「井口 昇」タグアーカイブ

映画『覚悟はいいかそこの女子。』劇場版予告映像が初解禁。


映画情報どっとこむ ralph この度、10月12日(金)公開 映画『覚悟はいいかそこの女子。』にて、 劇場版予告映像が初解禁。
本作は、集英社発行の少女漫画雑誌「マーガレット」にて“ヘタレ男子マンガの先駆け”として、2014年から掲載された 椎葉ナナによる同名漫画を実写化。映画の公開に先駆けて、MBS/TBSドラマイズム枠にてドラマも絶賛放送中! そしてこの度、劇場版予告映像が初解禁となります。



予告映像では、愛され男子として女子たちに囲まれているカッコいい斗和の姿や、美苑に壁ドンして告白しつつも、壁ドンを され返されてあっさりフラれる情けない姿など、ヘタレ男子っぷりが垣間見れる映像が満載。 また、何度も美苑にアプローチするひたむきな姿や、本気の恋に目覚めて必死になる姿などがコミカルに描かれた テンポ良い映像となっている。 そして、ナオト・インティライミが本作のために書き下ろした主題歌「ハイビスカス」は、「この恋を成就させるためには、ど んなことでもするという強い気持ちと、痛いほどひたむきなピュアさをサビにギュッと詰め込んだ」という自信作。 斗和の不器用ながらも恋に必死な姿とその奥にある強い想いがリンクした予告映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 『覚悟はいいかそこの女子。』

2018年10月12日(金) 全国ロードショー


主演の中川大志演じる主人公・古谷斗和(ふるや とわ)は“超絶イケメン”で、生まれながらの“愛され男子”。

特に何もしなくても周りの女子の大半が好きになり、常に女子に囲まれている生活を送ってきた。

のだが… 実は、恋愛経験ゼロ(自覚なし)のヘタレ男子だった!

そんな斗和が人生初彼女を作るべく、勢いで学年一の美少女・ 三輪美苑(みわ みその)に自信満々のキメ顔&壁ドンで告白するも、逆壁ドンされた挙句「安っぽい告白」とあっさりフラ れる始末。

人気急上昇中の若手女優・唐田えりかが演じる美苑は、学年一の美少女で人気も高く、幾人もの男子達からの告白をことごと く断ってきた“難攻不落のクールビューティー”。
斗和の告白も、美苑にことごとくスルーされるのだがあきらめきれず、 「毎日美苑に告白する!覚悟しとけよ!!」と、さらなる猛アタックが始まります! 当初は初彼女欲しさに美苑に告白した斗和ですが、「カッコ悪いと思われても情けない奴と思われてもいい。あきらめたくな い!」と、初失恋をきっかけに“ヘタレ男子”の本気の恋が始まります。



物語・・・
幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテる と思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった! ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑 (みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃 沈の連続で…。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身は ヘタレな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

***********************************


出演:中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 小池徹平 他

原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L♥DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』)
©椎葉ナナ/集英社

©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会


唐田えりか ヒロインに決定!中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』


映画情報どっとこむ ralph 10月12日(金)に公開される“ヘタレ男子マンガの先駆け”『覚悟はいいかそこの女子。』。

原作は、集英社発行の少女漫画雑誌「マーガレット」で、2014年から掲載された椎葉ナナによる同名漫画。映画の公開に先駆けて連続ドラマの放送も決定しており(MBS/TBSドラマイズム枠にて6月24日(日)より放送)今回新たに、劇場版のヒロインとして唐田えりかさんの出演が発表となりました!

唐田さんは、2014年スカウトをきっかけに芸能界入り。
2015年7月「恋仲」(CX)で女優としてデビュー。
「こえ恋」、「世にも奇妙な物語」、「貴族探偵」、「ブランケット・キャッツ」など、数々のドラマに出演し、演技活動の幅も着実に広げている。
2018年は、山崎賢人主演で話題の1月ドラマ「トドメの接吻」(NTV)や5月公開の『ラブ×ドック』など出演作が続き、9月1日公開の映画『寝ても覚めても』では東出昌大の相手役に大抜擢され、初ヒロインを務めている。

第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場し、今後さらなる期待が高まっている。思わず目を惹くような、特有の清楚な魅力で人気急上昇中の若手女優。カンヌへ言った記者仲間によると、相当海外のカメラマンに注目されていたそうです。

また、モデルとしても2017年2月号より雑誌「MORE」の専属モデルとして加入し、勢力的に活動中。

映画情報どっとこむ ralph そんな、唐田さんが演じるのは、学年一の美少女で人気も高く、幾人もの男子からの告白をことごとく断ってきた難攻不落のクールビューティー。普段、滅多なことでは動じず、思っていることをハッキリと発言する女の子で、中川大志さん演じる超絶イケメン(だけど実はヘタレ)の観賞用男子・古谷斗和から何度告白されても秒殺で振ってしまう気の強さを持っているが、好きな人の前では一転。(好きな人に)挨拶するだけでドギマギして顔を真っ赤にさせたり、姿が視界に入るだけでうれしくなったりとかわいい面も持っている。斗和の安易な告白に対して、「カッコ悪い男(ヘタレな男子)」と一刀両断する美苑だが、斗和と一緒の時間を過ごし、その一生懸命さに触れる内に、少しずつ心を開いていくのだが…。


唐田さん:私の撮影は、映画のクランクインから少し時間が経ってからだったので、すでに現場の雰囲気が出来上がっている中に入っていくのは不安もありドキドキしました。主演の中川大志君が、すごく優しく気遣いがある方なので、甘えさせてもらってばっかりでした。私が演じた美苑は、クールビューティーで、ちょっとしたことでは動じない女の子なんですけど、それだけではなく、好きな人(美術の柾木先生)に対する表情や徐々に斗和に対して心を開いていく表情など、微妙な心の変化や気持ちを表現するように演じました。

撮影の合間など、実際の唐田は共演者やスタッフと話をする時の笑顔がとても印象的だが、芝居が始まると一転クールビューティーで気の強いキャラクターを存分に演じ切っていた。中川さんとは今回が初共演だが、

唐田さん:演技が終わった後に「やりにくくなかった?」とか「もっとこうした方が良い?」とか中川君からお芝居に対する提案を沢山してくれたり、改善点を一緒になって探ってくれるのでとてもありがたかったです。

と話します。

さらに、唐田さんがクランクインした日は、(唐田さんが)中川さんに対して逆壁ドンをするというシーンの撮影が行われ、壁ドンはするのもされるのも人生初という唐田さんは、中川さんやアクション指導のスタッフと綿密な段取りをして壁ドンに挑戦。

唐田さん:中川君とは身長差があるので、壁ドンをする際の距離感や角度がすごく難しかったです。女の子が男の子に壁ドンする機会ってほとんどないと思うので、新鮮でした。上手く壁ドンできると気持ちよかったです。

と撮影初日から全力で演技に挑んでいた。

映画情報どっとこむ ralph 覚悟はいいかそこの女子。


物語・・・

幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった!
ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑
(みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃沈の連続で…。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタレな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

***********************************

出演:中川大志 唐田えりか 健太郎 甲斐翔真 若林時英 ほか

原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)

脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』)
公開日:2018年10月12日(金)全国公開
制作時期:2017年12月17日~2018年1月28日
©椎葉ナナ/集英社 ©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会