「伊藤健太郎」タグアーカイブ

漫画家:押見修造原作 こじらせ青春映画3選


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)より全国公開致します。

原作者である押見修造はこれまで、思春期の少年少女を題材に思春期特有の生きづらさ、悩み、葛藤を独創的な世界観で描き続けてきた、まさにこじらせ青春漫画の名手。

映像化された作品も多く、9月27日に映画が公開される「惡の華」は、主人公の春日に自身の体験を投影し描いた、非常に思い入れのある自叙伝的作品であると語っています。

この映画『惡の華』の公開を記念し、独特の観点で思春期の少年少女の青春を描く、唯一無二の「押見作品」の内、映像化された3選を御紹介!

映画情報どっとこむ ralph 原作者の経験を基に綴られる、心と心の共鳴。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

伝わらなくてもいい。

伝えたいと思った━。

高校一年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。ひとりぼっちの学生生活を送るなか、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子、菊地が参加することになり・・・。
志乃ちゃんは自分の名前が言えない
2017年/監督:湯浅弘章
出演:南沙良 蒔田彩珠
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会



映画情報どっとこむ ralph 誰しもが感じる“毛”の悩みに斜め45°から挑んだ傑作

「スイートプールサイド」

わたしの毛を・・・剃ってくれない?

男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生の太田年彦は、同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子をうらやましく思っていた。そんなある日の放課後、綾子から毛深いことに対する悩みを相談され、「私の毛を剃ってくれない?」と依頼されたことから、年彦は綾子の腕の毛とスネ毛を毎週剃るという秘密の関係を結ぶ。やがて年彦は綾子に対して特別な感情を抱くようになるが……。
スイートプールサイド
2014年/監督:松居大悟
出演:須賀健太 刈谷友衣子
(C)2014松竹株式会社



映画情報どっとこむ ralph 絶望の青春を突き進む、少年少女。二人が目指すその先は・・・

「惡の華」

あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。

山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。

仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

9月27日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp
twitter:
@akunohana_movie

『惡の華』本ビジュアル
***********************************


伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ

北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか

高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾


原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里

主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」(Office Augusta / Bandwagon)

製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)

配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会


玉城ティナ ドSぶり伊藤健太郎に発揮!映画『惡の華』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作、井口昇監督 x 岡田麿里の脚本で映画『惡の華』映画化。

9月27日(金)より全国公開となります。

思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべての少年少女に捧げる映画が誕生しました。

この度、映画の公開に先立ちまして本日完成披露舞台挨拶を実施。主演の伊藤健太郎さん、玉城ティナさんをはじめ、飯豊まりえさん、秋田汐梨さんという最旬キャストに加え、井口昇監督が撮影の裏側を徹底トーク!

また、映画で描かれる思春期の暴走にちなんで、キャストたちが実際に体験した青春の暴走エピソードを各キャストが発表し大盛り上がりのイベントとなりました。
伊藤健太郎、玉城ティナ、飯豊まりえ、秋田汐梨、井口昇監督『惡の華』完成披露
『惡の華』完成披露舞台挨拶
日程:8月8日(木)
場所:TOHO シネマズ 日比谷 スクリーン 12
登壇:伊藤健太郎、玉城ティナ、飯豊まりえ、秋田汐梨、井口昇監督

映画情報どっとこむ ralph 思春期の暗黒面を体現する春日高男役の伊藤さんは

伊藤さん:難しい役で、これまで挑戦したことのないタイプの役。演じるにあたり少年の心になることが大事だと思って、当時の自分と向かい合って目線を同じにする作業から入りました。撮影期間はお酒をやめたり、結構大変でした。

と熱演報告。

春日の中に自分と通ずる何かを見つけ執拗につきまとう仲村役の玉城さんは
『惡の華』完成披露イベント_玉城ティナ 玉城さん:原作キャラクターが確立しているので、そこを崩さず超えていかなければというプレッシャーがあった。撮影中は原作のコマを写真に撮ってそのシーンの前に見返したり、待ち受け画面にしていました。

と驚きの役作りを明かした。

文学好きが高じて春日と交流を深める常磐文役の飯豊さんは
『惡の華』完成披露イベント_飯豊まりえ 飯豊さん:二人に比べて穏やかな撮影でした。

と笑顔も、終盤の3人で極寒の海に浸るシーンに触れて

飯豊さん:思った以上に寒くて、人間の体ってこんなに小刻みに動くんだと思うくらいに底冷えした。全身が濡れるので撮影は一発本番。二人が完璧な芝居を見せてくるので、そこに入っていくのに緊張した。二人がガンガン来るから…。

とハード場面を回想。これに対して

伊藤さん:波のひきが凄いのに、2人ともガンガン行くから、俺はレスキュー隊みたいな感じだった。自分も波に引きずられていくので『これどうするの!?』となりました!

と危機一髪な舞台裏を紹介した。

映画情報どっとこむ ralph 春日が片想いするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役の秋田さんは
『惡の華』完成披露イベント_秋田汐梨 秋田さん:胸キュン少女漫画しか読んでこなかったので、衝撃的でした。

と本作との出会いに絶句も、

井口監督:50人くらいいた候補の中でもずば抜けた演技力があった。こんなにもダークな芝居ができる人は秋田さんしかいない!

と太鼓判。

伊藤さん:例えセリフであっても『ガッカリした』と言われたときはリアルに傷つくくらいに胸に刺さって『ああ、ごめんなさい…』となりました。

と秋田さんの演技力に翻弄されたようで、玉城さんにも責められるというシチュエーションには
映画『惡の華』
伊藤さん:もうボッコボコというか、ビンタも鼓膜が破れるかと思いました

と、告白。それに

玉城さん:結構ガチでやらせてもらいました。

とニヤリとしていた。


ブルマを履いている伊藤さんの姿も衝撃的で、

玉城さん:人生で男性にブルマをはかせることは今後二度とないと思います。はかせられて良かった!!

と満面の笑み。
映画『惡の華』伊藤健太郎 盗んだブルマの匂いを嗅ぐという姿を見せた伊藤さんには

玉城さん:慣れていたじゃん!日常茶飯事でしょ?

と畳み掛けるドSぶりで、

伊藤さん:バカ言ってんじゃないよ!マスコミ!!!

と慌てさせていた。そのブルマを嗅ぐシーンは撮影初日に行われそうで、

伊藤さん:今までブルマの匂いを嗅いだことなんてないし、どうしようかと。井口監督からは『ブルマの繊維、分子すべてを吸い取ってくれ!』と言われて、この人何を言っているのか…と。でも撮影初日にそのシーンを演じたおかげで、春日の変態的な気持ちを理解することができた。

と未知なる扉を開いていた。

映画の内容にちなんで自身の青春時代を振り返る流れになると、

玉城さんと同じ高校に通っていた飯豊さんは

飯豊さん:ティナは頭が良くてモテモテ。男子からアタックされている姿を見たこともあります。クラスでも人気者で、仕事の忙しいティナを励ます会が開かれることもありました。

と玉城さんのリア充ぶりを証言。しかし

玉城さん:そんなことあった?すごーい。

と完全に他人事。

飯豊さん:なんで忘れてるのよ!

とツッコまれていた。一方で

伊藤さん:今でもよくつるむ地元の仲間たちと楽しい青春時代を過ごしていました。でも今考えたら先生に『スイマセン!』なこともあって…。今では足を向けては眠れない恩師には、ぜひ自分が主演を務めた今回の作品を観てほしい。主演作で恩返しができたら嬉しい。

と照れつつも呼びかけた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・
『惡の華』完成披露イベント_井口昇監督 井口監督:高校時代の自分と同じように、自分の居場所が見つけられない方に観てほしい。そんな悩める方々の救いになるような作品になれば

とアピール。

伊藤さん:過激な作品ではあるけれど、根っこの部分には思春期を過ごしたことのある人ならば誰でも共感できるようなものが詰まっています。この映画を観て救われる人もいると思います!

と期待を込めた力強い言葉で締め、大盛り上がりの完成披露舞台挨拶は終了した。

『惡の華』本ビジュアル
映画『惡の華』

公式サイト:
akunohana-movie.jp

twitter:
@akunohana_movie

9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

【ストーリ―】 
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************


伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里  
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会


伊藤健太郎×玉城ティナ『惡の華』主題歌「ハナヒカリ」押見修造書き下ろしジャケット解禁


映画情報どっとこむ ralph 押見修造×井口昇×岡田麿里×伊藤健太郎×玉城ティナ

この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』が9月27日に全国公開となります。原作者からの逆指名を受けた井口昇監督のもと、絶望の思春期を突き進む、超<変態>狂騒劇が幕を開けます!
惡の華
この度、ガールズ・スリーピースバンド、リーガルリリーが手掛ける本作の主題歌「ハナヒカリ」が9月25日(水)にリリースされることとなりました。

初回生産限定盤ジャケットは、漫画「惡の華」原作者である押見修造の描き下ろしイラストのデジパック仕様に。
水彩画タッチで描かれた「惡の華」のヒロイン・仲村佐和の儚げな表情は、原作のラストシーンを彷彿とさせるファン垂涎のアートワークに仕上がっています。「ハナヒカリ」の音源は、先日公開された、映画『惡の華』の予告編で一部いち早く聴くことができます。『惡の華』の世界観と共鳴しあい、より一層深みを増したものに仕上がっています。


映画情報どっとこむ ralph リーガルリリー Vo.Gt.たかはしほのかさんのコメントが到着しました!

たかはしさん:「惡の華」は、高校生の時に何度も読み返した漫画の1つで、当時の、自分が宝物にしていた記憶が映画の中でも感じられました。役者さんも、まるで漫画の中の行間も表現するように、自然な雰囲気をまとっていました。とても素晴らしい作品でした。挿入歌「魔女」は、高校生の頃、「惡の華」をよく手にとっていた頃に作りました。私の内なる爆発物は、音楽にすることによって、叫んでもだれにも怒られません。映画チームの方がこの曲を気に入ってくれて、この話をいただいたので、とても嬉しかったです。偶然は素敵なものです。作品と、監督、役者、この曲の全ての爆発が交わるシーンは、とても素敵なものでした。
主題歌には「ハナヒカリ」という曲を書き下ろしました。高校生から4年ほど経ちましたが、爆発は、形を変えて、音にすると、かなしみといらだちを行ったり来たりするだけになりました。
なぜ、そこで爆発できないのかというと、もうだれも守ってくれないからです。次は自分が誰かを守るようになるのです。そういうことを思って書きました。
リーガルリリー
映画情報どっとこむ ralph 2019年9月25日(水)発売
1st Single「ハナヒカリ」
■初回生産限定盤(CD) KSCL-3197~3198 / \1,111+税
押見修造描き下ろしイラストジャケット / デジパック仕様 / 封入特典アリ
■通常盤(CD) KSCL-3199 / \888+税

<収録楽曲>
ハナヒカリ※映画『惡の華』主題歌
魔女※映画『惡の華』挿入歌

映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

9/27(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp

公式twitter:
@akunohana_movie

『惡の華』本ビジュアル
【ストーリ―】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里 
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会 


伊藤健太郎 × 玉城ティナ 『惡の華』の本ビジュアルと予告編到着


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、伊藤健太郎×玉城ティナ 映画『惡の華』が9月27日(金)より全国公開となります。

この度、『惡の華』の本ビジュアルと予告編が解禁となりました!!
『惡の華』本ビジュアル 予告は、鬱屈とした春日(伊藤健太郎)の独白から始まります。山々に囲まれた窮屈な街、退屈な日常の中に突如現れた「仲村さん」という存在がより際立つような幕開けです。この90秒の予告編で垣間見えるのは、少年少女のパワフル且つ危うい変態性。屋外でパンツを脱がされる場面や、虚ろな目でライターを握りしめるヒロイン 仲村(玉城ティナ)、その孤高のヒロインが頭上から吐き捨てる「全身〇〇〇野郎」という衝撃的なセリフ。従来のキラキラした青春映画とは確実に一線を画すようなシーンの連続ですが、「変態」の裏に潜む2人の深い闇も見え隠れし、物語がこの先どのような展開を見せるのか興味深い内容となっています。

さらに、先日主題歌を手掛けることが発表されたばかり、リーガルリリーの新曲「ハナヒカリ」も要チェック!春日と仲村の物語にそっと寄り添う優しい音楽をいち早くお聴き頂けます。
リーガルリリー
また、予告編の最後には今まで観たことの無いような伊藤健太郎と玉城ティナの姿も。

豪快に足を組む仲村と恍惚とした表情を浮かべる春日、特に原作ファンにはたまらないであろうシーンが用意されており、ラストまで目の離せない予告編に仕上がっています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せません。

原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしました。そして今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監督。瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里の脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げる映画が誕生しました。

公式サイト:
akunohana-movie.jp 

twitter:
@akunohana_movie

ストーリ―
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。
映画『惡の華』 その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。

仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・
映画『惡の華』
***********************************


伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里  
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会


伊藤健太郎スパイダースーツに、ご満悦!?『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』大ヒット記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 6月28日(金)に日本で世界最速公開を迎え、観客動員数100万人突破&興行収入は早くも18億6800万円をあげており(7/7日時点)、熱い熱量で日本中を席巻している『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。
SPIDER-MAN; FAR FROM HOME 日本に続き、7月2日より公開となった全米をはじめ、全世界の興行収入も、7月7日(日)時点で5憶8000万ドル(約626億円/1ドル=108円・7/8現在)と、前作『スパイダーマン:ホームカミング』を大きく上回る世界的大ヒット作品!期待以上の完成度の高さが世界中を熱狂させている本作は、この度、大ヒットを記念して、本作のアンバサダーである伊藤健太郎さんが登壇する、大ヒット御礼舞台挨拶の実施しました!
日程:7月8日(月)
場所:TOHOシネマズ六本木 スクリーン7
登壇:伊藤健太郎

映画情報どっとこむ ralph 世界中で“スパイダーマン旋風”を巻き起こしている本作。
大ヒットをお祝いすべく駆け付けた多くのファンの熱気で会場が包まれる中、意気揚々と登場したのはスパイダーマン‼サプライズ登場に喜びが隠せないファンたちの大きな歓声を浴びながら、スパイダーマンが登壇。

姿の見当たらない伊藤に、会場から「健太郎―!」と呼びかける声が。

徐々に大きくなる声に、スーツのマスクの脱いで現れたのは、なんと伊藤健太郎!
予想外のサプライズ演出に黄色い歓声!

伊藤さん:正直、裸を見られているようで恥ずかしい。
と会場の笑いを誘った。さらに、ロサンゼルスで現地時間6月26日(水)※日本時間6月27日(木)に行われたワールドプレミアに、アンバサダー就任後の初任務として、トム・ホランドと初対面を果たした伊藤さん。その時の気持ちを


伊藤さん:映画が盛り上がっているロサンゼルスの本場でああいう経験をさせてもらったのは、刺激を受けました。

と感慨深げに振り返った。アベンジャーズの中でも1番“スパイダーマン”が好きだという伊藤さんは、彼の魅力を

伊藤さん:親近感。

とし、普通の高校生であるピーター・パーカーが頑張っている姿に親近感が沸くそう。さらに、スパイダーマンと自身との共通点を、ピーターがいつも親友・ネッドとともに過ごしていることから「いつも同じ友達といること」と語った。


イベントでは、 伊藤の運動神経の高さを生かした“スパイダーマン認定テスト”というテストも実施。
スパイダーマンに備わってる超人的な特殊能力を伊藤が身体をはってPRすることに。1つ目のテストは、超人的な平衡感覚を測るため“スラックライン”と呼ばれるスポーツに挑戦。長さ4mの細いベルト状のラインの上を、見事渡り切れれば、クリアとなるこのテスト。会場からの熱い声援を受け、危なげなく渡り切り、クリア!会場からは割れんばかりの拍手が送られ、伊藤も「やったー!」と満面の笑みで応えた。

続いて、スパイダーマンが備える危機察知能力、通称“スパイダーマンセンス”を試すテスト。用意された3つの箱のうち、唯一スパイダーマンの入っている箱を選び出す、難関なもの。中には触れられず、箱の外から“スパイダーセンス”を研ぎ澄ますしかない状況で、「簡単ですよ!」と自身を覗かせた伊藤。会場のリアクションを伺うような仕草を見せるも、最後は宣言通り、見事スパイダーマンの入っている箱を引き当てる結果に!

見事、2つの“スパイダーマンテスト”をクリアした伊藤には、本作のポスタービジュアルを再現したスペシャルケーキが贈呈された。
スパイダーマンの顔が描かれたスペシャルケーキに、目を輝かせた伊藤は「凄い!」と大興奮でコメント。アンバサダーの本領を発揮し難関なテストをくぐり抜けた伊藤は、「クリアできると思わなかったので、沸々と嬉しさが込み上げてきます」とはにかみながら感想を述べた。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後に行われた、観客向けのプレゼント抽選会では、伊藤がまさかの不在席を当てるというある意味“スパイダーセンス”を光らせた珍場面も。

伊藤さん:『スパイダーマン:ホームカミング』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続く、最高傑作となっています。

とコメント。さらに続けて、

伊藤さん:今までにない、パワーアップしたスパイダーマンや登場人物たちが魅力的に描かれているので、ぜひ楽しんでください。

と本作をPRし、イベントは大盛況で幕を閉じた。


『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
原題:Spider-Man:Far From Home


大ヒット公開中!

公式サイト:
http://www.spiderman-movie.jp/

公式Twitter:
@spidermanfilmjp

ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いに向けてスパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる圧倒的な敵にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るエレメンタルズ。ニックは異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせ、彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。ピーター=スパイダーマンはこの厳しい戦いにどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

***********************************

全米公開:2019年7月2日
監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
脚本:クリス・マッケナ & エリック・ソマーズ
マーベル・コミック・ブック原作:スタン・リー and スティーヴ・ディッコ

キャスト:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、ジョン・ファヴロー、J・B・スムーヴ、ジェイコブ・バタロン、マーティン・スター withマリサ・トメイ and ジェイク・ギレンホール
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント