「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」タグアーカイブ

映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』「Ballet Mécanique」スペシャルPV解禁! 


映画情報どっとこむ ralph テレビ放送から12年―。2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、11月10日(土)より全国公開されました!
本作で描かれるのは、幼い頃に父をなくしたアネモネの魂の軌跡。


監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。さらに、ニルヴァーシュのオリジナルデザイナーである河森正治が新メカニック“ニルヴァーシュX”のデザイナーとして参加しています。

本作は、11月10日より全国107館で公開され、中規模公開の中、スマッシュヒットを飛ばしており、SNS上でも話題沸騰!

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の重要なシーンで“あの“「Ballet Mécanique」が挿入歌として使用されていることが明らかになり、さらには新映像を含むMVが解禁となりました!

京田知己監督が手掛けるエウレカシリーズは、音楽も大きな魅力のひとつ。TVシリーズが放送された際には、物語のサブタイトルに たびたび名曲の曲名がつけられており、そのサブタイトルの一つが、TVシリーズ第48話の「バレエ・メカニック」です。

これは、坂本龍一が1986年に発表した「未来野郎」というスタジオアルバムのリード曲「Ballet Mécanique」からとられたもの。

アネモネの独白から始まる演出が印象的な第48話「バレエ・メカニック」では、それまでレントンとエウレカの敵として描かれてきたアネモネが、初めて本当の気持ちを吐露。そして後半、ドミニクがアネモネを救いに来るシーンはエウレカファンに圧倒的な人気を誇ります。

今回の劇場版では、この坂本龍一の名曲「Ballet Mécanique」を、アーティスト兼プロデューサーとして人気バンド「相対性理論」など数々のプロジェクトを手がけるやくしまるえつこと元電気グルーヴのメンバーで日本を代表するテクノミュージシャンの砂原良徳がタッグを組み、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』のためにカバー!!このエウレカセブンと深い縁をもった楽曲が、劇中のどのシーンで流れるのか・・・!すでに劇場で聞いたファンは涙腺崩壊状態に!?そして、この「Ballet Mécanique」と本編映像によるミュージックビデオが完成!


映画情報どっとこむ ralph 『エウレカセブン』シリーズ最新作『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリーション』は大ヒット上映中です!

公式HP:
http://eurekaseven.jp/

物語・・・
まだ幼かったあの日。
父、ケン は幼いアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。
ちゃんとお別れを言うことができなかったアネモネの小さな胸に深く残る後悔。
7年が経過した。アネモネは父が散った戦場――東京にいた。
人類の敵、7番目のエウレカ=エウレカセブンと戦うための組織・アシッドの一員として、アネモネには人類の希望が託されていた。そして、アネモネはエウレカセブンの中へとその精神を送り込む。アネモネがエウレカセブンの中で出会ったのは、ドミニクという青年と、エウレカという青緑の髪をした少女。
この出会いは何を意味するのか。そして、見え隠れするレントンという名の少年の姿。
アシッドに囚われていた謎の男・デューイは予言する。「お前たちが見ているエウレカセブンはエウレカセブンではない。偽りの神が創っては破棄した無数の不要な世界。いわばゴミの山だ」アネモネとエウレカが出会った時、全ての真実が明らかとなり、新たな世界の扉が開く――。


***********************************


キャスト:
小清水亜美、名塚佳織、三瓶由布子

監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一、藤田しげる、倉島亜由美
配給:ショウゲート
【主題歌】 「There’s No Ending」RUANN(TOY’S FACTORY) 10

©2018 BONES/Project EUREKA MOVIE


『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 劇中登場メカ解禁


映画情報どっとこむ ralph テレビ放送から12年―。2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、11月10日(土)より全国公開となります。


本作で描かれるのは、幼い頃に父をなくしたアネモネの魂の軌跡。

監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。

さらに、新メカニックのデザイナーとして、ニルヴァーシュのオリジナルデザイナーである河森正治も参加しています。

この度、本作に登場するメカスチールが解禁。

今回解禁された機体は
ニルヴァーシュ type the END、

ニルヴァーシュ type ZERO、

ニルヴァーシュ type ZERO spec2、

SH-101

の全4体。

映画情報どっとこむ ralph 京田監督は本作のオフィシャルインタビューで「メカはこれまで通り手描きで、メカ班がいい意味でとんでもないカットを描いてくれています」とコメント。良質なメカアクションに定評があるエウレカセブンシリーズ、今回も戦闘シーンには大注目です!中でも、アネモネファンから絶大な人気を誇るアネモネの搭乗機、type the ENDの大スクリーンでの活躍は必見!!また、ニルヴァーシュ type ZERO、SH-101がどのように物語に関わってくるのかにも要注目です。

時代と共に進化する『エウレカセブン』シリーズ最新作『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリーション』は11月10日(土)より全国ロードショーです。


公式HP:
http://eurekaseven.jp/

2018年11月10日(土)全国ロードショー

***********************************

配給:ショウゲート
キャスト:小清水亜美、名塚佳織
監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一、藤田しげる、倉島亜由美
配給:ショウゲート  
【主題歌】
「There’s No Ending」RUANN(TOY’S FACTORY)
10月1日より毎週月曜TOKYO MXにて19:30~20:00「交響詩篇エウレカセブン」全50話放送決定!
「エウレカセブンAO Blu-ray BOX」 11月22日発売!
©2018 BONES/Project EUREKA MOVIE


交響詩篇エウレカセブン4D 天津・向清太朗 試乗試写に


映画情報どっとこむ ralph 感動のTVシリーズから12年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語。

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化、1 作目の『ハイエボ1』は、絶賛公開中です。

この度、“エウレカセブン“の4D 上映決定を聞きつけ、「TV シリーズから全部見ている我こそは!」と手を上げ、エウレカファン代表として、芸人天津・向清太朗氏がマスコミ用4DX 試写で一足早く、【人類最大の危機 サマー・オブ・ラブ】を体感しました!

試写開始時間が劇場 OPEN 前の早朝にも関わらず、一番早く試写場に駆けつけ、扉が開くのを寒空の下で待つその姿は、エウレカファン代表の名に恥じない威風 堂々たる立ち姿!

鑑賞後はしばらく放心状態、「すごかった…」と声を絞り出し、戦闘シーンはもちろんのこと、物語の中にも入りこみ、レントンと チャールズのシーンには涙する一幕も。

映画情報どっとこむ ralph 芸人 天津・向清太朗 コメント

本当にエウレカセブン世界観に入り込んでしまう、凄い体験が出来たと思います。映画に出て いるホランドやチャールズ達と一緒にサマー・オブ・ラブを体験出来ました。これが、サマー・オブ・ ラブ、、、マジですごいです!言葉では言い表せないです!本当にエウレカの世界観をすべて 経験できるような、そんな時間が得られますので、ぜひ体感しに劇場にお越しになってください!

そして、劇中の圧巻の戦闘シーンの映像とともに、今回「4DX 初体験」の向氏が実際に体感し、驚愕しながらも涙する姿を収めた4DX 特別上映予告映像が本日解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph 4D 上映により、「エウレカセブンの世界に入る」と言っても過言ではない、さらにパワーアップした本作を 10 月 28 日(土)より劇場で、ぜひ、 自身で体感してください!

■京田知己総監督 コメント■
これがもう1つの完成版。色々なセクションの人たちが、補填をしてくれたおかげで、ここまでのものに完成できたと思っていた本作に、新たな力が加わって、もう一段落上の完成版に仕上げていただきました。一度観た方もこれからの方も、ぜひ4Dで本作を観ていただけますと幸いです。

■南 雅彦プロデューサー コメント■
映画冒頭から、4Dでのサマー・オブ・ラブ。体全体で受けとる映像、音、音楽は圧倒的な迫力です。そして4Dのその魅力は、映画後半に向けてレントンのドラマに心まで揺さぶられます。劇場でしか味わえない映像体験を是非観てください。

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション


eurekaseven.jp
@EUREKA_HI_EVO

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織 デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子 チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一
アニメーション制作:ボンズ
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)
配給:ショウゲート
©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE eurekaseven.jp
     


『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』4DX、MX4D上映決定


映画情報どっとこむ ralph 感動のTVシリーズから12年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化、1作目の『ハイエボ1』は、絶賛公開中です。
 
この度、10月28日(土)より、全国71館の劇場にて『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の4DX、MX4D上映が決定いたしました!
4D上映とは、映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、香り、ストロボ、煙や振動など、人間の五感を刺激する特殊効果が味わえるアトラクション型のシアターシステムです。
全編を通してこの「エウレカセブン」の世界を体感できるのはもちろんのこと、特に戦闘シーン、本作で初めて描かれた人類最大の危機「サマー・オブ・ラブ」などはまさに圧巻!自身がそのシーンに立ち合っているかのごとく、より深く物語に入り込むことができます。京田知己総監督に「もう1つの完成版。」と言わしめたこの4D上映は、まだ本作を観ていない人も、すでに1度観た人も必見のクオリティとなっています。
下記、京田総監督、南雅彦プロデューサーからも、コメントが届いています。

さらに、この4D上映を記念して、10月28日(土)~4D上映来場者限定特典として、《ハイエボ1 生コマフィルム》の配布が決定(数量限定)!
映画情報どっとこむ ralph 京田知己総監督 コメント
これがもう1つの完成版。
色々なセクションの人たちが、補填をしてくれたおかげで、ここまでのものに完成できたと思っていた本作に、新たな力が加わって、もう一段落上の完成版に仕上げていただきました。一度観た方もこれからの方も、ぜひ4Dで本作を観ていただけますと幸いです。

南 雅彦プロデューサー コメント
映画冒頭から、4Dでのサマー・オブ・ラブ。体全体で受けとる映像、音、音楽は圧倒的な迫力です。そして4Dのその魅力は、映画後半に向けてレントンのドラマに心まで揺さぶられます。劇場でしか味わえない映像体験を是非観てください。

映画情報どっとこむ ralph 公式HP:eurekaseven.jp

地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。
その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。そして10年の時が流れた。

アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで暮らしていた。義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。14歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。
レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまった。

彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは、再会したビームス夫妻の心配をよそに奔走する。

人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。

自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか。

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己 脚本:佐藤大 キャラクターデザイン:吉田健一

原作:BONES
監督:清水久敏 メインメカニックデザイン:河森正治 コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト、柳瀬敬之、中田栄治
キャラクター作画監督(サマー・オブ・ラブ パート):藤田しげる
キャラクター作画監督:倉島亜由美 特技監督:村木靖 メカニック作画監督:阿部慎吾
メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織
美術監督:永井一男 美術監督補佐:本庄雄志 色彩設計:水田信子 編集:坂本久美子 撮影監督:木村俊也 音響監督:若林和弘
音楽:佐藤直紀 挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイビジュアル、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS
配給:ショウゲート
©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE 


『交響詩篇エウレカセブン ハイエボ1』“アネモネ”を探せ キャンペーン開催スタート!


映画情報どっとこむ ralph 感動のTVシリーズから12年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語。

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化、1作目の『ハイエボ1』は、9月16日より絶賛公開中です。

総監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。2005年の『交響詩篇エウレカセブン』以来、12年のキャリアを積んだ3人が、新たな構想に基づいてストーリーを紡いでいきます。すべての発端となった地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機=サマー・オブ・ラブを完全新作で描写。TVシリーズのシーンを再構築し『ハイエボリューション』のためにチューニングされた新映像となっています。

この度、9月30日より『交響詩篇エウレカセブン』劇場3部作の1作目、『ハイエボリューション1』の大ヒットを記念して、3部作公開記念!2018年公開の『ハイエボリューション2』へ、つづく!!ねだるな、カセットを勝ち取れ!“アネモネ”を探せ キャンペーンを開催が決定しました!

映画が公開するやいなや、「1」の後に上映される「2」の予告編でのが“アネモネ”の登場にエウレカファンからは歓喜の声があがっていました。
さらに、すでに知る人ぞ知る『ハイエボ1』の本編中に“アネモネ”が登場するという仕掛けが施されていて・・・その遊び心にファン悶絶、続々とリピーターが増えています。

実は“アネモネ”が登場しているのは全部で7シーン。

但し、別途7シーンには偽物の“アネモネ”が出てきています。

今回のキャンペーンでは、14箇所のシーンの中で、本物の“アネモネ”が登場する7シーンを探すというもの。

まだ見つけきっていない人も、本キャンペーンに参加すれば、“アネモネ”を見つけるヒントになる事間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 全問正解者の中から抽選で77名様に、HARDFLOORの「ACPERIENCE7」の入った『ハイエボリューション1』オリジナルカセットテープ(非売品)をプレゼント!さらに、応募者全員にもれなく“アネモネ”の壁紙をプレゼント!

詳しくは映画公式サイトへ
eurekaseven.jp

映画情報どっとこむ ralph そして、まだまだ進化を遂げる『ハイエボ1』の挿入曲、HIROSHI WATANABEの「Get it by your hands HI-EVO MIX」のミュージックビデオが本日解禁となりました。
こちら

楽曲についてHIROSHI WATANABEは、「今回の「Get it by your hands」は放送当時のエネルギーとは明らかに違い、より一層人間味の溢れる愛や情感を曲に詰め込んでおります。

打ち合わせで皆さんが一堂に口を揃えて言っていましたように、僕自身もまた年齢を重ね、この曲を今作り直すにあたり、自然と流れが出来あがって行きました。でも、それでも進化ですから、オリジナルバージョンよりもビートは強烈にエネルギッシュですよ!」とコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph “すべての始まり”から始まる三部作は、大いなるエボリューションを経て、誰も知らない未来へと向かいます。

物語・・・
地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。 その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。 英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。 そして 10 年の時が流れた。 アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで暮らしていた。 義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。 だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。 14 歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。 そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。 レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガード に身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で 飛び出してしまった。 彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは、再会したビームス夫妻の 心配をよそに奔走する。 人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。 自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹
総監督:京田知己 
脚本:佐藤大 
キャラクターデザイン:吉田健一 
アニメーション制作:ボンズ
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE 
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)