「伊勢谷友介」タグアーカイブ

安田顕 主演映画『愛しのアイリーン』二人で歩む、地獄のバージン・ロードとは!ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 主演:安田顕 映画『愛しのアイリーン』が9/14(金)に全国公開されることが決定し、ポスター・ビジュアルがついに解禁となりまた!

また共演に木野花、伊勢谷友介、アイリーン役にはフィリピン人女優のナッツ・シトイと発表。

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。

二人で歩む、地獄のバージン・ロードとは!

左から:吉田恵輔監督+主演・安田顕+原作者・新井英樹

寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。

騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける−。ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

映画情報どっとこむ ralph 未だに熱狂的なファンを持つ「ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化された「宮本から君へ」で再び脚光を浴びる生ける伝説、新井英樹の傑作漫画が史上初めて映画化される。監督は『愛しのアイリーン』を“最も影響を受けた漫画”と公言する吉田恵輔。『ヒメアノ〜ル』で日本を震撼させた吉田演出の集大成がここにある。

主演は稀代のカメレオン俳優、安田顕。

伝説漫画の主人公を渾身の力で怪演する。この度解禁となる共演陣には、岩男の母にして強烈な愛憎でアイリーンを追い詰める姑ツル役を、名優・木野花が恐るべき迫力で演じる。

そして深遠なるヤクザ塩崎役には伊勢谷友介。
謎めいた存在感で映画にサスペンスフルな重圧を与える。

更に本作のヒロインであるアイリーン役には、フィリピンオーディションで吉田監督により見出された新星ナッツ・シトイ。共演陣にも実力派俳優が集結した。また、本作のために書き下ろされた主題歌「水面の輪舞曲(ロンド)」を奇妙礼太郎が歌唱することに決定した。
合わせてついに本作のビジュアルが初解禁となった!
ピンクと紫に彩られた怪しい雰囲気のラブホテルのバスルーム。浴槽の中には、岩男が働くパチンコ店を想起させるパチンコ玉が10万個敷かれており、その中で“地獄のバージンロード”を象徴するかのように、白いタキシード姿の安田顕とウェディングドレスのナッツ・シトイが寄り添う。貞操と卑猥、美しさと儚さの共存。いったいどんな物語が展開するのか期待を隠せないビジュアルがここに完成。

***********************************

安田顕/ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花

監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし)
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)
音楽:ウォン・ウィンツァン

主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲(ロンド)」
(WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 宮崎伸夫
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子行実良 飯田雅裕

製作幹事:VAP 企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房

2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)レイティング:R15+


神木隆之介 前・後編公開に感謝!『3月のライオン』後編初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 大友啓史監督最新作、神木隆之介ほか豪華キャスト出演の映画『3月のライオン』【愛の後編】が初日を迎え、主演の神木隆之介さんをはじめ、有村架純さん、倉科カナさん、清原果耶さん、加瀬亮さん、伊勢谷友介さん、前田吟さん、大友啓史監督が登壇する、舞台挨拶が行われました!


映画『3月のライオン』【後編】公開初日舞台挨拶
日時:4月22日(土)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、加瀬亮、伊勢谷友介、前田吟、大友啓史監督

映画情報どっとこむ ralph 通路から現れたキャストの皆さんに大歓声の見終えたばかりの観客。

神木さん:休日の朝早くありがとうございます。無事に後編公開となりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

との、挨拶からスタート。

前後編通じて、観てほしいところを聞かれ

伊勢谷さん:映画はフィクションですからね。

と念を押す伊勢谷さん。
伊勢谷さん:棋士の戦いぶりプロ棋士の民さんの戦いのオーラが凄くてファンになり!僕はあんな感じで、申し訳ないと思った映画です。でも、さっき温かく迎えていただいて嬉しいです!神木君が詰まった映画ですね。ただのファンのおじさんです!
 
加瀬さん:見て欲しいのは前篇のオープニングが好きです。映画の世界に入っていきやすいと思います。長回しがしんどかったです、僕は打つ手だけかと思ってたら、対局は予想以上に疲労しました。

と、将棋のシーンが大変だったそう。
 
伊勢谷さん:試合の展開は、ちゃんと打ってるんですか?

神木さん:僕らは棋士の先生に、何十手先まで指し方を教えてもらっておいて。いったん自分で思ったかのように、打ってるんです。

と、対局がリアルに見えたのがなぜか?を披露。一方で

前田さん:シーン。忘れちゃったなーそのあと、細かく働いてたから、全編すばらしい、監督日本一! 

と、前田さんに言われ恐縮する監督と爆笑するキャストさん。。


映画情報どっとこむ ralph 続けて・・観ていただきたいシーンは

清原さん:神木さんと川本家の皆さんで食事するシーンですね。休憩中から楽しかったです。友人からもリアルだねって言われて嬉しかったです。。

倉科さん:わたしも食べるシーンはとっても好きですね。いびつな家族の形であるのに、食事のシーンに楽しみ生きることが詰まってる気がしました。後編の伊勢屋さんとのシーンがあそこまでもっていくのは大変でしたね。

実は、今回の撮影での食事は、食べておいしいものを、監督とスタッフさんで用意したそう。

有村さん:陽菜ちゃんが間違ってない!後悔してないって言うシーン。胸がギュッと。川本家の温かさに救われたなと。

神木さん:衣装ですね。いろいろなシーンで雰囲気に合った衣装になっているので、観てもらいたいですね。それから前篇と後編では時間が少し経っていて、歩く姿勢とかも変えたりしてるので、背筋が伸びてたり・・・対局でも気にしてるんです、観てもらいたいですね。

と、細かいところにも注意を払った神木さんに

伊勢谷さん:自分のシーンが一番好きですって!

と、茶々をいれて会場を沸かせます。

監督:最後のシーン。表情を観てください!終わりではなくてこれから始まるシーンにしましたので。心に残って続いていくと思っていただければ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、鏡開き!せーのっ!
中から出てきたのは、お客さんへのプレゼントの番号!神木隆之介さん、有村架純さん、倉科カナさん、清原果耶さんがそれぞれ当選者に手渡し!

さらに、第20回上海国際映画祭に正式上映!史上初2夜連続プレミア上映が決定したとの発表に素直に驚く皆さん!!

最後に

神木さん:やっと2部公開されました。これから僕らの手を離れます。これから愛情をもって見守っていただければと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。

と、イベントを締めました。

『3月のライオン』

前編&後編:絶賛上映中

映画公式サイト:
3lion-movie.com
映画公式Twitter:
@3lionmovie







***********************************

監督: 大友啓史
原作: 羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史

出演:
神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮 伊勢谷友介
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也
尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司

配給:東宝=アスミック・エース


映画『3月のライオン』愛の後編 ついに予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 大友啓史監督最新作、神木隆之介ほか豪華キャスト出演の映画『3月のライオン』の【前編】が3/18(土)に公開され、すでに観た人々から熱い共感と感動を呼んでいます・・・そして、期待高まる【愛の後編】は4月22日より全国ロードショー。

この度、【後編】の予告編が遂に解禁。家も家族も居場所もなかった主人公・零。闘いの日々の中で川本家の人々をはじめとする大切な人々と出会い、ようやく温かな居場所を見つけた零は、愛おしい人たちのために新たな闘いに立ち上がる!



【後編】予告編、ここに注目です!!

孤独なプロ棋士の少年・零(神木隆之介)が、様々な人々と出会い、立ち上がっていく姿を描いた【闘いの前編】の物語から1年。今回の後編予告は、「僕、みんなを守りたくて…でも方法が分からなくて…」という零の胸が張り裂けるようなナレーションから始まる。温かな居場所を見つけた零は、新たな試練に直面する。大切な川本家を襲う事件―次女・ひなた(清原果耶)のクラスでいじめが始まり、さらに3姉妹を捨てた放蕩な父親・誠二郎(伊勢谷友介)が突然川本家を訪れる。他の女性と子供を作って出ていったきりだった誠二郎は、「一緒に暮らさないか」と耳を疑うような要求をつきつける。そして、崩壊へと向かっていく香子(有村架純)はじめとする幸田家、将棋の神の子・宗谷(加瀬亮)との対決――

大切な人たちを守るため、強くならなければと新たな闘いに立ち上がろうとする零。ひなたへの力強い励ましの言葉(「約束するよ。僕がついてる」)や、香子に向けた決意の一言(「この男に勝ったら、家に戻ってよ」)からは、愛を知った零の強さとともに、前編とはまた一味違った深く濃厚なドラマを予感させる。そして、誰も知らない未知のラストが待ち受ける。

映画情報どっとこむ ralph 後編 ものがたり・・・

愛することを知った18歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、

彼をめぐる人々の闘いと愛は今、クライマックスへ――!

幼い頃に家族を亡くし、育ててくれた師匠の家をある理由から出て行き、ひたすら将棋を指していた高校生のプロ棋士・桐山零は、川本家の3姉妹と出会う。あれから1年、今年も獅子王戦トーナメントが始まったが、最高峰を目指す棋士たちに様々な試練が降りかかる。トップに立つ将棋の神の子と恐れられる宗谷名人でさえ、ある重大な秘密を抱えていた。一方、零が別れを告げた師匠の家庭は崩壊へと向かっていく。さらに川本家の3姉妹を捨てた父親が突然現れ、耳を疑う要求を突き付ける。強くならなければ、大切な人たちは守れない。 愛することを知った零の闘いの行方は--?

映画公式サイト
3lion-movie.com

***********************************

監督:大友啓史
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介
前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏

伊藤英明 / 豊川悦司

原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
音楽:菅野祐吾
後編主題歌:藤原さくら「春の歌」(スピードスターレコーズ)
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会


ひとに薦めたい率、100%って 『3月のライオン』【前編】新海誠らコメント!


映画情報どっとこむ ralph 男たちの闘いは、凛々しく、美しく、凄まじい!!
白熱の対局に挑むプロ棋士たちの新画像、一挙公開!!!

大友啓史監督最新作、神木隆之介ほか豪華キャスト出演の映画『3月のライオン』の【前編】が3/18(土)に公開され、すでに観た人々から熱い共感と感動を呼んでいます。
初日に実施された全国アンケート(2017.3.18・東宝調べ)では、「とても良かった」「良かった」が 【90.8%】と高い満足度を獲得。
大手レビューサイト「Yahoo!映画」では、【★★★★ 4点以上】の高得点をキープし続けており(3/27時点:4.15点)、公開前に行われた試写会(書店員向け・2017.1~2月東京&大阪5回開催)では、前編・後編共に「ひとに薦めたい」が、驚異の【100%】を記録。

前述の全国アンケートでは、後編も「必ず観たい」「観ると思う」が 【96.7%】と、4/22(土)に2部作連続公開となる【後編】にも早くから期待が高まってます!

映画情報どっとこむ ralph そんな胸をアツくさせる【前編】の中でも特に話題を呼んでいるのが、まるでアクションシーンのような緊迫感が溢れる将棋の対局シーン。

将棋をテーマとした本作は、様々な人生を背負った棋士たちの頭脳と肉体と精神すべてを賭ける壮絶な闘いが描かれる。故郷・山形の期待を一身に背負い、念願のタイトルに努力と鍛錬で挑むA級棋士・島田開 八段(佐々木蔵之介)。

入院中の妻を気に掛けながら、眼力と存在感で周囲を威圧する重厚な将棋を指すA級棋士・後藤正宗 九段(伊藤英明)。

“将棋の神の子”として他を寄せ付けない強さを誇るが、実は秘密を抱えている史上初の7タイトル制覇を成し遂げた天才棋士・宗谷冬司 名人(加瀬亮)。

ほかにも、難病を抱えながら将棋への情熱は誰にも負けない二海堂晴信 四段(染谷将太)

将棋も性格も軽さが売りの三角龍雪 六段(中村倫也)

ストレートで攻撃的な松本一砂 五段(尾上寛之)

4年連続で新人王に君臨するスキンヘッドのプロ棋士・山崎順慶(奥野瑛太)

など、手に汗を握る緊張感がいまにも伝わってきそうな闘う男たちが活躍する【闘いの前編】は現在、絶賛上映中。

そして後半はヒューマンストーリーに!

映画情報どっとこむ ralph そして!

娘さんが本作に出演していて、『君の名は。』で神木さんを起用した新海誠さん(映画『君の名は。』監督)、平野美宇さん(卓球・最年少全日本チャンピオン)、羽生善治 三冠(棋士)、佐藤天彦 名人(棋士)、江口洋介さん(俳優)、アニマル浜口さん(アニマル浜口レスリング道場主宰)&浜口京子さん(女子レスリング選手)親子、東出昌大さん(俳優)、末次由紀さん(漫画家「ちはやふる」)、海野つなみさん(漫画家「逃げるは恥だが役に立つ」)等、一足早く鑑賞した各界の著名人も、感動と驚嘆のコメントを寄せています!!

新海誠さん(映画『君の名は。』監督)
どこまでも孤独で、とても優しくて、なのに勝ち続ける力を希求してしまう桐山零。見続けずにはいられないような彼の姿が神木くんにぴったりと重なります。初めて原作を読んだ時から、そして神木くんの零くんを観てからはなおさらに、彼に憧れています。

平野美宇さん(卓球・最年少全日本チャンピオン)
どんなに辛い状況にあっても、どんな困難が待ち受けていたとしても、自分で道を切り開き、それを乗り越えていく主人公の姿に心打たれました。同じように勝負の世界に身を置くものとして、私も彼のよう強くありたい、そんな風に感じさせてくれる映画でした。

羽生善治 三冠(棋士)
桐山零君の将棋と人生に賭けるひたむきさが切なく伝わる作品で後編も楽しみにしています。

佐藤天彦 名人(棋士)
棋士それぞれが悩みや葛藤を抱え、もがきながら戦っている。それが画面から伝わってきました。リアリティのある重厚なドラマです。

アニマル浜口さん(アニマル浜口レスリング道場主宰)
零の人生が、何か僕の人生と相通じるものがあって感動!愛を知ると人は強くなる。人生の玉手箱のような映画だ!

浜口京子さん(女子レスリング選手)
零の成長を見ていたら、私も元気になりました将棋シーンの鮮烈さと緊張感、家族の愛情を楽しみました。

江口洋介さん(俳優)
桐山零が、取り巻く人々に揉まれ関わりながら再生して行く様は、駒を進めて行く将棋そのもの。苦悩の先に、勝ち筋という春が見えてくるような映画だ。

東出昌大さん(俳優)
みんなが映画の中に生きている姿を見られて、心底嬉しかった。観終わった今、春の陽光を浴びて心の芯から暖かく、清々しい気持ちです。

海野つなみさん(漫画家「逃げるは恥だが役に立つ」)
将棋を知らなくても面白い、将棋を知っている人はもっと面白い!
まるで殺陣のような緊迫した対局シーンとゆるっと笑える日常。原作より少しリアルな手触りと息遣い。
あらゆる年代の人が楽しめる映画だと思います!

末次由紀さん(漫画家「ちはやふる」)
原作をとことん愛して作られた映画です。実写で見たかったことの全てが入った映像から、初めて踏み込むラストまで、人間の芯の部分に優しく激しく触れてくるーー。
美しくて美味しくて眩しい作品です。

新房昭之さん(アニメ「3月のライオン」監督)
建物のたたずまい、将棋の駒、そこに生きる人々の感情が押し寄せる濃密な映像に圧倒された。

映画情報どっとこむ ralph 映画『3月のライオン

映画公式サイト 3lion-movie.com

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町に一人で暮らしている。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。それは、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける壮絶な闘いだった……。

ところが、ある事件が川本家を襲い、さらに3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。一方、幸田家も親子の対立から崩壊へと向かっていく。大切な人たちを守るため、強くなるしかない。新たな決意のもと最高峰を決める獅子王戦トーナメントに挑む零。トップには、将棋の神の子と恐れられる宗谷名人が待ち受けていた。

***********************************

監督: 大友啓史

出演: 神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介
前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司

原作: 羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)  
脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史  音楽:菅野祐吾
後編主題歌:藤原さくら「春の歌」(スピードスターレコーズ)
配給:東宝=アスミック・エース  
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会 
 


木梨憲武、佐藤健ら『いぬやしき』メインキャスト発表


映画情報どっとこむ ralph 空前絶後のアクション超大作に挑む!

奥浩哉先生が「GANTZ」のエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と現実には有り得ない非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画「いぬやしき」。映画『GANTZ』の制作スタッフが再集結し映画化。2018年公開の映画『いぬやしき』のメインキャストが発表!!相関図が届きました。

主人公・犬屋敷壱郎役には、『竜馬の妻とその夫と愛人』(2002年公開)以来、映画主演は実に16年ぶりとなる木梨憲武さん。実年齢より老けて見える犬屋敷役を演じるに当たり、特殊メイクを施して「おじいちゃんヒーロー」役に挑みます。
犬屋敷壱郎と同じ能力を持ち、人間を殲滅しようとしていく大量殺人鬼・獅子神皓役を演じるのは、『るろうに剣心』、『世界から猫が消えたなら。』、『何者』など、話題作に次々と出演する佐藤健さん。今作で自身初の悪役を演じ、「役者人生で培ってきたすべてを注ぐ」と意気込んでいます。

映画情報どっとこむ ralph そんな、お二人からコメントが届いています!

木梨憲武さんからのコメント

久しぶりに映画をやらせていただきます。
初めに映画のオファーをいただいた時、『いぬやしき』というタイトルを聞いて、どんな作品なのか全然分からなかったですが、「パパ、『いぬやしき』やるの?やったほうがいいよ!」という原作ファンの僕の子どもたちからの後押しもあり、「やります!」と意気込んでやらせていただくことになりました。
僕の役柄は犬屋敷家のお父さんであり、実年齢より老けているおじいちゃんのような外見のサラリーマンです。そんな男が家族や日本を救うために超人的な能力を使って戦う、という面白くてやりがいのある役なので、演じさせていただくことはすごく光栄です。
今回、撮影の前に海外で全身をスキャニングしたり、CGのシーンでは頭、腕、身体全部に番号のシールを貼った状態で演じたりと、初めての体験ばかりでした。
つまり私はCG男優になればいいんだと、そのとき理解し、新しい世界に踏み込んだ気持ちがしました。
佐藤健君とクランクイン前に話して、「なんてしっかりした役者なんだ!」と思いました。まさに俳優という感じで、やはり若手のエースですね! 彼との戦いのシーンも楽しみです。
役者・中井貴一さんに『いぬやしき』をやると伝えたところ、「木梨くん、犬の映画やるの?」と言われました。その悔しさをバネに気合を入れて頑張っています。ワンワン。


佐藤健さんからのコメント

◎映画撮影について
初めての悪役です。実年齢とはかけ離れた役ですし、僕が演じてもいいのかという葛藤もありました。しかし、ここまでスケールが大きく、心惹かれるキャラクターを前に、俳優としてこの役を演じたいという気持ちを抑えることができませんでした。お受けしたからには、これまでの役者人生で培ってきたすべてを注ぐ意気込みです。木梨さんはこの世界の大先輩ではありますが、敵役として全力でぶつかっていけたらと思います。
◎原作漫画「いぬやしき」について
スケールの大きさに驚かされる作品です。獅子神が自分にとっての悪を圧倒的な力で殲滅していくシーンには、爽快感すら覚えました。同じ能力を得たはずの二人が真逆の道を選択し、そしてぶつかる。今後の展開が非常に楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、獅子神の幼馴染であり、犬屋敷と組んで獅子神を止めようとする安堂直行役を本郷奏多、獅子神に好意を抱き、彼に寄り添う女子高生・渡辺しおん役を二階堂ふみ、父を疎ましく思う犬屋敷麻理役を三吉彩花、犬屋敷壱郎の息子・犬屋敷剛史役を福崎那由他、犬屋敷壱郎の妻・万理江役を濱田マリ、獅子神の母・優子役を斉藤由貴、そして獅子神の起こした事件を追う、映画オリジナルキャラクター・萩原刑事を伊勢谷友介ら、個性豊かな実力派俳優陣が脇を固め、作品を盛り上げます。
監督は『GANTZ』のメガホンをとった佐藤信介。『GANTZ』の制作経験を活かし、CG・ワイヤーアクションなどの技術を用いて、『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』など実写化不可能と言われた数々の原作を見事に映像化し、大ヒットに導いてきました。今作ではこれまで以上の緻密なCGを作り上げるべく、撮影前にキャストと海外に赴き、世界に数台しかない機器を使用して全身スキャニングを実施。最新の技術を駆使し、万全の態勢で撮影に臨んでいます!

映画情報どっとこむ ralph 『GANTZ』を超える、誰も観たことのないアクション超大作が2018年、誕生します!

映画『いぬやしき

2018年 全国東宝系にてロードショー!

物語・・・
主人公は妻と高校生の娘、中学生の息子をもつ定年間際のサラリーマン犬屋敷壱郎(58)。家ではうだつの上がらない父親で、覇気もなく、実年齢より老けていて娘の友人からは「おじいちゃん」だと勘違いされるほどの弱々しい見た目。

ある日、犬の散歩中に謎の事故に巻き込まれた犬屋敷が目を覚ますと、見た目は変わらないまま、身体の中が未知の機械で出来たサイボーグになっていた。

自分の身体が機械となったことを自覚した犬屋敷は、信じられないほどの破壊能力や生物を治癒する能力を手に入れたことに気づく。その能力を人助けに使うことで、自分の存在意義を見出すようになり、「生」を実感していく。

一方、犬屋敷と同じく事故に巻き込まれ、同じ能力を手に入れた獅子神は、悪事に手を染めていき、人の「死」を見ることによって、自分の「生」を実感していく。やがて、獅子神は自分に敵対する総ての人間を殲滅するため動き出す。

正義と悪―。人知を超える強大な能力を突然持ってしまった2人は、全く別の道を歩み、
そしてやがて、激突する―。

***********************************

監督:佐藤信介
原作:奥浩哉

キャスト:
木梨憲武、佐藤健
二階堂ふみ、三吉彩花、福崎那由、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介

製作:フジテレビジョン
撮影時期:2017年3月1日~4月末予定
撮影場所:都内にて撮影予定
(C)2018「いぬやしき」製作委員会