「井浦新」タグアーカイブ

若松プロダクション製作再始動 門脇麦主演 白石和彌監督『止められるか、俺たちを』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋より映画『止められるか、俺たちを』がテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年、若松プロダクションの映画製作再始動の第一弾として製作されました。

1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描きます。

若松プロダクション出身で、いまや日本映画界を代表する白石和彌監督がメガホンを取り、主演の門脇麦が、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。

そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。

特報は、海辺でスタートの掛け声をかける若松孝二(井浦新)の横で、まっすぐな目でカメラの先を見つめる助監督めぐみ(門脇麦)を捉えた撮影風景から始まる。

「俺はブチ壊したい、クソみたいな映画界も全部」。

映画作りに魅了されためぐみ、足立正生(山本浩司)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、小水一男(毎熊克哉)ら若松プロのメンバーたちが映し出されていく。



クランクアップの時、カメラのシャッター音と共に、浮かび上がったのは若かりし日の若松孝二と若松プロのメンバーたちの写真。こんなにも楽しそうに、命懸けで映画を作っていたのかと感じさせる、疾走感溢れる瞬間が切り取られている!

【左写真】左から磯貝一(柴田鷹雄)、吉積めぐみ(門脇麦)、若松孝二(井浦新)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、伊東英男(西本竜樹)、足立正生(山本浩司)、小水一男(毎熊克哉) ※役名(俳優名)

【右写真】左から吉積めぐみ、若松孝二、赤川修也、伊東英男、秋山道男、小水一男 1969年撮影

映画情報どっとこむ ralph
白石和彌監督コメント

あの時代に強い衝動で社会と観客に刃を突きつけていた若松監督の映画作りは、映画を作っている僕たちだけでなく、現在の社会が失ってしまったモノが何かを知るヒントになると思いました。

若松プロの面々は超個性派が集まりました。

山本浩司さんはずっと仕事をしたい俳優の一人でした。『断食芸人』に主演した経験を存分に生かして足立正生を演じてくれました。若松作品を支えた大西信満さん、岡部尚さん、タモト清嵐さんに若松プロの中核メンバーを演じて貰えたのも嬉しかったです。レンセキに出て若松孝二を知る俳優たちがしっかりと若松プロの雰囲気と70年代の空気を作ってくれました。これは若松監督の遺産です。

若松プロ新メンバーとして、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作が参加して、物語に新しい波を起こしています。彼らの存在が群像劇として、青春映画として、この映画を一際際立ててくれました。

映画情報どっとこむ ralph 足立正生役・山本浩司さんコメント
まさか足立正生役を演る日が来るとは!私は足立監督の作品に主演していたこともあり、気合いが入る撮影でした。ご本人が撮影現場に現れた時は、キモを冷やしましたが!

沖島勲役・岡部尚さんコメント
また若松プロの映画に出れるのが嬉しくて嬉しくて。新さんや大西さんと共演出来て、麦さん主演、しかも白石監督で、あの沖島勲さん役をやれるなんて!もう気合い入ってしまい沖島さんハチマキ巻いてます。必見です!

大和屋竺役・大西信満コメント
途轍もない畏れと歓喜の狭間で見つけた、変わったものと変わらないもの。暗闇の中でエンドクレジットを眺めながら、そんな事を考えていた。

秋山道男役・タモト清嵐さんコメント
恐ろしいほど猛烈で、羨ましいほど狂熱な青春映画です。単に再現を目指すだけではなく僕なりの体感であの時代を生きました。鈍感な今の社会に、広くこの映画が届きますように。

小水一男役・毎熊克哉さんコメント
いただいた脚本の最初の1ページ目に製作意図が書いてありました。“若松は言っていた「映画を武器に世界と闘う」と。本作もまた、世界を撃つ映画になることを信じてやまない”僕はこの言葉を真っ直ぐ受け止めて挑みました。今を必死で生きている現代の若者にも届く作品になれば嬉しいです。

荒井晴彦役・藤原季節さんコメント
ロマンが尽きない、最低で最高だったあの時代に僕はどうしても憧れてしまう。その時代の真ん中を映画を武器に駆け抜けた若松プロ、そこに集まった新宿の若者達が2018年に映画になった。僕は憧れを越えてとことん最低で最高になってやろうと思った!

映画情報どっとこむ ralph 止められるか、俺たちを

公式サイト:
www.tomeore.com


物語・・・

映画が時代とともに全力で駆け抜けていた――。

1960年代末、原宿セントラルアパートの一角にあった“若松プロダクション”が、いま甦る!

当時、「何者かになること」を夢見て若松プロの扉を叩いた吉積めぐみの眼差しを通して、「ここではないどこか」を探し続けた映画人たちの怒涛の生き様を描く。これは、青春を映画に捧げた若者たちのむき出しの生のグラフィティである。

***********************************


門脇麦 井浦新
山本 浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉
伊島空 外山将平 藤原季節 上川周作 ほか

監督:白石和彌 
脚本:井上淳一
製作:若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給:若松プロダクション スコーレ 
宣伝:太秦
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】
©2018若松プロダクション


主演 井浦新らからコメント到着!映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日ポレポレ東中野、7月7日桜坂劇場ほかにて全国順次公開となります。今まで語られることのなかった実在の外交官千葉一夫を演じるのは井浦新さん。米軍の理不尽な圧政に泣き、沖縄の現状に泣いたという人間味溢れる千葉の奮闘が描かれた予告映像が解禁です!

1972年5月15日、沖縄返還。
日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。返還交渉が始まった1960年代。千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。
さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。挫折しかけながらも妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。

映画情報どっとこむ ralph あわせて本作に寄せられた美輪明宏、茂木健一郎、鳥越俊太郎のコメント、主演・井浦新、戸田菜穂からのメッセージが届きました。
【井浦新コメント】
真剣に、本気で生きる千葉一夫さんの姿が、深く胸に突き刺さった。千葉さんが見た沖縄、そして闘い続けた日本は、あれからどう変わったのだろうか。僕たちは真実を知らなくてはならない。

【戸田菜穂コメント】
「沖縄をこの国に取り戻す!!」そう断言した男の、なんとたくましく魅力的なことか!!日本の歴史を変えた、魂と信念の男の妻を演じて一年経つが、私はいまだにその熱が冷めやらない。

映画情報どっとこむ ralph 予告映像は、「沖縄を取り戻す、日本を取り戻すそれが僕の仕事だ」と真っ直ぐに語る若き日の千葉一夫(井浦新)の言葉から始まる。千葉の直属の上司役・佐野史郎さん、尾美としのりさん、駐米大使役・大杉漣さん、琉球政府主席役・石橋蓮司さんらとぶつかりながら、アメリカとの一筋縄ではいかない返還交渉を成し遂げるために突き進む豪傑な千葉の様子が映し出されている。また、予告映像内には美輪明宏、茂木健一郎さん、鳥越俊太郎さんが「今観るべき映画!!」とそれぞれ絶賛のコメントを寄せている。



映画情報どっとこむ ralph 当時を知る著名人の方々からもコメント!

【美輪明宏(歌手 俳優演出家)コメント全文】
おごれる戦勝国、米国にとって従順ならざる日本人が、白洲次郎以外にもここに居たのである。これは特に政官界人達必見の映画である。演出も俳優陣も素晴らしい。

【茂木健一郎(脳科学者)コメント全文】
沖縄返還の舞台裏に、もう一人の「白洲次郎」がいた!プリンシプルを譲らず、アメリカに対峙した外交官を井浦新が熱演。歴史の渦の中で、貫かれた志。この映画は、傑作にして衝撃のスクープでもある。

【鳥越俊太郎(ジャーナリスト)コメント全文】
沖縄の辺野古に基地が新しく造られようとする今、この映画の登場は大きな希望の光を与えてくれる。「いつか、沖縄を取り戻す」を心に秘め沖縄返還交渉にあたった外交官が日本に実在した!驚きと感動の映画だ。


映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

6月30日 ポレポレ東中野、7月7日 桜坂劇場
8月11日 東京都写真美術館ホールほか全国順次公開!

公式サイト:
www.henkan-movie.com


***********************************

井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ
チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

語り:仲代達矢

監督:柳川強

脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 

原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎 


資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館 
制作・著作:NHK  配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】
©NHK   


阿部寛、岡田将生、榮倉奈々ら豪華ゲスト第10回沖縄国際映画祭にレッドカーペット@那覇市・国際通り


映画情報どっとこむ ralph 『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』も最終日!

雨を吹き飛ばすスターたちの競演にファンも熱狂! 10回目の開催を華やかに盛り上げたレッドカーペットが開催 4 月 22 日(日)、那覇市の国際通りで、人気俳優やタレントが多数参加する華やかな「レッドカーペット」が行われました。

あいにくの雨模様で2時間遅れの開始となりましたが、ゲストの登場を楽しみに待つお客様が大勢詰めかけ、スタート前ですが会場はいつにもま して大きな熱気に包まれました。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』
レッドカーペット@那覇市・国際通り

日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り

映画情報どっとこむ ralph まず会場に姿を見せたのはNMB48。
沿道のファンににこやかに手を振り、レッドカーペットを大いに盛り上げます。
メンバーの吉田朱里は「この雨の中、お客さまがずっと待って いてくれて本当にありがたい」とコメント。

続いてTV DIRECTOR’S MOVIE『美人が婚活してみたら』から主演の黒川芽以さんが登場。淡いブルーのロングドレスに身を包み、とびきりの笑顔を見せてくれました。

TV DIRECTOR’S MOVIE『Bの戦場』に出演した速水もこみちさん、大野拓朗さんが現れると、スラリとした 2 人の姿に沿道からもため息が。

特別招待『洗骨』の照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)は「今回本名で作品を撮らせてもらった」と話し、沖縄の粟国島に残る風習を題材にした作品をアピール。

そして、TV DIRECTOR’S MOVIE『家族のはなし』 の岡田将生さん、成海璃子さんが登場すると、赤絨毯の端からは端まで会場中から大きな 歓声がわき起こりました。

映画祭期間中、沖縄公演を行った吉本新喜劇の面々も揃ってレッドカーペットへ。手を振って沿道の声援にこたえます。TV DIRECTOR’S MOVIE『耳を腐らせるほどの愛』の主演、 森川葵さんは、あいにくの天気にもかかわらず「今日は歩くことができて本当に良かった」 とにこやかに語りました。

映画情報どっとこむ ralph その後もレッドカーペットにはスターの皆さんが続々登場。特別上映作品『レオン』の知英さんは、沿道のファンとの写真にも気さくに応じるなどフレンドリーな姿が印象的でした。
また、今回初開催となったプログラム「マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE&OKINAWA~」で映画愛を語った黒木メイサさんは「沖縄出身ですが、映画祭 10 年目でやっと来ることができた」と感激の様子。
「普段はあまり飲みませんが、滞在中は泡盛をたくさん飲みました」と沖縄らしいエピソードを気さくに語りました。

降り続く雨のなか、続いて登場したのは特別上映『ニワトリ★スター』の井浦新さん、成田凌さん。傘も差さずに沿道のサインに応じ、ファンの皆さんも感激の面持ち。
また、TV DIRECTOR’S MOVIE『劇場版ドルメン X』出演の志尊淳さんらキャストが姿を見せると、 待ちわびたお客様からの歓声が国際通りに響き渡ります。

さらに、特別招待作品『のみとり侍』主演の阿部寛さんも颯爽と登場し「沿道の皆さんの熱気がすごい」と雨のなか見守るファンにメッセージ。

特別招待作品『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の榮倉奈々さんは、ドレスからのぞく美脚とさわやかな笑顔 で観客を大いに魅了しました。


レッドカーペットの最後に登場したのは、映画祭実行委員長を務める吉本興業株式会社社長の大﨑洋。

10 回目の映画祭について

「やっと 10 年、まだ 10 年という気持ち。また来年 に向けて頑張っていきたい」

と決意を語り、雨のなか行われた節目のレッドカーペットを 締めくくりました。

***********************************


主演・井浦新/映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 今から46年前の5月15日、アメリカから日本に返還された沖縄。

その外交交渉の最前線にいた実在の外交官の生き様を描き、知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開する運びとなりました。本作は昨年放送されたNHKドラマを再編集した、劇場バージョンです。


映画情報どっとこむ ralph 日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。返還交渉が始まった1960年代。千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。挫折しかけながらも妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。
主演・井浦新が返還交渉の知られざる立役者を熱演!!

沖縄に人生をかけた男の生き様を知れば、本当の戦後史が見えてくる。

主人公の千葉を演じるのは、40代に入り益々活躍の場を広げる井浦新。撮影前に単身沖縄に渡り、基地の在り様や文物を見学し「千葉さんの“怒り”を腹の底に溜め込んだ」という井浦は、“鬼の交渉人”を見事に演じきり、新境地を見せている。戸田菜穂は、妻・惠子の知的で上品な美貌に隠された“情熱”を体現した。又、当時の外務官僚、沖縄主席を演じる尾美としのり、佐野史郎、大杉漣、石橋蓮司といった映画界の名優たちの演技合戦は本作に重厚感とリアリティーを与えている。音楽は「あまちゃん」などの大友良英、語りは沖縄戦を描いた岡本喜八監督の傑作『激動の昭和史 沖縄決戦』にも出演している、日本映画界の至宝である仲代達矢が担当。

2010年の外務省の“密約問題”調査により、72年の沖縄返還当時の外交資料がほぼ全て公開された。資料を読み解くと、対米交渉・対沖縄折衝の両面で1人の外交官が大きな役割を担ってきた事が初めて判った。黒衣の外交官である千葉の存在を非公開資料や遺族への丹念な取材から掘り起こした、宮川徹志の「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、沖縄返還交渉の裏面史を描いた骨太な映画が誕生した!

映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』

公式サイトwww.henkan-movie.com

***********************************


井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ
チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

脚本:西岡琢也
音楽:大友良英 
語り:仲代達矢
原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎 監督:柳川強
資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館
制作・著作:NHK
配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】 
©NHK   


門脇麦主演x井浦新で若松組を描く!白石和彌監督『止められるか、俺たちを』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋より映画『止められるか、俺たちを』がテアトル新宿ほか全国順次公開する事が決定いたしました。

本作は、2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年、若松プロダクションの映画製作再始動の第一弾として製作されました。1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描きます。
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08)、『キャタピラー』(10)でベルリン国際映画祭を席巻した若松孝二監督。

若松プロダクション出身で、いまや日本映画界を代表する白石和彌監督がメガホンを取り、脚本は同じく若松プロダクション出身の井上淳一が担当した。

主演は門脇麦、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。

映画情報どっとこむ ralph 公開決定に際して、主演門脇麦の場面写真と、白石和彌監督、門脇麦、井浦新からコメントが届きました

白石和彌監督からのコメント
まさかの若松プロを舞台とした青春映画を恐れ多くも監督しました。
この映画は僕にとっての英雄譚であり、僕自身の物語でもありました。
井浦新さんが若松孝二だとカッコよすぎる、と思ったあなた、是非見てください。
俳優って、新さんて、凄いなと思うはずです。
そして門脇麦さん。もう言うことありません。麦さんを通して、この映画があなた自身の物語になることを切に願っています。

門脇麦さんからのコメント
私は若松監督にも、もちろん当時の若松組の皆さんともお会いしたことがありません。そんな中、白石監督を初め、若松組をよく知る皆さんの下、当時の皆さんの背中をひたすら必死に追い求めながら挑んだ作品です。スクリーンの中の彼らは青春を生きる若者の姿そのもので、とにかく輝いていて、胸があつくなりました。私はこの先何度も彼らに会いたくなって、この映画を観るんだろうなと思います。この出会いは私の一生の財産です。

井浦新さんからのコメント
若松プロに集結した親しい顔ぶれ、真新しい風を吹かせた若者たちと、むちゃくちゃで幸せな夢をみた。ただただ感謝しかありません。

映画情報どっとこむ ralph 止められるか、俺たちを

公式サイト:
www.tomeore.com

STORY
映画が時代とともに全力で駆け抜けていた――。
1960年代末、原宿セントラルアパートの一角にあった“若松プロダクション”が、いま甦る!
当時、「何者かになること」を夢見て若松プロの扉を叩いた吉積めぐみの眼差しを通して、「ここではないどこか」を探し続けた映画人たちの怒涛の生き様を描く。これは、青春を映画に捧げた若者たちのむき出しの生のグラフィティである。

***********************************

門脇麦 井浦新 ほか 
監督 白石和彌 
脚本 井上淳一
製作 若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィー
配給 若松プロダクション スコーレ
宣伝 太秦
©2018若松プロダクション
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】