「伊藤沙莉」タグアーカイブ

主演:東出昌大×監督:濱口竜介『寝ても覚めても』 柴崎友香原作本書き下ろし短篇入り発売


映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介監督が、東出昌大を主演に迎え、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化し、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された『寝ても覚めても』が、9月1日よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開となります。

その公開を記念して、河出文庫「寝ても覚めても 増補新版」の発売が6月6日(水)に決定しました!

増補新版には柴崎友香さんと気鋭の漫画家・森泉岳土さんの書き下ろしで贈るコラボ小説×マンガ「同じ街の違う夜」が増補されています!

「寝ても覚めても」は、柴崎友香が2010年に発表した長編小説で、第32回野間文芸新人賞を受賞。

朝子の目に映る景色をつぶさに描き出し、2人のそっくりな顔の男性の間でゆれる恋心を細やかに表現した柴崎友香を代表する一作。

映画情報どっとこむ ralph このたび発売される河出文庫の増補新版は、映画の主演で麦と亮平の一人二役を演じる東出昌大と、ヒロイン朝子を演じる唐田えりかが映る映画のティザービジュアルが表紙に。さらに増補新版のために書き下ろされた柴崎友香さんによる短篇小説「同じ街の違う夜」がマンガとのコラボで加わる。


【「寝ても覚めても」増補新版 情報】

著者:柴崎友香/河出文庫/344ページ/ISBN:978-4-309-41618-2

Cコード:0193
発売日:2018.06.06
定価799円(本体740円)

★書き下ろしコラボ「同じ街の違う夜」 小説:柴崎友香×マンガ:森泉岳土


映画情報どっとこむ ralph 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。

主演・東出昌大さんが、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかさんがヒロイン・朝子を演じる。

メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。

監督自ら熱望した「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たし、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。

過去記事:寝て覚めレッドカーペットレポ
(c) Kazuko WAKAYAMA

カンヌでお披露目された本作は、「日本のヌーベルヴァーグ!新しい才能が現れた」と海外の記者より賛辞が送られ、「繊細で感動的。人間の魂を追求する、比類ない映画(ル・モンド)」「エレガントで深遠な愛のロンド。美しい!(レ・ゼコー)」、「濱口監督は、現代における最も重要な監督の一人だ。愛の季節を描いた『寝ても覚めても』はカンヌで栄誉を与えられるべき作品(リベラシオン)」「ニュアンスに富んだ演技が見事!(インディワイヤー)」と、海外メディアから絶賛された。

映画情報どっとこむ ralph 映画『寝ても覚めても

あらすじ・・・
東京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats

2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINEMAS 
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス 
c2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS www.netemosametemo.jp
    


渋川清彦主演、飯塚健監督『榎田貿易堂』の予告編到着


映画情報どっとこむ ralph 6月9日より新宿武蔵野館ほか全国公開する、渋川清彦主演、飯塚健監督の新作映画『榎田貿易堂』の予告編が解禁いたします。
群馬県渋川市のリサイクルショップ・榎田貿易堂。店長の榎田 洋二郎、アルバイトの千秋と清春、顔なじみのヨーコと丈。そ れぞれに小さな秘密を抱えながらも穏やかな日々を送っていた。そんな中突如落ちた看板の『夏』。榎田は呆然と「何か、 凄い事が、起きる予兆」と呟く。その言葉通り、この夏は「何か、凄いこと」が次々と巻き起こっていく…。

今回解禁された予告編は、電話を取る千秋(伊藤)の「はい、 榎田貿易堂です」と応答するシーンから始まる。「扱う品はゴミ以外。何でも来いが信条さ」とタバコを吸う榎田(渋川)の飄々とした表情、清春(森岡)や丈(滝藤)も交えてジャ ンケンで盛り上がるシーン、リズミカルにベルを叩く千秋や ヨーコ(余)が嗚咽をこぼすシーンなど、ユーモラスなシーン が満載。そして登場人物たちそれぞれの心に秘めた葛藤が 垣間見える様子もあったりと、見応えたっぷりの予告編となっています。

https://youtu.be/E_iehbx4g84

監督は 24 才にして『Summer Nude』で監督デビューを果たし、『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』『笑う招き猫』など独自のユーモラスな世界観を構築してきた飯塚健。故郷・群馬県渋川市を舞台に、迷えるオトナたちの喜怒哀楽を軽やかなタッチで描く、新たな喜劇の誕生です。


2018 年 6 月 9 日 ( 土 ) より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

https://enokida-bouekido.com

***********************************

渋川清彦 森岡龍 伊藤沙莉 / 滝藤賢一 宮本なつ 渡邊蒼
三浦俊輔 駒木根隆介 キンタカオ 金子昌弘 諏訪太朗 片岡礼子
根岸季衣 余貴美子
監督・脚本・編集:飯塚健
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則
ゼネラルプロデューサー:田中和磨
プロデューサー:柴原祐一
アソシエイトプロデューサー:古川一博
音楽:海田庄吾
撮影:山﨑裕典 照明:岩切弘治
録音:藤林繁 美術:吉田敬
美術進行:佐々木伸夫 編集:木村悦子
衣装:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子
スクリプター:石川愛子 音響効果:松浦大樹 助監督:杉岡知哉
ラインプロデューサー:川島正規
主題歌:「ハロー」奥野涼
後援:上毛新聞社 群馬テレビ エフエム群馬
特別協力:渋川市 渋川伊香保温泉観光協会 群馬県立渋川高等学校同窓会
JA 北群渋川
協力:渋川伊香保温泉フィルムコミッション 高崎フィルムコミッション
製作:「榎田貿易堂」製作委員会
企画:Breath 制作プロダクション:ダブ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
2017/HD/5.1ch/日本/110 分
(c)2017 映画「榎田貿易堂」製作委員会


渋川清彦主演 x 飯塚健監督 映画『榎田貿易堂』ポスター・追加場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 6月9日より新宿武蔵野館ほか全国公開する、渋川清彦主演、飯塚健監督の新作映画『榎田貿易堂』の ポスタービジュアル・追加場面写真が解禁。

今回解禁されたポスタービジュアルでは、渋川扮する榎田が 清々しい風景を背景に佇んでおり、「このままじゃダメだって ことだけは、わかるっつうか」の通り、登場人物たちの葛藤 や変化、希望を予感させます。

また、伊藤沙莉、森岡龍、滝藤 賢一、余貴美子、片岡礼子、駒木根隆介、根岸季衣など、豪華な役者陣も。

映画情報どっとこむ ralph 顔を負傷しながらも満面の笑みを浮かべる榎田、虚ろな表情の片岡礼子、余貴美子がじっとどこかを睨みつけている場面など、

映画の展開に想像が 膨らむ物ばかりとなっている。

監督は 24 才にして『Summer Nude』で監督デビューを果たし、 『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』『笑 う招き猫』など独自のユーモラスな世界観を構築してきた飯 塚健。故郷・群馬県渋川市を舞台に、迷えるオトナたちの 喜怒哀楽を軽やかなタッチで描く、新たな喜劇の誕生です。

物語・・・
群馬県渋川市のリサイクルショップ・榎田貿易堂。
店長の榎田 洋二郎、アルバイトの千秋と清春、顔なじみのヨーコと丈。そ れぞれに小さな秘密を抱えながらも穏やかな日々を送ってい た。そんな中突如落ちた看板の『夏』。榎田は呆然と「何か、 凄い事が、起きる予兆」と呟く。その言葉通り、この夏は「何 か、凄いこと」が次々と巻き起こっていく…。
***********************************


渋川清彦 森岡龍 伊藤沙莉 / 滝藤賢一 宮本なつ 渡邊蒼 三浦俊輔 駒木根隆介 キンタカオ 金子昌弘 諏訪太朗 片岡礼子 根岸季衣 余貴美子

監督・脚本・編集:飯塚健
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則

ゼネラルプロデューサー:田中和磨
プロデューサー:柴原祐一
アソシエイトプロデューサー:古川一博
音楽:海田庄吾
撮影:山﨑裕典 照明:岩切弘治
録音:藤林繁 美術:吉田敬
美術進行:佐々木伸夫 編集:木村悦子
衣装:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子

スクリプター:石川愛子 音響効果:松浦大樹
助監督:杉岡知哉
ラインプロデューサー:川島正規 主題歌:「ハロー」奥野涼

後援:上毛新聞社 群馬テレビ エフエム群馬
特別協力:渋川市 渋川伊香保温泉観光協会 群馬県立渋川高等学校同窓会 JA 北群渋川

協力:渋川伊香保温泉フィルムコミッション 高崎フィルムコミッション
製作:「榎田貿易堂」製作委員会
企画:Breath
制作プロダクション:ダブ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ 2017/HD/5.1ch/日本/110 分 (c)2017 映画「榎田貿易堂」製作委員会 https://enokida-bouekido.com


深川麻衣、伊藤沙莉ら6人<パンバス女子会>『パンとバスと2度目のハツコイ』イベント


映画情報どっとこむ ralph 2月17日(土)より全国公開され、一ヶ月以上たった現在でも話題がつきない映画『パンとバスと2度目のハツコイ』。

公開から4週目を迎えた3月10日(土)に、本作キャストを中心とした<パンバス女子>勢揃い主演の深川麻衣をはじめ、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、音月桂、そして主題歌を歌ったシンガーソングライターのLeolaが登場しての”女子会トークイベント”が、シアタス調布にて行われました。

日付:3月10日(土)
場所:シアタス調布
登壇:深川麻衣、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、音月桂、Leola
今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph イベントには、急遽参加の決まった伊藤も含めた6人の豪華な顔ぶれの登場に、会場に集まったファンからも大きな歓声が!!

深川さん:今まで3~4人でやってきたので、こんな大勢いる舞台挨拶にワクワクしています!

と嬉しそうに挨拶した。今回のイベントでは、撮影を振り返った撮影の裏話から、それぞれの素顔が伺える女子会トークが全開。映画の冒頭、音月さん演じる川村久美がフランスパンで、安倍さん演じる高野理紗子の頭を殴るシーンがあり、当時を振り返って

安倍さん:撮影の時はアドレナリンが出ていたからか、むしろもっとやってくださいというくらいなんともない気持ちだったんですが、次の日、起きたらたんこぶができてたんですよ(笑)

とまさかのエピソードを話すと、殴った張本人は

音月さん:ハードなことして申し訳ない気持ちです!このシーンの撮影は20テイクくらい撮ったので。

との話に会場騒然!

映画情報どっとこむ ralph また、本作で初めての映画主題歌に挑戦したLeolaさんは

Leolaさん:映画館で自分の声を聴くというのは憧れだったので、大切な作品になりました。

と話し、これに対し

深川さん:歌詞が本当に映画に合っていて、あんなに素敵な歌詞はどこで考えるんですか?

と質問。

Leolaさん:脚本を読んで、ラッシュを見たり、その後監督に質問もさせてもらったりして書きましたね。この歌詞の冒頭は、電車の中で書いていた時に、外を眺めていたら、空と浮かんでいる雲が見えたので、そこから着想を得ました。

と見る人に余韻にハマる歌詞の制作秘話を話してくれました。

映画情報どっとこむ ralph さらにキャスト同士の質問タイムが始まると、深川さんから伊藤さんに

深川さん:カフェのシーンで、お昼からビールを飲んでいましたが、実際は強いんですか?

と一般人顔負けのシンプルな質問が飛び出し、

伊藤さん:強くはないけど、好きです!でもビールだけは呑まないので、撮影の時は手慣れているように見えるよう、演技に工夫しました。

と意外な一面も。さに音月さんからの「パン屋に行ったら、どんなパンを買いますか?」という質問や、志田さんからの「この映画のキャラクターで、もし男女関係なく好きな役を演じられるとしたら、どのキャラクターにする?」という質問、さらにLeolaさんからの「たもつという男が(恋愛対象として)アリかナシか?」という質問など、女子会ならではの質問が展開され、女子トークに花を咲かせました。

そしてサプライズで本作の監督を務める今泉力哉が登場。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

深川さん:今回が27回目の舞台挨拶で、劇中でも揃うことのなかった女子メンバーで話すことができて本当に嬉しかったです。公開から3週経ちましたが、これからもさらにロングラン目指して、たくさんの方に作品が届くように頑張ります!

と語り、イベントを締めくくりました。


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

本作は「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と独自の結婚観を持つ市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日まさかの再会、妹や同級生など周囲を巻き込みながらも“恋愛こじらせ女子“の恋愛模様を描く“モヤキュン”ラブストーリー。

恋愛映画の旗手として注目を集める監督・今泉力哉が個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感で描く完全オリジナル作品で、切なくも笑える新しい恋愛群像劇となっている。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:Leola「Puzzle」(Sony Music Associated Records)

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
   


『メイド・イン・ホンコン/香港製造』へ石井裕也・伊藤沙莉らから熱い声到着!


映画情報どっとこむ ralph 3月10日(土)より公開『メイド・イン・ホンコン/香港製造』

昨年、開催された第30回東京国際映画祭で4Kレストア・デジタル・リマスター版として約20年ぶりにスクリーンに甦った名匠フルーツ・チャン監督の名作『メイド・イン・ホンコン/香港製造』。映画祭期間中2日間設けられた上映日のチケットは両日即売り切れとなり、オールドファンには勿論若いシネフィルファンには鮮烈な印象を残し幕を閉じました。

そして!

いよいよ3月10日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)より全国順次公開することが決定。

公開を記念し本作に各界の表現者・クリエイターから絶賛コメントが続々到着。

映画情報どっとこむ ralph 石井裕也/映画監督
『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
香港返還前、若者たちの最後の叫び、躍動。この青春の風景は、懐かしいようで、新しい。これはまさに「時代」が作らせた映画であり、この独特の瑞々しさを現代で表現することは不可能だと思います。


清水崇監督/映画監督
『こどもつかい』『呪怨』
同じ作り手にも、その時代、瞬間、面子でしか成し得ない名作が存在する。『イージーライダー』『悪魔のいけにえ』……若さはあらゆる不遇を越えて普遍的な輝きを掴み取り、世界を切り開くのだ。


葉山奨之/俳優
『青空エール』『きょうのキラ君』TV『セトウツミ』
素直に羨ましい!と思いました。経験や計算ではなく“その時代”、“その瞬間”にしか出せない表現力。スクリ―ンから溢れ出すエネルギ―に、鑑賞後、自分もチャウ達と“共に生きた”という感覚をおぼえました。


伊藤沙莉/俳優
『獣道』『パンとバスと2度目のハツコイ』『榎田貿易堂』(公開待機作)
物語は大体がひょんなことから始まる。変わらない日常の中で突然何かを得たり、何かを失ったりする。それを1番経験する時のことを青春と呼ぶのかなと思います。たとえ残酷な結末が待っていたとしても輝いていたそのひと時はかけがえのない青春だったんだと思いました。


古泉智浩/漫画家
『青春★金属バット』『ライフイズデッド』
リリカルで刹那で、やる瀬ない。最高のチンピラ映画だ! 主人公の佇まいが美しくて、スポーツ刈りのヒロインはどうかと思っていたが大好きになってしまったし、薄らバカの子分も愛らしかった

映画情報どっとこむ ralph 映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』デジタル・リマスター版

は2018年3月10日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか順次公開。

公式サイト:
http://mihk.united-ent.com/

Twitter:
@mi_hk_movie

***********************************

出演:サム・リー、ネイキー・イム、ウェンダース・リー、
エイミー・タムほか
監督・脚本:フルーツ・チャン
エグゼクティブ・プロデューサー:アンディ・ラウ
製作:ドリス・ヤン 撮影監督:オー・シンプイ 
撮影監督/音楽:ラム・ワーチュン
配給:ユナイテッドエンタテインメント
©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
1997年/香港/カラー/ステレオ/108分