という日本の伝統をたっぷり味わっていただけたかと思います。平和な世の作り方のヒントかもしれません。

篠原監督:反応が暖かくてうれしいです。今回これだけの方々の芝居を見られただけでも幸せで。そして、花を活けてくれた池坊さんには大変お世話になりました。生け花、お茶も絵も含めて日本の文化を伝えられる映画になったのじゃないかと思います。海外の方にも日本の方々にも観ていただきたいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画冒頭、萬斎さん、猿之助さん、中井さん、佐藤さんが一堂に会しているシーンに関して

萬斎さん:ロイヤルストレートフラッシュ!全部そろった感じ。撮影の時は緊迫してましたが、割りあい和気藹々としてました。似非京都弁でね。

猿之助さん:花の素晴らしさのインパクトがありましたね。印象的でした。

佐藤さん:回り込むように見たら、正面から見るように!と怒られ芝居を変えました。(笑)

中井さん:異種格闘戦みたいでね。1日であそこは撮り終えました。

佐々木さん:猿之助さんに所作を聞いていたのですが・・・映画観たら猿之助さん耳かっぽじってましたから所作って!て思いました。因に、その時も浩市さんはコーヒーをお飲みになっていました。(笑)

映画情報どっとこむ ralph かたき討ちを、秘策によって花でする映画。普段壁にぶつかったときにする秘策は?

萬斎さん:昔は、エレキギターで憂さを晴らしてました。

猿之助さん:寝ます。薄らぎます。

佐藤さん:演技ですと、ぶつかったときは昔は研究をしましたが・・・今は降ってくるのを待ちます。

中井さん:滝に打たれます。嘘です。引いて俯瞰で見るようにしています。

佐々木さん:大きな目標を決めると壁にぶち当たります。ですが、日々へこんでるので壁が出来ないんです。

山内さん:兎に角、酩酊するまで飲む。

和田さん:諦め、手迂回します。あと飲みます。

森川さん:丁度仕事に壁にあたっていて。今聞いたことを参考にしたいと思います。

吉田さん:旅に出ます。

篠原監督:これだけのキャストで映画を撮るのはある意味壁。映画はかなり戦術をたてて撮影をしました。策略を練っていきます。

萬斎さんと佐藤さんは日本の伝統文化に関して、分かり合えたことは
佐藤さん:この人に伝統文化を語れないでしょ!

と、この後、写真撮影!客席の皆さんと「花戦さ大ヒット!わー」でイベントは終了となりました。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようとしていた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その名を池坊専好。
華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではなく、命ある花の美しさだった―。

6月3日(土)全国ロードショー

公式サイト:
www.hanaikusa.jp



***********************************

出演:
野村萬斎(池坊専好)市川猿之助(豊臣秀吉)中井貴一(織田信長)佐々木蔵之介(前田利家)
佐藤浩市(千利休) 高橋克実(吉右衛門)山内圭哉(池坊専伯)和田正人(池坊専武)
森川葵(れん)吉田栄作(石田三成) 竹下景子(浄椿尼)
脚本:森下佳子
音楽:久石 譲
監督:篠原哲雄
原作:鬼塚 忠「花戦さ」/角川文庫刊
配給:東映
©2017「花戦さ」製作委員会
   


武力でなく、対話『花戦さ』完成披露上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界トップが競演する痛快エンタテインメント映画『花戦さ』は6月3日(土)全国公開となります。 暴君と化した豊臣秀吉圧政から町衆を守るため、友・利休真っ向から秀吉に戦いを挑んだ花僧、初代・池坊専好。一世一代大勝負に彼が手にした刃(やいば)でなく花だった。その驚くべき秘策とは?

今回、公開を目前に記者会見を行い、その足で会場を移動。
主演・野村萬斎さんをはじめ豪華なキャスト登壇の完成披露上映会舞台挨拶がおこなれました。
高円宮妃久子殿下、並びに絢子女王殿下にご臨席賜り、映画『花戦さ』をご高覧いただきました ※舞台挨拶中にご入場、キャストおよびお客様が拍手でお出迎えしました。

完成披露上映会舞台挨拶
日時: 同日5月29日(月)
場所: 有楽町朝日ホール
登壇者: 野村萬斎、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、 山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、篠原哲雄監督

映画情報どっとこむ ralph
萬斎さん:日本文化がたくさん詰まっています。これから日本教科書、スタンダードになるんじゃないかというぐらい 文化薫りに満ちています。

と力強く挨拶。

京都オールロケ本作を敢行!

萬斎さん:撮影所でみんな京都弁でしゃべりじめる。現場でネイティブな方もエセっぽい方も。京都弁初 めてでしたが、みなさん慣れようとしていました。

と振り返り、

佐藤さん:みんなすぐ仲良くなる。映画現場らしい雰囲気でした。

佐々木さん:京都出身なに(前田利家役なで)京都弁封印させられました。皆さんは京都弁に苦労されていました。

と京都ならではの撮影に。

千利休を演じた佐藤さんは

佐藤さん:ギラギラじゃない佐藤浩市が見られます。茶道所作は見ている方が違和感を感じないようにできるだけ滑らかにと意識してやっていました。でも監督手しか撮ってくれないで、吹き替えでもよかったんじゃないかと。でも自分でやっているで。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 池坊専好弟弟子・池坊専武を演じてた和田さんは

和田さん:この役、専好さんに翻ろうされながらも、専好さんことが大好きで尊敬している役です。なので萬斎さんことを大好きになろうと妄想しながらやってまいりました。そんな僕ボーイズラブといっても過言でない熱い萬斎さん愛をこ作品で少しだけ味わっていただければと思います。

と告白、会場笑いに包まれた。


最後に萬斎さんが、池坊専好が花力で豊臣秀吉に戦いを挑んだ物語にちなみ

萬斎さん:武力に対して文化力、芸術力が、どれだけあるか。武力でなく、対話をする。そのきっかけにお花、お茶、絵など文化芸術があるということを、まさしく確信するものです。

と締めました。

映画情報どっとこむ ralph また、高円宮妃久子殿下、並びに絢子女王殿下にご臨席賜り、舞台挨拶中にご入場、キャスト およびお客様が拍手でお出迎えしました。
ご鑑賞後、森川葵と篠原監督とこ懇談、「日本文化が丁寧に撮られているでぜひ、世 界へ発信してほしい。」とお言葉をいただきました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようとしていた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その名を池坊専好。
華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではなく、命ある花の美しさだった―。

映画『花戦さ』

6月3日(土)全国ロードショー
(上映館:281館)

公式サイト:
www.hanaikusa.jp



***********************************

出演:
野村萬斎(池坊専好)市川猿之助(豊臣秀吉)中井貴一(織田信長)佐々木蔵之介(前田利家)
佐藤浩市(千利休) 高橋克実(吉右衛門)山内圭哉(池坊専伯)和田正人(池坊専武)
森川葵(れん)吉田栄作(石田三成) 竹下景子(浄椿尼)
脚本:森下佳子
音楽:久石 譲
監督:篠原哲雄
原作:鬼塚 忠「花戦さ」/角川文庫刊
配給:東映
©2017「花戦さ」製作委員会