「今田美桜」タグアーカイブ

エージェントM役・今田美桜 MIB愛あふれる舞台挨拶!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』初日


エージェントM役・今田美桜 MIB愛あふれる舞台挨拶!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』初日

映画情報どっとこむ ralph 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、ついに6月14日(金)に日米同時公開しました!!

本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気をはくしたエージェントH役のクリス・ヘムズワースと新人エージェントMのテッサ・トンプソン。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(公開中)以来の二人の再共演も話題となっています!

いよいよ日米同時公開を迎えた6月14日(金)に初日舞台挨拶が開催され、エリート新人女性エージェントMの日本語吹替を務めた今田美桜さんが登場!

『メン・イン・ブラック』にちなんだ黒の衣装を身に纏った今田さんは、MIBに憧れ自らの力でMIBエージェントのスカウトを勝ち取った有能な女性エージェントMを演じており、初めての日本語吹替となったドキドキのアフレコの裏側から、自身が生まれた年にシリーズ第1作目が公開されたという”同い年”である大人気シリーズへの想いなど、今最も旬な女優・今田美桜さんのMIB愛あふれる和やかな初日舞台挨拶となりました!


『メン・イン・ブラック:インターナショナル』初日舞台挨拶
日時:6月14日(金)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:今田美桜(日本語吹替版エージェントM役)

映画情報どっとこむ ralph 大人気シリーズ7年ぶりの新作がついに公開初日を迎え、『メン・イン・ブラック』にちなんだ黒の衣装を身に纏った今田美桜さんが初日舞台挨拶に登場!満員御礼の劇場を見上げながら

今田さん:後ろまで見えないくらい、すごく沢山の方に来ていただいて嬉しく思います!ありがとうございます!声優というお仕事は初めてで、最初は何もわからなくて戸惑ったり不安もあったりで、緊張で頭が真っ白になるぐらい。普段は顔や身体を使って演じているので、それをすべて声に乗せるのが本当に難しくて、声だけで表現する、ということを勉強させていただきました。最初は(元のセリフのまま)英語しか入っていない状態で始まったんですけど、相棒となるエージェントHの杉田智和さんの声が途中から入ってきてくださって本当にやりやすくなったんです。エイリアンがたくさん出てくるんですが、ジャバビアンというエイリアンがいて、ジャバビアン↓?ジャバビアン↑?のイントネーションにハマってしまって何度も録り直してもらいました…(笑)。それができたと思ったら次のセリフが逆になってしまったりとか…。

と初の吹替え挑戦の苦労エピソードを明かし会場を沸かせました。


世界それぞれの国でその国の有名人がカメオ出演をしている本作で、日本語吹替版には今田美桜さんがカメオ出演しており、

今田さん:各国でインフルエンサーさんや有名人の方がそれぞれ出演されていて、日本でそれを私が担当させていただいて。もう、「なんてことだ…!」と、もうこんなことないなと思いながら撮影しました。どんな風に出ているかはお楽しみにしていただきたいです。

と恐縮。

また本作のプロモーションで日本各地を回り、地元・福岡での番組に出演したその足で東京の舞台挨拶に駆け付けたということで

今田さん:福岡にいるときずっと見ていた番組に、こうしてMIBという大作のプロモーションで出演させていただけるなんて信じられなくて。当時は思いもつかないことでしたし、いつも見ていた方と一緒に出演できてありがたかったです。

と故郷への想いと喜びを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 今田さんは、シリーズ第1作目『メン・イン・ブラック』が公開された1997年の生まれでMIBと同い年ということで、

今田さん:生まれた年には0歳なのでその当時には観れてないんですけど(笑)、とても驚いて勝手なご縁を感じながら、今回第4作目の日本語吹替を担当させていただいたのが本当に嬉しかったです。エイリアンとの映画って当時新しかったんだろうなと思うんですけど、エージェントが使うガジェットがシリーズでどんどん進化していくのが好きで、今回も嬉しくなるぐらい進化してます」と興奮気味に語り、さらに「クリス・ヘムズワースさんとテッサ・トンプソンさんの2人のお茶目な会話が、本当にテンポが良くて面白い!今回はロンドン、モロッコなど本当にいろんなところで撮影していてスケールも凄く大きいですし、続々出てくる新種のエイリアンも、ちょっと気持ち悪いエイリアンからすごく可愛いエイリアンまでいるんです。わたしもすごく楽しんで観たので、ぜひ観ていただきたいです!

とMIB愛たっぷりに最新作の見どころアピールも忘れず。待望の公開を迎えついにベールを脱いだ『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の幕開けに相応しく、笑顔溢れる和やかな舞台挨拶となりました!

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
原題:MEN IN BLACK INTERNATIONAL

公式サイト:
http://MenInBlack.jp 
公式Twitter:
MenInBlackJP

公式Facebook:
@MenInBlackJP/ 

***********************************

ハッシュタグ #MIB #メンインブラック
全米公開:2019年6月14日 
監督:F・ゲイリー・グレイ(『ワイルド・スピード ICE BREAK』)


今田美桜 MIBファッションで緊張の公開アフレコ『メン・イン・ブラック:インターナショナル』


映画情報どっとこむ ralph 人気SFアクションシリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日(金)に日米同時公開となります!

本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気をはくした エージェントH役のクリス・ヘムズワースと、新人エージェントMのテッサ・トンプソン。

この度、本作でエリート新人女性エージェントMの吹替を務める今田美桜さんが公開アフレコイベントに登場!

この日の衣装は、劇中のエージェントのスーツを衣装提供したポール・スミスが、直々に今田さんのために制作したMIB仕様のブラック・スーツ!このポール・スミスのスーツに加え、POLICEのサングラス、ハミルトンの時計という劇中のエージェントM同様のスタイルで、MIBエージェントらしいいでたちで登場!

いつもの可憐なイメージとは一風違うスタイリッシュな姿を披露した今田さんは、本作が吹替声優初挑戦ということで「こんな大役を頂けるなんて思ってもみなかったです!普段は1人で録っているので、こんなにたくさんの方の前は緊張します…!」とドキドキの生アフレコ実演に緊張感をにじませつつも、瑞々しさたっぷり&凛とした魅力全開で、MIBに憧れ自らの力でMIBエージェントのスカウトを勝ち取った有能なエージェントMを見事に演じきり、本編の完成が待ち遠しくなるばかりのイベントとなりました!
メン・イン・ブラック:インターナショナル
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』今田美桜アフレコイベント
日時:5月21日(火)
場所:サウンドインスタジオ
登壇:今田美桜

映画情報どっとこむ ralph 会場から溢れんばかりに詰めかけた報道陣の前に、にMIBスタイルで登場の今田さんは

今田さん:少し恥ずかしいですね(笑)。でもこんなにスタイリッシュなスーツを着られるのは嬉しいです!

とはにかみ、本作が吹替声優初挑戦、生の公開アフレコももちろん初めてということで

今田さん:いまちょうど収録している最中なのですが、普段は1人で録っているので、こんなにたくさんの方の前は緊張します…!(実写の作品で)普段は相手の方が目の前にいてお芝居をさせていただいているのですが、画面だけで、声の距離感や声の表情の乗せ方がすごく難しくて。日々勉強中です。

と緊張の面持ちを見せつつも、いざ本番を迎えると瑞々しさたっぷり&凛とした魅力全開の演技を披露!

映画情報どっとこむ ralph MIBに憧れ自らの力でMIBエージェントのスカウトを勝ち取った有能なエージェントMを見事に演じきり、吹替の監督からの「最初はお一人での演技に戸惑われていたようですが、さすが女優さんと感心したのは、キャラクターを掴む勘が凄く良くて、プロの声優さんたちが演じるエージェントのなかで自然でフレッシュなMの魅力を聞かせてくれました。」とのメッセージが伝えられると、

今田さん:こんな大人気シリーズでこんな大役を頂けるなんて思ってもみなくて、初日は頭が真っ白になるくらい緊張していました。周りがベテランの声優さんばかりで、新人エージェントMを演じさせていただくのは緊張も戸惑いもあって、いまだにビックリしているので、本当にありがたいです。

と恐縮しながらコメント。

演じたエージェントMのキャラクターについては、

今田さん:エージェントMは知的ですごくエリートで負けず嫌いなんですけど、共通点は負けず嫌いなところ!(笑)。MIBエージェントになるという子供のころからの夢を果たすキャラクターで、私も高校生のころにこういうお仕事がしたいと思って東京に出てきたので、そういった意味では同じかもしれないです。あとは、美桜(ミオ)なのでイニシャルのMは一緒です!

と共通点を明かし、子供の頃から見ていたMIBシリーズへの参加ということで
今田さん:1作目はかなり小さい頃に観ていて、今回このお仕事を頂いてまた改めてシリーズ全てを見返したらいろいろよみがえりましたね。自分が吹替をやらせて頂くということで、違った視点で見ることができました。ニューラライザーや改造車などガジェットもどんどん進化していますし、本作は女性がカッコいいと思えるスタイリッシュな女性エージェントMが入って、エージェントHとエージェントMの掛け合いもお茶目でかわいいですし、エイリアンとのやりとりも凄く面白いので見ていただきたいです!

と喜びも尽きない様子。

映画情報どっとこむ ralph 作品の完成と、今田さん演じるエージェントMの魅力があふれた声が大スクリーンで響き渡る日が待ち遠しくなるイベントとなりました!

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
原題:MEN IN BLACK INTERNATIONAL


6月14日(金)日米同時公開!全国ロードショー!


公式Twitter:
https://twitter.com/MenInBlackJP

ハッシュタグ #MIB #メンインブラック

***********************************

全米公開:2019年6月14日 
監督:F・ゲイリー・グレイ(『ワイルド・スピード ICE BREAK』) 
  


エージェントMは<MioのM>!? 今田美桜 吹替え声優初挑戦『メン・イン・ブラック:インターナショナル』


映画情報どっとこむ ralph ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)。

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作・公開されいずれも30億を超える超大ヒットを記録。

人気SFアクションシリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、
6月14日(金)に日米同時公開いたします。

映画情報どっとこむ ralph 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』今田美桜
この度、本作の日本語吹き替え版声優に女優の今田美桜さんの起用が決定!

MIBに憧れ自らの力でMIBへのスカウトを勝ち取った、エリート新人女性エージェントMの吹替えを務める。
これが初の吹替え声優への挑戦となる今田さんのコメントが到着しています。

今田美桜さんコメント

Q.『メン・イン・ブラック』シリーズの魅力はどんなところだと思いますか?

今田さん:一番は特徴的なブラック・スーツにサングラスというスタイリッシュな格好が、凄く魅力的でかっこいい!ストーリーとしては、ハラハラワクワクできる、最高のエンタテインメントだと思います。でも実は、人間とエイリアンが一緒になって生活しているこの映画の世界観が自分たちの生きてる世界でも、「こんなことがもしかしたら本当にあるんじゃないか…」って思わせられるような、どことなくリアリティがあるところも魅力的だと思います。

Q.エージェントM役の声優に決まった時の感想は?

今田さん:オファーに驚きすぎて、それがどういう事か全然わかってなかったです!吹替え声優をやらせていただくということも初めてですし、声優に挑戦することが凄く未知でした!

Q吹替え収録に向けての意気込み

今田さん:ずっと続いている大人気シリーズでもあるので、声優をやらせていただくにあたって少し緊張はしています。優秀な新人エージェント役という、こんなカッコイイ役をやらせていただくとので、楽しんで演じられればいいなと思っています。
新人エージェントらしく、初々しく意気込みを語った。




映画情報どっとこむ ralph 今田さんに声優オファーをした配給会社のソニー・ピクチャーズの担当者は起用理由を「今田さんの演じるエージェントMはガッツがあって有能な新人という役どころ。今、最もフレッシュで、なおかつ演技力もあり、人気急上昇中の今田美桜さんがぴったり!ということで、一番に候補に挙がりました。」と語った。また、本作にはエージェントMのアクションシーンも満載なことから、「アクションを勉強中という今田さんの新しい魅力も聞かせていただけると期待しています。もちろん今田さんがMIBに入ったらエージェントM(Mio)ですね!」と今田さんのフレッシュな魅力が映画をさらに盛り上げてくれることに期待を寄せている。

また、ほかの日本語吹替版の主要キャストとして、エージェントHには杉田智和、エージェントOには高島雅羅、ハイTには磯部勉という声優陣がすでに決定しており、ベテランエージェントに支えられ活躍するMさながらに、初の声優に挑む今田美桜のフレッシュな魅力と熟練のコントラストがどのように展開するかも期待される。

映画情報どっとこむ ralph 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
原題:MEN IN BLACK INTERNATIONAL

公式サイト:
http://MenInBlack.jp

公式Twitter:
@MenInBlackJP

■ハッシュタグ
#MIB
#メンインブラック

本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気をはくした エージェントH役のクリス・ヘムズワースと、新人エージェントMのテッサ・トンプソン。
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の二人の再共演が話題となっている!
また、MIBのロンドンオフィスのエージェント役であり、ポスタービジュアルではエージェントHとMの後ろで腕を組み貫禄たっぷりの立ち姿を見せている『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンや、『日の名残り』(1993)、『いつか晴れた日に』(1995)などで高い評価を受けたエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。
そのほか、『M:I』シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露した美人女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場。 
監督を務めるのは『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017) のF・ゲイリー・グレイ。
脚本は『アイアンマン』(2008)や『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)のマット・ホロウェイ&アート・マーカムが共同執筆。

***********************************


全米公開:2019年6月14日
監督:F・ゲイリー・グレイ(『ワイルド・スピード ICE BREAK』)


永野芽郁 x 北村匠海で月川翔監督が贈る『君は月夜に光り輝く』特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、応募数4878作品の中で選考員から圧倒的な支持を受け大賞を受賞した佐野徹夜先生のデビュー作『君は月夜に光り輝く』。胸をつく感動的なストーリーと、若者に絶大な支持を得ているイラストレーターloundrawの装丁の人気もあいまって、新人作家のデビュー作ながら異例のヒットをとばし、累計発行部数30万部を突破(2018年12月時点)! そしてこの度実写映画化が決定、2019年3月15日(金)に、新時代の純愛物語が誕生します。

死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない余命ゼロの少女・渡良瀬まみずには永野芽郁さん。まみずと出会い、彼女が叶えることの出来ない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年・岡田卓也には北村匠海さん。監督には『君の膵臓をたべたい』の月川翔。

そしてこの度、ポスタービジュアル&特報が解禁となりました! 
ポスターは“あなたのせいで、生きたくてしょうがない”という胸に突き刺さるようなコピーと共に、大きな満月の前で手を取り合う笑顔のまみず(永野)と卓也(北村)の姿が大きく写された1枚となっています。二人の息をピッタリと合わせないと撮れないポーズでしたが、永野と北村が互いに「せーの」と声を掛け合うなど明るく和やかな雰囲気の中での撮影となりました。そして特報は、まみずが卓也へ自分の叶えられない願いの“代行体験”をお願いするところからスタート。卓也の代行報告を通じて心を通わせ合っていく2人の様子や、儚くも美しい笑顔を見せるまみずと、まみずを見つめて一粒の涙を流す卓也の姿が印象的な映像に仕上がりました。


映画情報どっとこむ ralph 君は月夜に光り輝く

映画公式サイト:
https://kimitsuki.jp/

公式Twitter:
@kimitsuki0315

2019年3月15日(金)全国東宝系にてロードショー

物語・・・
高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。
細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない―。 卓也は病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。
しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された”ある過去”を呼び覚ます。
命の輝きがが消えるその瞬間。まみずが卓也に託した最期の代行体験とは――?

***********************************

出演:永野芽郁、北村匠海
甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博
原作:佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督・脚本:月川翔(『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』)
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会
  


健太郎 主演映画『デメキン』インタビュー


映画情報どっとこむ ralph 健太郎。

2014年にドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」で本格的に役者としての活動を開始し、この1年では映画『ミュージアム』『14の夜』『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『サクラダリセット 前篇』『サクラダリセット 後篇』『先生!、、、好きになってもいいですか?』、ドラマ「レンタルの恋」「木ドラ25 さぼリーマン甘太朗」と出演作が立て続けに公開の人気急上昇中の役者さんです。
キャリアを着実に演技の幅を広げ出演作を重ねる健太郎さんが、芸人・佐田正樹の実話を基にしたホンモノ青春グラフィティー『デメキン』で主人公・佐田役で赤髪リーゼントがトレードマークの札付きの不良にふんしています。

健太郎さんの動画インタビューが到着。

健太郎さん:リアルなケンカのキックやパンチを意識した。

と語るように、悲鳴をあげたくなる本格的な喧嘩シーンも登場する。

また、佐田の相棒・厚成を演じた山田裕貴との共演について、

健太郎さん:山田さんがいい意味で距離を近くしてくれて、歳の差を感じずに厚成と正樹との関係性を素直に芝居に出せた。

と振り返り、若手イケメン俳優の共演にも期待が高まる作品になっている。


映画情報どっとこむ ralph 映画『デメキン

2017年12月2日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。

公式サイト:
http://demekin-movie.com/

幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

***********************************

出演:健太郎 山田裕貴
栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 
岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊)  坂田聡 

原作:佐田正樹『デメキン』 
監督:山口義高
脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)
製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント 
製作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMGエンタテインメント 2017/日本/115分

(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会