「佐々木芽生監督」タグアーカイブ

佐々木芽生監督らがQ&A『おクジラさま ふたつの正義の物語』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 7年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてる佐々木芽生監督ドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』が9月9日(土)よりユーロスペース他よりついに公開致となりました。

その公開初日を記念し、佐々木芽生監督、エグゼクティブプロデューサー真木太郎(『この世界の片隅に』プロデューサー)、元AP通信記者ジェイ・アラバスター(出演者)、太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男(太地町長代理)、太地町漁業協同組合 組合長 背古輝人(せこてると/出演者)登壇しての初日舞台挨拶が行われました。

日時:9月9日(土)
場所:ユーロスペース
登壇:佐々木芽生監督、エグゼクティブプロデューサー真木太郎(『この世界の片隅に』プロデューサー) 元AP通信記者ジェイ・アラバスタ、太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男、太地町漁業協同組合 組合長 背古輝人

映画情報どっとこむ ralph 満席の観客の皆様に暖かい拍手で迎えられ、佐々木芽生監督をはじめ、エグゼクティブプロデューサー真木太郎(『この世界の片隅に』プロデューサー)元AP通信記者ジェイ・アラバスター(出演者)、太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男(太地町長代理)、太地町漁業協同組合 組合長 脊古輝人(せこてると/出演者)が登壇。イベントはスタート。

本作の制作に7年という歳月を費やした事に関して

佐々木監督:まさか、7年もかかると思いませんでした。撮影当時は『ザ・コーヴ』の影響で世界中から太地町が批判にさらされていたと思いますが、時間が経つ事によってこの物語が随分熟成されたんじゃないかと思います。この7年間という歳月はおクジラさまにとって必要な時間だったと思います。

現在アリゾナ州立大学での博士号論文作成の為、太地町滞在中のジェイさんは
ジェイさん:公開初日を迎えられた事、本当に感動しています。本作の中で漁師さんと食事をしたり船に乗っているシーンがあるのですが『ザ・コーヴ』の影響で町の人達はカメラに敏感になっていたので、あまり撮れない絵を本当に頑張っていたと思います。

追い込み漁歴30年の脊古さん

脊古さん:『ザ・コーヴ』の影響で太地町での捕鯨活動に対し犯罪者のような扱いを受けてきて、本当に苦しい思いをしてきた。反論する機会も無く困っていた所、監督が来てこの映画を作ってくれた。どちら側でも無く見る人が個々に考えるキッカケになるような映画で本当に大好きで。僕はこれを見るのはもう4回目です。

というお話に会場は暖かい雰囲気に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 監督は今回の制作で小学校での撮影に大変苦労したという。難しい状況の中で多方面の許可を取る際にご協力頂いた宇佐川教育長

宇佐川教育長:今回なぜこの映画に協力しようと思ったかというと、太地町に外国人活動家の方が沢山訪れた。子供たちが将来、外国人を見た時にシー・シェパードのような人達ばかりでは無い。という事を私達は伝えなければならないと思った。

監督:本当に教育長のご協力のお陰で、可愛らしい小学校のシーンが撮れました。

と監督は感謝を述べた。
 

本作のエグゼクティブプロデューサー真木太郎さん

真木さん:彼女(監督)は昔の部下でした。いつの間にか映画監督になっていて、前作『ハーブ&ドロシー』ではクラウドファンディングが成功してたんです。映画ではお金が集まらないのが常なんです。そのノウハウを聞いて僕は『この世界の片隅に』でクラウドファンデイングを成功させたんですが、その点では彼女が先輩です。映画はお客さんに見て頂く為に作っていると思うので、今日は沢山のお客様に見て頂いて本当に嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 観客とのQ&Aコーナーに!

Q:「映画の中のラストシーンで漁師さんが普通の生活をさせて欲しいというセリフで終わってますが、あのセリフを選んだ想いを教えてください」

A:監督:エンディングのセリフは本当に迷いました。もっと強烈なメッセージもありましたが、あえてそこはぼかして言いたい事が10あったとしたら、あのセリフは6くらいで抑えました。残り4のスペースは皆様の気持ちで埋めて頂けるよう、主張性のないニュートラルな言葉を選びました。

Q「追込み漁は続けていきますか?」
A:脊古氏:どんなことがあっても絶対に続けていきます」と力強く答え、会場からは拍手が起こった。

Q「この映画はジェイさんが登場する事によって、全体の構造が面白くなっているように思うのですが、いかがですか?」

A:監督:ジェイと出会った事は運命で、この映画を本当に救ってくれました。初めは彼を登場人物の一人にするつもりでしたが、編集していくと彼を案内役という形にしようと思いました。見ている皆さんはジェイと寄り添いながら見る事が出来る役割で出演して頂く事になりました。ジェイは嫌がりましたけど・・。

A:ジェイ氏さん:最初は嫌でしたね、ですが20年以上日本に住んでいた自分の存在によって、日本とアメリカの衝突やモヤモヤを抑える事が出来ればいいなと思っていたので、この映画でその役割に立てて本当に良かったです。

A:監督:A「私たちは合わせ鏡のような存在で、私はNYで30年住んでいてジェイは日本で20年近く住んでいました。お互いに外国人として、この問題に対しての考え方がとても一致していたんです。本当に私の言いたい事を彼が代弁してくれていて感謝しています。

Q:「太地町に観光に行った際に『ザ・コーヴ』の一方的な論理に当時日本人として凄く憤りを感じた事を想起し、この映画の存在を知り、『ザ・コーヴ』に対抗した作品なのだろうと思ったのですが、全然そうでは無く両方の視点で、日本人の大きな包容力でこの問題を描いていて感動しました。太地町の方々は反論もしたかったと思うのですが、日本人の美徳で反論しない、言い訳しないというものがあるので凄く辛かったと思いますが、映画の中もでジェイさんが言っていた太地町の情報発信不足が大きな問題で、これはもう太地町だけではなく日本の問題だと思います。それについてはどうお考えですか?」

A:ジェイさん:日本を代表する大きい企業では発信の技術を持っている所は沢山ありますが、国としてなかなか発信出来ていないと思います。

A:監督:本当にそう思います。もうこれは日本の問題になっていますし、情報発信に関しては太地町だけに背負わせるのではなく国として対策をとる必要があると思います。

と締めくくった。


最後には撮影を担当した折笠貴さんの娘さんから監督へ花束の贈呈があり、満席の会場から暖かい拍手に包まれ初日舞台挨拶は終了となりました。

おクジラさま ふたつの正義の物語』 

9月9日(土)ユーロスペースにて待望の公開!

公式HP:
okujirasama.com

***********************************

原題:A WHALE OF A TALE/2017年 / 日本・アメリカ / 96分 / HD / 16:9
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス   

書籍版 『おクジラさま』 も、集英社より8月25日より刊行!佐々木芽生監督が書き下ろした渾身のノンフィクション!
©「おクジラさま」プロジェクトチーム
    


元シー・シェパードと佐々木監督そして観客!『おクジラさま ふたつの正義の物語』SKYPEトーク


映画情報どっとこむ ralph 佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー!
『おクジラさま ふたつの正義の物語』9月9日(土)ユーロスペースにて順次公開となります。

ビートたけしさんから本作を鑑賞してのコメント!
捕鯨でも、反捕鯨でもない、どっちつかずのいい映画だ! イルカ漁を巡って太地の港を右往左往する人間たちのコメディ。 「鯨やイルカが絶滅寸前だと議論をしているが、こんな小さな町こそ絶滅の危機にある!」 というアメリカ人ジャーナリストの科白が面白い。


としています。

そんな、本作が「タイムアウト東京」主催にて、佐々木芽生監督登壇のもと、skype で繋いだスコット・ウエスト、娘エローラ(元シー・シェパー ド)とジェイ・アラバスタ(元AP 通信記者)と上映会鑑賞後の一般のお客様による、talkセッションが行われました。

小さな町に押し寄せた、クジラを巡る大きな衝突

捕鯨は日本政府の暴挙!?北朝鮮の政策と変わらない!? 世界の対立は対話で解決する!

佐々木芽生監督、元シー・シェパード スコット・ウェスト、娘エローラ、 元AP 通信記者ジェイ・アラバスターによるトークイベント開催!

タイムアウト東京主催「世界目線で考える。」特別編
映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』上映会&トークイベント

日時:9月1日(金)
場所:Time Out Café & Diner
登壇:佐々木芽生監督、東谷彰子/モデレーター(MC)
SKYPE 中継
元シー・シェパードスコット・ウェスト、娘エローラ
元AP 通信記者ジェイ・アラバスター

映画情報どっとこむ ralph お客様でいっぱいになった上映会終了後の余韻の中で、佐々木監督とタイムアウト東京のモデレーター東谷彰子(MC)とのトークセッションがスタート。
町の人々は『ザ・コーヴ』の影響で、思う事はあってもメディアに対しての発言を辞めてしまった中、本作をきっかけに、去年1 0月、釜山国際映画祭ワールドプレミアへ太地町の人々も一緒に行き海外のメディアに対し初めて発言をした。

佐々木監督:これからは言いたい事はちゃんと発信していこうと思う。

と町の人々の心の変化があったと監督は話す。

しかし、メディアを使いこなすシ ー・シェパードのストレートな声は大きく拡散も早い。
現在も太地町では Twitter や Facebook アカウントが出来た訳では無く、何か発信しな いといけないけれど、なかなか苦戦している。そんな声なき声にマイクを当てた本作をきっかけに日本からの発信をもっとしていく事が今後の課題。

トークセッション後はアメリカ・シアトルから元シー・シェパードのスコット・ウエスト、娘エローラと、アリゾナ州立大学で博士号取得用の論文作成の為に現在太地町に滞在中のジェイ・アラバスタ(元AP通信記者)をskypeで繋ぎ一般の方々も交えてのQ&Aに!

映画情報どっとこむ ralph この日は9月1日。太地町では追い込み漁の解禁日だ。
普段は静かな町も毎年この日は騒がしくなる。この日も警察やメディアの人々が 200 人程集まった。

ジェイ:かつては世界中から活動家が沢山来ていたが、毎年減っており今年は2人程しか居なかった。

と太地町の様子を語った。
そして話題はなぜスコットとエローラはシー・シェパードを辞めてしまったのか?と質問へ移る。

スコット:A:グリーン・ピースのようにどんどん組織が大きくなり負け戦をしなくなった、当初のエッジさや尖った部分で組織の特徴が変化し ていった。

と2015年の組織脱退の理由を話した。
ジェイ:Q:日本で放送された NHKのドキュメンタリー「鯨と生きる」という番組で二人がかなりアグレッシブな態度を取っている放送が流れ、それを見た日本の人々にネガティブなイメージを持たれている事についてはどう思うか?

スコット:A:私達の活動をネガティブに捉えられる事は仕方のない事。太地の人々が追い込み漁を続けている事よりも、許しがたいのは日本政府がその行動を守り許している態度が問題であり、世界的なイメージでいうと今、北朝鮮が世界の批判の的になっている事と同じくら いの事ではないか?と思う。

と日本政府を批判した。 一般の方からも沢山の質問が飛んだ。

一般:Q:スコットとエローラは滞在中あまり町の人々と内面的に心を通わせる事が出来なかったと思うのですが、漁師さんや町の人々の気 持ちも描かれている本作を鑑賞し気持ちを理解する事が出来たと思われますが、気持ちの変化はありましたか?

エローラ:A:映画を見て滞在中の事を振り返る事は出来たし、色々な意見があるという事が分かりとても良かった。しかし今でも追い込み漁の光景には憤りを感じていますし、この映画を見たからといって気持ちは変わらない。

スコット:A:この捕鯨問題は、貧困、アートや音楽といった多面性のある難しい問題では無い。自身も家族を持つ父親という立場から見て 漁師の方々が生活の為に漁をしている。というのは理解できる。とはいえ、自分達の生活をする為だけが正当化できる理由にはならない。 他にもトピックはあるはずだ。日本は海に囲まれた島国であり、海への依存度が高い国にも関わらず、太地町の問題だけでは無く、本来なら島 国であるからこそ日本政府が声をあげて海を守るリーダになるべきなのに、それが成しえていない事に最も憤りを感じている。その気持ちは本作を 見たとしても変わらない。

映画情報どっとこむ ralph 一般:Q:質問ではありませんが、スカイプでの時間差や言葉の壁があり仕方の無いことかもしれませんが、スコットさんがずっと話していて私たちが長い事それを聞いている。その時間に今とてもフラストレーションを感じている。なぜなら、先程のスコットさんの問題発言で日本政府と北朝鮮が同じ暴挙だと言いましたよね?全然違いますし断じて許しがたいです。この事をもってしても日本人の発信が下手だと映画の中でもありますが、皆様も感じているかと思いますが、私自身も感じています。これだけいるオーディエンス。スコットさんに、もっと言いたい事を言わないといけないと感じています。私の言いたい事はスコットさんも色々な考えがあってお話があるのも分かりますが、映画の中で 明らかに太地の人々にカメラ向けて侮辱するような発言をしている方々です。非常に不愉快です。対話やこのようなディスカッションの場は大事だとは思います。反捕鯨がスコットさんの正義かもしれないが、それこそが間違いであって、イルカは可愛い。それは良いですが、 豚も牛も十分に賢いです。考えようによっては可愛いです。それを色んな国や文化があって認めるという大基本の所が出来ていない。自 分たちの考えが絶対的に正しいと思っている。こういった議論はきっと何百回もやっていて、噛み合わないのも分かっているのですが、この 会がこのまま終わるのは嫌だと思ったので、私は発言させて頂きました。
ジェイ:A:残念ながら日本人は自己主張に長けていない国民性に対して、スコットとエローラはこういった発信に関してかなりベテランで慣れている。西洋社会においてはこういった二人のような考えが主流であるのに対して反対意見が聞こえてこない。これが現実という事を日本の皆さんは知っておいた方が良いです。

監督:Q:映画の中であるような漁師の方々に対して攻撃的な態度を取った事に関して後悔はしていますか?

スコット:A:我々の信念に対して漁師達が行っていることは断じて許せない事です。また『ザ・コーヴ』の中では逆に漁師から活動家が攻撃されるというシーンがあった事を前提に、今まで自分達活動家がされてきたハラスメントを自分たちもする事で、漁師達の居心地を悪くさせ るという目的を果たす事が出来ていた。漁師達に対して攻撃的な態度を取った事に後悔はしていない。先程の一般の方の意見ですが、怒 りを感じている事は分かりますが、その矛先は我々では無く日本政府に向けるべきだ。日本人は現状世界に対して立場や考えを主張出来 ていない政府に対し、自分達が自ら行動しそれを変えようとするべきなのではないか?

会場の方もヒートアップし激論の中、話題は太地町でのイルカ漁の継続に対して、賛成か?反対か?挙手をする事となった。 賛成に手を挙げたのは20 名、反対は10 名、全員が手を挙げた訳では無いが賛成派が倍の数だ。その中一般の方からこんな声もあった

一般:賛成反対というよりは、反対意見をぶつけるだけではただの嫌がらせでしかない。建設的な意見が必要。確かに反イルカ漁の意見は分かるが、そこで生活している人の事は守るべきだ。

最後に監督とMC東谷彰子は、今回のトークセッションについてこう語った。
MC:トークの冒頭に大きな声はどんどん大きくなっていくというお話があり、今回太地町の声も世界に大きく、この映画がメガホンとなって届 けば良いなと強く思っています。

監督:世界の声が日本にも届いて欲しいと私は思っています。今回スコットやエローラの言う事は物凄く極論で乱暴に聞こえたかもしれませ んが、残念な事に彼等のように思っている人が大半で、それについて日本はどうすべきかを、もっとこういった場等を通じて、さらに皆様個 人の家族や友人と、活発なディスカッションがもっと起きるといいなと思っています。また、感情的になりやすい問題ですので、感情に足を 捕らわれないよう、冷静な話し合いが出来れば良いですね。

MC:そうですね。極端な意見ではなくて、もっと建設的な意見や化学的な数字で解決する事は出来ないか?という真ん中の人達の意見 が聞こえてくれば良いと思います。

監督:そうですね。問題はその真ん中のサイレントマジョリティの人達の方が絶対に多いはずなのに、その声が聞こえて来ないという事です ね。どうしても極端な意見は強いですから世界をまたいで届き易いですよね。今日はそういった事が皆様にも少し分かって頂けたのではな いでしょうか?

上映会を含めると4時間近いイベントだったが、イベント後もカフェに残りまだまだ、話し足りないと佐々木監督を捕まえてディスカッション をする一般のお客様の集まりが出来た。 本作は、自分は?貴方は?みんなは?と主体的に考えるきっかけをくれる作品となっているようです。

映画情報どっとこむ ralph

SYNOPSIS・・・

紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に 巻き込まれた。「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点 に達しようという2010 年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。

そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 ―

捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人 ―

という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。

歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なの か?今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。

公式HP:
okujirasama.com

***********************************

原題:A WHALE OF A TALE/2017年 / 日本・アメリカ / 96分 / HD / 16:9
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム
     


佐々木芽生監督クジラ浜海水浴場で地元対話集会 『おクジラさま』


映画情報どっとこむ ralph 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画 『おクジラさま ふたつの正義の物語』(9月9日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開)。
本作は、2010 年に公開し、東京で 25 週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー映画です。 この度、映画の舞台となった和歌山県 太地町のクジラ浜(夏の間、実際にクジラが入り江を遊泳して、クジラと一緒に泳げる海水浴場としても有名。)の海岸にスクリーンを設置して、撮影でお世話になった町民の皆様への映画完成報告を兼ねた、特別な上映会を開催しました。
佐々木芽生監督も、現地へかけつけて、地元の方々との対話集会を行いました。

日程:8月19日(土)
場所:和歌山県太地町 クジラ浜海水浴場 砂浜
登壇:佐々木芽生監督、バーナディーン・コーリッシュ(編集)、折原貴(撮影)、杉岡大樹(撮影)

映画情報どっとこむ ralph 上映前に佐々木監督は胸を詰まらせながら、

佐々木監督:やっとこの太地町の皆様に観ていただけるまで辿り着くことができました。皆様、ほんとうにありがとうございます。

と、感謝の意を表明し、本編の上映が始まりました。


満天の星空の下、海岸から20メートル沖合に設置された生け簀の中にクジラが泳ぐ海岸で、200インチのスクリーンに映し出された映画に、 地元の方々は大満足した様子で、上映後は大きな拍手が起きました。

映画情報どっとこむ ralph そして佐々木監督、アメリカからかけつけた編集のバーナディーン・コリッシュさん、撮影の折笠貴さん、杉岡太樹さんが 紹介され、それぞれが一言ずつ挨拶。
そして、佐々木監督と、地元の皆様との対話集会がはじまりました。

堀端さん (前太地町小学校校長):太地町の美しさを感じました。ツイッター等は駆使できないけど此処で生きている漁師の“思い” “文化、生 活。共同体としての生活”をきちんと描いてくれていたと思う。佐々木監督、お疲れ様でした。

久世滋子さん(ペンション経営者):「シーシェパードが言う「倫理に反する。」ということが、どういう事なのかを彼らに具体的に説明して欲し い。やはり理解できない。

脊古輝人(元漁師/漁協組合長)さん :6年前、コーヴ(映画『ザ・コーヴ』)で大変な状況の中、佐々木さんがやってきてくれた。両方の立場の映像を制作し、我々の文化を世界に発信していただけるのは とてもありがたい。佐々木監督ありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 太地町で観光の語り部の仕事をされている女性 : 仕事上、捕鯨反対派からいやがらせもあるが、映画の中で太地町の漁師さんが、外部の 意見を気にするな。という発言されているのを観て勇気づけられた。

貝さん(漁協参事):映画中に鯨肉がおいしくないという方がいたが、私は鯨肉大好きです。ほんとうに美味しいと思う。我々漁師は、メデ ィア使いが苦手であるが、そればかりではいけない。 情報発信については、今後、考えていかなければいけないと思った。捕鯨に関しては、今後も やめるつもりはない。 これはずっと子供たちへ引き継いでいくものだと考えています。

記者からの質問:この映画を撮ろうと思ったきっかけは?

佐々木監督:『ザ・コーヴ』 をNYで見ました。 映画としてはよく出来ていると思いました。 ただあの映画に対して、日本側からの発信が全く ないことに驚きを感じました。 発信ということに関して、この映画は、捕鯨の是非を問うだけではなく、現代の社会は、グローバリズムがこんな平和な地(和歌山県太地町)に まで押し寄せてきている現状があり、そこに問題が潜んでいることにも注目したい。 トランプが大統領に当選してしまう事が象徴しているように、ツイッターなどを駆使して大きな声を発信することが、あたかも正しいことのように受け取 られてしまう危うい一面があると思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に佐々木監督から以下のコメントが伝えられた。

佐々木監督:畠尻湾は、映画 『ザ・コーヴ」』以降、多くの衝突と憎しみの象徴となってしまいました。 私たちもここで多くのシーンを撮影しました。 全国での劇場公開に向けて「おクジラさま」 を太地町民のみなさまに、ここで初めてお披露目できて良かったです。 町民の方からお褒めの言葉と厳しい指摘もありましたが、この上映会をきっかけに新しい対話が始まることを願っています。


原題:A WHALE OF A TALE

公式HP:
okujirasama.com

9月9日(土)ユーロスペース他 全国順次公開!

書籍版 『おクジラさま』 も、集英社より同時に刊行予定!佐々木芽生監督が書き下ろした渾身のノンフィクション!

***********************************

2017年 / 日本・アメリカ / 96分 / HD / 16:9
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム
    


『おクジラさま ふたつの正義の物語』ヨシダナギ×佐々木芽生監督対談映像


映画情報どっとこむ ralph 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画。

A WHALE OF A TALE』の邦題が『おクジラさま ふたつの正義の物語』として9月9日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開となりました。

本作は、2010 年公開、東京で25 週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー!

この度、対談企画第二弾としてフォトグラファーのヨシダナギさんと佐々木芽生監督による対 談<前編>が行われ、その模様を収めた映像が到着致しました。



<アフリカでも捕鯨問題と同じようなことが起こっている>

本作で描かれる捕鯨問題からヨシダナギさんが思い起こしたのはアフリカの「今」だったという。

ヨシダさん:グローバル化が進んでいて、アフリカの各国で裸族がいることを好ましいと思わない国が増えてきてしまっていて。政府が裸族っていうものを『なかったこと』 にするというような動きが始まっていて。でも、一方では、やっぱり自分たちが長いこと続けてきた文化に恥を感じるなんてこと はないっていう、民族と国とのぶつかり合いが結構起きていて。

アフリカに足繁く通うヨシダ氏だからこそ見える「変化」に対して、佐々木監督も呼応する。

佐々木監督:私も、最初はクジラとイルカって いう話から本作の製作に入っていったんですけど、撮ってるうちにやっぱり捕鯨の問題じゃなくて、まさに仰ったように、グロー バルとローカルの話だなって。グローバリズムって、ものすごく強引に色んな所に入ってきちゃってるじゃないですか。そこを黙っ てると、簡単に飲み込まれてしまうっていうか。

アフリカと太地町。遠く離れた二つの地域ではあるが、今そこで失われつつあるモノの共通点を見出した二人の話は「グローバリズム」をテーマに深く進んで行く。世界を舞台にする日本の女性だからこそ見える視点。

吉田さん:アフリカと出会ってなかったら、 ずっとうちにこもっていて、何もできてなかったと思う。

とまで語るヨシダさんの真摯な思いと情熱がたっぷり語られる対談に。

映画情報どっとこむ ralph
おクジラさま ふたつの正義の物語
原題:A WHALE OF A TALE
9月9日(土)よりユーロスペースにて待望の公開

公式HP:
okujirasama.com

【SYNOPSIS】
紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争 に巻き込まれた。「くじらの町」として 400 年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒート アップする対立が沸点に達しようという2010 年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 ― 捕鯨を守りたい 日本人とそれを許さない外国人 ― という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 歴史・宗教・イデオロギ ー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか? 今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。

***********************************

制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
2017年 / 日本・アメリカ / 97分 / HD / 16:9
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム


佐々木芽生監督何か発信しないと!『おクジラさま ふたつの正義の物語』 トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画。

9月9日(土)よりユーロスペースにて全国順次公開の『おクジラさま ふたつの正義の物語』(原題:A WHALE OF A TALE)として。

本作は、2010 年公開、東京で 25 週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー!
日本記者クラブにて佐々木芽生監督と、上映を観終わったマスコミによるトークイベントが行われました。

映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』 トークイベント
日時:8月4日(金)
場所:日本記者クラブ
登壇:佐々木芽生監督

映画情報どっとこむ ralph 上映を観終わったマスコミに温かい拍手で迎えられながら、佐々木監督が登壇。
佐々木監督:この映画の撮影を始めたのは 2010 年からです。捕鯨問題が報道される度、日本を否定する反捕鯨だけのメッセージがアメリカの マスコミから流れてくるのに疑問を持っていました。「ザ・コーヴ」という映画が発表された時、これは一体どうなってしまうんだろう、と。何故日本側の 意見や、捕鯨をすることの意味や情報がアメリカまで届かないのかと。その後、「ザ・コーヴ」がアカデミー賞を獲りますが、このときに一番衝撃だった のが、日本から何の反応もなかったこと。日本から何の反論もなかったことにある意味背中を押され、このままいくと日本の声は全く届かず、一方 的な反捕鯨の声だけが世界に広がるんじゃないかと。その状況を伝えることができるのは日本人でもあり、海外に住んでいる、私なのだと思い、こ の映画をつくることに決めました。

と本作の製作の経緯を語りイベントがスタート。

続けて・・・

佐々木監督:捕鯨や、イルカ漁の問題についてのテーマにしようと決めていましたが、リサーチしていくと、捕鯨というのはあくまでも入口であり、先にはもっ と大きなテーマがある、そう感じました。それは日本側からの発信の問題。今のインターネットなどは、すぐに発信される状況の中、日本からアメリカ への発信はすごくおそい。他には、゛欧米の価値観 VS 日本の価値観の対立“というよりも、グローバリズムの恩恵を受けて世界の流れにどんどん ついていっている人たちの価値観と、地方にいて、従来の古い文化や価値観を尊重していきたい人たち、双方の隔たりは徐々に広がっているんじ ゃないかなと思いました。色んな価値観の衝突は太地町の物語でみえてくるんじゃないかと思います。

と説明した。

映画情報どっとこむ ralph また、映画をつくる中で一番苦労したことは主人公だと話す佐々木監督。

佐々木監督:色んな人が色んな意見を持っている中で、ジェイ・アラバスタ―というアメリカ人ジャーナリストに目をつけました。日本人でありながら、海外に長く住んでいる私とは反対で、彼は、アメリカ人でありながら日本に長く住んでいる。逆だからこそ、彼とは意見がすごく合いました。彼が言っていることは、私がいいたいことであり、日本人の私が言うよりも、アメリカ人の彼が 言うほうがより説得力があるのかなと思いました。

と説明した。

また先日、ニューヨークの映画祭でも公開された本作ですが

佐々木監督:アメリカの人たちがかなりびっくりされていて..。「シーシェパードに変わって 日本の人に謝りたい」という人や、動物愛護の方たちから「科学的なデータが少なすぎるんじゃないか」などの厳しいご意見があったり。でもそういっ た形で賛成や反対だけではなく、色んな考え方がある。まずはそれを分かってもらうことが一歩かな、と思います。

と佐々木監督は語る。

映画情報どっとこむ ralph またマスコミより、「取材の際、現地の人たちとの信頼関係を築くにあたっての苦労や、エピソードなどはありますか」 この問いかけに対して、

佐々木監督:2010 年に太地町に言った時は、まず町長さんや、漁師さんに挨拶し説明するところから始まりました。その時は「ザ・コーヴ」が発表されて、みなさん言いたいけれど言えないようなもどかしさがあったようで、すんなりと受け入れてくださいました。2014 年、再度訪れた時 は太地町いさな組合のトップの方が変わった関係で完全に取材が NG になりました。ですが、゛何か発信しないと、シーシェパードたち活動家の発言だけが世界にメッセージとして伝わってしまう。これは、マズイんじゃないか“とお話しし、何とか撮影を再開させていただきました。

とトークイベントは終了しました。
映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』

原題:A WHALE OF A TALE
公式HP:okujirasama.com

***********************************

2017年 / 日本・アメリカ / 96分 / HD / 16:9
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN 制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社 協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ、 配給:エレファントハウス

© 「おクジラさま」プロジェクトチーム
書籍版 『おクジラさま』 も、集英社より同時に刊行予定!佐々木芽生監督が書き下ろした渾身のノンフィクション!