「伊東四朗」タグアーカイブ

主演:松重豊 記憶の三谷幸喜に宣戦布告!映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に“男の妊活”を描いたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』が映画化!映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が10月4日(金)より全国公開。
10月5日(土)に新宿ピカデリーにて公開記念舞台挨拶を実施。主演の松重豊をはじめ、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督が登壇しました。
松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督1005 公開記念舞台挨拶 (1)
『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶
日程:10月5日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督

映画情報どっとこむ ralph 意外なことに本作が初の映画主演作という松重豊さんは、

松重さん:朝早くからこんなにたくさんの方に来ていただいてありがたい限り。
1005 公開記念舞台挨拶 (松重豊) と感無量の面持ち。

松重さん:今まで百何十本という作品に携わってきましたが、台本は転売などされないためにクランクアップの日に破り捨てていたんです。でも、この作品の台本は宣伝などもありずっとカバンの中にありました。今日終わったら破り捨てるつもりだったのですが、だんだん愛着がわいてきて。僕の棺桶に入れてもらおうかなと思っています(笑)

と本作への思いを語りました。

松重さん演じるヒキタの一回り以上年下の妻・サチ役の北川景子さんは

北川さん:不妊治療がテーマではあるのですが、例えばご結婚されていない方や不妊治療の経験がない方など色々な方に楽しんでいただける作品なので、幅広い層の方に見ていただきたいなと思っていたら、今日は男性も女性も、若い方もお子さんもいらっしゃって。たくさんの方にこの映画が届いたんだとうれしい限りです。
松重豊、北川景子1005 公開記念舞台挨拶 (3)[1]
と老若男女様々な観客が詰めかけた満員の客席を前に喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 濱田岳さんは、主人公のヒキタとは違い、“受精大臣”というあだ名をつけられるほど子だくさんの担当編集者・杉浦役。

濱田さん:“受精大臣”という役名は参りましたよね~、なんて品のない!(笑) 本当に温かくて悪人が出てこない作品なので、唯一のヒールとしてヒキタさんを追い込んでやろうと思ってやっていました(笑)

と場内の笑いを誘うと、濱田さんとはこれまで上司と部下、先生と生徒といった関係の役が多かったと話す松重さんは、

松重さん:立場が対等な役だとこの男の小意地の悪さがものすごく鼻につきまして(笑)芝居はうまいし、違う現場では西田敏行さんらも手玉に取って!同年代だったら本当に嫌な奴だろうな、皆さん気を付けてくださいね!

と話すと、

濱田さん:なーんで営業妨害するんですか!あーびっくりしちゃうわ!

と返し、抜群の掛け合いを見せる二人によってさらに会場は盛り上がり!


ヒキタ夫妻の担当医を演じた山中崇さんは、撮影中の印象に残ったエピソードとして、

山中さん:撮影最終日に、ヒキタさんとサチさんが夫婦になっていく姿を見て、お二人が愛おしくて。よかったなぁ、すてきな夫婦だなぁと思ったら、オールアップのカットがかかった時に感極まって泣いてしまったんですね。そしたら松重さんが「お前、泣くの!?」って(笑)

と回答。

松重さん:劇中の先生役の時は難しい医学用語を冷静に話す先生だったのに、カットがかかったら泣き始めて、大丈夫かなこの人は…と(笑)

とこちらも抜群の掛け合いで会場を盛り上げました。

また、サチの厳格な父親を演じた伊東四朗さんは、

伊藤さん:皆さんはご不満かもしれませんね。私が(北川さんの)お父さんではなく、おじいちゃんじゃないの!?って!お父さんです!実生活では娘がいないので、うれしかったですね。

と昨年の撮影を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作の物語の中でのターニングポイントとなる『ヒキタさんの子どもに会いたい』というサチの一言にかけて、“忘れられない一言”についての質問が。松重さんが挙げたのは、本作の撮影時に北川さんから言われた『そんなに年離れてましたっけ?』という一言。

松重さん:この作品が始まる前に、北川さんと夫婦役に見えるか悩んでいた時に言われて。その一言に乗せられて今日まで来ました!

と語りました。北川さんは、19歳の時に森田芳光監督から言われたという『女優を辞めないでくださいね』という一言を挙げ、
1005 公開記念舞台挨拶 (北川景子) 北川さん:当時は若いし、やる気もあるし、辞めないよ?という感じだったのですが、壁にぶつかった時に立ち返る言葉になっていきました。

と明かし、

濱田さん:演じる役柄のプレッシャーや難しさに悩んでいた時に、西田敏行さんから『僕はあなたのファンなので、のびのびしている姿を見せてください』と言われて。素直にうれしかったですし、頑張れと背中を押していただいた気がしました!

というエピソードを披露。

山中さん:20代半ばの時に、人のオーラを見る占い師の方に『あなたは物事に真面目だけどオーラがない!人にとっての踏み台よ!』と言われたことが忘れられないです。ちょっとトラウマだったりします。

と明かし、会場からは大きな笑いが起きていました。

伊東さんが挙げたのは、21歳の大学生の時に「アルバイトを辞めて芸能界に入ります」と言ったときの父親の『ふうん』という一言。

伊東さん:今思うとそこには「大変だぞ芸能界は」とか「早く稼ぐようになって俺をラクにさせてくれ」とか、万感の思いが『ふうん』に込められていた。

と語りました。


また、ここで、本作が11月7日から行われる第39回ハワイ国際映画祭のスポットライト・オン・ジャパン部門への招待が決定したことがMCから発表され、

松重さん:ハワイには行ったことないんですよ。ハワイ!やった!と思ってマネージャーに確認したら、「いや行きません」と言われて…

と少し残念がりながらも、北川さんとともに「ハワイの方にも楽しんでいただけたら」と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・細川監督から、

細川監督:妊活・不妊治療というセンシティブで難しいテーマだけに、映画が出来上がるまでにとても時間がかかりました。でも難しいからこそ映画にしたい。笑ったり泣いたりしてもらえる作品が作れたことが感激です。もしかしたら「見づらいかも」と思っている方がいるかもしれないので、「そんなことないよ」って言っていただけると嬉しいです!

と本作への思いが語られると、

松重さん:興行成績とか動員とか意識せずに来たのですが・・・・昔、三谷幸喜さんと一緒に芝居をやっていまして、今ほど『記憶にございません』のあの男が目の上のたんこぶだったことはない!なんとか三谷幸喜をここでぶっつぶしてやりたい!(笑)

と意外な因縁を語り、場内は再度爆笑の渦に。

松重さん:老若男女問わず、いろんな人がいろんな楽しみ方ができる映画だと思っています。気持ちが明るく、前向きになる映画です。ぜひ周りの方に宣伝していただけたら。

と語り、映画さながらの温かい空気に包まれた舞台挨拶となりました。

『ヒキタさん!-ご懐妊ですよ』本ポスター
映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019

49歳の作家・ヒキタクニオ(松重豊)は、一回り以上年が離れた妻・サチ(北川景子)と仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチ。そんなある日、サチから飛び出した「ヒキタさんの子どもに会いたい」という一言がきっかけで、ヒキタの生活は一変する…。医師からの「精子の8割は動いていない」という衝撃の宣告を受け、“男の妊活”がスタートするが…。

***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松重豊は北川景子に怒られたい!?映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』


映画情報どっとこむ ralph 作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社文庫刊)を原作に、一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』(東急レクリエーション配給)が10月4日(金)より全国公開いたします。

この度、10月4日(金)の公開を前に、主演の松重豊をはじめ、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川監督が登壇する完成披露上映会を実施しました。
松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督『ヒキタさん!』完成披露上映会
映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』完成披露上映会
日時:9月10日(火)
場所:丸の内ピカデリー1 
登壇:松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督

映画情報どっとこむ ralph 本作が自身初の映画主演作という松重豊さんは、

松重さん:この年まで俳優をやっていると「初主演」という響きに気恥ずかしいものがあり、役を演じているには脇役だろうが変わらないわけですが、しかも男の妊活やアラフィフといったテーマで、刑事ものなどはこれまでもやってきましたけど、本当に知らないことが多くて、勉強にもなる映画だと思う。

と照れ笑いを浮かべた。過去に親子役や上司と部下など何度か松重さんとは共演してきた北川景子さん。今回は初の夫婦役での共演となるが、かなりの年の差夫婦だ。

北川さん:(年の差を)松重さんは気にされていると聞きましたけど、自分は全然気になっていなくて。

と笑顔。

松重さん:Wikipediaで調べたら二回り違うんですよ!愕然としました、「全然夫婦に見えないじゃないか」と言われたらどうしよう・・・と。

と当時の不安を語ると、

細川監督:衣装合わせや撮影初日にも「(夫婦に)見える?見える?と心配されてましたよね。

と暴露されていた。
そんな不安げな松重さんとは対照的に

北川さん:打ち合わせとかはせず、初日から夫婦の空気感が作れたと思います。

と語り、

細川監督:カットをかけないでいると自然にアドリブが続いてくんですよね。その時にこの二人は夫婦に見えるって確信したのを覚えてます。

と二人の生み出す夫婦役への太鼓判を押した。


映画情報どっとこむ ralph また、松重さん、北川さんとともに今まで共演作品の多かった濱田岳さんは、今回松重さん演じるヒキタの担当編集者を演じている。

濱田さん:こんなに松重さんと近い距離感で台詞のキャッチボールが出来たのは初めて。サウナのシーンも松重さんと一緒に調べたり、楽しい時間でした。

と語ると、

松重さん:いつもは僕が上司役で怒鳴ったりする役なので・・・・あれ?岳どこいった?」濱田「いるよ!!

と身長差でいじるなど見事な掛け合いを見せ、会場の笑いを誘った。


ヒキタ夫妻の担当医を演じた山中崇さんは、

山中さん:ハートフルなお話の裏で、【妊活や不妊治療の現実】もしっかりとリアルに描かれています。

と話し、サチの厳格な父親を演じた伊東四朗さんは

伊藤さん:劇中の中でも色々きつい言葉を投げていたけど、いまだに彼(松重)には、いい感情を持ってません!憎らしい男だねぇ。

と最愛の娘を嫁に出した男親の複雑な感情を舞台上でも再現。この愛溢れる婿いびりに、

松重さん:先輩、いじめないでくださいよ~(笑)

とタジタジだった。


実際は年の差がありながら、二人三脚で進んでいくヒキタ夫婦は、現代の夫婦の理想の姿かもしれない。

北川さん:10個以上も年下のサチがしっかりして、夫を支えているように見えるんですけど、笑ってドーンとして構えているのが頼れる夫の姿だと思いましたね。暗い雰囲気を作らずニュートラル。ずーっと変わらないところが男性としても夫としても素敵だと思います。現場での松重さんもニュートラルで、ヒキタさんの共通点かなと思いますね。

と。それを受け

松重さん:僕の中にも年下の女性に怒られたいっていう願望があったんだなと(笑)。撮影現場でも北川さんがいらっしゃるときはとても雰囲気が良くて。彼女が一日早くクランクアップしたんですが、その翌日は朝から一気に怒号が飛ぶ現場になって…我々はそれをサチロスと呼んでました(笑)。

と思わぬエピソードを明かしてくれた。

映画情報どっとこむ ralph また長く結婚生活で妻と連れ添っている松重さんと伊東さんのお二人に【良い夫婦でいるためのルール】を聞いてみたところ、

松重さん:言葉のキャッチボール、くだらない会話でいいんです。会話をする、キャッチボールを続けている関係かどうかではないでしょうか。

と語り、

伊東さん:当たり前だと思わないこと。ご飯をつくってくれるのも、掃除洗濯してくれるのも、妻がそこにいてくれるのも当たり前のことではない。元々は赤の他人だったという、すごい“縁”という接着剤があったんです。それを忘れないこと。

と語った。その答えを受けた

北川さん:この映画の中も、松重さんも伊東さんも、それぞれの夫婦の空気感があるんだと思います。私はまだ(結婚して)3年半と少しくらいなんですけど、まだ探り合っているところがあるかと思うので、これからも細く長くで続けていけたらいいなと思いました。

とコメントし、観客も深くうなずいていた。

松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督『ヒキタさん!』完成披露上映会
最後に・・・

松重さん:子供を作ろうと思った人は世の中にはいっぱいいると思いますし、でも不妊治療まで踏み込んだ人は少ないかもしれません。この映画をやって、じつは僕も私もという声をすごく聞きました。みんなに悩みを打ち明けることもなく閉ざしている人もいるかもしれませんけど、身近な問題だなとこの映画をやってわかりました。この映画は不妊がテーマだといって難しいものでもないし、観た人がどう思ってどう感じているかがすごく面白い映画です。

と語り、温かい空気の中イベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』

10月4日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019

『ヒキタさん!-ご懐妊ですよ』本ポスター 49歳の作家・ヒキタクニオ(松重豊)は、一回り以上年が離れた妻・サチ(北川景子)と仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチ。そんなある日、サチから飛び出した「ヒキタさんの子どもに会いたい」という一言がきっかけで、ヒキタの生活は一変する…。医師からの「精子の8割は動いていない」という衝撃の宣告を受け、“男の妊活”がスタートするが…。

***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗 
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北川景子が松重豊の二回り近い年下の妻に!映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名バイプレーヤーである松重豊の待望の初主演映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」が、今年10月、全国公開することが決定しました。


原作は作家・ヒキタクニオ氏が自らの体験を基に書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。

一般的に馴染みの薄い“男性不妊”を真正面から描きながらも、ヒキタ氏のユーモアあふれる語り口で展開される本作は大きな話題を呼び、角田光代氏も大絶賛。この度、実写映画化が決定!

映画『ぱいかじ南海作戦』『オケ老人!』をはじめ、笑いと哀愁が入り交じる舞台でも絶大な人気を誇り、脚本家や構成作家としてもマルチに活躍する細川徹監督が、困難が立ちはだかっても、明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿をユーモアを交えながら抒情的に描き出す。

映画情報どっとこむ ralph 主人公のヒキタさんを演じるのは、数多くのテレビドラマや映画、CMや舞台などで見ない日はない名バイプレーヤー松重豊。主演テレビドラマ「孤独のグルメ」が日本のみならずアジアでも大人気の松重は、本作が映画初主演となる。男性不妊という現実にショックを受けながらも、それを受け止め、夫婦で力を合わせ、全力で妊活に取り組むヒキタの姿を、時に頼もしく、時にコミカルに演じ、ユーモアたっぷりの愛おしきヒキタ像を作り上げている。

<ヒキタクニオ役:松重豊>

◆脚本を読んでみて
妊活モノというのは全く想定外の出演依頼でして、ひとくちに子作りと言っても、大変な苦労があるものだなと、読んではじめて知らされることばかりでした。

◆ヒキタさんを演じてみて
北川景子さんが奥さん役でしたので、この年齢差をどう成立させなきゃいけないのか、そればかり考えて現場に入りました。でもそこはさすが北川さん、実に自然な夫婦感を醸し出してくれました。思えば私にとって、夢のようなひとときでした。

◆撮影や共演者について
北川さんはじめ、伊東四朗さん濱田岳くん、じつにナチュラルにこの世界を包んでくださる共演者に囲まれ、ストレスを微塵も感じないスタッフワークと共に、クランクアップが恨めしいほどでした。

◆「北京国際映画祭」コンペティション部門への正式出品が決まって
こういう華やかな舞台は自分には無縁だと思っていました。北京には美味しいカフェがあって、そこに繰り出してスイーツを食べるのが今から楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph ヒキタと二回り近い年下の妻・サチを演じるのは、老若男女問わず絶大な支持を集める北川景子。松重と共演経験はあるが、夫婦役は初となる。懸命にヒキタを支え、共に困難を乗り越えていく健気な妻の姿を見事に体現した北川は、本作で新境地を開いている。

<ヒキタサチ役:北川景子>

▼脚本を読んでみて
不妊治療をテーマにしながらもコメディタッチで描かれていて面白かったです。
弱音を吐かず、懸命に夫を支えるサチさんの姿は同じ女性としても感銘を受けました。
ヒキタさんとサチさんが歩んできた道のりをいかにリアルに、ユーモアたっぷりに表現できるかが鍵になると思いました。

◆サチを演じてみて
ヒキタさんとサチさんはふた回りほど年の離れた夫婦ですが、松重さんとは何度も共演させていただいているので、信頼関係が出来上がっている状態で演じられたのは本当に良かったと思います。クランクインしてすぐに、自然と夫婦になれたような気がしました。私はこの作品に取り組んで不妊治療について詳しく知ったのですが、夫婦の心の絆と、困難にぶつかっても乗り越える強さがなければ到底できない、大変なことだと知りました。私は経験がありませんでしたが、サチさんの不妊治療に取り組む姿勢をリアルに表現したいと思いました。とても難しかったですが、この作品がたくさんの方に届いてほしいと思います。

◆撮影や共演者について
撮影はほぼ一年前。もう懐かしいです。松重さんと毎日朝から晩まで一緒にいて、本当に家族のような錯覚さえ覚えました。濱田岳くんもよく知った方なので、アットホームな現場でした。桜のシーンが印象的で、天候にも桜にも恵まれ、とても良いシーンになりました。楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph さらにヒキタ夫婦を取り巻く人々にも実力派俳優陣が集結。
ヒキタの担当編集者・杉浦を濱田岳、サチの厳格な父親・和夫を伊東四朗、ヒキタ夫妻の主治医・桑島を山中崇が演じ、随所に魅せる個性派俳優たちの名演にも注目です。

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」

10月全国公開です。

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

物語・・・
ヒキタクニオ、49歳。職業、作家。二回り近く年の離れた愛する妻・サチと仲良く2人で暮らしている。
サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。子どもは好きだけど、自分たちの子どもは作らずに2人だけで生きていくと決めていたが、ある日「ヒキタさんの子どもに会いたい」と妻は言った。
その一言がきっかけで妊活を始めるも、なかなか結果は出ず・・・クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタ自身にあることが判明!そこからヒキタ夫妻の悲喜こもごもの妊活の日々が始まる。

***********************************

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」
松重 豊   北川景子
山中 崇  濱田 岳  伊東四朗 

脚本・監督: 細川 徹  
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊) 
    
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ