「伊藤沙莉」タグアーカイブ

尾野真千子・永瀬正敏・角田晃広・伊藤沙莉ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶2


映画情報どっとこむ ralph 尾野真千子が!市原隼人が!斎藤工が!涙し、そして優香が!永瀬正敏が!豊川悦司が!愛を叫ぶ!心に響くザ・ブルーハーツの名曲にのせて、豪華すぎるキャスト陣が様々な”喜怒哀楽”で魅せる映画『ブルーハーツが聴こえる』が初日を迎え新宿バルト9にて初日舞台挨拶を行いました。

このレポートはその2『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』のキャストと監督による舞台挨拶のもの。2時間40分6本の作品を観終えたばかりのお客さん達はキャストと監督達を温かい拍手で迎え・・・

場所:新宿バルト9
日程:4月8日(土)
<第二弾>14:00の回上映終了後
『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』
登壇:
『ハンマー(48億のブルース)』:尾野真千子、角田晃広、伊藤沙莉、飯塚健監督
『ジョウネツノバラ』:永瀬正敏、工藤伸一監督

映画情報どっとこむ ralph 『ハンマー(48億のブルース)』飯塚組

印象に残ったのは・・・
角田さん:作業場のシーンですが長回し。7分。。ぼくは03でコントに近いので緊張感あって楽しかった。

尾野さん:そこ!出来上がってましたよね。女子高生。

伊藤さん:空気を作ってる意識はないですが・・・演出ついて動きが変わることが多くて。結構緊張してたんですよ。真知子さん結構ガチな目をしてたんで。

と、暴露してしまう伊藤さんに無茶振りする角田さん、監督と尾野さん。

角田さん:ドラムは練習してたよね。

伊藤さん:練習して・・でも監督に顔が怖えよって!凄い緊張しました。

尾野さん:気づきました?ハンマーを歌ってるときに、私がハンマーで歌ってるの気づいてる人!(気づいた観客多数)すごい!それだけ! 

テンポの良い会話が続く本作ですが、

監督:テンポはああして、とは言ってないです。読み合わせの時に女子高生チームが早くてね。

角田さん:最初に伊藤さんたち入っていて、その後に僕が入って。テンポが速いなーと思ってたんです。その後に尾野さん参加したんですよね。

尾野さん:ビビった!わけわかんないから、取り敢えず足組んでみました!わたし出来るわよって。

角田さん:大物女優来ちゃった感出しましたよね!(笑)

と、コントのような会話が続くチーム飯塚。尾野真千子を困惑させたテンポの良い(早い)会話はぜひ映画館で!

映画情報どっとこむ ralph 『ジョウネツノバラ』工藤組

永瀬さん:ブルーハーツのメンバーの皆さんと彼らを愛するファンの皆さんに感謝したいと思います。

工藤監督:企画からたずさって完成してから2年。公開できずでしたが、みなさんの力(クラウドファンディング)でこうして公開となりました!

と感無量のご様子の監督。

工藤監督:永瀬さんとは6本ぐらいカメラで入ってもらって、その時に永瀬さんに見せてもらった原案があったんです。その後、この企画の曲を選びながら、自分で脚本書いていたら、永瀬さんの脚本を思い出して。あの話を映画化したいんですと伝えると。是非と。最初は脚本のみで・・・でしたが、途中で出演もお願いしました。

永瀬さん:きっかけは祖母が亡くなったときの家族の話。永遠の愛情・別れってなんだろうという。それを男女に置き換えて・・・。曲を聞きなおして。実は、長編になる台詞も一生懸命書いていたのですが、言葉も歌詞で十分じゃないかと。削って短編にしました。

工藤監督:ハンマーと対局ですね!

角田さん:こちらがバカみたいじゃないですか。

水原さんとの共演シーン。実は冷蔵倉庫の中・・で水原さん裸です。

永瀬さん:彼女何も身にまとってない状態で。いつもニコニコでプロでしたね。美しい彼女は見どころですね。

工藤監督:合成じゃないですからね。リアルに1月に。それから、永瀬さんの特殊メイクもちょっとづつかわって撮ってるんです。

永瀬さん:気づかなかった人!もう一回見に来てください。

映画情報どっとこむ ralph そして!発表が本作台湾での公開5月26日に決定です!

最後に・・・

尾野さん:みんなで台湾行きましょ!もう一度ハンマーと皺見に来てください!

永瀬さん:作るだけでは映画は完成しない。届けられなかった僕らの企画を皆さんに救っていただきありがとうございました。

映画ファンの熱い想いがクラウドファンディングで公開に漕ぎ着けた良い例にもなった本作

ブルーハーツが聴こえる

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー中!

公式サイトtbh-movie.com

過去記事:
『人にやさしく』&『ラブレター』&『1001のバイオリン』市原隼人・斎藤工・豊川悦司・山本舞香・三浦貴大ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶1
http://eigajoho.com/?p=68458



***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ 
宣伝協力:MUSA
© TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight  


イタリア ウディネの映画祭に正式出品決定!伊藤沙莉 『獣道』


映画情報どっとこむ ralph 宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、 実話をベースに描いたブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)よりシネマート新宿レイトショーほか全国公開となります。

この度、現地時間4月21日(金)~4月29日(土)より開催されますヨーロッパ最大のア ジア映画祭、第19回ウディネ・ファーイースト映画祭コンペティション部門に本作が正式出品、ワールドプレミア上映が決定しました。

映画祭には、伊藤沙莉、アントニー、内田英治監督が参加を予定。

ウディネ・ファーイースト映画祭は、イタリアの都市・ウディネで開催される映画祭で、東アジアおよび東南アジアの最新作をヨーロッパに紹介することを旨とし、大作からミニシア ター系の作品まで幅広いジャンルの良作を選出。本作が選出されたコンペティション部門 が対象となる賞は、観客賞、ブラック・ドラゴン観客賞、マイ・ムービーズ観客賞の3つの賞です。


映画情報どっとこむ ralph この世界進出に際し、同映画祭日本映画選定担当のマーク・シリング氏、内田英治監督、アダム・トレルプロデューサー、本作で中学生から AV女優までの幅広い役どころを渾身の演技で挑んだ主演の伊藤沙莉からも、歓喜のコメントも届いております。

マーク・シリング コメント
(ウディネ・ファーイースト映画祭、日本映画選定担当)
内田監督特有のブラック・ コメディで ある本作は、思わずほくそ笑んでしまうシーンが至る所にちりばめられており、時代錯誤な 地方の面白さと偶然に派生する若物達の恋愛が、絶妙に交錯している 。

内田英治監督 コメント
『 下衆の愛 』 と 同様、あまりにも内容がドメスティックすぎて海外映画祭は行けないだろうなぁと思ってました。カルト宗教で 育った少女と田舎ヤンキーたちの青春物語なんて誰が見てくれるんだろうって … 。でもイタリアのウディネ映画祭でコンペに選出 されました。日本固有の文化 《 ヤンキー 》 がイタリアで暴れます!

アダム・トレル プロデューサー コメント

日本でオリジナル作品が少ないから、俺たち(プロデューサー)はサポートしなかったら日本映画が海外で人気なくなっていく。 イギリス人だからヤンキー文化は詳しくないけど、内田さんは海外が 知らない面白い日本文化の映画 を 作った かも!あと、俺 は 「チャンプロード」雑誌 を好きになってきた。

伊藤沙莉 コメント
『 獣道 』 は 私に沢山の初めて を経験 させてくれた 、とても 深く愛している作品です 。その 作品を背負って 、初めて の海外、初めて の映画祭 に参加 できることをとても幸せに思います。

映画情報どっとこむ ralph ブラックコメディ『獣道』

とある地方都市で生まれ、親の愛を知らずに育ち自分の居場所を求め宗教施設や風俗の世界へ身を転じていく少女・愛衣(伊藤沙莉)。愛衣の 唯一の理解者であり、彼女に恋する少年・亮太(須賀健太)もまた居場所を探す不良少年であった。居場所を求め続ける二人の純情は、やがて地方都市 というジャングルに飲み込まれていく…。

7月15日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開です。

公式HP:
www.kemono-­‐michi.com

***********************************

伊藤沙莉 須賀健太 アントニー 吉村界人 韓英恵 冨手麻妙 松本花奈 川上奈々美 毎熊克哉 マシュー・チョジック 矢部太郎 でんでん 広田レオナ 近藤芳正

監督・脚本:内田英治(『下衆の愛』)

撮影:伊藤麻樹(『リアル鬼ごっこ』)
プロデューサー:アダム・トレル
製作:Third Window Films / Libertas/ MOVE 制作:NAC
配給:スタイルジャム
宣伝:フリーストーン 〈2017年/日本、イギリス/カラー/94分〉

©third window films
    


出川哲朗がAIブナイン・ナッシーの声優に!『ラストコップ THE MOVIE』


映画情報どっとこむ ralph ラストコップ THE MOVIE』として、GW中の5月3日(水)より全国ロードショーとなります。

本作では時代錯誤な熱血昭和デカ:京極浩介(唐沢寿明)と草食系の平成刑事:望月亮太(窪田正孝)が、最新鋭の人工知能が引き起こす<人類滅亡の危機>という未だかつてない大事件が最凶”凸凹コンビの前に立ちはだかります。

この度、そんな物語のカギを“リアルガチ”に握る人工知能の吹き替えを、出川哲朗さんが担当することが決定!

6年ぶりとなる映画吹き替えに挑戦した出川さんは、ドラマ版にも登場したふなっしーさん(本人役/映画初出演)の協力の元、京極たちのいる横浜中央署に導入された人工知能を搭載したロボット:ブナッシーこと、ブナイン・ナッシーの声を担当。

ブナッシーは、人間の会話や行動パターンなどの膨大なデータがインストールされており、周りの状況に応じながら行動が可能で、日々新しいデータを取り込みながら常に進化。

そして、その最大の特徴は<予測システム>。犯罪発生確率を予測し、その犯人の行動パターンから逮捕の可能性を高めるだけでなく、将来的に未然に犯罪を防ぐことも可能となる。物語は、この“ブナッシー”のデータを蓄積・管理している、マザーコンピューター「コスモス」をめぐり、人類滅亡の危機が訪れることになるという展開に。

映画情報どっとこむ ralph すでにアフレコ収録を終えて、

出川さん:ブナッシーになりきりました!監督から、「(声は)出川哲朗のままでいい」とおっしゃっていただき、正直、映画の邪魔になってなければいいと思います。監督とは一度芝居をしているので、なぜ、この僕にオファーがきたのかと言いますと、この監督と1回やっておりますので、その時の僕の芝居が光ってたんでしょうね。もう15年くらい前だったんですけど。15年経って、やっと来ましたね(笑)

とコメント。

出川さん:役作り的には23通り位考えてきたんですけど、監督が3つ目のパターンでいってくれ、と。人工で作られた悲しさ、自分はロボットなんだと。ブナッシーは本当は人間になりたいと思ってるんですけど、でも結局自分は人工知能で作られたロボットなんだ、というもの悲しさを出しましたね。

と冗談交じりに述懐した。また、普段活躍するバラエティとの違いについては、

出川さん:1人ぼっちというのは寂しいな、と思いました。(アフレコって)1人でやるんですね。誰かと一緒だったらよかったんですけど。できたら唐沢さんと一緒にアフレコやりたかったですね。あ、でも(唐沢さんを)食っちゃうかなぁ~(笑)唐沢さんも、ほんとうにいい役者だと思うんですけど、横並びでやると“食っちゃう”と思うんでね・・・

と、ドヤ顔で豪語!と思いきや、すぐさま

怒られるワ!(苦笑)唐沢さん、すいません。

と手のひらを返し、現場は笑いに包まれたなっし~!!。

映画情報どっとこむ ralph 人工知能という難しい役柄に挑む出川が、常識破りの「ラストコップ」の世界観の中でどんな存在感を見せるのか。昭和のアナログ刑事・京極との掛け合いにも要注目!

ラストコップ THE MOVIE

は5月3日(水・祝)より全国ロードショー。

物語・・・
昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能―そして、さらば!京極!?映画になった「ラストコップ」はまさかの涙!?
これまで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の不死身のパワーが、遂に限界に到達。自らの死を覚悟しながら、なんとか自分の生き様を亮太に託そうとする京極だが、その目の前で発生する、最新鋭の人工知能が巻き起こした大事件。昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能の対決の中、ニッポンの壊滅を阻止するため、京極は最後の決断をする・・・。

ハイテンションなギャグや、突っ込みどころ満載の秘密兵器、全員揃ってボケっぱなしの登場メンバーなど、ハチャメチャ要素はそのままに、映画の「ラストコップ」は、まさかの泣ける展開へ!?死を覚悟した京極を前に、京極に大切な生き方を教えられてきた仲間たちはどうするのか?そして、亮太と京極の愛娘、結衣との結婚は?そもそも、京極の命はどうなる!?アクション、ギャグ、ラブ、感動を詰め込んだ一大エンタテインメントが幕を開ける!

公式HP: lastcop-movie.jp 



***********************************

出演:唐沢寿明 窪田正孝 佐々木希 藤木直人(特別出演) 小日向文世 和久井映見 

黒川智花 竹内涼真 松尾諭 桜井日奈子 武田玲奈 伊藤沙莉 ・ 田山涼成 マギー 宮川一朗太

ゲスト:加藤雅也 吉沢亮 ふなっしー 升毅

監督:猪股隆一 脚本:佐藤友治 
音楽:得田真裕 
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International 
主題歌:BLUE ENCOUNT「さよなら」(キューンミュージック)
協力:横浜市 
配給:松竹 
©2017映画「ラストコップ」製作委員会


テレが可愛い!桜井日奈子・武田玲奈・伊藤沙莉 画像『ラストコップ THE MOVIE』


映画情報どっとこむ ralph “昭和の肉食デカ”京極浩介 唐沢寿明×窪田正孝 “平成のザ・草食系刑事”亮太

ラストコップ THE MOVIE』として、GW中の5月3日(水)より全国ロードショーです。

ドラマからさらにスケールアップした“ド派手アクション”はもちろん、ツッコミ必至の“ハイテンションギャグ”も健在!

そして、思わず胸が熱くなる“切ないラブ”も濃厚に描かれた、見応え十分の本作からこの度、新たな激アツ場面写真が一挙公開となりました!

映画情報どっとこむ ralph 解禁となった場面写真は、アクション・ギャグ・ラブといった本作の様々な見所が映し出された、重要シーンばかりを詰め込んだ全5点。

唯一無二のバディであるはずの京極に、なぜか亮太がハイキックをかます瞬間を捉えたもの。

京極を敵対しつつも今やすっかりペースに巻き込まれている神奈川県警のエース、松浦(藤木直人)とその部下の若山(竹内涼真)も加え、ドラマ版でもおなじみの武器・スパイダーハンドを構えて立ち並ぶ、戦闘開始直前の緊迫シーン、

さらに、亮太の恋人である京極の実の娘・結衣(佐々木希)が涙を浮かべて亮太に訴えかける意味深なシーン
どれも気になるものばかり!

一方、そんなハラハラする場面とは打って変わり、神奈川県警による大宴会のシーンでは、あきれた表情を浮かべる松浦を横目に、京極・亮太・若山の3人がコマネチを披露するコミカルさ全開のもの

ドラマで披露されたオリジナルダンスが話題となった、交通課・三島(桜井日奈子)、刑事課・小山内(武田玲奈)、鑑識課・山瀬(伊藤沙莉)の3人が結成する、ダンスユニット「KBDホーリーナイト」による新ダンスの一部が切り取られた、シリーズファンにはたまらない写真もお披露目。

映画情報どっとこむ ralph 配信、地上波ドラマから、今回の映画で大団円を迎える「ラストコップ」。シリーズ集大成となる本作で京極と亮太の “最凶”凸凹コンビが挑むのは、最新鋭の人工知能が引き起こす<人類滅亡の危機>という未だかつてない大事件!興奮必至のド派手な展開はもちろん、“ニッポン壊滅”の危機に挑む京極の最後の決断が、GW、日本中にまさかの感動をもたらす!?

ラストコップ THE MOVIE

は5月3日(水・祝)より全国ロードショー。


物語・・・
昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能―そして、さらば!京極!?映画になった「ラストコップ」はまさかの涙!?

これまで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の不死身のパワーが、遂に限界に到達。自らの死を覚悟しながら、なんとか自分の生き様を亮太に託そうとする京極だが、その目の前で発生する、最新鋭の人工知能が巻き起こした大事件。昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能の対決の中、ニッポンの壊滅を阻止するため、京極は最後の決断をする・・・

ハイテンションなギャグや、突っ込みどころ満載の秘密兵器、全員揃ってボケっぱなしの登場メンバーなど、ハチャメチャ要素はそのままに、映画の「ラストコップ」は、まさかの泣ける展開へ!?死を覚悟した京極を前に、京極に大切な生き方を教えられてきた仲間たちはどうするのか?そして、亮太と京極の愛娘、結衣との結婚は?そもそも、京極の命はどうなる!?アクション、ギャグ、ラブ、感動を詰め込んだ一大エンタテインメントが幕を開ける!



公式HP: lastcop-movie.jp

***********************************

出演:唐沢寿明 窪田正孝 佐々木希 藤木直人(特別出演) 小日向文世 和久井映見

黒川智花 竹内涼真 松尾諭 桜井日奈子 武田玲奈 伊藤沙莉 ・ 田山涼成 マギー 宮川一朗太

ゲスト:加藤雅也 吉沢亮 ふなっしー 升毅
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International
監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
音楽:得田真裕
主題歌:BLUE ENCOUNT「さよなら」(キューンミュージック)
協力:横浜市
配給:松竹
©2017映画「ラストコップ」製作委員会 Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International
    


唐沢寿明×窪田正孝『ラストコップ THE MOVIE』予告編映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 大人気ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」が、ついに映画化。

ラストコップ THE MOVIE

として、GW中の5月3日(水)より全国ロードショーとなります。

その本予告編映像が解禁!


邦画の常識と想像をはるかに超えたダイナミックアクションに加え、ギャグ、ラブ、そしてまさかの“泣ける”展開が凝縮された、シリーズ史上最大級の一大エンタテインメントの片鱗が明らかになりました!

映画情報どっとこむ ralph <アナログ>VS<ハイテク> 人工知能が仕掛ける“人類滅亡”の阻止に挑む凸凹コンビ

「THE LAST COP/ラストコップ」は、30年の昏睡状態から突如目覚めた、現代の常識も世間の空気も全て無視した時代錯誤な熱血昭和デカ:京極浩介(唐沢寿明)と、京極とバディを組むことになった草食系の平成刑事:望月亮太(窪田正孝)の凸凹コンビが、豪快かつ破天荒な捜査で事件を解決する様を描くアクションコメディ。

解禁された映像では、横浜中央署に導入された最新鋭の人工知能が引き起こす<人類滅亡の危機>という未だかつてない大事件に、京極と亮太の命知らずな“最凶”凸凹コンビがまたしても果敢に挑む様子が映し出される。「愛する家族と、この街を守ってみせる!」と、これまで人間離れした不死身パワーで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の力強いセリフと共に、さらにパワーアップしたド派手なアクションシークエンスが圧倒的スケールで描かれる一方で、ドラマでは実現することの無かったキスを迫る亮太に「黙ってろ!この前髪直毛野郎!」と突如罵る京極の娘で亮太の恋人・結衣(佐々木希)の豹変ぶりは映画でも健在!亮太のキメ台詞(?)である、「はやく帰りてぇ~なぁ!」は今回も披露され、ドラマに劣らないハチャメチャなギャグシーンの連続を予感させる。

映画情報どっとこむ ralph しかし、後半では突然路上で胸を押さえ吐血する京極の姿も垣間見え、【さらば、京極―】という不穏なテロップが映し出される場面も。自らの死を覚悟しながら、「最後まで目に焼き付けてほしい」と語る京極の生きざまに、唯一無二のバディである亮太は、これまで京極に教わった全てを持って答えようと奔走するが…。最後に、亮太が静かに流す、一筋の涙の意味とは――。激しいテンポでエネルギッシュな曲調のドラマ版主題歌『LAST HERO』とは打って変わって、バラード調の切なくも優しいメロディにのせた映画版主題歌『さよなら』は、まさにBLUE ENCOUNTの新境地!配信、地上波ドラマから、今回の映画で大団円を迎える「ラストコップ」の最後にふさわしい切ない仕上がりとなっています。

唐沢寿明と窪田正孝の息のあったコンビに加えて、佐々木希、藤木直人、小日向文世、和久井映見、黒川智花、竹内涼真、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉ら、存在感抜群のお馴染みキャストはもちろん、さらに、加藤雅也、吉沢亮ら映画版オリジナル新キャストも超豪華!破天荒なストーリー展開に加え、骨太なミステリーとしても、胸を熱くする家族ドラマとしても見応え満点の極上エンターテインメントが遂にスクリーン上陸!GW、日本中に“ラストコップ旋風”が巻き起こる!!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能―そして、さらば!京極!?映画になった「ラストコップ」はまさかの涙!?

これまで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の不死身のパワーが、遂に限界に到達。自らの死を覚悟しながら、なんとか自分の生き様を亮太に託そうとする京極だが、その目の前で発生する、最新鋭の人工知能が巻き起こした大事件。昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能の対決の中、ニッポンの壊滅を阻止するため、京極は最後の決断をする・・・

ハイテンションなギャグや、突っ込みどころ満載の秘密兵器、全員揃ってボケっぱなしの登場メンバーなど、ハチャメチャ要素はそのままに、映画の「ラストコップ」は、まさかの泣ける展開へ!?死を覚悟した京極を前に、京極に大切な生き方を教えられてきた仲間たちはどうするのか?そして、亮太と京極の愛娘、結衣との結婚は?そもそも、京極の命はどうなる!?アクション、ギャグ、ラブ、感動を詰め込んだ一大エンタテインメントが幕を開ける!


公式HP: lastcop-movie.jp

5/3(水・祝)全国ロードショー

***********************************

出演:唐沢寿明 窪田正孝 佐々木希 藤木直人(特別出演) 小日向文世 和久井映見

黒川智花 竹内涼真 松尾諭 桜井日奈子 武田玲奈 伊藤沙莉 ・ 田山涼成 マギー 宮川一朗太

ゲスト:加藤雅也 吉沢亮 ふなっしー 升毅

監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
音楽:得田真裕
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International

主題歌:BLUE ENCOUNT「さよなら」(キューンミュージック)
協力:横浜市 配給:松竹

©2017映画「ラストコップ」製作委員会 Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International