「京都国際映画祭」タグアーカイブ

映画『あいあい傘』倉科カナ、トミーズ雅、宅間孝行監督が京都国際映画祭に登場!


映画情報どっとこむ ralph この秋、大人たちをやさしい 涙で包み込む。映画『あいあい傘』は 10月26日(金)より全国ロードショーとなります。

そして本日 10 月 11 日(木)に京都・西本願寺にて開幕した京都国際映画祭 2018 のレッドカーペットに、 宅間孝行監督、倉科カナ、トミーズ雅が登場しました!

世界文化遺産である西本願寺の境内に敷かれたレッドカーペットを歩いた3 名。


その後のマスコミ取材を受けた 倉科カナは「このような素晴らしい場に、『あいあい傘』という素晴らしい映画でレッドカーペットを踏むこと ができて本当に光栄に思います。」とコメント。 『あいあい傘』チームが京都国際映画祭の開幕に花を添えた華々しいイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph
宅間監督コメント
「映画を作っている時に、“クールジャパン”という部分に拘りをもって作りました。小道具や映 像など日本を意識できるような作りになっていると思います。日本のいいところが沢山出てくる のでそこを見て頂きたいです。」


倉科カナさんコメント
「本作の撮影は1シーン1カットの長回しで撮ることがとても多く、そこはキャスト監督含め素 晴らしい緊張感と熱量をもって挑んだ部分です。自分の中ではとても思い入れのある作品で、ご 覧になられた方が見終わった後にどんな人の顔が浮かぶのか、どんな風に感じ取って頂けるのか とても気になります。この作品を見て頂いた方が日々の忙しい生活の中で、少し足を止めて大切 な人について考えて頂けると嬉しいです。」

トミーズ雅さんコメント
「芸人という立場ですが、レッドカーペットを踏めて本当に嬉しく思います。試写で映画を見ま したが、本当にいい映画で泣きました。この映画を見て泣かない人は病院に行った方がいいと思 います。(笑)それぐらい素晴らしい映画なので、泣きたい方は是非見て頂きたいです。」

映画情報どっとこむ ralph 家族に「愛している」と伝えられることが、どれだけ幸せなことなのかー。当たり前だと思っていた日常をと ても愛おしく感じる、家族を大切に想える映画が誕生しました。『あいあい傘』は、逢いたいのにずっと逢えず にいた父と娘の愛にあふれた 5 日間の物語です。


映画『あいあい傘』

映画公式サイト :
https://aiai-gasa.com/

映画公式 Twitter :
https://twitter.com/aiaigasamovie

10月 26 日(金)より全国ロードショー!

物語・・・
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつきは 25 年前に姿を消した父の六郎を探しにその町へやって来ます。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎と出会ったさつきは、「 祭りの取材をしたい」と嘘をついて彼に町案内をしてもらうことに。清太郎を通じて、六郎がどんな生活を送っているのかを知ったさつきは、意を決して、父の新しい家族、奥さんの玉枝と彼女の一人娘に会いに行こうとします。会いたくても会えなかった父と娘の本当の想いは届くのか…。

***********************************

キャスト:倉科カナ 市原隼人 立川談春 原田知世 ほか
監督・脚本:宅間孝行
主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:SDP
公開日:10月 26 日(金)ロードショー
©2018 映画「あいあい傘」製作委員会


健太郎・佐田正樹・カナタタケヒロ「デメキン」舞台挨拶 京都国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 10月12日(木)から15日(日)まで京都市内各所で開催された、「京都国際映画祭2017」。

14日(土)Tジョイ京都にて映画「デメキン」が上映され、主演・健太郎、原作者・バッドボーイズの佐田正樹、主題歌を担当したLEGO BIG MORLのカナタタケヒロ、山口義高監督が舞台挨拶に登場しました。

10月14日
場所:Tジョイ京都
登壇:健太郎、佐田正樹、LEGO BIG MORLカナタタケヒロ、山口義高監督

映画情報どっとこむ ralph 健太郎さんは映画初主演を務めた感想を聞かれると、
健太郎さん:もともと映画のお話がある前から『デメキン』を読んでいて、佐田正樹役を演じさせていただけるのは本当に光栄なことでした。佐田さんの半生を演じるということで、生半可な気持ちではやれないなと、バチバチに気合いを入れました。

と相当な覚悟を決めて、撮影に挑んだと語った。

一方
佐田さん:映画の内容は全てノンフィクションですが、唯一フィクションなのは、主人公が男前過ぎるところ。

と話すと会場は笑いに包まれた。続けて、初めて健太郎さんに会って

佐田さん:本当に不良の役できるの?という感じだったが、撮影が進むにつれ、こんなヤンキーと肩がぶつかったら、謝ってしまうかも。
と怖い不良になっていく健太郎を絶賛!

山口監督:佐田さんにリハーサルや撮影現場に来て頂いたので、分からないことあっても本人に聞けばいいので助かりました。言葉遣いや方言についても協力してもらい、一緒に作ることができた。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌「一秒のあいだ」を手がけた、LEGO BIG MORLのカナタタケヒロは、

カナタさん:正樹と厚成の友情を音楽でどう表現できるか、というところを重要視しました。自分でもエンディングにめちゃくちゃハマってると思いました。

自画自賛。この作品は

佐田さん:特に女性に観て頂きたい。男はただ殴り合いたいからじゃなく、好きな人のために、友だちのために喧嘩するんですよ。喧嘩が終わったら、勝ち負けはどうでもよくて、後は友だちになれる。そんな男たちの青春を、是非観て知って楽しんでほしい。

と呼びかけました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

健太郎さん:初めての主演作ということで、今までにない思い入れを感じている。監督、キャスト、スタッフ、佐田さん、LEGO BIG MORLの皆さん…本当にみんなの熱い思いが集結した作品になっています。

と熱くアピールして舞台を終えました。

デメキン

は、12月2日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。

公式サイト

本作は、累計発行部数170万部を突破し、ミリオンセラーとなった、お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹の半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化。
主人公の正樹役は、放送中のNHK土曜時代ドラマ「アシガール」や2017年10月28日公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎が演じ、映画『亜人』(公開中)や『あゝ、荒野』(前編:公開中 後編:10月21日公開)、『HiGH& LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11月11日公開)など話題作への出演が続く実力派俳優の山田裕貴が脇を固める。監督は、三池崇史の助監督として数多くの現場を支え、右腕とも言える山口義高。
***********************************

出演:健太郎  山田裕貴
栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 
岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン
(水玉れっぷう隊)  坂田聡 

原作:佐田正樹『デメキン』 
監督:山口義高
脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)

製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント 製作プロダクション:ステアウェイ 
配給:AMGエンタテインメント 2017/日本/115分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会


家出中!渡辺直美『わたしの名前は…』舞台挨拶in 京都国際映画祭


ファッションデザイナーのアニエスベーの長編初監督作品『わたしの名前は…』が、10月31日(土)の公開にさきがけ、京都国際映画祭で上映。上映後にはタレントで、ファッションブランド『PUNYUS』のプロデューサーの渡辺直美さんによる舞台挨拶が行われました。 

watashinonamaeha_naomi
アニエスベー長編初監督作品『わたしの名前は…』上映舞台挨拶
場所:京都国際映画祭
登壇者:渡辺直美

本作は父親から虐待を受けている思春期の少女が家出し、言葉の通じぬスコットランド人のトラック運転手と旅をするロードムービー。上映後にはタレントの渡辺直美さんが登壇。

ファッションブランド『PUNYUS』でプロデューサーも務める渡辺さん。
渡辺さん:デザイナーが映画を創るなんてこと、あるんですねえ!やはりアニエスベー監督ということで、かわいい、とかオシャレな映像とか想像しますよね。確かにすごく綺麗でした!!あと不思議な気持ちになる映画でしたね。

と絶賛。

また、恥ずかしがり屋だった過去を回想しつつ・・

渡辺さん:映画を観て、不安定だった思春期の頃を思い出して苦しくなったりしました。家出もしたことあります。私の母はすごく厳しくて、芸人になるのにすごく反対していたんです。だから身の回りの必要なものだけゴミ袋二つぶん持って上京しました。それでそのままずっと東京に住んでる。だから、実は今も家出中(笑)

と、映画のストーリーと自身の体験をダブらせながら衝撃の告白。

最後に

渡辺さん:この映画には結構な問題が出てきます。観終わると、すごく考えちゃうと思います。でもとても素敵な映画です。私は“あーどうしよう、と苦しくてどうしようもない”という行き詰った状況でも、一歩踏み出せば道は開けるんだよ、と思いましたね。

とコメントしました。

映画『わたしの名前は… 』

は10月31日(土)、渋谷アップリンク、角川シネマ有楽町ほか、全国順次公開です。

公式サイト:www.uplink.co.jp/mynameis/
公式Twitter:https://twitter.com/mynameis_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/mynameis.jp


『わたしの名前は…』
アニエスべーわたしの名前は...家を飛び出した少女と、トラック運転手。奇妙なふたりのロードムービー。
映画は、あっと驚く結末へ向かって進んでいく。主人公の12歳の少女は父親から虐待を受けていた。ある日、学校の遠足で出かけた海辺で偶然停まっていたトラックに乗り込んだ彼女は、スコットランド人のトラック運転手と共に逃避行に出る。フランス語と英語、言葉が通じない2人は、次第に心を通わせていくが…。10年以上前に新聞で読んだとある事件の記事をきっかけに、アニエスベー自身が脚本を書いた、瑞々しいロードムービー。

********************************************************************

監督・脚本・撮影・美術:アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)
ゲストカメラマン:ジョナス・メカス
音楽:デビッド・ダニエル、ソニック・ユース
オリジナル音楽:ジャン=ブノワ・ダンケル(Air)
出演:ルー=レリア・デュメールリアック、シルヴィー・テステュー、ジャック・ボナフェ、ダグラス・ゴードン、アントニオ・ネグリ
提供:アニエスベー  
配給、宣伝:アップリンク
2013年/フランス/126分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP
原題:Je m’appelle Hmmm…
©Love streams agnès b. Productions


京都国際映画祭 哀川翔、木村祐一、品川ヒロシ監督登壇『Zアイランド』!


2015年より全国公開となります、 哀川翔活動30周年記念

品川ヒロシ監督最新作『Zアイランド』

そして10月16日(木)より開幕した京都国際映画祭のオープニング・レッドカーペットに本作より参加した哀川翔、木村祐一、品川ヒロシ監督が祇園甲部歌舞練場に登壇し本作に駆ける意気込み等を語りました。

Zアイランド2
京都国際映画祭 『Zアイランド』キャスト・監督登壇レポート
日 時:10月16日(木)
レッドカーペット 
オープニングセレモニー 
場 所: 祇園甲部歌舞練場
登壇者者:哀川翔、木村祐一、品川ヒロシ監督
映画祭公式:http://kiff.kyoto.jp/

「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映像をはじめ多彩な芸術ジャンルを融合させ世界に発信する「京都国際映画祭」が、10月16日(木)、開幕。

オープニングセレモニーは、京都の春の風物詩のひとつ「都をどり」の会場として知られる祇園甲部歌舞練場にて開催。歴史ある建物内には長さ50mのレッドカーペットが敷かれ、艶やかな舞妓さんがお出迎え、さらに世界初の感情認識パーソナルロボット・ペッパーが場内へ案内するという、映画祭同様“伝統と革新”が一体となった演出が施されています。

開演約1時間前から、竹野内豊さん、松雪泰子さん、「オール・アバウト・品川シネマ」では来年公開予定の「Zアイランド」の品川ヒロシ監督、哀川翔さん、木村佑一さんがなど31組123名の俳優、監督、アーティストがレッドカーペットに続々と登場。集まったメディアの取材に応じながら、華やかに会場へと入場しました。

Zアイランド
セレモニー前には、芸妓さんたちによる伝統芸「手打ち式」が行われました。数十人の芸妓さんが黒紋付姿で舞うこの式は、京都南座の顔見世興行で披露されるという由緒あるもの。京都らしい華やかな演出。そしてオープニングセレモニー映画祭の開幕しました。

「京都国際映画祭」は、京都市内の各会場で10月19日(日)まで開催中です。いま一番熱い映画とアートの最前線を、この機会にたっぷりとお楽しみください。

『Zアイランド』

物語・・・
ある雨の夜。高級クラブで豪遊する宗形組、組長の宗形博也【哀川翔】、武史【鶴見辰吾】、信也【RED RICE(湘南之風)】たちは、敵対する竹下組の襲撃にあう。武史は、敵討ちを果たすため、竹下組に反撃するも、失敗に終わり、ムショ送りとなってしまう。

10年後、武史の出所を出迎えた宗形は竹下組との抗争で、足に傷を抱え、組は解散に…、武史の愛娘・日向の世話をしながら、今では借金を抱え、運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。

Zアイランド_メイン
出所した武史は、待ちわびた娘・日向との再会も虚しく、前科ものの父親に会いたくないと、家出をしてしまっていた。
向かった先は、家族の思い出の場所―“銭荷島”。

後を追い、宗形、武史、真也、武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は島へと向かう。時を同じくして、竹下組組員吉田が組の薬をごっそり盗み逃亡したという。

銭荷島に潜伏する吉田を消してドラッグを回収するために竹下組の武闘派・反町(木村祐一)、内田【大悟(千鳥)】、ジョー【川島邦裕(野性爆弾)】も島へと急ぐ。

場面写_kimura
その頃、島の診療所には、咳と高熱に魘される患者が殺到していた。
島民たちに吉田は高額で薬を売り捌くが、謎の病は更に広がっていく。
銭荷島に降り立った宗形たち―。彼らは日向に会うことができるのか…。
彼らの敵は、竹下組?それとも謎の病?島民をも巻き込んだ闘いの行方は…。
命を賭けた闘いが今はじまる!

2015年 全国公開です!
www.z-island.jp

********************************************************************


キャスト
哀川 翔 鈴木砂羽 木村祐一 鶴見辰吾
REDRICE(湘南乃風) 大悟(千鳥) 川島邦裕(野性爆弾)
山本舞香 水野絵梨奈 中野英雄
監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業
製作:「Zアイランド」製作委員会 


16日京都国際映画祭いよいよ開幕!豪華ゲスト発表!


〜豪華ゲストと京情緒たっぷりのオープニングセレモニー〜

京都国際映画祭 開催日 2014年10月16日(木)~19日(日)
公式HP:http://kiff.kyoto.jp/

16日、「京都国際映画祭」の開幕を告げるオープニングセレモニーの概要が決まりました!

当日は多数の豪華ゲストを「都をどり」の会場としても知られる由緒のある祇園甲部歌舞練場に招き、京情緒たっぷりの演出とともに華やかなオープニングセレモニーが行われるそうです。

京都国際映画祭ポスターオープニングセレモニーには映画祭期間中に上映される国内外の話題作に出演する多数の俳優や監督、そしてアート部門に参加しているアーティストや作品関係者が出席し、映画監督の中島貞夫実行委員長による開会宣言、映画部門、アート部門、イベント部門の作品紹介、および牧野省三賞をはじめとする各賞の授賞式が行われます。

オープニングセレモニー概要
映画もアートもその他もぜんぶ。

日時 2014年10月16日(木)14:00-17:00
場所:祇園甲部歌舞練場(京都府京都市東山区祇園町南側570-2)
開会宣言 京都国際映画祭 実行委員長 中島貞夫
来賓挨拶、作品紹介(映画部門・アート部門・イベント)
牧野省三賞 授賞式 プレゼンター津川雅彦氏
モスト・リスペクト賞、モスト・リスペクトin Paris賞 授賞式

【オープニングセレモニー ゲスト一覧(予定)】

映画部門

【牧野省三賞】 津川雅彦

【モスト・リスペクト賞】 ウィリアム・アイアントン(代理出席)

【モスト・リスペクト in Paris賞】 イレーヌ・ジャコブ

【オープニングプレミア上映】
「at home」:竹野内豊、松雪泰子、黒島結菜、池田優斗、板尾創路、蝶野博監督

【内田裕也 ロックンロール ムービー2DAYS】:内田裕也

【オール・アバウト・品川シネマ】:哀川翔 木村祐一 品川ヒロシ監督

【特別招待作品】
「ベイブルース〜25歳と364日〜」:波岡一喜、高山トモヒロ監督
「福福荘の福ちゃん」:藤田容介監督

【サイレント映画特集】 澤登翠

【京の映画】
「人間」:吉野眞弘、李小牧、鮎川めぐみ、和島政子
「京都、早春」:新井晴み、山田昭二、戸田博監督

【TV DIRECTOR’S MOVIE】
「LOVE SESSION」:オカモトショウ(OKAMOTO’S)、Crystal Kay、板谷栄司監督
「摂氏100℃の微熱」:ハイキングウォーキング・松田、川畑泰史
「振り子」:研ナオコ、板尾創路
「ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜」:はんにゃ金田・川島、フルーツポンチ村上・亘

【完成披露試写】
「マンガ肉と僕」:三浦貴大、徳永えり、チュートリアル・徳井、杉野希妃監督
クリエイターズ・ファクトリー部門
林海象、塚本洋子、ミハイル ギニス

アート部門

【G.O.ファイヤー】ヤノベケンジ、石橋義正、土佐信道
【安齋肇×イチハラヒロコ展】安齋肇、イチハラヒロコ
【松井智恵 プルシャ】松井智恵
【作品展示】淀川テクニック(柴田英昭、松永和也)
【ゲスト】宇治茶監督、安斎レオ

京都国際映画祭kiff_logo
********************************************************************