「井上三太」タグアーカイブ

井上三太、武井宏之コラボイラスト到着&著名人コメントも到着『ブラック・クランズマン』


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります!

1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化!!
第91回アカデミー賞ノミネーション発表では、作品賞、監督賞、助演男優賞、作曲賞、編集賞、脚色賞と6部門にノミネートされる快挙を果たしています!

この度、全国公開より一足先に本作を鑑賞した著名人より、熱烈な応援イラスト、そしてコメントが到着しました!


映画情報どっとこむ ralph 「TOKYO TRIBE」の漫画家・井上三太先生や、「シャーマンキング」漫画家・武井宏之先生、人気イラストレーターの川原瑞丸さんのそれぞれのタッチでアフロやちょっとキケン(?)な三角頭巾を特徴的に描いたイラストは超クール。さらに、映画関係者のみならず、音楽家、俳優、グラビアタレントも熱狂!この時代に放たれたスパイク・リーの激烈なメッセージに衝撃を受けた日本を代表する著名人たちの声を以下順不同、敬称略でご紹介します。

■井上三太(漫画家)
スパイク・リーが取り上げ続けた差別の問題が今だになくならない現代。今こそ見るべき一本だと思います。

■武井宏之(漫画家)
争っちゃえばどちらも同じ!大切なのはユルさとユーモア。あとは大好きな70年代の音楽と風景。実はとっても平和な映画!

■町山智浩(映画評論家)
デカいアフロにイカす革ジャンの70年代ブラザーが帰ってきた!トランプと差別野郎どもにキック・アス!スパイク・リーにRight On(異議なし)!


■いとうせいこう(作家・クリエイター)
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』、 単純にハラハラするし政治的な皮肉に何度も笑えるし、 もともと実話をベースにしているのではあれ、 やがてフィクションから逸脱するメッセージを鮮明にするし、見どころ満載。

■綾戸智恵(ジャズシンガー)
スパイクらしい映画や。 アダム・ドライバー扮するフリップが現場で恐怖ギリギリ追い込まれていくたびに自分のアイディンティティを知らされていく様が凄い。実は88年にN.Y.で『ミシシッピー・バーニング』見ててユダヤ系の観客がたまに笑うシーンがあったんやけど今理由がわかった。
エンドロールの歌に答えはあったんや。出演者に気づきのあるこの作品、観客である私らが何も感じないはずがないやろ!試写に一緒に行った息子から初めての視線を感じた。共感したんや!

■菊地成孔(音楽家/文筆家)
迷走中だったスパイクが、ドナルド・トランプとバリー・ジェンキンズ(「ムーンライト」「ビールストリートの恋人たち」)のお陰で一挙に覚醒!
完璧なオールドスクーラーの復活!!骨太で笑える社会派!!!

■副島淳(俳優)
歴史変換の中で繰り広げられる世界観が監督の創る描写におとしこまれ正義を貫き動いた人たちの歴史が一つの蹄となり感銘を受けた

■三代目パークマンサー(軟式globe。’11)
こんなドッキリ見たことない!
コントのようなホントの話白と黒がおりなすコントラストストーリー見逃すと損だよアホだよ♪

■杏レラト(黒人映画歴史家)
正しいことをして権力と戦う、これぞスパイク・リーの真骨頂。150年も続くKKKに、スパイクからの150年分のお返しだ!

映画情報どっとこむ ralph 主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

『ブラック・クランズマン』
原題:BlacKkKlansman


STORY
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

***********************************

監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

園子温監督の『TOKYO TRIBE』英語字幕版上映が決定!


 
井上三太による伝説的コミックを園子温監督が映画化した

『TOKYO TRIBE』

本作の英語字幕付き上映が、ヒューマントラストシネマ有楽町にて、11/22(土)~ 1週間限定ではじまります!1日1回限定です。

TOKYO_TRIBE_main
『TOKYO TRIBE <英語字幕版>』上映詳細

日程:11/22(土)~11/28(金) 1週間限定レイトショー!
連日21:00より1回上映
場所:ヒューマントラストシネマ有楽町

TOKYO_TRIBE_2
鬼才映画監督・ホドロフスキーのコメントが到着しています!!
TOKYO TRIBE ポスター 「エキサイティング!この映画の表現の自由さ、勇気、ユーモア、完璧な格闘シーン、見事な音響の使い方が好きです。園子温監督、ありがとう。」―アレハンドロ・ホドロフスキー(映画監督)

そして、世界へ!

北米、ドイツ語圏ヨーロッパ、フランス語圏ヨーロッパ、イタリア、オーストラリア、ニュージーランドで配給権が売れ、香港では11月20日公開、イギリスでは2015年4月から公開が決定しています。

********************************************************************

映画『TOKYO TRIBE』(2014年8月30日公開)
原作:井上三太「TOKYO TRIBE2」(祥伝社刊)
監督・脚本:園子温
出演:鈴木亮平 YOUNG DAIS 
    清野菜名 佐藤隆太 染谷将太 でんでん 窪塚洋介 竹内力 ほか
配給・宣伝:日活
(C)2014 INOUE SANTA / “TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

園子温監督作品、過去最高のスタート『TOKYO TRIBE』


常にセンセーショナルな作品を放ち続ける園子温監督が挑む最新作は、近未来の”トーキョー”を舞台に、ストリートギャングたちが大暴れする

『TOKYO TRIBE』

8月30日に公開初日を迎え、園子温監督作品、過去最高の興収で公開スタートしました!

8月30日TOKYO TRIBE初日舞台挨拶
8月30日TOKYO TRIBE初日舞台挨拶

公式サイト:http://tokyotribe-movie.com/

主演には、肉体っちゃこの方=鈴木亮平と、本職がHIP HOPアーティストのYOUNG DAIS。

ヒロインに大抜擢された清野菜名の他、佐藤隆太、染谷将太、でんでん、窪塚洋介、竹内力、大東駿介、石田卓也、市川由衣、叶美香、中川翔子、といった同じスクリーンには二度と収まらないであろう豪華キャストでお贈る前代未聞!

世界初!のバトル・ラップ・ミュージカル。

TOKYO_TRIBE
今週末も、鈴木亮平さんと園監督が出演するTBS「ぴったんこカンカン」や日本テレビ「未来シアター」など公開後も大量の露出があるそうです!

TOKYO_TRIBE_main
そして!

今週末9月4日開催、第39回トロント国際映画祭にも期待! 昨年の『地獄でなぜ悪い』で<観客賞>を受賞した部門【ミッドナイト・マッドネス部門】でのオープニング上映されます!

園子温監督『希望の国』『地獄でなぜ悪い』につづき、3年連続受賞の快挙なるか!? 世界初のバトル・ラップ・ミュージカルは、世界でどう評価されるのか!?

映画祭には、園子温監督、YOUNG DAIS が参加予定です!

第39回トロント国際映画祭
【ミッドナイト・マッドネス部門】オープニング上映
会場:Ryerson Theatre 
トロント現地上映日時:9月4日(木)23時59分~
 (日本日時:9月5日(金)12時59分~*午後)

********************************************************************


近未来の “トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。

TOKYO TRIBE ポスタートライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去る。「ブクロWU-RONZ」のヘッドに君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する<海(カイ)>。二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ、激しく壮絶な一大バトルが今始まる??。累計250万部超、90年代のストリートカルチャーを牽引した井上三太による伝説的コミック「TOKYO TRIBE2」が遂に実写映画化!鬼才・園子温のエッセンスが加わり、新たなる”TT”伝説がこの夏、幕を開ける!

原作:井上三太「TOKYO TRIBE2」(祥伝社刊) 
監督・脚本:園子温  
出演:鈴木亮平 YOUNG DAIS 清野菜名 佐藤隆太 染谷将太 でんでん 窪塚洋介 竹内力 ほか

配給・宣伝:日活 
©2014INOUE SANTA/”TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS    
 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

園子温の映画に出たいか!?オーディション


2014年公開に向けて、園子温監督の最新作『TOKYO TRIBE』製作が決定しました。原作は、井上三太さんによる伝説の漫画「TOKYO TRIBE2」。東京を舞台に、かつてない園子温ワールドが炸裂します。

常にセンセーショナルな作品を放ち続ける、時代の寵児、園子温監督が、井上三太さんの原作を得て、平和ボケの新世代に「暴力と愛と友情」という名のメッセージを贈ります。そしてこの度「園子温の映画に出たいか!?」をキャッチフレーズに、前代未聞のYouTube公開オーディションを実施するそうです。

参加ルールは至って簡単。

我こそはと思う方は、オーディションサイトにある「模範演技」のデモ映像をチェックして、自分の動画を撮影し、YouTubeに投稿してエントリーするだけ。投稿された動画は、サイトに新着順でエントリーされます。また、一般の皆さんからの「応援」ボタンも設置し、人気ランキングもチェックしていただけます。

オーディションは、YouTubeでの動画審査、通過者に対する書類審査、最終の実技オーディションと3つのステップで進行。見事採用された方は、『TOKYO TRIBE』への出演と共に、なんと、タレントプロモーション/マネジメント会社、フロムファーストプロダクションとのマネジメント契約の可能性。

本作の小口欽也プロデューサーも「プロ・アマ関係なく、白も黒も関係ない。本気なやつがTRIBEのTOPに起つ。我こそは!という、やんちゃなお前らの漢を俺らに魅せてくれ!」とこの前代未聞オーディションの意気込みを語っています。

撮影は2013年夏を予定。

果たして伝説の漫画に鬼才の監督の世界に飛び込むのは誰か!?

僕も応募してみるかな~

園子温監督からのコメント。

『伝説の漫画「TOKYO TRIBE2」を監督するということになりとても興奮しています。近未来の“トーキョー”を舞台にストリートギャングたちが大暴れする作品なので、私も大暴れするつもりです。今回は、一般のみなさんにも出演していただこうと思い、公開オーディションを行なって逸材の発掘もしていきたいと思っています。新しい人たちと映画の新しい可能性をこの作品で発見したいと思っています。』

園子温 プロフィール
1987年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。ぴあスカラシップ作品として制作された『自転車吐息』(90)は、ベルリン映画祭正式招待のほか、30を超える映画祭で上映。以後、『自殺サークル』(02)、『紀子の食卓』(06)、『ちゃんと伝える』(09)など衝撃作を続々と誕生させ、各国での受賞作多数。09年『愛のむきだし』で、第59回ベルリン映画祭「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」、第9回東京フィルメックス「アニエスベー・アワード」を受賞した。第67回ヴェネチア国際映画祭<オリゾンティ部門>に正式出品された『冷たい熱帯魚』(公開中)は国内外を問わず絶賛され話題を呼び、その後『恋の罪』『ヒミズ』『希望の国』など精力的に作品を発表。自在なスタイルで活躍する日本映画界の異端児である。新作は『地獄でなぜ悪い』(9/28公開)。

原作者:井上三太さんからのコメント

『この度、僕の漫画「TOKYO TRIBE2」が映画化されることになりとても嬉しく思っています。プロデューサーと10年くらい映画化したいと暖めていて、ついに念願かないました。東京を舞台にした映画はなかなかないということで、ずっとプロデューサーと東京を代表するような映画が作れたらいいなと言っていました。園子温監督が監督をしてくれるということで、毒×毒のように、園監督の強力にエッジのきいた演出で狂気を孕んだ作品になると思います。出演者をオーディションするということで、僕の漫画のキャラクターがどのようになるのか、とても楽しみにです。みなさんも是非楽しみにしていてください。』
TOKYOTRIBE2
TOKYOTRIBE2
©2014 INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS

井上三太 プロフィール
1968年生、パリ出身。1989年『まぁだぁ』でヤングサンデー新人賞を受賞しデビュー。1993年にJICC出版局より出版された『TOKYO TRIBE』から始まるTTシリーズは自身のライフワークになっており、代表作、
『TOKYO TRIBE 2』は海外での人気も高く、香港・台湾・アメリカ・フランス・スペイン・イタリアでも
出版されている。1994年『隣人13号』発表。2005年には小栗旬・中村獅童のW主演により映画化され劇場公開されている。2002年に渋谷にフラッグシップストアSANTASTIC!をオープンし、現在も営業中。

そして、『TOKYO TRIBE』オーディションの概要ですが

●タイトル “SONO”映画に出たいか!?
TOKYO TRIBE YouTube 公開オーディション
●期 間 2013年3月27日(水) 午前10:00~5月31日(金)
●内 容 園子温監督最新作『TOKYO TRIBE』 キャストオーディション
☆ 審査通過者は、フロムファーストにてマネジメント契約の可能性あり。
(他事務所に所属してない方に限る)
●応募資格:1.応募の時点で満18歳以上であること

2.性別、国籍、キャリア不問
3.日本に居住していること
4.一次審査通過後、履歴書等の書類を提出可能な方
5.二次審査実施の際に、東京都内の会場まで来場可能な方
※一次、二次審査の詳細は、審査通過者方のみにお知らせ致します。

●審査方法:
一次審査:3/21~5/31 YouTube公開オーディション
二次審査:4月~6月 書類審査
三次審査:二次合格者のみ東京都内某所にて実技審査選考
●公式サイト
■『TOKYO TRIBE』公式サイト
URL http://tokyotribe-movie.com
■YouTube公開オーディションサイト
URL http://tokyotribe-movie.com/audition/

映画『TOKYO TRIBE』
原作:井上三太 脚本・監督:園子温
配給・宣伝:日活
©2014 INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ