「仲代達矢」タグアーカイブ

主演 井浦新らからコメント到着!映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日ポレポレ東中野、7月7日桜坂劇場ほかにて全国順次公開となります。今まで語られることのなかった実在の外交官千葉一夫を演じるのは井浦新さん。米軍の理不尽な圧政に泣き、沖縄の現状に泣いたという人間味溢れる千葉の奮闘が描かれた予告映像が解禁です!

1972年5月15日、沖縄返還。
日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。返還交渉が始まった1960年代。千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。
さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。挫折しかけながらも妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。

映画情報どっとこむ ralph あわせて本作に寄せられた美輪明宏、茂木健一郎、鳥越俊太郎のコメント、主演・井浦新、戸田菜穂からのメッセージが届きました。
【井浦新コメント】
真剣に、本気で生きる千葉一夫さんの姿が、深く胸に突き刺さった。千葉さんが見た沖縄、そして闘い続けた日本は、あれからどう変わったのだろうか。僕たちは真実を知らなくてはならない。

【戸田菜穂コメント】
「沖縄をこの国に取り戻す!!」そう断言した男の、なんとたくましく魅力的なことか!!日本の歴史を変えた、魂と信念の男の妻を演じて一年経つが、私はいまだにその熱が冷めやらない。

映画情報どっとこむ ralph 予告映像は、「沖縄を取り戻す、日本を取り戻すそれが僕の仕事だ」と真っ直ぐに語る若き日の千葉一夫(井浦新)の言葉から始まる。千葉の直属の上司役・佐野史郎さん、尾美としのりさん、駐米大使役・大杉漣さん、琉球政府主席役・石橋蓮司さんらとぶつかりながら、アメリカとの一筋縄ではいかない返還交渉を成し遂げるために突き進む豪傑な千葉の様子が映し出されている。また、予告映像内には美輪明宏、茂木健一郎さん、鳥越俊太郎さんが「今観るべき映画!!」とそれぞれ絶賛のコメントを寄せている。



映画情報どっとこむ ralph 当時を知る著名人の方々からもコメント!

【美輪明宏(歌手 俳優演出家)コメント全文】
おごれる戦勝国、米国にとって従順ならざる日本人が、白洲次郎以外にもここに居たのである。これは特に政官界人達必見の映画である。演出も俳優陣も素晴らしい。

【茂木健一郎(脳科学者)コメント全文】
沖縄返還の舞台裏に、もう一人の「白洲次郎」がいた!プリンシプルを譲らず、アメリカに対峙した外交官を井浦新が熱演。歴史の渦の中で、貫かれた志。この映画は、傑作にして衝撃のスクープでもある。

【鳥越俊太郎(ジャーナリスト)コメント全文】
沖縄の辺野古に基地が新しく造られようとする今、この映画の登場は大きな希望の光を与えてくれる。「いつか、沖縄を取り戻す」を心に秘め沖縄返還交渉にあたった外交官が日本に実在した!驚きと感動の映画だ。


映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

6月30日 ポレポレ東中野、7月7日 桜坂劇場
8月11日 東京都写真美術館ホールほか全国順次公開!

公式サイト:
www.henkan-movie.com


***********************************

井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ
チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

語り:仲代達矢

監督:柳川強

脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 

原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎 


資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館 
制作・著作:NHK  配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】
©NHK   


仲代達矢「大映男優祭」で往年の映画界を大いに語る!


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)~5月11日(金)、角川シネマ新宿にて「大映男優祭」が行われていて、日本の映画史を彩る男優たちの美しさに溺れる作品群は、長谷川一夫主演で大映初のカラー作品となる『地獄門』(第7回カンヌ映画祭でグランプリ)をはじめ、市川雷蔵主演の『薄桜記』、勝新太郎主演の『座頭市物語』など、大映の看板 俳優の名画など映画通をも唸らせる作品が上映されています。
この「大映男優祭」の開催を記念し、本日(21日)、『炎上』に戸苅役で出演されていた仲代達矢さんが登壇して、 トークイベントが行われました。

日時:4月21日(土)
場所:角川シネマ新宿
登壇:仲代達矢(俳優)

映画情報どっとこむ ralph 今回、三島由紀夫の「金閣寺」を元に手がけた『炎上』の上映が行われ、同作に出演した仲代達矢さんが上映後のトーク セッションに出席。市川崑監督や雷蔵さんとの思い出や、時代を彩った大映のスターたちとのエピソードを明かし、 会場は大きな盛り上がりを見せた。

御年85歳の仲代さんが壇上に姿を見せると、割れんばかりの拍手がわき起こり「待ってました!」「カッコいい!」 といった声援が!!

これに対し仲代さんは、上映を劇場の後ろの方で見ていたことを明かし

仲代さん:当時、26歳で約60 年前の作品ですが、それにしては新しい映画に出ていたもんだなと思いました。

と同作が時代を超えていまなお持つ瑞々しさに言及。

仲代さん:いい作品は時空を超えるんですね。『60年前に作ったの?』と思わせてくれる。ただ、(寺を)燃やすだけの作品じゃなく、実験的なことをやってますね。

としみじみ。当時は「5社協定」と言われる映画会社間の協定があり、俳優は映画会社と専属契約を結び、他の会社の作品には出 られないという時代。しかし、仲代さんは専属契約を結ばずフリーランスの立場で活動していて、各社を横断して様々な監督と仕事をしたそう。

仲代さん:僕は新劇(俳優座)の出身で、映像のオーディションに9回も落ち続けて、これはもう(映像作品は)無理なんだろうと 思って、舞台1本でやっていこうと思っていたところ、声が掛かるようになりました。最初、日活でデビューして『専属にならないか?』と言われたんですが、『演劇には出られますか?』と聞いたら『(日活作品以外は)ダメだよ』と言われて お断りしたんです。(フリーだからこそ)素晴らしい監督、素晴らしい作品に出られて幸運でした。市川崑監督の作品に 出られたのもそのおかげ!

と演劇への出演のために専属契約を結ばずに活動したことで、結果的に多方面の作品に 出演することができたと驚きのエピソードを明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 『炎上』を京都で撮影した当時の思い出として
炎上 (C)KADOKAWA1958
仲代さん:僕は大阪で『令嬢ジュリー』という芝居をやってて、(京都の撮影を) 16時に終えれば芝居に間に合うんですけど、ある日、市川監督から『今日は芝居(に行くの)をやめてくれないか? (チケットは)買切るから』と言われまして…。千人ものお客さんが待っているので、それはできないと。結局、15分ほ ど遅れて芝居は幕を開けました。

と明かした。また、主演の市川雷蔵さんは、当時「雷さま」と呼ばれ女性ファンが多かったが、従来の美剣士の役と違い、『炎上』 では吃音というコンプレックスを内面に抱える青年役ということで

仲代さん:女学生たちがロケーションに集まって『雷さまはどこ?』って言ってるんですが、メイクなしのすっぴんなので(雷蔵さんだと気づかずに)素通りしてて、私が『雷さまはここにいるよ』と紹介係をしてました(笑)

と明かし、改めて本作での雷蔵さんについて

仲代さん:内面的な演技が素晴らしい。歌舞伎の世界からみえた方ですが、哲学的で私はすごく合いました。祇園に連れて行ってくれたのも雷蔵さんでした(笑)。以降、残念ながら共演はしておらず、天国に行かれてしまいましたが…

と37歳での早逝を惜しんだ。また、仲代さんは雷蔵さん以外の大映スターたちとの公私での思い出話を披露。勝新太郎さんとは、銀座のバーで 働いていた俳優学校時代、同期で親友の宇津井健さんがバーに連れてきたのが出会いだったそうで

仲代さん:気が合って、 よく遊びました。

と語る。勝さんといえば、黒澤明監督の『影武者』(1980年)で、当初は勝さんが主演だったが降板し、 仲代さんが代役を務めたが

仲代さん:どうしても勝さんと黒澤さんがうまくいかないということで、細かい理由はわかんないけ ど勝さんが降りたんです。黒澤先生から電話が来て『代役で悪いけどやってくれ』と。勝さんは親友で『座頭市』も出てるし『勝さんの了承を得てお返事します』と言いました。映画が出来上がって1年後、私の女房が亡くなって、(降板 騒動から)それまで会う機会がなかったんですが、葬式に勝さんが来られて、抱き合って、女房の死を悲しんでくれ ました。

と40年ほど前の思い出を語ってくれました。
座頭市物語 (C)KADOKAWA1962

勝さんとは三隅研次監督の『座頭市あばれ火祭』(1970年)で一騎打ちの激しい立ち回りを演じているが

仲代さん:私の俳優 人生で一番、立ち回りがうまいと思った俳優さんは三船敏郎さんで、その次は勝さんと萬屋錦之介さん。私は新劇 出身なので最初、下手で錦之介に『どうやったらいいの?』と聞いたら『簡単だよ。『米』という字を書けばいいんだ。 それで20人は斬れるよ』と言われました(笑)

と語り、会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph また、同じく大映のスターとして一世を風靡した田宮二郎との思い出を尋ねると「モダン」と評し、田宮さん主演で仲代さんも出演した映画『華麗なる一族』、仲代さん主演で田宮さんも出演した『不毛地帯』など、山崎豊子原作の作品での共演に言及し

仲代さん:(田宮さんの代表作となったドラマ版の)『白い巨塔』にも山崎さんから『出ないか?』とお話が あったんですけど、ちょうど演劇をやってまして…。残念でした。

とタイミングが合わずに出演できなかったという驚きの事実が明かに。
白い巨塔 (C)KADOKAWA1966
このほか、佐藤慶、菅原謙次、長谷川一夫、成田三樹夫ら当時の先輩、後輩の俳優陣との思い出を語り「いまじゃ みんな、天国に行ったけど…」と寂しそうに口に。

85歳のいまも現役の俳優として次々と新しい作品に参加するとともに「無名塾」で若い俳優の育成にも力を注いでいるが

仲代さん:弟子も(同じ舞台に立てば)共演者ですし『仲代達矢、老 いたな』と思われたくなくて一生懸命やってます。

とまだまだ若い俳優には負けじとばかり、力強く語る。そして若い俳 優に向けて

仲代さん:懸命にやること、他人の100倍やるってこと。あとは人や作品との出会いがある。役者ってひとりじゃ絶対にできない。スタッフの力を借りないとできないんです。無名塾では『礼儀正しく、絶対に遅刻せず、スタッフに可愛がられろ』と言っています。

と説いた。

映画情報どっとこむ ralph また映画界の現状についても

仲代さん:いまは昔ほどいい環境ではない気がします。俳優として技を極め、スタッフとの連携 を深める時間、ある程度のお金がほしい。

と訴えた。

最後に・・・

仲代さん:スターたちの写真が並ぶポスターを見やり「ほとんど同世代ですが、残念ながら(既に亡く なって)お目にかかれないですが、私もそろそろ、そちらの仲間に入れさせていただきますが…

と独特のユーモア たっぷりに語る。そう言いつつも、既に新しい演劇作品への出演も決まっているそうで、去り際にはさらなる活躍を願 う客席からは再び温かい拍手がわき起こりました。
大映男優祭は4月14日(土)~5月11日(金)、角川シネマにて開催

配給:KADOKAWA

***********************************


佐藤忠男、仲代達矢 登壇決定! 「大映男優祭」は4月14日(土)~開催


映画情報どっとこむ ralph この度、4月14日(土)~5月11日(金)まで角川シネマ新宿にて「大映男優祭」を開催となります。

1942年誕生した映画会社・大映株式会社は、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、船越英二、田宮二郎、 京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒、藤村志保、関根恵子(高橋惠子)、渥美マリ等…伝説の映画俳優を 数多く輩出しました。

その創立75周年にあたる2017年夏に「おとなの大映祭」、冬に開催された「大映女優祭」に続き、 最後を締めくくる第3弾、男性が主人公の「大映男優祭」と銘打ち、彼らの華やかな魅力が解き放たれた、厳選45作品を 一挙上映します!

大映作品の男優たちが演じた男たち、愛する女性を守るために生き、正義のために闘い、自分の欲望や野心のために 行動する・・・、愛に生き、正義を守り、打算的に生きる、“美しく、魅力的な男たち”をスクリーンで堪能できる、 新旧映画ファンにお楽しみいただける艶やかで贅沢な特集上が、今週末よりいよいよスタートします。
映画情報どっとこむ ralph そして!佐藤忠男さん、仲代達矢さんの登壇決定しました!

4/15(日)佐藤忠男(10:00『斬る』の上映後に登壇あり)
4/21(土)仲代達矢(10:00『炎上』の上映後に登壇あり)

場所:角川シネマ新宿(〒160-0022東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル4・5階)

映画情報どっとこむ ralph 「大映男優祭」世界的にも高く評価された人気の高い3作品と 舞台挨拶が行われる2作品の場面写真が到着しました。

1作目は、一世を風靡した伝説の大ヒットシリー ズの第1作、『座頭市物語』 強烈なキャラクターもさることながら、坊主頭で 立ち回りをする勝新太郎のクールで衝撃的な ビジュアルとなっています。
座頭市物語 (C)KADOKAWA1962


2作目は、海外で絶賛された、傑作時代劇 『地獄門』 長谷川一夫演じる盛遠と京マチ子演じる袈裟 の男と女のエロティックさや、切なさを漂わせ るビジュアルだ。
地獄門 (C)KADOKAWA1953


3作目は、医学界の腐敗を暴いた巨匠・山本 薩夫の渾身の大作ドラマ、『白い巨塔』 鋭い眼差しを向ける、主演を務めた田宮二郎 の顔が印象的なビジュアルとなっている。
白い巨塔 (C)KADOKAWA1966


4作目は、薄幸の美剣士が辿る数奇な運命を、 市川雷蔵が演じた時代劇の代表作『斬る』 のちに<剣三部作>となる三隅×雷蔵コンビの 最初の作品で雷蔵時代劇の頂点の一つ。 4月15日、映画評論家の佐藤忠男氏が、 その魅力を語る!
斬る (C)KADOKAWA1962

5作目は、巨匠・市川崑が綿密に綴る魂の 救済のドラマ。市川雷蔵主演の『炎上』 三島由紀夫「金閣寺」を映画化。ラストの幻 想的な炎上シーンは映像美の極致! 4月21日、戸苅役で本作に出演した俳優、 仲代達矢のトークイベントが決定!
炎上(C)KADOKAWA1958

***********************************




主演・井浦新/映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 今から46年前の5月15日、アメリカから日本に返還された沖縄。

その外交交渉の最前線にいた実在の外交官の生き様を描き、知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開する運びとなりました。本作は昨年放送されたNHKドラマを再編集した、劇場バージョンです。


映画情報どっとこむ ralph 日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。返還交渉が始まった1960年代。千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。挫折しかけながらも妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。
主演・井浦新が返還交渉の知られざる立役者を熱演!!

沖縄に人生をかけた男の生き様を知れば、本当の戦後史が見えてくる。

主人公の千葉を演じるのは、40代に入り益々活躍の場を広げる井浦新。撮影前に単身沖縄に渡り、基地の在り様や文物を見学し「千葉さんの“怒り”を腹の底に溜め込んだ」という井浦は、“鬼の交渉人”を見事に演じきり、新境地を見せている。戸田菜穂は、妻・惠子の知的で上品な美貌に隠された“情熱”を体現した。又、当時の外務官僚、沖縄主席を演じる尾美としのり、佐野史郎、大杉漣、石橋蓮司といった映画界の名優たちの演技合戦は本作に重厚感とリアリティーを与えている。音楽は「あまちゃん」などの大友良英、語りは沖縄戦を描いた岡本喜八監督の傑作『激動の昭和史 沖縄決戦』にも出演している、日本映画界の至宝である仲代達矢が担当。

2010年の外務省の“密約問題”調査により、72年の沖縄返還当時の外交資料がほぼ全て公開された。資料を読み解くと、対米交渉・対沖縄折衝の両面で1人の外交官が大きな役割を担ってきた事が初めて判った。黒衣の外交官である千葉の存在を非公開資料や遺族への丹念な取材から掘り起こした、宮川徹志の「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、沖縄返還交渉の裏面史を描いた骨太な映画が誕生した!

映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』

公式サイトwww.henkan-movie.com

***********************************


井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ
チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

脚本:西岡琢也
音楽:大友良英 
語り:仲代達矢
原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎 監督:柳川強
資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館
制作・著作:NHK
配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】 
©NHK   


黒澤明監督『乱』4K上映決定!予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 4月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほかにて黒澤明監督の晩年の最高傑作『乱 4K』を上映することが決定しました!

公開日:4月1日(土)~
公開劇場:YEBISU GARDEN CINEMAほか順次上映
公式サイト:
cinemakadokawa.jp/ran4k/

そして!ポスタービジュアルと予告編が到着しました。

世界のクロサワが構想10年・製作費26億円をかけて挑んだ『乱』は、1985年に公開され大ヒットを記録。アカデミー賞ほか国内外の映画賞を多数受賞しました。
 

映画情報どっとこむ ralph そして・・・最先端技術でデジタル修復を行い、本作の圧倒的なスペクタクルと映像美を、4Kクオリティの素晴らしい画と音で楽しむことができるようになりました。今回の上映は日本映画史上最大スケールの迫力を最高の状態でスクリーンにて堪能できる絶好の機会となっております。

この度解禁するビジュアルと予告編は、今回の上映のために新たにデザイン・編集した初出しの完全オリジナルとなっており、スクリーンで本編を鑑賞したくなるような迫力たっぷりの仕上がりとなっております。寺尾聰・根津甚八・原田美枝子・ピーターなど豪華キャスト陣も加わり、ダイナミックで色彩豊かな映像や、愛憎にまみれた家族同士の争いを展開する名シーンの数々が盛り込まれております。

映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアル…激しく壮大な騎馬合戦を背景に、鬼気迫る表情でたたずむ仲代達矢の姿が目を引き、思わず立ち止まってしまうようなインパクトのある作りとなっております。

ストーリー

戦国時代。猛将・一文字秀虎は七十歳を迎え、家督を三人の息子に譲ろうとする。乱世にも関わらず息子たちを信じて老後の安楽を求める父に異を唱える三男の三郎を、秀虎は追放してしまう。
だが一の城と二の城の城主となった太郎と次郎は、三郎の案じた通り、秀虎に反逆し、血で血を洗う争いが始まる。その陰には、実の父と兄を秀虎に殺された太郎の正室・楓の方の策謀があった…。

***********************************

監督:黒澤明  
キャスト:仲代達矢/寺尾聰/根津甚八/隆大介/原田美枝子/宮崎美子/ピーターほか
配給:KADOKAWA  
©1985 KADOKAWA/STUDIO CANAL