「井口昇」タグアーカイブ

新宿と言えば冴羽凌か、この人!? 『新宿タイガー』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 新宿で40年以上、虎のお面を被ってド派手な格好をし、 新聞配達をしている男を知っているだろうか?

その男、人呼んで“新宿タイガー”!

新宿タイガーとは一体何者か、そして、 その新宿タイガーを受け入れる“新宿”の街が担ってきた歴史的役割とその魅力に迫ったドキュメンタリーが完成!


監督は、南カリフォルニア大学を卒業し、劇映画『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』(2016)が、釜山国際映画祭ニューカレンツ部門や大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛された佐藤慶紀(よしのり)。

この度、予告編とご出演の新宿タイガーさんのコメントが解禁となりました。

本ドキュメンタリーに登場するのは、俳優の渋川清彦、八嶋智人&宮下今日子夫妻、女優・文筆家の睡蓮みどり、井口昇監督など著名人のほか、長年彼を知る、新聞販売店関係者や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者など。

ナレーションは、女優の寺島しのぶが務めています。

映画情報どっとこむ ralph ■新宿タイガー(出演)コメント
自分のドキュメンタリー映画ができるなんて、夢みたいな話です。奇跡に等しいです。新宿の珈琲西武で3時間のインタビューを3回やりました。去年は36回密着され、地球が回るくらい映像を撮っていました。 完成した作品を観て、感無量です。愛と夢と感動をありがとう。こういう素晴らしい映画には自分自身もめったにお目にかかれないです。 本作は、新宿の歴史の中に自分を入れてくれたから、生の迫力があります。リアル以上のリアルでした。 新宿は大好きな街です。新宿でなかったらタイガーは生まれていなかった。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、3月8日から17日まで開催される第14回大阪アジアン映画祭のインディ・フォーラム部門に正式出品されることが決定しました。インディ・フォーラム部門は、気鋭監督による斬新で挑戦的な作品を上映する部門。

本作の上映は、
3月10日(日) 16:15~ シネリーブル梅田3
3月14日(木) 18:30~ シネリーブル梅田3

映画情報どっとこむ ralph 『新宿タイガー』

公式サイト:
http://shinjuku-tiger.com/  

公式Twitter:
@shinjuku_tiger1 


【STORY】 
東京のエンターテインメントをリードする街・新宿。
1960年代から1970年代にかけ、新宿は社会運動の中心だった。
2018年、この街には“新宿タイガー“と呼ばれる年配の男性がいる。彼はいつも虎のお面を被り、ド派手な格好をし、毎日新宿中を歩いている。
彼は、彼が24歳だった1972年に、死ぬまでこの格好でタイガーとして生きることを決意した。1972年当時、何が彼をそう決意させたのか?
彼が働く新聞販売店や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者、ゴールデン街の店主たちなど、様々な人へのインタビューを通じ、虎のお面の裏に隠された彼の意図と、一つのことを貫き通すことの素晴らしさ、そして新宿の街が担ってきた重要な役割に迫る。
***********************************

出演者
新宿タイガー
寺島しのぶ(ナレーション)
八嶋智人 渋川清彦 睡蓮みどり 井口昇 久保新二 石川ゆうや 里見瑤子 
宮下今日子 外波山文明 速水今日子 しのはら実加 田代葉子 大上こうじ、他

スタッフ
監督・撮影・編集:佐藤慶紀
企画:小林良二 プロデューサー:塩月隆史 撮影:喜多村朋充 写真:須藤明子
音楽:LANTAN  制作:Aerial Films
配給:渋谷プロダクション
製作:「新宿タイガー」の映画を作る会
©「新宿タイガー」の映画を作る会


原作者から逆指名で井口昇監督で『惡の華』実写映画化!脚本は岡田麿里


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録し、アニメ・舞台化とメディアミックスが止まらない押見修造の人気コミック『惡の華』の実写映画化が決定しました。
原作は別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」オトコ編の10位にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされた「惡の華」。

「絶望」をテーマに主人公の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描き、その過激なストーリー展開は読者に強烈なインパクトを与え、ティーン世代の禁断のバイブルと化し、今もなお多くの読者に愛され続けています。

そして!!!コミック連載中の2013年にはテレビアニメ化、2016年には舞台化を果たし、数多くの映画化のオファーを受け、原作者からの逆指名で井口昇監督がメガホンを取ることとなりました。

井口昇監督からのコメント

「惡の華」を初めて読んだ時、最初の数ページで「これは絶対に映画にしたい。そのために映画監督になったのではないか」と全身に電流を浴びたような衝撃と直感に満ち溢れました。
長い片思いのような気持ちを抱え続け、遂に実現できる事になりました。
毒のある過激さだけではない普遍性と、孤独を感じる少年少女への共感が、「惡の華」に人々を惹きつける理由だと思います。
今を生きる観客が求める題材とリンクしてきた「惡の華」こそ、今映画にするべき作品だと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 脚本は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』を手掛け、「アニメ界の女神」と称される岡田麿里が担当。従来のイメージを打ち破って、思春期のトラウマと魂の再生を描きます。


脚本:岡田麿里さんからのコメント

自意識の暴走と、どうしようもない焦燥と、それらが引き起こす羞恥と、土地がもたらす閉塞感と……。
「惡の華」が持ついくつかのテーマは、誰しもの思春期と重なる部分があると思います。皆さんの中の少年少女が疼くような、そんな作品になるといいなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 井口昇監督『惡の華』

2019年、全国ロードショー


【ストーリー】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
僕と彼女の地獄めぐりは妖しくて、そして甘美な時間だった。
あの出来事が起こるまでは…

高校生の春日高男は、同じクラスの人気者・常磐文が本屋で詩集「惡の華」を読んでいるのを目撃する。かつて「惡の華」に憧れを抱く内向的な文学少年だった春日は、中学時代の過去を思い出していた…。
山々に囲まれた地で閉塞感のある日々に息苦しさを感じていた中学2年のある日、春日は教室でクラスのマドンナ佐伯奈々子の体操着を見つける。誰もいない放課後、胸が高揚しているその時、春日は人の気配を感じて咄嗟に体操着を掴み逃げ出してしまう。後日、その一部始終をクラスの変わり者、仲村佐和に見られてしまっていたことが発覚。
「秘密をばらさない代わりに私と契約しよう」。
こうして仲村と春日の奇妙な共犯関係がはじまった。仲村の命令が日々エスカレートしていくと同時に、春日は「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じていく。ところがある日、町の夏祭りで起きた事件がふたりの関係を決定的に変えてしまう…。

***********************************

監督:井口昇
脚本:岡田麿里
原作:押見修造「惡の華」(講談社刊)
製作:ハピネット NTTぷらら ファントム・フィルム 角川大映スタジオ
製作幹事:ハピネット  
共同幹事:NTTぷらら
製作プロダクション:角川大映スタジオ
配給・宣伝:ファントム・フィルム


映画ポスタービジュアル解禁!『覚悟はいいかそこの女子。』


映画情報どっとこむ ralph この度、10月12日(金)公開 映画『覚悟はいいかそこの女子。』
集英社発行の少女漫画雑誌「マーガレット」にて“ヘタレ男子マンガの先駆け”として、2014年から掲載された椎葉ナナによる同名漫画 を中川大志主演で実写化。
その場面写真解禁、また特典付き前売券の発売が8月1 日(水)に決定。さらに映画の公開に先駆けて、MBS/TBSドラマイズム枠にてドラマが放送されていた本作より、この度新場面写真解禁さら に特典付き前売券の発売が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 主演の中川大志さん演じる主人公・古谷斗和(ふるや とわ)は“超絶イケメン”で、生まれながらの“愛され男子”。

常に女子に囲まれちやほ やされる生活を送ってきたが、実は恋愛経験ゼロ(自覚なし)のヘタレ男子!今回解禁になった場面写真では、そんな斗和のイケメン オーラとヘタレ度全開の両極端な場面写真が解禁!常に女子に囲まれ自信満々の斗和ですが、美苑の家に来た借金取り(荒川良々) に詰め寄られヘタレ全開の及び腰の場面も…。
さらに「先生界のプリンス」として、映画で斗和(中川大志)、唐田えりか演じる、学年一の美少女・三輪美苑(みわ みその)と三角関係を 繰り広げる、美術教師・柾木隆次(まさき たかつぐ)役の小池徹平が、思わず「悩んでしまった」とコメントした、美苑への「頭ポンポン」 シーンも…!
そして映画で斗和と美苑の恋を応援する斗和の親友、新見律役の伊藤健太郎、澤田惟智也役の甲斐翔真、久瀬龍生役 の若林時英らの場面写真も解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph ドラマの終了とともに、映画の公開を待ちわびる声も多い本作。そんな中!
本ポスタービジュアルと特典付前売券の発売決定情報も解禁。
本ポスタービジュアルでは、今までイケメンとして自信満々だったが、美苑にこっぴどく振られたことで、「オレって、カッコ 悪い…?」と自分がヘタレだと自覚した斗和に、そんな恋を応援する律や惟智也、龍生の姿が!そしてそんな斗和になびかない、難攻 不落の美苑や、斗和と三角関係を繰り広げる柾木の姿も。こちらのポスターはと8月1日(水)より全国劇場で随時掲出されていきます。 また同日発売となる、前売券の特典は2種類のポストカード!ドラマのポスタービジュアルと、イケメン過ぎる斗和のビジュアルを使用し たもので、全国3,000枚の限定となっています

映画『覚悟はいいかそこの女子。』 全国合計3,000枚限定!プレゼント付前売券発売 中! 劇場窓口にて(一部劇場を除く) 観賞用男子のポストカードセット!(2枚入り) 前売券料金(税込)一般:1400円
※プレゼントは数に限りがございます。 プレゼント付前売券発売劇場はこちら

映画情報どっとこむ ralph そして、ドラマ版のBlu-ray & DVD-BOXの発売も決定!

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」[Blu-ray] 
品 番:VPXX-71650 JAN:4988021716505 \11,800+税
仕 様:本編約150分+特典映像、ブックレット
3枚組(本編ディスク2枚+特典ディスク1枚)/COLOR/片面1層/STEREO/日本語リニアPCM 2.0ch ステレオ/MPEG-4 AVC/16:9 1080i High Definition

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」[DVD] 
品 番:VPBX-14752 JAN:4988021147521 \9,600+税
仕 様:本編約150分+特典映像、ブックレット
3枚組(本編ディスク2枚+特典ディスク1枚)/COLOR/片面1層/STEREO/日本語ドルビーデジタル 2.0ch ステレオ/MPEG-2/NTSC/16:9LB

【セル特典】
■特典映像(内容未定)
■ブックレット

映画情報どっとこむ ralph 映画『覚悟はいいかそこの女子。』

2018年10月12日(金) 全国ロードショー

物語・・・
幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテる と思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった! ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑 (みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃 沈の連続で…。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身は ヘタレな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?


***********************************


出演:中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 小池徹平 他

原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L♥DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』)
©椎葉ナナ/集英社
©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会


『少女ピカレスク』初日以降も 椎名ひかり+白幡いちほ、ルウト、らむめろ らトークイベント続々決定


映画情報どっとこむ ralph 配信ドラマ『少女ピカレスク』初日舞台挨拶6月23日(土)(椎名ひかり、長澤茉里奈、松永天馬、神門実里、上埜すみれ、武田玲奈、井口昇監督)以降、初主演を務める椎名ひかりとアイドルやモデル仲間たちが登壇するトークイベントを開催いたします。

アイドル仲間の白幡いちほさん(アイドル・劇場版ゴキゲン帝国)や、
同じKERAモデルのルウトさん、
自撮り配信をする現役ツイキャス生主らむめろさん、
そしてまだ決定していないスペシャルなゲストも登壇予定!

そして上映最終日には、出演者たち(椎名ひかり、長澤茉里奈、松永天馬)によるコメンタリー上映が決定!

映画情報どっとこむ ralph 配信ドラマ『少女ピカレスク』トークイベントスケジュール

■劇場:シネマート新宿(新宿区新宿3丁目13番3号 新宿文化ビル6F・7F)

■日時:
・6月28日(木)上映開始21:00/イベント開始22:25(終了22:55予定)
登壇ゲスト:椎名ひかり、白幡いちほ(アイドル・劇場版ゴキゲン帝国)

・6月30日(土)上映開始21:00/イベント開始22:25(終了22:55予定)
登壇ゲスト:椎名ひかり、ルウト(KERAモデル)

・7月5日(木)上映開始21:00イベント開始22:25(終了22:55予定)
登壇ゲスト:椎名ひかり、らむめろ(ツイキャスの女王)

・7月6日(金)「上映中、声出し上映」(上映中、キャストはマイクを持ちコメンタリー)
上映開始21:00(終了22:30予定)登壇ゲスト:椎名ひかり、長澤茉里奈、松永天馬

■イベントのチケット購入について
・シネマート新宿劇場窓口&オンラインチケット予約にて、各イベントの2日前の9:00より、販売開始。
シネマート新宿HP:http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku
・椎名ぴかりん新曲「確認事項:しあわせとかについて」劇場鑑賞券付Mカードの劇場鑑賞券がご使用いただけます。
映画情報どっとこむ ralph
少女ピカレスク

6月23日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次特別先行上映

公式サイト:
https://www.fami-geki.com/picaresque/
***********************************

監督・脚本:井口昇
主演:椎名ひかり
長澤茉里奈 松永天馬 神門実里 上埜すみれ 武田玲奈(友情出演)
配給:東北新社
提供:ファミリー劇場

主題歌:椎名ぴかりん「確認事項:しあわせとかに


『少女ピカレスク』先行上映直前イベントを実施決定!


映画情報どっとこむ ralph 会員制サービス「ファミリー劇場CLUB」にて配信予定の、配信ドラマ『少女ピカレスク』(監督:井口昇/主演:椎名ひかり)を6月23日(土)よりシネマート新宿ほかにて全国順次特別先行上映いたします。

6月10日(日)より、主題歌の『確認事項:しあわせとかについて』のMカード(楽曲等のダウンロードコード付きカード)がヴィレッジヴァンガードにて先行販売開始、同日12時からはヴィレッジヴァンガード下北沢店にてリリースイベントを実施いたします。また18時からは椎名ひかりさんと井口昇監督をゲストに『少女ピカレスク』先行上映直前イベントを実施。6月10日(日)を『少女ピカレスク』色に染め上げます。

映画情報どっとこむ ralph 【6月10日(日)イベントスケジュール】

●『確認事項:しあわせとかについて』リリースイベント&特典お渡し会
開場11:30 開始12:00~14:00終了予定 
@ヴィレッジヴァンガード下北沢店


●『少女ピカレスク』先行上映直前イベント「秘密の会合」
物販&特典会 15:00~17:00
「秘密の会合」 開場17:30 開始18:00~19:30終了予定
@TKP渋谷カンファレンスセンター
〈内容〉
「秘密の会合」会場にて、「『少女ピカレスク』劇場鑑賞券付『確認事項:しあわせとかについて』Mカード」の先行販売と購入者限定特典会、また配信ドラマ『少女ピカレスク』先行上映直前イベント「秘密の会合」を実施。『少女ピカレスク』ファンサービス「ピカレスクの会」に参加している方のみが参加できる「秘密の会合」では本作の冒頭部の最速先行試写会、本作の主演を務めた椎名ひかりさんと、井口昇監督によるトークイベントなどを予定しております。

映画情報どっとこむ ralph 心の闇に触れた時、あなたは・・・狂気へと突き落とされる。

タップ一回で世界に自分自身をコネクトできる“生配信”。
アイドルとファン/配信する側と見る側の心の距離は、ネットのない時代からは考えられないほど近づいた。一見すると孤独感が薄れているようにも感じるが、誰かが繋がったことで浮かび上がる孤独もある。「自撮り配信」を題材に、心の闇に飲み込まれるアイドルたちの物語を『片腕マシンガール』、『ゴーストスクワッド』の奇才・井口昇監督が描く。主演を、「Popteen」のモデルとしてデビューし、魔界からやってきた魔界人アイドル“椎名ぴかりん“として活動を続け、今やサブカル文化のファッションアイコンとして多くの若者を魅了する椎名ひかりが務め、自撮り生配信でファンとの濃密なコミュニケーションを取りながら、トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリを演じる。

また主題歌である、椎名ぴかりんの新曲「確認事項:しあわせとかについて」は、まだ謎に包まれている作品内容についての鍵となっている。


少女ピカレスク

6月23日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次特別先行上映
(「ファミリー劇場CLUB」にて配信予定)

公式サイト:
https://www.fami-geki.com/picaresque/

***********************************

監督・脚本:井口昇 

主演:椎名ひかり
長澤茉里奈 松永天馬 神門実里 上埜すみれ 武田玲奈(友情出演)
配給:東北新社
提供:ファミリー劇場
主題歌:椎名ぴかりん「確認事項:しあわせとかについて」