「伊原剛志」タグアーカイブ

松雪泰子主演映画『古都』文部科学省特別選定作品に!


映画情報どっとこむ TJ 松雪泰子主演。共演に橋本愛、成海璃子で川端康成の不朽の名作が現代に蘇る

映画『古都

は11月26日(土)京都先行公開、12月3日(土)より全国公開となります。

本作が文部科学省特別選定作品(青年向き、成人向き)、文部科学省選定(少年向き)に決定しました。

古都
映画情報どっとこむ TJ 映画は1962年に新潮社より刊行された川端康成『古都』の現代版として、これまで多くの映像作品となってきた「古都」を、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語として映像化。

京都・パリ、二つの古都を舞台に繰り広げられる感動の物語となっています。

京都伝統の呉服屋の姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪泰子が一人二役で演じ、それぞれの娘役で橋本愛と成海璃子が共演。その他、蒼れいな、蒼あんな、葉山奨之、栗塚旭、伊原剛志、奥田瑛二らが脇を固めています。

監督はハリウッドで8年映画作りを学び、帰国後もアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥなど名匠の現場に参加後、CMやドラマで活躍し、本作が商業映画長編デビューとなるYuki Saito。

映画は日本が誇る圧倒的な京都の美しさ、凛とした『日本の精神』を五感で体感できる新しい作品に仕上げています。

『古都』松雪泰子
映画情報どっとこむ TJ また、本作の舞台である四季折々の京都でオール京都の全面協力を得て撮影。

劇中内で松雪泰子が着用する和装は宮内庁御用達の藤井寛の着物や山口美術織物の帯を使用、橋本愛着用の着物は川端康成本人が取材に訪れ、先代田畑喜八との交流を知る5代目田畑喜八が「古都」のためにデザインを手がけています。

また裏千家今日庵が茶道のシーンで全面協力により、御家元より国宝級の道具を監修。
華道のシーンでは池坊専好次期家元、禅のシーンでは妙心寺退蔵院 松山大耕副住職が自ら出演するなど、これまでにない究極の「ほんまもん」へのこだわりが随所に登場。

映画情報どっとこむ TJ 東京オリンピックに向けて世界中から注目を浴びる日本の素晴らしさを再認識でき、世界に向け、さらに未来に向けて日本文化を継承・表現できる作品を目指す

映画『古都

は11月26日(土)京都先行、12月3日(土)全国公開です。

『古都』松雪さん
物語・・・
京都室町に先祖代々続く佐田呉服店。店を継いだ日から20年間、佐田千重子(松雪泰子)は同じ場所で変わらない生活を送っていた。古くから付き合いのある職人が次々廃業する変わりゆく時代の中で店をどうしていくのか、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本愛)に背負わせていいものか葛藤の中で生きていた。大学生の舞は、就職活動の時期に差し掛かり就職活動をするの友人との会話にも入りきれず、店を継ぐべきなのか迷っていた。一方京都のはずれ、北山杉の里で林業を営む中田苗子(松雪泰子/二役)。千重子と同じ顔をした苗子は生き別れた双子の妹。苗子もまた深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海璃子)はその美術の才能を活かし北山杉を使い何か新しいことが出来ないかとフランスに留学。しかし留学先で他の学生との力の差を感じ、無力感に苛まれていた。それを感じとった苗子は娘に会う為にパリ行きを決意する。呉服屋の娘の舞もパリで開催される日本文化を披露するイベントに参加する為にパリへ向かう事となった。母から娘へ受け継がれる伝統。今、京都の伝統に生きる2組の母娘の人生が初めて交差する—。

***********************************

原作 : 川端康成『古都』(新潮文庫刊)
出演 :松雪泰子(一人二役)橋本愛 成海璃子 蒼れいな 蒼あんな 葉山奨之 栗塚旭 迫田孝也/伊原剛志 奥田瑛二

監督 : Yuki Saito
脚本 : 眞武泰徳 /梶本惠美/Yuki Saito
題字:小林芙蓉
製作幹事・配給:DLE
企画/制作:and pictures
特別制作協力:beachwalkers.
後 援 :京都府、京都市、一般社団法人 京都経済同友会、京都商工会議所
支援:裏千家今日庵、一般財団法人 池坊華道会
協 力 : 公益財団法人 川端康成記念會、特定非営利活動法人遊悠舎京すずめ
(C)川端康成記念會/古都プロジェクト
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『超高速!参勤交代 リターンズ』ビジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph さらに超高速に!さらにピンチに!
「超高速!参勤交代 リターンズ」本ポスター パワーアップして帰ってきた、痛快歴史エンターテインメント超大作!

2014年6月に公開し、大ヒットを記録した『超高速!参勤交代』。

幕府から突如参勤交代を命じられた弱小貧乏藩が、〈金〉も〈人手〉も〈時間〉も無い中、知恵と工夫で無理難題に挑み、本当な大変な思いをして見事江戸への参勤を成し遂げました!


そんな本作が“超高速”でリターンズ!
湯長谷藩の面々が9月10日(土)に戻ってきます!今度はどのような旋風を巻き起こすのか!?

映画情報どっとこむ ralph で、気になる物語・・・

前作で見事江戸への参勤を成し遂げた湯長谷藩・・・

「超高速!参勤交代 リターンズ」s2だったが、そもそも参勤交代とは、〈参勤〉だけでなく、藩に帰る〈交代〉まで終えてこそ完結するもの。湯長谷藩の参勤交代は、まだ終わっていなかった・・・!今度は故郷を目指し、ゆっくり江戸を出発した一行だったが、その道中、湯長谷で一揆が起きたとの知らせが入る。2日以内に一揆を収めなければ、藩のお取り潰しは免れない。彼らは行きの倍の速さで帰るはめに。そしてなんとか命からがら湯長谷にたどり着くが、すでに城は乗っ取られた後だった・・・。

果たして彼らは城を奪い返し、民を守ることができるのか?今度はどんな作戦で挑む!?

「超高速!参勤交代 リターンズ」s1スピードもスケールもアップし、前作を上回る奇想天外な展開と”ありえない“奇策、手に汗握る戦い、そして感動が待ち受ける。この秋、誰もが笑って楽しめる、痛快歴史エンターテインメント超大作が誕生!

9月10日(土) 全国ロードショーです。

公式サイト:
http://www.cho-sankin.jp/

***********************************

キャスト:
佐々木蔵之介 深田恭子 伊原剛志

寺脇康文 上地雄輔 知念侑李(Hey! Say! JUMP) 柄本時生 六角精児

古田新太 近藤公園 渡辺裕之 中尾明慶 橋本じゅん 宍戸開 富田靖子(特別出演) 大鶴義丹 舞羽美海 宍戸美和公 神戸浩 梨本謙次郎 斉藤歩 田中壮太郎 田口浩正 市川猿之助 石橋蓮司 陣内孝則(特別出演) 西村雅彦

監督:本木克英
脚本:土橋章宏
音楽:周防義和
主題歌:「行き先は未来」斉藤和義(スピードスターレコーズ)
製作:「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会
企画・配給:松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
制作協力:松竹映像センター
©「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初の特報&ポスター到着!


2014年に公開し大ヒットを記録した映画『超高速!参勤交代』の続編となる『超高速!参勤交代 リターンズ』が2016年9月10日(土)より公開となります。

この度、本作の本編映像初解禁となる特報映像と第1弾ポスタービジュアル&が完成しました。

超高速参勤交代リターンズ
知恵と工夫で無理難題に立ち向かう、あの弱小貧乏藩が帰ってきた!

幕府から突然の参勤交代を命じられた磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩。山道を走り抜けなんとか江戸への参勤を果たした彼らだったが・・・・

参勤交代とは、行きが<参勤>、帰りが<交代>――まだ参勤交代は終わっていなかった。

一行は故郷を目指し江戸を出発するが、その道中、なんと藩で一揆が勃発、ついには城を奪われるという大ピンチに襲われる。

彼らに打ち負かされた老中・松平信祝(のぶとき/演:陣内孝則)が逆襲を始めたのだった。ふたたび絶体絶命に陥った湯長谷藩。さらなる無理難題に今度はどんな奇策で挑むのか!?




さらに超高速に、さらにスケールアップして帰ってきた痛快・歴史エンターテインメント超大作!

『超高速!参勤交代 リターンズ』

2016年9月10日(土)公開です。

公式サイト
cho-sankin.jp


********************************************************************

佐々木蔵之介 深田恭子 伊原剛志
寺脇康文 上地雄輔 知念侑李(Hey!Say!JUMP) 柄本時生 六角精児
古田新太 近藤公園 渡辺裕之 中尾明慶 富田靖子(特別出演)
市川猿之助 石橋蓮司 / 陣内孝則 西村雅彦

監督:本木克英 
脚本:土橋章宏 音楽:周防義和 
製作:「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会 
企画・配給:松竹  
製作協力:松竹映像センター
(C)2016「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生らのクランクアップコメント&写真到着


本格アクションに初挑戦する主演の岡田将生や染谷将太、成海璃子らに加え、松岡茉優、白石隼也 高月彩良 清水尋也ら若き実力派俳優たちの豪華共演から目が離せませない。2015年6月全国公開の映画

『クランクアップコメント』

次世代を担う若手実力派俳優大集合!クランクアップコメント&現場写真到着しました!
ストレイヤーズ・クロニクル岡田将生x監督
気になるキャストはこんな感じです!(□:スバルチーム、■:アゲハチーム)

□昴(スバル)/岡田将生 《超高速処理・超視神経発達=未来が見える》
主人公。視覚、視神経、脳伝達速度が高度に発達し、相手の動きの先を読み反応するため、すべての攻撃をかわすことができる。またその神経発達により、視覚で得た情報のみですべての体術を駆使できる最強の男。いわば「未来が見える」力を持つ。
ストレイヤーズ・クロニクル岡田将生
□沙耶(サヤ)/成海璃子 《超聴覚力》
□亘(ワタル)/白石隼也 《超腕力・無痛》
□良介(リョウスケ)/清水尋也 《超記憶力》
□隆二(リュウジ)/瀬戸利樹 《超高速移動》

■学(マナブ)/染谷将太 《最凶のウィルスとその抑制抗体を体内に併せ持つ・アゲハリーダー》
アゲハリーダー。車イス。その体内に致死率80%を超えるウィルスを保持し、学が死ぬとそのウィルスが拡散してしまう。「僕の能力は感染する」

■モモ/松岡茉優 《鉄鋲発射》
■静(シズカ)/高月彩良 《幻惑毒婦》
■ヒデ/栁俊太郎 《身体硬化》
■壮(ソウ)/鈴木伸之 《超高速移動》
■碧(アオイ)/黒島結菜 《高周波レーダー機能・唯一の希望》

◆渡瀬浩一郎/伊原剛志
衆議院議員・外務副大臣。昴やアゲハのプロジェクトを秘密裡に引き継ぎ暗躍する。
その真意は謎に包まれているが、圧倒的な行動力とカリスマ性で絶大な力を誇る。

それではも待ちかね!
キャストクランクアップコメントです!!!

昴(スバル)役:岡田将生
今回瀬々さんとは2回目で、100%ではないですが(瀬々さんのことを)理解しているつもりです。現場では命を削っているように、瀬々さんの体の中にあるものを映画を通して出されていて、セリフなど足されて「こういうことを瀬々さんは言いたいんだな」と分かりますね。細かくお芝居を付けて下さることもあれば、自由に演じさせてくれることもあって。なんて言うのか…とにかく(瀬々さんのことが)好きなんですよね。何でもしたいって思います。瀬々さんのOKが出る時は嬉しいですし、100%で常に応えられるよう現場では居たいなと思っていました。アクションが初めてで、運動神経がいいわけでもなく、体が硬いのに、なんで僕なんだろうと最初葛藤もありましたし、それが一番大変でした。あまりオーバーにしないように心がけました。序盤から後半にかけての、感情のエネルギーの出し方を、最後にもっていけるよう段階に気をつけてやりました。こういう役をあまりやったことがなかったというのもありますが、スバルチームのみんなが僕より若い子たちだったんです。そういう現場もあまりなくて。でも、みんな本当にしっかりしていて毎日癒されて、助けられました。毎日撮影が楽しくて、日々の会話をとても大切にしていました。

ストレイヤーズ・クロニクル1
学(マナブ)役:染谷将太 
瀬々監督、岡田さんとは『アントキノイノチ』以来の座組みで、今回、全然違う方向性の映画で集まれたのが嬉しかったです。瀬々監督は抽象的な言葉で、エネルギッシュに全身で演出して下さります。『アントキノイノチ』の時は「天使になってくれ」と言われ、今回は「悪魔から天使になってくれ」と言われまして。瀬々監督、若干笑いながら言ってきましたが、狙ってるのかな、と(笑)。車イスの役は初めてでした。人に車イスを押されるのですが、自分の足で歩いて芝居をするのとでは感覚が全然違って、それがすごく難しかったです。ただ、逆におもしろいこともできました。自分で言うのも何ですが、車イスの扱いが上手く出来た気がします。今後のお仕事でも活かせるのではないかと思いました(笑)。

沙耶(サヤ)役:成海璃子
今回は一人一人それぞれの能力があり、私が演じた沙耶は音に敏感な役でした。敏感だという感覚になったことがないので、そこを自発的に自分で想像して表現しましたが、時々忘れそうになってしまって…(笑)撮影中は常に音に反応しなければと自分に言い聞かせてました。瀬々監督はすごく分かりやすかったです。「OK」の声のトーンで、そのシーンの良し悪しが分かるし(笑)。昴チームは撮影中みんなでよく一緒にいました。初日から打ち解ける事ができましたし、兄弟、家族のような関係に近く、絆が深い役なので、私はとにかくみんなのことを愛のある眼差しでみつめていました。とにかく仲良くできて、私は嬉しかったです。

モモ役:松岡茉優
私が演じるモモちゃんは、テンションが高い時と、非常に現実的な時の両側面を持った女の子でした。
夢物語みたいな事をワーキャーしながらも、アゲハの性質、暗さ、運命(さだめ)を理解せざるを得ない状況で生きてきた子です。演じていて楽しかったのは、実はモモという役は『逆手にとると何でもありの役』で、普通の子の役だとこのシーンはこういう表情だと一般的な行動になるんですけど、モモの場合はアゲハという性質だったり、更にアップダウンの激しい子なので、撮影当日、皆さんの演技を見て、今日はどういう風にやろうかと色々考えるのは、その中で何を選択するのかは難しいですけど、その何でもあり感は楽しかったです。


亘(ワタル)役:白石隼也
僕が演じる亘に対して瀬々監督は衣装合わせの段階から「チャーミング」にと言われたので、亘の子供らしさ、チャーミングさは心がけました。また、亘の能力は「超腕力・無痛」なので、身体の動きには力は入っているけど、顔は力んでない、痛みも感じないので、顔が歪まないように心がけました。アクションに関して僕は受けるのではなく、攻撃する側で、岡田君、栁君に本気で入れちゃったシーンもあったし、アクション部に対しては常に本気でやったので、皆様にはご迷惑をかけたかもしれません(笑)。
常人じゃない役はあまりやったことがなかったので、新鮮でしたし、楽しくやらせて頂きました。

静(シズカ)役:高月彩良
私が演じた「静」は特殊な生誕の為、生まれつき持った寂しさ、悲しさがあります。自分の普段の生活の中で自分が感じる事がない感情の機微を一生懸命探して、役作りに挑みました。そして静はクールでかっこいいイメージがあったので、動きや仕草はクールに見えるように意識しながら役作りをしました。
自分にとって初のアクションでした。私は本当に身体を動かすのが苦手なので、転ぶ事ひとつから、練習しました。アクションに挑戦してみて分かった事は一人ではできなく、たくさんの人に支えられて成立するということです。
マシンガンにも挑戦しました。普段、扱う事ができないので、本当に緊張しましたが、実際にやってみて楽しかったです。

ストレイヤーズ・クロニクル2
良介(リョウスケ)役:清水尋也
僕が演じる良介はひきこもりで、基本的には根暗で、いつも面倒くさそうな感じの人です。でも、普段の自分はうるさくて、いつもしゃべっているような、にぎやかなヤツなので、まさに正反対の部分を出さないといけないと思いました。
好きでやっている仕事なので、撮影中に「苦」と思うことはないです。新しい役に挑んでいくのが楽しいし、自分の為になっていく感じが楽しいです。
ただ、今回の撮影はけっこう、夜の撮影が多くて、たまにうとうとしちゃう時がありました。15歳の育ち盛り、寝たい盛りの僕にとって、睡魔との闘いは、ちょっとだけ辛かったです。(笑)
撮影は、全部楽しかったです。昴チームと一緒にいるときは、本当にみんな仲が良いし、アゲハチームと接触する時は良い緊張感があり、楽しかったです。アクションに挑戦してみたかったけど、ぼくの役にはなくて、今度挑戦してみたいです。

壮(ソウ)役:鈴木伸之 
僕が演じた壮は「瞬間高速移動」の能力を待ちながら、一つネジが抜けている天然な性格でした。愛嬌のあるキャラクターとして、アゲハチームからも可愛がられる存在であることを心掛けました。
僕自身もわりと天然らしく、松岡さんにも「ノブはそのままで役に入れるね」と言われました(笑)。
僕はアクション、立ちまわりのシーンが多かったです。撮影現場に入る前にアクション練習をしましたし、個人的にもジムに行って身体を鍛えました。瞬間高速移動という能力なので、速さを意識して、アクションを作っていきました。今までもアクションの経験をしてきましたが、今回が一番ハードでした。アクション初日には回りすぎて、三半規管がおかしくなり気持ちが悪くなって、横になったりもしました。ただ身体の動きだけではなく、気持ちもリンクしていくアクションで、僕の中では今までの中で一番のアクションが出来たと思っています。


ヒデ役:栁俊太郎
僕が演じるヒデは見た目が変化する役なので、怪物に見えがちですが、アゲハの仲間として、人間らしく見えるように見た目とのバランスをとるように心掛けました。
身体が「硬化」する役で、アクションを受けても効かなかったり、またその特殊能力が弱まり、「硬化」が弱まる事で、アクションの受け方も変化するので、そのさじ加減を瀬々監督、アクション部の方と相談しながら作っていきました。また、爪が伸びるアクションなので、その距離感を掴むのも苦労しました。あと、ずっと爪をつけているので、ご飯食べたり、服のボタンしめたりとか普通にできる事が出来なくなり、周りの皆様に助けてもらいました。(笑)

ストレイヤーズ・クロニクル3
隆二(リュウジ)役:瀬戸利樹 
僕はこの作品が映画初出演になります。出演決定から顔合わせまで、とにかく心配で、常に役作りの事やセリフを考えてました。顔合わせの時に瀬久監督には役作りは作り込まずに高校生らしさ出してくれれば良いと言われて、その言葉のおかげで緊張がほぐれて、撮影に挑むことができました。
アクションシーンにも挑戦しました。元々運動が好きなので、アクションは楽しかったです。撮影一カ月位前からアクション練習を始め、自宅でも自主練習をしました。ただ、実際に撮影に入ると、アクション中の表情を作るのに苦労しました。この作品はそれぞれが特殊な能力があり、相手によってアクションの受けが異なってきます。相手を殴ったと思ったら、消えていた、その時、表情が付いてない事もあって。本当に色々と勉強をさせて頂きました。

碧(アオイ)役:黒島結菜
碧はみんなの希望を背負っていますが、明るい役ではなく、静かな役です。悲しいだけじゃなく、みんなの想いを背負っている、抱えている子だと、そういう風に見えるように意識しました。最後のシーンだけ微笑みますが、これから未来に向かって進んで行くという思いこめた頬笑みで、それ以外はずっと真剣な顔でした。
ほとんどが辛くて重たいシーンでしたけど、ボートに乗って走るシーンは今までそういう体験をしたことがな
かったので、そういう意味で体験ができて楽しかったです。


極限を超えた能力≪ハイパーエクストリーム≫ VS 遺伝子操作による異種混合能力≪ハイブリッドアブノーマル≫ VS 暗躍する政治家たちの野望≪ダークポリティクス≫ 三つ巴の戦いの行方はいったいどうなるのか!?

『ストレイヤーズ・クロニクル』

2015年6月全国ロードショーです

********************************************************************


1990年代の始め、バブル経済に踊る日本で秘密裏にある実験が行われていた。

・・・ヒトは自らの意志で進化することが可能なのだろうか・・・。
実験には二つの方法が選択された。一つは両親に強いストレスをかけ生まれた子供に突然変異を促し、極限まで人間の能力を発達させる方法。もう一つは遺伝子操作によって動物や昆虫の能力を持つ子供を生み出す方法。この忌まわしき実験により生まれた二組の若者たちが、20歳になろうとしていた・・・。
視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴(スバル:岡田将生)ら若者たちは、その力の代償として「破綻」と呼ばれる精神崩壊の危険を抱えていた。その「破綻」解消のカギを握る衆議院議員外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)からの裏の仕事を、その異能力を活かして渋々解決していた。そんな時、渡瀬を狙う殺戮集団“アゲハ”が現れる。アゲハもまた異能力者たちだった。同じ宿命を抱えながら闘いあうことになる二組の若者たち。戦いの過程で彼らの出生の秘密が、人類進化の鍵であることをつかむ。

しかし、それは同時に人類滅亡につながる危機も内包していることが判明する。彼らを利用しようとするもの、排除しようとするもの。あらゆる世代、思惑が絡み合いながら、異能力を持った若者たちは戦い傷つけあう。彼らの未来は、そして人類に残された道とはいったい・・・。

監督:瀬々敬久(『ヘヴンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)
原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊
キャスト:岡田将生 染谷将太 成海璃子
松岡茉優 白石隼也 高月彩良 清水尋也 
鈴木伸之 栁俊太郎 瀬戸利樹 / 黒島結菜 
豊原功補 石橋蓮司 伊原剛志 
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久
音楽:安川午朗(『八日目の蝉』日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞、『どろろ』、『ヘヴンズストーリー』)
撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)
アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)本多孝好/集英社 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『超高速!参勤交代』初日舞台挨拶報告



待望の映画化『超高速!参勤交代』がいよいよ本日6月21日(土)より全国公開となりました。

公開初日を祝し、また大ヒットを祈念して初日舞台挨拶が豪華面々勢ぞろいで行われました!

また映画の舞台となったいわき市からリアル参勤交代に挑戦した7名も、地元から応援に駆け付けたフラガールに見守られながら無事に到着!
大盛り上がりのイベントとなりました。

超高速!参勤交代初日舞台挨拶_1
『超高速!参勤交代』初日舞台挨拶 イベント報告
日時:6月21日(土)
完成披露会見:丸の内ピカデリー1
登壇者:
佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、西村雅彦、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、六角精児、菊千代(猿)

本木克英監督
リアル超高速参勤隊(7名:いわき市有志の皆様)、フラガール(2名)

初日舞台挨拶内容

MC:本日は映画『超高速!参勤交代』の初日舞台挨拶にご来場いただき、誠にありがとうございます。皆さまは今、映画をご覧になられたばかりですが、いかがでしたでしょうか。(会場拍手)

本日は公開初日ということで、監督、キャストの皆さんをお迎えして舞台挨拶を行いたいと思います。

まずは本作の主人公、お人好しだけど庶民に愛される湯長谷藩藩主・内藤政醇を演じられました、佐々木蔵之介さん、ご挨拶をお願いいたします。


佐々木蔵之介さん:殿さまを演じさせていただきました、佐々木蔵之介です。撮影中は何度も台風に見舞われながら、ドロドロになって頑張りました。素晴らしいキャスト・スタッフの仲間と、そして今日この早い時間に劇場に集まっていただけた皆様の前で初日を迎えられ心より感謝しています。

MC:ありがとうございます。続きまして紅一点、口汚いが実は乙女な宿屋の女・お咲を演じられました、深田恭子さんご挨拶をお願いいたします。

深田恭子さん:お咲を演じさせていただきました深田恭子です。紹介にあったとおり、口汚い役ということでこんなセリフをいうのかと不安になることもありましたが、とても楽しい現場でした。皆さんも楽しんで……あ、観終わった後ですね(笑)。舞台挨拶も楽しんで下さい。

MC:ありがとうございます。

MC:旅先案内人を勤める、敏腕だがいわくありげな抜け忍・雲隠段蔵を演じられました伊原剛志さんお願いいたします。

伊原剛志さん:みなさんグッドアフタヌーン。最近見知らぬタクシーの運転手さんから「グッドアフタヌーン」と声をかけられて困惑してしまったりします。

寺脇康文さん:それ後のお題で言おうとしたやつじゃないですか??

伊原さん:あ!皆さんアクションはいかがでしたか?(会場拍手)久しぶりにアクションをやらせていただきました。楽しんでいただけていたら、皆さんお家に帰ってから周りに広めて下さい。

MC:ありがとうございます。知恵者だが口うるさい家老・相馬兼嗣を演じられました、西村雅彦さん、ご挨拶をお願いいたします。

西村雅彦さん:西村雅彦です。う~ん今日夏至だよね!よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。リーダー格で刀剣の腕が立つ荒木源八郎を演じられました、寺脇康文さんお願いいたします。

寺脇康文さん:(マネして)西村雅彦です。今日夏至だよ!西村さんの後はやり辛いですね。初日ということで本当にうれしいです。現実は辛いことや苦しいこともたくさんあると思いますが、この映画みたいなエンタテインメント作品に触れて、すがすがしい気分になっていただければと思います。よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。常に冷静沈着、理屈好きの秋山平吾を演じられました、上地雄輔さんお願いいたします。

上地雄輔さん:グッドアフタヌーン。最後まで楽しんでいって下さい。

MC:ありがとうございます。弓の名手だが高いところが、苦手な鈴木吉之丞を演じられました知念侑李さんお願いいたします。

知念侑李(Hey!Say!JUMP)さん:グッドアフタヌーン!知念侑李です。夏至だよ!この映画で僕の見どころはケツだよ!!(会場笑)

MC:ありがとうございます。二刀流の使い手で、馬廻役も務める増田弘忠を演じられました、柄本時生さんお願いいたします。

柄本時生さん:グッドアフタヌーン!終わります!!

MC:ありがとうございます。槍に秀でるが、腹も出ている今村清右衛門を演じられました、六角精児さんお願いいたします。

六角精児さん:グッド…こんにちわ。久しぶりに眼鏡を外して演じています。出来上がった作品を観て自分でも面白いなと思ったので、皆さん応援してください。

MC:ありがとうございます。そして、本作のメガホンを取られました本木克英監督お願いいたします。

本木克英監督:監督をつとめました、本木克英です。初日からお越しくださいましてありがとうございました。既に一度ご覧にいただいていたいわき市の方から、二回目を劇場で観てまた違った感動があったとお言葉をいただきました。なので皆さん、二回目も楽しんで下さい(笑)。

MC:では、ここで本作のキャッチコピー“このミッション・インポッシブルです!”ということにかけて皆様に降りかかった無理難題をお伺いできればと思います。

佐々木さん:この映画、天候の影響などもあって時間がなかったんですよ。朝起きて撮影に遅れちゃいそうだと思って急いでTシャツきて飛び出したらTシャツが表裏逆だったんですよ。エレベーター横の階段で着替えちゃえと思ったら、急に掃除のおばちゃんが出てきて、弁明するのにあたふたしました。金無し、人なし、時間なしという作品のテーマと同じで、撮影スケジュールも結構無理難題だったんですよ(笑)。

深田さん:どんな役をいただいた時でも私にできるのかなと、無理難題に感じるんです。お咲の役をいただいた時も結構すごいセリフがあるのでドキドキしました。京都に向かう新幹線の中で、今日これ本当に言うんだよねって思っていました。

MC:見事に演じられていて無理難題とは思いませんでしたよね?西村さん。

西村さん:僕に言われても深田さんの気持ちはわからないですよ(笑)。簡単に同意を求めないで下さい。(会場笑)

伊原さん:私はデビューの頃、戦隊ものに登場する悪役をやっていて全身タイツがいくつも用意されていたんですけど、サイズが一つしかなくて、体が大きいから入らなかったんですよ。そうしたら、体を合わせてっていわれたんですよ。さすがに無理難題だなと思いました(笑)。

西村さん:舞台の台本がなかなかあがってこなくて、本番の2日前に来たと思ったらセリフがすごいあったんです。もう埋もれたいと思いましたね。

寺脇さん:無理難題とはちょっと違うかもしれませんが、笑ってはいけない状況で笑ってしまったというのが最近ありました。公園のベンチにいたら隣にほろ酔いのおじさんが来ておつまみの缶詰をあけようとしたんですけど、勢い余って全て落としちゃったんですよ。その時おじさんが「バカヤロー」と言ったのでこらえられず笑ってしまいました。睨まれましたげどね。

上地さん:う~んずっと考えていたのですが、なかなか出てこない。難題ですね。劇中、壮絶なやられ方をして絶命しているだろうと思っていたのですが、監督から「まだ生きてるからね」って言われて、その後演じるのが難しいなと思ったことですかね。

知念さん:一つ思い出したことがあります。この難題はクリアできなかったんですけど。幼稚園位の時には175cm位の大きい人になりたいなって思ってたんです(笑)。

柄本さん:昔兄貴と芝居をやるってなったんですけど、時間が全然合わなくて深夜の5日間寝る時間を惜しんで稽古したこととかですかね、これ無理難題に合ってます??

六角さん:僕も芝居の話になっちゃうんですけど、あと3日で稽古が終わるってなっても本が上がってこないんですよ。そうしたらもうお前たちで考えてっていわれて各自セリフを持ち込んだらめちゃくちゃになっちゃって、それを整理しながらやったんですけど、時間もないもんだからセリフをちっちゃく柱に書いたりして端っこの方に集まりながら舞台をやったなんてことがありました。

本木監督:もちろんこの作品ではないのですが、1週間で映画を撮ってと言われたことがあります。普通どんなに短くても2カ月位はかけるのですが、1週間とはかなり大変でしたね。でも、1週間で出来たので今度は3日間で撮ってと言われないかなと戦々恐々としています。まさに超高速でした。

MC:ありがとうございます。猿の菊千代くんも無理難題があるみたいなので聞いてみましょう。

菊千代(トレーナーが代弁):ぼくは猿なので、成長がはやくて撮影中にもどんどん体が大きくなりました。それにあわせて衣装が小さくなっていくのですがスタッフの人には体を合わせてと言われました。(会場笑)

MC:ありがとうございます。それではここでいわき市より5日間かけてリアル参勤交代をしてきた7名とフラガールのお二方にお入りいただきたいと思います。ここでフラガール、リアル参勤交代隊が登壇し、献上品贈呈。

MC:リアル参勤交代をしているのはご存知でしたか?

佐々木さん:道中のレポートをwebで拝見していました。足にマメができたり、マッサージを施してもらったりしながらの参勤、そしてPR大変だったと思います。ありがとうございます。

超高速!参勤交代初日舞台挨拶_2参勤隊代表者:お褒めの言葉をいただき何よりです。一人でも多くの方に映画をご覧いただけると参勤した甲斐もありますので皆様よろしくお願いいたします。

MC:無事にリアル参勤交代も成功し、初日にふさわしいスタートになりましたね。最後に佐々木さんより一言いただきたいと思います。

佐々木さん:本当にこのような形で初日を迎えることができて良かったです。ありがとうございます。皆さん上映をご覧いただいた後ですので、会場を出たら携帯電話の電源を入れていただき、超高速で「面白かったよ」というのを広めていただければと思います。よろしくお願いします。

『超高速!参勤交代』大ヒット上映中でっす!!!
公式HP: http://cho-sankin.jp/
公式Twitter:@chosankin



********************************************************************


物語
『超高速!参勤交代』ポスター江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。享保20年(1735年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。

しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめた。それは、道中の人が見ているところでは渡り中間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して駆け抜けると言う奇想天外な作戦だったのだ!そこに東国一の忍びと言われる戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵を道案内役として雇うが、幕府の老中・松平も刺客を雇い、湯長谷藩の参勤交代を阻止しようとしていた…
果たして湯長谷藩は、5日以内に参勤交代を果たし、

無事に藩と領民を守ることができるのか!?


【作品概要】
出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、西村雅彦、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!!JUMP)、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司/陣内孝則(特別出演)
監督:本木克英
脚本:土橋章宏(講談社「超高速!参勤交代」)
製作:「超高速!参勤交代」製作委員会
企画・配給:松竹
(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

可愛すぎる!深田恭子、クランクアップ時の映像解禁


可愛すぎる!深田恭子、クランクアップ時の映像解禁

『超高速!参勤交代』

がいよいよ6月21日(土)より公開です。

キャストの皆さん連日番宣で大忙しですよね。

『超高速!参勤交代』深田さん
公開を記念して、湯長谷藩の藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)と良き仲になる口汚いが実は乙女な女郎・お咲役を演じる、深田恭子さんのクランクアップ時の映像をが解禁となりました!

佐々木さんが見守る中、一足先にクランクアップとなった深田さんは水色の花柄が可愛らしい着物を纏い、笑顔で撮影を振り返っています。



途中からの撮影参加にはじめは緊張したと明かすものの、「優しく受け入れてくださって、とても楽しかったです」と語り、本作唯一の女性キャラで、完成会見などで男性陣が口々に「深田さんが来るとテンションが違った」と語るのも頷ける、可愛らしい映像です!

『超高速!参勤交代』深田さん2
お上から「5日以内に江戸へ参勤せよ」と無理難題を強いられた弱小貧乏藩。

幕府の無理難題に<参勤交代>で挑む!?って、どうやって…時間がない!
…カネがない!
人もいない!

行く手を阻む公儀隠密、さらに御庭番衆、百人番所まで…超難題!なミッションに、果たしてどう挑むのか!?

『超高速!参勤交代』

6月21日(土)より公開です。
公式HP: http://cho-sankin.jp/
公式Twitter:@chosankin月

********************************************************************


『超高速!参勤交代』

物語 
『超高速!参勤交代』ポスター江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。享保20年(1735年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。

期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめた。

それは、道中の人が見ているところでは渡り中間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して駆け抜けると言う奇想天外な作戦だったのだ!そこに東国一の忍びと言われる戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵を道案内役として雇うが、幕府の老中・松平も刺客を雇い、湯長谷藩の参勤交代を阻止しようとしていた…

果たして湯長谷藩は、5日以内に参勤交代を果たし、無事に藩と領民を守ることができるのか!?

出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志
寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!!JUMP)、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司/陣内孝則(特別出演)、西村雅彦
監督:本木克英 脚本:土橋章宏(講談社「超高速!参勤交代」)製作:「超高速!参勤交代」製作委員会 
企画・配給:松竹 
(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『超高速!参勤交代』蔵之介も浴衣で登場!舞台挨拶


6月21日(土)から公開全国ロードショーの

『超高速!参勤交代』

佐々木蔵之介演じる内藤政醇は現在の福島県いわき市に位置する湯長谷藩の藩主。

金も、時間も、人も不足している中で政醇は幕府からの理不尽な要求に応えるべく、奇想天外な作戦で立ち向かいます。

そしてこの度、豪華出演陣の中から佐々木蔵之介、西村雅彦、寺脇康文、知念侑李 (Hey!Say!JUMP)、六角精児、本木克英監督と猿の菊千代を迎え、夏を先取りし観客も登壇者も浴衣姿で参加。超高速!居合でスイカ割り大会を実施されました。

0611超高速参勤交代2
『超高速!参勤交代』夏を先取り!!
超高速!居合でスイカ割り付き特別試写会


◆実施概要◆
日時:6月11日(水)
スペースFS汐留(東京都港区)

登壇者:佐々木蔵之介、西村雅彦、寺脇康文、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、六角精児、菊千代(猿)、本木克英監督

夏を先取り!!超高速!居合でスイカ割りイベント付き試写会ということで会場にお越しいただいた、観客の方も全員浴衣着用。

上映後のスイカ割りでは男性キャスト、監督、そして猿の菊千代が呼びこまれると会場の熱気は最高潮に。スイカ割りでは一度割れないというハプニングも飛び出し大盛り上がりとなりました。

MC:本日は 夏を先取り超高速!居合でスイカ割り大会ということで作品をご覧いただいた後に豪華なゲストをお呼びして素敵なイベントを行いたいと思います。

それではさっそく登壇者の皆さまより、ご挨拶を頂きます。
まずは、本作の主人公、お人好しだが愛される湯長谷藩、藩主・内藤政醇を演じられました、佐々木蔵之介さん、ご挨拶をお願いいたします。

佐々木蔵之介さん:みなさんこんにちは、佐々木蔵之介です。映画は楽しんでもらえましたか?ふんどし姿は良かったですか(笑)?会場華やかで良いですね!!

MC:ありがとうございます。

MC:知恵者だが口うるさい家老・相馬兼嗣を演じられました、西村雅彦さん、ご挨拶をお願いいたします。

西村雅彦さん:こんにちは西村雅彦です。今回知念さんと一緒に仕事ができて嬉しかったです。

(知念さんのモノマネでしゃべる)

ちょっとモノマネしてみました、怒らないでください。

MC:ありがとうございます。
リーダー格で剣の腕が立つ、荒木源八郎を演じられました、寺脇康文さん、ご挨拶をお願いいたします。

寺脇康文さん:こんにちは、壇上は野郎ばかりですが会場には女性がたくさんでありがたいです。皆さんの力でどんどん広めてくださいね。

MC:ありがとうございます。弓の名手だけど高いところが苦手な鈴木吉之丞を演じられました、知念侑李さんご挨拶をお願いいたします。

知念さん:知念です(西村さんのマネのマネ)。皆さん僕たちのお尻はいかがでしたか?人前でお尻を出すことがなかったので、今回貴重な機会で良かったです。
是非みなさんも広めてください!

MC:ありがとうございます。
槍に秀でるが、腹も出ている今村清右衛をを演じられました六角精児さん、ご挨拶をお願いいたします。

六角精児さん:どうも、知念です……。(会場笑)
僕を紹介する時に「腹が出ている」っていうのは必ず言わなきゃいけないんですか?

MC:必ず台本に入っています。

六角さん:そうですか……。皆さん浴衣でいらっしゃって、なんで浴衣で映画を観なきゃいけないんだと思ったかもしれないですが、私たちが出てきて理由が分かったと思います。女性が多くて嬉しいですね!

MC:そして、本作のメガホンを取られました本木克英監督、ご挨拶をお願いいたします。

『超高速!参勤交代』ポスター本木克英監督:天気も良くないなか浴衣で来ていただきましてありがとうございます。和服は良いもんだ、時代劇だって面白いと皆さんくらいの世代の方にどんどん広めていっていただきたいと思います。

MC:ありがとうございます。本日はご来場の皆様浴衣ということでいかがですか?気分違いますか??

佐々木さん:いや浴衣って最強ですよね。
男性が着ても女性が着ても色っぽいし、こんな華やかだと嬉しいですね。

MC:スイカ割りと言えば夏ですが、残暑の時期からの撮影で暑さとの戦いはありましたか?

佐々木さん:暑かった…というよりも台風がいくつも来ましたね。そのせいでロケの場所が急きょ変更になったり、日帰りで行って劇中と一緒の金無し、人なし、時間なしを体現してました(笑)。

MC:ありがとうございます。西村さんは劇中でまさかあんな姿になるとは思ってませんでしたか?

西村さん:いや楽しかったですよ。地方で撮影が終わって飲みに行ったりも含めて。

MC:寺脇さんはリーダー格で剣の腕も立つ役どころですが、殺陣は難しかったですか?

寺脇さん:正統派でありながら、荒々しくケリを入れたりするので結構稽古しました。六角さんと一緒にやるところは槍と息を合わせなきゃいけないので難しかったですね。

六角さん:槍は間合いの取り方とか、どういう風に見えているのか考えながらやったので難しかったですね。寺脇さんが稽古に付き合ってくれました。

寺脇さん:よく飲みに行っていたもんだから、翌日の撮影に支障があるといけないっていって六角さんはしきりに下痢止めをすすめてきたんですよ(笑)。

MC:知念さんは体よりも大きい弓の扱いが大変だったと会見の際におっしゃっていましたが、撮影が進むにつれ慣れてきましたか?

知念さん:最初は難しくて大丈夫かなと思っていたんですけど、弓道の先生に教わりながらやっていくうちに、筋が良いから続けてみないかと誘われるくらいになりました。

MC:監督にお伺いです。これだけ豪華なキャストの方が集まっていますが、撮影へのこだわりはありましたか?

本木監督:狭いオープンセットでどのように迫力を出すかというシーンもあったので、大きな送風機を使ってダイナミックな感じをだしたりと工夫しました。そのせいで、もう一度、別に音を撮らなきゃならなかったので、皆さんにご迷惑をおかけしました。

MC:ありがとうございます。ここで、夏を先取り超高速!スイカ割りに挑戦いただこうと思います。一説によると、スイカが全国に広まったのは江戸時代の後期ともいわれます。
そして「古来、すいか割りは<居合抜き>の修業にも用いられてきた」ともいわれております。「居合抜き」は刀を素早く抜き、野菜や果物を切断するといったパフォーマンスのことも指しているそうです。

※各人の前にスイカが並べられ、佐々木さんが「超高速!」と掛け声をかけると観客が「参勤交代」と掛け声をかけ武光を振り下ろすも、一度ではスイカは割れず、二度目のチャレンジで見事成功。

0611超高速!参勤交代1
割ったスイカは観客の皆様へお帰りの際に振舞われました。

MC:見事なスイカ割りでした。いかがでしたか?

佐々木さん:普通スイカ割りと聞いたら目隠ししてやるもんだと思いますが、見えたままやるというのは初めてでした。でも割れると気持ちの良いもんですね。

みなさんも気を付けてやってみてください(笑)。

MC:それでは佐々木さん最後に一言お願いいたします。

佐々木さん:本日は、お越しいただきましてありがとうございます。
また、皆さん浴衣で来ていただけるという華やかな演出にご協力いただき感謝しています。

時代劇だけれど皆さんのような若い世代の方が、「面白かった」「楽しかった」といってもらえる作品だと思います。「セクシーショットをみたよ」でも良いので、気に入ってもらえていれば、ぜひお友達や周りの人に伝えてもらえればと思います。
ありがとうございました。

『超高速!参勤交代』

6月21日(土) 全国ロードショー
公式HP: http://cho-sankin.jp/
公式Twitter:@chosankin


(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会
********************************************************************

解説
お上から「5日以内に江戸へ参勤せよ」と無理難題を強いられた弱小貧乏藩。

幕府の無理難題に<参勤交代>で挑む!?って、どうやって…時間がない!

物語は続きを読むでお願いします。 続きを読む 『超高速!参勤交代』蔵之介も浴衣で登場!舞台挨拶




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『超高速!参勤交代』佐々木蔵之介らが勢ぞろい!


「のぼうの城」を輩出した脚本賞として注目を集める城戸賞。

その第37回城戸賞にて、傑出したエンターテインメントと評され最高得点の高評価を得てで“入選”を果たした脚本の映画化

『超高速!参勤交代』

本作の主人公佐々木蔵之介演じる内藤政醇は現在の福島県いわき市に位置する湯長谷藩の藩主。金も、時間も、人も不足している中で政醇は幕府からの理不尽な要求に応えるべく、通常8日はかかる道のりを実質4日しかない中、知恵と工夫で乗り切ろうと立ち向かいます。

豪華キャストが集結した
佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、西村雅彦、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、六角精児、本木克英監督と豪華面々がが勢ぞろいする完成会見、完成披露試写会・舞台挨拶を実施されました。

『超高速!参勤交代』完成披露会見・完成披露舞台挨拶 実施概要

◆実施概要◆
日時:5月27日(火)
完成披露会見:江戸東京博物館
完成披露試写会・舞台挨拶/丸の内ピカデリー1
登壇者:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、西村雅彦、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、六角精児、菊千代(猿)/舞台挨拶のみ、本木克英監督

MC:本日は本作のテーマ「参勤交代」にちなみまして、全国の大名が参勤交代を果たすため、江戸城へ登城する際に通ったとされる日本橋が再現された、この江戸東京博物館で記者会見をおこないます。
それではお呼びしましょう!「超高速!参勤交代」キャスト、監督の登場です。

男性陣は青色の着物、紅一点の深田さんは艶やかな赤色の着物姿
超高速!参勤交代-記者会見
完成披露会見

MC:日本橋を見上げるこちらのスポットにて、完成披露会見を行います。それではおひとりずつ、ご挨拶いただきましょう。まずは本作の主人公、お人好しだけど庶民に愛される湯長屋藩藩主・内藤政醇を演じられました、佐々木蔵之介さん、ご挨拶をお願いいたします。

佐々木蔵之介さん:湯長屋藩藩主・内藤政醇を演じました佐々木蔵之介です。今の福島県いわき市が舞台の貧乏藩、藩主を演じさせていただき、山を走り、川に流され、泥だらけになりながら駆け抜けました。今日はこんな立派な衣装でこの場に立てて光栄です。よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。続きまして紅一点、口汚いが実は乙女な宿屋の女・お咲を演じられました、深田恭子さんご挨拶をお願いいたします。

深田恭子さん:お咲を演じました深田恭子です。紹介にもありましたが、口汚い役ということでセリフなどに戸惑うことがありましたが、皆さんがとても優しくしてくれて撮りきることができました。本日はよろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。旅先案内人を勤める、敏腕だがいわくありげな抜け忍・雲隠段蔵を演じられました伊原剛志さんお願いいたします。

伊原剛志さん:今日はお越しいただきましてありがとうございます。
試写を観させてもらったときは会場がおじさんばっかりで大丈夫かな?と思いましたが、皆さん大笑いしていました。その後監督が地方にキャンペーンに行った時、若い人も笑ってくれていたと聞いて安心しました。松竹らしい映画ですのでよろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。知恵者だが口うるさい家老・相馬兼嗣を演じられました、西村雅彦さんお願いいたします

西村雅彦さん:本日はお忙しい中多数の方々のご来場嬉しく思っております。

感無量です、何卒よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。リーダー格で刀剣の腕が立つ荒木源八郎を演じられました、寺脇康文さんお願いいたします。

寺脇康文さん:素晴らしい脚本をセンスのあるギャグで味付けして監督がとても面白く映画化してくれました。のんびり、楽しく演じさせていただきましたので是非ともよろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。常に冷静沈着、理屈好きの秋山平吾を演じられました、上地雄輔さんお願いいたします。

上地雄輔さん:西村さんのおかげで、フラッシュが眩しくならないように美しく撮影してください(笑)。

MC:ありがとうございます。
弓の名手だが高いところが、苦手な鈴木吉之丞を演じました知念侑季さんお願いいたします。

知念侑李(Hey!Say!JUMP)さん:今回時代劇に初挑戦させていただいたので違和感無くできるかなと不安でしたが、弓のシーンもかっこよくできたと思います。でも皆さん大きくて……そこがちょっと違和感かなと思いますが、ちっちゃくても頑張っていますのでよろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。二刀流の使い手で、馬廻役も務める増田弘忠を演じられました、柄本時生さんお願いいたします。

柄本時生さん:殺陣も初めてで二刀流をやらせてもらいましたが、かっこよくできていると思います。……そんな感じです。よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。槍に秀でるが、腹も出ている今村清右衛門を演じられました、六角精児さんお願いいたします。

六角精児さん:腹も出てるって!え、書いてあるの?台本に??大変なこともあったけれど、和気あいあいとした楽しい現場でつくりあげた、人情時代劇。楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。そして、本作のメガホンを取られました本木克英監督お願いいたします。

本木克英監督:監督をつとめました、本木克英です。時代劇ってこんなに面白かったっけ?って言ってもらえるような作品になっています。(今サッカー日本代表などにも言われる)300年前のサムライ魂も味わってもらえると思いますので、よろしくお願いします。

MC:皆様から一言ずつご挨拶をいただきましたので、ここからは会場にお集まりいただきましたマスコミの皆様から質問を承りたいと思います。

Q:幕府からの無理難題をつきつけられた弱小藩が知恵と工夫、そしてチームワークで果敢に挑んでいくお話ですが、現場での実際の雰囲気やチームワークはいかがでしたか?

佐々木さん:金、時間、人がいない中で参勤交代を成功させようというストーリーと同じように、台風に4回遭遇して撮影予定だった橋が流されるというようなアクシデントとかありましたけど、笑顔で切り抜けたのは映画と同じでしたね(笑)。ほかにも寺脇さんが、皆のマネをしてムードを盛り上げてくれたり、柄本くんに菊千代(猿)がなつかなくて六角さんになついちゃったり、上地くんが人にいたずらしてたり、伊原さんのヤンチャな感じとか、知念君のセクシーなふんどし姿とか、なにより色っぽい深田さんが現場に来る時のスタッフのテンションの上がり具合とか色々ありましたけど、楽しい現場でした。

MC:ありがとうございます、絶妙のチームワークで作品が成立したんですね!お次の質問お願いします。

Q:まわりはほとんど男性陣で紅一点という中での撮影だった深田さんですが、苦労されたところなどありますか?

深田さん:皆さん本当に優しくしていただいて、今までで一番かもと思うくらいでした。現場に入るとみなさん順々に「おはよう」と声をかけてくれましたし、蔵之介さんは「今日の夜ご飯は何食べるの?」とか色々気遣っていただきました。

佐々木さん:深田さんが現場に来るときはスタッフのノリや空気が違ったので悔しかったですよ(笑)。

六角さん:僕たちも嬉しくなって、士気が高まりましたね(笑)。

MC:皆さん、深田さんの登場でテンションがかなり変わったみたいですね。それでは次の質問お願いします。

Q:先ほどご挨拶の際にも少しおっしゃっていましたが、走るシーンなど苦労ところはされたはありますか?

佐々木さん:『超高速!参勤交代』というタイトルなので、「走ってなんぼ!」と思っていましたけれど、時代的にナンバ走り(※1)だよと監督に言われてやったが、結構大変でしたね。

MC:深田さんはずっとお着物で大変でしたか?

深田さん:(役柄的に)所作に気をおくより大胆に演じようと思ったので(口汚い)セリフの方が苦労しました。

伊原さん:走るシーン実際はヒィヒィいってましたね。辛くて酒飲んで翌日汗で出る…そしたら尻出したみたいな。

佐々木さん:皆さんがお尻出してるのは(ふんどし姿の)映画の中でですよ!

西村さん:苦労は…無い!!ただ途中からボロボロの衣装を着せられていつまでこの格好なのかな…嫌だなぁ~って思ってました。

寺脇さん:子どもかっ!

上地さん:僕は後ろの方を走っていたので、カットの声が前の方まで届かなくて、ずーと走っている人達を見ていました(笑)。

知念さん:身体の倍くらいある弓を扱うのが大変でした。あとは列の後ろの方だったので、少しでも映るようにカメラを確認しながらやっていました。

柄本さん:菊千代が「本番」って掛け声のあとに立ち回りが始まったりするのがわかるようなってビックリするようになっちゃって、菊千代待ちがありましたね。あと六角さんの肩に乗るように僕よりなついていました。

六角さん:肩に乗られたのは全く大変ではなかったですね(笑)。それよりも地面に膝をつくシーンで、膝のところに上地君が小石を仕掛けてきたのが痛かったですね。そしたら知念君も一緒に石を置いて……。

上地さん:これはいたずらじゃなくて、リアリティを求めたからです。時代劇で地面が綺麗になってるとか、変じゃないですか。リアリティです!

MC:苦労の中にも和気あいあいとした雰囲気が伝わってきますね。お次の質問お願いいたします。

Q:監督にお伺いします。本作は人気脚本家の登竜門とも言われている「城戸賞」を受賞していますが、映画化にあたって特に魅力を感じたところはありますか?

本木監督:時代劇だけど娯楽性が高いうえ、無駄なく物語が描かれていると感じました。志の高さと技術の高さが両立しているのと、誰もが聞いたことのある「参勤交代」をテーマにして「超高速!」をくっつけたタイトルのキャッチーさと企画性の高さにひかれました。

MC:ありがとうございます。仰る通りタイトルを聞いただけで「なんだろう?」と興味を持った方も多いと思います。そろそろ最後の質問にさせていただければと思います。

Q:深田さんにお伺いしたいのですが、男性陣の中で本当に江戸にいそうな方とその理由をお聞かせ願えればと思います。

深田さん:そうですね……やはり蔵之介さんですね。ちょんまげで生まれたんじゃないかというくらい似あっていたと思います。後姿や佇まいも江戸時代にいそうだなと思いました。

佐々木さん:そういっていただけて嬉しいです、後姿までちゃんと見ていただいて光栄です。


~会見以上~


超高速!参勤交代-完成披露試写
場所を丸の内ピカデリーにうつして行われた完成披露試写会。

上映前の舞台挨拶では、本作を一足先にご覧になるお客様で満席となった会場に出演者が呼びこまれると、大きな歓声があがり、場内の熱気が最高潮に達しました。登壇者はそろって老若男女楽しめるエンタテインメント時代劇ということをアピール。寺脇さんが伊原さん西村さんと六角さんのモノマネを披露し場内を沸かせると、佐々木さんは六角さんのふんどしの絞め方が緩く技術スタッフが余計なところに予算がかかってしまうと頭を悩ませていたことを暴露。

六角さんも「このままじゃR指定になってしまう」と告げられたことを明かし会場を爆笑の渦に包みました。さらに特別ゲストとして参勤を共にした猿の菊千代が登場すると、会場からは「可愛い!」との声があがりその一挙手一投足が注目の的に。

最後に見どころを問われると佐々木さんは「福島県の弱小藩が、江戸幕府と戦う話で、湯長谷藩士はみんなチャーミングに描かれています、それぞれが愛されるキャラクターとなり、そしてこの映画が皆様に愛されることを切に願っています。」

と真面目にコメントしたと思いきや

「今日は特にふんどしのシーンを見逃さないでください、何かが映っているかもしれません。」

として、終始笑いの絶えない舞台挨拶を締めました。


以上


「超高速!参勤交代」

6月21日(土) 全国ロードショー

公式HP: http://cho-sankin.jp/
公式Twitter:@chosankin

********************************************************************



解説
お上から「5日以内に江戸へ参勤せよ」と無理難題を強いられた弱小貧乏藩。
幕府の無理難題に<参勤交代>で挑む!?って、どうやって…時間がない!8日はかかる道程を実質4日…カネがない!参勤から帰ったばかりで貯蓄ゼロ!人もいない!7人で大名行列に見せかける?!しかも殿はトラウマ持ち。突如現れる謎の案内人は、いわくありげな抜け忍。行く手を阻む公儀隠密、さらに御庭番衆、百人番所まで…超難題!なミッションに、果たしてどう挑むのか!?

物語
江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。

磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。享保20年(1735年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。

しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。

藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめた。それは、道中の人が見ているところでは渡り中間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して駆け抜けると言う奇想天外な作戦だったのだ!そこに東国一の忍びと言われる戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵を道案内役として雇うが、幕府の老中・松平も刺客を雇い、湯長谷藩の参勤交代を阻止しようとしていた…

果たして湯長谷藩は、5日以内に参勤交代を果たし、無事に藩と領民を守ることができるのか!?

作品概要
出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!!JUMP)、

柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司/陣内孝則(特別出演)、西村雅彦

監督:本木克英
脚本:土橋章宏(講談社「超高速!参勤交代」)
製作:「超高速!参勤交代」製作委員会
企画・配給:松竹
(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ