「今野浩喜」タグアーカイブ

松坂桃李主演『不能犯』今野浩喜 が、間宮祥太朗 に先輩風を吹かす?!場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。

警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。


そして・・・
嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”刑事である、多田(沢尻)には行きつけの店がある。そこは、多田が自ら更生させた元不良少年・タケル(間宮)が料理人を務める店。

そこで、多田とタケルが昔話に花を咲かせていると、ひとりの男が「来たよ!不良・タケルの昔悪かった自慢…」とボソリと言い放つ。
それは、タケルの先輩料理人(今野浩喜)である櫻井俊雄だ。後から入って来たタケルが評価されている事を面白く思っていない桜井のその言い方には少しトゲがあるように思えるが…?この度、先輩風を吹かす?!今野演じる櫻井の場面写真を初解禁させていただきます。 タケルに対して思うところがあるような態度をみせる櫻井が劇中でどんな行動をみせるのか?

また一方の写真では、TVから流れる、公園で起こったある爆発テロのニュースをみて、憤りを覚える多田と「こういうことってずっと続くんでしょうね」と悲観するタケル、そして興味本位で顔を向ける櫻井の姿が。果たして、多田は事件の犯人を捕まえることができるのか?この三人が何かしら事件に関わっていくことも予感させる?!今後の展開が気になる画像となっています。

公式サイト:
funohan.jp/
公式twitter:
@FunohanMovie
公式facebook:
@FunohanMovie 
Instaglam:
funohan_movie

あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載
原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会  


『不能犯』 新田真剣佑 間宮祥太朗 真野恵里菜 安田顕 らキャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 主演・松坂桃李、ヒロイン・沢尻エリカで、集英社「グランドジャンプ」に連載中の大人気マンガを実写映画化する『不能犯』に、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍 の豪華キャストの出演が決定しました。


監督は、『ある優しき殺人者の記録』、『貞子VS伽椰子』の白石晃士。

不能犯とは──〈思い込み〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。突如、現代の日本に出現した〈不能犯〉のプロフェッショナル・うそぶき宇相吹ただし正(松坂桃李)。その驚異の手口と壮大な目的、そして唯一彼にコントロールされない刑事・多田友子(沢尻エリカ)との対決を描く、日本初の【立証不可能犯罪】体感スリラー・エンターテインメントが誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 新人刑事・百々瀬麻雄役に、人気若手俳優の中から一歩飛び出た存在の新田真剣佑

大ヒット青春映画『ちはやふる 上の句/下の句』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、『ピーチガール』などの話題作に出演、瞬く間に人気を獲得する。今後もビッグプロジェクト『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』を経て、ハリウッド超大作『パシフィックリム』の続編に挑む。本作では、正義感溢れる生真面目な刑事なのに、沢尻エリカ扮する上司になかなか名前で呼んでもらえない新人を演じる。


更生した元不良少年・川端タケル役に、カメレオン俳優の間宮祥太朗

『高台家の人々』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』など人気コミックの実写映画化で、各々個性の強いキャラクターに成りきり、その存在感と振り切った演技で高く評価されている。今後も『お前はまだグンマを知らない』、『トリガール!』、初主演作『全員死刑』などの意欲作に出演。本作では、少年院上がりで、沢尻エリカ扮する多田刑事のサポートを受けて更生し、今では多田に紹介された店で料理人として働くイケメンを演じる。


宇相吹に仕事を依頼する木村優役に、「とと姉ちゃん」「逃げ恥」で大ブレイクした真野恵里菜

アイドルからキャリアをスタートし、「みんな!エスパーだよ!」、『新宿スワン』、『ラブ&ピース』、『リアル鬼ごっこ』などの
園子温監督作品で女優としても高く評価され、朝ドラ「とと姉ちゃん」、「逃げるは恥だが役に立つ」で、日本中にその名を知られる。本作では、宇相吹にある切ない理由から殺人を依頼する女を演じる。


ジュエリーデザイナー・夢原理沙役に、映画、TV、声優と幅広く活躍する芦名星

ファッション誌のモデルとしてデビューし、日本・カナダ・イタリアの合作『シルク』でヒロインに抜擢され、女優として本格的に活動、「八重の桜」「スペシャリスト」などに出演し、様々な役柄で魅了してきた。本作では、両親が離婚したために、妹の木村優と離れ離れで育った人気ジュエリーデザイナーを演じる。


多田の先輩刑事・やめ夜目美冬役に、演技派女優として数々の作品を支える矢田亜希子

『クロスファイア』や「マイリトルシェフ」、「白い巨塔」などで圧倒的な人気を獲得し、近年では、「スペシャリスト」、「視覚探偵 日暮旅人」、「緊急取調室」などのTVドラマで、味わい深い演技を見せている。本作では、過去のある出来事が原因で、宇相吹に飲み込まれていく女性刑事を演じる。


鑑識官・かつむら河津村宏役に、今や個性派俳優を代表する存在となった安田顕
『龍三と七人の子分たち』、『新宿スワン』、『映画 ビリギャル』、「下町ロケット」、『追憶』、『銀魂』、「小さな巨人」など数々の話題作に出演、一度観たら忘れられないアクの強い演技で、日本のエンターテインメントに欠かせない個性派俳優となる。本作でも、ワケありの鑑識官を演じる。

映画情報どっとこむ ralph テット・ワダ:
スクリーンにスリルと緊迫感を与える実力派俳優が集結!
多田の上司・赤井芳樹に、ニューヨークでモデル・俳優として活躍し、日本人で初めてフランス版「VOGUE」の誌面を飾った。


菅谷哲也:
多田の同僚刑事・若松亮平に、「テラスハウス」で人気を獲得、NHK朝のテレビ小説「まれ」、「99.9-刑事専門弁護士-SEASON1」、三池崇史監修、山口義高監督作品「テラフォーマーズ/新たなる希望」などでキャリアを積む。

岡崎紗絵:
河津村の後輩鑑識官・前川夏海に、「Ray」の専属モデルを務め、『ReLIFE』や「人は見た目が100パーセント」などの話題作で女優としても注目される。

忍成修吾:
妻のために宇相吹に仕事を依頼する羽根田健に、岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』で鮮烈な印象を残し、瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』や廣木隆一監督『軽蔑』等でも注目を集めた。

水上剣星:
宇相吹のターゲットとなる悪徳金融マンの木島功に、『BECK』、『デスノート Light up the NEW world』、『ピーチガール』など、ヒット作を支えてきた。

水上京香:
羽根田健の妻・桃香に、「仰げば尊し」や「スーパーサラリーマン左江内氏」で人気を獲得し、三谷幸喜演出の舞台「エノケソ一代記」で存在感を発揮した。

今野浩喜:
川端タケルが務める店の先輩料理人・櫻井俊雄に、お笑い芸人としてキャリアをスタートし、今では圧倒的な存在感から個性派俳優の地位を確立した。

堀田茜:
夢原理沙に彼女の婚約者の医師との関係を疑われる看護師・西冴子に、「Can Cam」の専属モデルを務め、ファッションリーダーとして10~20代の女性たちから支持されている。

小林稔侍:
羽根田夫婦が住む街の町内会会長・とり鳥もり森広志に、日本が誇る名バイプレイヤーで、『たそがれ清兵衛』『武士の一分』など山田洋次監督作品に欠かせない存在である。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故──そう、宇相吹の犯行は、すべて【不能犯】だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る。

多田(沢尻エリカ)や百々瀬(新田真剣佑)ら刑事たちの捜査が進み、ようやく宇相吹の身柄を確保して任意で取り調べを始めるが、宇相吹は夜目(矢田亜希子)らベテラン捜査官たちさえも手玉に取る。

そんな中、多田だけが唯一、宇相吹にコントロールされないことが判明する──。 

公式HP:
funohan.jp

***********************************

出演:
松坂桃李 沢尻エリカ

新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 

今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍 

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士
制作プロダクション:ファインエンターテイメント 
配給:ショウゲート 
©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会


『珍遊記』板尾創路,矢部太郎ら出演お笑い芸人発表!


漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、実写映画化!映画『珍遊記』は、2/27(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーとなります。

この度、追加キャストとして5人のお笑い芸人が一挙発表となっています!

珍遊記芸人5人
お笑いコンビ・130Rのボケ担当の板尾創路が演じるのは、山田太郎(松山ケンイチ)に街中で声を掛けるこづれ紳士。シルクハットにステッキを携え、娘と手を繋ぎながら、如何にも謎めいた雰囲気を醸し出しています。

板尾創路さんのコメント
くだらない原作、くだらない脚本を豪華キャストで海外ロケまでやって!一体、いい大人が何を考えてるんだ!最高にくだらない映画が出来たじゃないか!!


お笑いコンビ・カラテカのボケ担当の矢部太郎が演じるのは、山田太郎退治にやってきた賞金稼ぎのザコ。カンフースーツにヌンチャクを手にしているものの、かなり弱々しそうな感じが滲み出ている。

矢部太郎さんのコメント
画太郎先生原作の『ババアゾーン』のエロ本買蔵役で映画初出演させて頂き僕の初めてを捧げた山口雄大監督にあの『珍遊記』にザコという役で呼んで頂き大変光栄でした。クリスマスイヴに行われた初号試写で拝見して最高の家族で楽しめる糞ちんこウンコ映画でした!

お笑い芸人・今野浩喜が演じるのは、山田太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)の追っ掛け・アキバ。上半身裸でメガネとバンダナを身に着け、完全にオタク風の役柄に成り切っています。

今野浩喜さんのコメント
珍遊記は単行本を全部持ってるほどのファンです。今作の脚本家おおかわらくんが所属するトリオ鬼ヶ島を始めて観た時「画太郎みたいだな」って感じていたので当然面白くなると思いました。当然の結果を観に来て下さい。


お笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダー兼小ボケ担当のおおかわらが演じるのは、龍翔の側近・張明。本作では、脚本も手掛けつつ、人民服にメガネ姿で、何となく地味で目立たない役柄。

おおかわらさんのコメント
ネタを書くことしかできない僕のような芸人にとってこんな幸せなお話をくださった山口監督には心から感謝です。出演に関しては韓国の撮影に行きたい一心でセリフほぼ無しで当て書きさせて頂きました。禿げた倉科カナさんが非常にチャーミングでした!

同、アイアム野田が演じるのは、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)の一人息子のたけし。禿頭に道着という原作そのままの格好で、思いっ切りコミカルに演じている。

アイアム野田さんのコメント
俺はたけし役のアイアム野田だー!たけし軍団のきよし、やすしと共に街の自警団として街を守るぞ!街の自警団として怪しいヤツらは街に入れないぞ!絶対に入れない。怪しいヤツらは!それがたけし軍団の使命だ!
珍遊記ポスター
物語
天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に天下の不良少年・山田太郎(ピエール瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか(いや、出来ない!)?

2/27(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!

公式HP⇒http://chinyuuki.com

********************************************************************

松山 ケンイチ、倉科 カナ、溝端 淳平、田山 涼成、笹野 高史、温水 洋一、ピエール瀧
監督:山口 雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原 秀
企画・総合プロデューサー:紙谷 零
制作プロダクション:DLE
配給:東映

ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  


黒川芽以主演『愛を語れば変態ですか』画像到着!!


演劇界の鬼才・福原充則、映画監督デビュー!
愛を語れば変態ですかどんな男も拒まない!全ての男を愛する救世主、あさこ誕生!

愛を語れば変態ですか

ある平和な日常、郊外の住宅街で一組の夫婦がカレー屋の開店を明日に控え、幸せいっぱいに準備をしていた。そんな中、珍客が次々と現れる・・・オレ様調のバイト志願者、レトルトカレーを開店祝いに持ってきた若者、全身傷だらけで1億円を抱えた不動産屋。

何故こんな不思議な人達が集まってきたのか?!その答えを握っていたのは、妻・あさこだった!世界中を幸せにするため、あさこが立ち上がる!

話題の舞台を多数手掛ける演出家・福原充則、待望のデビュー作は、一見どこにでもいそうな男女が繰り広げる、ありそうでありえない爆走恋愛コメディです。

愛語_メイン 舞台の臨場感をスクリーンに投影したかのように、テンポの良い会話で引き込み、時に笑わせ、あっと驚く予想不可能な展開で意表を突きます。

主演は黒川芽以。『きみはいい子』(呉美保監督)など話題作への出演が続く若手演技派が、おとなしい平凡な主婦と思いきや、その裏で次々と男を惑わす愛の救世主を軽やかに演じます。人が良く、どこまでも妻を理解しようとする優しい夫を演じるのは、野間口徹。

そして今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(チャンカワイ Wエンジン)、永島敏行といった、お笑い界から、実力派俳優まで多彩な俳優陣が集結しました。話題の舞台を多数手掛け、岸田國士戯曲賞にもノミネートされたマルチな才能のもと、個性溢れるキャストが放つ誰も見たことのなかった舞台感覚・新映像体験!
愛語_サブ2
福原ワールドへ、ようこそ!!

愛を語れば変態ですか

2015年11月28日(土)ロードショー

公式サイト:http://aikata.jp/

********************************************************************


出演:黒川芽以、野間口徹、今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(Wエンジン チャンカワイ)/永島敏行

監督・脚本:福原充則
音楽:西山宏幸
プロデューサー:高根澤 淳
撮影:早坂 伸(J.S.C)
美術:須江大輔
照明:落合芳次
録音:栗原和弘
編集:西潟弘記
助監督:富澤昭文
製作担当:入交祥子
制作:松竹
企画:松竹撮影所
配給:松竹メディア事業部
上映時間:73分