「人魚の眠る家」タグアーカイブ

ジョルジオアルマーニ 西島秀俊の衣装を全面協力!映画『人魚の眠る家』


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に全国の劇場で公開される東野圭吾原作、堤幸彦監督で映画化された『人魚の眠る家』に出演する俳優・西島秀俊にジョルジオ アルマーニが衣装協力をいたしました。

俳優・西島秀俊さんは、2017年にジョルジオ アルマーニの最高峰ライン「メイド トゥ メジャー」の広告モデルに日本人で初めて起用され、2018年も引き続き広告モデルを努めています。


西島秀俊は、世界に前例のない技術で娘を回復させようとする一方、多くの苦悩を抱えるIT機器メーカー社長・播磨和昌を演じます。会社や自宅でのシーンをはじめ、全編においてスーツを中心とした役柄にふさわしいジョルジオ アルマーニの衣装を着用しています。
彼のワードローブとして、2ボタンのダークネイビーノッチドラペル3Pスーツ、ブラックのチェスターコート、タイ、シャツなど、映画全編をカバーするバリエーションが選ばれました。

また、今回篠原さんと映画で初共演になる西島秀俊は、「(篠原さんは)演技とは思えない、魂の底から生まれてくるような演技をされていて毎シーン、一緒に演じていて圧倒されました。
大変な撮影だったのですが、監督はベストのタイミングで撮ってくださるし、疲弊することなく感情的なシーンを演じることができてすごく心強い現場でした。」とインタビューで答えています。

ジョルジオ・アルマーニは1980年にアメリカン・ジゴロでリチャード・ギアの衣装を提供することで映画との関わりをスタートして以来、主要な映画と衣装のコラボレーションを行っています。
「バットマン」シリーズ、「ザ・タキシード」、「デ・ラブリー」、「オーシャンズ13」、「フェア・ゲーム」、「ソーシャルネットワーク」、「ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル」「ザ・モスト・ヴァイオレント・イヤー」「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」など、アルマーニの衣装が登場する映画は数えきれないほどに及びます。

映画『人魚の眠る家

は、11月16日(金)から全国劇場で公開予定です。

東野圭吾先生の作家デビュー30周年を記念して執筆され、累計100万部に迫る原作『人魚の眠る家』は、愛するわが子が予期せぬ事故にあい意識不明のまま回復の見込みがないという悲劇に直面する中、究極の選択にせまられる夫婦を中心に、それぞれの愛の形を描く衝撃と感涙のミステリー超大作で、母を演じる篠原涼子さん、父を演じる西島秀俊さん以外にも、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、松坂慶子さんなど世代を代表する豪華実力派キャストが出演します。


***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


坂口健太郎と川栄李奈がデート!映画『人魚の眠る家』場面写初解禁


映画情報どっとこむ ralph 堤幸彦監督が実写映画化。11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。本作は、娘がプールで溺れて意識不明に陥り、過酷な状況に見舞われた離婚寸前の夫婦・薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)が下す決断と苦悩を描く、衝撃と感涙のヒューマンミステリー。


この度、坂口健太郎演じる星野と彼の恋人役を演じる川栄李奈、実力・人気を兼ね備えた俳優の二人の劇中のデートショットが初解禁!

本作で坂口健太郎が演じるのは、和昌が経営する会社に勤務する研究員・星野祐也。

星野は和昌から研究分野の最先端技術を娘の治療に活かせないかと相談を受け、前例のない延命治療に没頭していくが、演じて

坂口さん:星野は、今の日本の技術の中でも未到達の領域を手掛ける研究者なので演じるのが難しかったです。自分は全能だと思っているんだけど、全能ではないのもわかっているというか。その全能感を作りだしたのは薫子さんでもあるから、人に作られた全能感を持っていたんだろうなと思いますね。
といい、研究熱心あまり盲目となり薫子と同様に狂気をはらみ出す難役に挑んだ。

そして、星野の恋人・川嶋真緒を演じるのは、川栄李奈さん。星野とは結婚の約束をしているが、結婚はそっちのけで研究にのめり込んでいく星野を心配する役どころ

川栄さん:真緒は物語の中では播磨家を客観的に見ている登場人物の一人で、恋人の星野のことを一番に考え待ち続ける、心が広く優しい女性です。撮影ではなるべくごく普通の女の子として演じるように心掛けました。

と語る。

研究にのめり込みすぎるあまり、心ここにあらずといった表情を浮かべる星野、その星野を心配そうに見つめる真緒。
星野が意識不明の娘をもつ夫婦に関わることにより、二人の関係にも暗雲が漂うが、果たして二人の結末とはー。

人魚の眠る家』11月16日(金)全国公開



***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会

   


映画『人魚の眠る家』絢香の書き下ろし主題歌入り最新予告映像&ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。
稀代のベストセラー作家・東野圭吾先生の作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の同名小説を堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼さん子と西島秀俊さんが映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーです。

この度、最新予告映像と本ビジュアルが解禁!
また、本作の主題歌が、絢香さん書き下ろしの新曲「あいことば」に決定しました!

最新予告映像内で、音源の一部が解禁となります!!

すでに公開となっている特報映像では篠原涼子のかつて見せたことのない狂気の表情と、衝撃のキャッチコピーが話題となっていますが、今回の最新予告映像では、薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)の夫婦が、意識のない娘・瑞穂がいつか目覚める日を信じ下した決断、その禁断の技術の内容が垣間見えるなど、さらに一歩踏み込んだ内容になっています。

母親、父親、祖父、祖母、研究者とその恋人…それぞれが、眠り続ける瑞穂の回復を願う中、娘に向かって包丁を振り上げる薫子の姿が。
そんな衝撃的な映像に、今回解禁となる絢香の新曲「あいことば」が流れ、全てを優しく包み込む―。先の読めない展開、想像を絶するクライマックスを経て明かされる真実・・・この愛の結末に、涙が止まらない!!


プロデューサーの新垣弘隆は、主題歌に絢香を起用した理由として「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香さんなら最も美しく表現できるという確信がありました。そして母親でもある絢香さんに今、どうしても歌って欲しいと思いました」と語ります。今回解禁となる主題歌「あいことば」は、原作、台本を読み感銘を受けた絢香が書き下ろした楽曲。

「本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています」と本作に込めた思いを語ります。


合わせて、篠原涼子自身が「こんな自分もいたのかと驚きを感じた」というクライマックスシーンの意を決した薫子の強い視線、西島秀俊演じる和昌の溢れ出る想いを抑えきれない、未だみたことのない表情。両者の<涙>が印象的な本ビジュアルも解禁!

人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。 「娘がプールで溺れた―」。
愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。
深く眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すのだが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。


***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


第31回東京国際映画祭【オープニング】【GALA】【クロージング】 映画祭の顔となる3作品決定


映画情報どっとこむ ralph 10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催する第31回東京国際映画祭。
本年度のオープニング作品、GALAスクリーニング作品、クロージング作品が決定しました。非常にクオリティが高く、話題性あるバラエティに富んだ3作品を上映が決定!

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品は、12月の日本公開を前に早くも世界中で注目を集めている、レディー・ガガ主演、ブラッドリー・クーパー主演・監督作品『アリー/ スター誕生』。1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでに何度も映画化されてきた、いつの時代も愛される普遍的なストーリーを、最高のキャスト・スタッフによって映画化。
世界的歌姫レディー・ガガが、スターになることを夢見る主人公・アリー役を熱演。ガガは本作が映画初主演となります。そして、俳優のブラッドリー・クーパーが本作で監督デビューを果たし、アリーの才能を見出すロックスターのジャクソン役でガガとともに主演を務めています。アリーとジャクソン、2人の歌が見るものすべての心を震わす圧巻の感動エンターテインメントが映画祭の開幕を飾ります。

■オープニング作品 『アリー/ スター誕生』

人生を変える“うた”に出会う― 歌手を夢見るアリーは、世界的シンガーのジャクソンと出会う。才能を見いだされ瞬く間にスターダムを駆上るアリー。激しい恋に落ちた2人だったが、全盛期を過ぎたジャクソンの栄光は徐々に陰り始めていて・・・。

監督:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
配給:ワーナー・ブラザーズ映画 
(2018年/アメリカ)



今年初の試みとなる、GALAスクリーニング作品は『人魚の眠る家』。東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれたベストセラー小説を堤幸彦監督の手によって映画化。愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の運命とは・・・。篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演。坂口健太郎ほか世代を代表する実力派キャストが集結。先の読めない怒涛の展開、想像を絶する衝撃のクライマックス、愛する人を持つすべての人の心を揺さぶるヒューマンミステリーです。

※GALAスクリーニングとは・・・オープニング、クロージング作品に並ぶ上映。映画祭期間中のハイライトとして、観客および世界に注目してほしい作品をセレクト。

■GALAスクリーニング作品 『人魚の眠る家』

娘を殺したのは、私でしょうか。

愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦――それは愛か、欲望か? 作家・東野圭吾のベストセラー小説を原作に、堤幸彦監督が挑む衝撃と感動のヒューマンミステリー。この愛の結末に涙が止まらない。

監督:堤幸彦
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎
配給:松竹
(2018年/日本)


クロージング作品は、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』。ゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション作品である第一章『GODZILLA 怪獣惑星』、〈メカゴジラ〉の新解釈で観客を圧倒した第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』。そして、最終章を迎えた本作『GODZILLA 星を喰う者』では、超科学が生み出した〈メカゴジラシティ〉をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命〈ゴジラ・アース〉と高次元怪獣〈ギドラ〉がついに激突します。声の出演として、宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜ら人気・実力を兼ね備えた声優陣が顔を揃えています。

■クロージング作品 『GODZILLA 星を喰う者』

その黄金は、絶望すら焼き尽くすアニメーション映画『GODZILLA』がついに最終章を迎える。三部作の最終章『星を喰う者』では、虚空の神
〈ギドラ〉と破壊の王〈ゴジラ・アース〉がついに激突。戦いの果てに待つのは、人類への啓示か。

監督:静野孔文/瀬下寛之
声優:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜
配給:東宝映像事業部
(2018年/日本)

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>
イベントタイトル:第31回東京国際映画祭 
開催期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

    


映画『人魚の眠る家』第31回東京国際映画祭【新設】GALAスクリーニング上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーです。


そして、10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催される第31回東京国際映画祭にてオープニング・クロージング作品に並ぶ、新設部門「GALAスクリーニング」作品に選出されました!

「人魚の眠る家」を観た久松猛朗フェスティバル・ディレクターが、「観客、世界に注目してほしい」作品として東京国際映画祭でぜひとも上映したい、との熱烈オファーにより実現。この「GALAスクリーニング」は、映画祭期間中のハイライトとして、オープニングの『アリー/ スター誕生』、クロージングの『GODZILLA 星を喰う者』と並び、映画祭を華やかに彩る、新たな顔となる部門です。

※部門名のGALA(ガーラ)には「祝祭」、「特別な催し」という意味があります。

映画情報どっとこむ ralph 久松猛朗さん 東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターからのコメント

GALAスクリーニングは10日間に亘る東京国際映画祭の中盤のハイライトとして、観客および世界に注目して欲しい作品をセレクトして上映することを目的として新設したものです。その第1作目を「人魚の眠る家」で飾れることを大変喜ばしく思います。

この作品は「人間の生と死」という深いテーマを扱いながらも、堤幸彦監督渾身の演出と、主演の篠原涼子さんの鬼気迫る圧倒的な演技で、ぐいぐいと物語に引き込み、最後にはその問いかけに心を突き動かされながらも、これまで経験したことのない不思議な感動が残ります。
正に堤監督の最高傑作と言っても過言ではなく、GALAスクリーニングに相応しい作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph
人魚の眠る家

が11月16日(金)全国公開です。


愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?​

究極の愛の形に日本中が涙する――​

衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー、誕生!!​


【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和​

昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。やがて娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。​
映画情報どっとこむ ralph 【第31回東京国際映画祭開催概要】​

イベントタイトル:第31回東京国際映画祭​
開催期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)​
会場:六本木ヒルズ、EXシアター(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)他​

公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会