「住岡梨奈」タグアーカイブ

福地桃子ら登壇『あまのがわ』初日舞台挨拶 OriHime開発者 吉藤オリィも登場!


映画情報どっとこむ ralph 母との確執により心を閉ざしてしまった女子高生と、交通事故により体の自由を失った青年が、ロボット・OriHimeを通じて心の交流をし、成長していく姿を描いた福地桃子主演映画『あまのがわ』が、2月9日に全国公開となりました。 。

そして、その初日舞台挨拶が行われ、主演の福地桃子、共演の生田智子、水野久美、住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、そして古新舜監督が参加した。


『あまのがわ』初日舞台挨拶
日程:2月9日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:福地桃子、生田智子、水野久美、 住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、古新舜監督
スペシャルゲスト:OriHime開発者 吉藤オリィ

映画情報どっとこむ ralph 映画初出演・初主演の福地さんは

福地さん:皆さんに初めて観てもらうと思うとドキドキです。

と全国公開に期待と不安が入り混じったご様子。
母親役の生田さん、祖母役の水野さんらベテラン女優に

福地さん:沢山助けていただきました。劇中では親子関係が大事なので、撮影以外ではこちらが力を抜いて話せるような瞬間を作っていただきました。

と感謝。

すると祖母役の水野さんは自らのデビュー当時を振り返り

水野さん:デビュー作というのは一番よく覚えているもの。だから私も初心に戻ろうと努力しています。

と笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph また和太鼓の練習場所で二十歳の誕生日を迎えた福地さんは

福地さん:生田さんから二十歳の誕生日をサプライズで祝ってもらい、生田さんの娘さんとおそろいのリュックをプレゼントしてもらいました。

と嬉しそう。劇中では福地さんに厳しく当たる母親という役どころを演じる生田さんは、

生田さん:普段の私はボーッとしていますが、娘を思う気持ちや愛情は同じ。娘に対して間違った方向に行ってほしくないという思いが、厳しい接し方になってしまったんだと思う」と同じ親として役柄に共感を寄せていた。



主題歌も担当している住岡さんは

住岡さん:屋久島の撮影を終えた後に、作品の持つテーマを織り込みながら作った思い入れのある曲。

と紹介すると、

古新監督:僕が昭和歌謡が好きなので、『木綿のハンカチーフ』のような楽曲をリクエストしました。でも住岡さんはその曲をご存じないようで、そこにジェネレーションギャップを感じました。

と笑いを交えて楽曲誕生秘話を明かした。

高校生役の渡邉さんは

渡邉さん:私は現役高校生ではないので、久しぶりに制服を着てテンションが上がりました。お弁当を食べるシーンも『高校時代はこうだったよなぁー』と思い出しながら演じました。

と“JK”再体験に喜び。
一方、高校生役とは言え撮影時中学3年生だった園田さんは

園田さん:すごく寒い撮影だったけれど、スタッフさんが気遣ってくれて優しかった。

と慣れない撮影現場での思い出を振り返っていた。

現場の温かい雰囲気について

福地さん:この映画の現場は、みんなで作ろう!という雰囲気があった。私は映画出演も主演も初めてで不安だったけれど、この現場特有の温かさがあり、スタッフさんとの距離感を含めて、コミュニケーションをとる機会が多かった。

とアットホーム感を強調。それに対し、

古新監督:手作り感のある映画ですが、限られた時間の中で、いかにポジティブに向き合うかを大切にしました。現場スタッフの『いけるよ、いけるよ』という励ましの言葉に救われた。

と苦楽を共にした現場スタッフに感謝を込めた。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には、物語で重要な役割を担うロボットOriHimeとともに、開発者である吉藤オリィ氏も登壇。

「コミュニケーションテクノロジーによって人類の孤独を解消する」というコンセプトにもとづいて開発されたOriHimeが、医療現場や高齢者介護の現場だけにとどまらず、より多くの人の日常生活に寄り添うロボットとしての多様な可能性について言及。

吉藤さん:OriHimeを使えば、海外に行くのが難しい祖父母を、ハワイの結婚式に連れていくこともできます。

などと語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・昨年の東京国際映画祭での上映を振り返り

福地さん:たくさんの海外の方々にも観ていただき、日本の素晴らしい技術や屋久島の豊かな自然を感じてもらえたと思います。

と手応えを口にし

福地さん:誰かの背中を押すことのできるようなきっかけの作品になれたら嬉しい。誰かに元気を与えられることを願っています。

とアピール。OriHimeについても

福地さん:映画同様に現実世界でもたくさんの人を助けているロボット。もっともっと広まってほしいです。

とさらなる認知に期待を込めた。

映画『あまのがわ

公式サイト:
amanogawa-movie.com

物語・・・
母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるAIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************


出演:福地桃子/柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか/杉本彩、生田智子、水野久美 他

監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」
(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
©あまのがわフィルムパートナーズ
   


住岡梨奈 映画『あまのがわ』主題歌「あまのがわ」配信スタート


映画情報どっとこむ ralph この度、2月9日(土)の全国公開に先駆け、映画『あまのがわ』の主題歌「あまのがわ」が2月6日0時より配信スタートとなりました!

この曲は住岡梨奈さんが、映画「あまのがわ」の主題歌として書き下ろした楽曲で、映画には役者としても出演し、初演技を披露しています。
さらに、劇中歌の制作も担当。

楽曲は映画の舞台・屋久島での撮影直後に書き上げられ、映画に込められたメッセージと実際に役を演じて感じた思いが込められていて、、映画の世界により引き込まれるドラマティックな作品に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph 【住岡梨奈さんからのコメント】

初めて訪れた屋久島で、初めて演技に挑戦し、感じ取った全てを主題歌「あまのがわ」に詰め込みました。史織と星空の気持ちを自分なりに感じ取り、監督とも時間をかけて話し合い、映画に込められたメッセージを大切にしながら仕上げられたと思います。
主題歌「あまのがわ」を皆さんそれぞれの気持ちを重ねて聴いていただけたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 【楽曲情報】
<ストリーミング>
住岡梨奈「あまのがわ」
配信日:2019年2月6日(水)
TWEB-373 ¥231+税

レコチョク

iTunes

他主要サイトで配信中

映画情報どっとこむ ralph 【住岡梨奈 プロフィール】
北海道出身。1990年生まれ。
2012年6月にシングル「feel you」でデビュー。翌年7月より、海辺のシェアハウスで
共同生活を送る様子を放送する人気番組「テラスハウス」に出演。2017年8月にオリジナル
曲とカバー曲からなるダブルミニアルバム「colors」をリリース。2018年6月から
新しいライブ企画「Sumioka PLUS+」(スミオカプラス)をスタートさせ、9月には
「Sumioka PLUS+」でのツアーを全国7ヶ所で開催。また、2019年2月9日公開の
映画『あまのがわ』で主題歌と劇中歌を担当し、役者としても映画に初出演。
屋久島での撮影を終えた直後に書き上げた、主題歌「あまのがわ」を2月6日に配信リリースする。

■住岡梨奈オフィシャルサイト:
http://www.sumiokarina.com/
■住岡梨奈公式twitter :
@SumiokaRina

映画情報どっとこむ ralph 映画『あまのがわ』

2月9日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開

http://amanogawa-movie.com


物語・・・

母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。

一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************


出演:福地桃子
柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか
杉本彩、生田智子、水野久美 他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
(c)あまのがわフィルムパートナーズ


『トランスフォーマー/ロストエイジ』日本橋”江戸桜通り”ジャパンプレミア!


8月8日(金)に日本公開される

『トランスフォーマー/ロストエイジ』

日本での公開を記念して、本作のヒロインで、トランスフォーマーと人類を再び結びつけるきっかけを作る重要な役を演じる主人公ケイドの娘、テッサ役のニコラ・ペルツと、そのテッサの恋人で、今最もハリウッドが注目する期待の新星ジャック・レイナーが来日!

日本橋の江戸桜通りでジャパンプレミアが行われました!

トランスフォーマーロストエイジJPプレミア
日本橋の江戸桜通りを80mに渡って完全封鎖。

赤と青の”オプティマスカラー”のカーペットを敷き詰められた会場。日本の文化の発祥地として都市開発の最先端を行く日本橋と、日本で誕生してから30年。オプティマス総司令官の弟分のバンブルビー(シボレー・カマロ)や、シリーズ最強の敵ロックダウン(ランボルギーニ・アヴェンタドール)、そしてシリーズの顔にして、オートボットの総司令官オプティマスプライム(ピータービルド)など、総額1億円以上の劇中車が勢ぞろいするという、絢爛豪華、前代未聞のジャパンプレミアとなりました。

マスコミの熱気が会場全体に漂う中、セレモニーは、日本の最先端カルチャーとエンターテインメントを牽引するゲストたちが登場。今井華、菅谷哲也、真剣佑、秋元梢、石田ニコル、鈴木あや、植野有砂、住岡梨奈、叶姉妹という超豪華なメンバーとなり、レッドカーペットに華を添えた。

続いて、”トランスフォーマー”のコスプレコンテストで全国各地から応募したトランスフォーマーファン達が登場。自らをトランスフォームしてしまった強者や、記念すべきこの日の為にオプティマス仕様へトランスフォームし初めてその姿をお披露目した北海道・旭川市のキャラクター”あさっぴー”らが次々と登場。バンブルビーとオプティマスらに扮装した子供達が登場すると、会場からは「カワイイ―!!」の声が。

続いてテッサの声優役を演じた中川翔子さんが赤い花柄の浴衣姿で登場。
そして、トランスフォーマー30周年記念大使の武井壮さんが夏の男らしい紺の浴衣姿で登場すると、お二人の登場に集まったマスコミから一斉にまばゆいばかりのフラッシュが焚かれました。中川さんと武井さんも、この前代未聞の規模で行われるプレミアに興奮を隠せないようで、暑さも吹き飛ばす熱狂的なファンたちに応えるように丁寧にファンサービスを行いました。

トランスフォーマーロストエイジJPプレミア2
オレンジ色のプラダのドレスに身を包んだニコラ・ペルツとシックなグレーのスーツ姿のジャック・レイナーが会場に現れると、来日ゲストの登場を待ちわびたファンから大声援が巻き起こった。黄色いカマロの前でのフォトセッションでは、まるで劇中から飛び出してきたかのような構図に、ファンの興奮はさらに上がり、眩いばかりのフラッシュが一斉に焚かれた。その後のサウンドバイツとファングリーティングでは、多くのマスコミからの質問に真摯に答えつつ、集まった500人ものファン達に丁寧にファンサービスをする2人。サイン、写真、握手、そして抱擁にまで笑顔で応える2人の姿に、ファン、そしてマスコミからも感嘆の声が上がった。いつまでも拍手と歓声が鳴りやまぬ、真夏の暑さを超えるほどに熱狂的なジャパンプレミアとなった。

トランスフォーマーロストエイジJPプレミア1
その後の舞台イベントでも、ファンとマスコミの熱狂は衰えることなく、会場全体がニコラとジャックの登場を熱烈に歓迎した。ニコラは「来てくれて本当にありがとう。ぜひ、楽しんで観てください!」と本作の公開を待ち望むファンに応えるコメント。作品の中で登場する危険な運転シーンについて聞かれたジャックは「運転はとても面白く楽しくできました!ニコラは信頼して僕の車に乗ってくれると思いますが、マークは信用してくれないかもしれないね。」と冗談まじりにコメント。会場全体を笑いの渦に。

今回の目玉でもある点灯式へと移ると、「3、2、1、日本をトランスフォーム!」という会場全体のかけ声と同時に、一気に会場全体がオプティマスカラーにライトアップ。日本橋のトランスフォーム姿に会場のファンやマスコミが感嘆の声を挙げ、夜の日本橋を豪華で荘厳に彩る前代未聞のプレミアでした。

ジャパンプレミア・登壇ゲスト コメントです!

ニコラ・ペルツ
『トランスフォーマー』シリーズは、子供の頃から大ファンだったので、4作目で出演することになって非常に嬉しいです。私はマイケル・ベイ監督のことを天才だと思っていますので、ぜひ本作に期待してください。

ジャック・レイナ―
この『トランスフォーマー』の生まれ故郷に来ることができて非常に嬉しいです。日本に来ることが出来てとてもワクワクしています。

中川翔子
世界中が待ち望む究極の進化の最先端の形が本作です。そのヒロイン役の声優を務めるということで、あらゆる意味で全身全霊を懸けて挑まなければならないという気持ちにさせられました。

武井壮
本当は本作に出演する予定で撮影地の香港まで行ったのですが、撮影の時間が押してしまい出演できなかったという経緯がありました。次回こそ出演させてもらえるようベイに直接、「出させてくれ」と言ったら「OK」と返ってきました。次回までにボディやテクニックを進化させておきます。


『トランスフォーマー/ロ・Xトエイジ』

8月8日(金)3D/2D/IMAX3D 全国ロードショー
オフィシャルサイト:http://www.tf-movie.jp
facebook:https://www.facebook.com/tfmovie.jp
twitter:https://twitter.com/tf_autobot

トランスフォーマーロストエイジ
********************************************************************


監督/製作総指揮:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ、『アルマゲドン』)
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『インディ・ジョーンズ』、『トランスフォーマー』シリーズ)
脚本:アーレン・クルーガー(『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』)
キャスト:マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチほか
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and
all related characters are trademarks of Hasbro.


『一分間だけ』池端レイナ&住岡梨奈がクラブイベントに初登場!


多くのファンに愛されている原田マハのベストセラー小説を、台湾のトップスター、ピーター・ホー、チャン・チュンニン主演で映画化した日台合作映画

『一分間だけ』

仕事が生きがいのファッション雑誌で働く女性と、彼女を献身的に支える恋人と愛犬との感動の物語。

公開を記念して5月30日(金)夜、前夜祭イベントが、渋谷Club Camelotで開催。

左から池端、住岡
まずはタイトルの「一分間だけ」にちなみ、選抜4組による「一分間パフォーマンス」が披露された。ダンスや一発芸に加えて、フレアバーテンダーによるパフォーマンスや、苦しみ悶えながらの早食いなどが行われた。その中で唯一、突然選ばれた観客が一発芸を披露し、会場は大盛り上がり。

この一発芸が、観客投票によるベストオブワンミニッツ賞を見事に獲得。

フロアが盛り上がってきたところで、主題歌を担当した住岡梨奈さんと、日本のトップモデル・杏子役で映画に出演している池端レイナさんが熱烈な歓迎を受け登場。

住岡さん、池端さんともそろってクラブイベントに出演するのは初めてで、住岡はクラブに来たのも人生で2回目とのこと。

2人は共に台湾公開に合わせ訪台し、一緒に北京ダックを食べたエピソードを披露。池端さんは昨年夏にオール台湾ロケで行われた撮影前に中国語を勉強して習得。クラブの雰囲気を中国語で感想を貰うと「热闹!」(中国語で賑やかの意味)と表現した。

いよいよ公開となる本作について住岡さんは、原作でも映画でも泣いたことを伝え「お忙しい毎日だと思いますが、一息つける映画なので是非見てください」とコメント。池端さんも「本当に泣ける映画となってます!」と力強く宣言。

「日本と台湾で一緒に作った映画で、住岡さんの最高の曲が流れるので、是非劇場に足を運んでくれたら嬉しいです」とコメントし

トークショーは終了。

続いて住岡さんが、28日に発売されたばかりの映画の主題歌「一分間だけ」のLIVEパフォーマンスを披露。

本作で描かれる飼い主と愛犬との優しく感動の物語に共感し、音速ラインの藤井敬之さんと共作し、大切なものを見失わないように、一瞬一瞬を大事にという思いを込めてつくりだされた主題歌の「一分間だけ」を熱唱。住岡さんが歌い出すと、彼女の優しく心に響き渡る歌声に観客たちは一瞬で魅了され、フロアの熱は最高潮に。



最後に、盛り上がる観客と一緒に記念撮影を行い、映画の公開を盛り上げる最高の前夜祭となりました。

映画『一分間だけ』

は、本日5月31日より新宿バルト9他にて公開中。
rira-movie.jp



********************************************************************


映画『一分間だけ』
1分間だけファッション雑誌編集者のワンチェンは、ある日ゴールデンレトリバーのリラを飼うことに。恋人と一緒に育て始めるが、仕事に夢中になる日々の中で、次第に大切なものを見失っていく。恋人が去り、残されたリラとの生活を重く感じ始めた頃、リラが病に侵されてしまう……。
【出演】ピーター・ホー チャン・チュンニン 池端レイナ ディン・チュンチェン ホアン・ペイジア 
【原作】「一分間だけ」原田マハ(宝島社文庫) 
【日本上映版主題歌】住岡梨奈「一分間だけ」Ki/oon Music
【製作総指揮】吉田正大 ガン・リー 
【制作】 beachwalkers. 安可電影 崗華影視 STAAA Inc.  
【配給】ティ・ジョイ  
(C)2014映画『一分間だけ』


愛犬との切なくも美しい絆『一分間だけ』



1分間だけ愛犬との切なくも美しい絆の物語。

『一分間だけ』

感涙の予告編完成!

多くのファンに愛されている原田マハのベストセラー小説を、台湾のトップスター、ピーター・ホー、チャン・チュンニン主演で映画化、主題歌を住岡梨奈が担当する日台合作映画『一分間だけ』を5月31日(土)より全国公開されます。

本作はあるカップルと愛犬との切なくも美しい”家族”の物語。

1分間1仕事、愛犬、恋愛に追われ悩み葛藤する女性編集者ワンチェンを、チャン・チュンニンが演じ、彼女を献身的に支える彼氏ハオジエを日本でも多くのファンがいるピーター・ホーが演じています。

1分間2また本作の日本上映版主題歌を、フジテレビ系列で放送中の人気青春リアリティ番組「テラスハウス」での生活をきっかけに生まれた新曲が多くのリスナーの共感を集めているシンガー住岡梨奈が担当。自身も犬を飼っていた経験があり、本作に感動して”音速ライン”の藤井敬之と共作で書き下ろした新曲です。



今回完成した予告編ではゴールデンレトリバーのリラがハオジエとワンチェンの元にやってきて家族になっていく様子、ワンチェンが事に追われ彼氏やリラにあたってしまうシーン、そしてワンチェンとリラの愛情の印である”ハイタッチ”シーンが盛り込まれ、主題歌「一分間だけ」の住岡梨奈の透き通った歌声と共に思わず涙が溢れてしまう予告編に仕上がっています。

何があっても忘れないよ、リラと過ごした幸せな瞬間――。
だから神様、あともう少しだけ時間をください。

『一分間だけ』

5月31日より新宿バルト9他全国ロードショー

********************************************************************


『一分間だけ』

ファッション雑誌編集者のワンチェンは、彼女を献身的に支える恋人ハオジエと一緒にゴールデンレトリバーのリラを飼うことに。しかしワンチェンは仕事に夢中になる日々の中で、少しづつ生活のバランスが変化していく。言い争いやすれ違いが多くなり、ワンチェンの仕事にもトラブルが続く。次第に大切なものが見失われていく中で、リラが病に侵されてしまう……。

【出演】ピーター・ホー チャン・チュンニン 池端レイナ ディン・チュンチェン ホアン・ペイジア

【原作】「一分間だけ」原田マハ(宝島社文庫)
【日本上映版主題歌】住岡梨奈「一分間だけ」Ki/oon Music
【製作総指揮】吉田正大 ガン・リー
【プロデューサー】小出正雪 樋口隆行
【制作】 beachwalkers. 安可電影 崗華影視 STAAA Inc.
【配給】ティ・ジョイ 【宣伝】ヨアケ

(C)2014映画『一分間だけ』