「井上芳雄」タグアーカイブ

第73回トニー賞授賞式 映画を舞台化「トッツィー」「ビートルジュース」もパフォーマンス!


映画情報どっとこむ ralph 6月10日(日本時間)、アメリカ演劇界で最も権威のある「第73回トニー賞授賞式」が開催。

トニー賞は、該当期間中にアメリカ・ニューヨークのブロードウェイの劇場で公演が開始された作品が対象で、演劇部門とミュージカル部門それぞれで作品賞や、リバイバル作品賞、主演男優・女優賞などが授与されるもの。

ミュージカル部門では気鋭の女性演出家レイチェル・チャフキン演出の「ハデスタウン」が13部門14ノミネートという圧倒的な強さを見せつつも「トッツィー」「ビートルジュース」と80年代の大ヒット映画のミュージカル化も多部門にノミネートされ混戦が予想され注目を浴びていた第73回トニー賞。
The cast and crew of Hadestown accept the award for Best Musical onstage during the 2019 Tony Awards at Radio City Music Hall on June 9, 2019 in New York City. (Photo by Theo Wargo/Getty Images for Tony Awards Productions)
「ハデスタウン」がトニー賞の象徴ともいえるミュージカル作品賞やオリジナル楽曲賞など最多8部門を受賞したほか、女性演出家による作品に多く賞が渡るなど、“ダイバーシティ”を感じさせる結果に。今年のアカデミー賞でその衣装が大きな話題となったビリー・ポーターの衣装にも注目が集まった。

映画情報どっとこむ ralph <主な部門受賞結果>

★ミュージカル作品賞 「ハデスタウン」
ミュージカル作品賞「ハデスタウン」 ★ミュージカル・リバイバル作品賞 「オクラホマ!」
ミュージカル・リバイバル作品賞_「オクラホマ」 ★演劇作品賞 「ザ・フェリーマン」作:ジェズ・バターワース
演劇作品賞「ザ・フェリーマン」 ★演劇リバイバル作品賞 「真夜中のパーティー」作:マート・クロウリー
演劇リバイバル作品賞「真夜中のパーティー」 ★演劇主演男優賞 ブライアン・クランストン「ネットワーク」
演劇主演男優賞_ブライアン・クランストン ★演劇主演女優賞 エレイン・メイ「ザ・ウェイヴァリー・ギャラリー」
演劇主演女優賞_エレイン・メイ ★演劇助演男優賞 バーティ・カーヴェル「インク」
演劇助演男優賞_バーティ・カーヴェル ★演劇助演女優賞 シーリア・キーナン=ボルジャー「アラバマ物語」
演劇助演女優賞_シーリア・キーナンボルジャー ★ミュージカル主演男優賞 サンティーノ・フォンタナ「トッツィー」
ミュージカル主演男優賞_サンティーノ・フォンタナ ★ミュージカル主演女優賞 ステファ二―・J・ブロック「ザ・シェール・ショー」
ミュージカル主演女優賞_ステファ二―・J・ブロック ★ミュージカル助演男優賞 アンドレ・デ・シールズ「ハデスタウン」
ミュージカル助演男優賞_アンドレ・デ・シールズ ★ミュージカル助演女優賞 アリ・ストローカー「オクラホマ!」
ミュージカル助演女優賞_アリ・ストローカー
<複数受賞結果>
★「ハデスタウン」8部門受賞 
★「ザ・フェリーマン」4部門受賞

映画情報どっとこむ ralph WOWOWは、NYに渡り本年度のノミネート作品の数々を鑑賞してきた井上芳雄とスペシャル・ゲストの堂本光一は、演出や舞台裏にまで興味津々で幅広いトークを展開した。

◆第73回授賞式主な受賞シーンとパフォーマンス

今回の司会者は大人気トーク番組の司会であり俳優などマルチに活躍するジェームズ・コーデン。2016年の第70回に続き2度目の抜擢となった。前回、歴史に残るオープニングパフォーマンスを披露したコーデンには今年も高い注目が集まり、約10分にも及ぶ圧巻のパフォーマンスを披露。オープニングからスタンディングオベーションが起こる大盛り上がりの中幕開けとなった。
オープニング
近年は社会情勢や各種ムーブメントを踏まえて、壇上での政治的な発言に注目が集まりがちだが、今年は、努力が実った喜びや演劇人としての誇り、仲間や身近な人への感謝、演劇を人生になぞらえるといったような、等身大で心温まるスピーチが目立った。

そんなスピーチでも特に喝采を浴びたのはミュージカル助演女優賞を受賞した「オクラホマ!」のアリ・ストローカー。1943年初演作のリバイバルである同作は、現在のブロードウェイで定着しつつある、人種やハンディキャップにこだわらない“ダイバーシティキャスティング”という手法が採用され、パフォーマンスでも大きな存在感を見せつけた。彼女は、壇上で「ハンディキャップのある子供たち、いつかこの舞台に上がりたいと思っている子供たちにこの賞をささげたいと思います。」とスピーチし、大きな喝采を浴びた。同作はミュージカル・リバイバル作品賞と合わせて2部門で受賞した。
「オクラホマ!」
今回、最も席巻したのは、13部門14ノミネートを果たしていた「ハデスタウン」。

ギリシャ神話の世界を個性ある楽曲で綴り、政治的なメッセージ性も込められた同作は、トニー賞の代名詞でもあるミュージカル作品賞や、オリジナル楽曲賞、ミュージカル演出賞など最多となる8部門で受賞を果たした。ブロードウェイ気鋭の女性演出家であるレイチェル・チャフキンは、ミュージカル作品賞受賞を受けて「ハデスタウンという言葉には、どんなに暗い中でも光は注がれるということを意味しています。愛、魂に心を揺さぶられ、上演の場所が変わっていくにつれどんどんスタッフが増えていきました。この舞台、劇場の力を私たちは信じたいと思います」と喜びを語った。
「ハデスタウン」 「ハデスタウン」 「ハデスタウン」
賞と賞のあいだに披露されるパフォーマンスでは、毎回ノミネート作品の一部が披露され、さながら話題作品をダイジェストで楽しむことができるのもトニー賞授賞式の魅力。

音楽グループ、ザ・テンプテーションズの軌跡を描きミュージカル作品賞にノミネートされた「エイント・トゥー・プラウド」、
「エイント・トゥー・プラウド」
映画情報どっとこむ ralph 80年代大ヒット映画のミュージカル化の
「トッツィー」、
「トッツィー」
「ビートルジュース」、
「ビートルジュース」
「ザ・プロム」
「ザ・プロム」
などが披露され会場は大盛り上がり。


ナビゲーターの井上芳雄、スペシャル・ゲストの堂本光一は「ハデスタウン」の主演女優エヴァ・ノブルザダとNYで直接対面していることもあり、彼女に大注目。堂本は、「「ハデスタウン」は本当に魅力的で、とにかく観て!」と熱弁をふるう。井上は、オープニングパフォーマンスに圧倒されたようで、「今年のオープニングは秀逸でしたね!」など終始興奮気味にナビゲートした。

また、今年は、新作ミュージカル「怪人と探偵」より、メインキャストの中川晃教・加藤和樹・大原櫻子による楽曲、「微笑みの影」を本邦初披露!さらに、ミュージカル俳優の海宝直人は、ミュージカル「ノートルダムの鐘」より「陽ざしの中へ」を生熱唱。「今年はノートルダム大聖堂のこともあったし、“願い”ということを意識しました」と自ら行った選曲のポイントを紹介した。

<井上芳雄さん コメント>(番組より抜粋)
オープニングパフォーマンスだけでも感動!
ああエンターテイメントをやっててよかったと思いました。
どの作品にも必ず希望がある。そこが素晴らしかったです。

<堂本光一さん コメント>(番組より抜粋)
今回芳雄くんと一緒に事前番組でNYに行ってノミネート作品をたくさん鑑賞して授賞式を見ると今までと全く違う感覚で楽しめました。
ああ終わっちゃったって感じがしてさみしいですね。
エンターテイメントって素晴らしいなと改めて思いました。


〈WOWOW番組情報〉

リピート放送!

「第73回トニー賞授賞式 字幕版」
6月15日(土)夜7:00 WOWOWライブ

トニー賞授賞式の最新情報は特設サイトへ! 
https://www.wowow.co.jp/stage/tony/

***********************************


写真クレジット:Getty Images
  


第71回トニー賞授賞式 WOWOW生放送 OPは 井上芳雄&坂本昌行によるラ・ラ・ランド!!


映画情報どっとこむ ralph WOWOWでは、演劇、ミュージカルの世界における世界最高峰のトニー賞授賞式の 模様を、6月12日(日本時間)に生中継する。
アメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ ミュージックホールで開催される、第71回トニー賞授賞式。

アメリカ演劇界で最も権威 のある賞とされており、該当期間中にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞で、まさに1年のブロードウェイを総括するアウォード。
豪華スターの競演による圧巻のパフォーマンスが展開され、授賞式自体が クオリティーの高いショー。
日本のWOWOWのスタジオでも、毎年、パフォーマンスをお送りしていて、今回は、井上さんとスペシャル・ゲストの坂本昌 行さんによるデュエットを披露することが決定!

お贈りする曲は、アカデミー賞他数々のアウォードを賑わせた映画『ラ・ラ・ランド』より、 アカデミー賞歌曲賞を受賞した「City of Stars」とオープニング曲「Another Day of Sun」。

ミュージカルソングを2曲メドレーでお届けする2人の華麗なパフォーマンスを、どうぞ お楽しみに!!

映画情報どっとこむ ralph 生中継!第71回トニー賞授賞式


6月12日(月)午前8:00 [二カ国語・同時通訳]
6月17日(土)夜7:00[字幕版]
[WOWOWプライム]
司会:ケヴィン・スペイシー
案内役:宮本亜門 八嶋智人
スペシャル・サポーター:井上芳雄
スペシャル・ゲスト:坂本昌行
番組HP

***********************************

    


『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』に井上芳雄からコメント・リレースタート!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で愛され続ける傑作ミュージカル「ミス・サイゴン」。

2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を最新の映像技術で撮影、映画化。映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』と題し、2017年3月10日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他にて公開となります。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、日本公演における歴代キャストから、お祝いコメントがリレー式に到着することが決定しました! 

※映像は順次公式HPにて公開いたします。
公式HP:miss-saigon-movie-25.jp

お祝いコメント第一弾としてこの度到着したのは、2004年・2008年とクリス役を演じた俳優 井上芳雄さんからの映像!!

井上さん:とても素晴らしかったですね。LIVE収録だけでは撮れないアングルや、舞台を生で観るのとはまた違う魅力があります。

とコメント。

井上さん:よく知っている色んな役が、新しい解釈と、新しい演出と、新しいシチュエーションによって、また全然違う役や物語に見えます。

と、本作が「ミス・サイゴン」を知り尽くしたファンでも新たな発見を楽しめる作品となっていることをアピールします!!

映画情報どっとこむ ralph そして映像の最後で第二弾は俳優 橋本さとしさんであることが発表!

今後も歴代豪華キャストからのお祝いコメント映像が続々と待ち構えている本作。25周年を記念し、世界中で大きな盛り上がりを見せるミス・サイゴンから目が離せません!!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1970年代のベトナム戦争末期、爆撃で故郷の村と両親を失った少女キムと、長引く戦争に対する疑問と虚無感に苛まれるアメリカ兵クリスは、エンジニアの経営するナイトクラブで出会い、急速に惹かれあう。

だが、サイゴン陥落の混乱の中、非情にも2人は引き裂かれ、クリスはキムを残しベトナムを離れてしまう。
戦争が終わり、キムはクリスの帰りを待ちながら彼との息子タムを育て、懸命に生きていたが、帰還したアメリカで今もベトナムの悪夢に苦しむクリスは、妻エレンと共に新たな人生を歩き始めていた。
時がたち2人が再会するとき、キムは愛するタムを前に、ある悲壮な決意を固めるのであった。

***********************************

製作:キャメロン・マッキントッシュ「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「キャッツ」作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク
キャスト:
エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス/キム=エバ・ノブルザダ/クリス=アリスター・ブラマー/エレン=タムシン・キャロル/ジョン=ヒュー・メイナード/トゥイ=ホン・グァンホ/ジジ=レイチェル・アン・ゴー

スペシャル・ゲスト:ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン 
(C)2016 CML 
上映時間:3時間7分 ※休憩2回含む
配給:東宝東和株式会社 
制作:ユニバーサル・ピクチャーズ 
   


神田沙也加が劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公開アフレコ


映画情報どっとこむ TJ ARの極み!
2017年2月18日(土)、川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の全国ロードショーとなります!

この度、作中で初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す《歌姫》ユナ役に、神田沙也加さんが出演することが決定。

sao%e7%a5%9e%e7%94%b0%e6%b2%99%e4%b9%9f%e5%8a%a0
2015年には第9回声優アワード主演女優賞を受賞する神田沙也加さんが公開アフレコを実施し、コメントも到着しています!

映画情報どっとこむ TJ さらに他のゲスト声優も解禁!

sao%e4%ba%95%e4%b8%8a%e8%8a%b3%e9%9b%84%e3%83%bb%e9%b9%bf%e8%b3%80%e4%b8%88%e5%8f%b2
謎の青年剣士・エイジ役に井上芳雄さん

《オーグマー》開発者・重村役に鹿賀丈史さん

が参加しています!

映画情報どっとこむ TJ <神田沙也加コメント>
ユナ:劇場版での新キャラクター。作品内では初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す《歌姫》。今回登場するARゲーム《オーディナル・スケール》の各ステージにて彼女が登場し、遭遇すると特殊な効果を得ることができる。
yuna
Q:ユナというキャラクターについて
私が演じたのはユナというARアイドルの《歌姫》で、劇中で5曲も歌わせて頂きました。小悪魔っぽい可愛らしさもある役柄でキャラクタービジュアルも可愛くて、決まった時はすごく嬉しかったです。

Q:アフレコを終えた感想について
『ソードアート・オンライン』はすごく人気のあるシリーズなので、その中の世界に入れることが嬉しかったです。実際の生活でアイドルになったことがないので、映画の中でアイドルのキャラクターを存分に楽しませて頂きました。今まで『ソードアート・オンライン』を作ってこられた、監督をはじめとするクリエーターの方々やスタッフの皆さんにご意見を頂きながら演じさせて頂きました。

Q:声優業について
声優として全然まだまだなのですが、これだけ人気のある作品にプロフェッショナルの声優さんの中でやらせて頂くということは、ゲストキャラクターであってもきちんとやらないと、と身を引き締めました。
バラエティに富んだ曲を歌わせて頂いたので、映画の中で聞いて頂きたいです。

Q:『ソードアート・オンライン』の魅力について
『ソードアート・オンライン』は仮想現実での冒険と現実世界での実生活の両方が描かれたアニメです。今、ARのゲームが実際にとても流行っているなか、今回のゲームのシステムは本当にそういう時代が来そうな感じのものになっていて、本当にやってみたいなと思いました。

Q:アフレコに挑むにあたって
ユナはARアイドルですが、いろいろな種類の歌を歌ったので、誰か特定の三次元の方を参考にしたということではなく、私が私にしか出来ないユナを追求しました。


映画情報どっとこむ TJ <井上芳雄コメント>
エイジ
劇中で、キリトたちの前に現れる謎の青年剣士。《オーディナル・スケール》内で高いランクを誇っている。
eiji
Q:アフレコを終えての感想
マイクを前に入れ代わり立ち代わり入っていくのが、舞台でのお芝居とはまたひと味違い、驚きの連続でした。アフレコでの演技は秒数で決まっているので、セリフを間違えず言うことと、感情を入れるタイミングを合わせるというのは職人技なんだと、自分で演じてみてそう思いました。監督に演技を相談させていただいたとき「エイジは余裕たっぷりで」と言われたのが印象に残っています。作品の中の1ピースとして、できれば何かいい影響を物語に与えられるような声の演技が出来ればと思いながらお芝居をさせていただきました。

Q:本作の見どころについて
ARやVRといった専門用語があり、最初はとっつきにくい印象を受けますが、本質的には人と人の感情がぶつかることでまた何か生まれて人が変化していく……そんな人間を描いたお話になっています。そこをぜひ観ていただければと思います。エイジはとても人間臭い素敵な人物です。彼の人生、彼の気持ちというのがしっかり画面に出るようにお芝居をさせていただいたので、ぜひ楽しみに劇場にお越しください。お待ちしております。

映画情報どっとこむ TJ <鹿賀丈史コメント>
《オーグマー》の開発者・重村教授
AR(拡張現実)デバイス《オーグマー》の開発者であり、日本における非侵襲式(生体を傷つけない)ブレイン・マシン・インタフェース研究の第一人者。東都工業大学電気電子工学科教授。先鋭的すぎる研究スタイルから、電気生理学界では異端扱いされている。
shigemura
Q:アフレコを終えての感想
専門用語が多かったので、そこはいろいろ勉強させていただきました。やはりセリフで難しい単語などがでてくるときはすごく集中力がいるので、その部分が印象的と言いますか、注目している部分です。

Q:本作の見どころについて
この作品に参加して最新のアニメーションはこんなにすごいのかと驚きました。見どころはお話やキャラクターなど、観る方によって注目される部分があると思いますので、ご覧になったみなさんがそれぞれに感じていただければうれしいです。また『SAO』の新しい一作ができました。おもしろい作品になっていますので、ぜひ期待感を込めて劇場に足を運んでいただけたら思います。


映画情報どっとこむ TJ sao<ストーリー> 
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫?? その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

<オーディナル・スケールとは>

sao_≪オーグマー≫専用ARMMO RPG。
最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、モンスター討伐などを経てプレイヤーの≪ランク≫を上げていく。≪オーディナル・スケール(OS))の特徴はこの≪ランキング・システム)で、全てのプレイヤーのステータスは、基数(カーディナル数)ではなく序数(オーディナル数)であるランクナンバーによって決定される。ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力が与えられ、ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。

<AR(拡張現実)型情報端末《オーグマー(Augma)》とは>
小型のヘッドホンのような外見の次世代ウェアラブル・マルチデバイス。
そのコンパクト性はVRマシン≪アミュスフィア≫をはるかに凌駕する。
フルダイブ機能の代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた。
覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことが可能で、フィットネスや健康管理をゲーム感覚で楽しんでいるユーザーも増えている。


劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-
2017年2月18日(土)全国ロードショー
  
劇場版公式サイト:
http://sao-movie.net/ 

公式Twitter:
@sao_anime

***********************************

キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞/アスナ(結城明日奈):戸松遥/ユイ:伊藤かな恵/
リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈/シリカ(綾野珪子):日高里菜/リズベット(篠崎里香):高垣彩陽/
シノン(朝田詩乃):沢城みゆき/クライン(壷井遼太郎):平田広明/
エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴/茅場晶彦:山寺宏一
ユナ:神田沙也加/エイジ:井上芳雄/重村:鹿賀丈史

[主題歌]
LiSA 「Catch the Moment」

原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)/原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦 /脚本:川原 礫・伊藤智彦/キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾/モンスターデザイン:柳 隆太/プロップデザイン:西口智也/UIデザイン:ワツジサトシ/美術監督:長島孝幸/美術監修:竹田悠介/美術設定:塩澤良憲/色彩設計:橋本 賢/コンセプトアート:堀 壮太郎/撮影監督:脇 顯太?/CG監督:雲藤隆太/編集:西山 茂/音響監督:岩浪美和/音楽:梶浦由記 
制作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス 製作:SAO MOVIE Project
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project


宮本亜門 八嶋智人 井上芳雄「第70回トニー賞授賞式」生中継!


今年、記念すべき第70回を数える演劇、ミュージカルの世界における世界最高峰のトニー賞授賞式が、WOWOWで独占生中継されます!
トニー賞 トニー賞とは、アメリカ演劇界で最高の栄誉とされるアワード。

昨年は、「王様と私」で渡辺謙がミュージカル主演男優賞にノミネートされ、日本中の注目を集めた授賞式。豪華スター競演&圧巻のステージは必見です!

映画じゃないでしょと言う方もいるかと思いますが、ここで賞を取った作品や俳優さんが今後の映画に出てくることも多いのもこの賞なんです。

該当期間中にアメリカ・ニューヨークのブロードウェイの劇場で公演が開始された作品が対象で、演劇部門とミュージカル部門それぞれで作品賞や、リバイバル(再演)作品賞、主演男優・女優賞などが授与される。今年の会場はニューヨークのビーコン・シアター。

毎年豪華なゲストによる華麗なショーが展開し、まさに授賞式自体が“ブロードウェイショー”といえる。

ホストは、2012年のトニー賞で演劇主演男優賞を受賞したジェームズ・コーデンが務める。
日本のスタジオでは、案内役に宮本亜門、八嶋智人、スペシャル・サポーターに井上芳雄を迎え、授賞式の見どころを紹介していきます。
トニー賞授賞式
詳しくは番組HP
http://www.wowow.co.jp/stage/tony/

<オンエア情報>
生中継!第70回トニー賞授賞式
6月13日(月)午前8:00 [同時通訳] / 
6月18日(土)夜7:00[字幕版] [WOWOWプライム]
案内役:宮本亜門 八嶋智人
スペシャル・サポーター:井上芳雄

<関連番組>
●福田雄一×StarS(井上芳雄・浦井健治・山崎育三郎)
「トライベッカ」(全6回) 毎月第4金曜深夜0:00
●トニー賞がやってくる! 5月10日(火)10:50ほか(無料放送)
●無料でWOWOW!
演劇・ミュージカルの祭典!トニー賞直前SP 6月放送予定

<関連特集>
●トニー賞放送記念 ミュージカル映画特集 6月放送予定
『オクラホマ!』『王様と私』『南太平洋』『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アラジン』『踊るアイラブユー♪』『美女と野獣』
『ANNIE/アニー』『キャバレー』『ジャージー・ボーイズ』
『サウンド・オブ・ミュージック』『ラスト5イヤーズ』
『オペラ座の怪人』

●映画に出会う![トニー賞放送記念 フレッド・アステア×ジン
ジャー・ロジャース] 6月放送予定
『踊らん哉』『コンチネンタル』『トップ・ハット』

***********************************

WOWOW