「伊藤健太郎」タグアーカイブ

湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』アヌシー映画祭コンペにノミネート 2度目の快挙なるか!


映画情報どっとこむ ralph 世界が注目するアニメーション監督、湯浅政明監督待望の最新作『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)より全国公開となります。
本作は、片寄涼太、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎ら豪華キャストが声優陣をつとめ、海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。

そして!

このたび、本作が、今年6月にフランスで開催される【アヌシー国際アニメーション映画祭】(以下、アヌシー映画祭)の長編コンペティション部門にノミネートされました!

本映画祭でノミネートされるのは今回が4度目(長編部門では2度目)となる湯浅監督は、2017年に『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞。1995年『平成狸合戦ぽんぽこ』以来実に22年ぶりの功績となりました。

また、これまで日本作品でクリスタル賞(グランプリ)を受賞したのは、宮崎駿監督(『紅の豚』/93年)・高畑勲監督(『平成狸合戦ぽんぽこ/95年)・湯浅政明監督の3名のみ。

今回のノミネートで、日本人監督初の2度目の受賞という快挙に期待がかかります!

アヌシー映画祭は、現地時間6月10日(月)から5日間開催され、クリスタル賞(グランプリ)は最終日である15日(土)に発表されます。

映画情報どっとこむ ralph もう会えないと思っていた恋人。あの歌を口ずさめば、またきみに会える。
海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー

きみと、波にのれたら

6月21日(金)、全国ロードショー!

公式サイト:
https://kimi-nami.com/
Twitter:
@kiminami_movie


物語・・・
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?


***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
主題歌: 「Brand New Story」( GENERATIONS from EXILE TRIBE )
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会


「歎異抄(たんにしょ う)をひらく」新キャスト発表!細谷佳正 本泉莉奈 and more


映画情報どっとこむ ralph 「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや 悪人をや」という一文で知られる、古典文学の名著「歎異抄(たんにしょ う)」。
司馬遼太郎や西田幾多郎など著名な文化人や哲学者らの愛読書 としても有名で、現代にいたるまで読みつがれる永遠のベストセラーで す。この歎異抄の著者と言われる唯円が親鸞聖人と出会い、仲間たちと 共に迷い悩みながら成長する姿を描く劇場版アニメ『歎異抄をひらく』が、5月24日(金)よりシネマート新宿、角川シネマ有楽町ほか全国にて順次公開となります。

先日、主役となる親鸞役の声の出演に石坂浩二、親鸞に教えをまなび、のちに「歎異抄」を著す唯円役の声の出演に増田俊樹が、それぞれ決定したことをお知らせさせていただきましたが・・・。

映画情報どっとこむ ralph
このたび新たに、彼らをとりまく登場人物たちを演 じる豪華なボイスキャスト陣が決定しましたので、お知らせさせです。

唯円と同じ村で育った幼なじみの壮賢役に、映画『この世界の片隅に』(16)周作役や「機動戦士ガンダム鉄血のオルフ ェンズ」オルガ・イツカ役の細谷佳正。

同じく幼なじみのアサ役に先日発表された第13回声優アワードで新人女優賞を受 賞した本泉莉奈。

アサの兄の権八役に、「刀剣乱舞—花丸—」大和守安定役や「弱虫ペダル」杉元定時役の市来光弘。

親鸞聖人の弟子・慧信房役に「ポケットモンスター」コジロウ役や「機動戦士ガンダム00」ロックオン・ストラトス役の三木眞一郎。

同じく親鸞聖人の弟子・燈念役に第13回声優アワードにてヒプノシスマイクとして歌唱賞を受賞した白井悠介。

同 じく親鸞聖人の弟子・明法房役に「ゴールデンカムイ」白石由竹役や「弱虫ペダル」田所迅役などの伊藤健太郎。

が、それ ぞれ決定しました。


映画情報どっとこむ ralph
映画情報どっとこむ ralph 『歎異抄をひらく』

tannisho.jp

***********************************

声のキャスト:石坂浩二 増田俊樹 細谷佳正 本泉莉奈 市来光弘 三木眞一郎 白井悠介 伊藤健太郎

督:大野和寿
原作:『歎異抄をひらく』高森顕徹著(1万年堂出版)
脚本:和田清人 音響監督:本田保則
音楽:長谷部徹
制作:パラダイス・カフェ
配給:キュー・テック
製作:「歎異抄をひらく」映画製作委員会 2019
(C)「歎異抄をひらく」映画製作委員会


海辺の街で起こる、運命的な恋。湯浅政明監督最新作『きみと、波にのれたら』場面写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 『夜は短し歩けよ乙女』(’17)、『夜明け告げるルーのうた』(’17)の鬼才・湯浅政明監督が贈る最新オリジナル劇場アニメーション映画、『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)より全国公開となります。





本作は海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。
声優を務めるのはW主演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)&川栄李奈、さらに松本穂香、伊藤健太郎と豪華キャスト陣で早くも話題となっている本作。


このたび、場面写真が一挙8点解禁となりました!
場面写真は劇中でも印象的な港の”シャカサイン”ポーズや、恋人同士である港(みなと)とひな子のカット、また沈む夕日を前に、海辺で手を取り合うロマンチックな2人のカットも。さらに兄・港を慕うも誰にでもぶっきらぼうな態度をとってしまう洋子や、消防士として先輩・後輩として働く港と山葵(わさび)のカットなど、海辺の街で起こる、運命的な恋。港とひな子たちのみずみずしい夏の青春の一コマが垣間見えるカットとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 『きみと、波にのれたら』

6月21日(金)、全国ロードショー!

公式サイト:
https://kimi-nami.com/

Twitter:
@kiminami_movie


物語・・・
大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。
サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。
ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会い、二人は恋に落ちる。
お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。
大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。
「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」
再び会えたことを喜ぶひな子だが…。
二人はずっと一緒にいることができるのだろうか?港が再び姿を見せた本当の目的とは?

 
***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子 音楽:大島ミチル
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
主題歌: 「Brand New Story」( GENERATIONS from EXILE TRIBE )
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会



片寄涼太 & 川栄李奈 『きみと、波にのれたら』予告解禁!主題歌はGENERATIONSに決定!


映画情報どっとこむ ralph 湯浅監督待望の最新オリジナルアニメーション映画『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)に全国公開!

本作は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さん<雛罌粟 港(ひなげし みなと)役>と川栄李奈さん<向水 ひな子(むかいみず ひなこ)役>の豪華W主演で綴る海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。

今回解禁となったのは、美しい海の描写と主人公二人の触れ合いが描かれた本作のメインビジュアル。
映画情報どっとこむ ralph そして、予告編。
主題歌は、片寄涼太が所属するGENERATIONS from EXILE TRIBEが歌う「Brand New Story」です!



予告編は、サーフィンが何よりも好きで海辺の家に越してきたひな子(川栄李奈)が、消防士の港(片寄涼太)と出会うシーンから始まる。サーフィンをきっかけに出会った2人は、次第に心を通わせて親密な関係となっていく。しかし、そんな2人の間を裂くように、ある日港を不慮な事故が襲う。訪れた突然の別れに悲しみに暮れるひな子だったが、2人の思い出の“歌”によって不思議な出来事が起こる。なんと、水の中にいなくなったはずの港の姿があったのだった!戸惑いながらも再開を心から喜ぶひな子。なぜ、港は再び現れたのか?彼が望むものとは一体何だったのか?

夏を感じさせるGENERATIONS from EXILE TRIBEの爽やかな歌声に乗せて、小さな港町で巻き起こる、二人の奇跡の物語が描き出されています!

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回の解禁に合わせて、主題歌を歌う片寄涼太さん、川栄李奈さん、湯浅政明監督から特別にコメントも到着しました。


<片寄涼太 コメント>
・映画主題歌に決定した心境
「自身初めての声優に挑戦させて頂いた映画で、グループとしても主題歌を務めさせて頂けることがとても嬉しいです。GENERATIONSとしては久しぶりの“ジェネキャッチ―”な楽曲なので、この映画に爽やかに華を添えられたらと思っています。」
・楽曲に関して
「楽しい生活や新しい出会い、新たな一歩を踏み出す方に聴いて頂きたい一曲です。悩みや不安を抱えている方に少しでも寄り添える、勇気を与えられる曲になればなと思います。楽曲のなかに“波”というワードも出てきたりと、楽曲全体の世界観もかなり映画とリンクしているので、この楽曲を聴きながら映画を楽しみにお待ち頂けたらなと思います。」


<川栄李奈 コメント>
「Brand New Story」は落ち込んでいる時や悲しい時に聞くと背中を押されるような、勇気づけられる一曲だと思います。一度聞いたら頭から離れなくて何度も口ずさみたくなる歌です。そして『きみと、波にのれたら』にぴったりだなと思いました。本編でも港役の片寄くんと一緒に歌うシーンがあるのでそこも楽しみにしていただけたらと思います!


<湯浅政明 監督コメント>
歌と共に記憶が蘇ることは良くあります。よく聴いていた頃の思い出とセットで覚えているんです。映画でもそんな感じで使えたらと思いました。元々1人の思い出の曲だったものが、2人で歌っているうちに2人の思い出の曲になるんです。上がった曲は正にそういうものです。海でかかっているような、青春ものの主題歌。片寄さんの声はキャラに当てただけで、キャラが色男になりますし、GENERATIONSの音も作品にピッタリだと思いました。何度も歌うシーンがありますし、それぞれ好きなのですが、2人が戯れながら歌っているシーンは必見ですね。年配の方も、初々しい恋をしていた頃を思い出すのではないでしょうか。きっと映画が終わった後は口ずさんでいる人がいると思いますよ。

映画情報どっとこむ ralph 瑞々しい奇跡の恋を彩る本主題歌に込めた、彼らの熱い想いが、ますます映画への期待を高まらせてくれます!

きみと、波にのれたら

公式サイト:
https://kimi-nami.com/ 

Twitter:
@kiminami_movie

小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?

***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子 音楽:大島ミチル 出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:東宝 
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
  


伊藤健太郎 ハリウッドで活躍するには?と質問 『グリーンブック』ファレリー監督記者会見


映画情報どっとこむ ralph 先日、第91回アカデミー賞にてついに作品賞、助演男優賞、脚本賞、計3部門を受賞し、話題の映画『グリーンブック』。

1962年、差別が色濃い時代、黒人用旅行ガイドブック<グリーンブック>を頼りにツアーへ旅立った、ガサツで無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)とインテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。異なる世界に住むおじさん2人の壮大なズレに笑いつつも、胸を熱くし、最後には爽快な感動を呼ぶ実話に基づくロードムービーです。

そんな話題の本作でメガホンを取ったピーター・ファレリー監督が初来日し本日3月5日(火)、記者会見を行いました。


『グリーンブック』アカデミー賞受賞記念 監督来日緊急会見
日時:3月5日(火)
場所:ザ・リッツ・カールトン東京 パークビュールーム
登壇:ピーター・ファレリ―監督 伊藤健太郎

映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞直後の会見ということで、オスカー受賞監督に質問するため多くのマスコミ、映画評論家で満席の会場からの拍手で迎えられた監督は

ファレリ―監督:作品を作っている時には、まさかこういうことになるとは思っていませんでした。日本に来ることができて本当に嬉しいです。

とあいさつ。2日(金)の夜に到着し、5日(火)に帰国するという短い来日ながら、

ファレリ―監督:日本に来て主に美味しいご飯を食べています。昨夜は青山の牛彩で人生で最高のステーキを食べました。

と、日本のグルメを満喫している様子。


会場からの質疑応答で「本作が評価されている理由」を尋ねられ
ファレリ―監督:この作品の強みは、希望が感じられるところだと自負しています。お互いに会話をして、お互いを知ることで共通点を見出すことができた。そしてそれが、トニーとドクターの実話で、二人が生涯の友になったという希望が響いたのだと思います。

と自身の作品について見解を述べた。

続いて、これまで『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』などコメディを手がけてきた監督ということで、本作のテイストが違う点、変化について質問されると、

ファレリ―監督:今までもアカデミー協会の人たちは親切でしたが、受賞してさらに親切にしてもらっています(笑)。確かに今までとは違うタイプの作品ですが、違う物を作りたいと思ったわけではなく、この作品を作りたいという心に従いました。一人の人間として成長し続けたいと考えているので変化があったと思ってもらえることは嬉しいです。コメディも好きですが、いつかドラマを作りたいと考えていました。『グリーンブック』と出会いは本当に偶然で、ストーリーを耳にして絶対に作らなければと思いました。

と答えました。

また、60年代という差別が激しい時代が舞台であるにも関わらず、表現がソフトであるという点については

ファレリ―監督:おっしゃる通り、当時のアメリカ南部ではより激しい、恐ろしいこと、殺されてしまう方もいました。しかし、今回の二人の旅ではそこまでのこと起きなかった。実際のトニーとドクターの身に起きたことという考え方で、あえて誇張はしませんでした。南部はもっとひどかったというご意見は頂いていますが、二人の経験を描きたい、という気持ちからこのように描きました。

と真摯に回答。

そして、多様性が注目された今年のアカデミー賞については

ファレリ―監督:アフリカ系アメリカ人による作り手、テーマの作品が多く、素晴らしい年でした。『クレイジーリッチ』が絡むなど、アカデミーの窓が開いた感じがしました。アフリカ系アメリカ人、アジア系による作品が増えていくことで、ポジティブになると思います。

とアカデミー賞を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 質疑応答が終了するとゲストとして、日本アカデミー賞新人賞の伊藤健太郎が登場。

伊藤さんはアカデミー授賞式前から『グリーンブック』の作品賞と、マハーシャラ・アリの助演男優賞受賞を予測していたほど本作の大ファンということで、ファレリー監督に会うため駆けつけたそう。受賞を的中させたことについて、

伊藤さん:とても素敵な作品で、アリも素敵な俳優なので、単純に直感です。友達にもずっと『グリーンブック』がいい、と言っていました。だから受賞はなんの不思議ではないです。監督が隣にいらっしゃってめちゃくちゃ嬉しいです!
と本作への愛を語った。そして

伊藤さん:ブルーの車が印象的ですが、他の車の候補はありましたか?

という質問に対して、

ファレリ―監督:今回の車は実際に二人が乗った車と同じ型のキャデラックを使っています。ただ本物の色は黒。今回はモノクロタッチの色彩設計をしたので、色味を入れるためにグリーンにしました。

と、車の秘密を明かしてくれましました。また最近、伊藤さんがコメディドラマに出演していたということで、

伊藤さん:コメディがやるのも見るのも好きなのですが、コメディを撮る上で気をつけている部分はありますか?

と尋ねると、
ファレリ―監督:コメディを作るときはジョークやネタから考えることはない。観客より前に自分が好きなキャラを作ることが大事。そして観客が好きになってくれればジョークも楽しんでくれる。いい例は『メリーに首ったけ』のヘアジェルのシーンですね。

と、過去の代表先を挙げて説明した。
すると今後は監督から伊藤さんに

ファレリ―監督:日本アカデミー賞で、あっという間にスーパースターになったんですよね?どんな気分ですか?僕は伊藤さんの歳にはナイトクラブでアルバイトをしていました。

と逆質問。

伊藤さん:自分でもびっくりして、追いついていないです。

と照れる伊藤さんは、司会者からハリウッド進出について問われ、

伊藤さん:いつか行ってみたいというのは、役者として目標ではあります。いつか機会があればぜひ、と思っています!

と夢を語り、監督に「ハリウッドで活躍するには何が大切必要ですか?」と聞くと

ファレリ―監督:伊藤さんはどこにいても素晴らしいお仕事をされると思いますが、まずは行くことが大事。いつか一緒に仕事がしたいですね!

と未来の伊藤さんに出演オファー!まさかの展開に

伊藤さん:この言葉を忘れずに日本で頑張って、いつかハリウッドで“忘れてませんよね”と伝えたいです。

と照れ笑いだった。
映画情報どっとこむ ralph フォトセッションでは、法被をプレゼント。
鏡開きを行い、
Vサイン。

最後に

ファレリ―監督:希望を感じていただきたい。世界中が厳しい時代になっていて、アメリカでも人種問題など色々あります。でも、いつだって希望はあると信じていますし、話すことで希望は生まれるんだと思います。そんなことクサいんじゃない、と思われるかもしれませんが、話すことから始めなければ何も生まれない。それがこの映画のメッセージです。

と語り、記者会見は終了した。

今、一番面白くて、一番観たい映画『グリーンブック』は全国にて大ヒット公開中!。

グリーンブック
原題:GREEN BOOK

公式サイト:
gaga.ne.jp/greenbook


<あらすじ>
1962年、差別が色濃く残る南部でコンサートツアーを計画する黒人の天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)は、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)を用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが…。

***********************************

監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』
出演:ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』(アカデミー賞主演男優賞ノミネート)
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』(アカデミー賞助演男優賞受賞) 
リンダ・カーデリーニ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:GAGA  
2018年/アメリカ/130分  
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.