「五十嵐耕平」タグアーカイブ

『泳ぎすぎた夜』本予告編解禁、追加コメント到着、劇場イベント決定


映画情報どっとこむ ralph 五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル

共同監督作品『泳ぎすぎた夜』本予告編解禁、追加コメント、劇場イベント情報が到着しました!

この度、ヴェネチア国際映画祭、東京フィルメックスなどでも上映され、好評を博した五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル共同監督作品『泳ぎすぎた夜』(4/14よりシアター・イメージフォーラムにて公開)の本予告編が解禁。



映画情報どっとこむ ralph 加えて以前に頂いた谷川俊太郎さん(詩人)、諏訪敦彦さん(映画監督)、奈良美智さん(美術家)に加えてミュージシャンのイ・ランさん、曽我部恵一さん、演劇作家の岡田利規さんより本作への推薦コメントを頂きました。

『泳ぎすぎた夜』推薦コメント

イ・ラン(ミュージシャン)
私たち異邦人は慣れない世界の中で社会の法と秩序をぎこちなく体得しながら歩いていく。
良いことも悪いこともすべてが不慣れに感じたとき、私たちは鞄にぶら下がったキーホルダーの音に安定を探し、小さな声で歌を歌う。

曽我部恵一(ミュージシャン)
ぼくは、この少年からたくさんのことを学ばねばならない。

岡田利規(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)
実写映画なのに、アニメーションを見ているようだった。すぐれたアニメーションを。風景の中にも人間の動きの中にも宿っている、生命というか、もこもこした蠢きを、こんなにも手に取るように味わわせてくれるなんて!

ホンマタカシ(写真家)
五十嵐&ダミアンの、いわゆる「はじめてのお使い」ですね、微笑。

谷川俊太郎(詩人)
人間ももともとはけものと同じ生きものだった。
言葉がないと、意味の仮面がはがれて、いのちのナマの姿が見えてくる。

諏訪敦彦(映画監督)
少年の些細な一挙手一投足になぜか私の視線は釘付けになる。ひとりの少年が雪の中を歩き、走り、立ち止まり、見つめ、眠る。誰にも出会うことなく、ひとりさまよう少年、ただそれだけで一本の映画ができると誰が想像するだろう。

映画情報どっとこむ ralph また4月14日(土)からのシアター・イメージフォーラムでの公開に併せて、フランスから共同監督のダミアン・マニヴェル監督も来日致します。また主演の古川鳳羅(こがわ たから)くんも青森からやってきて、五十嵐耕平監督と3人で14日に舞台挨拶を行います。15日(日)には本作へコメントも寄せて頂いた諏訪敦彦監督、16日(月)は爆音映画祭主宰の映画評論家、樋口泰人さんをお呼びして両監督と共にトークを行います。

★タイムテーブル、イベント決定!★
タイムテーブル:
4/14(土)~4/20(金)13:00/15:00/17:00/19:00
4/21(土)~5/11(金)11:00/21:10
4月14日(土)13:00、15:00の回上映後、舞台挨拶
ゲスト:古川鳳羅 (こがわ たから)、五十嵐耕平(本作監督)、ダミアン・マニヴェル(本作監督)
4月15日(日)15:00の回上映後、トーク
ゲスト:諏訪敦彦(映画監督)、五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル
4月16日(月)19:00の回上映後、トーク
ゲスト:樋口泰人(映画評論家、音楽評論家、boid主宰)、五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル
劇場:シアター・イメージフォーラム 東京都渋谷区渋谷2丁目10−2

映画情報どっとこむ ralph 泳ぎすぎた夜
仏題: La nuit où j’ai nagé

4月14日(土)より シアター・イメージフォーラムほかにて公開!
以降全国順次。
http://oyogisugitayoru.com/

***********************************

キャスト:古川鳳羅 (こがわ たから)、古川蛍姫 (こがわ けいき)、古川知里 (こがわ ちさと)、古川孝 (こがわ たかし)、工藤雄志 (くどう ゆうし)、はな(犬)

監督:五十嵐耕平 & ダミアン・マニヴェル
プロデューサー:ダミアン・マニヴェル&マルタン・ベルティエ&大木真琴
撮影監督:髙橋航
照明:跡地淳太朗
録音:ジェローム・プティ&高橋玄
助監督:上田真之、平井敦士
編集:ウィリアム・ラブリ
カラリスト:ヨブ・ムーア
音楽:ジェローム・プティ
フランス配給・海外セールス : Shellac / シェラック
制作プロダクション:NOBO
製作 : MLD Films
2017/フランス・日本/DCP/4:3/color/5.1ch/79分
©2017 MLD Films / NOBO LLC / SHELLAC SUD


五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル共同監督作品『泳ぎすぎた夜』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、ヴェネチア国際映画祭、東京フィルメックスなどでも上映され、好評を博した五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル共同監督作品『泳ぎすぎた夜』の公開日が4月14日(土)に決定しました。
雪で覆われた青森の山々を舞台に、6 歳の少年の小さな冒険が始まる。 本作は、国も言葉も異なる二人の若き新鋭監督、ダミアン・マニヴェル(『若 き詩人』)と五十嵐耕平(『息を殺して』)が、共に魅せられた美しい原風景のよ うな冬の青森を舞台に、共同監督作品として企画し、青森で生まれ育った人々と 限られたスタッフによって作られた作品である。 雪で覆われた青森の山々。そんな街で暮らす一人の少年は、学校へ向かう途中にふと道をそれる。そして、いつしか電車に乗り、父親の働いている魚市場へ向かう。自分の書いた絵を父親に届ける為に。

類い稀な存在感で少年を演じた古川鳳羅(こがわたから)くんは実際に青森県 平川市に住む男の子。劇中で彼を取り巻く家族も、実際の家族が出演している。
大人になるにつれて失っていく、子どもだけが持っている、ある種、動物的と もいえる豊かな感覚、そこに流れる無限に近い時間を捉えた本作は、ヴェネチア 国際映画祭、東京フィルメックスほか映画祭で上映され高く評価された。

この度、解禁されたメインビジュアル ver.2 では、雪原の中、左の手袋を無く してしまった少年が、凍えた指を、息を吹きかけて温める仕草が捉えられている。 横には「とても小さな、新しい冒険の始まり。」というコピーが添えられており、 ここからどんな物語が展開されるのか。

映画情報どっとこむ ralph 加えて、美術家の奈良美智さん、 詩人の谷川俊太郎さん、映画監督の諏訪敦彦さんより本作への推薦コメント

奈良美智(美術家)
小さかった自分はそこにいて、その雪国の風景は、見上げれば空が広く、歩き出せば真っ白な雪原だ。 あの頃の自分の感情が蘇ってくる。

谷川俊太郎(詩人)
人間ももともとはけものと同じ生きものだった。 言葉がないと、意味の仮面がはがれて、いのちのナマの姿が見えてくる。

諏訪敦彦(映画監督)
少年の些細な一挙手一投足になぜか私の視線は釘付けになる。ひとりの少年が雪の中を歩き、走り、立ち止まり、見つめ、 眠る。誰にも出会うことなく、ひとりさまよう少年、ただそれだけで一本の映画ができると誰が想像するだろう。

映画情報どっとこむ ralph 泳ぎすぎた夜
仏題: La nuit où j’ai nagé

4月14日(土)より シアター・イメージフォーラムほかにて公開!以降全国順

あらすじ・・・
雪で覆われた青森の山々。夜明け前、父は街の魚市場に出かけてゆく。父の出がけに目を覚ました 6 歳の息子は、そ のあと眠ることが出来ない。皆が寝静まる家の中、少年は絵を描き、それをランドセルにしまう。翌朝、彼は眠い目をこすりなが ら学校へと登校するのだが、いつしか道をそれて、雪の中をよろめきながら街を目指す。少年の小さな冒険が始まる。

***********************************

キャスト:古川鳳羅 (こがわ たから)、古川蛍姫 (こがわ けいき)、古川知里 (こがわ ちさと)、古川孝 (こがわ たかし)、工藤雄志 (くど う ゆうし)、はな(犬)

監督:五十嵐耕平 & ダミアン・マニヴェル
プロデューサー:ダミアン・マニヴェル&マルタン・ベルティエ&大木真琴
撮影監督:髙橋航 ◆照明:跡地淳太朗
録音:ジェローム・プティ&高橋玄
助監督:上田真之、平井敦士
編集:ウィリアム・ラブリ
カラリスト:ヨブ・ム ーア
音楽:ジェローム・プティ
フランス配給・海外セールス : Shellac / シェラック
制作プロダクション:NOBO
製作 : MLD Films
2017/フランス・日本/DCP/4:3/color/5.1ch/79 分
©2017 MLD Films / NOBO LLC / SHELLAC SUD


独立映画鍋 × 第18回東京フィルメックス『インディペンデント映画ってなんだ!?』


映画情報どっとこむ ralph 昨今デジタル技術の進歩によって、インディペンデント映画の制作本数は飛躍的に増加しました。

しかし、改めて“インディペンデント映画ってなんだ!?”と問われた時に、どれだけの人が明確な答えを持ち合わせているでしょうか?もしその定義が国や時代、置かれた立場によって異なるのならば、現代のアジア諸国における“インディペンデント映画”とは何なのか?

日本とアジアの監督の目線から、インディペンデント映画の”いま“を問い直すトークイベントを開催します。第一部では昨年の東京フィルメックスのコンペティションに入選した日本で活動する監督を、第二部では今年の東京フィルメックスに参加するアジアで活動する監督を迎え、自国の課題と展望を語ります。第三部では日本とアジアを相対化しつつ、現代のアジアインディペンデント映画の可能性を探っていきます。
料金:一般1000円 / 映画鍋会員500円 /定員190名・予約不要・先着順

会場候補:東京国際フォーラムガラス棟G7F・G701室 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

開催日時:11/18(土) 13:20開場/13:45 START (16:30時終了)

【総合司会】土屋豊:映画監督/独立映画鍋共同代表/ビデオアクト主宰

映画情報どっとこむ ralph <パート1:日本の監督から>13:45〜14:35

【ゲスト】
内田伸輝:2010年『ふゆの獣』東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム、香港、サンセバスチャンなど国内外の映画祭で上映。2012年長編映画『おだやかな日常』は釜山、東京フィルメックス、ロッテルダム、テッサロニキ他、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。2013年『さまよう獣』全国劇場公開。最新作は『ぼくらの亡命』東京フィルメックス、サハリン国際映画祭で上映、全国劇場公開中。

庭月野議啓:1981年生まれ。北九州出身。九州芸術工科大学にて映画を撮り始め、九州大学芸術工学府卒業後に上京、フリーランス・ディレクターとして活動を始める。実写ドラマだけでなく、MVやアニメなど多様な作品の演出を手がけ、2010年には短編映画『イチゴジャム』がPFFアワードを始めとする様々な映画祭に入選。この度4年の歳月をかけて完成させた自主制作時代劇『仁光の受難』(2016)は、自身の長篇デビュー作となる。

【聞き手】
深田晃司:映画監督/独立映画鍋共同代表

映画情報どっとこむ ralph <パート2:アジアの監督から>14:45〜15:45

【ゲスト】
エレン・キム(韓国):日仏韓合作映画『涙女』プロデュース。韓国芸術総合学校で教職、2016年から富川国際ファンタステクィック映画祭のチーフプログラマー。本年の東京フィルメックス審査委員。

五十嵐耕平:1983年静岡生まれ。東京造形大学在学中に制作した映画『夜来風雨の声』が Cinema DigitalSeoul Film Festivalに出品し、韓国批評家賞を受賞。2014年、東京藝術大学大学院映像研究科にて制作した修了作品『息を殺して』は第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督部門に出品されたのち全国劇場公開。2017年、ダミアン・マニヴェルと共同監督した新作『泳ぎすぎた夜』は第74回ヴェネチア国際映画祭に正式出品された。

【聞き手】
市山尚三:㈱オフィス北野に在籍。「東京フィルメックス」プログラム・ディレクター。映画プロデューサーとして、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品や、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督作品など多くのアジア映画を手がける。


<パート3:全員でディスカッション>15:45〜16:30

【ゲスト】
パート1&パート2のゲストが参加。


***********************************



五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル共同監督『泳ぎすぎた夜』公開決定&特報解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、現在開催中の第74 回ヴェネチア国際映画祭に正式出品し、9月5日(火)14時15分[現地時間]よりワールドプレミア上映が予定されている五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル共同監督作品『泳ぎすぎた夜』が、シアター・イメージフォーラムにて2018年春に公開が決定しました。

公開決定に併せて、ティザービジュアルと特報も解禁。


映画情報どっとこむ ralph ヴェネチア国際映画祭のディレクター、アルベルト・バルベラ氏にによる本作への推薦コメントも掲載します。

私はこの小さな映画に恋をしてしまった。
その子供は、信じられないくらいに表現力豊かである。
舞台は冬の日本の北部に位置する小さな町であり、魔法がかった風景、それはもうほとんど幻想的だ。何も起こらない物語 ̶ その子供は、魚市場で働く彼の父親を探すために家を出る。そして見知らぬ街で迷子になる。
それは極めて詩的な、極めて厳密な構成美で描かれた、極めて魅惑的なそぞろ歩きである。この映画は、一見何も物語っていないように見えるが、しかしさてはて、たくさんのことを深く私たちに語りかけてくるのだ。

アルベルト・バルベラ:
第74 回ヴェネチア国際映画祭 ディレクター アルベルト・バルベラ

映画情報どっとこむ ralph 経験する「子ども」をテーマに、文化、国籍、年代を超えた瑞々しい野心作が誕生した。

『泳ぎすぎた夜』(仏題: La nuit où j’ai nagé )

2018年春 シアター・イメージフォーラムほかにて公開!以降全国順次

Facebook :
@maniveltoigarashi
Twitter :
@manitoiga

あらすじ・・・
雪で覆われた青森の山々。毎晩、魚屋の父は街の市場に出かけてゆく。父の出がけに目を覚ました6歳の息子は、そのあと眠ることが出来ない。皆が寝静まる家の中、少年は絵を描き、それをランドセルにしまう。翌朝、彼は眠い目をこすりながら学校へと登校するのだが、いつしか道をそれて、雪の中をよろめきながら街を目指す。少年の小さな冒険が始まる。

***********************************


キャスト:古川鳳羅 (こがわ たから)、古川蛍姫 (こがわ けいき)、古川知里 (こがわ ちさと)、古川孝 (こがわ たかし)、工藤雄志 (くどう ゆうし)、はな(犬)

監督:五十嵐耕平 & ダミアン・マニヴェル
プロデューサー:ダミアン・マニヴェル&マルタン・ベルティエ&大木真琴
撮影監督:髙橋航
照明:跡地淳太朗
録音:ジェローム・プティ&高橋玄
助監督:上田真之、平井敦士
編集:ウィリアム・ラヴリ
カラリスト:ヨヴ・ムーア
音楽:ジェローム・プティ
フランス配給・海外セールス : Shellac / シェラック
制作プロダクション:NOBO
製作 : MLD Films
2017/フランス・日本/DCP/4:3/color/5.1ch/78分
©2017 MLD Films / NOBO LLC / SHELLAC SUD
     


五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル 『泳ぎすぎた夜』ヴェネチア国際映画祭 正式出品


映画情報どっとこむ ralph この度、五十嵐耕平とダミアン・マニヴェルの共同監督作品『泳ぎすぎた夜』(仏題: La nuit où j’ai nagé) が、第74回 ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ・コンペティション部門に正式出品されることが決定しました。

ヴェネチア国際映画祭は1932年に始まり、今回で74回目を迎える映画祭は現地時間8月30日から9月9日まで開催されます。


今作は、2014年ロカルノ国際映画祭で出会った国も言葉も異なる二人の若き新鋭監督、ダミアン・マニヴェル(『若き詩人』)と五十嵐耕平(『息を殺して』)が、共に魅せられた美しい原風景のような冬の青森を舞台に共同監督作品として企画し、青森で生まれ育った人々と限られたスタッフによって作られた作品です。2017年1月中旬から1ヶ月半の間、撮影のそのほとんどが青森県弘前市で行われました。自分の絵を父親に届けに行く一人の少年の1日を描いています。
主演は、一般の中から選ばれた、演技初挑戦の古川鳳羅くん(こがわたから/青森県平川市在住・7歳)が務め上げました。また、その他のキャストとして彼の実際の家族らが出演しています。

主演 古川鳳羅からのコメント
えいがのおまつりでしょうをとれていいきもちになりました。青森にもそのえいががきてくれればいいなと思います。つぎに世かいじゅうの人にみてもらってうれしいです。(原文ママ)

あらすじ
雪で覆われた青森の山々。毎晩、魚屋の父は街の市場に出かけてゆく。父の出がけに目を覚ました6歳の息子は、そのあと眠ることが出来ない。皆が寝静まる家の中、少年は絵を描き、それをランドセルにしまう。翌朝、彼は眠い目をこすりながら学校へと登校するのだが、いつしか道をそれて、雪の中をよろめきながら街を目指す。少年の小さな冒険が始まる。

映画情報どっとこむ ralph 監督プロフィール・コメント

五十嵐耕平 (いがらし こうへい)
1983年静岡生まれ。東京造形大学在学中に制作した映画『夜来風雨の声』が Cinema Digital Seoul Film Festival (CINDI)に出品され韓国批評家賞を受賞。2014年、東京藝術大学大学院映像研究科にて制作した修了作品『息を殺して』は第67回ロカルノ国際映画祭 新鋭監督部門に出品されたのち全国劇場公開された。また近年はD.A.N. 等のMVも手がけている。
コメント  厳しい寒さと降りしきる雪の青森で、まるで初めて雪に触れるように奔放に動き回る主人公の鳳羅(たから)くんの姿がヴェネチアの大きなスクリーンに映し出されることを想像すると楽しみで仕方がありません。そして同時に、あの時青森のみなさんと一緒に過ごした時間の豊かさに感謝の気持ちでいっぱいです。

ダミアン・マニヴェル (Damien Manivel)
1981年ブレスト生まれ。コンテンポラリー・ダンサーとして活躍後、ル・フレノワ国立現代アートスタジオにて映画を学ぶ。『犬を連れた女』は2011年ジャン・ヴィゴ賞を受賞、四作目となる『日曜日の朝』は2012年カンヌ国際映画祭の批評家週間短編大賞を受賞。初長編映画となる『若き詩人』はロカルノ映画祭特別大賞を受賞した。長編2作目となる『パーク』は2016年カンヌ国際映画祭ACID部門に選出された。
コメント  『泳ぎすぎた夜』は、2人の監督、1人の日本人と1人のフランス人の友情から始まりました。自分自身に忠実に、青森の雪の中で最高の仕事をするために、我々は最善を尽くしました。ヴェネチア国際映画祭に選ばれたことは大変大きな名誉です。それは映画が世界の共通言語であるという証拠です。
私は、この映画を日本のみなさんに届ける時が来るのを待ち切れません。

***********************************


キャスト:古川鳳羅 (こがわ たから)、古川蛍姫 (こがわ けいき)、古川知里 (こがわ ちさと)、古川孝 (こがわ たかし)、工藤雄志 (くどう ゆうし)、はな(犬)

監督:五十嵐耕平 & ダミアン・マニヴェル
プロデューサー:ダミアン・マニヴェル&マルタン・ベルティエ&大木真琴
撮影監督:髙橋航
照明:跡地淳太朗
録音:ジェローム・プティ&高橋玄
助監督:上田真之、平井敦士
編集:ウィリアム・ラヴリ
カラリスト:ヨヴ・ムーア
音楽:ジェローム・プティ
フランス配給・海外セールス : Shellac / シェラック
制作プロダクション:NOBO
製作 : MLD Films
2017/フランス・日本/DCP/4:3/color/5.1ch/78分 ©2017 MLD Films